Cisco Nexus 5000 システム メッセージ ガイド
SAN 機能のシステム メッセージと 回復手順
SAN 機能のシステム メッセージと回復手順
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

SAN 機能のシステム メッセージと回復手順

CERT ENROLL メッセージ

CFS メッセージ

CFS-2

CFS-3

CFS-4

CFS-6

CIMSRVPROV メッセージ

CIMSRVPROV-2

CIMSRVPROV-3

CIMSRVPROV-6

CREDIT MON メッセージ

DEVICE-ALIAS メッセージ

DEVICE-ALIAS-2

DEVICE-ALIAS-3

DEVICE-ALIAS-6

FCDD メッセージ

FCDD-SLOT#-3

FCDD-SLOT#-4

FCDD-SLOT#-5

FCDD-SLOT#-7

FCDDH メッセージ

FCDDH-SLOT#-3

FCDDH-SLOT#-4

FCDDH-SLOT#-5

FCDOMAIN メッセージ

FCDOMAIN-2

FCDOMAIN-3

FCDOMAIN-4

FCDOMAIN-5

FCDOMAIN-6

FCDOMAIN-7

FCFWD メッセージ

FCFWD-3

FCFWD-4

FCFWD-6

FCNS メッセージ

FCNS-2

FCNS-3

FCNS-6

FCS メッセージ

FCS-2

FCS-3

FCS-4

FCS-5

FCS-6

FCSP-MGR メッセージ

FCSP-MGR-2

FDMI メッセージ

FDMI-2

FDMI-3

FDMI-4

FDMI-6

FEATURE-MGR メッセージ

FEATURE-MGR-2

FLOGI メッセージ

FLOGI-5

FSPF メッセージ

FSPF-2

FSPF-3

FSPF-4

FSPF-5

FSPF-6

FSPF-7

ISAPI メッセージ

ISAPI-SLOT#-0

ISAPI-SLOT#-1

ISAPI-SLOT#-2

ISAPI-SLOT#-3

ISAPI-SLOT#-4

ISAPI-SLOT#-5

ISAPI-SLOT#-6

ISAPI-SLOT#-7

LC-FCFWD メッセージ

LC-FCFWD-3

LC-SPAN メッセージ

LC-SPAN-3

LC_CFG メッセージ

LC_CFG-SLOT#-2

LC_PORT_CHANNEL メッセージ

LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-0

LC_PORT_MGR メッセージ

LC_PORT_MGR-SLOT#-2

LC_RDL メッセージ

LC_RDL-3

LC_RDL-6

NPC メッセージ

NPC-SLOT#-3

NPC-SLOT#-4

NPC-SLOT#-5

NPV メッセージ

NPV-2

NPV-3

NPV-5

NPV-6

NVP メッセージ

NVP-6

NVP-SLOT# メッセージ

NVP-SLOT#-2

PLOG メッセージ

PLOG-4

PLOG_SUP メッセージ

PLOG_SUP-4

PORT_CHANNEL メッセージ

PORT_CHANNEL-1

PORT_CHANNEL-2

PORT_CHANNEL-3

PORT_CHANNEL-4

PORT_CHANNEL-5

PORT_CHANNEL-6

PORT_CHANNEL-7

PORT_SECURITY メッセージ

PORT_SECURITY-2

RDL メッセージ

RDL-3

RDL-6

RLIR メッセージ

RLIR-2

RLIR-6

RSCN メッセージ

RSCN-2

RSCN-4

RSCN-6

SCSI target メッセージ

SCSI target-2

SCSI target-3

SCSI target-7

SFC メッセージ

SFC-3

SFM メッセージ

SFM-2

SFM-6

SPAN メッセージ

SPAN-5

SVC メッセージ

SVC-0

SVC-1

SVC-2

SVC-3

SVC-4

SVC-5

SVC-6

SVC-7

SVC_BATTERY メッセージ

SVC_BATTERY-SLOT#-2

SVC_BATTERY-SLOT#-4

SVC_BATTERY-SLOT#-6

SYSTEMHEALTH メッセージ

SYSTEMHEALTH-2

SYSTEMHEALTH-4

SYSTEMHEALTH-5

SYSTEMHEALTH-6

TLPORT メッセージ

TLPORT-2

TLPORT-3

TLPORT-6

TLPORT-6

VFC メッセージ

VFC-3

VNI メッセージ

VNI-2

VNI-3

VNI-6

VSAN メッセージ

VSAN-2

VSAN-3

VSAN-6

WWN メッセージ

WWN-1

WWN-2

WWN-3

WWN-4

WWN-5

WWN-6

WWN-7

ZONE メッセージ

ZONE-2

ZONE-3

ZONE-4

ZONE-5

ZONE-6

SAN 機能のシステム メッセージと回復手順

この章には、ファイバ チャネル インターフェイスおよび SAN 機能関連のシステム メッセージの一覧とその説明が記載されています。メッセージは、システム ファシリティごとにアルファベット順に並んでいます。それぞれのシステム ファシリティ セクションでは、メッセージは重大度およびニーモニックごとにアルファベット順に並んでいます。各エラー メッセージに続いて、説明と推奨処置を示します。

この章では、次のシステム ファシリティのシステム メッセージについて説明します。

「CERT ENROLL メッセージ」

「CFS メッセージ」

「CIMSRVPROV メッセージ」

「CREDIT MON メッセージ」

「DEVICE-ALIAS メッセージ」

「FCDD メッセージ」

「FCDDH メッセージ」

「FCDOMAIN メッセージ」

「FCFWD メッセージ」

「FCNS メッセージ」

「FCS メッセージ」

「FCSP-MGR メッセージ」

「FDMI メッセージ」

「FEATURE-MGR メッセージ」

「FLOGI メッセージ」

「FSPF メッセージ」

「ISAPI メッセージ」

「LC-SPAN メッセージ」

「LC_CFG メッセージ」

「LC_PORT_CHANNEL メッセージ」

「LC_PORT_MGR メッセージ」

「LC_RDL メッセージ」

「NPC メッセージ」

「NPV メッセージ」

「NVP メッセージ」

「NVP-SLOT# メッセージ」

「PLOG メッセージ」

「PLOG_SUP メッセージ」

「PORT_CHANNEL メッセージ」

「PORT_SECURITY メッセージ」

「RDL メッセージ」

「RLIR メッセージ」

「RSCN メッセージ」

「SCSI target メッセージ」

「SFC メッセージ」

「SFM メッセージ」

「SPAN メッセージ」

「SVC メッセージ」

「SVC_BATTERY メッセージ」

「SYSTEMHEALTH メッセージ」

「TLPORT メッセージ」

「VFC メッセージ」

「VNI メッセージ」

「VSAN メッセージ」

「WWN メッセージ」

「ZONE メッセージ」

CERT ENROLL メッセージ

エラー メッセージ CERT_ENROLL-2-CERT_EN_PROGRAM_EXIT: cert_enroll daemon exiting: [chars].

説明 デジタル証明書の登録プロセスが終了しました。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CERT_ENROLL-3-CERT_EN_ERROR_MESSAGE: [chars].

説明 デジタル証明書の登録プロセスが、エラー メッセージを生成しました。

推奨処置 メッセージのエラーを確認して、次の処置を決定します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CERT_ENROLL-3-CERT_EN_FIPS_MODE_INIT_ERROR: Could not initialize FIPS mode : [chars].

説明 FIPS モードを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CERT_ENROLL-6-CERT_EN_MESSAGE: [chars].

説明 デジタル証明書の登録プロセスが、通知メッセージを生成しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

CFS メッセージ

ここでは、Cisco Fabric Service(CFS)メッセージについて説明します。

CFS-2

エラー メッセージ CFS-2-CFS_REJECT: CFS reject: [chars]: Switch WWN [chars], reason [chars].

説明 CFS は、表示されている WWN および IP アドレスのスイッチから無効な形式の CFS パケットを受信すると、パケットを拒否します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-2-EXITING: Exit reason: [chars].

説明 表示されているエラーのため、CFS プロセスが終了しました。プロセスは自動的に再開されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-2-GENERAL_ERROR: [chars].

説明 CFS プロセスでクリティカルなエラーが発生しました。エラーの内容がエラー メッセージに表示されます。

推奨処置 リストされているエラーを参照し、必要な対策を講じてください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-2-INITFAIL: CFS Service Init failed: [chars].

説明 CFS を初期化できませんでした。エラー メッセージにエラーの理由が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-2-LOCK_FAILED: lock failed for sap [dec] due to internal error.

説明 表示されている Service Access Point(SAP; サービス アクセス ポイント)のアプリケーションに対して、無制限および無調整のカウントがゼロではないため、ロックが失敗しました。

推奨処置 この状態から回復するには、 cfs internal decrement-unrestricted コマンドを使用します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-2-MALLOC_ERROR: Size [dec] bytes.

説明 CFS がメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-2-MTS_REJECT: Verification failed reject MTS message SAP [dec]:RR-token [hex].

説明 この MTS メッセージを無視します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-2-PSS_ERROR: [chars]: PSS ret. val=[dec].

説明 永続ストレージ データベースでの操作中に、CFS でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

CFS-3

エラー メッセージ CFS-3-ALLOCFAIL: Heap Memory allocation failed: [chars].

説明 CFS プロセスでダイナミック メモリが不足しています。エラー メッセージにエラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-CFS_PSS_CORRUPTED: [chars] PSS found corrupted.

説明 CFS が、いずれかの永久情報データベースで破損を検出しました。データベースは再作成されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-DBERROR: [chars].

説明 CFS でデータベース エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-FAILURE_RESPONSE: [chars] [hex].

説明 CFS が応答を得られませんでした。エラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-FIPS_TEST_FAILED: FIPS compliance test failed.

説明 FIPS 準拠テストが失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-CFS_PSS_CORRUPTED: [chars] PSS found corrupted.

説明 CFS が、いずれかの永久情報データベースで破損を検出しました。データベースは再作成されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-GENERROR: [chars].

説明 CFS で一般エラーが発生しましたが、上記のカテゴリのいずれにも該当しません。エラー メッセージにエラーの内容およびそのコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-LICERR: [chars].

説明 CFS がライセンスを取得できませんでした。

推奨処置 ライセンスをインストールします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-MERGE_FAILED: Merge failed for app [chars], local switch wwn [chars],ip [chars], remote switch wwn [chars], ip [chars].

説明 CFS がマージ エラーを検出しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-MTSERROR: [chars].

説明 CFS で Messaging and Transaction Service(MTS)エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-PSSERROR: [chars].

説明 CFS で Persistent Storage Service(PSS)エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-TIMEOUT_ERROR: [chars] [hex].

説明 CFS でタイムアウトが発生しました。エラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-3-UNKNOWN_MSG: Recvd. from Node=[dec] SAP=[dec].

説明 CFS がノードから不明なメッセージを受信しました。これはデバッグ専用情報です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

CFS-4

エラー メッセージ CFS-4-LICEXP: [chars].

説明 CFS ライセンスがまもなく失効します。メッセージに失効時刻が表示されます。

推奨処置 ライセンスをインストールします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-4-PSS_VERSION_MISMATCH: PSS [dec] Code [dec].

説明 CFS といずれかの永続ストレージ データベースのバージョンがミスマッチです。永久情報は新しいフォーマットに変換されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

CFS-6

エラー メッセージ CFS-6-BECAME_ACTIVE: Became ACTIVE from standby mode.

説明 スタンバイ スーパーバイザの CFS がアクティブになり、クライアント要求に対応可能な状態です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-BECAME_STDBY: Became STANDBY from active mode.

説明 CFS がアクティブ モードからスタンバイ モードに変更されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-EXCESSIVE_DELAY: [chars].

説明 イベント処理に長時間かかりました。イベントの内容がエラー メッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-FAILED_TO_SEND_HEARTBEAT: Failed to send heartbeat to system manager: Reason=[chars].

説明 CFS がシステム マネージャにハートビート メッセージを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-GENERAL_EVENT: [chars].

説明 CFS がイベントを生成しました。イベントの内容がエラー メッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-LOGICAL_DISTRIBUTION_INFO: vsan [dec], source wwn [chars], ip [chars] app-id [dec], session-id [dec], user [chars], [chars].

説明 表示されたアプリケーション ID について、調整済みのアプリケーション分散のさまざまな段階で記録された通知メッセージです(論理範囲)。段階はそれぞれ、エラー メッセージの最後に表示される LOCK_ACQUIRED、LOCK_RELEASED、LOCK_CLEAR および COMMIT です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-PHYSICAL_DISTRIBUTION_INFO: source wwn [chars], ip [chars], app-id [dec], session-id [dec], user [chars], [chars].

説明 表示されたアプリケーション ID について、調整済みのアプリケーション分散のさまざまな段階で記録された通知メッセージです(物理範囲)。段階はそれぞれ、エラー メッセージの最後に表示される LOCK_ACQUIRED、LOCK_RELEASED、LOCK_CLEAR および COMMIT です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-PSS_CREATED: [chars] PSS Created.

説明 CFS の永久情報データベースが再作成されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-PSS_DESTROYED: [chars] PSS Destroyed.

説明 CFS の永久情報データベースが削除されました。これは再作成されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-REGION_CTX_REMOVED: Region info is deleted for [chars].

説明 [chars] は論理範囲にあります。リージョンは、物理範囲のアプリケーションでのみサポートされます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-SERVICE_UP: Initialized [chars].

説明 CFS プロセスはアップしており、クライアント要求を受け入れ可能な状態です。表示されているモードでプロセスが初期化されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-SRVCREATED: CFS Service created.

説明 CFS プロセスが正常に作成され、アップになって稼働しています。

推奨処置 これは通知メッセージです。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-SRVEXIT: CFS Service shutting down gracefully.

説明 CFS プロセスが適切にシャットダウン中です。

推奨処置 これは通知メッセージです。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CFS-6-SWITCHOVER: Switching Over to other Sup.

説明 CFS が、スタンバイ スーパーバイザに正常に切り替わりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

CIMSRVPROV メッセージ

ここでは、Common Information Model(CIM)サーバ(CIMSRVPROV)メッセージについて説明します。

CIMSRVPROV-2

エラー メッセージ CIMSRVPROV-2-CIM_SYSLOG_EXIT: Message:[chars] errcode:[dec].

説明 クリティカルなエラーのため、CIM サーバが終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CIMSRVPROV-2-CIM_SYSLOG_PSS_SNAPSHOT_ERR: Source URI:[chars] Destination URI:[chars] errcode:[dec].

説明 Persistent Storage Service(PSS)スナップショット エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CIMSRVPROV-2-CIM_SYSLOG_SDWRAP_ERR: Description:[chars] errcode:[dec].

説明 CIM サーバでデバッグのインフラストラクチャ エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

CIMSRVPROV-3

エラー メッセージ CIMSRVPROV-3-CIM_SYSLOG_COPY_CONFIG_ERR: Message:[chars] URI:[chars] errcode:[dec].

説明 CIM サーバでコピー実行開始エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CIMSRVPROV-3-CIM_SYSLOG_FILE_ERR: Purpose:[chars] Filename:[chars] errcode:[dec].

説明 CIM サーバでファイル処理エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CIMSRVPROV-3-CIM_SYSLOG_MTS_ERR: message [chars].

説明 CIM サーバで Messaging and Transaction Service(MTS)メッセージ処理エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CIMSRVPROV-3-CIM_SYSLOG_PSS_ERR: Purpose:[chars] URI:[chars] errcode:[dec].

説明 CIM サーバで PSS 処理エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

CIMSRVPROV-6

エラー メッセージ CIMSRVPROV-6-LOG_CIM_CERTIFICATE_CLEARED: Cleared certificate [chars].

説明 表示されている証明書が CIM サーバでクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CIMSRVPROV-6-LOG_CIM_CERTIFICATE_INSTALLED: Installed certificate [chars].

説明 表示されている証明書が CIM サーバでインストールされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

CREDIT MON メッセージ

エラー メッセージ CREDITMON-SLOT#-2-SYSERR_CREDITMON_APP_EXITED: [chars].

説明 Credit Monitor アプリケーションが終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ CREDITMON-SLOT#-2-SYSERR_CREDITMON_MTS_INIT_ERR: [chars].

説明 Credit Monitor の MTS バインド エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

DEVICE-ALIAS メッセージ

ここでは、デバイス エイリアス(DEVICE-ALIAS)メッセージについて説明します。

DEVICE-ALIAS-2

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-2-ALLOC_FAILED: Memory allocation failed for size:[dec] type:[dec].

説明 表示されているメモリのサイズとタイプで、メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-2-INIT_FAILED: [chars].

説明 表示されている理由のため、初期化中にエラーが発生しました。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

DEVICE-ALIAS-3

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-CFS_OPER_FAILED: [chars].

説明 Cisco Fabric Service(CFS)操作の実行中にエラーが発生しました。CFS 操作およびエラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-CLEAR_FAILED: [chars].

説明 セッションのクリア中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-COMMIT_FAILED: [chars].

説明 データベースのコミット中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-COMMIT_REJECTED: [chars].

説明 リモート スイッチから受信したコミット要求が拒否されました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-LOCK_FAILED: [chars].

説明 ロックの取得中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-LOCK_REJECTED: [chars].

説明 リモート スイッチから受信したロック要求が拒否されました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-MERGE_ACTIVATION_FAILED: [chars].

説明 マージされたデータベースのアクティベーション中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-MERGE_ACTIVATION_REJECTED: [chars].

説明 リモート スイッチから受信したアクティベーション要求が拒否されました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-MERGE_FAILED: [chars].

説明 マージ操作中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 デバイスエイリアス データベースをファブリック内のその他のスイッチと比較します。すべての矛盾を解決し、変更内容をコミットしてください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-MTS_OPER_FAILED: [chars].

説明 Messaging and Transaction Service(MTS)操作中にエラーが発生しました。MTS 操作およびエラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-PSS_OPER_FAILED: [chars].

説明 Persistent Storage Service(PSS)操作中にエラーが発生しました。PSS 操作およびエラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-UNLOCK_FAILED: [chars].

説明 ロックの解除中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-3-UNLOCK_REJECTED: [chars].

説明 リモート スイッチから受信したアンロック要求が拒否されました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

DEVICE-ALIAS-6

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-CLEAR_FAILED_INFO: [chars].

説明 セッションのクリア中にエラーが発生しました。エラーに関する追加情報が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-COMMIT_FAILED_INFO: [chars].

説明 データベースのコミット中にエラーが発生しました。エラーに関する追加情報が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-IMPORT_DEFINITION_CONFLICT: Fcalias [chars] could not be imported due to definition conflict.

説明 定義矛盾のため、表示されている fcalias をインポートできませんでした。同じ定義のデバイス エイリアス設定がすでに存在するか、インポート VSAN(仮想 SAN)範囲に指定されている別の VSAN に同じ定義の fcalias が含まれています。

推奨処置 矛盾を解決して import コマンドを再び実行してください。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-IMPORT_MEMBER_TYPE_CONFLICT: Fcalias [chars] could not be imported due to having unsupported member type.

説明 メンバー タイプがサポートされていないため、表示されている fcalias をインポートできませんでした。fcalias は、ポート WWN ベース メンバーがある場合に限ってインポートできます。

推奨処置 fcalias にポート WWN ベース メンバーがあることを確認し、 import コマンドを再び実行してください。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-IMPORT_NAME_CONFLICT: Fcalias [chars] could not be imported due to name conflict.

説明 名前矛盾のため、表示されている fcalias をインポートできませんでした。同じ名前のデバイス エイリアス設定がすでに存在するか、インポート VSAN 範囲に指定されている別の VSAN に同じ名前の fcalias が含まれています。

推奨処置 矛盾を解決して import コマンドを再び実行してください。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-IMPORT_NUM_MEMBERS_CONFLICT: Fcalias [chars] could not be imported due to having unsupported number of members.

説明 メンバー数がサポートされていないため、表示されている fcalias をインポートできませんでした。fcalias は、メンバーが 1 つである場合に限ってインポートできます。

推奨処置 fcalias のメンバーが 1 つであることを確認し、 import コマンドを再び実行してください。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-LOCK_FAILED_INFO: [chars].

説明 ロックの取得中にエラーが発生しました。エラーに関する追加情報が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-MERGE_ACTIVATION_FAILED_INFO: [chars].

説明 マージされたデータベースのアクティベーション中にエラーが発生しました。エラーに関する追加情報が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ DEVICE-ALIAS-6-UNLOCK_FAILED_INFO: [chars].

説明 ロックの解除中にエラーが発生しました。エラーに関する追加情報が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDD メッセージ

ここでは、Fibre Channel device discovery(FCDD)メッセージについて説明します。

FCDD-SLOT#-3

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-3-LOG_FCDD_ERR: Nonrecoverable error - exiting: [chars].

説明 エラーのためプログラムが終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDD-SLOT#-4

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-4-LOG_FCDD_WARNING: Warning!: [chars].

説明 あらゆる通常動作に影響するクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDD-SLOT#-5

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-5-LOG_FCDD_GCONF_FSM: [chars].

説明 グローバル コンフィギュレーション Finite State Machine(FSM; 有限状態マシン)で不正なイベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-5-LOG_FCDD_NOTICE: [chars].

説明 主要な設定変更がありました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-5-LOG_FCDD_RESCAN_FSM: [chars].

説明 再スキャン FSM で不正なイベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-5-LOG_FCDD_TZONE_FSM: [chars].

説明 トワイライト ゾーン リムーバ FSM で不正なイベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-5-LOG_FCDD_VCONF_FSM: [chars].

説明 VSAN(仮想 SAN)設定 FSM で不正なイベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-5-LOG_FCDD_VNO_FSM: [chars].

説明 VSAN 通常操作 FSM で不正なイベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDD-SLOT#-7

エラー メッセージ FCDD-SLOT#-7-LOG_FCDD_DEBUG: [chars].

説明 一部の通常動作に影響を与える想定外のエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDDH メッセージ

ここでは、Fiber Channel Device Discovery Helper(FCDDH)メッセージについて説明します。

FCDDH-SLOT#-3

エラー メッセージ FCDDH-SLOT#-3-LOG_FCDDH_ERR: Nonrecoverable error - exiting: [chars].

説明 エラーのためプログラムが終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDDH-SLOT#-4

エラー メッセージ FCDDH-SLOT#-4-LOG_FCDDH_WARNING: Serious error: [chars].

説明 あらゆる通常動作に影響するクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDDH-SLOT#-5

エラー メッセージ FCDDH-SLOT#-5-LOG_FCDDH_DEBUG: Unexpected error: [chars].

説明 一部の通常動作に影響を与える想定外のエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDDH-SLOT#-5-LOG_FCDDH_NOTICE: [chars].

説明 主要な設定変更がありました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDOMAIN メッセージ

ここでは、Fibre Channel Domain Manager(FCDOMAIN)メッセージについて説明します。

FCDOMAIN-2

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-DOMS_CONFLICT: Conflict detected: ([dec]) domain ID [dec] WWN [chars].

説明 2 台のスイッチが同じ WWN またはドメイン ID を持っています。

推奨処置 同じ WWN を持っているスイッチを確認し、片方の WWN を固有の WWN に変更します。また、片方のスイッチのドメイン ID も変更します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-EPORT_ISOLATED: Isolation of interface [chars] (reason: [chars]).

説明 表示されている理由のため、ドメイン マネージャがインターフェイスを切り離しました。show interface コマンドを実行してください。表示されている理由によっては、ポートを再初期化するか、またはドメインが VSAN で適切かつ一意であることを確認し、fcdomain restart disruptive コマンドを入力して中断再起動を実行しなければならないことがあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-FC2_INITIALIZATION_FAILED: FC initialization sequence failed.

説明 ドメイン マネージャ プロセスが、ファイバ チャネル(FC)サブシステムで初期化シーケンスを完了できませんでした。ドメイン マネージャは、現在利用できないリソースに依存しています。スイッチのメモリ不足、他のコンポーネントがドメイン マネージャに必要な情報を提供できないことなどが考えられます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-FC2BIND_FAILED: Bind to FC2 Service failed.

説明 ドメイン マネージャが FC2 モジュールにアクセスできませんでした。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-FCID_PERSISTENT_TBL_COMPLETELY_FULL: FCID persistent table is completely full.

説明 ドメイン マネージャの FC ID 持続テーブルがエントリで満杯です。show fcdomain fcid persistent コマンドを入力し、現在テーブルに含まれているエントリを表示します。再起動後も持続する FC ID としては、これ以上エントリを保存できません。

推奨処置 purge fcdomain fcid コマンドを入力して古いエントリを除去し、フリー エントリを増やします。no fcdomain fcid persistent コマンドを使用し、重要でない特定の VSAN で機能を無効にすることもできます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-INITIALIZATION_FAILED: Initialization sequence failed.

説明 ドメイン マネージャが初期化シーケンスを完了できませんでした。ドメイン マネージャは、現在利用できないリソースに依存しています。スイッチのメモリ不足、他のコンポーネントがドメイン マネージャに必要な情報を提供できないことなどが考えられます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-MTS_INITIALIZATION_FAILED: IPC initialization sequence failed.

説明 ドメイン マネージャが、Interprocess Communication(IPC; プロセス間通信)サブシステムで初期化シーケンスを完了できませんでした。ドメイン マネージャは、現在利用できないリソースに依存しています。スイッチのメモリ不足、他のコンポーネントがドメイン マネージャに必要な情報を提供できないことなどが考えられます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-MTSBIND_FAILED: Bind to IPC failed.

説明 ドメイン マネージャが IPC モジュールにアクセスできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-MTSREGISTRATION_FAILED: Registration of opcodes with IPC Service failed.

