Cisco Nexus 5000 Series NX-OS レイヤ 2 インターフェイス コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
show コマンド
show コマンド
発行日;2012/06/17 | 英語版ドキュメント(2012/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

show コマンド

show cdp all

show cdp entry

show cdp global

show cdp interface

show cdp neighbors

show cdp traffic

show interface brief

show interface capabilities

show interface debounce

show interface ethernet

show interface loopback

show interface mac-address

show interface mgmt

show interface port-channel

show interface private-vlan mapping

show interface status err-disabled

show interface switchport

show interface switchport backup

show interface transceiver

show interface vethernet

show interface vethernet counters

show interface virtual

show interface vlan

show ip igmp snooping

show lacp

show mac address-table aging-time

show mac address-table count

show mac address-table notification

show mac address-table

show monitor session

show mvr

show mvr groups

show mvr interface

show mvr members

show mvr receiver-ports

show mvr source-ports

show port-channel capacity

show port-channel compatibility-parameters

show port-channel database

show port-channel load-balance

show port-channel summary

show port-channel traffic

show port-channel usage

show port-security

show provision

show resource

show running-config

show running-config backup

show running-config exclude-provision

show running-config flexlink

show running-config interface

show running-config monitor

show running-config port-security

show running-config spanning-tree

show running-config vlan

show running-config vtp

show spanning-tree

show spanning-tree active

show spanning-tree bridge

show spanning-tree brief

show spanning-tree detail

show spanning-tree interface

show spanning-tree mst

show spanning-tree root

show spanning-tree summary

show spanning-tree vlan

show startup-config

show startup-config backup

show startup-config exclude-provision

show startup-config flexlink

show startup-config port-security

show startup-config vtp

show svs connections

show tech-support

show tech-support port-channel

show udld

show vlan

show vlan dot1Q tag native

show vlan id

show vlan private-vlan

show vtp counters

show vtp interface

show vtp password

show vtp status

show コマンド

この章では、Cisco NX-OS のイーサネット show コマンドについて説明します。

show cdp all

Cisco Discovery Protocol(CDP)データベースのインターフェイスを表示するには、 show cdp all コマンド使用します。

show cdp all

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、CDP データベースのインターフェイスを表示する例を示します。

switch# show cdp all
mgmt0 is up
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
Ethernet1/1 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
Ethernet1/2 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
Ethernet1/3 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
Ethernet1/4 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
Ethernet1/5 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
Ethernet1/6 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
<--Output truncated-->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp

スイッチ上で CDP をイネーブルにします。

 

show cdp entry

Cisco Discovery Protocol(CDP)データベースのインターフェイスを表示するには、 show cdp entry コマンドを使用します。

show cdp entry { all | name device-name }

 
構文の説明

all

CDP データベースのすべてのインターフェイスを表示します。

name device-name

名前に一致する特定の CDP エントリを表示します。このデバイス名には最大で 256 文字の英数字を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、CDP キャッシュ内のすべてのエントリを表示する例を示します。

switch# show cdp entry all
----------------------------------------
Device ID:savbu-qa-dist-120
System Name:
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.82
Platform: cisco WS-C3750E-24TD, Capabilities: Switch IGMP Filtering
Interface: mgmt0, Port ID (outgoing port): GigabitEthernet1/0/13
Holdtime: 179 sec
 
Version:
Cisco IOS Software, C3750E Software (C3750E-UNIVERSAL-M), Version 12.2(35)SE5, RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2007 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Thu 19-Jul-07 16:17 by nachen
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 16
VTP Management Domain:
Duplex: full
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.82
 
----------------------------------------
Device ID:swor96(SSI13110AAQ)
System Name:swor96
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.1
Platform: N5K-C5010P-BF, Capabilities: Switch IGMP Filtering Supports-STP-Dispute
Interface: Ethernet1/17, Port ID (outgoing port): Ethernet1/19
Holdtime: 167 sec
 
Version:
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 5.0(3)N2(1)
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
Physical Location: snmplocation
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.96
 
----------------------------------------
Device ID:swor96(SSI13110AAQ)
System Name:swor96
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.1
Platform: N5K-C5010P-BF, Capabilities: Switch IGMP Filtering Supports-STP-Dispute
Interface: Ethernet1/18, Port ID (outgoing port): Ethernet1/20
Holdtime: 167 sec
 
Version:
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 5.0(3)N2(1)
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
Physical Location: snmplocation
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.96
 
----------------------------------------
Device ID:swor95(SSI13110AAS)
System Name:swor95
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.95
Platform: N5K-C5010P-BF, Capabilities: Switch IGMP Filtering Supports-STP-Dispute
Interface: Ethernet1/29, Port ID (outgoing port): Ethernet1/19
Holdtime: 173 sec
 
Version:
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 5.0(3)N2(1)
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
Physical Location: snmplocation
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.95
 
switch#
 

次に、CDP データベースから特定のエントリを表示する例を示します。

switch# show cdp entry name swor95(SSI13110AAS)
----------------------------------------
Device ID:swor95(SSI13110AAS)
System Name:swor95
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.95
Platform: N5K-C5010P-BF, Capabilities: Switch IGMP Filtering Supports-STP-Dispute
Interface: Ethernet1/29, Port ID (outgoing port): Ethernet1/19
Holdtime: 173 sec
 
Version:
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 5.0(3)N2(1)
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
Physical Location: snmplocation
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.95
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp

スイッチ上で CDP をイネーブルにします。

show cdp global

Cisco Discovery Protocol(CDP)のグローバル パラメータを表示するには、 show cdp global コマンドを使用します。

show cdp global

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、CDP のグローバル パラメータを表示する例を示します。

switch# show cdp global
Global CDP information:
CDP enabled globally
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
CDPv2 advertisements is enabled
DeviceID TLV in System-Name(Default) Format
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp

スイッチ上で CDP をイネーブルにします。

show cdp interface

インターフェイスの Cisco Discovery Protocol(CDP)パラメータを表示するには、 show cdp interface コマンドを使用します。

show cdp interface { ethernet slot / port | mgmt mgmt-num }

 
構文の説明

ethernet slot / port

イーサネット インターフェイスを指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

mgmt mgmt-num

管理インターフェイスを指定します。管理インターフェイス番号は 0 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、イーサネット インターフェイスの CDP パラメータを表示する例を示します。

switch# show cdp interface ethernet 1/30
Ethernet1/30 is down
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
switch#
 

次に、管理インターフェイスの CDP パラメータを表示する例を示します。

switch# show cdp interface mgmt 0
mgmt0 is up
CDP enabled on interface
Refresh time is 60 seconds
Hold time is 180 seconds
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp

スイッチ上で CDP をイネーブルにします。

show cdp neighbors

Cisco Discovery Protocol(CDP)ネイバーを表示するには、 show cdp neighbors コマンドを使用します。

show cdp neighbors [ interface { ethernet slot / port | mgmt mgmt-num }] [ detail ]

 
構文の説明

interface

(任意)インターフェイス、イーサネット、または管理の CDP ネイバー情報を表示します。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスの CDP ネイバー情報を表示します。スロット番号は 1~255、ポート番号は 1~128 です。

mgmt mgmt-num

(任意)管理インターフェイスの CDP ネイバー情報を表示します。管理インターフェイス番号は 0 です。

detail

(任意)CDP ネイバーに関する詳細情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての CDP ネイバーを表示する例を示します。

switch# show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
s - Supports-STP-Dispute, M - Two-port Mac Relay
 
 
Device ID Local Intrfce Hldtme Capability Platform Port ID
savbu-qa-dist-120 mgmt0 177 S I WS-C3750E-24T Gig1/0/13
swor96(SSI13110AAQ) Eth1/17 165 S I s N5K-C5010P-BF Eth1/19
 
swor96(SSI13110AAQ) Eth1/18 165 S I s N5K-C5010P-BF Eth1/20
 
swor95(SSI13110AAS) Eth1/29 171 S I s N5K-C5010P-BF Eth1/19
 
switch#
 

次に、特定のイーサネット インターフェイスの CDP ネイバーを表示する例を示します。

switch# show cdp neighbors interface ethernet 1/29
Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
s - Supports-STP-Dispute, M - Two-port Mac Relay
 
 
Device ID Local Intrfce Hldtme Capability Platform Port ID
swor95(SSI13110AAS) Eth1/29 146 S I s N5K-C5010P-BF Eth1/19
 
switch#
 

次に、特定のイーサネット インターフェイスの CDP ネイバーに関する詳細情報を表示する例を示します。

switch# show cdp neighbors interface ethernet 1/29 detail
----------------------------------------
Device ID:swor95(SSI13110AAS)
System Name:swor95
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.95
Platform: N5K-C5010P-BF, Capabilities: Switch IGMP Filtering Supports-STP-Disput
e
Interface: Ethernet1/29, Port ID (outgoing port): Ethernet1/19
Holdtime: 141 sec
 
Version:
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 5.0(3)N2(1)
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
Physical Location: snmplocation
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.95
 
switch#
 

次に、管理インターフェイスの CDP ネイバーを表示する例を示します。

switch# show cdp neighbors interface mgmt 0
Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
s - Supports-STP-Dispute, M - Two-port Mac Relay
 
 
Device ID Local Intrfce Hldtme Capability Platform Port ID
savbu-qa-dist-120 mgmt0 126 S I WS-C3750E-24T Gig1/0/13
 
switch#
 

次に、管理インターフェイスの CDP ネイバーの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show cdp neighbors interface mgmt 0 detail
----------------------------------------
Device ID:savbu-qa-dist-120
System Name:
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.82
Platform: cisco WS-C3750E-24TD, Capabilities: Switch IGMP Filtering
Interface: mgmt0, Port ID (outgoing port): GigabitEthernet1/0/13
Holdtime: 179 sec
 
Version:
Cisco IOS Software, C3750E Software (C3750E-UNIVERSAL-M), Version 12.2(35)SE5, R
ELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2007 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Thu 19-Jul-07 16:17 by nachen
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 16
VTP Management Domain:
Duplex: full
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.82
 
switch#
 

次に、すべての CDP ネイバーの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show cdp neighbors detail
----------------------------------------
Device ID:savbu-qa-dist-120
System Name:
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.82
Platform: cisco WS-C3750E-24TD, Capabilities: Switch IGMP Filtering
Interface: mgmt0, Port ID (outgoing port): GigabitEthernet1/0/13
Holdtime: 128 sec
 
Version:
Cisco IOS Software, C3750E Software (C3750E-UNIVERSAL-M), Version 12.2(35)SE5, R
ELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2007 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Thu 19-Jul-07 16:17 by nachen
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 16
VTP Management Domain:
Duplex: full
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.82
 
----------------------------------------
Device ID:swor96(SSI13110AAQ)
System Name:swor96
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.1
Platform: N5K-C5010P-BF, Capabilities: Switch IGMP Filtering Supports-STP-Disput
e
Interface: Ethernet1/17, Port ID (outgoing port): Ethernet1/19
Holdtime: 175 sec
 
Version:
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 5.0(3)N2(1)
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
Physical Location: snmplocation
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.96
 
----------------------------------------
Device ID:swor96(SSI13110AAQ)
System Name:swor96
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.1
Platform: N5K-C5010P-BF, Capabilities: Switch IGMP Filtering Supports-STP-Disput
e
Interface: Ethernet1/18, Port ID (outgoing port): Ethernet1/20
Holdtime: 175 sec
 
Version:
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 5.0(3)N2(1)
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
Physical Location: snmplocation
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.96
 
----------------------------------------
Device ID:swor95(SSI13110AAS)
System Name:swor95
Interface address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.95
Platform: N5K-C5010P-BF, Capabilities: Switch IGMP Filtering Supports-STP-Disput
e
Interface: Ethernet1/29, Port ID (outgoing port): Ethernet1/19
Holdtime: 121 sec
 
Version:
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software, Version 5.0(3)N2(1)
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
Physical Location: snmplocation
Mgmt address(es):
IPv4 Address: 192.168.0.95
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp

スイッチ上で CDP をイネーブルにします。

show cdp traffic

Cisco Discovery Protocol(CDP)トラフィック統計情報を表示するには、 show cdp traffic コマンドを使用します。

show cdp traffic interface { ethernet slot / port | mgmt mgmt-num }}

 
構文の説明

interface

インターフェイス、イーサネット、または管理の CDP トラフィック統計情報を表示します。

ethernet slot / port

イーサネット インターフェイスの CDP トラフィック統計情報を表示します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

mgmt mgmt-num

管理インターフェイスの CDP トラフィック統計情報を表示します。管理インターフェイス番号は 0 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、イーサネット インターフェイスの CDP トラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show cdp traffic interface ethernet 1/29
----------------------------------------
Traffic statistics for Ethernet1/29
Input Statistics:
Total Packets: 3203
Valid CDP Packets: 3203
CDP v1 Packets: 0
CDP v2 Packets: 3203
Invalid CDP Packets: 0
Unsupported Version: 0
Checksum Errors: 0
Malformed Packets: 0
 
Output Statistics:
Total Packets: 3203
CDP v1 Packets: 0
CDP v2 Packets: 3203
Send Errors: 0
 
switch#
 

次に、管理インターフェイスの CDP トラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show cdp traffic interface mgmt 0
----------------------------------------
Traffic statistics for mgmt0
Input Statistics:
Total Packets: 3201
Valid CDP Packets: 3201
CDP v1 Packets: 0
CDP v2 Packets: 3201
Invalid CDP Packets: 0
Unsupported Version: 0
Checksum Errors: 0
Malformed Packets: 0
 
Output Statistics:
Total Packets: 3201
CDP v1 Packets: 0
CDP v2 Packets: 3201
Send Errors: 0
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cdp

スイッチ上で CDP をイネーブルにします。

show interface brief

インターフェイス設定情報の簡単なサマリーを表示するには、 show interface brief コマンドを使用します。

show interface brief

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスのサポートが追加されました。

5.1(3)N1(1)

FabricPath ポートを表示するサポートが追加されました。

次に、指定されたインターフェイスの設定情報のサマリーを表示する例を示します。

switch# show interface brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 1 eth trunk up none 10G(D) 4000
Eth1/2 1 eth trunk up none 10G(D) 4000
Eth1/3 1 eth trunk up none 10G(D) 4000
Eth1/4 1 eth trunk up none 10G(D) 4000
Eth1/5 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/6 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/7 1 eth trunk up none 10G(D) 10
Eth1/8 1 eth trunk up none 10G(D) 10
Eth1/9 1 eth trunk up none 10G(D) 10
Eth1/10 1 eth trunk up none 10G(D) 10
Eth1/11 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/12 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/13 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/14 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/15 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/16 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/17 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/18 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/19 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/20 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/21 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/22 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/23 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/24 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/25 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/26 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/27 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/28 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/29 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/30 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/31 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/32 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/33 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/34 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/35 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/36 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/37 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/38 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/39 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/40 1 eth trunk up none 10G(D) --
Eth2/1 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth2/2 1 eth access up none 10G(D) --
Eth2/3 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth2/4 1 eth access up none 10G(D) --
Eth2/5 1 eth access up none 10G(D) --
Eth2/6 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port-channel VLAN Type Mode Status Reason Speed Protocol
Interface
--------------------------------------------------------------------------------
Po10 1 eth trunk up none a-10G(D) lacp
Po4000 1 eth trunk up none a-10G(D) lacp
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port VRF Status IP Address Speed MTU
--------------------------------------------------------------------------------
mgmt0 -- up 192.168.10.37 100 1500
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Secondary VLAN(Type) Status Reason
-------------------------------------------------------------------------------
Vlan1 -- down Administratively down
 
switch#
 

次に、ルーテッド インターフェイスなどのインターフェイスのコンフィギュレーション情報を要約で表示する例を示します。

switch# show interface brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/2 1 eth trunk up none 10G(D) --
Eth1/3 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/4 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/5 -- eth routed up none 10G(D) --
Eth1/5.2 -- eth routed down Configuration Incomplete 10G(D) --
Eth1/6 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/7 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/8 1 eth trunk up none 10G(D) 100
Eth1/9 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/10 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/11 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/12 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/13 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/14 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/15 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/16 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/17 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/18 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/19 1 eth fabric up none 10G(D) --
Eth1/20 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/21 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/22 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/23 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/24 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/25 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/26 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/27 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/28 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/29 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/30 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/31 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/32 1 eth access up none 10G(D) --
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port-channel VLAN Type Mode Status Reason Speed Protocol
Interface
--------------------------------------------------------------------------------
Po100 1 eth trunk up none a-10G(D) none
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port VRF Status IP Address Speed MTU
--------------------------------------------------------------------------------
mgmt0 -- up 172.29.231.33 1000 1500
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Secondary VLAN(Type) Status Reason
-------------------------------------------------------------------------------
Vlan1 -- up --
Vlan100 -- up --
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth100/1/1 1 eth access up none 10G(D) --
Eth100/1/2 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/3 1 eth access up none 10G(D) --
Eth100/1/4 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/5 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/6 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/7 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/8 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/9 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/10 1 eth access up none 10G(D) --
Eth100/1/11 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/12 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/13 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/14 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/15 1 eth access up none 10G(D) --
Eth100/1/16 1 eth access down Link not connected auto(D) --
 
--------------------------------------------------------------------------------
Interface Status Description
--------------------------------------------------------------------------------
Lo10 up --
switch#
 

この表示では次の点に注意してください。

イーサネット 1/5 はレイヤ 3 対応インターフェイスです。この表示では、設定済みのレイヤ 3 インターフェイスとしてインターフェイスを識別するうえで次のフィールドが役に立ちます。

Mode:routed

Status:up

Reason:none

イーサネット 1/5.2 はレイヤ 3 サブインターフェイスです。ただし、インターフェイスはレイヤ 3 設定に対応していません(Status:down)。

インターフェイス Lo10 はレイヤ 3 のループバック インターフェイスです。

次に、Cisco NX-OS Release 5.1(3)N1(1) を実行しているスイッチに FabricPath インターフェイスとして設定したインターフェイスの要約を表示する例を示します。

switch# show interface brief
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch#
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 1 eth access down SFP not inserted 1000(D) --
Eth1/2 -- eth routed down SFP not inserted 1000(D) --
Eth1/3 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/4 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/5 1 eth f-path down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/6 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/7 1 eth fabric down Link not connected 10G(D) --
Eth1/8 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/9 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/10 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/11 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/12 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/13 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/14 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/15 1 eth pvlan up none 1000(D) --
Eth1/16 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/17 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
switch#
 

この表示では、イーサネット 1/5 に「f-path」として表示されるモードがありますが、これはこのイーサネットが FabricPath ポートとして設定されていることを示しています。

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface ethernet

イーサネット IEEE 802.3 インターフェイスを設定します。

 

show interface capabilities

イーサネットの機能に関する詳細情報を表示するには、 show interface capabilities コマンドを使用します。

show interface ethernet slot / port capabilities

 
構文の説明

ethernet slot / port

イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を指定します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show interface capabilities コマンドは、物理インターフェイスに対してのみ使用できます。

次に、特定のインターフェイスのインターフェイス機能を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/1 capabilities
Ethernet1/1
Model: N5K-C5020P-BF-XL-SU
Type (SFP capable): SFP-H10GB-CU1M
Speed: 1000,10000
Duplex: full
Trunk encap. type: 802.1Q
Channel: yes
Broadcast suppression: percentage(0-100)
Flowcontrol: rx-(off/on),tx-(off/on)
Rate mode: none
QOS scheduling: rx-(6q1t),tx-(1p6q0t)
CoS rewrite: no
ToS rewrite: no
SPAN: yes
UDLD: yes
Link Debounce: yes
Link Debounce Time: yes
MDIX: no
Pvlan Trunk capable: yes
TDR capable: no
Port mode: Switched
FEX Fabric: yes
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface ethernet

イーサネット IEEE 802.3 インターフェイスを設定します。

show interface debounce

すべてのインターフェイスのデバウンス時間情報を表示するには、 show interface debounce コマンドを使用します。

show interface debounce

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、すべてのインターフェイスのデバウンス ステータスを表示する例を示します。

switch# show interface debounce
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port Debounce time Value(ms)
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 enable 100
Eth1/2 enable 100
Eth1/3 enable 100
Eth1/4 enable 100
Eth1/5 enable 100
Eth1/6 enable 100
Eth1/7 enable 100
Eth1/8 enable 100
Eth1/9 enable 100
Eth1/10 enable 100
Eth1/11 enable 100
Eth1/12 enable 100
Eth1/13 enable 100
Eth1/14 enable 100
Eth1/15 enable 100
Eth1/16 enable 100
Eth1/17 enable 100
Eth1/18 enable 100
Eth1/19 enable 100
Eth1/20 enable 100
Eth1/21 enable 100
Eth1/22 enable 100
Eth1/23 enable 100
Eth1/24 enable 100
Eth1/25 enable 100
Eth1/26 enable 100
Eth1/27 enable 100
Eth1/28 enable 100
Eth1/29 enable 100
Eth1/30 enable 100
Eth1/31 enable 100
Eth1/32 enable 100
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

link debounce

インターフェイス上のデバウンス タイマーをイネーブルにします。

show interface ethernet

インターフェイス設定に関する情報を表示するには、 show interface ethernet コマンドを使用します。

show interface ethernet slot / port [ . subintf-port-no ] [ brief | counters | description | status | switchport ]

 
構文の説明

slot / port

イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を指定します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

.

