Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
S コマンド
S コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

S コマンド

shutdown(EIGRP)

stub

S コマンド

この章では、S で始まる Cisco NX-OS Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)コマンドについて説明します。

shutdown(EIGRP)

Enhanced IGRP(EIGRP)のインスタンスをシャットダウンするには、 shutdown コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

shutdown

no shutdown

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

設定を削除することなく EIGRP のインスタンスをディセーブルにするには、 shutdown コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、eigrp 209 をディセーブルにする例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# shutdown
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイスに関する情報を表示します。

 

stub

Enhanced IGRP(EIGRP)を使用して、ルータをスタブとして設定するには、 stub コマンドを使用します。EIGRP スタブ ルーティングをディセーブルにするには、コマンドの no 形式を使用します。

stub [ direct | leak-map map-name | receive-only | redistributed ]

no stub [ direct | leak-map map-name | receive-only | redistributed ]]

 
構文の説明

direct

(任意)直接接続されたルートをアドバタイズします。

leak-map map-name

(任意)リーク マップに基づいて、ダイナミック プレフィックスを許可します。

receive-only

(任意)ルータを受信専用のネイバーとして設定します。

redistributed

(任意)他のプロトコルと Autonomous System(AS; 自律システム)から再配布されたルートをアドバタイズします。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

すべての IP トラフィックを配信ルータに送信するスタブとしてルータを設定するには、 stub コマンドを使用します。

direct キーワードを指定すると、EIGRP スタブ ルーティングは接続されたルートをアドバタイズできます。このオプションは、デフォルトでイネーブルです。

receive-only キーワードは、ルータが EIGRP AS 内の他のルータとルートを共有しないように制限します。 receive-only キーワードは、あらゆるルート タイプを送信しないようにするため、他のオプションを指定できません。

redistributed キーワードを使用すると、EIGRP スタブ ルーティングで他のルーティング プロトコルおよび自律システムを送信できます。このオプションを設定しないと、EIGRP では再配布されたルートをアドバタイズしません。

stub コマンドとともに 4 つのキーワード( direct leak-map receive-only redistributed )のいずれかを使用すると、特定のキーワードで指定された他のルート タイプのみがアドバタイズされます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ルータを受信専用ネイバーとして設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 1
switch(config-router)# stub receive-only
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

show ip eigrp neighbors

EIGRP ネイバー情報を表示します。