説明 ドメイン マネージャが IPC モジュールにメッセージを登録できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-MY_NON_VIRTUAL_DOM_CONFLICTS: During VSAN merge detected that the local switch has the same domain ID [dec] and WWN [chars] of another switch.

説明 ローカル スイッチが、別のスイッチと同じドメイン ID および WWN を持っています。

推奨処置 同じ WWN を持っているスイッチを確認し、片方の WWN を固有の WWN に変更します。また、片方のスイッチのドメイン ID も変更します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-NON_VIRTUAL_DOMS_CONFLICTS: During VSAN merge detected conflict between two switches having the same non-virtual domain ID [dec] and the same WWN [chars].

説明 2 台のスイッチが、同じ非仮想ドメイン ID および同じ WWN を持っています。

推奨処置 同じ WWN を持っているスイッチを確認し、片方の WWN を固有の WWN に変更します。また、片方のスイッチのドメイン ID も変更します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-PSSBIND_FAILED: Bind to Persistent Storage Service failed.

説明 ドメイン マネージャが Persistent Storage Service(PSS)にアクセスできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-RDIRJT: Rejected request for domain ID [dec], WWN requestor [chars] (reason code [dec]).

説明 fcdomain が無効なドメイン ID 要求を拒否しました。

推奨処置 影響のある VSAN の全スイッチで show fcdomain を入力します。有効な現行ドメイン ID がスイッチにない場合は、優先ドメイン ID ゼロを設定してから、影響のある VSAN で fcdomain restart コマンドを入力します。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-SDWRAPBIND_FAILED: Bind to Debug Server failed.

説明 ドメイン マネージャが履歴デバッグ サービスにアクセスできませんでした。ドメイン マネージャで発生する問題は、今後このデバッグ履歴リストに記録されません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-SDWRAPHISTINIT_FAILED: Initialization of history message list failed.

説明 ドメイン マネージャが履歴デバッグ サービスにアクセスできませんでした。ドメイン マネージャで発生する問題は、今後このデバッグ履歴リストに記録されません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-SYSBIND_FAILED: Bind to System Manager service failed.

説明 ドメイン マネージャがシステム マネージャにアクセスできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-SYSMGR_INITIALIZATION_FAILED: System Manager initialization sequence failed.

説明 ドメイン マネージャが、システム マネージャで初期化シーケンスを完了できませんでした。ドメイン マネージャ プロセスは、現在利用できないリソースに依存しています。スイッチのメモリ不足、他のコンポーネントがドメイン マネージャに必要な情報を提供できないことなどが考えられます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-2-VSAN_MERGE_DETECTED: Merge detected with VSAN [dec] (Common Fabric Name [chars]).

説明 ローカル VSAN および リモート VSAN は、同一の主要スイッチを含み、同一の論理ファブリックに接続されています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDOMAIN-3

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-COMMITERRORLOCALINVALIDALLOWEDDOMS: A remote switch attempted to locally apply an illicit allowed domains configuration.

説明 リモート スイッチが、現在割り当てられている全ドメインまたはローカルに設定されたドメインを含まない許容ドメイン構成をローカルに適用しようとしました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-COMMITERRORREMOTEINVALIDALLOWEDDOMS: A remote switch (domain ID [dec], WWN [chars]) refuses to locally apply the proposed allowed domains.

説明 表示されているドメイン ID と WWN を持つリモート スイッチが、要求された許容ドメインのローカル適用を拒否しました。要求された許容ドメイン リストが、ローカルに設定されたドメインまたはドメイン ID リストと一致していないと考えられます。

推奨処置 リモート スイッチの設定をチェックして、要求された許容ドメインにローカル ドメイン ID が含まれていることを確認します。また、要求された許容ドメインにローカル ドメイン ID リストの全ドメインが含まれていることを確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-MTSOPENTRX_FAILED: IPC failure (opening of a transaction failed).

説明 ドメイン マネージャは、ハイ アベイラビリティ用にトランザクションを開くことができませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-MTSRECV_FAILED: IPC failure (receiving of a message failed).

説明 ドメイン マネージャが IPC モジュールからメッセージを受信できませんでした。

推奨処置 影響のある VSAN で非中断の fcdomain restart を実行してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-MTSRESP_FAILED: IPC failure (replying to a message failed).

説明 ドメイン マネージャが IPC モジュールからの要求に応答できませんでした。

推奨処置 影響のある VSAN で非中断の fcdomain restart を実行してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-MTSSEND_FAILED: IPC failure (sending of a message failed).

説明 ドメイン マネージャは Message Transaction Service(MTS)にメッセージを送信できませんでした。

推奨処置 影響のある VSAN で非中断の fcdomain restart を実行してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-MTSSENDREQ_FAILED: IPC failure (sending of a request failed).

説明 ドメイン マネージャが、IPC モジュールを使用して要求を送信できませんでした。

推奨処置 影響のある VSAN で非中断の fcdomain restart を実行してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-NVRAMFAILURE: NVRAM open failed.

説明 最後に割り当てられたランタイム ドメイン ID を NVRAM(不揮発性 RAM)から読み取れませんでした。

推奨処置 ドメイン マネージャは NVRAM を使用せずに続行できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-PORT_SUSPENDED: Response (Cmd Code [hex]) for SWILS [hex] intended for [chars] is received on [chars].

説明 不正インターフェイスで FC2 SW-ILS 応答フレームを受信しました。

推奨処置 ローカル スイッチの両方のインターフェイスの設定をチェックします。対応するリンクの反対側でもインターフェイスをチェックしてください。インターフェイスがすべて同一の SAN ポート チャネルに属すかどうかを確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-SDWRAPBIND_FAILED: Bind to debug server failed.

説明 ドメイン マネージャ機能がデバッグ サービスにアクセスできませんでした。ドメイン マネージャ機能で発生する問題は今後記録されません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-SDWRAPHISTINIT_FAILED: Initialization of history message list failed.

説明 ドメイン マネージャ機能がデバッグ履歴サービスにアクセスできませんでした。fcdomain 機能で発生する問題は、今後このデバッグ履歴に記録されません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-3-VSAN_MERGE_DETECTED: Merge detected with VSAN [dec] (Common Fabric Name [chars]).

説明 ローカル VSAN および VSAN [dec] は、同一の主要スイッチ [chars] を含み、同一の論理ファブリックに接続されています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDOMAIN-4

エラー メッセージ FCDOMAIN-4-DM_ALLOWED_DM_LIST_MOD_ON_SUBORDINATE: Allowed domain list for vsan [dec] modified on subordinate switch with fcdomain distribution enabled.

説明 fcdomain 分散が有効のときに、主要スイッチでないスイッチで許容ドメイン リストが変更されました。

推奨処置 fcdomain 分散が有効なときは、主要スイッチで許容ドメインリストを変更することをお勧めします。ローカル スイッチで現在のセッションを破棄し、主要スイッチで新しいセッションを開始します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-4-FABRICCONFSTARTRCF: Disruptive reconfiguration started.

説明 中断再設定(RCF フェーズ)が開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-4-FC2_CORRUPTED: Received malformed FC2 [chars] frame.

説明 ドメイン マネージャは無効な形式の FC2-SWILS フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-4-FCID_PERSISTENT_TBL_ALMOST_FULL: FCID persistent table is almost full.

説明 ドメイン マネージャの FC ID 持続テーブルは、80% 以上がエントリで満杯です。show fcdomain fcid persistent を入力し、現在テーブルに含まれているエントリを表示します。

推奨処置 purge fcdomain fcid を入力して古いエントリを除去し、フリー エントリを増やします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDOMAIN-5

エラー メッセージ FCDOMAIN-5-DOMAIN_TYPE_IS_PREFERRED: The domain ID type is currently configured as preferred in all the existing VSANs.

説明 現在存在するすべての VSAN のドメイン ID タイプが優先に設定されています。従って可能性は低いながらも、ローカル VSAN のドメイン ID が再設定後に変更される可能性があります。複数の VSAN がマージされるか、主要リンクがフラップすると、再設定が発生することがあります。主要リンクはアップストリーム リンクまたはダウンストリーム リンクです。

推奨処置 CLI またはファブリック マネージャ/デバイス マネージャを使用し、既存 VSAN でドメイン ID タイプを固定に設定します。CLI では、fcdomain domain [static vsan vsan-id ] コマンドを入力してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-5-FCIDP_DISABLED: FCID persistency feature is currently not enabled in any of the existing VSANs.

説明 現在存在するすべての VSAN で、FC ID 持続機能が無効になっています。

推奨処置 fcdomain fcid persistent vsan コマンドを実行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-5-FCID_PERSISTENT_TBL_HALF_FULL: FCID persistent table is half full.

説明 ドメイン マネージャの FC ID 持続テーブルは、50% がエントリで満杯です。show fcdomain fcid persistent コマンドを実行します。

推奨処置 purge fcdomain fcid コマンドを入力して古いエントリを除去し、フリー エントリを増やします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-5-UNKNOWNDOMAININCFSDATAREQUEST: Received CFS Data request from unknown domain [dec].

説明 未知のドメイン [dec] から CFS データ要求を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-5-UNKNOWNDOMAININCFSLOCKREQUEST: Received CFS Lock request from unknown domain [dec].

説明 未知のドメイン [dec] から CFS ロック要求を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-5-UNKNOWNDOMAININCFSRELEASEREQUEST: Received CFS Release request from unknown domain [dec].

説明 未知のドメイン [dec] から CFS 解放要求を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-5-UNKNOWNDOMAININUNKNOWNCFSREQUEST: Received CFS request from unknown domain [dec].

説明 未知のドメイン [dec] から CFS 要求を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDOMAIN-6

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-BF_STARTED: BF started by [chars].

説明 この VSAN で、ファブリックの構築が開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-CANNOTFREESINGLEFCID: Impossible to free single FCIDs.

説明 個々の FC ID を解放することはできません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-CLEARLOCKNOTIFICATIONRECEIVED: Implicit lock release.

説明 クリア セッション操作のために、ロックが暗黙的に解放されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-DOMAINID_INVALID: Local domain ID invalid.

説明 ローカル ドメイン ID が無効です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-DOMAINID_VALID: Local domain ID [dec] available.

説明 ドメイン ID が使用可能です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-DOWNSTREAM_SWITCHED: Downstream interface has been fast-switched from [chars] to [chars].

説明 リンク障害のために、ダウンストリーム インターフェイスが高速切り替えされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-UPSTREAM_SWITCHED: Upstream interface has been fast-switched from [chars] to [chars].

説明 リンク障害のために、アップストリーム インターフェイスが高速切り替えされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-EPORT_ALREADY_CREATED: Interface [chars] already created.

説明 インターフェイスがすでに作成されています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-EPORT_ALREADY_DOWN: Interface [chars] is already down.

説明 インターフェイスがすでにダウンしています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-EPORT_CLEANUP: Interface [chars] received cleanup request.

説明 インターフェイス上のドメイン マネージャがクリーンアップ要求を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-EPORT_CREATED: Creation of interface [chars].

説明 ドメイン マネージャが、表示されているインターフェイスを作成します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-EPORT_DOWN: Interface [chars] is down.

説明 ドメイン マネージャがデータベースからインターフェイスを削除します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FABRICCONFSTARTBF: Nondisruptive reconfiguration started.

説明 VSAN の非中断再設定(BF フェーズ)が開始されました。これは、複数のファブリックがマージしたり、ユーザが VSAN の非中断再設定を手動でトリガーすると、発生することがあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FABRICNAME_INVALID: Fabric name not available.

説明 ファブリック名が使用できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FABRICNAME_VALID: Fabric name [chars] available.

説明 ファブリック名が使用できます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FCIDALREADYFREE: FCIDs already free.

説明 FC ID はすでに解放されています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FCIDNOTSTORED: FCIDs not stored.

説明 FC ID が保存されていません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FCIDS_ASSIGNED: Assigned FCID(s) [hex]:[hex]:[hex] with mask [dec].

説明 ドメイン マネージャが、表示されているマスクで FC ID を割り当てました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FCIDS_FREED: Freed FCID(s) [hex]:[hex]:[hex] with mask [dec].

説明 ドメイン マネージャが表示されているマスクで FC ID を解放しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FCIDP_ENABLED_DOM_TYPE_PREFERRED: FCID persistency is enabled, but the domain ID type is configured as preferred.

説明 FC ID の持続機能が有効ですが、ドメイン ID タイプが優先に設定されています。従って可能性は低いながらも、ローカル VSAN のドメイン ID が再設定後に変更される可能性があります。複数の VSAN がマージされるか、主要リンクがフラップすると、再設定が発生することがあります。主要リンクはアップストリーム リンクまたはダウンストリーム リンクです。ドメイン ID が変更されると、関連するすべての FC ID は無効になります。

推奨処置 CLI またはファブリック マネージャ/デバイス マネージャを使用し、既存 VSAN でドメイン ID タイプを固定に設定します。CLI では、 fcdomain domain static vsan コマンドを入力してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FCIDS_ASSIGNED: Assigned a sequence of 256 contiguous FCIDs starting from FCID [hex]:[hex]:[hex].

説明 ドメイン マネージャが、表示されている FC ID から始まる 256 の連続 FC ID のシーケンスを割り当てました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-FCIDS_FREED: Freed a sequence of 256 contiguous FCIDs starting from FCID [hex]:[hex]:[hex].

説明 ドメイン マネージャが、表示されている FC ID から始まる 256 の連続 FC ID のシーケンスを解放しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-INCORRECTDOMAIN: Requested FCIDs with domain field different from local domain.

説明 ローカル ドメインとは異なるドメイン フィールドで FC ID が要求されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-INCORRECTDOMAINRANGE: Requested FCIDs with domain field not in expected range.

説明 ドメイン フィールドが予想範囲外である FC ID が要求されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-INVALIDARG: Requested FCID of type 00.00.YY, but specifying an entire area.

説明 タイプ 00.00.YY で FC ID が要求されましたが、領域全体が指定されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-MY_SAME_WWN_DIFFERENT_DOMS_CONFLICTS: During VSAN merge detected local WWN [chars] is already in use by another switch (the two switches have different domain IDs: [dec] (local) and [dec]).

説明 ローカル スイッチが、別のスイッチと同じ WWN [chars] を保持していますが、ドメイン ID は異なります。

推奨処置 両方のスイッチの WWN が同じであることを確認し、一方のスイッチの WWN 値を変更します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-NODOMAIN: Local domain not available.

説明 ローカル ドメインはまだ使用できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-NOFREEFCID: No free FCIDs.

説明 空き FC ID がありません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-NOTOWNER: Feature [dec] cannot free FCID ([dec]:[dec]:[dec]).

説明 オーナーでないため、機能の Universal Unique ID(UUID)が表示されている FC ID を解放できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-OTHER_SIDE_VIRTUAL_IVR_DOMS_OVERLAPPING: During VSAN merge detected overlap with virtual IVR domain ID [dec] from across the link.

説明 VSAN マージで、ローカル VSAN のドメイン ID リストとリモート VSAN の IVR 仮想ドメイン ID リストのオーバーラップが検出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-PSWSSTARTED: Principal Switch Selection started.

説明 主要スイッチ選択(PSwS フェーズ)が開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-RCF_STARTED: RCF started by [chars].

説明 この VSAN で、ファブリックの再設定が開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-REQSINGLEFCIDWITHINRESERVEDRANGE: Requested single FCIDs in area [dec] within the reserved range.

説明 予約された範囲内の領域で個別の FC ID が要求されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-REQUESTEDFCIDNOTFREE: Requested FCIDs not free.

説明 要求された FC ID は使用中です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-REQUESTEDFCIDRESERVED: Requested reserved FCIDs.

説明 要求された FC ID は予約されています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-REQUESTEDRESERVEDFCIDMISMATCH: Requested persistent FCIDs, but there is a mismatch.

説明 持続型 FC ID が要求されましたが、ミスマッチがあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-SAME_WWNS_DIFFERENT_DOMS_CONFLICTS: During VSAN merge detected two switches with same WWN [chars] and different non-virtual domain IDs [dec] and [dec].

説明 2 台のスイッチが、同じ WWN を持っています(非仮想ドメイン ID は異なる)。

推奨処置 両方のスイッチの WWN が同じであることを確認し、一方のスイッチの WWN 値を変更します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-TIMER_UNKNOWN: fcdomain has received a notification for an unknown timer expiration.

説明 ドメイン マネージャが認識していないタイマーが満了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-VIRTUAL_IVR_DOMS_OVERLAPPING: During VSAN merge detected overlap with local virtual IVR domain ID [dec].

説明 VSAN マージで、ローカル VSAN の IVR 仮想ドメイン ID とリモート VSAN のドメイン ID のオーバーラップが検出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-UUIDNOSPACEFOUND: No available space to store the identity of the requestor the FCIDs.

説明 FC ID の要求元 ID を保存するスペースがありません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-6-UUIDNOTFOUND: Universal Unique ID (UUID) not found.

説明 UUID が見つかりません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCDOMAIN-7

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-EPORT_ALREADY_ISOLATED: Interface [chars] is down.

説明 ドメイン マネージャがインターフェイスを切り離そうとしましたが、インターフェイスが存在しません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-FABRICCONFCOMPLETEDBF: Nondisruptive reconfiguration completed.

説明 非中断再設定(BF フェーズ)が完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-FABRICCONFCOMPLETEDRCF: Disruptive reconfiguration completed.

説明 中断再設定(RCF フェーズ)が完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-FC2_RETRY: Retransmission of FC2 frame on interface [chars] (Cmd Code: [hex]).

説明 応答が失われたため、ドメイン マネージャがインターフェイスで FC2 フレームを再試行しています。フレームのコマンド コードが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-FCID_IN_USE_PURGING_FOR_FICON_MGR: FICON needs to purge the persistent FCID table, but at least one FCID is still in use, preventing this purge from completely remove all entries belonging to the VSAN.

説明 fcdomain が FC ID 持続テーブルの除去要求を FICON Manager から受信する前に、すべてのインターフェイスをシャットダウンするシーケンスに、問題がある可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-FSM_FAILED: FSM transition failed on interface [chars] (current state [chars]).

説明 ドメイン マネージャの有限状態マシンが適切な処置の定義されていない無効なイベントをインターフェイスで生成しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-FSM_FORBIDDEN_TRANSITION: fcdomain state machine has hit a forbidden transition.

説明 ドメイン マネージャのステート マシンが禁止された移行を実行しようとしました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-INTERFACERDY: Interface [chars] ready.

説明 インターフェイスは動作可能です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-PREACTIONTYPE_UNKNOWN: fcdomain state machine has hit an unknown pre-action type.

説明 未定義のプレアクション タイプが使用されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-PSWSCOMPLETED: Principal Switch Selection completed (Fabric Name [chars]).

説明 主要スイッチ選択(PSwS フェーズ)が完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCDOMAIN-7-RDIACC: Assigned domain ID [dec], WWN of requestor [chars] (requested domain ID [dec]).

説明 表示されている WWN で、VSAN がドメイン ID を受信しました。要求されたドメイン ID も表示されています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCFWD メッセージ

ここでは、FCFWD メッセージについて説明します。

FCFWD-3

エラー メッセージ FCFWD-3-ERROR: [chars].

説明 FCFWD でエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCFWD-4

エラー メッセージ FCFWD-4-WARNING: [chars].

説明 FCFWD 警告メッセージです。メッセージには警告の理由が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCFWD-6

エラー メッセージ FCFWD-6-INFO: [chars].

説明 FCFWD イベント メッセージです。[chars] にはイベント情報が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCNS メッセージ

ここでは、Fibre Channel Name Server(FCNS)メッセージについて説明します。

FCNS-2

エラー メッセージ FCNS-2-DB_FULL: the database; max entries [dec] exceeded.

説明 ネーム サーバ データベースが満杯です。データベースには最大数のポート エントリが含まれています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-2-INIT_FAILURE: : [chars].

説明 [chars] のため、FCNS を初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-2-NO_RESPONSE: domain [dec].

説明 表示されているドメインから VSAN(仮想 SAN)に応答がありません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-2-PSS_VERSION_MISMATCH: : for [chars].

説明 表示されているタイプで、Persistent Storage Service(PSS)のバージョンがミスマッチです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-2-RELOAD_FAILURE: : [chars].

説明 PSS から情報をリロードできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCNS-3

エラー メッセージ FCNS-3-BAD_FRAME: : [chars].

説明 ネットワークから不良フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-3-CFG_FAILURE: : [chars].

説明 FCNS 設定に関するエラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-3-CHUNK_FAILURE: : [chars].

説明 チャンク メモリ障害です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-3-DB_FAILURE: : [chars].

説明 FCNS データベースでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-3-MALLOC_FAILURE: : [chars].

説明 メモリ割り当てがエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-3-MTS_FAILURE: : [chars] [chars].

説明 Messaging and Transaction Service(MTS)操作の試行中にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-3-PSS_FAILURE: : [chars].

説明 PSS エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCNS-6

エラー メッセージ FCNS-6-DB_INFO: : [chars] [hex].

説明 表示されているエントリのデータベース修正が発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCNS-6-STATUS_INFO: : [chars].

説明 FCNS ステータスが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCS メッセージ

ここでは、Fabric Configuration Server(FCS)メッセージについて説明します。

FCS-2

エラー メッセージ FCS-2-ALLOC_FAILED: Memory allocation failed for size:[dec].

説明 メモリ割り当てがエラーになりました。

推奨処置 プロセスを再起動します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-2-CHUNK_ALLOC_FAILED: Chunk memory allocation failed for [chars] chunk.

説明 チャンク メモリ割り当てがエラーになりました。チャンク名が表示されます。

推奨処置 プロセスを再起動します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-2-NO_RESPONSE: Retried maximum number of times for [chars] to domain [dec] in VSAN [dec].

説明 VSAN [dec] 内のドメイン [dec] から [chars] に対して行われた試行回数が最大に達しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-2-RANDNUM_FAIL: [chars].

説明 乱数の生成中にクリティカルなエラーが発生しました。エラーの内容が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCS-3

エラー メッセージ FCS-2-PSS_VER_FAIL: PSS file [chars] has version [dec].[dec].[dec], expected version [dec].[dec].[dec].

説明 PSS のバージョンがミスマッチでした。メッセージには、PSS サービス、現在のバージョン番号、および想定されたバージョン番号が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-BAD_CT_FRAME: Invalid FCS frame: [chars] received from [hex].

説明 表示されている FC ID から、無効な FCS FC-CT フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-DB_ERR: [chars].

説明 FCS データベースの操作中にエラーが発生しました。[chars] にエラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-INIT_FAIL: [chars].

説明 FCS の初期化中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-MTS_ERR: [chars].

説明 Messaging and Transaction Service(MTS)メッセージの処理中にエラーが発生しました。発生したエラーが表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-NO_MTS_RESP: [chars].

説明 MTS 要求に応答がありませんでした。MTS メッセージの詳細が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-NO_REMOTE_RESP: No response for request [chars] from domain [dec] in VSAN [dec].

説明 FC2 要求に対する応答がありませんでした。FCS 要求、リモート ドメイン、および VSAN ID が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-OTHER_ERR: [chars].

説明 FCS で一般エラーが発生しました。エラーの内容が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-PSS_ERR: [chars].

説明 FCS の PSS 操作中にエラーが発生しました。エラーの原因となった PSS 操作が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-3-SOCK_ERR: sd: [dec], [chars].

説明 表示されているソケット ID(sd)で FC-2 ソケット エラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCS-4

エラー メッセージ FCS-4-BAD_CT_FRAME: Invalid FCS frame: [chars] received from [hex].

説明 FC ID [hex] から、[chars] のある無効な FCS FC-CT フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCS-5

エラー メッセージ FCS-5-API_FAIL: [chars]: [chars].

説明 FCS が呼び出した API でエラーが発生しました。API 名およびエラーの理由が表示されます。

推奨処置 コールド ブート時にこのメッセージが表示された場合は、照会先モジュールが FCS よりあとでアップ状態になったことを意味するため、無視してかまいません。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCS-6

エラー メッセージ FCS-6-INFORMATION: [chars].

説明 FCS に影響のあるイベントが発生しました。イベントの内容が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCS-6-REXMIT_PKT: Retransmitting request [chars] to domain [dec] in VSAN [dec].

説明 FC2 要求が再送信されました。FCS 要求、リモート ドメイン、および VSAN ID が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FCSP-MGR メッセージ

ここでは、Fibre Channel Security Protocol(FCSP-MGR)メッセージについて説明します。

FCSP-MGR-2

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-DBG_INIT_FAILED: Debug Infrastructure Initialization failed ( [chars] ).

説明 デバッグ インフラストラクチャを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-FC2_E_INIT_FAILED: Fibre-Channel Initialization of an E_Port failed ( [chars] ).

説明 FC-SP マネージャが、FC-2 E ポートのインフラストラクチャを使用して初期化することができません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-FC2_F_INIT_FAILED: Fibre-Channel Initialization of an F_Port failed ( [chars] ).

説明 FC-SP マネージャが、FC-2 F ポートのインフラストラクチャを使用して初期化することができません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-FC2_UNKNOWN_FRM_RECD_CRIT: Received an unexpected/unknown FC-2 frame on [chars].

説明 想定外の FC-2 フレームまたは不明な FC-2 フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-FCSP_AUTHENT_FAILURE: FC-SP Authentication failure on Port [chars] (FC-SP Failure Reason: [chars] [chars]).

