Cisco Nexus 5500 シリーズ NX-OS ファイバ チャネル コマンド リファレンス
I コマンド
I コマンド
発行日;2013/05/08 | 英語版ドキュメント(2013/01/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

I コマンド

in-order-guarantee

install feature-set virtualization

interface fc

interface san-port-channel

interface vethernet

interface vfc

I コマンド

この章では、I で始まる、Cisco NX-OS ファイバ チャネル、仮想ファイバ チャネル、および Fibre Channel over Ethernet(FCoE)のコマンドについて説明します。

in-order-guarantee

順次配信をイネーブルにするには、 in-order-guarantee コマンドを使用します。順序どおりの配信をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

in-order-guarantee [ vsan vsan-id ]

no in-order-guarantee [ vsan vsan-id ] [ , ] [ - ]

 
構文の説明

vsan vsan-id

(任意)VSAN ID を指定します。有効な範囲は 1 ~ 4093 です。

[ , ] [ - ]

(任意)カンマで区切って複数の VSAN を入力することも、またダッシュを使用して VSAN の範囲を入力することも可能です。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

データ フレームの順次配信は、送信元の送信順と同一の順番で宛先にフレーム配信することを保証します。

次に、順序どおりの配信をスイッチ全体でイネーブルにする例を示します。

switch(config) # in-order-guarantee
 

次に、順序どおりの配信をスイッチ全体でディセーブルにする例を示します。

switch(config)# no in-order-guarantee
 

次に、順序どおりの配信を特定 VSAN でイネーブルにする例を示します。

switch(config)# in-order-guarantee vsan 3452
 

次に、順序どおりの配信を特定 VSAN でディセーブルにする例を示します。

switch(config)# no in-order-guarantee vsan 101
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show in-order-guarantee

in-order-guarantee ステータスを表示します。

 

install feature-set virtualization

スイッチ上でシスコ仮想マシンのフィーチャ セットをインストールするには、 install feature-set virtualization コマンドを使用します。シスコ仮想マシンのフィーチャ セットを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

install feature-set virtualization

no install feature-set virtualization

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン


) シスコ仮想マシン機能は、Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチでだけサポートされます。


このコマンドには、Enhanced Layer 2 ライセンスが必要です。

次に、スイッチ上でシスコ仮想マシンのフィーチャ セットをインストールする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# install feature-set virtualization
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature-set virtualization

スイッチで Cisco 仮想マシン フィーチャ セットをイネーブルにします。

show feature-set

仮想化フィーチャ セットのステータスを表示します。

show running-config

実行システム コンフィギュレーション情報を表示します。

 

interface fc

Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチのファイバ チャネル インターフェイスを設定するには、 interface fc コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface fc slot / port
channel-group { group-id [ force ] | auto }
fcdomain rcf-reject vsan vsan-id
fcsp { auto-active | auto-passive | on | off } [ timeout-period ]
fspf { cost link-cost vsan vsan-id | dead-interval seconds vsan vsan-id | hello-interval seconds
vsan vsan-id | passive vsan vsan-id | retransmit-interval seconds vsan vsan-id }
switchport

no interface fc slot / port
no channel-group { group-id [ force ] | auto }
no fcdomain rcf-reject vsan vsan-id
no fcsp { auto-active | auto-passive | on | off }
no fspf { cost link-cost vsan vsan-id | dead-interval seconds vsan vsan-id | hello-interval seconds vsan vsan-id | passive vsan vsan-id | retransmit-interval seconds vsan vsan-id }
switchport

 
構文の説明

slot / port

インターフェイスのスロット番号およびポート番号を指定します。

channel-group

ポート チャネルに追加するか、ポート チャネルから削除します。

group-id

ポート チャネル グループ番号を 1 ~ 128 の間で指定します。

force

(任意)ポートを強制的に追加します。

auto

ポート チャネルの自動作成をイネーブルにします。

fcdomain

インターフェイス モードを開始します。

rcf-reject

Reconfigure Fabric(RCF)拒否フラグを設定します。

vsan vsan-id

VSAN ID を指定します。有効な範囲は 1 ~ 4093 です。

fcsp

特定インターフェイスの Fibre Channel Security Protocol(FC-SP)パラメータを設定します。

auto-active

指定のインターフェイスを認証するため、auto-active モードを設定します。

auto-passive

指定のインターフェイスを認証するため、auto-passive モードを設定します。

on

指定のインターフェイスを認証するため、on モードを設定します。

off

指定のインターフェイスを認証するため、off モードを設定します。

timeout-period

(任意)インターフェイスを再認証するためのタイムアウト期間を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 100000 分です(0 がデフォルトで、認証は実行されません)。

fspf

FSPF パラメータを設定します。

cost link-cost

FSPF リンク コストを設定します。指定できる範囲は 1 ~ 65535 です。

dead-interval seconds

FSPF のデッド インターバルを秒単位で設定します。有効な範囲は 2 ~ 65535 です。

hello-interval seconds

FSPF の hello インターバルを設定します。指定できる範囲は 1 ~ 65535 です。

passive

インターフェイスの FSPF をディセーブル、またはイネーブルにします。

retransmit-interval seconds

FSPF の再送信インターフェイスを秒単位で設定します。指定できる範囲は 1 ~ 65535 です。

switchport

スイッチポート パラメータを設定します。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

次の形式でコマンドを入力して、インターフェイスの範囲を指定できます。

interface fc 1/1 - 5 , fc 2/5 - 7
 

インターフェイスをイネーブルにするには、 no shutdown コマンドを使用します。

interface fc コマンドを使用すると、インターフェイス コンフィギュレーション モードになります。このモードでは 5 つのコマンドを使用できます(それぞれに no 形式があります)。これらの 5 つのコマンドは、インターフェイス コンフィギュレーション モードだけで使用できます。

channel-group auto コマンドでは、ポート チャネルの自動作成がイネーブルになります。ポート チャネルの自動作成がインターフェイスに対してイネーブルになっている場合、古いソフトウェア バージョンにダウングレードする前、または手動で設定されたチャネル グループのインターフェイスを設定する前に、まずこのコンフィギュレーションをディセーブルにする必要があります。

