Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
D コマンド
D コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

D コマンド

default-information originate(RIP)

default-metric(RIP)

distance(RIP)

D コマンド

この章では、D で始まる Cisco NX-OS Routing Information Protocol(RIP)コマンドについて説明します。

default-information originate(RIP)

Routing Information Protocol(RIP)にデフォルト ルートを生成するには、 default-information originate コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-information originate [ always ] [ route-map map-name ]

no default-information originate

 
構文の説明

always

(任意)ルートが RIP ルーティング情報ベースにない場合、デフォルト ルートを生成します。

route-map map-name

(任意)ルートがルート マップによって許可されている場合にのみデフォルト ルートを生成します。マップ名は、63 文字以下の任意の英数字文字列です。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、条件ルート マップに合格したすべてのルートに対して、デフォルト ルート(0.0.0.0/0)を生成する例を示します。

switch(config)# router rip Enterprise
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# default-information originate route-map Condition
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family

アドレスファミリ コンフィギュレーション モードに入ります。

default-metric

RIP に再配布されたルートにメトリックを設定します。

redistribute

ルートを他のルーティング プロトコルから RIP に再配布します。

show ip rip route

RIP テーブル内のルートを表示します。

default-metric(RIP)

Routing Information Protocol(RIP)用のデフォルト メトリック値を設定するには、ルータ アドレスファミリ コンフィギュレーション モードで default-metric コマンドを使用します。デフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-metric value

no default-metric [ value ]

 
構文の説明

value

デフォルトのメトリック値。指定できる範囲は 1 ~ 15 です。

 
コマンド デフォルト

value :1

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

default-metric コマンドを redistribute コマンドと同時に使用し、すべての再配布されたルートに同じメトリック値を使用します。デフォルト メトリックは、互換性のないメトリックを持つルートを再配布するという問題を解決するために役立ちます。外部メトリックが RIP メトリックに変換されない場合、デフォルト メトリックを使用することにより、常に妥当な代替メトリックを外部メトリックに提供し、再配布を続行することができます。

次に、RIP を使用する Open Shortest Path First(OSPF)ルートをアドバタイズし、OSPF から発生した 10 の RIP メトリックを持つルートを割り当てる例を示します。

switch(config)# router rip Enterprise
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# default-metric 10
switch(config-router-af)# redistribute ospf 109 route-map FilterOSPF
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family

アドレスファミリ コンフィギュレーション モードに入ります。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

default-information originate

RIP に再配布されるルートのデフォルト ルートを生成します。

redistribute

ルートを 1 つのルーティング ドメインから他のルーティング ドメインに再配布します。

show ip rip route

RIP テーブル内のルートを表示します。

distance(RIP)

Routing Information Protocol(RIP)によって検出されたルートに割り当てるアドミニストレーティブ ディスタンスを定義するには、 distance コマンドを使用します。ディスタンスを削除し、システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

distance admin-distance

no distance admin-distance

 
構文の説明

admin-distance

RIP ルートに割り当てるアドミニストレーティブ ディスタンス。指定できる範囲は 1 ~ 255 です。

 
コマンド デフォルト

admin-distance :120

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

distance コマンドを使用し、他のプロトコル ルートに対する RIP ルートのプリファレンスを変更します。数値的に、アドミニストレーティブ ディスタンスは 1 ~ 255 の整数です。一般的に、値が高いほど信頼性のランク付けは低くなります。255 のアドミニストレーティブ ディスタンスは、ルーティング情報源がまったく信頼できないため、無視すべきであることを意味します。

次に、RIP のアドミニストレーティブ ディスタンスを設定する例を示します。

switch(config)# router rip Enterprise
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# distance 85
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family

アドレスファミリ コンフィギュレーション モードに入ります。

redistribute

ルートを 1 つのルーティング ドメインから RIP に再配布します。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。