説明 ポートでのファイバ チャネル認証が失敗しました。理由コードが表示されます。

推奨処置 パスワードの設定を確認し、このポートとピア ポートのセキュリティ モードが適切かどうかを確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-FSMU_INIT_FAILED: State Machine Infrastructure Initialization failed ( [chars] ).

説明 ステート マシンのインフラストラクチャが適切に初期化されませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-IPC_INIT_FAILED: IPC (Inter Process Communication) Initialization failed ( [chars] ).

説明 FC-SP マネージャが、Interprocess Communication(IPC; プロセス間通信)のインフラストラクチャを使用して初期化することができません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-LICENSE_UNAVAILABLE: License:[chars] unavailable, service exiting.

説明 ライセンスを使用できません。FC-SP サービスは終了します。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-MEM_FAILED: Memory operations failed File: [chars] Line [dec] for size [hex] bytes.

説明 メモリ操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-POST_INIT_FAILED: Post-Initialization failed ( [chars] ).

説明 FC-SPが、通常の初期化後にエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FCSP-MGR-2-PSS_INIT_FAILED: PSS Infrastructure Initialization failed ( [chars] ).

説明 Persistent Storage Services(PSS)のインフラストラクチャを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FDMI メッセージ

ここでは、Fabric Device Management Interface(FDMI)メッセージについて説明します。

FDMI-2

エラー メッセージ FDMI-2-MTS_ERROR: MTS message transmission failed with error [dec].

説明 FDMI プロセスが Messaging and Transaction Service(MTS)メッセージを送信しようとしましたが、エラーになりました。MTS エラー番号が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-2-PSS_CFG_RESTORE_ERROR: Configuration restoration for [chars] failed with error [hex] for key type [dec].

説明 FDMI は保存されていた設定を読み込みましたが、ランタイム コンフィギュレーションの再構築時にエラーが発生しました。プロセスが復元しようとした設定、およびシステム エラー コードが表示されます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-2-PSS_RTDB_RESTORE_ERROR: Runtime database restoration for [chars] failed with error [hex].

説明 FDMI は保存されていたランタイム データベースを読み込みましたが、ランタイム データベースの再構築時にエラーが発生しました。プロセスが復元しようとしたランタイム データベース、およびシステム エラー コードが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FDMI-3

エラー メッセージ FDMI-3-BAD_FRAME: Malformed frame received: [chars].

説明 FDMI プロセスが、不正な形式のフレームを受信しました。問題の内容がメッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-3-BAD_RESPONSE: response with command code: [hex].

説明 FDMI プロセスが、応答メッセージで不良ペイロードを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-3-INTERNAL_ERROR: Internal err: [chars].

説明 FDMI プロセスで一般エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーの内容およびそのコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-3-MTS_API_ERROR: API, [chars] returned [hex].

説明 FDMI が API を呼び出しましたが、表示されているエラー コードを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-3-MTS_FORMAT_ERROR: Unknown MTS message format in opcode [dec] from module [chars].

説明 FDMI が、不明なメッセージ形式を含むモジュールからメッセージを受信しました。MTS 操作コードがメッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-3-NO_RESPONSE: No response from switch whose domain id is [dec].

説明 FDMI プロセスがスイッチ間パケットをスイッチに送信しましたが、応答がありませんでした。スイッチのドメイン ID が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-3-PSS_ERROR: PSS operation [chars] returned err: [hex].

説明 エラーが発生したコンテキスト、およびエラーを表示するメッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FDMI-3-UNEXPECTED_MTS_MSG: Unexpected MTS message, opcode [dec], is received.

説明 FDMI プロセスが予期しない Messaging and Transaction Service(MTS)イベントを受信しました。MTS 操作コードがメッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FDMI-4

エラー メッセージ FDMI-4-SW_REJ_RESPONSE: Reject response [chars] from switch whose domain id is [dec].

説明 FDMI プロセスがスイッチ間パケットをスイッチに送信し、表示されている原因コードを含む拒否応答を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FDMI-6

エラー メッセージ FDMI-6-DEBUG_INFO: [chars].

説明 FDMI プロセスのデバッグ情報です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FEATURE-MGR メッセージ

ここでは、フィーチャ マネージャ(FEATURE-MGR)メッセージについて説明します。

FEATURE-MGR-2

エラー メッセージ FEATURE-MGR-2-MODULE_FM_DONE: feature manager completed.

説明 フィーチャ マネージャが完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FEATURE-MGR-2-MODULE_FM_STARTED: feature manager started.

説明 フィーチャ マネージャが起動しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FLOGI メッセージ

ここでは、Fabric Login(FLOGI)メッセージについて説明します。

FLOGI-5

エラー メッセージ FLOGI-5-MSG_IF_REINIT_ALPA_CONFLICT: [VSAN [dec], Interface [chars]] FL/TL interface [chars] re-initialized as ALPA - PWWN map conflict occurred.

説明 FL インターフェイスまたは TL インターフェイスが Arbitrated Loop Physical Address(ALPA)として再初期化しましたが、Loop Initialization Protocol(LIP)のあとの既存 FLOGI セッションと矛盾します。すべてのデバイスは、新しい ALPA および pWWN マッピングで再びログインします。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FLOGI-5-MSG_PORT_LOGGED_IN: [VSAN [dec], Interface [chars]] Nx Port [chars] with fcid [chars] logged IN.

説明 表示されている情報で Nx ポートがログインされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FLOGI-5-MSG_PORT_LOGGED_OUT: [VSAN [dec], Interface [chars]] Nx Port [chars] logged OUT.

説明 Nx ポートがログアウトされました。

推奨処置 show interface、 show VSAN、または show module コマンドを入力して(あるいは同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して)、この Nx ポートがログアウトした理由を判断してください。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FSPF メッセージ

ここでは、Fabric Shortest Path First(FSPF)メッセージについて説明します。

FSPF-2

エラー メッセージ FSPF-2-SHUTDOWN: Routing daemon shutting down : [chars].

説明 表示されている理由のため、FSPF ルーティング デーモンがシャットダウンします。

推奨処置 重大エラーです。購入した代理店の担当者に、表示される理由および FSPF のログ ファイルを提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FSPF-3

エラー メッセージ FSPF-3-BAD_FC2_PKT: Received bad FC2 packet on interface [chars] VSAN [dec] : [chars].

説明 FSPF が、表示されているインターフェイスおよび VSAN(仮想 SAN)で不良 FC2 パケットを受信しました。エラーの内容が表示されます。

推奨処置 FSPF デーモンが不良 FC フレームを受信しました。購入した代理店の担当者に、debug fc2 pkt CLI コマンドの出力を提出してください。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-CHECKSUM_FAIL: Checksum test failed for LSR domain [dec] in VSAN [dec].

説明 表示されているドメインおよび VSAN において、LSR で定期的なデータベース チェックサム テストがエラーになりました。

推奨処置 メモリ破損の問題のため、内部データベースが破損されたことを意味します。購入した代理店の担当者に、show fspf database の出力を提出してください。スイッチの電源の再投入が必要になる場合があります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-FC2_PROC_ERR: Error in processing [chars] packet on interface [chars] VSAN [dec], Error = [chars].

説明 表示されているインターフェイスおよび VSAN において、FC2 パケットの処理中にエラーが発生しました。メッセージには内部エラー コードも表示されます。

推奨処置 debug fspf error を入力し、詳細情報を取得します。インターフェイスの両端で FSPF パラメータの設定に誤りがないことを確認し、購入した代理店の担当者に、該当のインターフェイスに対する show fspf vsan [ vsan-id ] および show fspf vsan[ vsan-id ] interface コマンドの出力、および debug fspf fc pkt コマンドの結果を提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-FLOOD_ERR: Error in flooding the local LSR in VSAN [dec] , Error = [chars].

説明 表示されている VSAN のローカル LSR のフラッディング時に、FSPF でエラーが発生しました。エラーの内容が表示されます。

推奨処置 debug fspf flood および debug fspf error コマンドの出力を提出してください。パケット送信エラーが通知される場合は、インターフェイスが動作していることを確認し、debug fc2 error コマンドを入力します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-HELLO_MISMATCH: Mismatch in [chars] in the Hello packet on interface [chars] in VSAN [dec].

説明 表示されているインターフェイスおよび VSAN で受信した hello パケットにはエントリのミスマッチがあります。このパケットはドロップされます。

推奨処置 インターフェイスの両端のスイッチで、hello または dead インターバルの設定を調べ、ミスマッチかどうかを確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-INTF_TIMER_ERR: Error in processing interface timer event [chars] for interface [chars] in VSAN [dec] , error = [chars].

説明 表示されているインターフェイスのタイマー イベントの処理中に、FSPF でエラーが発生しました。エラーの内容が表示されます。

推奨処置 購入した代理店の担当者に、debug fspf error コマンドの出力を提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-IPC_PROC_ERR: Error in processing IPC message : Opcode = [dec], Error code = [hex].

説明 メッセージの処理中に、FSPF で、表示されている操作コードでエラーが発生しました。内部エラー コードが表示されます。

推奨処置 FSPF が不正な IPC メッセージを受信した可能性があります。購入した代理店の担当者に、debug fspf mts pkt および debug fspf error コマンドの出力を提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-LOCK_FAIL: FSPF failure in gaining lock.

説明 FSPF スレッド間における共有リソースのロックに問題があります。

推奨処置 購入した代理店の担当者に、debug fspf all コマンドの出力を提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-MTS_MSG_BEFORE_GSYNC: FSPF in standby received MTS message opcode = [hex] before GSYNC.

説明 スタンバイ中の FSPF が GSYNC メッセージを受信しないうちに Messaging and Transaction Service(MTS)メッセージを受信しました。

推奨処置 購入した代理店の担当者に、debug fspf mts pkt コマンドの出力を提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-RIB_ERR: Error in RIB : [chars].

説明 Routing Information Base(RIB)との対話中に、FSPF でエラーが発生しました。エラーの内容が表示されます。

推奨処置 show processes を入力し、RIB アプリケーションが動作しているかどうかをチェックします。購入した代理店の担当者に、debug fspf route コマンドの出力、および RIB デバッグ トレースを提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-ROUTE_COMPUTE_ERR: Error in computing or sending routes for VSAN [dec] : Error = [chars].

説明 VSAN のルート中に、FSPF でエラーが発生しました。エラーの内容が表示されます。

推奨処置 問題が繰り返される場合は、エラー コードとともに、debug fspf error および debug fspf route コマンドの出力を提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-UNLOCK_FAIL: FSPF failure in releasing lock.

説明 FSPF スレッド間の共有リソースでロックを解除できません。

推奨処置 購入した代理店の担当者に、debug fspf all コマンドの出力を提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-3-VSAN_TIMER_ERR: Error in processing VSAN timer event [chars] for VSAN [dec] , error description = [chars].

説明 VSAN のタイマー イベントの処理中に、FSPF で内部エラーが発生しました。エラーの内容が表示されます。

推奨処置 購入した代理店の担当者に、debug fspf error コマンドの出力を提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FSPF-4

エラー メッセージ FSPF-4-FC2_DOWN_INTF: Received FC2 packet on DOWN interface [chars] in VSAN [dec].

説明 FSPF が、表示されている VSAN(仮想 SAN)の非アクティブ インターフェイスで FC2 パケットを受信しました。

推奨処置 このメッセージは、インターフェイスが始動したときの最初の FSPF パケットに対して出力される場合があります。メッセージが繰り返し表示される場合は、インターフェイスの片側または VSAN で FSPF が無効になっていないかどうかを確認します。無効でない場合は、show interface コマンドを入力し、インターフェイスが物理的にアップになっているのが片側だけでないかどうかを調べます。さらに、IPC_PROC_ERR に対してエラー メッセージが出力されていないかどうかも調べます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-4-FC2_DOWN_VSAN: Received FC2 packet on inactive VSAN [dec].

説明 FSPF が非アクティブ VSAN で FC2 パケットを受信しました。

推奨処置 メッセージが続けて表示される場合は、VSAN で FSPF が無効になっていないかをチェックします。VSAN がアクティブで、有効なドメインがスイッチに割り当てられているかどうかも調べてください。IPC_PROC_ERR メッセージがメッセージ ログに出力されていないかも確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-4-ILLEGAL_FSM_EVENT: Illegal FSM event for state [chars] in interface [chars] in VSAN [dec].

説明 FSPF ステート マシンで不正なプロトコル イベントが発生しました。メッセージには、インターフェイスおよび VSAN の以前のステートが表示されます。

推奨処置 プロトコル パケットがドロップされた場合に、このメッセージが生成される可能性がありますが、FSPF は回復して FULL ステートに戻るはずです。show fspf interface を入力し、インターフェイスのステートを確認します。FULL 以外のステートになっている場合は、関連インターフェイスの debug fspf event および debug fspf fc pkt コマンドの出力をカスタマー サポートの担当者に提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-4-LSR_DROPPED: [chars], Dropping LSR [dec] received on interface [chars] in VSAN [dec].

説明 表示されている理由のため、LSR パケットがドロップされます。LSR は、表示されているドメインに属し、表示されているインターフェイスおよび VSAN で受信されました。

推奨処置 LSR がドロップされた理由および debug fspf fc pkt コマンドの出力を提出してください。理由がチェックサムの不一致の場合は、パケットの破壊や切捨てを調べてください。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-4-LSR_MIN_LS_ARRIVAL: Packet arrived before MIN_LS_ARRIVAL, Dropping LSR [dec] on interface [chars] in VSAN [dec].

説明 MIN_LS_ARRIVAL の前に着信したため、LSR パケットがドロップされます。LSR は、表示されているドメインに属し、表示されているインターフェイスおよび VSAN で受信されました。

推奨処置 これは過渡的な状況で発生する場合があり、プロトコルは LSR の再送信によって回復します。メッセージが繰り返し表示される場合は、debug fspf flood、debug fspf retrans、および debug fspf error コマンドの出力を提出してください。他のベンダーと相互運用している場合は、このメッセージが出やすくなる可能性があります。あるいは、コマンドライン方式の代わりに、ファブリック マネージャ、デバイス マネージャ、またはその両方を使用できます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-4-LSU_RX_INIT: Dropping LSU received in state INIT on interface [chars] in VSAN [dec].

説明 LSU を受信したときにインターフェイスが初期化(INIT)状態になっていたため、LSU パケットはドロップされます。

推奨処置 これは一部の過渡的な状況で発生する場合があります。問題が続く場合は、show fspf VSAN [ vsan-id ] interface、debug fspf fc pkt、および debug fspf event VSAN [ vsan-id ] コマンドの出力をカスタマー サポート担当者に提出してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FSPF-5

エラー メッセージ FSPF-5-STARTING: Routing daemon started.

説明 FSPF ルーティング デーモンが起動しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FSPF-6

エラー メッセージ FSPF-6-ADD_LSR: New LSR added for domain [dec] in VSAN [dec].

説明 表示されているドメインおよび VSAN において、新しい LSR がデータベースに追加されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-DELETE_LSR: LSR deleted for domain [dec] in VSAN [dec].

説明 表示されている VSAN において、ドメインの LSR がデータベースから削除されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-INTF_OPER_DOWN: Down on interface [chars] in VSAN [dec].

説明 表示されているインターフェイスおよび VSAN において、FSPF が動作上のダウン状態になりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-INTF_OPER_UP: Up on interface [chars] in VSAN [dec].

説明 表示されているインターフェイスおよび VSAN において、FSPF が動作可能になりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-MAX_AGE: LSR [dec] in VSAN [dec] reached Maxage.

説明 表示されているドメインおよび VSAN の LSR は、最大年数に達したため接続されているすべてのスイッチから削除されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-ROLLOVER: Rolling over the incarnation number of Local LSR of VSAN [dec].

説明 表示されている VSAN でローカル LSR のインカネイション番号は、最大値に達したため最小値から繰り返されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-SELF_ORIGINATED: Received local LSR in VSAN [dec] with higher incarnation number.

説明 表示されている VSAN において、データベースのものより大きいインカネイション番号で、ローカル ドメインの LSR を受信しました。この状況が発生するのは、トポロジ変更時の最初だけです。この状況が続く場合は、スイッチのドメイン割り当てが重複している可能性があります。

推奨処置 このメッセージが繰り返し表示される場合は、ドメイン割り当てがファブリック内で重複していないかどうかを調べます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-STATE_CREATED: Internal state created [chars].

説明 FSPF が、表示されている内部ステート(ステートレスまたはステートフル)を作成しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-VSAN_OPER_DOWN: Down on VSAN [dec].

説明 表示されている VSAN において、FSPF が動作上のダウン状態になりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ FSPF-6-VSAN_OPER_UP: Up on VSAN [dec] with local domain [dec].

説明 表示されているローカル ドメインを含む VSAN において、FSPF が起動しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

FSPF-7

エラー メッセージ FSPF-7-ROUTE_THREAD_STARTED: Thread number [dec] started.

説明 表示されているルート計算のスレッド番号が、FSPF で開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ISAPI メッセージ

ここでは、Intelligent Switch Application Programming Interface(ISAPI)メッセージについて説明します。

ISAPI-SLOT#-0

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-0-ILC_EMERG: [chars].

説明 ISAPI の緊急ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-0-INVISTA_EMERG: [chars].

説明 ISAPI Invista ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-0-NSP_EMERG: [chars].

説明 ISAPI NSP ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-0-SSM_EMERG: [chars].

説明 ISAPI の緊急ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-0-SSM_EMERG: [chars].

説明 ISAPI ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ISAPI-SLOT#-1

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-1-ILC_ALERT: [chars].

説明 ISAPI のアラート ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-1-INVISTA_ALERT: [chars].

説明 ISAPI Invista ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-1-NSP_ALERT: [chars].

説明 ISAPI NSP ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-1-SSM_ALERT: [chars].

説明 ISAPI のアラート ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-1-SSM_ALERT: [chars].

説明 ISAPI ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ISAPI-SLOT#-2

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-2-ILC_CRIT: [chars].

説明 ISAPI の重大ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-2-INVISTA_CRIT: [chars].

説明 ISAPI Invista ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-2-NSP_CRIT: [chars].

説明 ISAPI NSP ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-2-SSM_CRIT: [chars].

説明 ISAPI の重大ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-2-SSM_CRIT: [chars].

説明 ISAPI ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ISAPI-SLOT#-3

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-3-ILC_ERROR: [chars].

説明 ISAPI のエラー ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-3-INVISTA_ERROR: [chars].

説明 ISAPI Invista ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-3-NSP_ERROR: [chars].

説明 ISAPI NSP ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-3-SSM_ERROR: [chars].

説明 ISAPI ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-3-SSM_ERROR: [chars].

説明 ISAPI のエラー ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ISAPI-SLOT#-4

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-4-ILC_WARN: [chars].

説明 ISAPI の警告ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-4-INVISTA_WARN: [chars].

説明 ISAPI Invista ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-4-NSP_WARN: [chars].

説明 ISAPI NSP ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-4-SSM_WARN: [chars].

説明 ISAPI ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-4-SSM_WARN: [chars].

説明 ISAPI の警告ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ISAPI-SLOT#-5

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-5-ILC_NOTICE: [chars].

説明 ISAPI の通知ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-5-INVISTA_NOTICE: [chars].

説明 ISAPI Invista ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-5-NSP_NOTICE: [chars].

説明 ISAPI NSP ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-5-SSM_NOTICE: [chars].

説明 ISAPI ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-5-SSM_NOTICE: [chars].

説明 ISAPI の通知ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ISAPI-SLOT#-6

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-6-ILC_INFO: [chars].

説明 ISAPI の情報ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-6-INVISTA_INFO: [chars].

説明 ISAPI Invista ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-6-NSP_INFO: [chars].

説明 ISAPI NSP ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-6-SSM_INFO: [chars].

説明 ISAPI の情報ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ISAPI-SLOT#-7

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-7-ILC_DEBUG: [chars].

説明 ISAPI のデバッグ ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-7-INVISTA_DEBUG: [chars].

説明 ISAPI Invista ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-7-NSP_DEBUG: [chars].

説明 ISAPI NSP ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ISAPI-SLOT#-7-SSM_DEBUG: [chars].

説明 ISAPI のデバッグ ソフトウェア メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

LC-FCFWD メッセージ

ここでは、Line Card Fibre Channel Forwarding(LC-FCFWD)メッセージについて説明します。

LC-FCFWD-3

エラー メッセージ LC-FCFWD-3-ERROR: [chars].

説明 LC-FCFWD でエラーが発生しました。エラー情報が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

LC-SPAN メッセージ

ここでは、Line Card Switched Port Analyzer(LC-SPAN)メッセージについて説明します。

LC-SPAN-3

エラー メッセージ LC-SPAN-3-ERROR: [chars].

説明 LC-SPAN マネージャでエラーが発生しました。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

LC_CFG メッセージ

ここでは、Line Card Configuration Manager(LC_CFG)メッセージについて説明します。

LC_CFG-SLOT#-2

エラー メッセージ LC_CFG-SLOT#-2-LC_CFG_ABORT: ERROR: lc_cfg_mgr aborted registration (code [dec]).

説明 LC-CFG が、ラインカードで終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_CFG-SLOT#-2-LC_CFG_EXITED: ERROR: lc_cfg_mgr exited on linecard (code [dec]).

説明 LC-CFG が、ラインカードで終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_CFG-SLOT#-2-LC2_CPU_ERRORS: [chars], Total IC [dec], DC [dec], Tag [dec], MBit [dec], SBit [dec], I30 [dec].

説明 ラインカード コンフィギュレーション マネージャが CPU キャッシュ エラーを検出しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

LC_PORT_CHANNEL メッセージ

ここでは、ラインカード SAN ポート チャネル(LC_PORT_CHANNEL)メッセージについて説明します。

LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-0

エラー メッセージ LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-0-HW_FAILURE: fatal error in configuring [chars]: [chars].

説明 SAN ポート チャネル設定で致命的なハードウェア エラーが発生しました。

推奨処置 モジュールをリセットします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_PORT_CHANNEL-SLOT#-0-IDX_FULL: D_IDX table full (current [dec], new [dec], total [dec]).

説明 SAN ポート チャネル設定での重度のエラーです。

推奨処置 モジュールをリセットします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

LC_PORT_MGR メッセージ

ここでは、Line Card Port Manager(LC_PORT_MGR)メッセージについて説明します。

LC_PORT_MGR-SLOT#-2

エラー メッセージ LC_PORT_MGR-SLOT#-2-LC_MTS_ERROR: An MTS error has occurred in ([chars]) with the following conditions: opc=[dec] ssap=[hex] dsap=[hex] syserr=[hex].

説明 2 つのアプリケーション間におけるメッセージ通信のソフトウェア エラーが発生しました。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

LC_RDL メッセージ

ここでは、Line Card Remote Domain Lookup(LC_RDL)メッセージについて説明します。

LC_RDL-3

エラー メッセージ LC_RDL-3-SYSLOG_ALLOC_FAIL: : [chars].

説明 LC_RDL のメモリ割り当てがエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-3-SYSLOG_CONTEXT_ERR: : [chars] [dec].

説明 LC_RDL で表示されているコンテキスト エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-3-SYSLOG_ERR: : [chars].

説明 このメッセージには、LC_RDL Syslog エラーが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-3-SYSLOG_EXIT: : [chars].

説明 LC_RDL がエラー終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-3-SYSLOG_INIT_FAIL: : [chars] [chars].

説明 LC_RDLを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-3-SYSLOG_MTS_ERR: : [chars].

説明 LC_RDL の Messaging and Transaction Service(MTS)エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-3-SYSLOG_MTS_REG_FAILED: : [dec] [dec].

説明 LC_RDL のコンテキスト エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

LC_RDL-6

エラー メッセージ LC_RDL-6-SYSLOG_DEBUG_1: : [chars] [hex].

説明 LC_RDL のデバッグ ログです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-6-SYSLOG_DEBUG_2: : [chars] [hex].

説明 LC_RDL のデバッグ ログです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-6-SYSLOG_INFO: : [chars].

説明 LC_RDL のデバッグ ログです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ LC_RDL-6-SYSLOG_RESP_RCVD: : [chars] [dec].

説明 LC_RDL のコンテキスト エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NPC メッセージ

ここでは、N port Creator(NPC)メッセージについて説明します。

NPC-SLOT#-3

エラー メッセージ NPC-SLOT#-3-LOG_NPC_ERR: Nonrecoverable error: [chars].

説明 エラーのためプログラムが終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NPC-SLOT#-4

エラー メッセージ NPC-SLOT#-4-LOG_NPC_WARNING: Serious error: [chars].

説明 あらゆる通常動作に影響を与えるクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NPC-SLOT#-5

エラー メッセージ NPC-SLOT#-5-LOG_NPC_DEBUG: Unexpected error: [chars].

説明 一部の通常動作に影響を与える想定外のエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPC-SLOT#-5-LOG_NPC_NVP_FSM: Illegal event received: [chars].

説明 NPC Virtual N Port(NPC_NVP)有限状態マシン(FSM)で不正イベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPC-SLOT#-5-LOG_NPC_VSAN_FSM: Illegal event received: [chars].

説明 NPC Virtual N Port(NPC_NVP)有限状態マシン(FSM)で不正イベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NPV メッセージ

ここでは、N port Virtualization(NPV)メッセージについて説明します。

NPV-2

エラー メッセージ NPV-2-NPV_DISABLE_FAILED: NPV could not disabled : [chars] [chars].

説明 表示された理由のため、NPV をディセーブルにできませんでした。

推奨処置 NPV モードのディセーブルを再試行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-2-NPV_EXITED

説明 NPV プロセスがファイル エラー システム ログで終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NPV-3

エラー メッセージ NPV-3-ACL_UPDATE_FAILED

説明 NPV プロセスによって開始された ACL アップデート要求が失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-F_RJT_SENT

説明 NPV プロセスが F_RJT フレームを送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-FC2_SEND_FAILED: [chars].

