Cisco Nexus 5500 シリーズ NX-OS ファイバ チャネル コマンド リファレンス
T コマンド
T コマンド
発行日;2013/05/08 | 英語版ドキュメント(2013/01/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

T コマンド

trunk protocol enable

T コマンド

この章では、T で始まる、Cisco NX-OS ファイバ チャネル、仮想ファイバ チャネル、および Fibre Channel over Ethernet(FCoE)のコマンドについて説明します。

trunk protocol enable

ファイバ チャネル インターフェイスのトランキング プロトコルを設定するには、 trunk protocol enable コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

trunk protocol enable

no trunk protocol enable

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

トランキング プロトコルがスイッチでディセーブルの場合、そのスイッチのポートは新規トランク コンフィギュレーションを適用できません。既存のトランク設定は影響を受けません。TE ポートは引き続きトランク モードで機能しますが、(トランキング プロトコルがイネーブルのときに)事前にネゴシエートした Virtual SAN(VSAN; 仮想 SAN)のトラフィックだけをサポートします。また、このスイッチに直接接続している他のスイッチも同様に接続インターフェイスで影響を受けます。場合によっては、非トランキング ISL(スイッチ間リンク)間の異なるポート VSAN からのトラフィックを統合する必要が生じます。そのような場合は、トラフィックを結合する前に、トランキング プロトコルをディセーブルにする必要があります。

次に、トランク プロトコル機能をディセーブルにする例を示します。

switch(config)# no trunk protocol enable
 

次に、トランク プロトコル機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# trunk protocol enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show trunk protocol

トランク プロトコルのステータスを表示します。