Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS インターフェイス コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
N コマンド
N コマンド
発行日;2012/12/06 | 英語版ドキュメント(2012/09/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

N コマンド

no switchport

N コマンド

この章では、N で始まる Cisco NX-OS インターフェイス コマンドについて説明します。

no switchport

インターフェイスをレイヤ 3 イーサネット インターフェイスとして設定するには、 no switchport コマンドを使用します。

no switchport

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更箇所

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

任意のイーサネット ポートをルーテッド インターフェイスとして設定できます。インターフェイスをレイヤ 3 インターフェイスとして設定すると、このインターフェイス上のレイヤ 2 固有の設定はすべて削除されます。

レイヤ 2 にレイヤ 3 インターフェイスを設定するには、 switchport コマンドを入力します。レイヤ 2 インターフェイスをルーテッド インターフェイスに変更する場合は、 no switchport コマンドを入力します。

次に、インターフェイスをレイヤ 3 ルーテッド インターフェイスとしてイネーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)#
 

次に、レイヤ 3 インターフェイスをレイヤ 2 インターフェイスとして設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# switchport
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

interface ethernet(レイヤ 3)

イーサネット ルーテッド インターフェイスまたはサブインターフェイスを設定します。

inteface loopback

ループバック インターフェイスを設定します。

interface port-channel

EtherChannel インターフェイスまたはサブインターフェイスを設定します。

ip address

インターフェイスに対するプライマリ IP アドレスまたはセカンダリ IP アドレスを設定します。

show interfaces

インターフェイス情報を表示します。