説明 NPV プロセスが FC2 メッセージを送信できました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-FRAME_DISCARDED: [chars].

説明 NPV プロセスが FC2 フレームを廃棄しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-LCP_PROGRAMMING_FAILED: [chars].

説明 NPV プロセスによって開始された LCP プログラミング要求が失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-LS_RJT_SENT

説明 NPV プロセスが LS_RJT フレームを送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-LS_RJT_RCVD: [chars].

説明 NPV プロセスが LS_RJT フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-MALLOC_FAILED: [chars].

説明 NPV コードでアサーションが失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-MTS_SEND_FAILED: [chars].

説明 NPV プロセスが MTS メッセージを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-NPIV_DISABLE_FAILED

説明 NPIV 機能をディセーブルにできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-PORT_BRINGUP_FAILED

説明 NPV プロセスがポートをアップにできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-PORT_REINIT_FAILED

説明 NPV プロセスによって開始されたポート再初期化要求が失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-3-UNEXPECTED_EVENT: [chars].

説明 NPV プロセスが現在のステートで予期しないイベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NPV-5

エラー メッセージ NPV-5-ASSERTION_FAILED

説明 NPV コードでアサーションが失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NPV-6

エラー メッセージ NPV-6-ABTS_SENT

説明 NPV プロセスが ABTS フレームを送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-EXT_IF_SELECTED: [chars].

説明 サーバ インターフェイスで受信したすべてのフレーム、または特定のポート WWN から受信したフレームを転送するために、NPV プロセスが外部インターフェイスを選択しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-LS_ACC_RCVD: [chars].

説明 NPV プロセスが LS_ACC フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-FDISC_RCVD

説明 NPV プロセスが FLOGI フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-FDISC_SENT

説明 NPV プロセスが FDISC フレームを送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-FLOGI_RCVD

説明 NPV プロセスが FLOGI フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-LC_ACC_SENT

説明 NPV プロセスが LS_ACC フレームを送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-LOGO_RCVD

説明 NPV プロセスが LOGO フレームを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-LOGO_SENT

説明 NPV プロセスが LOGO フレームを送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-MTS_NOTIF_RCVD

説明 NPV プロセスが MTS 通知を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-MTS_NOTIF_SENT:[CHAR].

説明 NPV が MTS 通知を送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-MTS_REQ_RCVD

説明 NPV プロセスが MTS 要求を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-MTS_REQ_SENT

説明 NPV プロセスが MTS 要求を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-MTS_RESP_RCVD

説明 NPV プロセスが MTS 応答を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-MTS_RESP_SENT

説明 NPV プロセスが MTS 応答を送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-NPIV_DISABLED: [chars].

説明 NPIV 機能がディセーブルになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-NPIV_ENABLED: [chars].

説明 NPIV 機能がイネーブルになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NPV-6-SERVER_PROXY_LOGO_SENT

説明 NPV プロセスがコア スイッチに LOGO フレームを送信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NVP メッセージ

ここでは、Virtual N Port(NVP)メッセージについて説明します。

NVP-6

エラー メッセージ NVP-6-NVP_INFO: [chars].

説明 NVP デーモンの通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ NVP-6-STARTING: deamon started.

説明 NVP デーモンが正常に起動しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

NVP-SLOT# メッセージ

ここでは、Virtual N Port Slot(NVP-SLOT#)メッセージについて説明します。

NVP-SLOT#-2

エラー メッセージ NVP-SLOT#-2-CPP_CATASTROPHIC_ERROR: ERROR: Component ([chars]) caused critical error please reboot ILC.

説明 表示されているコンポーネントが原因でクリティカル エラーが発生しました。

推奨処置 ラインカードを再起動します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PLOG メッセージ

ここでは、持続型ロガー(PLOG)メッセージについて説明します。

PLOG-4

エラー メッセージ PLOG-4-PLOG_LC_EXIT: Persistent Logger encountered an error [dec].

説明 PLOG でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PLOG_SUP メッセージ

ここでは、持続型ロガー(PLOG_SUP)メッセージについて説明します。

PLOG_SUP-4

エラー メッセージ PLOG_SUP-4-PLOG_SUP_EXIT: Persistent Logger encountered an error [dec].

説明 PLOG でエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PORT_CHANNEL メッセージ

ここでは、SAN ポート チャネル(PORT_CHANNEL)メッセージについて説明します。

PORT_CHANNEL-1

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-1-LC_CFG_FAILURE: configuring module [dec] failed [[chars]].

説明 モジュールを設定できませんでした。

推奨処置 モジュールは自動的にリセットされます。問題が続く場合は、カスタマー サポート担当者に連絡してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-1-MALLOC_FAILED: cannot allocate memory (size [dec]).

説明 メモリが不足しています。

推奨処置 システムのメモリが不足していないかどうかを調べ、必要な場合はスイッチをリセットします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-1-MAP_PARAM_FAILURE: mapping parameter failed for [chars] [[chars]].

説明 パラメータをマッピングできませんでした。

推奨処置 表示されているサービスが正常に動作していません。ポート チャネルのステータスを確認してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-1-MCAST_SEND_FAILURE: failed to send multicast [chars]: [chars].

説明 すべてのモジュールにマルチキャスト メッセージを送信することができませんでした。通常は、一部のモジュールが停止していたことが原因です。

推奨処置 show port-channel consistency コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、一貫性を確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PORT_CHANNEL-2

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-2-RESET_MODULE: reset module [dec] for not responding or returning error.

説明 応答がないか、またはエラーが返されたため、モジュールがリセットされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PORT_CHANNEL-3

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-COMPAT_CHECK_FAILURE: [chars] is not compatible.

説明 ポート チャネルにポートを追加するとき、互換性チェック エラーが発生しました。

推奨処置 ポート チャネルにポートを追加するとき、互換性パラメータを一致させるようにするか、または強制オプションを使用します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-GENERAL_ERROR: [chars].

説明 一般エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-MSG_SEND_FAILURE: failed to send [chars] to sap [dec]: [chars].

説明 メッセージを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-PORT_CHANNEL_NOT_FOUND: [chars] is not found.

説明 対応するデータベースに SAN ポート チャネルが登録されていません。これは外部コンポーネントと矛盾していることを意味します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-3-TIMEOUT: timed out after [dec] seconds [type [chars], state [chars]].

説明 一部の操作がタイムアウトになりました。

推奨処置 show port-channel consistency コマンドを実行するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、すべてのモジュールの接続および一貫性を確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PORT_CHANNEL-4

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-PORT_CFG_DELETED: [chars] removed from PortChannel [dec] (different module inserted).

説明 同じスロットに異なるモジュールが搭載されたため、SAN ポート チャネルからポートが削除されました。

推奨処置 システムが、ポート チャネルから一部のポートを失いました。新しいモジュールのポートを同一のポート チャネルに追加します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-PORT_INDIVIDUAL: port [chars] is operationally individual.

説明 ポート チャネルの一部としてローカルかリモートで設定されているにもかかわらず、ポートが個別リンクとして動作しています。

推奨処置 ローカルおよびリモートでポートの設定をチェックし、ポート チャネルの一部として動作できるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-PORT_NOT_FOUND: port [chars] is not part of PortChannel.

説明 対応する SAN ポート チャネル データベースにポートが登録されていません。これは外部コンポーネントと矛盾していることを意味します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-RACE_WARN: [chars].

説明 レース コンディションに対する警告です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-4-UNEXPECTED_RESPONSE: unexpected response [chars] from [chars].

説明 想定外の応答を受信したため廃棄しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PORT_CHANNEL-5

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-AUTO_CREATE_FAILURE: [chars] [chars].

説明 ポートにおける自動作成プロセスでエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-CREATED: [chars] created.

説明 SAN ポート チャネルが作成されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-DELETED: [chars] deleted.

説明 SAN ポート チャネルが削除されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-FOP_CHANGED: [chars]: first operational port changed from [chars] to [chars].

説明 SAN ポート チャネル内の動作可能な最初のポートが変更されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-MAX_CHANNEL_DISALLOWED: Module failed to come online because port channel interface <port-channel number>

説明 スイッチに設定されている PortChannel 番号が 128 を超えています。

推奨処置 SAN ポート チャネル インターフェイスを削除します。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-PORT_ADDED: [chars] added to [chars].

説明 ポートがポート チャネルに追加されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-5-PORT_REMOVED: [chars] removed from [chars].

説明 ポートがポート チャネルから削除されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PORT_CHANNEL-6

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-6-PORT_DOWN: [chars]: [chars] is down.

説明 ポート チャネルでポートがダウンしました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-6-PORT_UP: [chars]: [chars] is up.

説明 ポート チャネルでポートがアップしました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-6-RESYNC: resyncing [chars] with all modules.

説明 エラーまたはスイッチオーバー後、モジュールがスーパーバイザ モジュールと再同期化されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

PORT_CHANNEL-7

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-GSYNC_DONE: global synchronization is done.

説明 ポート チャネル マネージャがグローバル同期化を完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-GSYNC_REQ: requesting global synchronization.

説明 ポート チャネル マネージャがアクティブ スーパーバイザに対してグローバル同期化を要求しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_ACTIVE: started in active mode.

説明 ポート チャネル マネージャがアクティブ モードで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_DEFAULT: started with default configuration.

説明 ポート チャネル マネージャがデフォルトの設定で起動しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_STANDBY: started in standby mode.

説明 ポート チャネル マネージャがスタンバイ モードで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_STATEFUL: started statefully.

説明 ポート チャネル マネージャが実行コンフィギュレーションで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_CHANNEL-7-START_STATELESS: started statelessly.

説明 ポート チャネル マネージャがスタートアップ コンフィギュレーションで起動しました。

推奨処置 対処不要です。

PORT_SECURITY メッセージ

ここでは、ポート セキュリティ(PORT_SECURITY)メッセージについて説明します。

PORT_SECURITY-2

エラー メッセージ PORT_SECURITY-2-ALLOC_FAILED: Memory allocation failed for size:[dec] for [chars].

説明 表示されているエンティティとサイズでメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-2-FEATURE_DISABLED: Feature [chars] disabled due to [chars].

説明 この機能は利用できません。まもなく無効になります。

推奨処置 正しいライセンスをインストールして有効に戻してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-BINDING_CONFLICT: [chars] in VSAN [dec].

説明 すでにログインしているデバイスが、Port Security Manager(PSM)のアクティブ バインディング設定と矛盾しています。ログイン エンティティの WWN、インターフェイス、および VSAN(仮想 SAN)がメッセージに表示されます。

推奨処置 ポート セキュリティでは、自動学習機能を使用してアクティベーションを行い、これを防止することができます。この違反デバイスまたはスイッチはログアウトされます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-BINDING_VIOLATION: [chars] in VSAN [dec].

説明 PSM バインディング設定に違反するログインが発生しました。ログイン エンティティの WWN および VSAN が表示されます。

推奨処置 PSM のアクティブ データベースのエントリのみログインできます。設定を変更し、再びアクティブにしてください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-DB_ERR: [chars].

説明 PSM のデータベース操作中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-EFMD_FC2_OPER_FAILED: [chars].

説明 Exchange Fabric Membership Data(EFMD)のファイバ チャネル レイヤ 2(FC-2)操作がエラーになりました。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-EFMD_INIT_FAILED: [chars].

説明 EFMD を初期化できませんでした。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-EFMD_MERGE_UNKNOWN_FORMAT: [chars].

説明 受信した EFMD 要求パケットは壊れています。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-INIT_FAIL: [chars].

説明 PSM の初期化中にエラーが発生しました。エラーの理由が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-LEARNT_BINDING_CONFLICT: [chars] in VSAN [dec].

説明 アクティベーション時に学習され、ログインしているデバイスが、PSM のアクティブ バインディング設定と矛盾します。ログイン エンティティの WWN、インターフェイス、および VSAN(仮想 SAN)がメッセージに表示されます。

推奨処置 アクティブ データベースを設定データベースにコピーして再びアクティブにします。そうしないと、あとでそのインターフェイスにログインしようとしたときに、予期に反してログインが拒否される可能性があります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-MTS_ERR: [chars].

説明 Messaging and Transaction Service(MTS)メッセージの処理中にエラーが発生しました。発生したエラーが表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-PSS_ERR: [chars].

説明 PSM の Persistent Storage Service(PSS)操作中にエラーが発生しました。エラーの原因となった PSS 操作が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-3-PSS_VER_FAIL: PSS file [chars] has version [dec].[dec].[dec], expected version [dec].[dec].[dec].

説明 PSS のバージョンがミスマッチでした。メッセージには、PSS サービス、現在のバージョン番号、および想定されたバージョン番号が表示されます。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-4-ACTIVATION_FAIL: [chars] in VSAN [dec].

説明 表示されている理由のため、VSAN でバインディングをアクティブ化できませんでした。

推奨処置 エラーを訂正して再びアクティブにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ PORT_SECURITY-6-INFO: [chars].

説明 PSM に影響のあるイベントが発生しました。イベントの内容が表示されます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

RDL メッセージ

ここでは、Remote Domain Lookup(RDL)メッセージについて説明します。

RDL-3

エラー メッセージ RDL-3-SYSLOG_ALLOC_FAIL: : [chars].

説明 RDL のメモリ割り当てがエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RDL-3-SYSLOG_CONTEXT_ERR: : [chars] [dec].

説明 RDL コンテキスト エラーが発生しています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RDL-3-SYSLOG_ERR: : [chars].

説明 RDL Syslog エラーが発生しています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RDL-3-SYSLOG_EXIT: : [chars].

説明 RDL エラー終了が発生しています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RDL-3-SYSLOG_INIT_FAIL: : [chars] [chars].

説明 RDL を初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RDL-3-SYSLOG_MTS_ERR: : [chars].

説明 RDL の Messaging and Transaction Service(MTS)エラーが発生しています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

RDL-6

エラー メッセージ RDL-6-SYSLOG_DEBUG_1: : [chars] [hex].

説明 RDL デバッグ ログが生成されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RDL-6-SYSLOG_DEBUG_2: : [chars] [hex].

説明 RDL デバッグ ログが生成されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RDL-6-SYSLOG_INFO: : [chars].

説明 RDL デバッグ ログが生成されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RDL-6-SYSLOG_RESP_RCVD: : [chars] [dec].

説明 RDL コンテキスト エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

RLIR メッセージ

ここでは、Registered Link Incident Record(RLIR)メッセージについて説明します。

RLIR-2

エラー メッセージ RLIR-2-DRLIR_REJECT: DRLIR rejected: [chars]: fcid [chars], reason code [dec].

説明 Distributed Registered Link Incident Record(DRLIR)が拒否されました。FC ID および理由コードが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RLIR-2-FC2_FAILED: RLIR FC2 operation failed: [chars]: [chars].

説明 RLIR ファイバ チャネル レイヤ 2(FC-2)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RLIR-2-INIT_FAILED: RLIR Init failed: [chars].

説明 RLIR を初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RLIR-2-LINK_INCIDENT: Interface [chars] [Port [hex]], Link Status: [chars], Link Status Reason: [chars].

説明 RLIR モジュールが、意図しないリンクの問題を検出しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RLIR-2-MALLOC_FAILED: RLIR Malloc failed: [chars].

説明 RLIR のメモリ割り当てがエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RLIR-2-MTS_FAILED: RLIR MTS operation failed: [chars]: [chars].

説明 RLIR の Messaging and Transaction Service(MTS)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RLIR-2-PSS_FAILED: RLIR PSS operation failed: [chars]: [chars].

説明 RLIR の Persistent Storage Service(PSS)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

RLIR-6

エラー メッセージ RLIR-6-SYSLOG_INFO: RLIR Syslog info: [chars].

説明 RLIR の Syslog 情報が生成されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RLIR-6-SYSLOG_STATUS: RLIR Syslog status: [chars]: [chars].

説明 RLIR の Syslog ステータスが生成されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

RSCN メッセージ

ここでは、Registered State Change Notification(RSCN)メッセージについて説明します。

RSCN-2

エラー メッセージ RSCN-2-FC2_FAILED: RSCN FC2 operation failed: [chars]: [chars].

説明 RSCN のファイバ チャネル レイヤ 2(FC-2)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RSCN-2-INIT_FAILED: RSCN Init failed: [chars].

説明 RSCN を初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RSCN-2-MALLOC_FAILED: RSCN Malloc failed: [chars].

説明 RSCN のメモリ割り当てがエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RSCN-2-MTS_FAILED: RSCN MTS operation failed: [chars]: [chars].

説明 RSCN の Messaging and Transactional Service(MTS)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RSCN-2-PSS_FAILED: RSCN PSS operation failed: [chars]: [chars].

説明 RSCN の Persistent Storage Service(PSS)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RSCN-2-RSCN_REJECT: RSCN rejected: [chars]: fcid [chars], Reason code-[chars], Reason code expl-[chars].

説明 RSCN が拒否されました。FC ID および理由コードが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RSCN-2-SCR_REJECT: SCR rejected: [chars]: fcid [chars], Reason code-[chars], Reason code expl-[chars].

説明 RSCN が拒否されました。FC ID および理由コードが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RSCN-2-SWRSCN_REJECT: SW-RSCN rejected: [chars]: fcid [chars], Reason code-[chars], Reason code expl-[chars].

説明 RSCN が拒否されました。FC ID および理由コードが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

RSCN-4

エラー メッセージ RSCN-4-SWRSCN_REJECT: SW-RSCN rejected: [chars]: fcid [chars], Reason code-[chars], Reason code expl-[chars].

説明 RSCN が拒否されました。FC ID および理由コードが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

RSCN-6

エラー メッセージ RSCN-6-SYSLOG_INFO: RSCN Syslog info: [chars].

説明 RSCN の Syslog 情報が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ RSCN-6-SYSLOG_STATUS: RSCN Syslog status: [chars]: [chars].

説明 RSCN の Syslog ステータスが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SCSI target メッセージ

ここでは SCSI ターゲット(SCSI target)メッセージについて説明します。

SCSI target-2

エラー メッセージ SCSI target-2-PROC_ADD_NPORT_FAIL: Failed to set local nport with SCSI target driver error: [hex].

説明 表示されているピア カーネル ドライバの N ポートが、SCSI ターゲット プロセスによって追加されました。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show SCSI target internal driver コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-2-PROC_OPEN_VHBA_DEVICE_FAIL: Failed to communicate with SCSI target driver error: [hex].

説明 SCSI ターゲット プロセスが、表示されているピア カーネル ドライバと通信できませんでした。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show SCSI target internal driver コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-2-PROC_SET_SCSI_INDEX_FAIL: Failed to set SCSI index SCSI target driver error: [hex].

説明 SCSI ターゲット プロセスが、ピア カーネル ドライバで SCSI インデックスを設定できませんでした。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show SCSI target internal driver コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-2-PROC_WWNM_GET_WWN_FAIL: Failed to get local controller pwwn from WWN Manager error: [hex] response: [hex].

説明 SCSI ターゲット プロセスがポート WWN に wwnm_bwt_get_local_controller_wwn() API を使用しましたが、表示されているエラーコードと応答コードのためにエラーになりました。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show process cpu および show system internal sysmgr service all コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、WWN マネージャ システムのエラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-2-PSS_INIT_FAIL: pss initialization failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS を初期化できませんでした。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SCSI target-3

エラー メッセージ SCSI target-3-PROC_VSAN_GET_RATOV_FAIL: Failed to get vsan attribute RATOV from VSAN Manager, error: [hex].

説明 SCSI ターゲット プロセスが RATOV に vsan_get_global_value() API を使用しましたが、表示されているエラーのために失敗しました。

推奨処置 これは非重大エラーです。RATOV にはデフォルト値が使用されます。show process cpu および show system internal sysmgr service all コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、VSAN(仮想 SAN)マネージャ システムのエラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_CREATE_FAIL: pss create runtime database failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS において、ランタイム データベースを作成できませんでした。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_DELETE_FAIL: pss delete runtime entry key:[hex] failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS が、ランタイム エントリ キーを削除できませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_MAX_KEY_FAIL: pss set runtime max key failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS において、ランタイム最大キーを設定できませんでした。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_MAX_VALUE_FAIL: pss set runtime max value failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS が、ランタイム最大値を設定できませんでした。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_OPEN_FAIL: pss open runtime database failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS において、ランタイム データベースを開くことができませんでした。SCSI ディスカバリは実行できません。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_RELOAD_FAIL: pss reload runtime database failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS において、ランタイム データベースをリロードできませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_SNAPSHOT_DEBUG_FAIL: pss snapshot runtime debug to uri:[chars] failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS において、ランタイム デバッグをスナップショットできませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_SNAPSHOT_FAIL: pss snapshot runtime to uri:[chars] failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS が、ランタイムをスナップショットできませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SCSI target-3-PSS_STORE_FAIL: pss store runtime entry key:[hex] val:[hex] failed due to error: [hex].

説明 表示されているエラーのため、SCSI ターゲット プロセスの PSS が、ランタイム エントリ キーを保存できませんでした。

推奨処置 show flash コマンドを入力するか、同様のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、詳細情報を収集します。理由については、PSS のシステム エラー コードを参照してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SCSI target-7

エラー メッセージ SCSI target-7-SCSI_TARGET_DISCOVERED: SCSI target discovered VSAN:[dec] FCID:[hex] prlisparm:[hex].

説明 SCSI ターゲット プロセスが、表示されている FC ID および PRLI サービス パラメータの VSAN を検出しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SFC メッセージ

ここでは、SCSI Flow Control(SFC)のメッセージについて説明します。

SFC-3

エラー メッセージ SFC-3-ERROR: [chars].

説明 表示されているエラーが SCSI フロー クライアントで発生しました。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SFM メッセージ

ここでは、SCSI Flow Manager(SFM)のメッセージについて説明します。

SFM-2

エラー メッセージ SFM-2-NO_LICENSE_WARNING: SCSI Flow Manager is shutting down as no license is available.

説明 SFM の操作を継続するのに必要なライセンスがありません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SFM-6

エラー メッセージ SFM-6-LICENSE_VALID: A valid license for SCSI FLow Manager has been obtained.

説明 SFM の有効なライセンスを取得しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SPAN メッセージ

ここでは、Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)メッセージについて説明します。

SPAN-5

エラー メッセージ SPAN-5-ATL_VSAN_DEFAULT_ALL: Default to all VSANs for SPAN egress session.

説明 第 2 世代のファブリック スイッチは、出力 SPAN セッションに対して VSAN フィルタを 1 つしかサポートしません。VSAN が指定されていると、SPAN はデフォルトで出力 SPAN セッションにすべての VSAN を使用するようになります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SPAN-5-SPAN_CFG_REJECT_SRC_VSAN_FILTER_NOT_SUPPORTED: Source interface [[chars]] in dir [[chars]] removed from session [[dec]].

説明 インターフェイス レベルでの VSAN(仮想 SAN)フィルタはサポートされません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SPAN-5-SPAN_CFG_REJECT_VSAN_SRC_PRESENT: Source VSAN [[dec]] removed from session [[dec]].

説明 インターフェイスと VSAN を混在させることはできないため、セッションから送信元 VSAN が削除されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SPAN-5-SPAN_PSS_CORRUPTION: Span is starting stateless due to pss corruption.

説明 回復不能な Persistent Storage Service(PSS)破損エラーのため、SPAN は設定がないステートレスで開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SPAN-5-STATELESS_RESTART: Span is restarting stateless.

説明 回復不能なエラーのため、SPAN がステートレスで開始されました。現在のアクティブ セッションは維持されません。設定全体を再入力する必要があります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SPAN-5-STATELESS_RESTART_ON_ACTIVE: Span is restarting as Span on active sup was restarted stateless.

説明 回復不能なエラーのため、アクティブ スーパーバイザの SPAN がステートレスで再起動されました。スタンバイの SPAN は、アクティブ スーパーバイザ上のステートレス SPAN との同期を再び開始します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC メッセージ

ここでは、SAN Volume Controller(SVC)メッセージについて説明します。

SVC-0

エラー メッセージ SVC-0-NODE_EMERG_MSG: [chars].

説明 SVC インターフェイス ノードからの Syslog メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC-1

エラー メッセージ SVC-1-NODE_ALERT_MSG: [chars].

説明 SVC インターフェイス ノードからの Syslog メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC-2

エラー メッセージ SVC-2-NODE_CRIT_MSG: [chars].

説明 SVC インターフェイス ノードからの Syslog メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-2-SVC_SYSLOG_INIT_FAILED: Initialization failed for SVC: [chars], Reason: [hex].

説明 SVC を初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-2-SVC_SYSLOG_NO_PORT_CHAN: Too many PortChannels allocated by user for interface [chars].

説明 SVC インターフェイスでは、SAN ポート チャネルが動作している必要があります。ユーザがポート チャネルを大量に割り当てたため、インターフェイスが正しく動作しません。

推奨処置 ユーザが設定した不要な SAN ポート チャネルを削除し、SVC インターフェイスをシャットダウンしてから、SVC インターフェイスをアップに戻します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-2-SVC_SYSLOG_PATH_FAILURE: System Health detected SVC packet path failure for [chars].

