Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
P コマンド
P コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

P コマンド

preempt(HSRP)

priority(HSRP)

P コマンド

この章では、P で始まる Cisco NX-OS ホットスタンバイ ルータ プロトコル(HSRP)コマンドについて説明します。

preempt(HSRP)

プリエンプション遅延を設定するには、 preempt コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

preempt [ delay { minimum min-delay | reload rel-delay | sync sync-delay } ]

no preempt [ delay { minimum min-delay | reload rel-delay | sync sync-delay } ]

 
構文の説明

delay minimum min-delay

(任意)ルータがアクティブになる前にルーティング テーブルの更新が行われるよう、プリエンプションを遅らせる最小時間を秒数で指定します。デフォルト値は 0 です。

reload rel-delay

(任意)ルータのリロード後の遅延時間を指定します。この時間は、ルータ リロード後の最初のインターフェイス起動イベントにのみ適用されます。デフォルト値は 0 です。

sync sync-delay

(任意)IP 冗長性クライアントがプリエンプションを妨げることができる最小時間を秒数で指定します。この時間が経過すると、IP 冗長性クライアントの状態とは無関係にプリエンプションが発生します。デフォルト値は 0 です。

 
コマンド デフォルト

デフォルトの遅延時間はどのオプションも 0 秒です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーションまたは HSRP テンプレート モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルータがアクティブになる前にルーティング テーブルの更新が行われるよう、最小遅延時間を指定します。ルータが最初に起動したとき、ルータのルーティング テーブルは完全ではありません。高いプライオリティのルータが低いプライオリティのアクティブ ルータから hello パケットを最初に受信した場合、高いプライオリティのルータはプリエンプションを遅らせるだけです。高いプライオリティのルータが起動したときに、低いプライオリティのアクティブ ルータから hello パケットを受信しなかった場合、グループのアクティブ ルータが存在していないと見なされて、高いプライオリティのルータはただちにアクティブになります。

次に、プライオリティが 110 のルータがアクティブになるときの遅延を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 0/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
switch(config-if)# hsrp 4
switch(config-if-hsrp)# priority 110
switch(config-if-hsrp)# preempt
switch(config-if-hsrp)# authentication text sanjose
switch(config-if-hsrp)# ip 10.0.0.3
switch(config-if-hsrp)# end
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP の設定をイネーブルにします。

show hsrp

HSRP 情報を表示します。

priority(HSRP)

Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)グループ内のプライオリティ レベルを設定するには、 priority コマンドを使用します。プライオリティ レベルを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

priority level [ forwarding-threshold lower lower-value upper upper-value ]

no priority level [ forwarding-threshold lower lower-value upper upper-value ]

 
構文の説明

level

仮想ルータのインターフェイス プライオリティ。値の範囲は 1 ~ 255 です。このルータが IP アドレスのオーナーの場合は、自動的に 255 の値に設定されます。デフォルトは 100 です。

forwarding-threshold

(任意)仮想ポート チャネル(vPC)トランクへのフェールオーバーのタイミングを決定するために vPC で使用されるしきい値を設定します。

lower lower-value

(任意)下限しきい値を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 255 です。デフォルトは 1 です。

upper upper-value

(任意)上限しきい値を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 255 です。デフォルトは 255 です。

 
コマンド デフォルト

level : 100
lower-value : 1
upper-value : 255

 
コマンド モード

HSRP コンフィギュレーションまたは HSRP テンプレート モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

アクティブ ルータになる仮想ルータを制御するには、 priority コマンドを使用します。HSRP は、HSRP グループ内の全仮想ルータのプライオリティを比較し、数値的に最も高いプライオリティを持つルータを選択します。2 つの仮想ルータのプライオリティが等しい場合、HSRP は最も高い IP アドレスを持つルータを選択します。

次に、仮想ルータをプライオリティ 254 に設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 0/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
switch(config-if)# hsrp 4
switch(config-if-hsrp)# priority 254
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP の設定をイネーブルにします。

show hsrp

HSRP 情報を表示します。