(任意)サブインターフェイスの区切り文字を指定します。

(注) このキーワードは、レイヤ 3 インターフェイスに適用されます。

subintf-port-no

(任意)サブインターフェイスのポート番号。有効な範囲は 1 ~ 48 です。

(注) この引数は、レイヤ 3 インターフェイスに適用されます。

brief

(任意)インターフェイスに関する要約情報を表示します。

counters

(任意)インターフェイスに設定されているカウンタに関する情報を表示します。

description

(任意)インターフェイス設定の説明を表示します。

status

(任意)インターフェイスの動作ステートを表示します。

switchport

(任意)インターフェイスのスイッチポート情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

インターフェイスのすべての情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスおよびサブインターフェイスのサポートが追加されました。

switchport キーワードが追加されました。

次に、指定されたインターフェイスの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/1
Ethernet1/1 is up
Hardware: 1000/10000 Ethernet, address: 000d.ece7.df48 (bia 000d.ece7.df48)
MTU 1500 bytes, BW 10000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA
Port mode is fex-fabric
full-duplex, 10 Gb/s, media type is 1/10g
Beacon is turned off
Input flow-control is off, output flow-control is off
Rate mode is dedicated
Switchport monitor is off
Last link flapped 09:03:57
Last clearing of "show interface" counters never
30 seconds input rate 2376 bits/sec, 0 packets/sec
30 seconds output rate 1584 bits/sec, 0 packets/sec
Load-Interval #2: 5 minute (300 seconds)
input rate 1.58 Kbps, 0 pps; output rate 792 bps, 0 pps
RX
0 unicast packets 10440 multicast packets 0 broadcast packets
10440 input packets 11108120 bytes
0 jumbo packets 0 storm suppression packets
0 runts 0 giants 0 CRC 0 no buffer
0 input error 0 short frame 0 overrun 0 underrun 0 ignored
0 watchdog 0 bad etype drop 0 bad proto drop 0 if down drop
0 input with dribble 0 input discard
0 Rx pause
TX
0 unicast packets 20241 multicast packets 105 broadcast packets
20346 output packets 7633280 bytes
0 jumbo packets
0 output errors 0 collision 0 deferred 0 late collision
0 lost carrier 0 no carrier 0 babble
0 Tx pause
1 interface resets
 
switch#
 

次に、指定されたインターフェイスに設定されているカウンタを表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/1 counters
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port InOctets InUcastPkts InMcastPkts InBcastPkts
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 17193136 0 16159 0
--------------------------------------------------------------------------------
Port OutOctets OutUcastPkts OutMcastPkts OutBcastPkts
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 11576758 0 28326 106
switch#
 

次に、指定したサブ インターフェイスの詳細なコンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/5.2
Ethernet1/5.2 is up
Hardware: 1000/10000 Ethernet, address: 0005.73a6.1dbc (bia 0005.73a6.1d6c)
Description: Eth 1/5.2 subinterfaces
Internet Address is 192.0.0.3/24
MTU 1500 bytes, BW 1500 Kbit, DLY 2000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation 802.1Q Virtual LAN, Vlan ID 100
EtherType is 0x8100
 
switch#
 

次に、指定したサブ インターフェイスのコンフィギュレーション情報を要約で表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/5.2 brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/5.2 100 eth routed up none 10G(D) --
switch#
 

次に、指定のサブインターフェイスの目的を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/5.2 description
 
-------------------------------------------------------------------------------
Port Type Speed Description
-------------------------------------------------------------------------------
Eth1/5.2 eth 10G Eth 1/5.2 subinterfaces
switch#
 

次に、特定のインターフェイスのスイッチポート情報を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/2 switchport
Name: Ethernet1/2
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: trunk
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-800
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
Monitor destination rate-limit: 1G
 
switch#
 

上記の出力では、Monitor destination rate-limit フィールドは、Cisco Nexus 5010 シリーズ スイッチのスイッチポート インターフェイスで設定されているレート制限を示しています。


) Monitor destination rate-limit は、Cisco Nexus 5010 シリーズ スイッチまたは Cisco Nexus 5020 シリーズ スイッチでのみ設定できます。


 
関連コマンド

コマンド
説明

interface ethernet

イーサネット IEEE 802.3 インターフェイスを設定します。

interface ethernet(レイヤ 3)

レイヤ 3 イーサネット IEEE 802.3 インターフェイスを設定します。

switchport mode vntag

イーサネット インターフェイスを VNTag ポートとして設定します。

switchport monitor rate-limit

インターフェイス上のトラフィックのレート制限を設定します。

show interface loopback

ループバック インターフェイスに関する情報を表示するには、 show interface loopback コマンドを使用します。

show interface loopback lo-number [ brief | description ]

 
構文の説明

lo-number

ループバック インターフェイス番号。指定できる範囲は 0 ~ 1023 です。

brief

(任意)ループバック インターフェイス情報の簡単なサマリーを表示します。

description

(任意)ループバック インターフェイスの説明を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、特定のループバック インターフェイスの設定情報を表示する例を示します。

switch# show interface loopback 10
loopback10 is up
Hardware: Loopback
MTU 1500 bytes, BW 8000000 Kbit, DLY 5000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation LOOPBACK
0 packets input 0 bytes
0 multicast frames 0 compressed
0 input errors 0 frame 0 overrun 0 fifo
0 packets output 0 bytes 0 underruns
0 output errors 0 collisions 0 fifo
 
switch#
 

表 1 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 1 show interface loopback のフィールドの説明

フィールド
説明

Loopback is ...

インターフェイス ハードウェアが現在アクティブであるか(キャリア検出があるか)、現在非アクティブであるか(ダウンしているか)、または、管理者によって停止されたか(管理上のダウンが行われたか)が示されます。

Hardware

ハードウェアはループバックです。

MTU

インターフェイスの最大伝送ユニット(MTU)。

BW

インターフェイスの帯域幅(kbps)。

DLY

マイクロ秒単位でのインターフェイスの遅延(DLY)。

reliability

255 を分母とする分数で表したインターフェイスの信頼性(255/255 は 100% の信頼性)。5 分間の幾何平均から算出されます。

txload

インターフェイス上の送信パケットの負荷を表す、255 を分母とする分数(255/255 は完全な飽和状態を表します)。5 分間の幾何平均から算出されています。

rxload

インターフェイス上の受信パケットの負荷を表す、255 を分母とする分数(255/255 は完全な飽和状態を表します)。5 分間の指数平均から算出します。

Encapsulation

インターフェイスに割り当てられているカプセル化方式。

LOOPBACK

ループバックが設定されているかどうかが示される。

packets input

システムが受信したエラーのないパケットの総数

bytes

システムで受信されたエラーのないパケット内のデータと MAC のカプセル化が含まれる総バイト数。

multicast frames

インターフェイスでイネーブルになっているマルチキャスト フレームの総数。

compressed

インターフェイスで圧縮されたマルチキャスト フレームの総数。

input errors

検査するインターフェイスでのデータグラムの受信を妨げたエラーの総数。これは、列挙された出力エラーの総数と整合しないことがあります。その理由は、データグラムの中には、複数のエラーが存在するものや表形式のカテゴリに具体的には該当しないものがあるからです。

frame

CRC エラーおよび整数以外のオクテット数を含む、不正な受信パケット数 シリアル回線の場合、通常、これはノイズやその他の転送上の問題による結果です。

overrun

入力速度がレシーバのデータ処理能力を超えたために、シリアル レシーバ ハードウェアが受信したデータをハードウェア バッファに格納できなかった回数。

fifo

受信方向の先入れ先出し(FIFO)エラーの数。

packets output

システムが送信したメッセージの総数

bytes

データおよび MAC カプセル化など、システムが送信したバイトの総数

underruns

遠端トランスミッタが近端ルータのレシーバの処理速度よりも速く動作した回数。これは、一部のインターフェイスでは発生しない(報告されない)ことがあります。

output errors

検査するインターフェイスに関し、発信されるデータグラムの最終的な送信を妨げたエラーの総数。一部のデータグラムには、複数のエラーがある場合があり、また、他のデータグラムには、特に表形式のカテゴリに当てはまらないエラーがある場合があるため、これは、列挙型出力エラーの合計とのバランスが取れないことがあります。

collisions

ループバック インターフェイスに衝突はありません。

fifo

送信方向の先入れ先出し(FIFO)エラーの数。

次に、特定のループバック インターフェイスの要約情報を表示する例を示します。

switch# show interface loopback 10 brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Interface Status Description
--------------------------------------------------------------------------------
loopback10 up --
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface loopback

ループバック インターフェイスを設定します。

 

show interface mac-address

MAC アドレスに関する情報を表示するには、 show interface mac-address コマンドを使用します。

show interface [ type slot / port | portchannel-no ] mac-address

 
構文の説明

type

(任意)MAC アドレスを表示する対象のインターフェイスです。 type はイーサネットまたは EtherChannel のいずれかです。

slot / port

イーサネット インターフェイスのポート番号とスロット番号。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

portchannel-no

EtherChannel 番号。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスを指定しない場合、システムはすべての MAC アドレスを表示します。

次に、スイッチ全体の MAC アドレスの情報を表示する例を示します。

switch# show interface mac-address
 
----------------------------------------------------------------------------
Interface Mac-Address Burn-in Mac-Address
----------------------------------------------------------------------------
Ethernet1/1 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e48
Ethernet1/2 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e49
Ethernet1/3 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e4a
Ethernet1/4 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e4b
Ethernet1/5 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e4c
Ethernet1/6 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e4d
Ethernet1/7 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e4e
Ethernet1/8 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e4f
Ethernet1/9 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e50
Ethernet1/10 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e51
Ethernet1/11 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e52
Ethernet1/12 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e53
Ethernet1/13 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e54
Ethernet1/14 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e55
Ethernet1/15 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e56
Ethernet1/16 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e57
Ethernet1/17 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e58
Ethernet1/18 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e59
Ethernet1/19 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e5a
Ethernet1/20 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e5b
Ethernet1/21 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e5c
Ethernet1/22 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e5d
--More--
switch#
 

次に、特定のポート チャネルの MAC アドレス情報を表示する例を示します。

switch# show interface port-channel 5 mac-address
 
------------------------------------------------------------------------
Interface Mac-Address Burn-in Mac-Address
------------------------------------------------------------------------
port-channel5 0005.9b78.6e7c 0005.9b78.6e7c
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table static

MAC アドレス テーブルにスタティック エントリを追加するか、アドレスの Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピングがディセーブルになっているスタティック MAC アドレスを設定します。

show mac address-table

MAC アドレス テーブルの情報を表示します。

 

show interface mgmt

管理インターフェイスのコンフィギュレーション情報を表示するには、 show interface mgmt コマンドを使用します。

show interface mgmt intf-num [ brief | capabilities | counters [ detailed [ all ] | errors [ snmp ]] | description | status ]

 
構文の説明

intf-num

管理インターフェイス番号。値は 0 です。

brief

(任意)管理インターフェイスのコンフィギュレーション情報を要約で表示します。

capabilities

(任意)インターフェイスの機能に関する情報を表示します。

counters

(任意)管理インターフェイスのカウンタに関する情報を表示します。

detailed

(任意)値がゼロ以外のインターフェイス カウンタについてのみ詳細情報を表示します。

all

(任意)ゼロ以外のインターフェイス カウンタをすべて表示します。

errors

(任意)送信や受信のエラー カウンタなど、インターフェイスのエラー カウンタを表示します。

snmp

(任意)値がゼロ以外のインターフェイス カウンタについて、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)の MIB 値を表示します。

description

(任意)インターフェイスの説明を表示します。

status

(任意)インターフェイスのライン ステータスを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、管理インターフェイスのコンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

switch# show interface mgmt 0
mgmt0 is up
Hardware: GigabitEthernet, address: 0005.9b74.a6c1 (bia 0005.9b74.a6c1)
Internet Address is 10.193.51.174/21
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA
full-duplex, 1000 Mb/s
EtherType is 0x0000
1 minute input rate 11336 bits/sec, 9 packets/sec
1 minute output rate 2248 bits/sec, 3 packets/sec
Rx
22722587 input packets 7487592 unicast packets 7082728 multicast packets
8152267 broadcast packets 3375124199 bytes
Tx
7618171 output packets 7283211 unicast packets 334751 multicast packets
209 broadcast packets 1056259251 bytes
 
switch#
 

次に、管理インターフェイスのコンフィギュレーション情報を要約で表示する例を示します。

switch# show interface mgmt 0 brief
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface mgmt

管理インターフェイスを設定します。

 

show interface port-channel

EtherChannel インターフェイス設定に関する情報を表示するには、 show interface port-channel コマンドを使用します。

show interface port-channel number [ . subinterface-number ] [ brief | counters | description | status ]

 
構文の説明

number

EtherChannel 番号。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

. subinterface-number

(任意)ポート チャネル サブインターフェイスの設定。EtherChannel 番号の後にドット(.)とサブインターフェイス番号を指定します。形式は次のようになります。

portchannel-number . subinterface-number

counters

(任意)EtherChannel インターフェイスに設定されているカウンタに関する情報を表示します。

description

(任意)EtherChannel インターフェイス設定の説明を表示します。

status

(任意)EtherChannel インターフェイスの動作ステートを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスおよびサブインターフェイスのサポートが追加されました。

次に、指定された EtherChannel インターフェイスの設定情報を表示する例を示します。

switch# show interface port-channel 21
port-channel21 is up
Hardware: Port-Channel, address: 000d.ece7.df72 (bia 000d.ece7.df72)
MTU 1500 bytes, BW 10000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA
Port mode is trunk
full-duplex, 10 Gb/s
Beacon is turned off
Input flow-control is on, output flow-control is on
Switchport monitor is off
Members in this channel: Eth2/3
Last clearing of "show interface" counters never
30 seconds input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 seconds output rate 352 bits/sec, 0 packets/sec
Load-Interval #2: 5 minute (300 seconds)
input rate 0 bps, 0 pps; output rate 368 bps, 0 pps
RX
0 unicast packets 0 multicast packets 0 broadcast packets
0 input packets 0 bytes
0 jumbo packets 0 storm suppression packets
0 runts 0 giants 0 CRC 0 no buffer
0 input error 0 short frame 0 overrun 0 underrun 0 ignored
0 watchdog 0 bad etype drop 0 bad proto drop 0 if down drop
0 input with dribble 0 input discard
0 Rx pause
TX
0 unicast packets 15813 multicast packets 9 broadcast packets
15822 output packets 1615917 bytes
0 jumbo packets
0 output errors 0 collision 0 deferred 0 late collision
0 lost carrier 0 no carrier 0 babble
0 Tx pause
1 interface resets
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface port-channel

EtherChannel インターフェイスを設定します。

 

show interface private-vlan mapping

プライマリ VLAN のインターフェイスのプライベート VLAN マッピングに関する情報を表示するには、 show interface private-vlan mapping コマンドを使用します。

show interface private-vlan mapping

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

プライベート VLAN を設定する前に、 feature private-vlan コマンドを使用してイネーブルにする必要があります。プライベート VLAN をイネーブルにするまで、プライベート VLAN を設定するためのコマンドは表示されません。

このコマンドは、プライマリおよびセカンダリ VLAN 間のマッピング情報を表示します。このマッピングにより、両方の VLAN がプライマリ VLAN の VLAN インターフェイスを共有できるようになります。

次に、プライマリおよびセカンダリ プライベート VLAN マッピングに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface private-vlan mapping
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature private-vlan

プライベート VLAN をイネーブルにします。

show interface switchport

プライベート VLAN 内のポートも含めた、ポートに関する情報を表示します。

show vlan

すべての VLAN に関するサマリー情報を表示します。

show vlan private-vlan

デバイス上のすべてのプライベート VLAN に関する情報を表示します。

show interface status err-disabled

インターフェイスの errdisable 状態を表示するには、 show interface status err-disabled コマンドを使用します。

show interface status err-disabled

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、インターフェイスの errdisable 状態を表示する例を示します。

switch# show interface status err-disabled
 
-----------------------------------------------------------------------
Port Name Status Reason
-----------------------------------------------------------------------
Eth114/1/27 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/28 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/29 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/30 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/31 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/32 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/33 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/34 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/35 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/36 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/39 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/40 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/41 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/42 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/43 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/44 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/45 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/46 -- down BPDUGuard errDisable
Eth114/1/47 -- down BPDUGuard errDisable
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

errdisable detect cause

errdisable(err-disabled)の検出をイネーブルにします。

errdisable recovery cause

インターフェイスでの errdisable 回復をイネーブルにします。

show interface switchport

すべてのスイッチ ポート インターフェイスに関する情報を表示するには、 show interface switchport コマンドを使用します。

show interface switchport

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

スイッチ ポート上のトラフィックのレート制限を設定するためのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

switchport monitor rate-limit 1G コマンドを使用して、次の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチにレート制限を設定できます。

Cisco Nexus 5010 シリーズ

Cisco Nexus 5020 シリーズ

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、すべてのイーサネット インターフェイスの情報を表示する例を示します。

switch# show interface switchport
Name: Ethernet1/1
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: fex-fabric
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-3967,4048-4093
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs:
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
 
Name: Ethernet1/2
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: fex-fabric
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-3967,4048-4093
Administrative private-vlan primary host-association: none
--More--
switch#
 

次に、Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) を実行しているスイッチ上のすべてのイーサネット インターフェイスの情報を表示する例を示します。

switch# show interface switchport
Name: Ethernet1/1
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: fex-fabric
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-795,900,1002-1005
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
 
Name: Ethernet1/2
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: vntag
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-795
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
 