説明 システム ヘルス モニタにより、Caching Services Module(CSM)がダウンしました。システム ヘルスは、CSM の SVC インターフェイスとバックプレーンの間のパケット パスでエラーを検出しました。このシステム ヘルス テストは定期的に実行されます。

推奨処置 SVC インターフェイスで no shutdown コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、ノードをオンラインに戻します。その後もパケット パス エラーが発生する場合は、CSM モジュールを交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-2-SVC_SYSLOG_PORT_FAILURE: System Health indicated port loopback failure for [chars].

説明 ポートのループバック エラーのため、SVC インターフェイスがダウンになりました。

推奨処置 CLI(コマンドライン インターフェイス)または Cisco ファブリック マネージャ/デバイス マネージャを使用し、ポートをアップに戻します。CLI の場合は、no shutdown コマンドを SVC インターフェイスで入力し、ポートをアップに戻します。その後もポートのループバック エラーが発生する場合は、SVC モジュールを交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-2-SVC_SYSLOG_URIFS_FAILURE: [chars] is unreachable for reason: [chars].

説明 SVC インターフェイスの modflash にアクセスできません。modflash は SVC インターフェイスにローカルのファイル システムの名前であり、通常はコア ダンプおよび一時ファイル転送に使用されます。

推奨処置 SVC インターフェイスをシャットダウンしてアップに戻し、modflash ファイル システムにアクセスできるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC-3

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_ACTIVATE_CLUSTER_IP_FAILED ) Activate cluster IP failed [chars].

説明 設定ノードのクラスタ IP をアクティブにすることができません。コンフィギュレーション コマンドを実行できなくなります。

推奨処置 1. ノードのインターフェイスをシャットダウンすると、このノードが強制的にクラスタから外れ、別のノードが設定ノードになって、元どおりコンフィギュレーション コマンドを実行できるようになります。2. エラーが解消されない場合は、ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに再び追加する必要があります。3. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 2 を実行します。4. それでもエラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_BATT_FAILURE ) Battery Failed [chars].

説明 CSM のバッテリ モジュールに障害が発生しました。CSM のノードはシャットダウンします。このエラーに付随して、他のログ エントリが表示される場合があります。

推奨処置 CSM をリロードします。エラーが続く場合は、CSM を交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_DISK_FAILURE ) Internal Disk Drive Failed [chars].

説明 CSM のノードの内蔵ディスク ドライブで障害が発生しました。ノードはシャットダウンします。このエラーに付随して、他のログ エントリが表示される場合があります。

推奨処置 CSM をリロードします。エラーが続く場合は、CSM を交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_DUMP_RESTORE_FAILED ) Restore of hardened data failed [chars].

説明 カスタマー データを復元できませんでした。このエラーに付随して、その他のログ エントリが表示されます。

推奨処置 その他のエラー エントリをログで調べ、推奨処置を実行します。その他のエントリが見つからない場合は、1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに再び追加する必要があります。2.クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. それでもエラーが続く場合は、サポート担当者にサポートを依頼してください。CSM を交換しなければならない場合があります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_INVALID_BATT_CAPACITY ) Get battery capacity failed [chars].

説明 プロセスがバッテリ容量を取得できません。ラインカードの Control Plane Processor(CPP)で通信エラーが発生したことが理由として考えられます。ノードはこのエラーのためにリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ラインカードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2.クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが解決しない場合は、CSM を交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_OPEN_COMMITTED_FILE_FAILED ) Error attempting to open file [chars].

説明 コミットされたファイルをプロセスで開くことができません。ノードはこのエラーのためにリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ラインカードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2.クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが解決しない場合は、CSM を交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_SET_BATT_THRESHOLD_FAILED ) Set battery threshold failed [chars].

説明 プロセスがバッテリしきい値を設定できません。ラインカードの電源管理モジュールとの重大な通信エラーか、または電源管理モジュールのクラッシュが原因であると考えられます。このエラーによりノードはリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ラインカードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2.クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが解決しない場合は、CSM を交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_EV_NODE_DISENFRANCHISED ) Node missing [chars].

説明 クラスタに特定のノードが存在しません。

推奨処置 1. ノードのステータスをチェックし、ステータスがオフラインになっているノードを探します。2. 故障したノードを修理します。修理が完了すると、このエラーは修正済み(fixed)として自動的にマーキングされます。3. ノードのステータスを調べます。クラスタ内の全ノードがオンラインでありながら、ログのエラーが fixed としてマーキングされていない場合は、手動でエラーを fixed にします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_CLUSTER_PATH_FAILURE ) Cluster path failure [chars].

説明 クラスタ パス エラーが発生しました。ノードはクラスタ内の他のすべてのノードと通信できません。

推奨処置 1. ファイバ チャネル ネットワーク ファブリックを修復します。2. ノード ポートのステータスを調べます。ポートのステータスがオンラインになっていれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_CPU_QUANTITY ) Processor change detected [chars].

説明 CSM が故障しています。

推奨処置 1. CSM を交換します。2. ノードのステータスを調べます。すべてのノードでステータスがオンラインになっていれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_DISK_FULL ) Node hard disk full [chars].

説明 クラスタ エラー ログに記録されたエラーは、クラスタ内のソフトウェアの問題を意味します。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. /dumps ディレクトリからファイルを削除します。3. コンフィギュレーション ダンプおよびログ データ ダンプを実行します。ダンプ データを保存します。4. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。5. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_FC_ADAP_FAIL ) Logical Fibre Channel port reported failed [chars].

説明 アクティブで動作可能な論理ファイバ チャネル ポートがソフトウェアによって検出されませんでした。

推奨処置 ノードをリロードします。問題が続く場合は、CSM を交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_FC_ADAP_QUANTITY ) Logical Fibre Channel port missing [chars].

説明 アクティブで動作可能なファイバ チャネル ポートがソフトウェアによって検出されませんでした。

推奨処置 ノードをリロードします。問題が続く場合は、CSM を交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_FC_PORT_QUANTITY ) Logical Fibre Channel port reported not operational [chars].

説明 アクティブで動作可能な論理ファイバ チャネル ポートがソフトウェアによって検出されませんでした。

推奨処置 ノードをリロードします。問題が続く場合は、CSM を交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_NODE_WARMSTART ) Node warmstarted due to software error [chars].

説明 クラスタ エラー ログに記録されたエラーは、クラスタ内のソフトウェアの問題を意味します。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. コンフィギュレーション ダンプおよびログ データ ダンプを実行します。ダンプ データを保存します。3. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。4. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_POWER_DOMAIN ) Power domain error [chars].

説明 I/O グループ内の 2 つのノードが同じ CSM 上にあります。

推奨処置 本来の設定を確認します。ノードの 1 つを削除して、同一 CSM 上にない I/O グループにノードを追加します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VG_ER_MDISK_GROUP_OFFLINE ) A Managed Disk group is offline [chars].

説明 管理対象ディスク グループがオフラインです。

推奨処置 1. ラックまたはディスク コントローラを修復します。2. クラスタ ディスカバリ操作を開始します。3. 管理対象ディスクのステータスを調べます。すべての管理対象ディスクでステータスがオンラインになっていれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VG_ER_MED_ERRS_TOO_HIGH ) Media errors on back-end Managed Disk [chars].

説明 バックエンドの管理対象ディスクでメディア エラーが発生しました。

推奨処置 1. ラックまたはディスク コントローラを修復します。2. 管理対象ディスクをクラスタに追加します。3. 管理対象ディスクのステータスを調べます。すべての管理対象ディスクでステータスがオンラインになっていれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_BASE_EVENT_RESOURCE_RAN_OUT ) Software error [chars].

説明 クラスタ エラー ログに記録されたエラーは、クラスタ内のソフトウェアの問題を意味します。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. コンフィギュレーション ダンプおよびログ データ ダンプを実行します。ダンプ データを保存します。3. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。4. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_CONTROLLER_CONFIG_INVALID ) Incorrect controller configuration [chars].

説明 ディスク コントローラの設定が不正です。

推奨処置 1. ディスク コントローラの保守マニュアルを使用して、ディスク コントローラの設定が正しくセットアップされているかどうかを確認します。さらに、『IBM TotalStorage SAN Volume Controller for Cisco MDS 9000: Configuration Guide』も参照してください。2. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。3. クラスタ ディスカバリ操作を開始します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_DEVICE_PORT_LOGIN_LOSS ) Number of controller logins reduced [chars].

説明 コントローラのログイン数が削減されました。原因の 1 つとして、ユーザが意図的にシステム構成を変更したことが考えられます。

推奨処置 1. コントローラが接続を回復したかどうかをチェックします。まだ接続できない場合は、リモート デバイス ポートとのケーブル接続を調べます。2. リモート デバイス ポートへのログインがすべて失敗し、ケーブルを交換しても問題が解消されない場合は、リモート デバイス ポートの状態およびリモート デバイスの状態を調べます。3. クラスタ ディスカバリ操作を開始します。4. ディスク コントローラのステータスを調べます。すべてのディスク コントローラでステータスに問題がなければ、修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_DEVICE_RESOURCE_RAN_OUT ) Too many controllers were presented to the cluster [chars].

説明 構成が無効です。クラスタまたはノードに存在するデバイスが多すぎます。

推奨処置 1. 不要なデバイスをファイバ チャネル ネットワーク ファブリックから削除します。2. クラスタ ディスカバリ操作を開始して、デバイスを検出します。3. 接続されている管理対象ディスクをすべて表示します。4. 構成が意図したものであるかどうかをユーザに問い合わせます。5. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_IO_ERP ) Error Recovery Procedure occurred [chars].

説明 管理対象ディスクの Error Recovery Procedure(ERP)が発生しました。このエラーが報告されたのは、ディスク コントローラが大量にディスクの ERP を実行したからです。この問題は、SAN 上の他のコンポーネントの障害が原因で発生したと考えられます。

推奨処置 1. エラー ログ エントリを調べ、問題の検出時にアクセス中だった管理対象ディスクを調べます。2. ステップ 1 で特定された管理対象ディスクに対して、ディスク コントローラの問題判別および修復手順を実行します。3. 管理対象ディスクを管理しているディスク コントローラに接続された、ノードを含むファイバ チャネル スイッチ、およびこれらのスイッチ間のファイバ チャネル パス上にある全ファイバ チャネル スイッチに対して、問題判別および修復手順を実行します。4. ステップ 2 およびステップ 3 で解決したエラーを fixed としてマークします。5. ステップ 2 およびステップ 3 でスイッチまたはディスク コントローラのエラーが解決しない場合は、エラー ログ ダンプを取ります。6. カスタマー サポート担当者に連絡してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_IO_ERROR ) Managed Disk I/O error [chars].

説明 エラーまたは異常な動作が大量にあったため、管理対象ディスクまたは管理対象ディスク コントローラ ポートが除外されました。

推奨処置 1. ラックまたはディスク コントローラを修復します。2. 管理対象ディスクのステータスを調べます。ステータスがオンラインになっている管理対象ディスクがあれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。ステータスが excluded の管理対象ディスクがある場合は、その管理対象ディスクを組み込んでから、エラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_IO_THRESHOLD ) Managed Disk error count threshold exceeded [chars].

説明 エラーまたは異常な動作が大量にあったため、管理対象ディスクまたは管理対象ディスク コントローラ ポートが除外されました。

推奨処置 1. ラックまたはディスク コントローラを修復します。2. 管理対象ディスクのステータスを調べます。ステータスがオンラインになっている管理対象ディスクがあれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。ステータスが excluded の管理対象ディスクがある場合は、その管理対象ディスクを組み込んでから、エラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_IO_TIMEOUT_OVERALL ) Timeout due to excessive processing time [chars].

説明 管理対象ディスクがタイムアウトしました。大量にディスクのタイムアウト状態が検出されると、このエラーが報告されます。この問題は、SAN 上の他のコンポーネントの障害が原因で発生したと考えられます。

推奨処置 1. このクラスタと同じ SAN 上にあるすべてのディスク コントローラおよびスイッチの問題を修復します。2. 問題が見つかった場合は、このエラーを fixed としてマーキングします。3. スイッチまたはディスク コントローラの障害を検出できなかった場合は、エラー ログ ダンプを実行し、カスタマー サポート担当者に連絡します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_LOCAL_PORT_EXCLUDED ) Local FC port excluded [chars].

説明 ローカル ファイバ チャネル ポートが除外されました。

推奨処置 1. ファイバ チャネル ネットワーク ファブリックを修復します。2. ディスク コントローラのステータスを調べます。すべてのディスク コントローラでステータスに問題がなければ、修正したエラーを fixed としてマーキングします。3. エラーが続き、他の原因が特定できない場合は、CSM を交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_LOGIN_EXCLUDED ) Login excluded [chars].

説明 ログインが除外されました。

推奨処置 1. 表示されているシーケンスで、Field-Replaceable Unit(FRU; 現場交換可能ユニット)を新しい FRU に交換します。FC ケーブル、リモート ポートへのスイッチ。2. クラスタ ディスカバリ操作を開始して、ログインを復元します。3. ディスク コントローラのステータスを調べます。すべてのディスク コントローラでステータスに問題がなければ、修正したエラーを fixed としてマーキングします。4. エラーが続き、他の原因が特定できない場合は、CSM を交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_LUN_RESOURCE_RAN_OUT ) Too many LUNs were presented to a node [chars].

説明 構成が無効です。クラスタまたはノードに存在するデバイスが多すぎます。

推奨処置 1. 不要なデバイスをファイバ チャネル ネットワーク ファブリックから削除します。2. クラスタ ディスカバリ操作を開始して、デバイスを検出します。3. 接続されている管理対象ディスクをすべて表示します。設定が想定どおりであることを確認します。修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_MDISK_ACCESS_INVALID ) Access beyond end of disk, or Managed Disk missing [chars].

説明 クラスタ エラー ログに記録されたエラーが、クラスタか、またはノードに接続されたディスク ラックまたはディスク コントローラのソフトウェアに問題があることを示しています。

推奨処置 1. クラスタ上およびディスク コントローラ上でソフトウェアが最新レベルになっていることを確認します。2. コンフィギュレーション ダンプおよびログ データ ダンプを実行します。ダンプ データを保存します。3. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。4. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_MDISK_DEVICE_PORT_EXCLUDED ) Remote Port excluded for a specific Managed Disk and Node [chars].

説明 リモート ファイバ チャネル ポートが除外されました。

推奨処置 1. エラー ログを表示します。エラー コードに対応する管理対象ディスク ID を書き留めます。2. 管理対象ディスク ID を使用して、障害ディスク コントローラを特定します。3. ディスク ラックまたはディスク コントローラの保守マニュアルとファイバ チャネル ネットワーク ファブリックの保守マニュアルを参照し、報告された問題を解決します。4. クラスタ ディスカバリ操作を開始して、除外されたファイバ チャネル ポートを回復します。5. ステップ 1 で書き留めた管理対象ディスクを組み込みます。6. ディスク コントローラのステータスを調べます。すべてのディスク コントローラでステータスに問題がなければ、修正したエラーを fixed としてマーキングします。7. すべてのディスク コントローラが正常なステータスではない場合は、ディスク コントローラの問題を解決するために、カスタマー サポート担当者に連絡します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec]

説明 エラーまたは異常な動作が大量にあったため、管理対象ディスクまたは管理対象ディスク コントローラ ポートが除外されました。

推奨処置 1. ラックまたはディスク コントローラを修復します。2. 管理対象ディスクのステータスを調べます。ステータスがオンラインになっている管理対象ディスクがあれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。すべての管理対象ディスクのステータスが excluded の場合は、管理対象ディスクを組み込んでから、エラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_MDISK_INITIALISE_INVALID ) Invalid blocksize, capacity or LUN identity has changed during Managed Disk initialization [chars].

説明 ディスクの限界を超えるアクセスがありました。管理対象ディスクを初期化できませんでした。

推奨処置 1. 管理対象ディスクおよび管理対象ディスク グループのステータスを調べます。2. 管理対象ディスクをクラスタに組み込みます。3. 管理対象ディスクのステータスを調べます。すべての管理対象ディスクでステータスがオンラインになっていれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。4. ステータスがオンラインになっていない管理対象ディスクがある場合は、ディスク コントローラのステータスを調べます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_MDISK_RESOURCE_RAN_OUT ) Too many Managed Disks were presented to the cluster [chars].

説明 構成が無効です。クラスタまたはノードに存在するデバイスが多すぎます。

推奨処置 1. 不要なデバイスをファイバ チャネル ネットワーク ファブリックから削除します。2. クラスタ ディスカバリ操作を開始して、デバイスを検出します。3. 接続されている管理対象ディスクをすべて表示します。設定が想定どおりであることを確認します。修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_QUORUM_DISK_CREATION_FAILURE ) A suitable Managed Disk for use as a Quorum Disk was not found [chars].

説明 クォーラム ディスクとしての使用に適した管理対象ディスクがありません。クラスタを作成すると、3 つのディスクがクォーラム ディスクとして自動的に選択されます。クォーラム ディスクは、一部のクラスタ メンバーが欠落している場合に、タイブレークを可能にするために必要です。クォーラム ディスクになるためには、管理対象ディスクにクラスタ内の全ノードからアクセスでき、管理対象ディスクに空きエクステントがなければなりません。このエラー コードは、クラスタ内の全ノードから、アクセスできないクォーラム ディスクが 1 つでもある場合に生成されます。ファイバ チャネル ネットワーク障害またはファイバ チャネル スイッチのゾーン分割の問題が原因で、クォーラム ディスクを利用できない可能性があります。

推奨処置 1. ファイバ チャネル ネットワークの既知の問題を解決します。2. 管理対象ディスクが作成されていること、およびその管理対象ディスクに空きエクステントがあることを確認します。3. 管理対象ディスクを一覧表示します。モードが managed の管理対象ディスクが1 つでもあれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。4. 適切な変更を行うことができない場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_QUORUM_DISK_NOT_AVAILABLE ) Quorum Disk not available [chars].

説明 ノードは 1 つまたは複数のクォーラム ディスクを検出しませんでした。

推奨処置 1. ファイバ チャネル ネットワークの既知の問題を解決します。2. 管理対象ディスクのステータスを調べます。offline または excluded になっている管理対象ディスクがある場合は、管理対象ディスクに対して、ディスク コントローラの問題判別および修復手順を実行します。3.クラスタ ディスカバリ操作を開始します。4. 管理対象ディスクのステータスを調べます。すべての管理対象ディスクでステータスがオンラインになっていれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_ALL_SSH_KEYS_REMOVED ) Attempt to delete SSH keys (no effect) [chars].

説明 svctask rmallsshkeys コマンドが呼び出されました。このコマンドは、Cisco NX-5000 用の SVC では無効ですが、互換性を維持するために残してあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_CREATEPARTNERSHIP ) Remote Copy partnership created [chars].

説明 svctask mkpartnership または同等の GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)または Cisco コマンドが呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_DELETEPARTNERSHIP ) Remote Copy partnership deleted [chars].

説明 svctask rmpartnership または同等の GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)またはコマンドが呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_MODIFYPARTNERSHIP ) Remote Copy partnership modified [chars].

説明 svctask chpartnership または同等の GUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)またはコマンドが呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_SSH_KEY_ADDED ) Attempt to add SSH key (no effect) [chars].

説明 svctask addsshkey コマンドが呼び出されました。このコマンドは、Cisco NX-5000 用の SVC では無効ですが、互換性を維持するために残してあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_SSH_KEY_REMOVED ) Attempt to delete SSH key (no effect) [chars].

説明 svctask rmsshkey コマンドが呼び出されました。このコマンドは、Cisco NX-5000 用の SVC では無効ですが、互換性を維持するために残してあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_CR_START ) Cluster recovery required [chars].

説明 ノードはクラスタの回復が必要であることを検出し、処理を続けるためにユーザの介入を待っています。

推奨処置 カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_DATA_CORRUPT ) Node data corrupted - node rejected from cluster [chars].

説明 ノード データは読み取り可能ですが破損しています。このノードはクラスタから拒否されました。

推奨処置 1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. それでもエラーが続く場合は、購入した代理店の担当者にサポートを依頼してください。CSM を交換しなければならない場合があります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_DATA_UNREADABLE ) Node data unreadable - node rejected from cluster [chars].

説明 ノード データを読み取ることができませんでした。このノードはクラスタから拒否されました。

推奨処置 1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. それでもエラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。CSM を交換しなければならない場合があります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_HDW_CONFIG ) Processor not valid [chars].

説明 プロセッサの重要データに想定外の差異があることがノードによって検出されました。

推奨処置 ノードをリロードします。問題が続く場合は、CSM を交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_MEM_SIZE ) Memory size error [chars].

説明 検出されたメモリ サイズとクラスタの想定メモリ サイズが一致しません。

推奨処置 CSM のメモリ モジュールに障害があることが考えられます。ノードをリロードします。エラーが続く場合は、CSM を交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_MISSING_RES ) Unable to form a cluster due to lack of cluster resources [chars].

説明 ノードは、クラスタ内で十分な数の他のノードを検出できなかったか、クラスタの形成に必要なクォーラム ディスク コントローラを検出できませんでした。

推奨処置 クォーラム ディスク コントローラとクラスタ内の他のノードのステータスを調べます。クォーラム ディスクで障害が発生した場合は、ディスク コントローラに対して問題判別手順を実行します。それ以外の場合は、欠落ノードおよびネットワーク上で問題判別手順を実行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_NO_FABRIC ) The node is unable to see the FC fabric [chars].

説明 アクティブまたは動作可能な論理ファイバ チャネル ポートがソフトウェアによって検出されませんでした。

推奨処置 ノードをリロードします。問題が続く場合は、CSM を交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_PWR_DMN_ERR ) Power domain error [chars].

説明 I/O グループ内の 2 つのノードが同じ CSM 上にあります。

推奨処置 CSM の両方のノードが実際に同じ I/O グループに割り当てられているかどうかを調べます。同じ I/O グループに割り当てられている場合は、本来の設定を確認します。ノードの 1 つを削除して、同一 CSM 上にない I/O グループにノードを追加します。両方のノードが同一 I/O グループ内にない場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_REPEATED_ASSERTS ) Node repeatedly crashing due to a software fault [chars].

説明 ソフトウェア エラーの回数が時間内の最大許容数を超えました。

推奨処置 1. クラスタからノードを削除します。2. ノードをクラスタに追加しなおします。3. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、最新レベルのコードでクラスタをアップグレードします。4. それでもエラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_RESET_AND_REJECT ) Node data not found - node rejected from cluster [chars].

説明 ノード データがありませんでした。このノードはクラスタから拒否されました。

推奨処置 エラー ログを調べ、記録されている別のエラーがノード データの損失の原因となっていないかどうかを調べます。原因になるエラーがある場合は、そのエラーに対処します。他のエラーが記録されていない場合は、データを保存しないうちにノードの電源が切断されたか、またはリセットされた可能性があります。電源切断またはリセットの原因を判別してください。原因を特定できない場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. それでもエラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。CSM を交換しなければならない場合があります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-NODE_ERR_MSG: [chars].

説明 SVC インターフェイス ノードからの Syslog メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-SVC_SYSLOG_IF_INTERNAL_ERROR: Interface [chars] internal error: [chars].

説明 SVC インターフェイスの内部エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-SVC_SYSLOG_LC_INTERNAL_ERROR: Unable to send MTS to linecard in slot [dec]: [chars].

説明 ラインカードの Messaging and Transaction Service(MTS)エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-3-SVC_SYSLOG_NPORT_INTERNAL_ERROR: [chars] N-port for Interface [chars], VSAN [dec] internal error: [chars].

説明 N ポートの内部エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC-4

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_CA_EV_FIRST_DATA_PINNED ) Customer data pinned [chars].

説明 滞留カスタマー データがあります。データが滞留し、滞留データがこれまでになかった場合にこの警告が表示されます。エラー ログ エントリは、滞留データの根本原因に対して作成されます。

推奨処置 エラー ログで問題を識別し、滞留データの原因を判別して修正します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_CA_EV_HWS_TO_SYNCHRONOUS ) Cache in write through mode due to pinned data [chars].

説明 滞留データ量が原因で、キャッシュがライトスルー モードで動作しなければならなくなりました。

推奨処置 エラー ログで問題を識別し、滞留データの原因を判別して修正します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_BATT_BELOW_CAPACITY ) Battery is below threshold capacity [chars].

説明 バッテリの容量がしきい値を下回っています。アップするのに充分なバッテリが充電されるまで、ノードはオフラインのままです。

推奨処置 バッテリが再充電されるまで待ちます。何時間もかかる場合があります。数時間たっても、ノードがまだオンラインにならない場合は、次の手順を実行します。1. ノードをリロードします。2. エラーが解消されない場合は、ラインカードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。3.エラーが続く場合は、CSM を交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_CANNOT_OPEN_IO_PROCESS_Q ) Internal error - IO process queue [chars].

説明 プロセスは必要なメッセージ キューを開くことができませんでした。ノードはこのエラーのためにリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. それでもエラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_DEACTIVATE_CLUSTER_IP_FAILED ) Deactivate cluster IP failed [chars].

説明 設定ノードのクラスタ IP を非アクティブにすることができません。他のチェックによってクラスタ IP を無効にする必要があります。そうしないと、コンフィギュレーション コマンドを実行できない可能性があります。

推奨処置 コンフィギュレーション コマンドの実行に問題がある場合は、次の手順を実行します。1. ノードのインターフェイスをシャットダウンします。ノードはクラスタから強制的に外され、スイッチがノードに関連する IP アドレスを無効にします。これで、またコンフィギュレーション コマンドを実行できるようになります。2. エラーが解消されない場合は、ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。3. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 2 を実行します。4. エラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_DUMP_METADATA_FAILED ) Node assert dump failed [chars].

