Cisco Nexus 5000/6000 シリーズ NX-OS インターフェイス オペレーション ガイド リリース 6.0(2)N1(1)
索引
Index
発行日;2013/06/19 | 英語版ドキュメント(2013/03/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

Index

数字

10 ギガビット イーサネット

ピア リンク ポート 3-15

C

Cisco Nexus 2000 シリーズ ファブリック エクステンダ

vPC トポロジでの交換 3-12

新しいファブリック エクステンダの設置 3-13

シングルホーム接続 vPC トポロジでの交換 3-13

デュアルホーム接続 vPC トポロジでの交換 3-12

Cisco Nexus 2248PQ ファブリック エクステンダ 2-1

Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

vPC トポロジでの交換 3-11

Cisco Nexus 5500 シリーズと QSFP+ GEMS 2-2

Cisco Nexus 6004 スイッチ ファブリック モード 2-8

D

DR の選択

「指定ルータ」を参照 4-12

F

FHRP。「ファースト ホップ冗長プロトコル」も参照

I

ISSU

サポートされない 4-18

サポートされる 4-19

N

N55-M4Q での QSFP+ スロット番号 2-3

P

peer-gateway コマンド 4-4

PIM ルータ 4-9

Q

QSFP+ ポートを 4x 10GE ポートまたは 40GE ポートとして設定 2-5

Quad Small Form-Factor Pluggable Plus(QSFP+) 2-1

S

STP

タイプ 1 整合性検査 3-6

モードの不一致の例 3-4

V

VLAN

整合性検査 3-6

vPC

サポートされていないマルチキャスト トポロジ 4-9

整合性検査 3-1

トラフィック フロー 3-17

3-17

ピア キープアライブ リンクの障害 3-15

不整合な設定の特定 3-7

メンバ ポートの障害 3-14

vPC 障害のシナリオ 3-13

vPC とピア ゲートウェイ 4-3

vPC トポロジ

設定の変更 3-9

マルチキャストの相互作用 4-9

vPC トポロジでの制御トラフィックの転送 4-7

vPC トポロジでのルータへの接続 4-3

vPC による ARP 処理 4-2

vPC の操作

説明 3-1

vPC ピア リンクの障害 4-5

VRF

認識されるサービス 4-8

新しい機能と変更された機能(表) xi

キープアライブ インターフェイス

専用 VRF 4-7

キープアライブ リンク

後にピア リンク障害が続く障害 3-17

グレースフル整合性検査 3-2

説明 3-3

高速コンバージェンス

vPC トポロジでの 4-10

コンバージェンスの改善 4-4

サポートされていないマルチキャスト トポロジ 4-9

事前に構築されたソース ツリー

高速コンバージェンス 4-10

指定ルータ 4-11

CFS メッセージ 4-12

選択 4-12

プライオリティ 4-12

自動検出

ステータス 3-9

説明 3-8

リロード復元の置き換え 3-9

スロットの UPC を使用したポート番号付けおよびポート マッピング 2-5

整合性検査

VLAN ごとの設定 3-6

失敗 3-8

整合性検査の失敗につながる設定の違い 3-8

ステータス 3-8

成功 3-8

ピア リンクが失われた場合の回避 3-8

専用 VRF 4-7

タイプ 1

インターフェイス レベルの不整合 3-5

タイプ 2

パラメータの不一致 3-2

遅延タイマー 4-4

遅延復元 4-5

トラフィック フロー

vPC トポロジでのトレース 3-17

ピア スイッチ

障害 3-16

ピア リンク

後にキープアライブ リンク障害が続く障害 3-16

障害 3-14

帯域幅 3-14

ファースト ホップ冗長プロトコル 4-1

マルチキャスト

vPC 構成のサポートされていないトポロジ 4-9

データ転送 4-12

転送アルゴリズム 4-11

転送プロセス 4-14

転送ルール 4-13

ルーティング テーブルのサイズ 4-10

マルチキャスト トラフィック

ルーティングされない 4-13

マルチキャスト ルーティング テーブル

スイッチの出力例 4-11

ランデブー ポイント(RP) 4-10

リロードの遅延時間 3-9

リロード復元 3-9

vPC 整合性検査の回避 3-15

ルーティング テーブルのサイズ 4-10

レイヤ 3

PC トポロジでのルータへの接続 4-6, 4-7

vPC 整合性検査 4-9

および ISSU 4-18

ソースおよびランデブー ポイント(RP) 4-10

モジュール障害 4-5

ルータとスイッチ間の接続に関する推奨事項 4-6

vPC トポロジによるコンバージェンスの改善 4-4