Name: Ethernet1/3
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: trunk
Access Mode VLAN: 700 (VLAN0700)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-795
<--snip-->
:
:
Name: port-channel4000
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: access
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-795,900,1002-1005
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
 
Name: Ethernet101/1/1
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: access
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-795,900,1002-1005
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Administrative private-vlan primary host-association: none
<--Output truncated-->
switch#
 

次に、イーサネット インターフェイス 1/2 のレート制限ステータスを表示する例を示します。

switch# show interface switchport
BEND-2(config-if)# show interface switchport
Name: Ethernet1/1
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: fex-fabric
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-800,900
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
 
Name: Ethernet1/2
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: trunk
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-800
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
Monitor destination rate-limit: 1G
 
Name: Ethernet1/3
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: trunk
Access Mode VLAN: 700 (VLAN0700)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
<--Output truncated-->
switch #
 

上記の出力では、イーサネット インターフェイス 1/2 の重要なフィールドが強調表示されています。

次に、Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) を実行しているスイッチ上のイーサネット インターフェイスの音声 VLAN 情報を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/28 switchport
Name: Ethernet1/28
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: access
Access Mode VLAN: 3000 (VLAN3000)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,200,300-302,500,2001-2248,3000-3001,4049,4090
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Voice VLAN: 3
Extended Trust State : not trusted [COS = 0]
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

switchport access vlan

インターフェイスがアクセス モードの場合にアクセス VLAN を設定します。

switchport monitor rate-limit

インターフェイス上のトラフィックのレート制限を設定します。

show interface switchport backup

すべてのスイッチ ポートの Flex Link インターフェイスに関する情報を表示するには、 show interface switchport backup コマンドを使用します。

show interface switchport backup [ detail ]

 
構文の説明

detail

(任意)バックアップ インターフェイスの詳細情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての Flex Link の情報を表示する例を示します。

switch# show interface switchport backup
 
 
Switch Backup Interface Pairs:
 
Active Interface Backup Interface State
------------------------------------------------------------------------
Ethernet1/2 Ethernet1/1 Active Down/Backup Down
Ethernet1/20 Ethernet1/21 Active Down/Backup Down
port-channel300 port-channel301 Active Up/Backup Down
port-channel500 port-channel501 Active Down/Backup Down
port-channel502 port-channel503 Active Down/Backup Down
port-channel504 Ethernet2/1 Active Down/Backup Down
switch#
 

次に、すべての Flex Link の詳細情報を表示する例を示します。

switch# show interface switchport backup detail
 
 
Switch Backup Interface Pairs:
 
Active Interface Backup Interface State
------------------------------------------------------------------------
Ethernet1/2 Ethernet1/1 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 1000000 Kbit (Ethernet1/2), 10000000 Kbit (Ethernet1/1)
 
Ethernet1/20 Ethernet1/21 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 10000000 Kbit (Ethernet1/20), 10000000 Kbit (Ethernet1/21)
 
port-channel300 port-channel301 Active Up/Backup Down
Preemption Mode : forced
Preemption Delay : 35 seconds (default)
Multicast Fast Convergence : On
Bandwidth : 20000000 Kbit (port-channel300), 10000000 Kbit (port-channel
301)
 
port-channel500 port-channel501 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : On
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel500), 100000 Kbit (port-channel501)
 
port-channel502 port-channel503 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel502), 100000 Kbit (port-channel503)
 
port-channel504 Ethernet2/1 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel504), 0 Kbit (Ethernet2/1)
switch#
 

表 2 に、この出力に表示される重要なフィールドに関する説明を示します。

 

表 2 show interface switchport backup フィールドの説明

フィールド
説明

Active Interface

設定されているレイヤ 2 インターフェイス。

Backup Interface

設定するインターフェイスに対してバックアップ リンクとして動作するレイヤ 2 インターフェイス。

State

Flex Link のステータス。

Preemption Mode

バックアップ インターフェイス ペアのプリエンプション スキーム。

Preemption Delay

バックアップ インターフェイス ペア用に設定されたプリエンプション遅延。

Multicast Fast Convergence

バックアップ インターフェイスに設定された高速コンバージェンス。

Bandwidth

バックアップ インターフェイスに設定されている帯域幅。

 
関連コマンド

コマンド
説明

switchport backup interface

Flex Link を設定します。

show running-config backup

バックアップ インターフェイスの実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show running-config flexlink

Flex Link の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show interface transceiver

指定されたインスタンスに接続されたトランシーバに関する情報を表示するには、 show interface transceiver コマンドを使用します。

show interface ethernet slot / port transceiver [ details ]

 
構文の説明

ethernet slot / port

イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号に関する情報を表示します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

details

(任意)インターフェイス上のトランシーバに関する詳細情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show interface transceiver コマンドは、物理インターフェイスに対してのみ使用できます。

次に、指定されたイーサネット インターフェイスに接続されたトランシーバを表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/1 transceiver
Ethernet1/1
transceiver is present
type is SFP-H10GB-CU1M
name is CISCO-MOLEX
part number is 74752-9044
revision is 07
serial number is MOC14081360
nominal bitrate is 10300 MBit/sec
Link length supported for copper is 1 m
cisco id is --
cisco extended id number is 4
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface ethernet

イーサネット IEEE 802.3 インターフェイスを設定します。

show interface capabilities

インターフェイスの機能に関する詳細情報を表示します。

show interface vethernet

仮想イーサネット(vEth)インターフェイスのコンフィギュレーションに関する情報を表示するには、 show interface vethernet コマンドを使用します。

show interface vethernet veth-id [ brief | description | detail | mac-address | status | switchport | trunk ]

 
構文の説明

veth-id

仮想イーサネット インターフェイス番号。有効な範囲は 1~1,048,575 です。

brief

(任意)vEth インターフェイスに関する要約情報を表示します。

description

(任意)vEth インターフェイスの説明を表示します。

detail

(任意)vEth インターフェイスに関する詳細なコンフィギュレーション情報を表示します。

mac-address

(任意)vEth インターフェイスの MAC アドレスを表示します。

status

(任意)vEth インターフェイスのライン ステータスを表示します。

switchport

(任意)vEth インターフェイスのスイッチポートの情報を表示します。

trunk

(任意)vEth インターフェイスのトランク情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、指定した仮想イーサネット インターフェイスのコンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

switch# show interface vethernet 1
Vethernet1 is down (nonParticipating)
Bound Interface is --
Hardware is Virtual, address is 0005.9b74.a6c0
Port mode is access
Speed is auto-speed
Duplex mode is auto
300 seconds input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
300 seconds output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
Rx
0 unicast packets 0 multicast packets 0 broadcast packets
0 input packets 0 bytes
0 input packet drops
Tx
0 unicast packets 0 multicast packets 0 broadcast packets
0 output packets 0 bytes
0 flood packets
0 output packet drops
 
switch#
 

次に、指定した仮想イーサネット インターフェイスについての概略情報を表示する例を示します。

switch# show interface vethernet 1 brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Vethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed
--------------------------------------------------------------------------------
Veth1 1 virt access down nonParticipating auto
switch#
 

次に、指定した仮想イーサネット インターフェイスに用意されている説明を表示する例を示します。

switch# show interface vethernet 10 description
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Description
-------------------------------------------------------------------------------
Veth10 Active VIF
switch#
 

次に、指定した仮想イーサネット インターフェイスのスイッチポート情報を表示する例を示します。

switch# show interface vethernet 1 switchport
Name: Vethernet1
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: access
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Allowed: 1-3967,4048-4093
Voice VLAN: none
Extended Trust State : not trusted [COS = 0]
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface vethernet

仮想イーサネット インターフェイスを設定します。

 

show interface vethernet counters

仮想イーサネット(vEth)インターフェイス カウンタに関する情報を表示するには、 show intePreemption Delayrface vethernet counters コマンドを使用します。

show interface vethernet veth-id counters [ brief | detailed [ all ] [ snmp ] | errors [ snmp ] | snmp ]

 
構文の説明

veth-id

仮想イーサネット インターフェイス番号。有効な範囲は 1~1,048,575 です。

brief

(任意)vEth インターフェイス カウンタに関する要約情報を表示します。

detailed

(任意)値がゼロ以外の vEth インターフェイス カウンタについてのみ詳細情報を表示します。

all

(任意)ゼロ以外の vEth インターフェイス カウンタをすべて表示します。

errors

(任意)受信エラー カウンタや送信エラー カウンタなど、vEth インターフェイスのエラー カウンタを表示します。

snmp

(任意)値がゼロ以外の vEth インターフェイス カウンタについて簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)の MIB 値を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、指定した仮想イーサネット インターフェイスに設定したカウンタに関する要約情報を表示する例を示します。

switch# show interface vethernet 10 counters brief
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Input Rate (avg) Output Rate (avg)
------------------ ------------------
Rate Total Rate Total Rate averaging
MB/s Frames MB/s Frames interval (seconds)
-------------------------------------------------------------------------------
Vethernet10 0 0 0 0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface vethernet

仮想イーサネット インターフェイスを設定します。

 

show interface virtual

すべての仮想インターフェイスのステータスを表示するには、 show interface virtual コマンドを使用します。

show interface virtual {{ status | summary } [ adapter-fex | bound interface ethernet slot / port | vm-fex ]}

 
構文の説明

status

すべての仮想イーサネット インターフェイス(vEth)と浮動仮想インターフェイスのステータスを表示します。

summary

仮想イーサネット インターフェイスに関する要約情報を表示します。

adapter-fex

(任意)固定仮想イーサネット インターフェイスに関する情報を表示します。

bound interface

(任意)バインドされたインターフェイスの仮想インターフェイスに関する情報を表示します。

ethernet slot / port

(任意)特定のイーサネット インターフェイスに関する情報を表示します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

vm-fex

(任意)すべての浮動仮想インターフェイスに関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、 feature vmfex コマンドを使用して、目的のスイッチで Cisco 仮想マシン ファブリック エクステンダ(VM-FEX)を必ず有効にしてください。

次に、指定した仮想イーサネット インターフェイスに設定したカウンタに関する要約情報を表示する例を示します。

switch# show interface virtual status
Interface VIF-index Bound If Chan Vlan Status Mode Vntag
-------------------------------------------------------------------------
Total 1 Veth interfaces
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vmfex

スイッチ上で VM-FEX をイネーブルにします。

interface vethernet

仮想イーサネット インターフェイスを設定します。

show interface vlan

指定された VLAN についての簡単な説明を表示するには、 show interface vlan コマンドを使用します。

show interface vlan vlan-id [ brief | private-vlan mapping ]

 
構文の説明

vlan-id

VLAN の番号。有効な範囲は 1 ~ 4094 です。

brief

(任意)指定された VLAN のサマリー情報を表示します。

private-vlan mapping

(任意)指定された VLAN のプライベート VLAN マッピング情報(存在する場合)を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

feature interface-vlan コマンドを使用してインターフェイス VLAN をイネーブルにする必要があります。この機能をイネーブルにするまで、インターフェイス VLAN を設定するためのコマンドは表示されません。

このコマンドにより、プライベート VLAN を含む、指定された VLAN の説明が表示されます。

プライマリ プライベート VLAN を指定した場合だけに、 show interface vlan vlan-id private-vlan mapping コマンドの出力がスイッチによって表示されます。セカンダリ プライベート VLAN を指定した場合には、出力はブランクになります。

次に、指定された VLAN に関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface vlan 10
Vlan10 is up, line protocol is up
Hardware is EtherSVI, address is 0005.9b78.6e7c
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
 
switch#
 

次に、指定された VLAN の簡単な説明を表示する例を示します。

switch# show interface vlan 10 brief
 
-------------------------------------------------------------------------
Interface Secondary VLAN(Type) Status Reason
-------------------------------------------------------------------------
Vlan10 -- up --
switch#
 

次に、VLAN のプライベート VLAN マッピング情報を表示する例を示します(存在する場合)。

switch# show interface vlan 10 private-vlan mapping
 

プライマリ VLAN を指定すると、そのプライマリ VLAN にマッピングされたすべてのセカンダリ VLAN がスイッチによって表示されます。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface switchport

プライベート VLAN 内のポートも含めた、ポートに関する情報を表示します。

show vlan

すべての VLAN に関するサマリー情報を表示します。

show vlan private-vlan

すべてのプライベート VLAN のサマリー情報を表示します。

show ip igmp snooping

スイッチのインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)スヌーピング設定を表示するには、 show ip igmp snooping コマンドを使用します。

show ip igmp snooping [ explicit-tracking vlan vlan-id | groups [ detail | vlan vlan-id ] | mrouter [ vlan vlan-id ] | querier [ vlan vlan-id ] | vlan vlan-id ]

 
構文の説明

explicit-tracking

(任意)IGMPv3 ホストの明示的なホスト トラッキング ステータスに関する情報を表示します。このキーワードを指定する場合は、VLAN を指定する必要があります。

vlan vlan-id

(任意)VLAN を指定します。VLAN ID の範囲は 1 ~ 4094 です。

groups

(任意)IGMP グループ アドレスの情報を表示します。

detail

(任意)グループの詳細情報を表示します。

mrouter

(任意)ダイナミックに検出されたマルチキャスト ルータに関する情報を表示します。

querier

(任意)スヌーピング クエリアに関する情報を表示します(定義されている場合)。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、スイッチの IGMP スヌーピング設定を表示する例を示します。

switch# show ip igmp snooping
Global IGMP Snooping Information:
IGMP Snooping enabled
IGMPv1/v2 Report Suppression enabled
IGMPv3 Report Suppression disabled
Link Local Groups Suppression enabled
 
IGMP Snooping information for vlan 1
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Link Local Groups suppression enabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 1
Number of groups: 0
VLAN vPC function enabled
Active ports:
Po19 Po400 Eth170/1/17 Eth171/1/7
Eth171/1/8 Eth198/1/11 Eth199/1/13
IGMP Snooping information for vlan 300
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip igmp snooping(EXEC)

IGMP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。IGMP スヌーピングを VLAN 上でイネーブルにするには、グローバルにイネーブルにしておく必要があります。

ip igmp snooping(VLAN)

VLAN インターフェイス上で IGMP スヌーピングをイネーブルにします。

show lacp

Link Aggregation Control Protocol(LACP)情報を表示するには、 show lacp コマンドを使用します。

show lacp { counters | interface ethernet slot / port | neighbor [ interface port-channel number ] | port-channel [ interface port-channel number ] | system-identifier }

 
構文の説明

counters

LACP トラフィック統計情報に関する情報を表示します。

interface ethernet slot / port

特定のイーサネット インターフェイスの LACP 情報を表示します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

neighbor

LACP ネイバーに関する情報を表示します。

port-channel

すべての EtherChannel に関する情報を表示します。

interface port-channel number

(任意)特定の EtherChannel の情報を表示します。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

system-identifier

LACP システム ID を表示します。ID は、ポート プライオリティとデバイスの MAC アドレスが組み合わされています。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ネットワークの LACP に関する問題のトラブルシューティングを行うには、 show lacp コマンドを使用します。

次に、LACP システム ID を表示する例を示します。

switch# show lacp system-identifier
32768,0-5-9b-78-6e-7c
switch#
 

次に、特定のインターフェイスの LACP 情報を表示する例を示します。

switch# show lacp interface ethernet 1/1
Interface Ethernet1/1 is up
Channel group is 1 port channel is Po1
PDUs sent: 1684
PDUs rcvd: 1651
Markers sent: 0
Markers rcvd: 0
Marker response sent: 0
Marker response rcvd: 0
Unknown packets rcvd: 0
Illegal packets rcvd: 0
Lag Id: [ [(8000, 0-5-9b-78-6e-7c, 0, 8000, 101), (8000, 0-d-ec-c9-c8-3c, 0, 800
0, 101)] ]
Operational as aggregated link since Wed Apr 21 00:37:27 2010
 
Local Port: Eth1/1 MAC Address= 0-5-9b-78-6e-7c
System Identifier=0x8000,0-5-9b-78-6e-7c
Port Identifier=0x8000,0x101
Operational key=0
LACP_Activity=active
LACP_Timeout=Long Timeout (30s)
Synchronization=IN_SYNC
Collecting=true
Distributing=true
Partner information refresh timeout=Long Timeout (90s)
Actor Admin State=(Ac-1:To-1:Ag-1:Sy-0:Co-0:Di-0:De-0:Ex-0)
Actor Oper State=(Ac-1:To-0:Ag-1:Sy-1:Co-1:Di-1:De-0:Ex-0)
Neighbor: 1/1
MAC Address= 0-d-ec-c9-c8-3c
System Identifier=0x8000,0-d-ec-c9-c8-3c
Port Identifier=0x8000,0x101
Operational key=0
LACP_Activity=active
LACP_Timeout=Long Timeout (30s)
Synchronization=IN_SYNC
Collecting=true
Distributing=true
Partner Admin State=(Ac-0:To-1:Ag-0:Sy-0:Co-0:Di-0:De-0:Ex-0)
Partner Oper State=(Ac-1:To-0:Ag-1:Sy-1:Co-1:Di-1:De-0:Ex-0)
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear lacp counters

LACP カウンタをクリアします。

lacp port-priority

LACP の物理インターフェイスのプライオリティを設定します。

lacp system-priority

LACP のスイッチのシステム プライオリティを設定します。

 

show mac address-table aging-time

MAC アドレス テーブルのタイムアウト値に関する情報を表示するには、 show mac address-table aging-time コマンドを使用します。

show mac address-table aging-time [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

vlan vlan-id

(任意)特定の VLAN の情報を表示します。VLAN ID の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

4.2(1)N1(1)

このコマンド構文が、 show mac address-table aging-time に変更されました。

次に、MAC アドレスのエージング タイムを表示する例を示します。

switch# show mac address-table aging-time
Vlan Aging Time
----- ----------
2023 300
2022 300
2021 300
2020 300
2019 300
2018 300
2017 300
2016 300
2015 300
2014 300
2013 300
2012 300
2011 300
2010 300
2009 300
2008 300
2007 300
2006 300
2005 300
2004 300
2003 300
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table aging-time

MAC アドレス テーブル エントリのエージング タイムを設定します。

show mac address-table

MAC アドレス テーブルに関する情報を表示します。

show mac address-table count

MAC アドレス テーブル内の現在のエントリ数を表示するには、 show mac address-table count コマンドを使用します。

show mac address-table count [ address EEEE . EEEE . EEEE ] [ dynamic | static ] [ interface { ethernet slot / port | port-channel number }] [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

address EEEE.EEEE.EEEE

(任意)特定のアドレスの MAC アドレス テーブル エントリの数を表示します。

dynamic

(任意)ダイナミック MAC アドレスの数を表示します。

static

(任意)スタティック MAC アドレスの数を表示します。

interface

(任意)インターフェイスを指定します。インターフェイスは Ethernet または EtherChannel のいずれかです。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を指定します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスを指定します。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

vlan vlan-id

(任意)特定の VLAN の情報を表示します。有効な範囲は 1 ~ 4094 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

4.2(1)N1(1)

このコマンド構文が、 show mac address-table count に変更されました。

次に、MAC アドレス テーブル内の現在のダイナミック エントリ数を表示する例を示します。

switch# show mac address-table count dynamic
MAC Entries for all vlans:
Total MAC Addresses in Use: 7
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mac address-table

MAC アドレス テーブルに関する情報を表示します。

show mac address-table notification

MAC アドレス テーブルについての通知を表示するには、 show mac address-table notification コマンドを使用します。

show mac address-table notification { mac-move | threshold }

 
構文の説明

mac-move

移動された MAC アドレスについての通知メッセージを表示します。

threshold

MAC アドレス テーブルのしきい値を超えたときに送信される通知メッセージを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

