Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス
C コマンド
C コマンド
発行日;2013/04/23 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

C コマンド

clear bgp

clear bgp dampening

clear bgp flap-statistics

clear bgp policy statistics aggregate-address

clear bgp policy statistics dampening

clear bgp policy statistics neighbor

clear bgp policy statistics redistribute

clear ip bgp

clear ip bgp dampening

clear ip bgp flap-statistics

clear ip mbgp

clear ip mbgp dampening

clear ip mbgp flap-statistics

client-to-client reflection

confederation

C コマンド

この章では、C で始まる Cisco NX-OS ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)コマンドについて説明します。

clear bgp

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルートを BGP テーブルから消去するには、 clear bgp コマンドを使用します。

clear bgp {{ ipv4 | ipv6 } { multicast | unicast } | all } { neighbor | * | as-number | peer-template name | prefix } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

ipv6

(任意)IPv6 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

all

すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

ネットワーク アドレス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D、IPv6 の場合は A:B::C:D です。

*

すべてのネイバーを消去します。

as-number

Autonomous System(AS; 自律システム)番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

peer-template name

BGP ピア テンプレートを指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length、IPv6 の場合は A:B::C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の仮想ルーティングおよび転送(VRF)コンテキスト名またはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、すべての BGP エントリをクリアする例を示します。

switch# clear bgp all *
 

 

clear bgp dampening

BGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去するには、 clear bgp dampening コマンドを使用します。

clear bgp {{ ipv4 | ipv6 } { unicast | multicast } | all } dampening [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

ipv6

(任意)IPv6 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

all

すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

(任意)選択したアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF から BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
VDC 管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ ダンプニング情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp all dampening
 

 

clear bgp flap-statistics

BGP ルート フラップ統計情報を消去するには、 clear bgp flap-statistics コマンドを使用します。

clear bgp {{ ipv4 | ipv6 } { multicast | unicast } | all } flap-statistics [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

ipv6

(任意)IPv6 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

all

すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

(任意)選択したアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A . B . C . D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A . B . C . D / length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF から BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp ipv4 multicast flap-statistics
 

 

clear bgp policy statistics aggregate-address

BGP トポロジ テーブルのポリシー統計情報を消去するには、 clear bgp policy statistics aggregate address コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics aggregate-address prefix { advertise-map | suppress-map }

 
構文の説明

prefix

サマリー アドレス。形式は、x. x . x . x または x . x . x . x / length です。指定できる範囲は 1 ~ 32 です。

advertise-map

アドバタイズ ポリシーのポリシー統計情報をクリアします。

suppress-map

抑制ポリシーのポリシー統計情報を消去します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、集約アドレスのポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp policy statistics aggregate-address 192.0.2.0/8
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics dampening

BGP ダンプニングのポリシー統計情報を消去するには、 clear bgp policy statistics dampening コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics dampening

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ダンプニングのポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp policy statistics dampening
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics neighbor

BGP ネイバーのポリシー統計情報を消去するには、 clear bgp policy statistics neighbor コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics neighbor prefix [ default-originate | { filter-list | prefix-list | route-map } { in | out }]

 
構文の説明

prefix

ネイバー アドレス。形式は x.x.x.x です。

default-originate

(任意)デフォルト開始ポリシーのポリシー統計情報を消去します。

filter-list

(任意)ネイバー フィルタ リストのポリシー統計情報を消去します。

prefix-list

(任意)ネイバー プレフィックス リストのポリシー統計情報を消去します。

route-map

(任意)ネイバー ルート マップのポリシー統計情報を消去します。

in

(任意)インバウンド ポリシー統計情報を消去します。

out

(任意)アウトバウンド ポリシー統計情報を消去します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、集約アドレスのポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp policy statistics neighbor 192.0.2.1 filter-list in
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics redistribute

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)トポロジ テーブルのポリシー統計情報をクリアするには、 clear bgp policy statistics redistribute コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics redistribute { direct | eigrp id | isis id | ospf id | rip id | static } [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

direct

直接接続されているルートのポリシー統計情報のみ消去します。

eigrp

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)のポリシー統計情報をクリアします。

isis

Intermediate-System to Intermediate-System(IS-IS)ルーティング プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

ospf

OSPF(Open Shortest Path First)プロトコルのポリシー統計情報を消去します。

rip

Routing Information Protocol(RIP)のポリシー統計情報を消去します。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報を消去します。

id

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

isis キーワードは、ルートの再配布元である IS-IS インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

all

(任意)「すべての」VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、RIP のポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp policy statistics redistribute rip 201
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear ip bgp

BGP ルートを BGP テーブルから消去するには、 clear ip bgp コマンドを使用します。

clear ip bgp { ipv4 { unicast | multicast } | all } { neighbor | * | as-number | peer-template name | prefix } [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

all

すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

ネットワーク アドレス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D、IPv6 の場合は A:B::C:D です。

