Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS オペレーション ガイド Cisco NX-OS Release 5.0(2)N1(1) および 5.0(2)N2(1)
索引
Index
発行日;2012/05/09 | 英語版ドキュメント(2012/03/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

Index

数字

10 ギガビット イーサネット

ピア リンク ポート 1-14

A

Active/Active FEX トポロジ 2-13

C

CFSoIP

設定 2-5

CFS プロトコル 2-5

Cisco Fabric Services over IP

説明 2-5

要件 2-2

Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender

vPC トポロジでの交換 1-11

新しい Fabric Extender の設置 1-12

シングルホーム接続 vPC トポロジでの交換 1-12

設置前の事前プロビジョニング 2-26

デュアルホーム接続 vPC トポロジでの交換 1-11

Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

vPC トポロジでの交換 1-10

リロード 2-26

リロード後のピアスイッチの同期 2-27

commit

コマンド

コマンド間の順序の依存関係 2-8

処理期間 2-8

正常に実行されない 2-8, 2-9, 2-31

説明 2-8

到達できないピア 2-26

ベスト プラクティス 2-8

commit コマンド 2-8

config-sync モード 2-5

サポートされるコマンド 2-6

E

Etherchannel 2-1

F

Fabric Extender(FEX)

事前プロビジョニング 2-2

FEX

A/A トポロジでの FEX の設定 2-14

Straight-Through トポロジ 2-20

プロビジョニングの方法 2-29

M

mgmt0 interface

接続を失う 2-31

mgmt0 インターフェイス 2-5

R

Role Based Access Control(RBAC)

スイッチ プロファイル要件 2-6

S

STP

タイプ 1 整合性検査 1-5

モードの不一致の例 1-4

Straight-Through トポロジ

2-20

U

User-Based アクセス コントロール

説明 2-6

V

VLAN

整合性検査 1-5

vPC

Active/Active トポロジ 2-3

peer-config-check-bypass ベストプラクティス 2-11

Straight-Through トポロジ

実行コンフィギュレーション例 2-21

vPC トポロジと Straight-Through FEX トポロジ 2-19

既存の展開 2-23

整合性検査 1-1, 2-1

設定 2-3, 2-11

トポロジ 2-1

トポロジ図 2-3

トラフィック フロー 1-16

1-17

ピア キープアライブ リンクの障害 1-15

ピアリンクの障害 2-28

不整合な設定の特定 1-6

メンバー ポートの障害 1-13

vPC 障害のシナリオ 1-12

vPC トポロジ

vPC トポロジと Straight-Through FEX トポロジでの新しい展開 2-21

異なるバージョンの Cisco NX-OS が稼動している 2-7

設定の変更 1-9

vPC の操作

説明 1-1

イニシエータ スイッチ 2-8

インポート

インポート中の設定の変更 2-9

設定をスイッチ プロファイルにインポートする方法 2-24

中止 2-9

方法 2-17, 2-24

確認チェック 2-7

キープアライブ リンク

後にピア リンク障害が続く障害 1-16

ギガビット拡張モジュール(GEM)

事前プロビジョニング 2-2

グレースフル整合性検査 1-2

説明 1-3

コンフィギュレーション モード

選択 2-33

コンフィギュレーション ロールバック 2-9

条件機能

回避策 2-31

制限 2-31

事前プロビジョニング 2-9

オフライン インターフェイス 2-16, 2-23

デュアルホーム接続トポロジでの FEX 2-17

自動検出

ステータス 1-9

説明 1-8

リロード復元の置き換え 1-8

スイッチ プロファイル 2-1

commit

要件 2-7

コマンド

サポートされない 2-6

サポートされる 2-6

コンフィギュレーション モード 2-33

作成 2-5

スイッチ プロファイルへのコマンドのコピー 2-9

制限 2-6

説明 2-5

定義 2-33

名前付け 2-6

スイッチ プロファイルをインポートするコマンド

説明 2-9

整合性検査

VLAN ごとの設定 1-5

失敗 1-7

整合性検査の失敗につながる設定の違い 1-7

ステータス 1-7

成功 1-7

ピア リンクが失われた場合の回避 1-8

設定の同期 2-1

A/A トポロジを使用した既存の展開の設定 2-17

vPC トポロジと Straight-Through FEX トポロジでの新しい展開 2-21

スイッチ vPC トポロジおよび Straight-Through FEX トポロジ(ホスト vPC) 2-19

制限 2-3

FCoE 2-3

feature コマンド 2-3

コンフィギュレーション ロールバック 2-3

設定の同期を使用した vPC トポロジの設定 2-10

設定例 2-9

注意事項 2-2

定義 2-33

デュアルホーム接続 FEX トポロジ(Active/Active FEX トポロジ)の設定 2-13

ベスト プラクティス 2-9

メリット 2-2

要件 2-2

相互排他チェック

コマンドの例外 2-7

失敗 2-7

説明 2-7

タイプ 1

インターフェイス レベルの不整合 1-5

タイプ 2

パラメータの不一致 1-2

チャネル グループ

回避策 2-32

失敗 2-32

デュアルホーム接続 A/A トポロジ

設定 2-14

同期

同期中に行われた設定変更 2-8

トラフィック フロー

vPC トポロジでのトレース 1-16

バッファ

設定ガイドライン 2-8

バッファリング

スイッチ プロファイル設定 2-8

ピア キープアライブ

設定 2-11

ピア スイッチ

A/A トポロジでの FEX の実行コンフィギュレーション 2-14

vPC トポロジでの実行コンフィギュレーション 2-11

障害 1-15

ピア リンク

後にキープアライブ リンク障害が続く障害 1-16

障害 1-14

帯域幅 1-13

ポート チャネル メンバー

ピア スイッチの要件 2-22

ポートのプロファイル 2-9

ポリシー

同期 2-22

マージ チェック 2-7

用語 2-33

リロードの遅延時間 1-8

リロード復元 1-8

vPC 整合性検査の回避 1-14