4.2(1)N1(1)

このコマンド構文が show mac address-table notification に変更されました。

次に、MAC アドレス移動通知を表示する例を示します。

switch# show mac address-table notification mac-move
MAC Move Notify : disabled
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show mac address-table

MAC アドレス テーブルに関する情報を表示します。

show mac address-table

MAC アドレス テーブルに関する情報を表示するには、 show mac address-table コマンドを使用します。

show mac address-table [ address mac-address ] [ dynamic | multicast | static ] [ interface { ethernet slot / port | port-channel number } ] [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

address mac-address

(任意)特定の MAC アドレスに関する情報を表示します。

dynamic

(任意)ダイナミック MAC アドレス テーブル エントリだけに関する情報を表示します。

interface

(任意)インターフェイスを指定します。インターフェイスは Ethernet または EtherChannel のいずれかです。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を指定します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスを指定します。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

multicast

(任意)マルチキャスト MAC アドレス テーブル エントリだけに関する情報を表示します。

static

(任意)スタティック MAC アドレス テーブル エントリだけに関する情報を表示します。

vlan vlan-id

(任意)特定の VLAN の情報を表示します。VLAN ID の範囲は 1 ~ 4094 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

4.2(1)N1(1)

このコマンド構文が、 show mac address-table に変更されました。

 
使用上のガイドライン

スイッチでは、スタートアップ コンフィギュレーションに保存されたスタティック MAC アドレス エントリは再起動後も保持され、ダイナミック エントリはフラッシュされます。

次に、MAC アドレス テーブル エントリに関する情報を表示する例を示します。

switch# show mac address-table
Legend:
* - primary entry, G - Gateway MAC, (R) - Routed MAC, O - Overlay MAC
age - seconds since last seen,+ - primary entry using vPC Peer-Link
VLAN MAC Address Type age Secure NTFY Ports
---------+-----------------+--------+---------+------+----+------------------
+ 100 0000.0001.0003 dynamic 0 F F Po1
+ 100 0000.0001.0004 dynamic 0 F F Po1
+ 100 0000.0001.0009 dynamic 0 F F Po1
+ 100 0000.0001.0010 dynamic 0 F F Po1
* 1 001d.7172.6c40 dynamic 300 F F Eth100/1/20
switch#
 

次に、特定の MAC アドレスの MAC アドレス テーブル エントリに関する情報を表示する例を示します。

switch# show mac address-table address 0018.bad8.3fbd
 

次に、MAC アドレス テーブルのダイナミック エントリに関する情報を表示する例を示します。

switch# show mac address-table dynamic
Legend:
* - primary entry, G - Gateway MAC, (R) - Routed MAC, O - Overlay MAC
age - seconds since last seen,+ - primary entry using vPC Peer-Link
VLAN MAC Address Type age Secure NTFY Ports
---------+-----------------+--------+---------+------+----+------------------
+ 100 0000.0001.0003 dynamic 0 F F Po1
+ 100 0000.0001.0004 dynamic 0 F F Po1
+ 100 0000.0001.0009 dynamic 0 F F Po1
+ 100 0000.0001.0010 dynamic 0 F F Po1
* 1 001d.7172.6c40 dynamic 300 F F Eth100/1/20
switch#
 

次に、特定のインターフェイスの MAC アドレス テーブルに関する情報を表示する例を示します。

switch# show mac address-table interface ethernet 1/3
 

次に、MAC アドレス テーブルのスタティック エントリを表示する例を示します。

switch# show mac address-table static

次に、特定の VLAN の MAC アドレス テーブル エントリを表示する例を示します。

switch# show mac address-table vlan 1
Legend:
* - primary entry, G - Gateway MAC, (R) - Routed MAC, O - Overlay MAC
age - seconds since last seen,+ - primary entry using vPC Peer-Link
VLAN MAC Address Type age Secure NTFY Ports
---------+-----------------+--------+---------+------+----+------------------
* 1 001d.7172.6c40 dynamic 60 F F Eth100/1/20
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table static

MAC アドレス テーブルにスタティック エントリを追加するか、アドレスの Internet Group Management Protocol(IGMP; インターネット グループ管理プロトコル)スヌーピングがディセーブルになっているスタティック MAC アドレスを設定します。

show mac address-table aging-time

MAC アドレス テーブルのタイムアウト値に関する情報を表示します。

show mac address-table count

MAC アドレス テーブルの現在のエントリの数を表示します。

show mac address-table notifications

MAC アドレス テーブルについての通知に関する情報を表示します。

show monitor session

Switched Port Analyzer(SPAN)または Encapsulated Remote Switched Port Analyzer(ERSPAN)のセッションに関する情報を表示するには、 show monitor session コマンドを使用します。

show monitor session [ session | all [ brief ] | range range [ brief ] | status ]

 
構文の説明

session

(任意)セッションの番号。有効な範囲は 1 ~ 18 です。

all

(任意)すべてのセッションを表示します。

brief

(任意)情報の簡単なサマリーを表示します。

range range

(任意)セッションの範囲を表示します。有効な範囲は 1 ~ 18 です。

status

(任意)すべてのセッションの動作ステートを表示します。

(注) このキーワードは、SPAN セッションにのみ適用されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.1(3)N1(1)

ERSPAN のサポートが追加されました。

次に、SPAN セッション 1 に関する情報を表示する例を示します。

switch# show monitor session 1
session 1
---------------
description : A Local SPAN session
type : local
state : down (No operational src/dst)
source intf :
rx : Eth1/5
tx : Eth1/5
both : Eth1/5
source VLANs :
rx :
source VSANs :
rx :
destination ports : Eth1/21
 
Legend: f = forwarding enabled, l = learning enabled
 
switch#
 

次に、SPAN セッションに関する要約情報を表示する例を示します。

switch# show monitor session range 1 brief
session 1
---------------
description : A Local SPAN session
type : local
state : down (No operational src/dst)
source intf :
rx : Eth1/5
tx : Eth1/5
both : Eth1/5
source VSANs :
destination ports : Eth1/21
 
Legend: f = forwarding enabled, l = learning enabled
 
switch#
 

次に、Cisco NX-OS Release 5.1(3)N1(1) を実行しているスイッチの ERSPAN セッションに関する情報を表示する例を示します。

switch# show monitor session 1
session 1
---------------
description : ERSPAN Source configuration
type : erspan-source
state : down (No valid global IP Address)
flow-id : 1
vrf-name : default
destination-ip : 192.0.2.1
ip-ttl : 255
ip-dscp : 0
origin-ip : origin-ip not specified
source intf :
rx : Eth1/5
tx : Eth1/5
both : Eth1/5
source VLANs :
rx : 5
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

monitor session

新しいスイッチド ポート アナライザ(SPAN)セッション設定が作成されます。

show running-config monitor

SPAN セッションに関する実行コンフィギュレーション情報を表示します。

 

show mvr

マルチキャスト VLAN レジストレーション(MVR)に関する情報を表示するには、 show mvr コマンドを使用します。

show mvr

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、MVR に関する情報を表示する例を示します。

switch# show mvr
MVR Status : enabled
Global MVR VLAN : 5
Number of MVR VLANs : 1
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mvr group

インターフェイスの MVR グループを設定します。

mvr type

インターフェイスの MVR ポート タイプを設定します。

mvr vlan

インターフェイスの MVR VLAN を設定します。

show mvr groups

MVR グループを表示します。

show mvr members

アクティブな MVR グループを表示します。

 

show mvr groups

マルチキャスト VLAN レジストレーション(MVR)グループに関する情報を表示するには、 show mvr groups コマンドを使用します。

show mvr groups

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、MVR グループに関する情報を表示する例を示します。

switch# show mvr groups
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mvr group

インターフェイスの MVR グループを設定します。

mvr type

インターフェイスの MVR ポート タイプを設定します。

mvr vlan

インターフェイスの MVR VLAN を設定します。

show mvr members

アクティブな MVR グループを表示します。

 

show mvr interface

マルチキャスト VLAN レジストレーション(MVR)インターフェイスに関する情報を表示するには、 show mvr の interfaces コマンドを使用します。

show mvr interface [ ethernet slot / port | port-channel channel-num | vethernet veth-num ]

 
構文の説明

ethernet slot / port

(任意)イーサネット IEEE 802.3z インターフェイスに関する情報を表示します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel channel-num

(任意)EtherChannel インターフェイスに関する情報を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

vethernet veth-num

(任意)仮想イーサネット インターフェイスに関する情報を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、MVR インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show mvr interface
a) Interface is not a switchport.
b) MVR receiver is not in access, pvlan host or pvlan promiscuous mode.
c) MVR source is in fex-fabric mode.
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mvr group

インターフェイスの MVR グループを設定します。

mvr type

インターフェイスの MVR ポート タイプを設定します。

mvr vlan

インターフェイスの MVR VLAN を設定します。

show mvr members

アクティブな MVR グループを表示します。

 

show mvr members

アクティブなマルチキャスト VLAN レジストレーション(MVR)グループを表示するには、 show mvr members コマンドを使用します。

show mvr members [ count | interface [ ethernet slot / port | port-channel channel-num | vethernet veth-num ] | vlan vlan-ID ]

 
構文の説明

count

(任意)各 MVR VLAN のアクティブな MVR グループを表示します。

interface

(任意)インターフェイスに設定されているアクティブな MVR グループを表示します。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット IEEE 802.3z インターフェイスに設定されているアクティブな MVR グループを表示します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel channel-num

(任意)EtherChannel インターフェイスに設定されているアクティブな MVR グループを表示します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

vethernet veth-num

(任意)仮想イーサネット インターフェイスに設定されているアクティブな MVR グループを表示します。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

vlan vlan-ID

(任意)VLAN のアクティブな MVR グループを表示します。有効な範囲は 1 ~ 4094 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、アクティブな MVR グループを表示する例を示します。

switch# show mvr members
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mvr group

インターフェイスの MVR グループを設定します。

mvr type

インターフェイスの MVR ポート タイプを設定します。

mvr vlan

インターフェイスの MVR VLAN を設定します。

show mvr

MVR に関する一般情報を表示します。

 

show mvr receiver-ports

マルチキャスト VLAN レジストレーション(MVR)の受信ポートを表示するには、 show mvr receiver-ports コマンドを使用します。

show mvr receiver-ports [ ethernet slot / port | port-channel channel-num | vethernet veth-num ]

 
構文の説明

ethernet slot / port

(任意)イーサネットの IEEE 802.3z インターフェイスの MVR 受信ポートを表示します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel channel-num

(任意)EtherChannel インターフェイスの MVR 受信ポートを表示します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

vethernet veth-num

(任意)仮想イーサネット インターフェイスの MVR 受信ポートを表示します。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、MVR レシーバ ポートを表示する例を示します。

switch# show mvr receiver-ports
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mvr group

インターフェイスの MVR グループを設定します。

mvr type

インターフェイスの MVR ポート タイプを設定します。

mvr vlan

インターフェイスの MVR VLAN を設定します。

show mvr

MVR に関する一般情報を表示します。

show mvr members

アクティブな MVR グループを表示します。

 

show mvr source-ports

マルチキャスト VLAN レジストレーション(MVR)の送信元ポートを表示するには、 show mvr source-ports コマンドを使用します。

show mvr source-ports [ ethernet slot / port | port-channel channel-num | vethernet veth-num ]

 
構文の説明

ethernet slot / port

(任意)イーサネットの IEEE 802.3z インターフェイスの MVR 送信元ポートを表示します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel channel-num

(任意)EtherChannel インターフェイスの MVR 送信元ポートを表示します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

vethernet veth-num

(任意)仮想イーサネット インターフェイスの MVR 送信元ポートを表示します。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、MVR 送信元ポートを表示する例を示します。

switch# show mvr source-ports
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mvr group

インターフェイスの MVR グループを設定します。

mvr type

インターフェイスの MVR ポート タイプを設定します。

mvr vlan

インターフェイスの MVR VLAN を設定します。

show mvr

MVR に関する一般情報を表示します。

show mvr members

アクティブな MVR グループを表示します。

show mvr receiver-ports

MVR 受信ポートを表示します。

 

show port-channel capacity

EtherChannel インターフェイスおよび未使用または使用済み EtherChannel インターフェイスの合計数を表示するには、 show port-channel capacity コマンドを使用します。

show port-channel capacity

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、EtherChannel の機能を表示する例を示します。

switch# show port-channel capacity
Port-channel resources
768 total 29 used 739 free 3% used
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel load-balance ethernet

EtherChannel のロードバランシング アルゴリズムを設定します。

show tech-support port-channel

EtherChannel に関するシスコ テクニカル サポート情報を表示します。

show port-channel compatibility-parameters

EtherChannel インターフェイスに加わるために、メンバ ポート内で同じである必要があるパラメータを表示するには、 show port-channel compatibility-parameters コマンドを使用します。

show port-channel compatibility-parameters

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、EtherChannel インターフェイス パラメータを表示する例を示します。

switch# show port-channel compatibility-parameters
* port mode
 
Members must have the same port mode configured.
 
* port mode
 
Members must have the same port mode configured, either E,F or AUTO. If
they are configured in AUTO port mode, they have to negotiate E or F mode
when they come up. If a member negotiates a different mode, it will be
suspended.
 
* speed
 
Members must have the same speed configured. If they are configured in AUTO
speed, they have to negotiate the same speed when they come up. If a member
negotiates a different speed, it will be suspended.
 
* MTU
 
Members have to have the same MTU configured. This only applies to ethernet
port-channel.
 
* shut lan
 
Members have to have the same shut lan configured. This only applies to
ethernet port-channel.
 
* MEDIUM
 
Members have to have the same medium type configured. This only applies to
ethernet port-channel.
 
* Span mode
 
Members must have the same span mode.
 
* load interval
 
Member must have same load interval configured.
--More--
<---output truncated--->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel load-balance ethernet

EtherChannel のロードバランシング アルゴリズムを設定します。

show tech-support port-channel

EtherChannel に関するシスコ テクニカル サポート情報を表示します。

show port-channel database

1 つまたは複数の EtherChannel インターフェイスの集約ステートを表示するには、 show port-channel database コマンドを使用します。

show port-channel database [ interface port-channel number [ . subinterface-number ]]

 
構文の説明

interface

(任意)EtherChannel インターフェイスの情報を表示します。

port-channel number

(任意)特定の EtherChannel インターフェイスの集約情報を表示します。 number の範囲は 1 ~ 4096 です。

. subinterface-number

(任意)サブインターフェイス番号。EtherChannel 番号の後にドット(.)とサブインターフェイス番号を指定します。形式は、 portchannel-number . subinterface-number です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての EtherChannel インターフェイスの集約ステートを表示する例を示します。

switch# show port-channel database
port-channel19
Last membership update is successful
4 ports in total, 4 ports up
First operational port is Ethernet199/1/24
Age of the port-channel is 0d:09h:11m:30s
Time since last bundle is 0d:09h:12m:20s
Last bundled member is
Ports: Ethernet199/1/24 [active ] [up] *
Ethernet199/1/28 [active ] [up]
Ethernet199/1/30 [active ] [up]
Ethernet199/1/31 [active ] [up]
 
port-channel21
Last membership update is successful
1 ports in total, 1 ports up
First operational port is Ethernet2/3
Age of the port-channel is 0d:09h:11m:30s
Time since last bundle is 0d:09h:12m:20s
Last bundled member is
Ports: Ethernet2/3 [on] [up] *
 
port-channel50
Last membership update is successful
--More--
<---output truncated--->
switch#
 

次に、特定の EtherChannel インターフェイスの集約ステートを表示する例を示します。

switch# show port-channel database interface port-channel 21
port-channel21
Last membership update is successful
1 ports in total, 1 ports up
First operational port is Ethernet2/3
Age of the port-channel is 0d:09h:13m:14s
Time since last bundle is 0d:09h:14m:04s
Last bundled member is
Ports: Ethernet2/3 [on] [up] *
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel load-balance ethernet

EtherChannel のロードバランシング アルゴリズムを設定します。

show tech-support port-channel

EtherChannel に関するシスコ テクニカル サポート情報を表示します。

show port-channel load-balance

EtherChannel ロード バランシングに関する情報を表示するには、 show port-channel load-balance コマンドを使用します。

show port-channel load-balance [ forwarding-path interface port-channel number { . | vlan vlan_ID } [ dst-ip ipv4-addr ] [ dst-ipv6 ipv6-addr ] [ dst-mac dst-mac-addr ] [ l4-dst-port dst-port ] [ l4-src-port src-port ] [ src-ip ipv4-addr ] [ src-ipv6 ipv6-addr ] [ src-mac src-mac-addr ]]

 
構文の説明

forwarding-path interface port-channel

(任意)パケットを転送する EtherChannel インターフェイスのポートを識別します。

number

表示するロードバランシング フォワーディング パスの EtherChannel 番号です。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

.

