Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
show コマンド
show コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

show コマンド

show track

show コマンド

この章では、Cisco NX-OS オブジェクト トラッキングの show コマンドについて説明します。

show track

オブジェクト トラッキングに関する情報を表示するには、 show track コマンドを使用します。

show track [ object-id ] [ interface | ip route ] [ brief ]

 
構文の説明

object-id

(任意)トラッキング ID。範囲は 1 ~ 500 です。

interface

(任意)追跡対象インターフェイスに関する情報を表示します。

ip route

(任意)追跡対象 IP ルートに関する情報を表示します。

brief

(任意)追跡対象オブジェクトに関する簡単な情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

すべての追跡対象オブジェクトに関する情報を表示します。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、追跡対象インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show track interface
 

次に、追跡対象 IP ルートに関する情報を表示する例を示します。

switch# show track ip route
 

次に、追跡対象オブジェクトに関する簡単な情報を表示する例を示します。

switch# show track brief
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

track interface

インターフェイスのステートを追跡します。

track ip route

IP ルートのステートを追跡します。