Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
C コマンド
C コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

C コマンド

clear forwarding route

clear forwarding inconsistency

clear ip adjacency statistics

clear ip route

clear ipv6 adjacency statistics

clear ipv6 route

clear sockets statistics

C コマンド

この章では、C で始まる Cisco NX-OS ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)コマンドと転送情報ベース(FIB)のコマンドを示します。

clear forwarding route

フォワーディング情報を消去するには、 clear forwarding route コマンドを使用します。

clear forwarding { ip | ipv4 | ipv6 } route [ * | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

Ipv4 ルートを消去します。

ipv4

Ipv4 ルートを消去します。

ipv6

Ipv6 ルートを消去します。

*

(任意)すべてのルートを消去します。

prefix

(任意)IPv4 または IPv6 プレフィックス。IPv4 の形式は、x.x.x.x/length です。IPv6 の形式は、A:B:C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、FIB からルートをクリアする例を示します。

switch# clear forwarding ip 10.0.0.1/8
 

clear forwarding inconsistency

FIB のレイヤ 3 不一致チェッカーを消去するには、 test forwarding inconsistency コマンドを使用します。

clear forwarding inconsistency [ ip | ipv4 | ipv6 ] [ unicast ] [ vrf vrf-name ] [ module { slot | all }]

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

ip

(任意)IPv4 ルートの不一致チェックを指定します。

ipv4

(任意)IPv4 ルートの不一致チェックを指定します。

ipv6

(任意)IPv6 ルートの不一致チェックを指定します。

unicast

(任意)ユニキャスト ルートの不一致チェックを指定します。

module

(任意)1 つまたは複数のモジュールの不一致チェックを指定します。

slot

モジュール番号。範囲はプラットフォームに依存します。

all

(任意)すべてのモジュールの不一致チェックを指定します。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

次に、すべてのモジュールのレイヤ 3 不一致チェッカーを消去する例を示します。

switch# clear forwarding inconsistency module all
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding inconsistency

FIB 不一致に関する情報を表示します。

test forwarding inconsistency

転送不一致チェッカーをトリガーします。

clear ip adjacency statistics

隣接関係統計情報を消去するには、 clear ip adjacency statistics コマンドを使用します。

clear ip adjacency statistics

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

次に、隣接関係統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip adjacency statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip adjacency

隣接関係情報を表示します。

clear ip route

ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)から個々のルートをクリアするには、 clear ip route コマンドを使用します。

clear ip route [ * | addr | prefix ]] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

*

(任意)すべてのルートを消去します。

addr

(任意)このルートを消去します。形式は x.x.x.x です。

prefix

(任意)このプレフィックスを消去します。形式は x.x.x.x/length です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)コンテキスト名を指定します。名前には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip route コマンドを使用し、ルート テーブルから個々のルートを消去します。


注意 * キーワードを使用すると、ルーティングが著しく妨害されます。

次に、個々のルートをクリアする例を示します。

switch(config)# clear ip route 192.0.2.1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip route

ルート テーブル内のエントリを表示します。

clear ipv6 adjacency statistics

隣接関係統計情報を消去するには、 clear ipv6 adjacency statistics コマンドを使用します。

clear ipv6 adjacency statistics

 
構文の説明

このコマンドには、キーワードと引数はありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、隣接関係統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ipv6 adjacency statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 adjacency

隣接関係情報を表示します。

clear ipv6 route

ユニキャスト RIB から個々のルートを消去するには、 clear ipv6 route コマンドを使用します。

clear ipv6 route [ * | addr | prefix ]] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

*

(任意)すべてのルートを消去します。

addr

(任意)このルートを消去します。フォーマットは、A:B::C:D です。

prefix

(任意)このプレフィックスを消去します。形式は A:B::C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。名前には最大 63 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.2(1)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

clear ipv6 route コマンドは、ルート テーブルから個々のルートを消去するために使用します。


* キーワードを使用すると、ルーティングが著しく妨害されます。


このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、個々のルートを消去する例を示します。

switch(config)# clear ipv6 route 2001:0DB8::/8
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ipv6 route

ルート テーブル内のエントリを表示します。

clear sockets statistics

ソケット統計情報を消去するには、 clear sockets statistics コマンドを使用します。

clear sockets statistics [ all | raw | raw6 | tcp | tcp6 | udp | udp6 ]

 
構文の説明

all

(任意)すべてのソケット統計情報を消去します。

raw

(任意)未加工 IPv4 プロトコルのソケット情報を消去します。

raw6

(任意)未加工 IPv6 プロトコルのソケット情報を消去します。

tcp

(任意)TCP IPv4 プロトコルのソケット情報を消去します。

tcp6

(任意)TCP IPv6 プロトコルのソケット情報を消去します。

udp

(任意)UDP IPv4 プロトコルのソケット情報を消去します。

udp6

(任意)UDP IPv6 プロトコルのソケット情報を消去します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ライセンスが必要です。

次に、TCP ソケット統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear sockets statistics tcp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show sockets client

ソケット クライアント情報を表示します。

show sockets connection

ソケット接続に関する情報を表示します。

show sockets statistics

ソケット統計情報を表示します。