(任意)サブインターフェイス番号の区切り記号です。EtherChannel 番号の後にドット(.)とサブインターフェイス番号を指定します。形式は、 portchannel-number . subinterface-number です。

vlan

(任意)ハードウェア ハッシュの VLAN を識別します。

vlan_ID

VLAN ID です。有効な範囲は 1 ~ 3967 および 4048 ~ 4093 です。

dst-ip

(任意)宛先 IP アドレスの負荷分散を表示します。

ipv4-addr

送信元 IP アドレスまたは宛先 IP アドレスを指定するための IPv4 アドレスです。形式は、 A . B . C . D です。

dst-ipv6

(任意)宛先 IPv6 アドレスの負荷分散を表示します。

ipv6-addr

送信元 IP アドレスまたは宛先 IP アドレスを指定するための IPv6 アドレスです。形式は、 A : B :: C : D です。

dst-mac

(任意)宛先 MAC アドレスの負荷分散を表示します。

dst-mac-addr

宛先 MAC アドレスです。形式は、 AAAA : BBBB : CCCC です。

l4-dst-port

(任意)宛先ポートの負荷分散を表示します。

dst-port

宛先ポート番号です。指定できる範囲は 0 ~ 65535 です。

l4-src-port

(任意)送信元ポートの負荷分散を表示します。

src-port

送信元ポート番号です。指定できる範囲は 0 ~ 65535 です。

src-ip

(任意)送信元 IP アドレスの負荷分散を表示します。

src-ipv6

(任意)送信元 IPv6 アドレスの負荷分散を表示します。

src-mac

(任意)送信元 MAC アドレスの負荷分散を表示します。

src-mac-addr

送信元 MAC アドレスです。形式は、 AA : BB : CC : DD : EE : FF です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

4.2(1)N1(1)

vlan キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ハードウェア ハッシュの使用を確認するには、 vlan キーワードを使用する必要があります。

ハードウェア ハッシュを使用していない場合は、発信ポート ID を決定するために使用されるすべてのパラメータが出力に表示されます。欠落したパラメータは、ゼロの値として出力に表示されます。

ハードウェア ハッシュを使用していない場合は、コントロール プレーンの選択を使用して発信ポート ID が確認されます。ハードウェア ハッシュは、次のシナリオでは使用されません。

指定された VLAN に、未知のユニキャスト宛先 MAC アドレスが含まれている。

指定された VLAN に、既知または未知のマルチキャスト宛先 MAC または宛先 IP アドレスが含まれている。

指定された VLAN に、ブロードキャスト MAC アドレスが含まれている。

EtherChannel に、アクティブなメンバが 1 つだけ含まれている。

負荷分散が送信元 IP アドレス(src-ip)、送信元ポート(l4-src-port)、または送信元 MAC アドレス(src-mac)で設定される場合、宛先 MAC アドレスは認識されません。

Multichassis EtherChannel トランク(MCT)がイネーブルで、仮想ポート チャネル(vPC)ピア リンクからトラフィックが送信される場合は、出力に「Outgoing port id (vPC peer-link traffic)」が表示されます。

正確な結果を得るには、次の手順を実行する必要があります。

(ユニキャスト フレームの場合)宛先 MAC アドレス(dst-mac)およびハードウェア ハッシュの VLAN(vlan)を指定します。宛先 MAC アドレスが指定されない場合、ハードウェア ハッシュと見なされます。

(マルチキャスト フレームの場合)IP マルチキャストでは、ハードウェア ハッシュの VLAN(vlan)で、宛先 IP アドレス(dst-ip)または宛先 MAC アドレス(dst-mac)を指定します。IP マルチキャスト以外では、ハードウェア ハッシュの VLAN で、宛先 MAC アドレスを指定します。

(ブロードキャスト フレームの場合)宛先 MAC アドレス(dst-mac)およびハードウェア ハッシュの VLAN(vlan)を指定します。

次に、ポート チャネルのロード バランシング情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel load-balance
Port Channel Load-Balancing Configuration:
System: source-dest-ip
 
Port Channel Load-Balancing Addresses Used Per-Protocol:
Non-IP: source-dest-mac
IP: source-dest-ip source-dest-mac
 
switch#
 

表 3 に、この出力で表示されるフィールドの説明を示します。

 

表 3 show port-channel load-balance フィールドの説明

フィールド
説明

System

スイッチに設定されているロードバランシングの方式。

Non-IP

非 IP トラフィックのハッシュ値の計算に使用されるフィールド。

IP

IPv4 トラフィックおよび IPv6 トラフィックに使用されるフィールド。

次に、ハードウェア ハッシュを使用していない場合にポート チャネルのロード バランシング情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel load-balance forwarding-path interface port-channel 5 vlan 3 dst-ip 192.168.2.37
Missing params will be substituted by 0's.
Load-balance Algorithm on FEX: source-dest-ip
crc8_hash: Not Used Outgoing port id: Ethernet133/1/3
Param(s) used to calculate load-balance (Unknown unicast, multicast and broadcas
t packets):
dst-mac: 0000.0000.0000
vlan id: 3
switch#
 

次に、発信ポート ID を決定するためにハードウェア ハッシュが使用されない場合にポート チャネルのロードバランシング情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel load-balance forwarding-path interface port-channel 10 vlan 1 dst-ip 192.168.2.25 src-ip 192.168.2.10 dst-mac ffff.ffff.ffff src-mac aa:bb:cc:dd:ee:ff l4-src-port 0 l4-dst-port 1
Missing params will be substituted by 0's.
Load-balance Algorithm on switch: source-dest-port
crc8_hash: Not Used Outgoing port id: Ethernet1/1
Param(s) used to calculate load-balance (Unknown unicast, multicast and broadcast packets):
dst-mac: ffff.ffff.ffff
vlan id: 1
 
switch#
 

次に、MCT がイネーブルで、トラフィックが vPC ピア リンクから送信される場合に、ポート チャネルのロード バランシング情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel load-balance forwarding-path interface port-channel 10 vlan 1 dst-ip 192.168.2.25 src-ip 192.168.2.10 dst-mac ffff.ffff.ffff src-mac aa:bb:cc:dd:ee:ff l4-src-port 0 l4-dst-port 1
Missing params will be substituted by 0's.
Load-balance Algorithm on switch: source-dest-port
crc8_hash: Not Used Outgoing port id (non vPC peer-link traffic): ethernet1/2
crc8_hash: Not Used Outgoing port id (vPC peer-link traffic): Ethernet1/1
Param(s) used to calculate load-balance (Unknown unicast, multicast and broadcast packets):
dst-mac: ffff.ffff.ffff
vlan id: 1
 
switch#
 

次に、発信ポート ID を決定するためにハードウェア ハッシュが使用される場合にポート チャネルのロードバランシング情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel load-balance forwarding-path interface port-channel 10 vlan 1 dst-ip 192.168.2.25 src-ip 192.168.2.10 src-mac aa:bb:cc:dd:ee:ff l4-src-port 0 l4-dst-port 1
Missing params will be substituted by 0's.
Load-balance Algorithm on switch: source-dest-port
crc8_hash: 204 Outgoing port id: Ethernet1/1
Param(s) used to calculate load-balance:
dst-port: 1
src-port: 0
dst-ip: 192.168.2.25
src-ip: 192.168.2.10
dst-mac: 0000.0000.0000
src-mac: aabb.ccdd.eeff
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel load-balance ethernet

チャネル グループ バンドル内のインターフェイス間のロードバランシング方式を設定します。

show port-channel summary

EtherChannel に関するサマリー情報を表示するには、 show port-channel summary コマンドを使用します。

show port-channel summary

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード
EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、 interface port-channel コマンドを使用して EtherChannel グループを設定する必要があります。

次に、EtherChannel に関するサマリー情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel summary
Flags: D - Down P - Up in port-channel (members)
I - Individual H - Hot-standby (LACP only)
s - Suspended r - Module-removed
S - Switched R - Routed
U - Up (port-channel)
--------------------------------------------------------------------------------
Group Port- Type Protocol Member Ports
Channel
--------------------------------------------------------------------------------
1 Po1(SU) Eth LACP Eth1/1(P) Eth1/2(P) Eth1/3(P)
Eth1/4(P) Eth1/21(P) Eth1/22(P)
Eth1/23(P) Eth1/24(P) Eth1/25(P)
Eth1/26(P) Eth1/27(P) Eth1/28(P)
Eth1/29(P) Eth1/30(P) Eth1/31(P)
Eth1/32(P)
3 Po3(SU) Eth NONE Eth1/9(P) Eth1/10(P) Eth1/13(P)
Eth1/14(P) Eth1/40(P)
5 Po5(SU) Eth NONE Eth3/5(P) Eth3/6(P)
6 Po6(SU) Eth NONE Eth1/5(P) Eth1/6(P) Eth1/7(P)
Eth1/8(P)
12 Po12(SU) Eth NONE Eth3/3(P) Eth3/4(P)
15 Po15(SD) Eth NONE --
20 Po20(SU) Eth NONE Eth1/17(P) Eth1/18(P) Eth1/19(D)
Eth1/20(P)
24 Po24(SU) Eth LACP Eth105/1/27(P) Eth105/1/28(P) Eth105/1/29
(P)
Eth105/1/30(P) Eth105/1/31(P) Eth105/1/32
(P)
25 Po25(SU) Eth LACP Eth105/1/23(P) Eth105/1/24(P) Eth105/1/25
(P)
Eth105/1/26(P)
33 Po33(SD) Eth NONE --
41 Po41(SD) Eth NONE --
44 Po44(SD) Eth NONE --
48 Po48(SD) Eth NONE --
100 Po100(SD) Eth NONE --
101 Po101(SD) Eth NONE --
102 Po102(SU) Eth LACP Eth102/1/2(P)
103 Po103(SU) Eth LACP Eth102/1/3(P)
104 Po104(SU) Eth LACP Eth102/1/4(P)
105 Po105(SU) Eth LACP Eth102/1/5(P)
106 Po106(SU) Eth LACP Eth102/1/6(P)
107 Po107(SU) Eth LACP Eth102/1/7(P)
108 Po108(SU) Eth LACP Eth102/1/8(P)
109 Po109(SU) Eth LACP Eth102/1/9(P)
110 Po110(SU) Eth LACP Eth102/1/10(P)
111 Po111(SU) Eth LACP Eth102/1/11(P)
<---output truncated--->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel-group(イーサネット)

物理インターフェイスの EtherChannel への割り当ておよび設定を行います。

interface port-channel

EtherChannel インターフェイスを作成して、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

show port-channel traffic

EtherChannel のトラフィック統計情報を表示するには、 show port-channel traffic コマンドを使用します。

show port-channel traffic [ interface port-channel number [ . subinterface-number ]]

 
構文の説明

interface

(任意)指定されたインターフェイスのトラフィック統計情報を表示します。

port-channel number

(任意)指定された EtherChannel の情報を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

. subinterface-number

(任意)サブインターフェイス番号。EtherChannel 番号の後にドット(.)とサブインターフェイス番号を指定します。形式は、 portchannel-number . subinterface-number です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての EtherChannel のトラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel traffic
ChanId Port Rx-Ucst Tx-Ucst Rx-Mcst Tx-Mcst Rx-Bcst Tx-Bcst
------ --------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
10 Eth1/7 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
10 Eth1/8 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
10 Eth1/9 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
10 Eth1/10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
------ --------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
4000 Eth1/1 0.0% 0.0% 99.64% 99.81% 0.0% 0.0%
4000 Eth1/2 0.0% 0.0% 0.06% 0.06% 0.0% 0.0%
4000 Eth1/3 0.0% 0.0% 0.23% 0.06% 0.0% 0.0%
4000 Eth1/4 0.0% 0.0% 0.06% 0.06% 0.0% 0.0%
switch#
 

次に、特定の EtherChannel のトラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel traffic interface port-channel 10
ChanId Port Rx-Ucst Tx-Ucst Rx-Mcst Tx-Mcst Rx-Bcst Tx-Bcst
------ --------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
10 Eth1/7 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
10 Eth1/8 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
10 Eth1/9 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
10 Eth1/10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel load-balance ethernet

EtherChannel のロードバランシング アルゴリズムを設定します。

show tech-support port-channel

EtherChannel に関するシスコ テクニカル サポート情報を表示します。

show port-channel usage

使用済みと未使用の EtherChannel 番号の範囲を表示するには、 show port-channel usage コマンドを使用します。

show port-channel usage

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、EtherChannel の使用率の情報を表示する例を示します。

switch# show port-channel usage
Total 29 port-channel numbers used
============================================
Used : 19 , 21 , 50 , 100 , 150 , 170 - 171 , 198 - 199 , 256
301 , 400 - 401 , 1032 - 1033 , 1111 , 1504 , 1511 , 1514 , 1516 - 1520
1532 , 1548 , 1723 , 1905 , 1912
Unused: 1 - 18 , 20 , 22 - 49 , 51 - 99 , 101 - 149 , 151 - 169
172 - 197 , 200 - 255 , 257 - 300 , 302 - 399 , 402 - 1031
1034 - 1110 , 1112 - 1503 , 1505 - 1510 , 1512 - 1513 , 1515 , 1521 - 1531
1533 - 1547 , 1549 - 1722 , 1724 - 1904 , 1906 - 1911 , 1913 - 4096
(some numbers may be in use by SAN port channels)
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel load-balance ethernet

EtherChannel のロードバランシング アルゴリズムを設定します。

show tech-support port-channel

EtherChannel に関するシスコ テクニカル サポート情報を表示します。

 

show port-security

インターフェイスのポート セキュリティ コンフィギュレーションを表示するには、 show port-security コマンドを使用します。

show port-security [ address [ interface { ethernet slot / port | port-channel channel-num }] | interface { ethernet slot / port | port-channel channel-num } | state ]

 
構文の説明

address

(任意)ポートのセキュア MAC アドレスを表示します。

interface

(任意)インターフェイスのセキュア アドレスを表示します。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスのセキュア アドレスを表示します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel channel-num

(任意)EtherChannel インターフェイスのセキュア アドレスを表示します。チャネル番号は 1~4096 です。

state

(任意)ポートがセキュアかどうかを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイスのポート セキュリティ コンフィギュレーションを表示する方法を示します。

switch# show port-security
 
 
Total Secured Mac Addresses in System (excluding one mac per port) : 0
Max Addresses limit in System (excluding one mac per port) : 8192
 
----------------------------------------------------------------------------
Secure Port MaxSecureAddr CurrentAddr SecurityViolation Security Action
(Count) (Count) (Count)
----------------------------------------------------------------------------
Ethernet1/5 10 0 0 Shutdown
============================================================================
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear port-security dynamic

ポートの動的にセキュアなアドレスをクリアします。

show running-config port-security

ポート セキュリティのコンフィギュレーション情報を表示します。

switchport port-security

ポート セキュリティを確立するようにスイッチポート パラメータを設定します。

 

show provision

プロビジョニングに関する情報を表示するには、 show provision コマンドを使用します。

show provision failed-config slot-number

 
構文の説明

failed-config

スロットに適用されなかったコンフィギュレーションを表示します。

slot-number

シャーシのスロット番号。有効な範囲は 2 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード
コンフィギュレーション同期モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、スロット 2 に適用できなかった事前プロビジョニング設定を表示する例を示します。

switch# show provision failed-config 2
Config has not been applied yet for this slot.
 
switch#
 

次に、スイッチ プロファイルのスロット 2 に適用できなかった事前プロビジョニング設定を表示する例を示します。

switch(config-sync)# show provision failed-config 2
Config has not been applied yet for this slot.
 
switch(config-sync)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

provision

スロット内のモジュールの事前プロビジョニングを行います。

show running-config exclude-provision

事前プロビジョニングされた機能を除く実行コンフィギュレーションを表示します。

slot

モジュールを事前プロビジョニングするためにスロットをイネーブルにします。

 

show resource

システムで現在使用可能なリソースの数を表示するには、 show resource コマンドを使用します。

show resource [ resource ]

 
構文の説明

resource

リソース名。次のいずれかを使用できます。

port-channel :システムで使用可能な EtherChannel の数を表示します。

vlan :システムで使用可能な VLAN の数を表示します。

vrf :システムで使用可能な Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティングおよび転送)の数を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、システムで使用可能なリソースを表示する例を示します。

switch# show resource
 
Resource Min Max Used Unused Avail
----------- ----- ----- ------ -------- -------
vlan 16 4094 509 0 3
monitor-session 0 2 0 0 2
vrf 2 1000 2 0 998
port-channel 0 768 2 0 766
u4route-mem 32 32 1 31 31
u6route-mem 16 16 1 15 15
m4route-mem 58 58 0 58 58
m6route-mem 8 8 0 8 8
bundle-map 0 16 2 0 14
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface port-channel

EtherChannel に関する情報を表示します。

show running-config

現在実行中のコンフィギュレーション ファイルの内容を表示するには、 show running-config コマンドを使用します。

show running-config [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含めた、すべての動作情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、実行コンフィギュレーションの情報を表示する例を示します。

switch# show running-config
 

次に、実行コンフィギュレーションの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show running-config all
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルの内容を表示します。

show running-config backup

バックアップ インターフェイスの実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config backup コマンドを使用します。

show running-config backup [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含めたバックアップ インターフェイス情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、バックアップ インターフェイスの実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config backup
 
!Command: show running-config backup
!Time: Sun Jan 4 06:27:36 2009
 
version 5.0(3)N2(1)
feature flexlink
 
logging level Flexlink 5
 
interface port-channel300
switchport backup interface port-channel301 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel301 multicast fast-convergence
 
interface port-channel500
switchport backup interface port-channel501 preemption delay 36
switchport backup interface port-channel501 multicast fast-convergence
 
interface port-channel502
switchport backup interface port-channel503
 
interface port-channel504
switchport backup interface Ethernet2/1
 
interface Ethernet1/2
switchport backup interface Ethernet1/1
 
interface Ethernet1/20
switchport backup interface Ethernet1/21
 
interface Ethernet2/2
switchport backup interface port-channel507 preemption mode forced
 
switch#
 

次に、バックアップ インターフェイスの詳細な実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config backup all
 
!Command: show running-config backup all
!Time: Sun Jan 4 06:28:04 2009
 
version 5.0(3)N2(1)
feature flexlink
 
logging level Flexlink 5
 
interface port-channel300
switchport backup interface port-channel301 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel301 preemption delay 35
switchport backup interface port-channel301 multicast fast-convergence
 
interface port-channel500
switchport backup interface port-channel501 preemption mode off
switchport backup interface port-channel501 preemption delay 36
switchport backup interface port-channel501 multicast fast-convergence
 
interface port-channel502
switchport backup interface port-channel503 preemption mode off
switchport backup interface port-channel503 preemption delay 35
 
interface port-channel504
switchport backup interface Ethernet2/1 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet2/1 preemption delay 35
 
interface Ethernet1/2
switchport backup interface Ethernet1/1 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet1/1 preemption delay 35
 
interface Ethernet1/20
switchport backup interface Ethernet1/21 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet1/21 preemption delay 35
 
interface Ethernet2/2
switchport backup interface port-channel507 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel507 preemption delay 35
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config flexlink

Flex Link の実行コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config backup

バックアップ インターフェイスのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config flexlink

Flex Link のスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show tech-support backup

バックアップ インターフェイスのトラブルシューティング情報を表示します。

show tech-support flexlink

Flex Link のトラブルシューティング情報を表示します。

show running-config exclude-provision

オフラインで事前プロビジョニングしたインターフェイスを指定していない実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config exclude-provision コマンドを使用します。

show running-config exclude-provision

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、オフラインで事前プロビジョニングしたインターフェイスを指定していない実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config exclude-provision
 
!Command: show running-config exclude-provision
!Time: Mon Sep 6 08:10:16 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
feature fcoe
 
feature telnet
feature tacacs+
cfs ipv4 distribute
cfs eth distribute
feature udld
feature interface-vlan
feature lacp
feature vpc
feature lldp
feature vtp
feature fex
 
username admin password 5 $1$wmFN7Wly$/pjqx1DfAkCCAg/KyxbUz/ role network-admin
username install password 5 ! role network-admin
username praveena password 5 ! role network-operator
no password strength-check
ip domain-lookup
ip domain-lookup
tacacs-server host 192.168.131.54 key 7 "wawy1234"
tacacs-server host 192.168.131.37
tacacs-server host 192.168.131.37 test username user1
aaa group server tacacs+ t1
server 192.168.131.54
aaa group server tacacs+ tacacs
radius-server host 192.168.128.5 key 7 "KkwyCet" authentication accounting
aaa group server radius r1
server 192.168.128.5
hostname BEND-2
vlan dot1Q tag native
logging event link-status default
logging event trunk-status default
no service recover-errdisable
errdisable recovery interval 600
no errdisable detect cause link-flap
errdisable recovery cause link-flap
errdisable recovery cause udld
--More--
<--output truncated-->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

provision

スロット内のモジュールの事前プロビジョニングを行います。

show provision

事前にプロビジョニングしたモジュールの情報を表示します。

show startup-config exclude-provision

オフライン インターフェイスの事前プロビジョニング情報を指定していないスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

slot

事前定義したモジュールのシャーシ スロットを設定します。

show running-config flexlink

Flex Link の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config flexlink コマンドを使用します。

show running-config flexlink [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含め、Flex Link の情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、Flex Link の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config flexlink
 
!Command: show running-config flexlink
!Time: Sun Jan 4 06:26:17 2009
 
version 5.0(3)N2(1)
feature flexlink
 
logging level Flexlink 5
 
interface port-channel300
switchport backup interface port-channel301 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel301 multicast fast-convergence
 
interface port-channel500
switchport backup interface port-channel501 preemption delay 36
switchport backup interface port-channel501 multicast fast-convergence
 
interface port-channel502
switchport backup interface port-channel503
 
interface port-channel504
switchport backup interface Ethernet2/1
 
interface Ethernet1/2
switchport backup interface Ethernet1/1
 
interface Ethernet1/20
switchport backup interface Ethernet1/21
 
interface Ethernet2/2
switchport backup interface port-channel507 preemption mode forced
 
switch#
 

次に、Flex Link の詳細な実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config flexlink all
 