説明 ノード アサート ダンプの書き出し時にエラーが発生しました。このエラーに付随して、他のログ エントリが表示される場合があります。

推奨処置 最初のエラーがノード アサート ダンプを引き起こします。そのエラーのログを検査して、そのエラーの推奨処置を実行します。さらに、内蔵ディスク ドライブ関連のエラーをログで検査します。該当するエラーがあった場合は、推奨処置を実行します。ダンプ書き出しエラーの説明となるエントリがない場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、最新レベルのコードでクラスタをアップグレードします。3. エラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。CSM を交換しなければならない場合があります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_EXECVE_FAILED ) Internal error - program launch [chars].

説明 プロセスが I/O プログラムを起動できません。このエラーによりノードはリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_FORK_FAILED ) Internal error - fork failed [chars].

説明 プロセスが I/O プログラムを起動できません。このエラーによりノードはリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_INTERNAL_EXIT_LOGIC_ERR ) Internal error - bad exit code [chars].

説明 内部ロジック エラーのため、ノードがウォームスタートしました。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_INTERNAL_UNKNOWN_EXEC_MODE ) Internal error - run mode [chars].

説明 内部ロジック エラーのため、ノードがリブートされました。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_IOP_EXITED_DUE_TO_SIGNAL ) Internal error - signal caused exit [chars].

説明 キャッチされなかった信号が原因で、I/O プロセスが終了しました。このエラーによりノードはウォームスタートしました。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_IOP_STOPPED_DUE_TO_SIGNAL ) Internal error - signal caused stop [chars].

説明 受信した信号が原因で、I/O プロセスが停止しました。このエラーによりノードはウォームスタートしました。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_IOP_TERMINATED_ABNORMALLY ) Internal error - abnormal exit [chars].

説明 I/O プロセスが異常終了しました。このエラーによりノードはウォームスタートしました。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_OPEN_MSG_QUEUE_FAILED ) Internal error - message queue [chars].

説明 プロセスが必要なメッセージ キューを開くことができません。このエラーによりノードはリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_PTHREAD_CREATE_FAILED ) Internal error - threads [chars].

説明 プロセスが必要なスレッドを作成できません。このエラーによりノードはリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_UNKNOWN_MESSAGE_TYPE ) Internal error - message type [chars].

説明 内部ロジック エラーのため、ノードがリブートされました。

推奨処置 1. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。2. カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_WAITPID_FAILED ) Internal error - waitpid failed [chars].

説明 プロセスが I/O プログラムを適切に起動できません。このエラーによりノードはウォームスタートしました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec]

説明 プロセスがメモリ デバイスをウォームスタートできません。このエラーによりノードはリブートされました。

推奨処置 このエラーが繰り返される場合は、次の手順を実行します。1. ノードにコードを再インストールします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。2. クラスタ上のソフトウェアは最新レベルでなければなりません。最新レベルになっていない場合は、クラスタをアップグレードし、必要に応じて最新レベルのコードを使用して再度ステップ 1 を実行します。3. エラーが続く場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_FC_ER_MAPPING_STOPPED ) FlashCopy has been stopped [chars].

説明 エラーのため、フラッシュ コピーのマッピング タスクが停止しました。停止したフラッシュ コピーが、同一 I/O グループに含まれる他の仮想ディスクのステータスに影響を与える可能性があります。できるだけ速やかに、停止したフラッシュ コピーの準備を整えてください。

推奨処置 1. プライオリティの高いエラーを訂正し、フラッシュ コピー作業を再開します。2. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_FC_ER_PREPARE_FAILED ) FlashCopy prepare failed due to cache flush failure [chars].

説明 キャッシュ フラッシング エラーが原因で、フラッシュ コピーの準備作業に失敗しました。

推奨処置 1. プライオリティの高いエラーを訂正し、準備作業を再試行します。2. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_FC_ER_STOP_COMPLETED ) Flash Copy Stopped [chars].

説明 ユーザが中止を要求した結果、フラッシュ コピー マッピングまたは一貫性グループが stopped ステートになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_ER_DIRECTORY_LIST_FAILED ) Failed to obtain directory listing from remote node [chars].

説明 リモート ノードからディレクトリ リストを取得できなかったため、dumps ディレクトリのファイルを消去または取得できませんでした。

推奨処置 リモート ノードがオンラインのままかどうかを調べます。オンラインでない場合は、リモート ノードで問題を判別します。オンラインの場合は、コマンドを再試行します。これでもエラーになる場合は、カスタマー サポート担当者にサポートを依頼してください。あるいは、Cisco コマンドまたはファブリック マネージャ手順を使用してノードに直接アクセスできる場合もあります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_ER_FEATURISATION_VIOLATION ) Featurisation violation [chars].

説明 ユーザがライセンスより多くの仮想ストレージを割り当てたか、またはライセンスがないにもかかわらず、フラッシュ コピー マッピングまたはリモート コピー リレーションシップを設定しました。

推奨処置 featurisation ログで [error] のログエントリを調べ、違反のタイプを判断します。これによって仮想ストレージを減らしたり、フラッシュ コピー マッピングまたはリモート コピー リレーションシップを削除したりすることができます。これでライセンスに準拠することになります。ライセンス情報が不正な場合はライセンス情報をアップデートしたり、カスタマー サポート担当者に連絡して目的の機能のライセンスを購入したりすることもできます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_ER_TRANSFER_FILE_FAILED ) Failed to transfer file from remote node [chars].

説明 dumps ディレクトリからファイルを取得しようとしてエラーになりました。

推奨処置 リモート ノードがオンラインのままかどうかを調べます。オンラインでない場合は、リモート ノードで問題を判別します。オンラインの場合は、コマンドまたは同様のファブリック マネージャ手順を使用して再び実行します。これでもエラーになる場合は、購入した代理店の担当者にサポートを依頼してください。または、Cisco CLI コマンドを使用してノードに直接アクセスできる場合もあります。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_EV_IOGRP_NONE_OK ) Both nodes in the IO group are not available [chars].

説明 ユーザがノードを削除したため、I/O グループにノードが残っていません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_EV_UPGRADE_NODE_PENDED ) Software upgrade process failed [chars].

説明 ソフトウェアのアップグレードでエラーが発生しました。ハードウェアのエラーが原因の場合もあれば、新しいバージョンのソフトウェア障害が原因の場合もあります。以前のソフトウェア バージョンにノードを戻すため、自動ソフトウェア ダウングレードが実行されます。ログでは、[software downgrade complete] というエントリで示されます。オフラインになっていたなどの理由でノードをダウングレードできなかった場合は、ダウンロード操作が中止され、オフラインの SVC が修復されるか、クラスタから削除されるまで待機します。ダウングレード操作の実行中に、クラスタにコンフィギュレーション コマンドが送信された場合は、ソフトウェア アップグレード操作の実行中であることを伝えるメッセージが表示され、コマンド エラーになります。ダウングレード操作の所要時間は最大 3 時間です。

推奨処置 1. クラスタのノードのステータスを表示します。2. オフラインになっているノードがある場合は、すべてのオフライン ノードをクラスタから削除します。ソフトウェア アップグレード実行中というメッセージが表示されて削除がエラーになった場合、ダウングレード プロセスがまだ実行中です。オフライン ノードで操作の完了または停止を待って、削除を再試行します。ダウングレード操作が停止していた場合は、これによって続行されます。3. 記録されたすべてのハードウェアの問題を解決します。4. ソフトウェアのインストールの再試行をユーザに依頼します。5. インストールで再びエラーが発生した場合は、カスタマー サポート担当者に問題を報告します。6. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_EV_UPGRADE_PCK_DELIVERY_FAILED ) Software install package cannot be delivered to all nodes [chars].

説明 ノードにソフトウェア パッケージを送信しているときに、エラーが発生しました。

推奨処置 1. クラスタのノードのステータスを表示します。2. オフラインのノードがある場合は、そのノードに対して問題判別手順を実行し、ノードをオンラインに戻します。または、クラスタからオフライン ノードを削除します。3. ソフトウェア アップグレード コマンドを再試行します。4. インストールで再びエラーが発生した場合は、カスタマー サポート担当者に問題を報告します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_PLIC_LINK ) Connection to a configured remote cluster has been lost [chars].

説明 このクラスタは、リモート コピーのパートナー クラスタとは通信できません。

推奨処置 ネットワークと相手先クラスタに対して問題判別手順を実行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_RC_ER_LSYNC ) Remote Copy suffered loss of synchronization [chars].

説明 リモート コピー操作時に、連続 I/O エラー以外の理由で、リレーションシップが停止し、同期を失いました。

推奨処置 1. プライオリティの高いエラーを訂正し、リモート コピーを再開します。2. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_RC_ER_PERS ) Remote Copy suffered persistent error [chars].

説明 連続 I/O エラーが原因で、リモート コピー リレーションシップが停止されました。

推奨処置 1. プライオリティの高いエラーを訂正し、リモート コピー作業を再試行します。2. 修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_RC_ER_TIMEOUT ) Remote Copy retry timeout [chars].

説明 リモート コピーは、タイムアウト期限内に、リモート クラスタ内のデバイスまでのパスを見つけることができませんでした。

推奨処置 ノードで問題判別を実行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VG_ER_COPIED_MEDIUM_ERROR ) I/O media error copied [chars].

説明 コピー プロセスまたは移行プロセスで、コピー先ディスクにメディア エラーがコピーされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VG_ER_INSUFFICIENT_VIRTUAL_EXTENTS ) Insufficient extents to create Virtual Disk [chars].

説明 管理対象ディスク グループ内には、要求された仮想ディスクを作成できるだけのエクステントがありません。このエラーが記録される可能性があるのは、移行が開始され、移行用だったエクステントを使用して仮想ディスクが作成された場合です。

推奨処置 管理対象ディスク グループに新たに管理対象ディスクを追加するか、または作成する仮想ディスクの容量を減らします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VG_ER_MIGRATE_STOPPED ) Migration stopped [chars].

説明 移行中に発生したエラーのため、特定の移行が停止しました。このエラーはログに記録されました。

推奨処置 エラー ログを分析します。問題判別手順を実行し、発生したエラーを修正します。エラーが原因で移行されなかったエクステントをすべて移行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VG_ER_MIGRATE_SUSPENDED ) Migration suspended [chars].

説明 移行が保留されました。

推奨処置 1. プライオリティの高いエラー コードがすべて修正済みであることを確認します。2. 保留された移行操作の移行先となるすべての管理対象ディスク グループに、空きエクステントがあるかどうかを確認します。3. このエラーを fixed としてマーキングします。これにより、移行操作が再開されます。再開できない場合は、新しいエラーが記録されます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_IO_MEDIUM_ERROR ) A media error has occurred during I/O to a Managed Disk [chars].

説明 ディスクの I/O 中度エラーが発生しました。

推奨処置 1. ホスト システム SCSI 検知データで報告された不正データを LBA ブロックに書き換えます。(注)移行時にこのエラーが発生した場合、ターゲット デバイスにアクセスするまで、ホスト システムはエラーを通知しません。2. 管理対象ディスクのステータスを調べます。すべての管理対象ディスクでステータスがオンラインになっていれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_IO_MEDIUM_ERROR ) A media error has occurred during I/O to a Managed Disk [chars].

説明 ディスクの I/O 中度エラーが発生しました。

推奨処置 1. ホスト システム SCSI 検知データで報告された不正データを LBA ブロックに書き換えるよう、ユーザに依頼します。(注)移行時にこのエラーが発生した場合、ターゲット デバイスにアクセスするまで、ホスト システムはエラーを通知しません。2. 管理対象ディスクのステータスを調べます。すべての管理対象ディスクでステータスがオンラインになっていれば、修正したエラーを fixed としてマーキングします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_IO_THRESHOLD_WARNING ) Managed Disk error count warning threshold met [chars].

説明 管理対象ディスクの I/O エラーが多数発生したため、この警告が生成されました。管理対象ディスクの I/O エラーが続くと、その管理対象ディスクは除外される場合があります。

推奨処置 影響を受けた管理対象ディスクに対して、問題判別手順を実行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_LUN_DISCOVERY_FAILED ) Discovery of LUN failed [chars].

説明 クラスタはこのノードを介して SAN 上のデバイスに接続されていますが、そのデバイスは機能デバイス LUN に合致する方法ではノードに応答しませんでした。

推奨処置 ノードが検出すべきデバイス LUN が存在する場合は、次の手順を実行します。1. 手動でディスカバリを実行します。2. 問題判別をデバイスで実行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_MDISK_PORT_PREFERENCE_IGNORED ) Preferred port is not being used for Managed Disk access [chars].

説明 バックエンド コントローラが指定した優先ポートが管理対象ディスクのアクセスに使用されていません。ポート エラーまたはポートの除外によって、優先ポートが使用できなくなっています。

推奨処置 コントローラとネットワークに対して問題判別手順を実行し、ポート エラーまたはポート除外の原因を突き止めます。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_NODERR_CR_FAILED ) Cluster recovery failed [chars].

説明 クラスタの回復に失敗し、ソフトウェア ダンプが作成されました。

推奨処置 カスタマー サポート担当者にサポートを依頼します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-NODE_WARNING_MSG: [chars].

説明 SVC インターフェイス ノードからの Syslog メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-SVC_SYSLOG_IF_INTERNAL_WARN: Interface [chars] internal warning: [chars].

説明 SVC インターフェイスの内部警告です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-4-SVC_SYSLOG_NPORT_INTERNAL_WARN: [chars] N-port for Interface [chars], VSAN [dec] internal warning: [chars].

説明 SVC インターフェイスの内部警告です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC-5

エラー メッセージ SVC-5-NODE_NOTICE_MSG: [chars].

説明 SVC インターフェイス ノードからの Syslog メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-5-SVC_SYSLOG_IF_CONFIG_DELETED: Interface [chars] configuration was deleted[chars].

説明 SVC インターフェイスの設定が削除されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-5-SVC_SYSLOG_IF_DOWN: Interface [chars] is down.

説明 SVC インターフェイスがダウンしています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-5-SVC_SYSLOG_IF_UP: Interface [chars] is up.

説明 SVC インターフェイスがアップしています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC-6

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_CA_EV_ALL_DATA_UNPINNED ) All data now unpinned [chars].

説明 I/O グループのカスタマー データの滞留がすべて解除されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_CA_EV_HWS_TO_ASYNCHRONOUS ) Pinned data reduced; cache can operate normally [chars].

説明 十分なカスタマー データの滞留が解除されたため、滞留データが原因だったキャッシュのライトスルー モード動作が不要になりました。ただし、キャッシュは他の理由で引き続きライトスルー モードで動作している可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_BATT_OK ) Battery recharged [chars].

説明 バッテリ容量が、しきい値以上に回復しました。ノードはオンラインになります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_BATT_POWER_DOWN ) Poweroff or power failure detected [chars].

説明 プロセスは電源オフまたは電源障害を示す情報を受信しました。ノードはシャットダウンされます。

推奨処置 電源を復元します。電源を切断していないにもかかわらず、この現象が発生した場合は、次の手順を実行します。1. ノードをリロードします。2.エラーが続く場合は、ラインカードのコードを取り付けなおします。ノードをいったん削除してから、クラスタに追加する必要があります。3.エラーが解決しない場合は、CSM を交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_EC_ER_PWR_BUTTON ) Power withdrawn [chars].

説明 AC 電源が切断されたか、または CSM がリセットされたことがノードのソフトウェアに通知されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_FC_ER_COPY_COMPLETED ) Flash Copy Copied [chars].

説明 フラッシュ コピー マッピングまたは一貫性グループが [idle_copied] ステートになりました。ターゲット ディスクに完全なコピーが格納され、ソースに依存しなくなりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_FC_ER_PREPARE_COMPLETED ) Flash Copy Prepared [chars].

説明 フラッシュ コピー マッピングまたは一貫性グループが [prepared] ステートになりました。マッピングまたはグループの開始または停止ができるようになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_EV_CLUSTER_RECOVERY_COMPLETE ) Cluster recovery completed [chars].

説明 クラスタ回復手順が正常に完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_EV_IOGRP_ONE_OK ) One node in the IO group is not available [chars].

説明 ユーザがノードを削除したため、IO グループにはノードが 1 つしか残っていません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_IC_EV_SECURE_DELETE_COMPLETE ) Virtual Disk format completed [chars].

説明 仮想ディスクの新しいエクステントのフォーマット(すべてゼロを書き込む)が完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_PL_ER_COLDSTART ) Node software started [chars].

説明 ノードのソフトウェアが起動しました(コールドスタート)。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_RC_ER_COPY_COMP ) Remote Copy complete [chars].

説明 バックグラウンド コピーが完了しました。スタンドアロン リレーションシップまたは一貫性グループが inconsistent copying から consistent synchronized に移行しました。これが記録されるのは、プライマリ仮想ディスクのクラスタ上だけです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_RC_ER_READY_TO_START ) Remote Copy ready to start [chars].

説明 リモート コピー リレーションシップまたは一貫性グループは、それまでエラーが原因で停止されていましたが、再開可能になりました。現在すべてのリソースがオンラインです。

推奨処置 リレーションシップまたは一貫性グループを再開します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VG_EV_MIGRATE_COMPLETE ) Migration complete [chars].

説明 移行が完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_EID_VL_ER_CLUSTER_FABRIC_VIEW_CHANGE ) Cluster fabric view has been updated. [chars].

説明 ノードがファブリック上のデバイスを検索中です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_ADD_MAPPING ) Virtual Disk to Host SCSI mapping created [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask mkvdiskhostmap が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_ADD_WWPN ) Port added to a Host [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask addhostport が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_CHANGE_CLUSTER_TIME ) Attempt to change cluster time (no effect) [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask setclustertime が呼び出されました。このコマンドは、Cisco NX-5000 用の SVC では無効ですが、互換性を維持するために残してあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_CHANGE_TIMEZONE ) Attempt to change time zone (no effect) [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask settimezone が呼び出されました。このコマンドは、Cisco NX-5000 用の SVC では無効ですが、互換性を維持するために残してあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_CLUSTER_DISCOVERY ) Manual Managed Disk discovery invoked [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask detectmdisk が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_CLUSTER_DUMP_CONFIG ) Cluster config dumped to file [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask dumpconfig が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_CLUSTER_MODIFY ) Cluster attributes modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chcluster が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_CLUSTER_SHUTDOWN ) Node or Cluster shutdown [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask stopcluster が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_CREATE_FC_MAPPING ) Flash Copy mapping created [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask mkfcmap が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_CREATE_HOST ) Host created [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask mkhost が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_DELETE_FC_MAPPING ) Flash Copy mapping deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmfcmap が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_DELETE_HOST ) Hosts deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmhost が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_DELETE_MAPPING ) Virtual Disk to Host SCSI mapping deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmvdiskhostmap が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_DELETE_PORT_HOST_LIST ) Ports deleted from a Host [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmhostport が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_DELETE_WWPN ) Port deleted from a Host [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmhostport が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_DEVICE_SET_NAME ) Controller attributes modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chcontroller が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_ERRORLOG_ANALYSE ) Error log analyzed [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask finderr が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_ERRORLOG_CLEARLOG ) Error log cleared [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask clearerrlog が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_ERRORLOG_DUMPLOG ) Error log dumped [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask dumperrlog が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_ERRORLOG_FIX ) Error log entry marked fixed [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask cherrstate が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_FC_CONSIST_GRP_SET_NAME ) Flash Copy consistency group name modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chfcconsistgrp -name が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_FC_CREATE_CONSIST_GRP ) Flash Copy consistency group created [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask mkfcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_FC_DELETE_CONSIST_GRP ) Flash Copy consistency group deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_FC_SET_NAME ) Flash Copy mapping name modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chfcmap -name が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_FEATURISATION_CHANGED ) Licensed settings modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chlicense が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_FLASH_PREPARE_CG ) Flash Copy consistency group prepared [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask prestartfcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_FLASH_START_CG ) Flash Copy consistency group started [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask startfcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_FLASH_STOP_CG ) Flash Copy consistency group stopped [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask stopfcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_HOST_DELETE ) Host deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmhost が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_HOST_SET_NAME ) Host attributes modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chhost が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_HWS_SET_NAME ) IO Group name modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chiogrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_IO_TRACE_FINISHED ) IO Tracing stopped [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask stoptrace が呼び出されました。

推奨処置 トレースを分析します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MDISK_GRP_ADD_MDISK ) Managed Disk added to Managed Disk group [chars].

説明 IBM コマンド svctask addmdisk が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MDISK_GRP_CREATE ) Managed Disk Group created [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask mkmdiskgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MDISK_GRP_DELETE ) Managed Disk Group deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmmdiskgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MDISK_GRP_DELETE_MDISK ) Managed Disk deleted from Managed Disk group [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmmdisk が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MDISK_GRP_SET_NAME ) Managed Disk Group attributes modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chmdiskgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MDISK_SET_NAME ) Managed Disk attributes modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chmdisk が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MDISK_UNSLANDER ) Managed Disk online [chars].

説明 除外されていた管理対象ディスクがオンラインになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MIGRATE ) Virtual Disk migration to new Managed Disk group started [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask migratevdisk が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_MODIFY_FC_MAPPING ) Flash Copy mapping modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chfcmap が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_NODE_ADD ) Node added [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask addnode が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_NODE_CREATE_CLUSTER ) Cluster created [chars].

説明 IBM CLI コマンド cluster add が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_NODE_DELETE ) Node deleted from cluster [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmnode が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_NODE_PEND ) Node Pend [chars].

説明 ノードが pending ステートになりました。間もなく、online または offline ステートになります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_NODE_REMOVE ) Node leaving cluster (expected) [chars].

説明 シャットダウン、アップグレード、または削除が原因で、ノードは想定どおりオフラインになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_NODE_SET_NAME ) Node attributes modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chnode が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_NODE_SHUTDOWN ) Node shutdown [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask stopcluster -node が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_NODE_UNPEND ) Node Unpend [chars].

説明 ノードがオンラインになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_PLANAR_SN_CHANGE ) Attempt to change the Planar Serial Number (no effect) [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask writesernum が呼び出されました。このコマンドは、Cisco NX-5000 用の SVC では無効ですが、互換性を維持するために残してあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_PRETRIGGER_FC_MAPPING ) Flash Copy mapping prepared [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask prestartfcmap が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_QUORUM_CREATE ) Quorum disk set [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask setquorum が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_CREATECONSTGRP ) Remote Copy consistency group created [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask mkrcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_CREATEREL ) Remote Copy relationship created [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask mkrcrelationship が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_DELETECONSTGRP ) Remote Copy consistency group deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_DELETEREL ) Remote Copy relationship deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmrcrelationship が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_MODIFYCONSTGRP ) Remote Copy consistency group modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chrcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_MODIFYREL ) Remote Copy relationship modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chrcrelationship が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_START ) Remote Copy relationship started [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask startrcrelationship が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_START_CG ) Remote Copy consistency group started [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask startrcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_STOP ) Remote Copy relationship stopped [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask stoprcrelationship が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_STOP_CG ) Remote Copy consistency group stopped [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask stoprcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_SWITCH ) Remote Copy relationship switched [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask switchrcrelationship が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_REMOTE_SWITCH_CG ) Remote Copy consistency group switched [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask switchrcconsistgrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_SERVICE_APPLY_SOFTWARE ) Software upgrade command accepted [chars].

説明 IBM CLI コマンド cluster upgrade svc-system が呼び出されました。コマンドは受け付けられました。他のログ エントリがアップグレードの進行を追跡します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_STOP_FC_MAPPING ) Flash Copy mapping stopped [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask stopfcmap が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_TRIGGER_FC_MAPPING ) Flash Copy mapping started [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask startfcmap が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_UPGRADE_BACKED_OFF ) Software downgrade complete [chars].

説明 ソフトウェアのアップグレード プロセスでエラーが発生し、すべてのノードのコードは旧レベルに復元されました。

推奨処置 問題判別手順を実行してアップグレード エラーの原因を突き止め、対処してからアップグレードを再試行してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_UPGRADE_COMPLETED ) Software upgrade complete [chars].

説明 すべてのノードが新しいコード レベルに正常に移行したので、間もなくコミットされます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_UPGRADE_STARTED ) Software upgrade started [chars].

説明 ソフトウェアのアップグレード プロセスが開始しました(最初のノードがアップグレードされるところです)。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_CREATE ) Virtual Disk created [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask mkvdisk が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_DELETE ) Virtual Disk deleted [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask rmvdisk が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_EXPAND ) Virtual Disk expanded [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask expandvdisksize が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_EXPAND_SINGLE_EXT ) Virtual Disk expanded by single extent [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask addvdiskext が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_MIGRATE_EXTENT ) Extent migration started [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask migrateexts が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_MIGRATE_EXTENTS ) Extent migration started [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask migrateexts が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_MODIFY_GOVERN ) Virtual Disk throttling rate modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chvdisk -rate が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_MOVE_HWS ) Virtual Disk IO Group changed [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chvdisk -iogrp が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_SET_NAME ) Virtual Disk name modified [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask chvdisk -name が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: (SVC [dec]/[dec] SS_ERR_CFG_VDISK_SHRINK ) Virtual Disk shrunk [chars].

説明 IBM CLI コマンド svctask shrinkvdisksize が呼び出されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-NODE_INFO_MSG: [chars].

説明 SVC インターフェイス ノードからの Syslog メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-SVC_SYSLOG_CL_CONFIG: Node [chars] has become config node of cluster [chars].

