Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
D コマンド
D コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

D コマンド

delay

D コマンド

この章では、D で始まる Cisco NX-OS オブジェクト トラッキング コマンドについて説明します。

delay

オブジェクト トラッキングのステート変更を遅らせるには、 delay コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

delay { up up-time [ down down-time] | down down-time [ up up-time ]}

no delay

 
構文の説明

up up-time

アップ状態のオブジェクト追跡ステート変更を遅らせます。指定できる範囲は 0 ~ 180 秒です。

down down-time

ダウン状態のオブジェクト追跡ステート変更を遅らせます。指定できる範囲は 0 ~ 180 秒です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

オブジェクト トラック モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

delay コマンドは、オブジェクト トラッキングで追跡対象オブジェクトまたは追跡リストのアップまたはダウン ステート変更が検出されるタイミングを遅らせるために使用します。この遅延によって、ステート フラッピングが起こりにくくなります。

次に、追跡対象オブジェクトの遅延タイマーを設定する例を示します。

switch(config)# configure terminal

switch(config)# track 1 interface ethernet 1/2 line-protocol

switch(config-track)# delay up 30 down 30
switch(config-track)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

track

追跡対象オブジェクトまたは追跡リストを設定します。