!Command: show running-config flexlink all
!Time: Sun Jan 4 06:26:55 2009
 
version 5.0(3)N2(1)
feature flexlink
 
logging level Flexlink 5
 
interface port-channel300
switchport backup interface port-channel301 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel301 preemption delay 35
switchport backup interface port-channel301 multicast fast-convergence
 
interface port-channel500
switchport backup interface port-channel501 preemption mode off
switchport backup interface port-channel501 preemption delay 36
switchport backup interface port-channel501 multicast fast-convergence
 
interface port-channel502
switchport backup interface port-channel503 preemption mode off
switchport backup interface port-channel503 preemption delay 35
 
interface port-channel504
switchport backup interface Ethernet2/1 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet2/1 preemption delay 35
 
interface Ethernet1/2
switchport backup interface Ethernet1/1 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet1/1 preemption delay 35
 
interface Ethernet1/20
switchport backup interface Ethernet1/21 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet1/21 preemption delay 35
 
interface Ethernet2/2
switchport backup interface port-channel507 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel507 preemption delay 35
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config backup

バックアップ インターフェイスの実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show startup-config backup

バックアップ インターフェイスのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config flexlink

Flex Link のスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show tech-support backup

バックアップ インターフェイスのトラブルシューティング情報を表示します。

show tech-support flexlink

Flex Link のトラブルシューティング情報を表示します。

 

show running-config interface

特定のポート チャネルの実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config interface コマンドを使用します。

show running-config interface [{ ethernet slot / port | fc slot / port | loopback number | mgmt 0 | port-channel channel-number [ membership ] | vethernet veth-id | vlan vlan-id }] [ all | expand-port-profile ]

 
構文の説明

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を表示します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

fc slot / port

(任意) ファイバ チャネル インターフェイスの コンフィギュレーション情報を表示します。スロット番号は 1~2、ポート番号は 1~48 です。

loopback number

(任意)ループバック インターフェイスの数を表示します。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

mgmt 0

(任意)管理インターフェイスのコンフィギュレーション情報を表示します。

port-channel channel-number

(任意)ポート チャネル グループの数を表示します。値の範囲は 0 ~ 1023 です。

membership

指定したポート チャネルのメンバーシップを表示します。

vethernet veth-id

(任意) 仮想イーサネット インターフェイスのコンフィギュレーション情報を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN のコンフィギュレーション情報を表示します。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

all

(任意) 設定済みおよびデフォルトの情報を表示します

expand-port-profile

(任意)ポート プロファイルのコンフィギュレーション情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

5.1(3)N1(1)

仮想イーサネット インターフェイスおよび管理 SVI を表示するためのサポートが追加されました。

次に、ポート チャネル 10 の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch(config)# show running-config interface port-channel 10
version 4.0(1)
 
interface port-channel10
switchport
switchport mode trunk
 
switch(config)#
 

次に、仮想イーサネット インターフェイスの実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config interface vethernet 10
 
!Command: show running-config interface Vethernet10
!Time: Fri Jan 2 01:40:37 2009
 
version 5.1(3)N1(1)
 
interface Vethernet10
inherit port-profile ppVEth
untagged cos 3
switchport access vlan 101
bind interface Ethernet1/5 channel 10
 
switch#
 

次に、インバンド管理で使用する SVI として設定した VLAN 5 の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config interface vlan 5
 
!Command: show running-config interface Vlan5
!Time: Mon Apr 4 07:46:35 2005
 
version 5.1(3)N1(1)
 
interface Vlan5
management
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config

デバイスの実行コンフィギュレーションを表示します。

 

show running-config monitor

Switched Port Analyzer(SPAN)または Encapsulated Remote Switched Port Analyzer(ERSPAN)のセッションの実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config monitor コマンドを使用します。

show running-config monitor [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含めた、現在の SPAN 設定情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.1(3)N1(1)

ERSPAN のサポートが追加されました。

次に、SPAN の実行コンフィギュレーションの情報を表示する例を示します。

switch# show running-config monitor
 
!Command: show running-config monitor
!Time: Thu Jan 1 06:48:56 2009
 
version 5.0(2)N1(1)
monitor session 1
description A Local SPAN session
source interface Ethernet1/5 both
destination interface Ethernet1/21
no shut
 
switch#
 

次に、SPAN の実行コンフィギュレーションの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show running-config monitor all
 
!Command: show running-config monitor all
!Time: Thu Jan 1 06:51:08 2009
 
version 5.0(2)N1(1)
monitor session 1 type local
description A Local SPAN session
source interface Ethernet1/5 both
destination interface Ethernet1/21
no shut
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

monitor session

SPAN または ERSPAN のセッションを設定します。

show monitor session

SPAN または ERSPAN のセッションに関する情報を表示します。

 

show running-config port-security

セキュア ポートに関する実行システム コンフィギュレーション情報を表示するには、 show running-config port-security コマンドを使用します。

show running-config port-security [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含め、セキュア ポートに関する詳細情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイス上のすべてのセキュア ポートの実行システム コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config port-security
 
!Command: show running-config port-security
!Time: Tue Apr 12 10:06:56 2005
 
version 5.1(3)N1(1)
feature port-security
 
 
interface Ethernet1/5
switchport port-security
switchport port-security aging time 3
switchport port-security maximum 10
switchport port-security mac-address sticky
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear port-security dynamic

ポートの動的にセキュアなアドレスをクリアします。

show startup-config port-security

スタートアップ ファイルのコンフィギュレーション情報を表示します。

 

show running-config spanning-tree

Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config spanning-tree コマンドを使用します。

show running-config spanning-tree [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含めた、現在の STP 動作情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.1(3)N1(1)

スパニング ツリー疑似情報パラメータを表示するサポートが追加されました。

次に、STP の実行コンフィギュレーションの情報を表示する例を示します。

switch# show running-config spanning-tree
 

次に、STP の実行コンフィギュレーションの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show running-config spanning-tree all
 

) Rapid per VLAN Spanning Tree Plus(Rapid PVST+)と Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)のどちらを実行しているかによって、表示される出力は若干異なります。


次に、Cisco NX-OS Release 5.1(3)N1(1) を実行しているスイッチの実行 STP コンフィギュレーションに関する情報を、スパニング ツリー疑似情報も含め、表示する例を示します。

switch# show running-config spanning-tree
spanning-tree domain 1
spanning-tree pseudo-information
mst 1 root priority 4096
mst 2 designated priority 4096
interface port-channel1
spanning-tree port type network
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

 

show running-config vlan

指定された VLAN の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config vlan コマンドを使用します。

show running-config vlan vlan-id

 
構文の説明

vlan-id

VLAN 番号または VLAN 範囲です。有効な番号は、1 ~ 4096 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにより、プライベート VLAN を含む、指定された VLAN の情報が表示されます。

表示はコンフィギュレーションによって異なります。VLAN 名、シャットダウン ステータス、または一時停止ステータスを設定している場合は、その情報も表示されます。

次に、VLAN 5 の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config vlan 5
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vlan

スイッチ上のすべての VLAN に関する情報を表示します。

show running-config vtp

VLAN トランキング プロトコル(VTP)実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config vtp コマンドを使用します。

show running-config vtp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、スイッチの VTP 実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config vtp
 
!Command: show running-config vtp
!Time: Tue Sep 7 08:45:14 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
feature vtp
 
vtp mode transparent
vtp domain MyDomain
vtp file bootflash:/myvtp.txt
 
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

feature vtp

スイッチ上で VTP をイネーブルにします。

vtp domain

VTP 管理ドメインを設定します。

vtp file

ファイルに VTP コンフィギュレーションを保存します。

vtp mode

VTP デバイス モードを設定します。

show spanning-tree

Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)に関する情報を表示するには、 show spanning-tree コマンドを使用する。

show spanning-tree [ blockedports | inconsistentports | pathcost method ]

 
構文の説明

blockedports

(任意)STP によってブロックされた代替ポートを表示します。

inconsistentports

(任意)不整合 STP ステートになっているポートを表示します。

pathcost method

(任意)ショート パス コスト方式が使用されているか、ロング パス コスト方式が使用されているかを表示します。方式は、Rapid Per VLAN Spanning Tree Plus(Rapid PVST+)(設定可能、デフォルトはショート)および Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)(設定不可、動作値は常にロング)の場合で異なります。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

STP ポート タイプは、ポートを STP エッジ ポートまたは STP ネットワーク ポートとして設定している場合だけ表示されます。STP ポート タイプを設定していない場合には、ポート タイプは表示されません。

表 4 に、 show spanning-tree コマンド出力で表示されるフィールドの説明を示します。

 

表 4 show spanning-tree コマンド出力のフィールド

フィールド
定義

Role

ポートの現在の STP ロール。有効な値は次のとおりです。

Desg(指定)

Root

Altn(代替)

Back(バックアップ)

Sts

ポートの現在の STP ステート。有効な値は次のとおりです。

BLK(ブロッキング)

DIS(ディセーブル)

LRN(ラーニング)

FWD(フォワーディング)

Type

ステータス情報。有効な値は次のとおりです。

P2p/Shr:スパニング スリーは、このインターフェイスを(共有された)ポイントツーポイント インターフェイスと見なします。

Edge:ポートは、STP エッジ ポートとして、( default コマンドを使用してグローバルに、またはインターフェイス上で直接)設定され、BPDU は受信しません。

Network:ポートは、STP ネットワーク ポートとして、( default コマンドを使用してグローバルに、またはインターフェイス上で直接)設定されます。

*ROOT_Inc、*LOOP_Inc、*PVID_Inc、*BA_Inc、および *TYPE_Inc:ポートは、不整合が原因で中断ステート(BKN*)になっています。中断ステートは、ルート不整合、ループ ガード不整合、PVID 不整合、ブリッジ保証不整合、またはタイプ不整合です。


) Rapid per VLAN Spanning Tree Plus(Rapid PVST+)と Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)のどちらを実行しているかによって、表示される出力は若干異なります。


次に、スパニング ツリー情報を表示する例を示します。

switch# show spanning-tree
 
VLAN0001
Spanning tree enabled protocol rstp
Root ID Priority 1
Address 000d.ecb0.fdbc
Cost 2
Port 4096 (port-channel1)
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Bridge ID Priority 61441 (priority 61440 sys-id-ext 1)
Address 0005.9b78.6e7c
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Po1 Root FWD 1 128.4096 (vPC peer-link) Network P2p
Po3 Root FWD 1 128.4098 (vPC) P2p
Po123 Desg FWD 4 128.4218 Edge P2p
Eth1/11 Desg BKN*2 128.139 P2p *TYPE_Inc
Eth1/12 Desg BKN*2 128.140 P2p *TYPE_Inc
Eth1/15 Desg BKN*2 128.143 P2p *TYPE_Inc
Eth1/16 Desg BKN*2 128.144 P2p *TYPE_Inc
Eth1/33 Desg FWD 2 128.161 Edge P2p
Eth1/35 Desg FWD 2 128.163 Edge P2p
Eth1/36 Desg FWD 2 128.164 Edge P2p
Eth1/38 Desg FWD 2 128.166 Edge P2p
Eth100/1/1 Desg FWD 1 128.1025 (vPC) Edge P2p
Eth100/1/2 Desg FWD 1 128.1026 (vPC) Edge P2p
Eth100/1/3 Desg FWD 1 128.1027 (vPC) Edge P2p
Eth100/1/4 Desg FWD 1 128.1028 (vPC) Edge P2p
--More--
switch#
 

次に、スパニング ツリー内のブロックされたポートを表示する例を示します。

switch# show spanning-tree blockedports
 
Name Blocked Interfaces List
-------------------- ------------------------------------
VLAN0001 Eth1/11, Eth1/12, Eth1/15, Eth1/16
 
 
Number of blocked ports (segments) in the system : 4
 
switch#
 

次に、STP 不整合ステートのポートがあるかどうかを確認する例を示します。

switch# show spanning-tree inconsistentports
 
Name Interface Inconsistency
-------------------- ---------------------- ------------------
VLAN0001 Eth1/11 Port Type Inconsistent
VLAN0001 Eth1/12 Port Type Inconsistent
VLAN0001 Eth1/15 Port Type Inconsistent
VLAN0001 Eth1/16 Port Type Inconsistent
 
 
Number of inconsistent ports (segments) in the system : 4
 
switch#
 

次に、パスコスト方式を表示する例を示します。

switch(config)# show spanning-tree pathcost method
Spanning tree default pathcost method used is short
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree active

STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

show spanning-tree bridge

スイッチ上のローカル ブリッジのブリッジ ID、タイマー、プロトコルを表示します。

show spanning-tree brief

STP に関する簡単なサマリー情報を表示します。

show spanning-tree detail

STP に関する詳細情報を表示します。

show spanning-tree interface

指定されたインターフェイスの STP インターフェイス ステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree mst

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree root

このスイッチが属する STP インスタンスのルート ブリッジのステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

show spanning-tree vlan

指定された VLAN の STP 情報を表示します。

show spanning-tree active

STP アクティブ インターフェイスだけの Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)情報を表示するには、 show spanning-tree active コマンドを使用します。

show spanning-tree active [ brief | detail ]

 
構文の説明

brief

(任意)STP インターフェイス情報の簡単なサマリーを表示します。

detail

(任意)STP インターフェイス情報の詳細なサマリーを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、STP アクティブ インターフェイスの STP 情報を表示する例を示します。

switch# show spanning-tree active
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree bridge

スイッチ上のローカル ブリッジのブリッジ ID、タイマー、プロトコルを表示します。

show spanning-tree brief

STP に関する簡単なサマリー情報を表示します。

show spanning-tree detail

STP に関する詳細情報を表示します。

show spanning-tree interface

指定されたインターフェイスの STP インターフェイス ステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree mst

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree root

このスイッチが属する STP インスタンスのルート ブリッジのステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

show spanning-tree vlan

指定された VLAN の STP 情報を表示します。

show spanning-tree bridge

ローカル Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)ブリッジのステータスおよび設定を表示するには、 show spanning-tree bridge コマンドを使用します。

show spanning-tree bridge [ address | brief | detail | forward-time | hello-time | id | max-age | priority [ system-id ] | protocol ]

 
構文の説明

address

(任意)STP ローカル ブリッジの MAC アドレスを表示します。

brief

(任意)STP ブリッジのステータスおよび設定の簡単なサマリーを表示します。

detail

(任意)STP ブリッジのステータスおよび設定の詳細なサマリーを表示します。

forward-time

(任意)ブリッジの STP 転送遅延インターバルを表示します。

hello-time

(任意)ブリッジの STP hello タイムを表示します。

id

(任意)ブリッジの STP ブリッジ ID を表示します。

max-age

(任意)ブリッジの STP 最大エージング タイムを表示します。

priority

(任意)このブリッジのブリッジ プライオリティを表示します。

system-id

(任意)このブリッジのブリッジ プライオリティおよびシステム ID 拡張を表示します。

protocol

(任意)Rapid Per VLAN Spanning Tree Plus(Rapid PVST+)または Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)プロトコルがアクティブかどうかを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、ブリッジの STP 情報を表示する例を示します。

switch# show spanning-tree bridge
 
Hello Max Fwd
Vlan Bridge ID Time Age Dly Protocol
---------------- --------------------------------- ----- --- --- --------
VLAN0001 32769 (32768,1) 0005.9b74.a6fc 2 20 15 rstp
VLAN0005 32773 (32768,5) 0005.9b74.a6fc 2 20 15 rstp
switch#
 

次に、ブリッジの詳細な STP 情報を表示する例を示します。

switch# show spanning-tree bridge detail
 
VLAN0001
Bridge ID Priority 32769 (priority 32768 sys-id-ext 1)
Address 0005.9b74.a6fc
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
VLAN0005
Bridge ID Priority 32773 (priority 32768 sys-id-ext 5)
Address 0005.9b74.a6fc
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

spanning-tree bridge assurance

スイッチのすべてのネットワーク ポートで Bridge Assurance をイネーブルにします。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

 

show spanning-tree brief

スイッチ上の Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)ステータスおよび設定の簡単なサマリーを表示するには、 show spanning-tree brief コマンドを使用します。

show spanning-tree brief [ active ]

 
構文の説明

active

(任意)STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、STP 情報の簡単なサマリーを表示する例を示します。

switch(config)# show spanning-tree brief
 
VLAN0001
Spanning tree enabled protocol rstp
Root ID Priority 32769
Address 000d.ecb0.fc7c
Cost 1
Port 4495 (port-channel400)
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Bridge ID Priority 32769 (priority 32768 sys-id-ext 1)
Address 000d.ece7.df7c
Hello Time 2 sec Max Age 20 sec Forward Delay 15 sec
 
Interface Role Sts Cost Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Po19 Desg FWD 1 128.4114 Edge P2p
Po400 Root FWD 1 128.4495 (vPC peer-link) Network P2p
Eth170/1/17 Desg FWD 2 128.3857 Edge P2p
Eth171/1/7 Desg FWD 1 128.3975 (vPC) Edge P2p
Eth171/1/8 Desg FWD 1 128.3976 (vPC) Edge P2p
Eth198/1/11 Desg FWD 1 128.1291 (vPC) Edge P2p
Eth199/1/13 Desg FWD 2 128.1677 Edge P2p
 
 
VLAN0300
Spanning tree enabled protocol rstp
Root ID Priority 4396
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree active

STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

show spanning-tree bridge

スイッチ上のローカル ブリッジのブリッジ ID、タイマー、プロトコルを表示します。

show spanning-tree detail

STP に関する詳細情報を表示します。

show spanning-tree interface

指定されたインターフェイスの STP インターフェイス ステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree mst

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree root

このスイッチが属する STP インスタンスのルート ブリッジのステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

show spanning-tree vlan

指定された VLAN の STP 情報を表示します。

show spanning-tree detail

スイッチ上の Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)ステータスおよび設定の詳細情報を表示するには、 show spanning-tree detail コマンドを使用します。

show spanning-tree detail [ active ]

 
構文の説明

active

(任意)STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) を実行しているスイッチの STP 設定に関する詳細情報を表示する例を示します。

switch# show spanning-tree detail
 
VLAN0001 is executing the rstp compatible Spanning Tree protocol
Bridge Identifier has priority 32768, sysid 1, address 0005.9b23.407c
Configured hello time 2, max age 20, forward delay 15
We are the root of the spanning tree
Topology change flag not set, detected flag not set
Number of topology changes 0 last change occurred 663:31:38 ago
Times: hold 1, topology change 35, notification 2
hello 2, max age 20, forward delay 15
Timers: hello 0, topology change 0, notification 0
 
Port 159 (Ethernet1/31) of VLAN0001 is designated forwarding
Port path cost 2, Port priority 128, Port Identifier 128.159
Designated root has priority 32769, address 0005.9b23.407c
Designated bridge has priority 32769, address 0005.9b23.407c
Designated port id is 128.159, designated path cost 0
Timers: message age 0, forward delay 0, hold 0
Number of transitions to forwarding state: 1
The port type is edge by port type edge trunk configuration
Link type is point-to-point by default
Bpdu guard is enabled
Bpdu filter is enabled
BPDU: sent 0, received 0
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree active

STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

show spanning-tree bridge

スイッチ上のローカル ブリッジのブリッジ ID、タイマー、プロトコルを表示します。

show spanning-tree brief

STP に関する簡単なサマリー情報を表示します。

show spanning-tree interface

指定されたインターフェイスの STP インターフェイス ステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree mst

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree root

このスイッチが属する STP インスタンスのルート ブリッジのステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

show spanning-tree vlan

指定された VLAN の STP 情報を表示します。

show spanning-tree interface

指定されたインターフェイスの Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)インターフェイス ステータスおよび設定の情報を表示するには、 show spanning-tree interface コマンドを使用します。

show spanning-tree interface { ethernet slot / port | port-channel number } [ active [ brief | detail ] | brief [ active ] | cost | detail [ active ] | edge | inconsistency | priority | rootcost | state ]

 
構文の説明

interface

インターフェイスを指定します。インターフェイスは Ethernet または EtherChannel のいずれかです。

ethernet slot/port

イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を指定します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

EtherChannel インターフェイスと番号を指定します。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

active

(任意)指定されたインターフェイスの STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

brief

(任意)指定されたインターフェイスの STP 情報の簡単なサマリーを表示します。

detail

(任意)指定されたインターフェイスに関する詳細な STP 情報を表示します。

cost

(任意)指定されたインターフェイスの STP パス コストを表示します。

edge

(任意)指定されたインターフェイスの STP タイプ エッジ ポート情報を表示します。

inconsistency

(任意)指定されたインターフェイスのポート STP 不整合ステートを表示します。

priority

(任意)指定されたインターフェイスの STP ポート プライオリティを表示します。

rootcost

(任意)指定されたインターフェイスのルートまでのパス コストを表示します。

state

(任意)現在のポート STP の状態を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

STP ポート タイプは、ポートを STP エッジ ポートまたは STP ネットワーク ポートとして設定している場合だけ表示されます。STP ポート タイプを設定していない場合には、ポート タイプは表示されません。

STP を実行していないインターフェイスを指定すると、スイッチからエラー メッセージが返されます。

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)を実行している場合は、このコマンドによって、Per VLAN Spanning Tree(PVST)シミュレーション設定が表示されます。


) マルチ スパニング ツリー(MST)を実行している場合に、指定したインターフェイスのより詳細な情報を表示するには、show spanning-tree mst コマンドを使用してください。


次に、指定されたインターフェイスの STP 情報を表示する例を示します。

switch(config)# show spanning-tree interface ethernet 1/3
 

次に、指定されたインターフェイスの詳細な STP 情報を表示する例を示します。

switch(config)# show spanning-tree interface ethernet 1/3 detail
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree active

STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

show spanning-tree bridge

スイッチ上のローカル ブリッジのブリッジ ID、タイマー、プロトコルを表示します。

show spanning-tree brief

STP に関する簡単なサマリー情報を表示します。

show spanning-tree detail

STP に関する詳細情報を表示します。

show spanning-tree mst

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree root

このスイッチが属する STP インスタンスのルート ブリッジのステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

show spanning-tree vlan

指定された VLAN の STP 情報を表示します。

show spanning-tree mst

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)のステータスおよび設定の情報を表示するには、 show spanning-tree mst コマンドを使用します。

show spanning-tree mst [ instance-id [ detail | interface { ethernet slot / port | port-channel number } [ detail ]]

show spanning-tree mst [ configuration [ digest ]]

show spanning-tree mst [ detail | interface { ethernet slot / port | port-channel number } [ detail ]]

 
構文の説明

instance-id

(任意)表示する Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)インスタンスの範囲です。たとえば、0 ~ 3、5、7 ~ 9 などです。

detail

(任意)詳細な Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)情報を表示します。

interface

(任意) インターフェイスを指定します。インターフェイスは Ethernet または EtherChannel のいずれかです。

ethernet slot/port

(任意) イーサネット インターフェイス、および そのスロット番号とポート番号を指定します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスと番号を指定します。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

configuration

(任意)全 VLAN の VLAN とインスタンスのマッピングも含めた、現在の Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)領域情報を表示します。

digest

(任意)MD5 ダイジェストに関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドの入力時に、スイッチが STP Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)モードで実行されていない場合は、次のメッセージが返されます。

ERROR: Switch is not in mst mode

次に、現在アクティブになっている VLAN ポートの Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)インスタンス情報に関する STP 情報を表示する例を示します。

switch# show spanning-tree mst
 

次に、特定の Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)インスタンスに関する STP 情報を表示する例を示します。

switch)# show spanning-tree mst 0
 

次に、Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)プロトコルに関する詳細な STP 情報を表示する例を示します。

switch)# show spanning-tree mst detail
 

次に、指定された Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)インターフェイスに関する STP 情報を表示する例を示します。

switch)# show spanning-tree mst interface ethernet 8/2
 

次に、Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)コンフィギュレーションに関する情報を表示する例を示します。

switch)# show spanning-tree mst configuration
 

次に、現在の Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)コンフィギュレーションに含まれる MD5 ダイジェストを表示する例を示します。

switch)# show spanning-tree mst configuration digest
 

show spanning-tree コマンド出力で表示されるフィールドの説明については、表 4を参照してください。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree active

STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

show spanning-tree bridge

スイッチ上のローカル ブリッジのブリッジ ID、タイマー、プロトコルを表示します。

show spanning-tree brief

STP に関する簡単なサマリー情報を表示します。

show spanning-tree detail

STP に関する詳細情報を表示します。

show spanning-tree interface

指定されたインターフェイスの STP インターフェイス ステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree root

このスイッチが属する STP インスタンスのルート ブリッジのステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

show spanning-tree vlan

指定された VLAN の STP 情報を表示します。

show spanning-tree root

Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)ルート ブリッジのステータスおよび設定を表示するには、 show spanning-tree root コマンドを使用します。

show spanning-tree root [ address | brief | cost | detail | forward-time | hello-time | id | max-age | port | priority [ system-id ]]

 
構文の説明

address

(任意)STP ルート ブリッジの MAC アドレスを表示します。

brief

(任意)ルート ブリッジのステータスおよび設定の簡単なサマリーを表示します。

cost

(任意)ルートからこのブリッジまでのパス コストを表示します。

detail

(任意)ルート ブリッジのステータスおよび設定の詳細な情報を表示します。

forward-time

(任意)ルート ブリッジの STP 転送遅延インターバルを表示します。

hello-time

(任意)ルート ブリッジの STP hello タイムを表示します。

id

(任意)ルート ブリッジの STP ブリッジ ID を表示します。

max-age

(任意)ルート ブリッジの STP 最大エージング タイムを表示します。

port

(任意)どのポートがルート ポートであるかを表示します。

priority

(任意)ルート ブリッジのブリッジ プライオリティを表示します。

system-id

(任意)ルート ブリッジのブリッジ ID およびシステム ID 拡張を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、ルート ブリッジの情報を表示する例を示します。

switch(config)# show spanning-tree root
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree active

STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

show spanning-tree bridge

スイッチ上のローカル ブリッジのブリッジ ID、タイマー、プロトコルを表示します。

show spanning-tree brief

STP 情報の簡単なサマリーを表示します。

show spanning-tree detail

STP に関する詳細情報を表示します。

show spanning-tree interface

指定されたインターフェイスの STP インターフェイス ステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree mst

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

show spanning-tree vlan

指定された VLAN の STP 情報を表示します。

show spanning-tree summary

スイッチの Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)のサマリー情報を表示するには、 show spanning-tree summary コマンドを使用します。

show spanning-tree summary [ totals ]

 
構文の説明

totals

(任意)STP 情報の合計だけを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Rapid per VLAN Spanning Tree Plus(Rapid PVST+)または Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)を実行している場合、このコマンドで表示される出力は異なります。

次に、スイッチの STP 情報のサマリーを表示する例を示します。

switch# show spanning-tree summary
Switch is in rapid-pvst mode
Root bridge for: VLAN0001, VLAN0005
Port Type Default is disable
Edge Port [PortFast] BPDU Guard Default is disabled
Edge Port [PortFast] BPDU Filter Default is disabled
Bridge Assurance is enabled
Loopguard Default is disabled
Pathcost method used is short
 
Name Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
VLAN0001 2 0 0 5 7
VLAN0005 1 0 0 0 1
---------------------- -------- --------- -------- ---------- ----------
2 vlans 3 0 0 5 8
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

 

show spanning-tree vlan

指定された VLAN の Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)情報を表示するには、 show spanning-tree vlan コマンドを使用します。

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ active [ brief | detail ]]

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ blockedports ]

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ bridge [ address ] | brief | detail | forward-time | hello-time | id | max-age | priority [ system-id ] | protocol ]

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ brief [ active ]]

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ detail [ active ]]

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ inconsistentports ]

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ interface { ethernet slot / port | port-channel number } [ active [ brief | detail ]] | brief [ active ] | cost | detail [ active ] | edge | inconsistency | priority | rootcost | state ]]

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ root [ address | brief | cost | detail | forward-time | hello-time | id | max-age | port | priority [ system-id ]]

show spanning-tree vlan { vlan-id } [ summary ]

 
構文の説明

vlan-id

表示する VLAN または VLAN 範囲です。

active

(任意)STP VLAN およびアクティブ ポートに関する情報を表示します。

brief

(任意)指定された VLAN の STP 情報の簡単なサマリーを表示します。

detail

(任意)指定された VLAN に関する詳細な STP 情報を表示します。

blockedports

(任意)ブロックされたステートになっている指定された VLAN の STP 代替ポートを表示します。

bridge

(任意)指定された VLAN のブリッジのステータスおよび設定を表示します。

address

(任意)指定された VLAN の特定 STP ブリッジの MAC アドレスを表示します。

forward-time

(任意)指定された VLAN のブリッジの STP 転送遅延インターバルを表示します。

hello-time

(任意)指定された VLAN のブリッジの STP hello time を表示します。

id

(任意)指定された VLAN の STP ブリッジ ID を表示します。

max-age

(任意)指定された VLAN の STP 最大エージング タイムを表示します。

priority

(任意)指定された VLAN の STP プライオリティを表示します。

system-id

(任意)ブリッジ ID および指定された VLAN に追加されたシステム ID 拡張を表示します。

protocol

(任意)スイッチ上でどの STP プロトコルがアクティブであるかを表示します。

inconsistentports

(任意)指定された VLAN で不整合 STP ステートになっているポートを表示します。

interface

(任意) インターフェイスを指定します。インターフェイスは Ethernet または EtherChannel のいずれかです。

ethernet slot/port

(任意) イーサネット インターフェイス、および そのスロット番号とポート番号を指定します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスと番号を指定します。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

cost

(任意)指定された VLAN の STP パス コストを表示します。

edge

(任意)指定された VLAN の特定インターフェイスの STP タイプ エッジ ポート情報を表示します。

inconsistency

(任意)指定された VLAN の特定インターフェイスの STP ポート不整合ステートを表示します。

priority

(任意)指定された VLAN の STP プライオリティを表示します。

rootcost

(任意)指定された VLAN の特定インターフェイスのルートまでのパス コストを表示します。

state

(任意)現在のポート STP の状態を表示します。有効な値は、blocking、disabled、learning、および forwarding です。

port

(任意)指定された VLAN のルート ポートに関する情報を表示します。

summary

(任意)指定された VLAN に関するサマリー STP 情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、VLAN 1 で STP 情報をイネーブルにする例を示します。

switch# show spanning-tree vlan 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show spanning-tree

STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree active

STP アクティブ インターフェイスだけに関する情報を表示します。

show spanning-tree bridge

スイッチ上のローカル ブリッジのブリッジ ID、タイマー、プロトコルを表示します。

show spanning-tree brief

STP に関する簡単なサマリー情報を表示します。

show spanning-tree detail

STP に関する詳細情報を表示します。

show spanning-tree interface

指定されたインターフェイスの STP インターフェイス ステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree mst

Multiple Spanning Tree(MST; 多重スパニング ツリー)STP に関する情報を表示します。

show spanning-tree root

このスイッチが属する STP インスタンスのルート ブリッジのステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree summary

STP に関するサマリー情報を表示します。

show startup-config

現在実行中のコンフィギュレーション ファイルの内容を表示するには、 show startup-config コマンドを使用します。

show startup-config

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルの情報を表示する例を示します。

switch# show startup-config
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config

現在実行中のコンフィギュレーション ファイルの内容を表示します。

show startup-config backup

バックアップ インターフェイスのスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config backup コマンドを使用します。

show startup-config backup [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含めたバックアップ インターフェイス情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、バックアップ インターフェイスのスタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config backup
 
!Command: show startup-config backup
!Time: Sun Jan 4 06:28:43 2009
!Startup config saved at: Thu Jan 1 03:40:28 2009
 
version 5.0(3)N2(1)
feature flexlink
 
logging level Flexlink 5
 
interface port-channel300
switchport backup interface port-channel301 preemption mode forced
 
interface port-channel500
switchport backup interface port-channel501 preemption delay 36
switchport backup interface port-channel501 multicast fast-convergence
 
interface port-channel502
switchport backup interface port-channel503
 
interface port-channel504
switchport backup interface Ethernet2/1
 
interface Ethernet1/2
switchport backup interface Ethernet1/1
 
interface Ethernet1/20
switchport backup interface Ethernet1/21
 
interface Ethernet2/2
switchport backup interface port-channel507 preemption mode forced
 
switch#
 

次に、バックアップ インターフェイスの詳細なスタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config backup all
 
!Command: show startup-config backup all
!Time: Sun Jan 4 06:29:17 2009
!Startup config saved at: Thu Jan 1 03:40:28 2009
 
version 5.0(3)N2(1)
feature flexlink
 
logging level Flexlink 5
 
interface port-channel300
switchport backup interface port-channel301 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel301 preemption delay 35
 
interface port-channel500
switchport backup interface port-channel501 preemption mode off
switchport backup interface port-channel501 preemption delay 36
switchport backup interface port-channel501 multicast fast-convergence
 
interface port-channel502
switchport backup interface port-channel503 preemption mode off
switchport backup interface port-channel503 preemption delay 35
 
interface port-channel504
switchport backup interface Ethernet2/1 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet2/1 preemption delay 35
 
interface Ethernet1/2
switchport backup interface Ethernet1/1 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet1/1 preemption delay 35
 
interface Ethernet1/20
switchport backup interface Ethernet1/21 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet1/21 preemption delay 35
 
interface Ethernet2/2
switchport backup interface port-channel507 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel507 preemption delay 35
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーション情報をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

show running-config backup

バックアップ インターフェイスの実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show running-config flexlink

Flex Link の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show tech-support backup

バックアップ インターフェイスのトラブルシューティング情報を表示します。

show tech-support flexlink

Flex Link のトラブルシューティング情報を表示します。

show startup-config exclude-provision

オフラインで事前プロビジョニングしたインターフェイスのコンフィギュレーションを除くスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config exclude-provision コマンドを使用します。

show startup-config exclude-provision

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、オフラインで事前プロビジョニングを行ったインターフェイスを設定しないスタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config exclude-provision
 
!Command: show startup-config exclude-provision
!Time: Mon Sep 6 08:24:27 2010
!Startup config saved at: Mon Sep 6 08:20:52 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
feature fcoe
 
feature telnet
feature tacacs+
cfs ipv4 distribute
cfs eth distribute
feature udld
feature interface-vlan
feature lacp
feature vpc
feature lldp
feature vtp
feature fex
 
username admin password 5 $1$wmFN7Wly$/pjqx1DfAkCCAg/KyxbUz/ role network-admin
username install password 5 ! role network-admin
username ciscoUser1 password 5 ! role network-operator
no password strength-check
ip domain-lookup
ip domain-lookup
tacacs-server host 192.168.0.54 key 7 "wawy1234"
tacacs-server host 192.168.0.37
tacacs-server host 192.168.0.37 test username user1
aaa group server tacacs+ t1
server 192.168.0.54
aaa group server tacacs+ tacacs
radius-server host 192.168.0.5 key 7 "KkwyCet" authentication accounting
aaa group server radius r1
server 192.168.0.5
hostname BEND-2
vlan dot1Q tag native
logging event link-status default
logging event trunk-status default
no service recover-errdisable
errdisable recovery interval 600
no errdisable detect cause link-flap
errdisable recovery cause link-flap
--More--
<--output truncated-->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

provision

スロット内のモジュールの事前プロビジョニングを行います。

show provision

事前にプロビジョニングしたモジュールの情報を表示します。

show running-config exclude-provision

事前プロビジョニングされた機能を除く実行コンフィギュレーションを表示します。

slot

事前定義したモジュールのシャーシ スロットを設定します。

show startup-config flexlink

Flex Link のスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config flexlink コマンドを使用します。

show startup-config flexlink [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含めた Flex Link に関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、Flex Link のスタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config flexlink
 
!Command: show startup-config flexlink
!Time: Sun Jan 4 06:29:46 2009
!Startup config saved at: Thu Jan 1 03:40:28 2009
 
version 5.0(3)N2(1)
feature flexlink
 
logging level Flexlink 5
 
interface port-channel300
switchport backup interface port-channel301 preemption mode forced
 
interface port-channel500
switchport backup interface port-channel501 preemption delay 36
switchport backup interface port-channel501 multicast fast-convergence
 
interface port-channel502
switchport backup interface port-channel503
 
interface port-channel504
switchport backup interface Ethernet2/1
 
interface Ethernet1/2
switchport backup interface Ethernet1/1
 
interface Ethernet1/20
switchport backup interface Ethernet1/21
 
interface Ethernet2/2
switchport backup interface port-channel507 preemption mode forced
 
switch#
 

次に、Flex Link の詳細なスタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config flexlink all
 
!Command: show startup-config flexlink all
!Time: Sun Jan 4 06:30:08 2009
!Startup config saved at: Thu Jan 1 03:40:28 2009
 
version 5.0(3)N2(1)
feature flexlink
 
logging level Flexlink 5
 
interface port-channel300
switchport backup interface port-channel301 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel301 preemption delay 35
 
interface port-channel500
switchport backup interface port-channel501 preemption mode off
switchport backup interface port-channel501 preemption delay 36
switchport backup interface port-channel501 multicast fast-convergence
 
interface port-channel502
switchport backup interface port-channel503 preemption mode off
switchport backup interface port-channel503 preemption delay 35
 
interface port-channel504
switchport backup interface Ethernet2/1 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet2/1 preemption delay 35
 
interface Ethernet1/2
switchport backup interface Ethernet1/1 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet1/1 preemption delay 35
 
interface Ethernet1/20
switchport backup interface Ethernet1/21 preemption mode off
switchport backup interface Ethernet1/21 preemption delay 35
 
interface Ethernet2/2
switchport backup interface port-channel507 preemption mode forced
switchport backup interface port-channel507 preemption delay 35
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーション情報をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

show running-config backup

バックアップ インターフェイスの実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show running-config flexlink

Flex Link の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show tech-support backup

バックアップ インターフェイスのトラブルシューティング情報を表示します。

show tech-support flexlink

Flex Link のトラブルシューティング情報を表示します。

show startup-config port-security

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルのセキュア ポート コンフィギュレーション情報を表示するには、 show startup-config port-security コマンドを使用します。

show startup-config port-security [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含め、セキュア ポートに関する詳細情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイスに設定したすべてのセキュア ポートのスタートアップ コンフィギュレーション ファイルの情報を表示する例を示します。

switch# show startup-config port-security
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear port-security dynamic

ポートの動的にセキュアなアドレスをクリアします。

 

show startup-config vtp

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルにある VLAN トランキング プロトコル(VTP)のコンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config vtp コマンドを使用します。

show startup-config vtp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存されている VTP コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config vtp
 