説明 SVC インターフェイスがクラスタ設定ノードになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-SVC_SYSLOG_CL_JOIN: Node [chars] has joined cluster [chars].

説明 SVC インターフェイスがクラスタに加入しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-SVC_SYSLOG_CL_UNJOIN: Node [chars] has left cluster [chars].

説明 SVC インターフェイスがクラスタから脱退しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-SVC_SYSLOG_LC_WWN_PURGE: All WWNs for module [dec] have been purged[chars].

説明 SVC ラインカードがすべての WWN を消去しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC-6-SVC_SYSLOG_VSAN_INACTIVE: VSAN [dec] suspended.

説明 VSAN(仮想 SAN)が保留されました。その他の警告の原因となることがあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC-7

エラー メッセージ SVC-7-NODE_DEBUG_MSG: [chars].

説明 SVC インターフェイス ノードからの Syslog メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC_BATTERY メッセージ

ここでは、SAN Volume Controller バッテリ(SVC_BATTERY)メッセージについて説明します。

SVC_BATTERY-SLOT#-2

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-2-BATTERY_NOT_OPERATIONAL: Battery [dec] temperature [dec] C is outside the operational range (-10C to 65C).

説明 バッテリ温度が、動作範囲(-10 ~ 65°C)を外れています。

推奨処置 show environment fan コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、ファンの動作を確認し、スイッチを冷却するように対処してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-2-BATTERY_NOT_PRESENT: Battery [dec] is not present.

説明 モジュールのバッテリ数が不足しています。バッテリは 2 つ必要です。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-2-CHARGING_DISABLED: Temperature outside permitted range for battery charging (5C-40C).

説明 モジュールの温度がバッテリを充電できる範囲内ではありません。

推奨処置 モジュールの温度が、5 ~ 40°C になるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-2-CHARGING_FAILURE: Charging failure in battery [dec] ([hex]).

説明 バッテリの充電中にモジュール障害が発生しました。

推奨処置 バッテリを交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-2-CLOCK_INCORRECT: System clock is running behind, battery conditioning will be affected.

説明 システム クロックが実際の時刻より遅れています。これは、バッテリ調整に影響します。

推奨処置 clock set コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、正確な時刻を設定します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-2-COMMUNICATION_FAILURE: Communication failure with battery [dec].

説明 バッテリとの通信中にモジュール障害が発生しました。

推奨処置 バッテリを交換します。シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-2-CONDITIONING_DISABLED: Temperature outside permitted range for battery conditioning (5C-40C).

説明 ラインカードの温度がバッテリを調整できる範囲内ではありません。

推奨処置 ラインカードの温度が、5 ~ 40°C になるようにします。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-2-DISCHARGING_FAILURE: Discharging failure in battery [dec] ([hex]).

説明 バッテリの放電中にモジュール障害が発生しました。

推奨処置 バッテリを交換します。シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC_BATTERY-SLOT#-4

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-4-BATTERY_CAPACITY_LOW: Battery capacity is below the required threshold.

説明 バッテリが、求められるしきい値を下回っています。

推奨処置 温度が充電可能な範囲内になっているか確認してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SVC_BATTERY-SLOT#-6

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-6-BATTERY_CAPACITY_OK: Battery capacity is above the required threshold.

説明 バッテリが、求められるしきい値を上回っています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-6-CONDITIONING_CANCELLED: Temperature outside permitted range for battery conditioning (5C-40C). Battery [dec] conditioning cancelled.

説明 モジュールの温度がバッテリを調整できる範囲内ではありません。

推奨処置 ラインカードの温度が、5 ~ 40°C になるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-6-CONDITIONING_COMPLETED: Conditioning of battery [dec] completed successfully.

説明 開始されたバッテリの調整プロセスが正常に完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-6-CONDITIONING_RESUMED: Conditioning of battery [dec] resumed.

説明 バッテリの調整プロセスが再開されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SVC_BATTERY-SLOT#-6-CONDITIONING_STARTED: Conditioning of battery [dec] started.

説明 バッテリの調整プロセスが開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SYSTEMHEALTH メッセージ

ここでは、システム ヘルス(SYSTEMHEALTH)メッセージについて説明します。

SYSTEMHEALTH-2

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_BATTERY_FAILED: Battery [dec] failed for module [dec]. Reason: [chars].

説明 バッテリ エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_BOOTFLASH_FAILED: Bootflash test maximum failures reached for module [dec]. Reason: [chars].

説明 ブートフラッシュ エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_BOOTFLASH_ERRORS: Bootflash test has encountered an error on module [dec]. Reason: [chars].

説明 コンパクトフラッシュ テスト エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_BOOTFLASH_FAILED_RESET_DAY: Bootflash hard resets for module [dec] has reached threshold limit in 24 hours.

説明 ブートフラッシュ ハード リセットの数が、24 時間以内にしきい値制限に達しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_BOOTFLASH_FAILED_RESET_LIFE: Bootflash hard resets for module [dec] has reached the maximum threshold limit.

説明 ブートフラッシュ ハード リセットの数が、しきい値の上限に達しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_CACHE_DISK_FAILED: Cache disk [dec] failed for module [dec].

説明 キャッシュ ディスク エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_EMGMT_FAILED: Management port failed for module [dec].

説明 イーサネット管理ポート エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_EOBC_FAILED: EOBC test failed for module [dec].

説明 Ethernet Out of Band Channel(EOBC)テストがモジュールが原因でエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_FIPS_FAILURE: FIPS compliance error during random number generation.

説明 FIPS 準拠エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_FREE_DISK_FAILED: Free Disk Space on partition [chars] is below threshold for module [dec].

説明 システム ヘルスの空きディスク容量がしきい値を下回っています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_INBAND_FAILED: Inband test maximum failures reached for module [dec].

説明 帯域内エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_LC_CF_INIT_ERRORS: Compact Flash firmware CRC checksum procedure encountered an error during initialization on module [dec] Reason: [chars].

説明 コンパクトフラッシュ CRC チェックサムが初期化に失敗しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_MOD_PORT_LB_TEST_FAILED: Module [dec] Port [dec] has failed loop back tests.

説明 ポートのループバック テスト エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_NVRAM_FAILED: Nvram test maximum failures reached for module [dec] for blocks 0x%llx.

説明 NVRAM エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_MOD_RELOAD_REQ: Module [dec] reload being requested due to errors found by [chars] test.

説明 システム ヘルスのモジュール リロード要求です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_MOD_SNAKE_TEST_FAILED: Module [dec] has failed snake loopback tests.

説明 スネーク テストが不合格でした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_SUP_CF_CRC_FAILED: Compact Flash firmware CRC checksum on module[dec] is corrupted.

説明 コンパクトフラッシュのファームウェアが破損しました。

推奨処置 このモジュールのコンパクト フラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_SUP_CF_REFLASH_FAILED: Compact Flash firmware refresh procedure failed, replace the compact flash on module [dec]. Reason: [char].

説明 コンパクトフラッシュのファームウェアが破損しました。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_SUP_CF_CRC_INIT_ERRORS: Compact Flash firmware CRC checksum procedure encountered an error during initialization on module [dec]. Reason: [chars].

説明 コンパクトフラッシュ CRC チェックサムが初期化に失敗しました。

推奨処置 ボード上のコンパクトフラッシュおよび関連するシステム(mis)の構成をチェックします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_SWITCH_RELOAD_REQ: Switch reload request due to errors found [chars] test.

説明 システム ヘルスのスイッチ リロードが要求されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_SWITCHOVER_REQ: Supervisor switch over being requested due to errors found [chars] test.

説明 システム ヘルスのスイッチオーバー要求です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_TCAM_PARITY_FAILED: TCAM test failed for module [dec].

説明 モジュールで回復不可能なパリティ エラーが検出されたため、TCAM テストは失敗しました。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-2-OHMS_TCAM_PARITY_OFLOW: Too many TCAM parity errors detected on module [dec].

説明 修正可能な範囲を超えるパリティ エラーがモジュール上で検出されました。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュをリロードしてください。モジュールのリロード後もエラーが続出する場合、モジュールを交換します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SYSTEMHEALTH-4

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_BATTERY_ERRORS: Battery test on module [dec] has been suspended due to internal errors.

説明 バッテリ テストで内部エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_BOOTFLASH_TEST_ERRORS: Bootflash test cannot proceed due to internal errors on module [dec].

説明 コンパクトフラッシュ テストの内部エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_CACHE_DISK_ERRORS: Cache disk test on module [dec] dpp [dec] has been suspended due to internal errors.

説明 キャッシュ ディスク テストで内部エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_CF_CRC_PASSED: Compact Flash firmware on module [dec] is healthy at this time.

説明 コンパクトフラッシュ モデルとキャッシュ ディスク テストの内部エラーです。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_CF_REPLASH_PASSED: Compact Flash firmware was successfully refreshed on module [dec].

説明 コンパクトフラッシュ モデルにはデータ保持の問題があるため、交換する必要があります。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_EMGMT_ERRORS: Management port test cannot proceed due to internal errors on module [dec].

説明 イーサネット管理ポートで内部エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_EOBC_ERRORS: EOBC test on module [dec] has been suspended due to internal errors.

説明 Ethernet out-of-band channel(EOBC)テストで内部エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_EXIT: Online System Health exiting due to internal errors. Reason [dec].

説明 内部エラーのため、オンライン システム ヘルスを終了します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_FAIL_ACTION_NOTICE: Failure action not taken, failure action is disabled.

説明 システム ヘルス SERDES テスト エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_FREE_DISK_ERRORS: Too many errors on module [dec] while running the Free Disk Space test for partition [chars].

説明 システム ヘルスの空きディスク容量テストの実行中にエラーが大量に発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_INBAND_TEST_ERRORS: Too many errors while running the inband test.

説明 帯域内テストの実行中にエラーが大量に発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_LC_DAEMON_EXITED: System Health process running on module [dec] exited due to internal errors. Will attempt to restart.

説明 Online System Health Line Card(OHMS LC)デーモンが終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_LC_DAEMON_FAILED: System Health process running on module [dec] failed due to fatal errors.

説明 OHMS LC デーモンがエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_LC_DAEMON_RESTARTED: System Health process running on module [dec] restarted.

説明 OHMS LC デーモンが再開しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_MOD_SNAKE_TEST_ERRORS: Snake Loopback test cannot proceed due to internal errors for module [dec].

説明 スネーク テストの内部エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_MOD_SNAKE_PATH_FAILURE: Snake Loopback data path failure on module [dec].

説明 スネーク データ パスのみのエラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_NVRAM_ERRORS: Too many errors on module [dec] while running the Nvram test.

説明 NVRAM テストの実行中にエラーが大量に発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SERDES_FAILED: Serdes loopback test on interface fc[dec]/[dec] failed.

説明 システム ヘルス SERDES テスト エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SUP_BOOTFLASH_ERRORS: Bootflash test has encountered an error on module [dec]. Reason: [chars].

説明 スーパーバイザ モジュール上のコンパクトフラッシュのエラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SUP_CF_CRC_TEST_FAILING: Compact Flash firmware CRC checksum validation starting to fail on module [dec].

説明 コンパクトフラッシュのファームウェア CRC チェックサムはこのモジュール上では適応しません。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。中断のないアップグレード/ダウングレードを試行しないでください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SUP_CF_REFLASH_TEST_FAILING: Compact Flash firmware refresh procedure starting to fail on module [dec].

説明 このモジュール上ではコンパクトフラッシュが適応しない可能性があります。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。中断のないアップグレード/ダウングレードを試行しないでください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SUP_CF_CRC_INIT_ERRORS: Compact Flash firmware CRC checksum procedure encountered an error during initialization on module [dec] Reason: [chars].

説明 コンパクトフラッシュ CRC チェックサムが初期化に失敗しました。

推奨処置 ボード上のコンパクトフラッシュおよび関連するシステム(mis)の構成をチェックします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SUP_CF_CRC_INTERN_ERRORS: Compact Flash firmware CRC checksum procedure cannot proceed due to internal errors on module [dec].

説明 コンパクトフラッシュ CRC チェックサムの手順は内部エラーにより強制終了しました。

推奨処置 system health clear-errors module module-id cf-crc-check コマンドを使用して cf-crc-check を再起動します。状況が改善しない場合は、ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SUP_CF_RECALLED: Compact Flash on module [dec] is healthy at this time. But this has been identified a recalled part. Please replace it soon since it can go bad anytime.

説明 コンパクトフラッシュ モデルにはデータ保持の問題があるため、交換する必要があります。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SUP_CF_UNRESPONSIVE: Recalled Compact Flash on module [dec] is unresponsive.

説明 コンパクトフラッシュ モデルにはデータ保持の問題があるため、交換する必要があります。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SUP_CF_REFLASH_INTERN_ERRORS: Compact Flash firmware re-flash procedure cannot proceed due to internal errors on module [dec].

説明 コンパクトフラッシュ ファームウェアの再フラッシュ手順は内部エラーにより終端しました。

推奨処置 system health clear-errors module module-id cf-re-flash コマンドを使用して cf-crc-check を再起動します。状況が改善しない場合は、ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_SVC_DAEMON_FAILED: System Health process running on module [dec] SVC node [dec] exited due to errors.

説明 Online System Health SAN Volume Controller(OHMS SVC)デーモンが終了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_TCAM_PARITY_ERRORS: TCAM test on module [dec] has been suspended due to internal errors.

説明 TCAM テストは内部エラーにより、一時停止しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_TCAM_PARITY_ACL_FIB_UPDATE_FAILING: TCAM test failed as ACL/FIB failed to update TCAM on module [dec].

説明 軽微なパリティ エラーが起きたため、ACL/FIB は TCAM のアップデートに失敗しました。

推奨処置 フォワーディング エンジン内で重大なパケット ドロップが発生した場合、ダウンタイムをスケジュールして、コンパクトフラッシュをモジュールにリロードします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-4-OHMS_TCAM_PARITY_ACL_FIB_TIMEOUT: TCAM test timeout waiting for ACL/FIB to update TCAM on module [dec].

説明 ACL/FIB からの応答待機で、システム ヘルス TCAM テストでタイムアウトが発生しました。

推奨処置 フォワーディング エンジン内で重大なパケット ドロップが発生した場合、ダウンタイムをスケジュールして、コンパクトフラッシュをモジュールにリロードします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SYSTEMHEALTH-5

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_BATTERY_FAILING: Battery [dec] starting to fail on module [dec]. Reason: [chars].

説明 システム ヘルスでバッテリ エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_BOOTFLASH_FAILING: Bootflash starting to fail on module [dec].

説明 システム ヘルスでブートフラッシュ エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_CDISK_FAILING: Cache disk [dec] starting to fail on module [dec].

説明 システム ヘルスでキャッシュ ディスク エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_EMGMT_FAILING: Management port on module [dec] starting to show signs of failures.

説明 システム ヘルスでイーサネット管理エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_EOBC_FAILING: EOBC starting to fail on module [dec].

説明 システム ヘルスで EOBC エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_FREE_DISK_FAILING: Free Disk Space on partition [chars] is staring to go below threshold for module [dec].

説明 システム ヘルスの空きディスク容量がしきい値を下回っています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_INBAND_FAILING: Inband starting to fail on module [dec].

説明 システム ヘルスで帯域内エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_NVRAM_FAILING: Nvram starting to fail on module [dec].

説明 システム ヘルスで NVRAM エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_TCAM_PARITY_FAILING: TCAM starting to fail on module [dec].

説明 システム ヘルスで TCAM エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_TCAM_PARITY_CLEARED: Failing conditions for TCAM on module [dec] have been cleared.

説明 システム ヘルスで TCAM エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_TEST_FAILING: [chars] test starting to fail on module [dec].

説明 システム ヘルス テスト エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-5-OHMS_SUP_CF_ERRORS_CLEARED: Compact flash failing conditions on module [dec] has been cleared.

説明 このモジュール上ではコンパクトフラッシュが適応しない可能性があります。

推奨処置 ダウンタイムをスケジュールして、影響を受けたモジュール上のコンパクトフラッシュを交換してください。中断のないアップグレード/ダウングレードを試行しないでください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

SYSTEMHEALTH-6

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_ASIC_FAILURE_INFO: Module [dec] Asic [chars] instance [dec] probable cause of failure.

説明 ハードウェア障害の分析が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_BATTERY_CLEARED: Failing conditions for battery [dec] on module [dec] have been cleared.

説明 システム ヘルスでバッテリ エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_BOOTFLASH_CLEARED: Failing conditions for bootflash on module [dec] have been cleared.

説明 システム ヘルスでブートフラッシュ エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_CDISK_CLEARED: Failing conditions for cache disk [dec] on module [dec] have been cleared.

説明 システム ヘルスでキャッシュ ディスク エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_EMGMT_CLEARED: Failing conditions for management port on module [dec] have been cleared.

説明 システム ヘルスでイーサネット管理ポート エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_EOBC_CLEARED: Failing conditions for EOBC on module [dec] have been cleared.

説明 システム ヘルスの EOBC エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_FAILURE_CLEARED: Failing conditions for test [chars] has been cleared on module [dec].

説明 システム ヘルス エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_INBAND_CLEARED: Failing conditions for inband on module [dec] have been cleared.

説明 システム ヘルスで帯域内エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_INBAND_DROP: Inband Dropping frames from module [dec] due to unknown reasons.

説明 システム ヘルスの帯域内でフレームがドロップしています。原因は不明です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_INBAND_TO_ERR: Inband Dropping frames from module [dec] due to timeout errors.

説明 タイムアウト エラーにより、システム ヘルスの帯域内でフレームがドロップしています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_INBAND_TX_CONGESTION: Inband Unable to transmit due to TX path congestion on module [dec].

説明 システム ヘルスの帯域内送信パスが輻輳しています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_NVRAM_CLEARED: Failing conditions for Nvram on module [dec] have been cleared.

説明 システム ヘルスで NVRAM エラーがクリアされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ SYSTEMHEALTH-6-OHMS_STARTED: Online System Health started.

説明 オンライン システム ヘルスが開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

TLPORT メッセージ

ここでは、Translation Port(TLPORT)メッセージについて説明します。

TLPORT-2

エラー メッセージ TLPORT-2-INITFAIL: TL Port Manager Initialization failed: [chars].

説明 TL ポート マネージャを初期化できませんでした。エラー メッセージにエラーの理由が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

TLPORT-3

エラー メッセージ TLPORT-3-ALLOCFAIL: Heap Memory allocation failed: [chars].

説明 TL ポート マネージャのダイナミック メモリが不足しています。エラー メッセージにエラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ TLPORT-3-FC2ERROR: [chars].

説明 TL ポート マネージャでファイバ チャネル レイヤ 2(FC-2)エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ TLPORT-3-GENERROR: [chars].

説明 TL ポート マネージャで一般エラーが発生しましたが、上記のカテゴリのいずれにも該当しません。エラー メッセージにエラーの内容およびそのコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ TLPORT-3-MTSERROR: [chars].

説明 TL ポート マネージャで Messaging and Transaction Service(MTS)エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーが発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ TLPORT-3-PSSERROR: [chars].

説明 TL ポート マネージャで Persistent Storage Service(PSS)エラーが発生しました。エラー メッセージにエラーの発生したコンテキストが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

TLPORT-6

エラー メッセージ TLPORT-4-TLPM_ALPA_CACHE_FULL: Translation Port ALPA cache is full. Some new entries may not be cached.

説明 TL ポート キャッシュは現在、アクティブ エントリでいっぱいです。TL ポートで新しく作成された Arbitrated Loop Physical Address(ALPA)エントリを割り当てるキャッシュ スペースがありません。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

TLPORT-6

エラー メッセージ TLPORT-6-MGRCREATED: Translation port manager created.

説明 TL ポート マネージャが正常に作成され、アップになり稼働しています。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ TLPORT-6-MGREXIT: Translation port manager shutting down gracefully.

説明 TL ポート マネージャが適切にシャットダウンされました。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ TLPORT-6-PORTDOWN: Translation Port [chars] DOWN.

説明 TL ポートとして設定されたポートがダウン状態で、動作していません。エラー メッセージに TL ポートを特定するインターフェイス ID の文字列が表示されます。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ TLPORT-6-PORTUP: Translation Port [chars] UP.

説明 TL ポートとして設定されたポートがアップで動作可能状態です。エラー メッセージに TL ポートを特定するインターフェイス ID の文字列が表示されます。これは通知メッセージです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

VFC メッセージ

ここでは、Virtual Fibre Channel(VFC)メッセージについて説明します。

VFC-3

エラー メッセージ VFC-3-VFC_MEM_ERROR: Memory consistency problem.

説明 その他のターゲット エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VFC-3-VFC_TGT_ERROR: Target error:[chars] 0x%llx.

説明 その他のターゲット エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VFC-6-STARTING: deamon started.

説明 VFC デーモンが正常に開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

VNI メッセージ

ここでは、Virtual Network Interface(VNI)メッセージについて説明します。

VNI-2

エラー メッセージ VNI-2-ALLOC_MEMORY: Memory allocation failed.

説明 サービスはダイナミック メモリ ブロックを割り当てることができませんでした。

推奨処置 システム メモリをチェックします。システム メモリが少ない場合は、スイッチをリセットします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

VNI-3

エラー メッセージ VNI-3-INIT_FAILED: Initialization failed. Component [chars].

説明 サービスが開始できませんでした。このエラーはエラー メッセージに表示されているコンポーネントの初期化中に発生します。

推奨処置 show processes コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、その他のプロセスのステータスをチェックします。表示されているコンポーネントをデバッグします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

VNI-6

エラー メッセージ VNI-6-INTERFACE_EVENT: VSAN interface [chars] [chars].

説明 指定された VSAN(仮想 SAN)インターフェイスに、エラー メッセージに表示されている正常なイベントがあります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VNI-6-STARTING: Virtual Network Interface Manager started.

説明 サービスが正常に開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VNI-6-VSAN_DELETED: VSAN [dec] has been deleted.

説明 指定された VSAN は削除されました。サービスはその VSAN 上のあらゆる設定を削除します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

VSAN メッセージ

ここでは、VSAN(仮想 SAN)メッセージについて説明します。

VSAN-2

エラー メッセージ VSAN-2-PROGRAM_EXIT: process exiting with reason: [chars].

説明 エラー メッセージに表示されている理由のため、VSAN マネージャ プロセスが終了します。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

VSAN-3

エラー メッセージ VSAN-3-CFS_OPERATION_FAILED: cfs [chars] operation failed : [chars].

説明 Cisco Fabric Service(CFS)操作に失敗しました。

推奨処置 CFS 操作のエラーの理由を確認し、問題を解決してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VSAN-3-MEM_ALLOC_FAILED: alloc failed for size:[dec].

説明 メモリ割り当てがエラーになりました。

推奨処置 show process memory コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、プロセスのメモリ使用状況を確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VSAN-3-MESSAGE_ERROR: could not handle message:[chars] of type [dec] sent by addr [dec]:[dec].

説明 エラー メッセージに表示されているノードと SAP で動作しているコンポーネントが送信した Interprocess Communication(IPC; プロセス間通信)メッセージを受信しました。

推奨処置 シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

VSAN-6

エラー メッセージ VSAN-6-ACTIVATED: VSAN:[dec] changing from suspended to active.

説明 エラー メッセージに表示されている ID の VSAN(仮想 SAN)が一時停止ステートからアクティブ ステートに変化します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VSAN-6-CFS_MERGE_NOT_SUPPORTED: merging of fctimer configuration data is not supported.

説明 CFS を使用した fctimer 設定データのマージはサポートされていません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VSAN-6-CREATED: Created VSAN:[dec] with name:[chars].

説明 エラー メッセージに表示されている ID と名前で VSAN を作成しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VSAN-6-MEMBERSHIP_UPDATE: Updated membership for interface:[chars] with VSAN:[dec].

説明 エラー メッセージに表示されている VSAN で、表示されているインターフェイスのメンバシップを更新します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VSAN-6-REMOVED: Removed VSAN:[dec].

説明 エラー メッセージに表示されている ID の VSAN を削除しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VSAN-6-SUSPENDED: VSAN:[dec] changing from active to suspended.

説明 VSAN をアクティブ ステートから一時停止ステートに変更します。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ VSAN-6-TRUNKING_MEMBERSHIP_UPDATE: trunking membership updated for interface:[chars] with VSAN bitmap:[chars].

説明 許可 VSAN リストに基づいて、インターフェイスのトランキング メンバシップが更新されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

WWN メッセージ

ここでは、World Wide Name(WWN)メッセージについて説明します。

WWN-1

エラー メッセージ WWN-1-TYPE1_ALERT: [dec] (< [dec] %) Remain.

説明 WWN マネージャが WWN を使い果たしました。新しく動的に割り当てられる WWN はありません。ただし、静的に割り当てられた WWN(スイッチ WWN、ポート WWN など)は引き続き使用できます。

推奨処置 新しいセカンダリ MAC アドレスとその範囲をプログラミングすることによって、新たに WWN を追加してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-1-TYPES2_5_ALERT: [dec] (< [dec] %) Remain.

説明 WWN マネージャは Network Address Authority(NAA)タイプ 2 および 5 の WWN を使い果たしました。

推奨処置 新しいセカンダリ MAC アドレスとその範囲をプログラミングすることによって、新たに WWN を追加してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

WWN-2

エラー メッセージ WWN-2-BKPLN_PROM_CANT_READ: Can not read backplane PROM.

説明 WWN マネージャはシャーシ情報を読み取ることができませんでした。ダイナミック WWN を割り当てられませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに表示されるとおりに、エラー メッセージをメモします。シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-2-EXITING: Exited due to [chars].