次に、ファイバ チャネル インターフェイス 3 のポート 1 ~ 4 を設定する例を示します。

switch(config)# interface fc 3/1 - 4
 

次に、スロット 3 のポート 1 のファイバ チャネル インターフェイスをイネーブルにする例を示します。

switch(config)# interface fc 3/1
switch(config-if)# no shutdown
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface

指定のインターフェイスのインターフェイス設定を表示します。

shutdown

インターフェイスをディセーブルおよびイネーブルにします。

interface san-port-channel

Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチの SAN ポート チャネル インターフェイスを設定するには、 interface san-port-channel コマンドを使用します。デフォルトの設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface san-port-channel port

no interface san-port-channel port

 
構文の説明

port

SAN ポート チャネル インターフェイス ID。有効な範囲は 1 ~ 256 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが導入されました。

5.1(3)N1(1)

description shutdown 、および switchport キーワードは、 interface san-port-channel コマンドから分けられました。これらは個別のコマンドとして説明します。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

この例では、SAN ポート チャネル インターフェイス 3 で SAN を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface san-port-channel 3
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel mode active(SAN ポート チャネル)

アクティブ ポート チャネル ポートとして SAN ポート チャネル インターフェイスを設定します。

show interface

指定のインターフェイスのインターフェイス設定を表示します。

shutdown

インターフェイスをディセーブルおよびイネーブルにします。

switchport(SAN ポート チャネル)

SAN ポート チャネル インターフェイスのスイッチ ポート パラメータを設定します。

 

interface vethernet

仮想イーサネット(vEth)インターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始するには、 interface vethernet コマンドを使用します。仮想イーサネット インターフェイスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface vethernet veth-id [, vethernet veth-id , ...]

no interface vethernet veth-id [, vethernet veth-id , ...]

 
構文の説明

veth-id

仮想イーサネット インターフェイス番号。有効な範囲は 1~1,048,575 です。

複数の仮想イーサネット インターフェイスを指定できます。必ずカンマ(,)区切り文字を使用します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

仮想イーサネット インターフェイスを使用する前に、 feature-set virtualization コマンドを使用してスイッチの Cisco 仮想マシン機能をイネーブルにする必要があります。

Cisco Nexus 5548 スイッチでは、最大で 1000 個の仮想イーサネット インターフェイスを作成できます。スイッチで Cisco アダプタ ファブリック エクステンダ(Adapter-FEX)をディセーブルにする前に、必ずこれらのインターフェイスを削除してください。仮想イーサネット インターフェイスを削除した後、スイッチの実行コンフィギュレーションを必ずスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

次に、仮想イーサネット インターフェイス 10 のコンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface vethernet 10
switch(config-if)#
 

次に、仮想イーサネット インターフェイスを削除する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# no interface vethernet 2
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

bind

仮想イーサネット インターフェイスにインターフェイスをバインドします。

feature-set virtualization

スイッチで Cisco 仮想マシン機能をイネーブルにします。

show interface vethernet

仮想イーサネット インターフェイスの各種パラメータを表示します。

show running-config interface

インターフェイスの実行コンフィギュレーションを表示します。

 

interface vfc

Cisco Nexus 5500 シリーズ スイッチの仮想ファイバ チャネル インターフェイスを設定するには、 interface vfc コマンドを使用します。仮想ファイバ チャネル インターフェイスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

interface vfc vfc-id

no interface vfc vfc-id

 
構文の説明

vfc-id

仮想インターフェイス ID を指定します。有効な範囲は 1 ~ 8192 です。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが導入されました。

5.0(2)N1(1)

bind description 、および shutdown コマンドは interface vfc コマンドから分離されました。

5.0(2)N2(1)

仮想 E(VE)ポートのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次の形式でコマンドを入力して、インターフェイスの範囲を指定できます。

interface vfc 1 - 3, vfc 5 - 7
 

次に、仮想ファイバ チャネル インターフェイス 3 のインターフェイス コンフィギュレーション モードを入力する例を示します。

switch(config)# interface vfc 3
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

bind

インターフェイスに仮想ファイバ チャネル インターフェイスをバインドします。

description

仮想ファイバ チャネル インターフェイスの目的のサマリーを入力します。

show interface vfc

指定の VFC インターフェイス、属性、およびステータスを表示します。

shutdown

インターフェイスをディセーブルおよびイネーブルにします。

switchport(仮想ファイバ チャネル インターフェイス)

仮想ファイバ チャネル インターフェイスを仮想 E(VE)ポートとして設定します。

switchport mode trunk

イーサネット インターフェイスをトランク ポートとして設定します。