Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
R コマンド
R コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

R コマンド

routing-context vrf

R コマンド

この章では、R で始まる Cisco NX-OS レイヤ 3 のインターフェイス コマンドについて説明します。

routing-context vrf

すべての EXEC コマンドの VRF 範囲を設定するには、 routing-context vrf コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

routing-context vrf vrf-name

no routing-context vrf vrf-name

 
構文の説明

vrf-name

VRF インスタンスの名前。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

デフォルト VRF

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

routing-context vrf コマンドは、すべての EXEC コマンド( show コマンドなど)の VRF スコープを設定するために使用します。この機能によって、EXEC コマンドの出力のスコープが、設定された VRF に自動的に制限されます。このスコープは、一部の EXEC コマンドで使用できる VRF キーワードによって上書きできます。

次に、EXEC コマンドを管理 VRF に制限する例を示します。

switch# routing-context vrf management
switch%management#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show routing-context

現在のルーティング コンテキストを表示します。