説明 エラー メッセージに表示されているエラーのため、WWN マネージャ プロセスが終了しました。プロセスは自動的に再起動されたはずです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-2-GENERAL_ERROR: [chars].

説明 WWN マネージャでクリティカル エラーが発生しました。エラーの内容がエラー メッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-2-MALLOC_ERROR: Size [dec] bytes.

説明 WWN マネージャがメモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに表示されるとおりに、エラー メッセージをメモします。シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-2-PSS_BKP_PSS_MISMATCH: Block [dec]: PSS: Not Free; BKPLN PROM: Free.

説明 この WWN マネージャは、シャーシの情報と永久情報データベースに登録されている情報との間に不一致を検出しました。永久情報データベースは、シャーシの情報に基づいてアップデートされました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-2-PSS_ERROR: [chars].

説明 WWN マネージャで、永続ストレージ データベースの操作時にエラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-2-STDOUT_ROTATE_FAILURE: Failed to rotate stdout file: [chars].

説明 WWN マネージャが、表示されているファイル名で現在の出力ファイルを循環できませんでした。ファイル サイズが最大限度を超えてしまう可能性があります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-2-TYPE1_CRIT: [dec] (< [dec] %) Remain.

説明 WWN マネージャには、表示されているパーセンテージ以下の WWN しか残っていません。

推奨処置 新しいセカンダリ MAC アドレスとその範囲をプログラミングすることによって、新たに WWN を追加してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-2-TYPES2_5_CRIT: [dec] (< [dec] %) Remain.

説明 WWN マネージャには、NAA タイプ 2 および 5 の WWN が表示されているパーセンテージ以下しか残っていません。

推奨処置 新しいセカンダリ MAC アドレスとその範囲をプログラミングすることによって、新たに WWN を追加してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

WWN-3

エラー メッセージ WWN-3-PSS_SYNC_TO_STNDBY_FAILED: PSS TYPE=[chars] KEY=[chars].

説明 Persistent Storage Service(PSS)同期化通知をスタンバイ スーパーバイザ モジュールに送信できませんでした。エラー メッセージにPSS タイプ、操作、およびキーが表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-3-RELEASE_ERR: Cant Rel. WWN [chars].

説明 WWN マネージャは、解放できない WWN の解放要求を受け取りました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-3-RELEASE_ERR_UNKNOWN: Unknown WWN [chars] [chars].

説明 エラー メッセージに表示されている理由のため、この WWN マネージャが割り当てたはずのない WWN の解放要求を WWN マネージャが受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-3-STARTUP_COPY_TO_RUNNING_FAILED: [chars].

説明 スタートアップ コンフィギュレーション PSS を実行コンフィギュレーションにスナップショットできませんでした。エラー内容は [str] です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-3-TOOMANY_REQ_REL: WWNs [chars] = [dec] ]

説明 WWN マネージャは、1 つの要求で割り当てまたは解放を実行できる WWN の最大数より多い WWN の割り当て要求を受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-3-UNKNOWN_MSG: Received from Node=[dec] SAP=[dec] Opcode=[dec].

説明 WWN マネージャが、エラー メッセージに表示されている命令コードでノードと SAP から不明なメッセージを受信しました。これはデバッグ専用情報です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-3-WWN_PSS_CORRUPTED: [chars] PSS found corrupted.

説明 WWN マネージャは、いずれかの永久情報データベースで破損を検出しました。データベースは再作成されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

WWN-4

エラー メッセージ WWN-4-PSS_SUP_CNT_MISMATCH: PSS [dec] Bkpln [dec].

説明 WWN マネージャは、以前このシャーシに他のスーパーバイザ モジュールが搭載されていたことを検出しました。WWN マネージャは新しく割り当てられた WWN が以前のスーパーバイザ モジュールによって割り当てられた可能性のある WWN と競合しないかどうかを確認しています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-4-PSS_VERSION_MISMATCH: PSS [dec] Code [dec].

説明 WWN マネージャといずれかの永続ストレージ データベースのバージョンが一致していませんでした。永久情報は新しいフォーマットに変換されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-4-TYPE1_WARN: [dec] (< [dec] %) Remain.

説明 WWN マネージャが割り当てることのできる WWN は、表示されているパーセンテージ以下しか残っていません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-4-TYPES2_5_WARN: [dec] (< [dec] %) Remain.

説明 WWN マネージャには、NAA タイプ 2 および 5 の WWN が表示されているパーセンテージ以下しか残っていません。

推奨処置 新しいセカンダリ MAC アドレスとその範囲をプログラミングすることによって、新たに WWN を追加してください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

WWN-5

エラー メッセージ WWN-5-VSAN_WWN_CHANGE: [chars].

説明 VSAN-WWN が作成または削除されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

WWN-6

エラー メッセージ WWN-6-ALLOCATED_BLOCK: Block number [dec].

説明 WWN マネージャが、内部で使用する 256 の WWN からなる新しいブロックを割り当てました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-BECAME_ACTIVE: Became ACTIVE from standby mode.

説明 スタンバイ スーパーバイザ モジュールの WWN マネージャがアクティブになり、クライアントの WWN 要求の処理が可能な状態です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-BECAME_STDBY: Became STANDBY from active mode.

説明 WWN マネージャがアクティブ モードからスタンバイ モードになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-EXCESSIVE_DELAY: [chars].

説明 イベントの処理に時間がかかっています。イベントの内容がエラー メッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-FAILED_TO_SEND_HEARTBEAT: Failed to send heartbeat to system manager: Reason=[chars].

説明 WWN マネージャが、システム マネージャにハートビートを送信できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-GENERAL_EVENT: [chars].

説明 WWN マネージャが重要イベントを生成しました。イベントの内容がエラー メッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-PSS_CREATED: [chars] PSS Created.

説明 WWN マネージャのいずれかの永久情報データベースが再作成されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-PSS_DESTROYED: [chars] PSS Destroyed.

説明 いずれかの永久情報データベースが意図的に破棄されたため、再作成されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-RELEASED_BLOCK: Block number [dec].

説明 WWN マネージャが、256 の WWN からなるブロックを解放しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-SEC_MAC_UPDATED: MAC=[chars] Range=[dec].

説明 WWN マネージャが、エラー メッセージに表示されている MAC アドレスと範囲でセカンダリ MAC アドレスを更新しました。この更新は、管理エンティティから開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ WWN-6-SERVICE_UP: Initialized [chars].

説明 WWN マネージャはアップしており、クライアントの WWN 要求を受け付け可能な状態です。サービスは、エラー メッセージに表示されているモードで初期化されました。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ WWN-6-SWITCHOVER: Switching Over to other Supervisor.

説明 WWN マネージャはスタンバイ スーパーバイザ モジュールに正常に切り替わりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

WWN-7

エラー メッセージ WWN-7-RELEASE_ERR_FREE: Already free WWN [chars].

説明 WWN マネージャのクライアントが、すでに解放されている WWN を解放しようとしました。これはデバッグ専用情報です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ZONE メッセージ

ここでは、ゾーン メッセージについて説明します。

ZONE-2

エラー メッセージ ZONE-2-LZ_EXITING: LUN/Read-only Zoning Process exited. Reason: [chars].

説明 表示されている理由のため、LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが終了しました。プロセスは自動的に再起動されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-LZ_GENERAL_ERROR: [chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスでクリティカル エラーが発生しました。エラーの内容がエラー メッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-LZ_INIT_FAILED: Initialization of LUN/Read-only Zoning Process failed at [chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-LZ_MALLOC_ERROR: Size [dec] bytes.

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスは、メモリを割り当てることができませんでした。

推奨処置 コンソールまたはシステム ログに表示されるとおりに、エラー メッセージをメモします。シスコシステムズからサポートを直接購入された場合は、シスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_ALIAS_LIMIT_EXCEEDED: The limit for maximum number of aliases exceeded.

説明 設定されたエイリアスの数が、VSAN(仮想 SAN)ごとに許可されるエイリアスの最大数を超えました。分散操作またはマージ操作がエラーになることがあります。

推奨処置 エイリアスの数を、VSAN で許可されている最大数より少なくします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_ATTR_GROUP_LIMIT_EXCEEDED: The limit for maximum number of attribute groups exceeded.

説明 設定された属性グループの数が、VSAN で許可されている属性グループの最大数を超えました。分散操作またはマージ操作がエラーになることがあります。

推奨処置 属性グループの数を、VSAN で許可されている最大数より少なくします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_ACA_FAILED: ACA failed : [chars].

説明 ゾーン サーバが変更許可を取得できません。

推奨処置 すべてのスイッチでインターオペラビリティ モードを確認するか、あとで再試行します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_ACQUIRE_AUTH_FAILED: Acquire authorization failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが VSAN で許可を取得できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_ACTIVATION_FAILED: Activation failed.

説明 ゾーン サーバがゾーン セットをアクティブにできません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_ACTIVATION_FAILED_RESN: Activation failed : reason [chars].

説明 エラー メッセージに表示されている理由のため、ゾーン サーバがアクティブ化を実行できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_ACTIVATION_FAILED_RESN_DOM: Activation failed : reason [chars] domain [dec].

説明 エラー メッセージに表示されている理由のため、ゾーン サーバがドメインでアクティブ化を実行できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_APPLY_FAILED: Apply changed failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが VSAN で変更内容を適用できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_DEACTIVATION_FAILED: Dectivation failed.

説明 ゾーン サーバがゾーン セットを無効にできません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_DEACTIVATION_FAILED_RESN: Deactivation failed : reason [chars].

説明 エラー メッセージに表示されている理由のため、ゾーン サーバを無効にできません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_DEACTIVATION_FAILED_RESN_DOM: Deactivation failed : reason [chars] domain [dec].

説明 エラー メッセージに表示されている理由のため、ゾーン サーバをドメインで無効にできません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_RELEASE_AUTH_FAILED: Release authorization failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが VSAN で許可を解除できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_SFC_FAILED: SFC failed : [chars].

説明 ゾーン サーバがゾーン設定を完了できません。

推奨処置 すべてのスイッチのインターオペラビリティ モードを確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_SFC_REJECTED: SFC received from remote domain [dec] is rejected.

説明 無効な SFC をドメインから受信しました。このスイッチがフレーム フォーマットを認識できないか、またはリモート スイッチが許可を取得していません。

推奨処置 スイッチでインターオペラビリティ モードを確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_STAGE_ACTIVATE_ZSSET_BY_NAME_FAILED: Stage activate zoneset by name failed on VSAN [dec].

説明 VSAN で、ゾーン サーバがアクティブ化ゾーン セットを名前で展開できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_STAGE_ACTIVATE_ZSSET_ENH_FAILED: Stage activate zone set enhanced failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが VSAN で拡張されたアクティブ化ゾーン セットを展開できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_STAGE_DEACTIVATE_ZSSET_ENH_FAILED: Stage deactivate zoneset enhanced failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが VSAN で拡張された無効化ゾーン セットを展開できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_STAGE_DISTRIBUTE_DFLT_ZONE_FAILED: Stage distribute default zone failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが、表示されている VSAN で、分散デフォルト ゾーンを展開できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_STAGE_DISTRIBUTE_ZS_DB_FAILED: Stage distribute zoneset database failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが、分散ゾーン セット データベースを VSAN で展開できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_STAGE_SET_ZONING_MODE_FAILED: Stage set zoning mode failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが、設定ゾーニング モードを VSAN で展開できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_CHANGE_STAGE_SET_ZONING_POLICIES_FAILED: Stage set zoning policies failed on VSAN [dec].

説明 ゾーン サーバが、設定ゾーニング ポリシーを VSAN で展開できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_DB_OPERATION_FAILED: Database operation error: [chars].

説明 データベース操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_EXPORT_IMPORT_FAILED: [chars] operation failed.

説明 エクスポート操作またはインポート操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_FIPS_COMPLIANCE_FAILURE: FIPS compliance error: consecutively same random numbers.

説明 同じ乱数を表示する FIPS 準拠エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_INIT_FAILED: [chars].

説明 ゾーン サーバを初期化できませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_LICENSE_UNAVAIL: License:[chars] unavailable, removing LUN members, read-only attribute and re-activating active zonesets on all affected VSANs.

説明 ライセンスを使用できません。影響のあるすべての VSAN で、LUN メンバーおよび読み取り専用属性を削除し、アクティブ ゾーン セットを再びアクティブにします。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_LIC_FAILURE: License [chars] operation failed for license [chars].

説明 ライセンス操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_LUN_DISABLING_FAILED: license expiry handling failed for VSAN [dec].

説明 ライセンス失効処理が VSAN が原因でエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_LUN_MEMBER_LIMIT_EXCEEDED: The limit for maximum number of lun members exceeded.

説明 設定された LUN メンバーの数が、すべての VSAN で許可されている LUN メンバーの最大数を超えました。分散操作またはマージ操作がエラーになることがあります。

推奨処置 LUN メンバーの数を、すべての VSAN の最大許容数より少なくなるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_MALLOC_FAILURE: Memory allocation failed for size [dec].

説明 メモリ割り当てがエラーになりました。

推奨処置 プロセスを再起動します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_MEMBER_LIMIT_EXCEEDED: The limit for maximum number of members exceeded.

説明 設定されたメンバーの数が、すべての VSAN で許可されているメンバーの最大数を超えました。分散操作またはマージ操作がエラーになることがあります。

推奨処置 メンバーの数を、すべての VSAN の最大許容数より少なくなるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_MERGE_ADJ_NO_RESPONSE: Adjacent switch not responding, Isolating Interface [chars] (VSAN [dec]).

説明 隣接スイッチがゾーン サーバ要求に応答していないため、VSAN のインターフェイスが切り離されました。

推奨処置 インターフェイスをフラップします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_MERGE_FAILED: Zone merge failure, Isolating interface [chars].

説明 ゾーン マージがエラーになったため、インターフェイスが切り離されました。

推奨処置 zone merge interface コマンドを入力するか、同等のファブリック マネージャ/デバイス マネージャ手順を使用して、アクティブ ゾーン セットと隣接スイッチを比較します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_MERGE_FULL_DATABASE_MISMATCH: Zone merge full database mismatch on interface [chars].

説明 インターフェイスによって接続されている 2 つのスイッチ間で、フル ゾーニング データベースが矛盾しています。データベースはマージされません。

推奨処置 フル ゾーニング データベースを隣接スイッチと比較します。相違を訂正してリンクをフラップしてください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_MERGE_FULL_DATABASE_MISMATCH: Zone merge full database mismatch on interface [chars].

説明 インターフェイスによって接続されている 2 つのスイッチ間で、フル ゾーニング データベースが矛盾しています。データベースはマージされません。

推奨処置 フル ゾーニング データベースと隣接スイッチを比較し、相違を修正してリンクをフラップします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_MERGE_UNKNOWN_FORMAT: Unknown format, isolating interface [chars].

説明 マージ要求内に不明なフォーマットがあるため、インターフェイスが切り離されました。

推奨処置 両方のスイッチにおいて、インターオペラビリティ モードを同一値に設定します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_MTS_OPER_FAILED: MTS [chars] operation failed : [chars].

説明 ゾーン サーバの Messaging and Transaction Service(MTS)操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_PORT_SWAP_FAILURE: Port swap operation failed.

説明 ポート スワップ操作がエラーになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_PSS_VER_MISMATCH: PSS version mismatch URL: [chars] (expected [chars], got [chars]).

説明 設定バージョンのミスマッチです。Persistent Storage Service(PSS)URL は、表示されているバージョンを想定していましたが、異なるバージョンが保存されています。

推奨処置 想定されているバージョンにアップグレードまたはダウングレードします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_TCAM_BROADCAST_ZONE_DISABLED: Broadcast zoning disabled : Reason: Hard zoning disabled.

説明 Ternary CAM(TCAM)プログラミング エラーのため無効になったハード ゾーニングが原因で、ブロードキャスト ゾーニングが無効になりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_TCAM_LUN_ZONING_DISABLED: LUN zoning disabled : Reason: Hard zoning disabled.

説明 TCAM プログラミング エラーのため無効になったハード ゾーニングが原因で、LUN ゾーニングが無効になりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_TCAM_PROGRAMMING_FAILED: TCAM operation failed : [chars], Reason: [chars].

説明 TCAM プログラミング エラーが発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_TCAM_READ_ONLY_ZONE_DISABLED: Read-only zoning disabled : Reason: Hard zoning disabled.

説明 読み取り専用ゾーニングが無効です。TCAM プログラミング エラーのため、ハード ゾーニングが無効になりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_TCAM_SWITCHED_TO_SOFT_ZONING_MODE: Switched to soft zoning : Reason: Hard zoning disabled.

説明 ソフト ゾーニングに切り替わりました。TCAM プログラミング エラーのためハード ゾーニングが無効になりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_VIRTUAL_DOMAIN_INCONSISTENT: IVR reporting virtual domain different from rib and domain manager in vsan [dec].

説明 仮想ドメインは VSAN の Routing Information Base(RIB)とドメイン マネージャとは異なることを IVR が報告しています。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_ZONE_LIMIT_EXCEEDED: The limit for maximum number of zones exceeded.

説明 設定されたゾーンの数が、すべての VSAN で許可されているゾーンの最大数を超えました。分散操作またはマージ操作がエラーになることがあります。

推奨処置 ゾーンの数が、すべての VSAN の最大許容数より少なくなるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-2-ZS_ZONE_SET_LIMIT_EXCEEDED: The limit for maximum number of zonesets exceeded.

説明 設定されたゾーン セットの数が、すべての VSAN で許可されているゾーン セットの最大数を超えました。分散操作またはマージ操作がエラーになることがあります。

推奨処置 ゾーン セットの数が、すべての VSAN の最大許容数より少なくなるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ZONE-3

エラー メッセージ ZONE-3-LZ_UNKNOWN_MSG: Recvd. from Node=[dec] SAP=[dec].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、不明なメッセージを受信しました。これはデバッグ専用情報です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-3-ZS_ACTIVATION_FAILED_DUE_TO_QOS_DISABLED: Activation failed due to qos not enabled.

説明 QoS(Quality of Service)が有効になっていないため、ゾーン セットをアクティブにできませんでした。

推奨処置 QoS が有効であることを確認し、VSAN でゾーン セットを再びアクティブにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ZONE-4

エラー メッセージ ZONE-4-LZ_OTHER_CMD_TO_ZONED_OUT_LUN: FCP command [hex] received from SID=[chars] to DID=[chars] for LUN=[chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、ゾーン外 LUN へのコマンドを受信しました。送信元 ID、送信先 ID、および LUN が表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ROZ_WRITE_ACCESS_TO_READ_ONLY_LUN: FCP command [hex] received from SID=[chars] to DID=[chars] for LUN=[chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、ゾーン外 LUN の送信元 ID から送信先 ID への FCP コマンドを受信しました。

説明 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_BROADCAST_LUN_WARNING: LUN member(s) and Broadcast attribute are present in zone [chars] in vsan [dec]. Broadcast violations can occur for LUN members.

説明 表示されている VSAN の表示されているゾーンに LUN ゾーン メンバーがあるため、ブロードキャストの違反が発生する場合があります。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_CHANGE_LC_UPGRADE_IN_PROGRESS: Change protocol request is received from domain [dec] when linecard upgrade is in progress.

説明 ラインカードのアップグレード中に、ドメインから変更要求を受信しました。変更要求は拒否されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_DB_WARNING: [chars].

説明 データベース操作の警告です。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_DOMAIN_MGR_WARNING: Unable to retrieve domain info from domain mgr error: [chars] in vsan [dec].

説明 ドメイン マネージャからドメインに関する情報を取得できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_LC_UPGRADE_CHANGE_IN_PROGRESS: Linecard upgrade request is received when change protocol is in progress.

説明 プロトコル変更の処理中に、ラインカードのアップグレード要求を受信しました。ラインカードのアップグレードは、プロトコル変更の完了後に行われます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_LICENSE_EXPIRY_WARNING: Feature [chars] evaluation license [chars] expiry in [dec] days.

説明 機能の評価期間が数日後に超過します。永久ライセンスをインストールしないと、機能はシャットダウンされます。

推奨処置 この機能を継続して使用できるよう、ライセンス ファイルをインストールしてください。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_MEMBER_CONVERSION_FAILED: Zone Member conversion failed for zoneset: [chars]. error: [chars].

説明 表示されている理由により、ゾーン メンバーの変換がゾーン セット内でできませんでした。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_NON_INTEROPERABLE_ZONE_SET: Non interoperable active zoneset present on VSAN [dec] in interoperability mode.

説明 インターオペラビリティ モードが VSAN でオンになっているにもかかわらず、相互運用が可能でないメンバー(FC ID、FWWN など)がアクティブ ゾーン セットに含まれています。

推奨処置 インターオペラビリティ モードをオフに切り替えるか、相互運用可能なメンバー(pWWN)のみがアクティブなゾーン セットに含まれるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_QOS_LUN_WARNING: LUN member(s) and QoS attribute are present in zone [chars] in vsan [dec]. QoS will not be applicable for LUN members.

説明 表示されているゾーンおよび VSAN では、QoS は LUN ゾーン メンバーに適用できません。

推奨処置 対処不要です。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_TOO_MANY_ALIAS_IN_CURRENT_INTEROP_MODE: Too many aliases in current interoperability mode.

説明 現在のインターオペラビリティ モードで VSAN に設定されているエイリアスが多すぎます。次に行うゾーン セットのアクティベーション、分散操作、またはマージ操作がエラーになることがあります。

推奨処置 インターオペラビリティ モードを適切な値に設定するか、エイリアス数が現在のインターオペラビリティ モードで許可されている最大数より少なくなるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-4-ZS_UNSUPPORTED_MEMBER_IN_CURRENT_INTEROP_MODE: Unsupported member present in active or full zoneset in current interoperability mode.

説明 アクティブ ゾーンセットまたはフル ゾーンセットに、現在 VSAN で設定されているインターオペラビリティ モードではサポートされないメンバーが含まれています。

推奨処置 インターオペラビリティ モードを適切な値に設定するか、またはアクティブ ゾーンセットまたはフル ゾーンセットに現在のインターオペラビリティ モードでサポートされるメンバーのみが含まれるようにします。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ZONE-5

エラー メッセージ ZONE-5-ZS_EXPORT_IMPORT_COMPLETE: [chars] operation completed.

説明 エクスポート操作またはインポート操作が完了しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-5-ZS_POLICY_CHANGE: Default zoning policy changed to [chars].

説明 デフォルトのゾーニング ポリシーが許可または拒否に変更されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-5-ZS_ZONE_SET_ACTIVATED: Zoneset [chars] activated.

説明 ゾーン セットがアクティブになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-5-ZS_ZONE_SET_DEACTIVATED: Zoneset deactivated.

説明 ゾーン セットが無効になりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

ZONE-6

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_BECAME_ACTIVE: LUN/Read-only Zoning Process became ACTIVE from Standby mode.

説明 スタンバイ スーパーバイザ上の LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスがアクティブになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_BECAME_STDBY: LUN/Read-only Zoning Process became STANDBY from active mode.

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスがアクティブ モードからスタンバイ モードになりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_FAILED_TO_SEND_HEARTBEAT: LUN/Read-only zoning process failed to send heartbeat to system manager: Reason=[chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、システム マネージャにハートビートを送信できません。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_GENERAL_EVENT: [chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、重要なイベントを生成しました。イベントの内容がエラー メッセージに表示されます。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_INQUIRY_TO_ZONED_OUT_LUN: INQUIRY command received from SID=[chars] to DID=[chars] for LUN=[chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、ゾーン外 LUN に対する inquiry FCP コマンドを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_REPORT_LUNS_CMD_RCVD: REPORT LUNS command received from SID=[chars] to DID=[chars] for LUN=[chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、LUN の送信元 ID から送信先 ID への report LUNs FCP コマンドを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_REQUEST_SENSE_TO_ZONED_OUT_LUN: REQUEST SENSE command received from SID=[chars] to DID=[chars] for LUN=[chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、LUN の送信元 ID から送信先 ID への request sense fcp コマンドを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_SERVICE_UP: LUN/Read-only Zoning Process initialized [chars].

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスがアップしています。表示されているモードでプロセスが初期化されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-LZ_SWITCHOVER: LUN/Read-only zoning process switching over to other supervisor.

説明 LUN 読み取り専用ゾーニング プロセスが、スタンバイ スーパーバイザ モジュールに正常に切り替わりました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-ZS_CHANGE_ACA_REJECTED: ACA received from remote domain [dec] is rejected.

説明 無効な ACA をドメインから受信しました。ドメイン リストが一致していないか、または別のスイッチがすでに許可を取得しています。

推奨処置 スイッチでインターオペラビリティ モードを確認します。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-ZS_FC2_OPER_INFO: FC2 [chars] operation failed : [chars].

説明 ゾーン サーバ FC2 の動作エラーです。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-ZS_INIT_PROCESS: Zone server process started [chars] at [chars].

説明 ゾーン サーバ プロセスは、表示されている時間にステートレスまたはステートフル モードで開始されました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-ZS_INIT_WARNING: [chars].

説明 ゾーン サーバの初期化中に警告が発生しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。

エラー メッセージ ZONE-6-ZS_UNKNOWN_LIC_FEATURE: [chars].

説明 ゾーン サーバは、既知のライセンス機能 [chars] に関するイベントを受信しました。

推奨処置 対処不要です。

導入 Cisco NX-5000 リリース 4.0(0)N1(1)。