Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
新機能および変更された機能に関する情報
新機能および変更された機能に関する情報
発行日;2013/04/23 | 英語版ドキュメント(2012/07/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

新機能および変更された機能に関する情報

Cisco NX-OS リリースの新機能および変更情報

Cisco NX-OS Release 5.2(1)N1(1) の新機能および変更情報

Cisco NX-OS Release 5.1(3)N1(1) の新機能および変更情報

Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) の新機能および変更情報

Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) の新機能および変更情報

新機能および変更された機能に関する情報

この章では、Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンスの新機能および変更された機能に関するリリース固有の情報を示します。このマニュアルの最新バージョンは、次のシスコ Web サイトから入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9670/prod_command_reference_list.html

この Cisco NX-OS リリースに関する詳細は、次のシスコ Web サイトで入手できる Cisco Nexus 5000 Series Switch Release Notes を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9670/prod_release_notes_list.html

Cisco NX-OS リリースの新機能および変更情報

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「Cisco NX-OS Release 5.2(1)N1(1) の新機能および変更情報」

「Cisco NX-OS Release 5.1(3)N1(1) の新機能および変更情報」

「Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) の新機能および変更情報」

「Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) の新機能および変更情報」

Cisco NX-OS Release 5.2(1)N1(1) の新機能および変更情報

表 2 では、Cisco NX-OS Release 5.2(1)N1(1) の新機能および変更された機能を要約し、その参照先を示しています。

表 1 リリース 5.2(1)N1(1) で追加または変更された情報

機能
説明
参照先

IPv6

この機能が導入されました。

BGP A コマンド

BGP C コマンド

BGP I コマンド

BGP M コマンド

BGP R コマンド

BGP S コマンド

BGP show コマンド

EIGRP A コマンド

EIGRP I コマンド

EIGRP show コマンド

HSRP H コマンド

HSRP show コマンド

レイヤ 3 H コマンド

レイヤ 3 I コマンド

RIB および FIB C コマンド

RIB および FIB H コマンド

RIB および FIB I コマンド

RIB および FIB show コマンド

RIB および FIB T コマンド

OSPFv3

この機能が導入されました。

Cisco NX-OS Release 5.1(3)N1(1) の新機能および変更情報

表 2 では、Cisco NX-OS Release 5.1(3)N1(1) の新機能および変更された機能を要約し、その参照先を示しています。

 

表 2 リリース 5.1(3)N1(1) の新機能および変更情報

機能
説明
参照先

TCP 接続拡張機能

次のコマンドが追加されました。

ip tcp synwait-time

ip tcp synwait-time

Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) の新機能および変更情報

Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) には、新機能および変更された機能はありません。

Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) の新機能および変更情報

表 3 では、Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) の新機能および変更された機能を要約し、その参照先を示しています。

 

表 3 リリース 5.0(3)N1(1) の新機能および変更情報

機能
説明
参照先

レイヤ 3 インターフェイス

この機能が導入されました。

次のレイヤ 3 インターフェイス コマンドが導入されました。

interface ethernet(レイヤ 3)

interface loopback

no switchport

次のインターフェイス コマンドはレイヤ 3 のサポートを含むように変更されました。

interface port-channel

interface ethernet(レイヤ 3)

interface loopback

interface port-channel

no switchport

IPv4 ユニキャスト ルーティング

この機能が導入されました。

clear ip arp

clear ip interface statistics

ip address

ip arp

ip arp gratuitous

ip arp timeout

ip directed-broadcast

ip local-proxy-arp

ip port-unreachable

ip proxy-arp

ip tcp path-mtu-discovery

ip unreachables

routing-context vrf

show コマンド

Border Gateway Protocol(BGP)

このレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能が導入されました。

「A コマンド」

「B コマンド」

「C コマンド」

「E コマンド」

「F コマンド」

「I コマンド」

「L コマンド」

「M コマンド」

「N コマンド」

「P コマンド」

「R コマンド」

「S コマンド」

「show コマンド」

「T コマンド」

「V コマンド」

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)

このレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能が導入されました。

「A コマンド」

「C コマンド」

「D コマンド」

「E コマンド」

「F コマンド」

「I コマンド」

「L コマンド」

「M コマンド」

「R コマンド」

「S コマンド」

「show コマンド」

「T コマンド」

ホットスタンバイ ルータ プロトコル(HSRP)

このレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能が導入されました。

「A コマンド」

「D コマンド」

「F コマンド」

「H コマンド」

「I コマンド」

「P コマンド」

「show コマンド」

オブジェクト トラッキング

このレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能が導入されました。

「D コマンド」

「O コマンド」

「show コマンド」

「T コマンド」

「V コマンド」

Open Shortest Path First バージョン 2(OSPFv2)

このレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能が導入されました。

「A コマンド」

「C コマンド」

「D コマンド」

「F コマンド」

「H コマンド」

「I コマンド」

「L コマンド」

「M コマンド」

「P コマンド」

「R コマンド」

「S コマンド」

「show コマンド」

「T コマンド」

「V コマンド」

Routing Information Protocol(RIP)

このレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能が導入されました。

「A コマンド」

「C コマンド」

「D コマンド」

「F コマンド」

「I コマンド」

「M コマンド」

「R コマンド」

「show コマンド」

「T コマンド」

ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)および転送情報ベース(FIB)

このレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能が導入されました。

「C コマンド」

「H コマンド」

「I コマンド」

「show コマンド」

「T コマンド」

仮想ルータ冗長プロトコル(VRRP)

このレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能が導入されました。

「A コマンド」

「C コマンド」

「F コマンド」

「P コマンド」

「S コマンド」

「show コマンド」

「T コマンド」

「V コマンド」