Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS FCoE オペレーション ガイド リリース 5.1(3)N1(1) Cisco Nexus 5000 プラットフォーム スイッチ用 および Cisco Nexus 5500 プラットフォーム スイッチ用
索引
Index
発行日;2013/03/25 | 英語版ドキュメント(2012/11/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

C

class-fcoe 1-9

CNA

DCB サポート 1-15

第 2 世代 1-6

COS

デフォルト値および FCoE 1-14

D

Data Center Bridging Exchange(DCBX) 1-15

DCBX

ネゴシエーションの失敗 1-15

DCB イーサネット リンク 1-10

E

Enhanced Transmission Selection(ETS) 1-13

ETS

デフォルト設定 1-14

F

FC-MAP 1-2

FC-MAP 値の変更 1-2

デフォルト値 1-2

範囲 1-2

FCoE

no-drop

サービス クラス

QoS の設定例 1-14

QoS 設定 1-13

VLAN 1 のイネーブル化 1-3

イネーブル化 1-2

シングル ホップ トポロジ 1-16

相互運用性 1-16

定義済み QoS ポリシー 1-13

バッファ割り当て 1-9

ホストの中断 1-2

FCoE VLAN

VF ポートへの接続 1-3

vPC での設定 1-8

イーサネット VLAN との違い 1-3

および STP 1-3, 1-4

FCoE ファブリック

設定 1-3

ベスト プラクティス 1-3

FCoE ポート

ホスト側 1-3

I

IEEE 802.1Q Data Center Bridging(DCB)規格 1-15

IEEE 802.1Q Enhance Ethernet 標準 1-13

IEEE 802.1Q 規格 1-14

M

MST 1-4

N

no-drop サービス

しきい値 1-9

no-drop サービス クラス 1-14

NPV

NPIV の要件 1-17

デバイスの利点 1-17

NPV モード

スイッチ モードへの変更 1-17

要件 1-16

N ポート ID バーチャライゼーション(NPIV) 1-16

N ポート バーチャライザ(NPV) 1-16

P

PFC 1-13

サービス クラス 1-13

デフォルト設定 1-14

ロスレス トランスポートと専用帯域幅 1-14

PVST 1-5

PVST+ 1-5

Q

QoS

FCoE コンフィギュレーション 1-13

V

VLAN

VLAN から VSAN へのマッピング 1-3

拡張性 1-12

vPC

ホストの接続 1-6

新しい機能と変更された機能(表) 2-9

イーサネット NIC 1-6

仮想ポート チャネル(vPC)

および FCoE 1-5

サービス クラス(CoS) 1-13

および ETS 1-14

および PFC 1-14

シングル ホップ

FCoE トポロジ 1-16

スイッチ モード

NPV モードへの変更 1-17

および FCoE 1-16

およびネイティブ ファブリック サービス 1-17

スパニングツリー プロトコル 1-3

専用リンク 1-10, 1-12

利点 1-12

総合リンクおよび専用リンク 1-10

相互運用性

および FCoE 1-16, 1-17

定義済み

FCoE のポリシー 1-13

デフォルト モード

Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ 1-16

統合リンク 1-10, 1-11

利点 1-11

ドメイン ID

制限 1-17

ネイティブ

ファブリック サービス 1-17

ネットワークの中断 1-2

ハイ アベイラビリティ(HA) 1-2

バッファ割り当て

FCoE COS 用の設定 1-9

FCoE 用 1-9

および QoS の設定 1-13

ファイバ チャネル

HBA 1-6

ユニファイド ポート 1-13

拡張モジュールでの 1-13

ポート設定要件 1-13

ユニファイド ポート コントローラ(UPC)ASIC 1-12

第 1 世代 1-12

第 2 世代 1-12

VLAN 設定の制限 1-12

リンク集約制御プロトコル(LACP) 1-6

ロード バランス 1-2