*

すべての BGP ルートをクリアします。

as-number

自律システム(AS)番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

peer-template name

BGP ピア テンプレートを指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length、IPv6 の場合は A:B::C:D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF エントリから BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、IPv4 アドレス ファミリのすべての BGP エントリをクリアする例を示します。

switch# clear ip bgp *
 

 

clear ip bgp dampening

BGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去するには、 clear ip bgp dampening コマンドを使用します。

clear ip bgp [ ipv4 { unicast | multicast } | all ] dampening [ neighbor | prefix ]
[ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

unicast

(任意)ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

multicast

(任意)マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの BGP 情報を消去します。

neighbor

(任意)選択したアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF エントリから BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ ダンプニング情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip bgp dampening
 

 

clear ip bgp flap-statistics

BGP ルート フラップ統計情報を消去するには、 clear ip bgp flap-statistics コマンドを使用します。

clear ip bgp flap-statistics [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

neighbor

(任意)選択したアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF エントリから BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip bgp flap-statistics
 

 

clear ip mbgp

Multiprotocol Border Gateway Protocol(MBGP; マルチプロトコル ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを BGP テーブルから消去するには、 clear ip mbgp コマンドを使用します。

clear ip mbgp { neighbor | * | as-number | peer-template name | prefix } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

neighbor

ネットワーク アドレス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

as-number

Autonomous System(AS; 自律システム)番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

peer-template name

BGP ピア テンプレートを指定します。名前には最大 63 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、IPv4 アドレス ファミリのすべての MBGP エントリを消去する例を示します。

switch# clear ip mbgp *

clear ip mbgp dampening

MBGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去するには、 clear ip mbgp dampening コマンドを使用します。

clear ip mbgp dampening { neighbor | prefix } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

neighbor

選択されたアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、MBGP ルート フラップ ダンプニング情報を消去する例を示します。

switch# clear ip mbgp dampening

clear ip mbgp flap-statistics

MBGP ルート フラップ統計情報を消去するには、 clear ip mbgp flap-statistics コマンドを使用します。

clear ip mbgp flap-statistics { neighbor | prefix } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

neighbor

選択されたアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィックス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)インスタンスまたはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、MBGP ルート フラップ統計情報を消去する例を示します。

switch# clear ip mbgp flap-statistics

client-to-client reflection

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルート リフレクタからクライアントへのルート リフレクションをイネーブルにするか、または復元するには、client-to-client reflection コマンドを使用します。クライアント間のルート リフレクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

client-to-client reflection

no client-to-client reflection

 
構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

クライアント間のルート リフレクションは、デフォルトでイネーブルです。ルート リフレクタが設定されると、そのルート リフレクタには、クライアントから他のクライアントへのルートが反映されます。

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトでは、ルート リフレクタのクライアントは完全メッシュ化されている必要はなく、クライアントからのルートは他のクライアントに反映されます。ただし、クライアントが完全にメッシュ化されている場合、ルート リフレクションは必要ありません。この場合、クライアント間のリフレクションをディセーブルにするには no client-to-client reflection コマンドを使用します。

次に、ルータをルート リフレクタとして設定する例を示します。

switch(config)# router bgp 50000
switch(config-router)# address-family ipv4 multicast
switch(config-router-af)# client-to-client reflection
switch(config-router-af)#
 

次に、ローカル ルータをルート リフレクタとして設定し、3 つのネイバーを完全なメッシュ型として設定して、メッシュ化された BGP ネイバーのクライアント間のリフレクションをディセーブルにする例を示します。

switch(config)# router bgp 50000
switch(config-router)# neighbor 10.24.95.22 route-reflector-client
switch(config-router)# neighbor 10.24.95.23 route-reflector-client
switch(config-router)# neighbor 10.24.95.24 route-reflector-client
switch(config-router)# no bgp client-to-client reflection
switch(config-router)# end
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family(BGP ルータ)

ルータをアドレス ファミリ コンフィギュレーション モードにして、標準 IPv4 アドレス プレフィックスを使用する、BGP、RIP、スタティック ルーティング セッションなどの ルーティング セッションを設定します。

show ip bgp

BGP ルーティング テーブル内のエントリを表示します。

confederation

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)の連合パラメータを設定するには、 confederation コマンドを使用します。

confederation { identifier | peers } as-number

 
構文の説明

identifier

ルーティング ドメイン連合の自律システム(AS)番号を設定します。

peers

BGP 連合にピア AS 番号を設定します。

as-number

Autonomous System(AS; 自律システム)番号。AS 番号は、<上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> 形式の 16 ビットの整数または 32 ビットの整数です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、連合識別情報を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# router bgp 65536.33
switch(config-router)# confederation identifier 65536.33
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp

BGP に関する情報を表示します。