Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
M コマンド
M コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

M コマンド

maximum-paths(RIP)

M コマンド

この章では、M で始まる Cisco NX-OS Routing Information Protocol(RIP)コマンドについて説明します。

maximum-paths(RIP)

Routing Information Protocol(RIP)がルーティング テーブルにインストールできる等価コスト パラレル ルートの最大数を設定するには、 maximum-paths コマンドを使用します。 maximum-paths コマンドを削除し、システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

maximum-paths maximum

no maximum-paths

 
構文の説明

maximum

RP がルーティング テーブル内にインストールできるパラレル ルートの最大数。指定できる範囲は 1 ~ 16 です。

 
コマンド デフォルト

8 パス

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、1 つの宛先に最大 16 の等コスト パスを許可する例を示します。

switch(config)# router rip Enterprise
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# maximum-paths 16
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family

アドレスファミリ コンフィギュレーション モードに入ります。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。