!Command: show startup-config vtp
!Time: Tue Sep 7 08:45:33 2010
!Startup config saved at: Tue Sep 7 08:45:03 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
feature vtp
 
vtp mode transparent
vtp domain MyDomain
vtp file bootflash:/myvtp.txt
 
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

feature vtp

スイッチ上で VTP をイネーブルにします。

vtp domain

VTP 管理ドメインを設定します。

vtp file

ファイルに VTP コンフィギュレーションを保存します。

vtp mode

VTP デバイス モードを設定します。

 

show svs connections

確認を目的として、Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチとの現在の SVS 接続を表示するには、 show svs connections コマンドを使用します。

show svs connections [ conn_name ]

 
構文の説明

conn-name

(任意)SVS 接続の名前。この名前には最大 64 文字までの英数字を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、ローカルおよびリモートの SVS 接続に関する情報を表示する例を示します。

switch# show svs connections
 
Local Info:
-----------
connection SVSConn:
ip address: 192.0.2.12
remote port: 21
vrf: default
protocol: vmware-vim https
certificate: default
datacenter name: DCName
extension key: Cisco_Nexus_1000V_1155927
dvs name: DVS_DC
DVS uuid: -
config status: Disabled
operational status: Disconnected
sync status: -
version: -
 
 
Peer Info:
----------
hostname: -
ip address: -
vrf:
protocol: -
extension key: -
certificate: -
certificate match: -
datacenter name: -
dvs name: -
DVS uuid: -
config status: Disabled
operational status: Connected
switch#
 

次に、ローカル マシンの SVS 情報を表示する例を示します。

switch# show svs connections SVSConn
 
Local Info:
-----------
connection SVSConn:
ip address: 10.0.0.1
remote port: 21
vrf: default
protocol: vmware-vim https
certificate: default
datacenter name: DCName
extension key: Cisco_Nexus_1000V_1199955927
dvs name: DVS_DC
DVS uuid: -
config status: Disabled
operational status: Disconnected
sync status: -
version: -
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

svs connection

SVS 接続をイネーブルにします。

 

show tech-support

バックアップ インターフェイスまたは Flex Link に関するトラブルシューティング情報を表示するには、 show tech-support コマンドを使用します。

show tech-support { backup | flexlink }

 
構文の説明

backup

バックアップ インターフェイスに関するトラブルシューティング情報を表示します。

flexlink

Flex Link に関するトラブルシューティング情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、バックアップ インターフェイスに関するトラブルシューティング情報を表示する例を示します。

switch# show tech-support backup
`show interface switchport backup detail`
 
 
Switch Backup Interface Pairs:
 
Active Interface Backup Interface State
------------------------------------------------------------------------
Ethernet1/2 Ethernet1/1 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 1000000 Kbit (Ethernet1/2), 10000000 Kbit (Ethernet1/1)
 
Ethernet1/20 Ethernet1/21 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 10000000 Kbit (Ethernet1/20), 10000000 Kbit (Ethernet1/21)
 
port-channel300 port-channel301 Active Up/Backup Down
Preemption Mode : forced
Preemption Delay : 35 seconds (default)
Multicast Fast Convergence : On
Bandwidth : 20000000 Kbit (port-channel300), 10000000 Kbit (port-channel
301)
 
port-channel500 port-channel501 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : On
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel500), 100000 Kbit (port-channel501)
 
port-channel502 port-channel503 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel502), 100000 Kbit (port-channel503)
 
port-channel504 Ethernet2/1 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel504), 0 Kbit (Ethernet2/1)
`show platform backup internal trace`
FLEXLINK Trace Dump in FIFO order
================================
Trace Buffer Size: 5 MB; Num of times buffer wrapped 0; Max Rec-Size 156; Rec_id
for next Msg 6219
===========================================================================
 
::0::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 594649 usecs] flexlink_db_initialize: timer libra
ry initialization successful
 
::1::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 594702 usecs] flexlink_db_initialize: starting VD
C 1
 
::2::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 594752 usecs] flexlink_initialize: flexlink_db_in
itialize done
 
::3::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 594946 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: mts
bind for flexlink_q_mts(7) successful
 
::4::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595015 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_SDWRAP_DEBUG_DUMP(1530) with flexlink_q_mts
 
::5::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595064 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_SYSLOG_FACILITY_OPR(185) with flexlink_q_mts
 
::6::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595113 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_SYSMGR_CFG_ACTION(1360) with flexlink_q_mts
 
::7::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595161 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_SYSMGR_CFG_SAVED(1361) with flexlink_q_mts
 
::8::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595209 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_VSH_CMD_TLV(7679) with flexlink_q_mts
 
::9::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595257 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_VSH_CMD_TLV_SYNC(7682) with flexlink_q_mts
 
::10::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595304 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: reg
istered MTS_OPC_FM_SRV_ENABLE_FEATURE(8925) with flexlink_q_mts
 
::11::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595351 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: reg
istered MTS_OPC_FM_SRV_DISABLE_FEATURE(8926) with flexlink_q_mts
 
::12::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595400 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: reg
istered MTS_OPC_IM_IF_CREATED(62467) with flexlink_q_mts
 
::13::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595448 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: reg
istered MTS_OPC_IM_IF_REMOVED(62468) with flexlink_q_mts
 
::14::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595495 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: reg
<--Output truncated-->
switch#
 

次に、Flex Link のトラブルシューティング情報を表示する例を示します。

switch# show tech-support flexlink
`show interface switchport backup detail`
 
 
Switch Backup Interface Pairs:
 
Active Interface Backup Interface State
------------------------------------------------------------------------
Ethernet1/2 Ethernet1/1 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 1000000 Kbit (Ethernet1/2), 10000000 Kbit (Ethernet1/1)
 
Ethernet1/20 Ethernet1/21 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 10000000 Kbit (Ethernet1/20), 10000000 Kbit (Ethernet1/21)
 
port-channel300 port-channel301 Active Up/Backup Down
Preemption Mode : forced
Preemption Delay : 35 seconds (default)
Multicast Fast Convergence : On
Bandwidth : 20000000 Kbit (port-channel300), 10000000 Kbit (port-channel
301)
 
port-channel500 port-channel501 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : On
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel500), 100000 Kbit (port-channel501)
 
port-channel502 port-channel503 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel502), 100000 Kbit (port-channel503)
 
port-channel504 Ethernet2/1 Active Down/Backup Down
Preemption Mode : off
Multicast Fast Convergence : Off
Bandwidth : 100000 Kbit (port-channel504), 0 Kbit (Ethernet2/1)
`show platform backup internal trace`
FLEXLINK Trace Dump in FIFO order
================================
Trace Buffer Size: 5 MB; Num of times buffer wrapped 0; Max Rec-Size 156; Rec_id
for next Msg 6225
===========================================================================
 
::0::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 594649 usecs] flexlink_db_initialize: timer libra
ry initialization successful
 
::1::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 594702 usecs] flexlink_db_initialize: starting VD
C 1
 
::2::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 594752 usecs] flexlink_initialize: flexlink_db_in
itialize done
 
::3::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 594946 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: mts
bind for flexlink_q_mts(7) successful
 
::4::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595015 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_SDWRAP_DEBUG_DUMP(1530) with flexlink_q_mts
 
::5::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595064 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_SYSLOG_FACILITY_OPR(185) with flexlink_q_mts
 
::6::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595113 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_SYSMGR_CFG_ACTION(1360) with flexlink_q_mts
 
::7::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595161 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_SYSMGR_CFG_SAVED(1361) with flexlink_q_mts
 
::8::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595209 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_VSH_CMD_TLV(7679) with flexlink_q_mts
 
::9::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595257 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: regi
stered MTS_OPC_VSH_CMD_TLV_SYNC(7682) with flexlink_q_mts
 
::10::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595304 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: reg
istered MTS_OPC_FM_SRV_ENABLE_FEATURE(8925) with flexlink_q_mts
 
::11::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595351 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: reg
istered MTS_OPC_FM_SRV_DISABLE_FEATURE(8926) with flexlink_q_mts
 
::12::[Thu Jan 1 00:01:21 2009 595400 usecs] flexlink_mts_queue_initialize: reg
istered MTS_OPC_IM_IF_CREATED(62467) with flexlink_q_mts
<--Output truncated-->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config backup

バックアップ インターフェイスの実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show running-config flexlink

Flex Link の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show tech-support port-channel

EtherChannel インターフェイスに関するトラブルシューティング情報を表示するには、 show tech-support port-channel コマンドを使用します。

show tech-support port-channel

 
構文の説明

このコマンドには、引数およびキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show tech-support port-channel コマンドの出力は非常に長くなります。この出力は、ファイルにリダイレクトすると、効率よく処理できます。

次に、EtherChannel インターフェイスに関するシスコ テクニカル サポート情報を表示する例を示します。

switch# show tech-support port-channel
`show port-channel internal event-history all`
Low Priority Pending queue: len(0), max len(2) [Thu Jul 8 04:05:04 2010]
High Priority Pending queue: len(0), max len(32) [Thu Jul 8 04:05:04 2010]
PCM Control Block info:
pcm_max_channels : 4096
pcm_max_channel_in_use : 1912
pc count : 29
hif-pc count : 20
Max PC Cnt : 768
====================================================
PORT CHANNELS:
 
port-channel19
channel : 19
bundle : 65535
ifindex : 0x16000012
admin mode : active
oper mode : active
fop ifindex : 0x1fc605c0
nports : 4
active : 4
pre cfg : 0
ltl: : 0
lif: : 0
iod: : 43
global id : 1
flag : 0
--More--
<---output truncated--->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel load-balance ethernet

チャネル グループ バンドル内のインターフェイス間のロードバランシング方式を設定します。

show port-channel load-balance

EtherChannel ロード バランシングに関する情報を表示します。

show udld

スイッチの Unidirectional Link Detection(UDLD; 単方向リンク検出)情報を表示するには、 show udld コマンドを使用します。

show udld [ ethernet slot / port | global | neighbors ]

 
構文の説明

ethernet slot/port

イーサネット IEEE 802.3z インターフェイスの UDLD 情報を表示します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

global

すべてのインターフェイスの UDLD グローバル ステータスおよび設定情報を表示します。

neighbors

UDLD ネイバー インターフェイスの情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべてのインターフェイスの UDLD 情報を表示する例を示します。

switch# show udld
 
Interface Ethernet1/1
--------------------------------
Port enable administrative configuration setting: device-default
Port enable operational state: enabled
Current bidirectional state: bidirectional
Current operational state: advertisement - Single neighbor detected
Message interval: 15
Timeout interval: 5
 
Entry 1
----------------
Expiration time: 41
Cache Device index: 1
Current neighbor state: bidirectional
Device ID: FLC12280095
Port ID: Ethernet1/1
Neighbor echo 1 devices: SSI130205RT
Neighbor echo 1 port: Ethernet1/1
 
Message interval: 15
Timeout interval: 5
CDP Device name: N5Kswitch-2(FLC12280095)
 
 
Interface Ethernet1/2
--------------------------------
Port enable administrative configuration setting: device-default
Port enable operational state: enabled
Current bidirectional state: bidirectional
Current operational state: advertisement - Single neighbor detected
Message interval: 15
Timeout interval: 5
 
Entry 1
----------------
--More--
switch#
 

次に、指定されたインターフェイスの UDLD 情報を表示する例を示します。

switch# show udld ethernet 1/1
 
Interface Ethernet1/1
--------------------------------
Port enable administrative configuration setting: device-default
Port enable operational state: enabled
Current bidirectional state: bidirectional
Current operational state: advertisement - Single neighbor detected
Message interval: 15
Timeout interval: 5
 
Entry 1
----------------
Expiration time: 41
Cache Device index: 1
Current neighbor state: bidirectional
Device ID: FLC12280095
Port ID: Ethernet1/1
Neighbor echo 1 devices: SSI130205RT
Neighbor echo 1 port: Ethernet1/1
 
Message interval: 15
Timeout interval: 5
CDP Device name: N5Kswitch-2(FLC12280095)
 
switch#
 

次に、すべてのインターフェイスの UDLD グローバル ステータスおよび設定を表示する例を示します。

switch# show udld global
 
UDLD global configuration mode: enabled
UDLD global message interval: 15
switch#
 

次に、UDLD ネイバー インターフェイスを表示する例を示します。

switch# show udld neighbors
Port Device Name Device ID Port ID Neighbor State
--------------------------------------------------------------------------
Ethernet1/1 FLC12280095 1 Ethernet1/1 bidirectional
Ethernet1/2 FLC12280095 1 Ethernet1/2 bidirectional
Ethernet1/3 FLC12280095 1 Ethernet1/3 bidirectional
Ethernet1/4 FLC12280095 1 Ethernet1/4 bidirectional
Ethernet1/7 JAF1346000H 1 Ethernet1/7 bidirectional
Ethernet1/8 JAF1346000H 1 Ethernet1/8 bidirectional
Ethernet1/9 JAF1346000C 1 Ethernet1/9 bidirectional
Ethernet1/10 JAF1346000C 1 Ethernet1/10 bidirectional
 
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

udld(コンフィギュレーション モード)

スイッチに UDLD プロトコルを設定します。

udld(イーサネット)

イーサネット インターフェイスに UDLD プロトコルを設定します。

show vlan

VLAN 情報を表示するには、 show vlan コマンドを使用します。

show vlan [ brief | name { name } | summary ]

 
構文の説明

brief

(任意)各 VLAN について、VLAN、ステータス、およびポートを 1 行だけで表示します。

name name

(任意)VLAN 名で特定された 1 つの VLAN に関する情報を表示します。

summary

(任意)スイッチ上の既存の VLAN の数を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにより、プライベート VLAN を含む、スイッチ上のすべての VLAN の情報が表示されます。

各アクセス ポートは、1 つだけの VLAN に属すことができます。トランク ポートは、複数の VLAN に存在できます。


) ポートは、アクセス VLAN、Native VLAN、あるいはトランクが許可されるポートの 1 つとして VLAN に関連付けることが可能ですが、ディスプレイのポートの下に表示されるのはアクセス VLAN だけです。


state suspend または state active コマンドを使用して VLAN をシャットダウンすると、ステータス フィールドに次の値が表示されます。

suspended:VLAN が一時停止されています。

active:VLAN がアクティブです。

shutdown コマンドを使用して VLAN をシャットダウンすると、ステータス フィールドに次の値が表示されます。

act/lshut:VLAN ステータスはアクティブですが、ローカルにシャットダウンされています。

sus/lshut:VLAN ステータスは一時停止ですが、ローカルにシャットダウンされています。

VLAN が内部的にシャットダウンされている場合は、ステータス フィールドに次の値が表示されます。

act/ishut:VLAN ステータスはアクティブですが、内部的にシャットダウンされています。

sus/ishut:VLAN ステータスは一時停止されていますが、内部的にシャットダウンされています。

VLAN がローカルおよび内部的にシャットダウンされている場合、ステータス フィールドに表示される値は act/ishut または sus/ishut です。VLAN がローカルだけでシャットダウンされている場合、ステータス フィールドに表示される値は act/lshut または sus/lshut です。

次に、スイッチ上のすべての VLAN の情報を表示する例を示します。

switch# show vlan
 

次に、VLAN 名、ステータス、および関連付けられているポートだけを表示する例を示します。

switch# show vlan brief
 

次に、名前で指定した VLAN の VLAN 情報を表示する例を示します。

switch# show vlan name test
 

次に、スイッチ上の設定済みの VLAN の数に関する情報を表示する例を示します。

switch# show vlan summary
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface switchport

プライベート VLAN 内のポートも含めた、ポートに関する情報を表示します。

show vlan private-vlan

プライベート VLAN 情報を表示します。

show vlan dot1Q tag native

ネイティブ VLAN 上のタギングのステータスを表示するには、 show vlan dot1Q tag native コマンドを使用します。

show vlan dot1Q tag native

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、ネイティブ VLAN の 802.1Q タギングのステータスを表示する例を示します。

switch# show vlan dot1Q tag native
vlan dot1q native tag is enabled
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

vlan dot1q tag native

スイッチ上のすべてのトランク ポートのすべてのネイティブ VLAN の dot1q(IEEE 802.1Q)タギングをイネーブルにします。

show vlan id

個々の VLAN または VLAN 範囲の情報および統計情報を表示するには、 show vlan id コマンドを使用します。

show vlan id { vlan-id }

 
構文の説明

vlan-id

表示する VLAN または VLAN 範囲です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

プライベート VLAN も含めた、個々の VLAN または VLAN 範囲の情報および統計情報を表示するには、このコマンドを使用します。


) また、show vlan name コマンドを使用して、個々の VLAN に関する情報を表示できます。


次に、VLAN 5 の情報を表示する例を示します。

switch# show vlan id 5
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vlan

スイッチ上の VLAN に関する情報を表示します。

show vlan private-vlan

プライベート VLAN 情報を表示するには、 show vlan private-vlan コマンドを使用します。

show vlan [ id { vlan-id }] private-vlan [ type ]

 
構文の説明

id vlan-id

(任意)指定された VLAN のプライベート VLAN 情報を表示します。

type

(任意)プライベート VLAN タイプ(プライマリ、独立、コミュニティ)を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、スイッチ上のすべてのプライベート VLAN の情報を表示する例を示します。

switch(config)# show vlan private-vlan
 

次に、特定のプライベート VLAN の情報を表示する例を示します。

switch(config)# show vlan id 42 private-vlan
 

次に、スイッチ上の全プライベート VLAN のタイプの情報を表示する例を示します。

switch(config)# show vlan private-vlan type
 

次に、指定されたプライベート VLAN のタイプに関する情報を表示する例を示します。

switch(config)# show vlan id 42 private-vlan type
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface private-vlan mapping

プライマリ VLAN とセカンダリ VLAN 間のプライベート VLAN マッピングに関する情報を表示して、両方の VLAN が同じプライマリ VLAN インターフェイスを共有するようにします。

show interface switchport

プライベート VLAN 内のポートも含めた、ポートに関する情報を表示します。

show vlan

スイッチ上のすべての VLAN に関する情報を表示します。

show vtp counters

VLAN トランキング プロトコル(VTP)統計情報を表示するには、 show vtp counters コマンドを使用します。

show vtp counters

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、 feature vtp コマンドを使用してスイッチ上で VTP をイネーブルにする必要があります。


) VTP プルーニングは Cisco NX-OS Release 5.0(2)N2(1) ではサポートされません。


次に、Cisco NX-OS Release 5.0(2)N2(1) を実行しているスイッチの VTP カウンタを表示する例を示します。

switch# show vtp counters
VTP statistics:
Summary advertisements received : 0
Subset advertisements received : 0
Request advertisements received : 0
Summary advertisements transmitted : 0
Subset advertisements transmitted : 0
Request advertisements transmitted : 0
Number of config revision errors : 0
Number of config digest errors : 0
Number of V1 summary errors : 0
 
 
VTP pruning statistics:
 
Trunk Join Transmitted Join Received Summary advts received from
non-pruning-capable device
---------------- ---------------- ---------------- ---------------------------
port-channel23 0 0 0
port-channel67 0 0 0
port-channel400 0 0 0
port-channel1504 0 0 0
Ethernet1/2 0 0 0
Ethernet1/12 0 0 0
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vtp

スイッチ上で VTP をイネーブルにします。

vtp

インターフェイスで VTP をイネーブルにします。

vtp mode

VTP デバイス モードを設定します。

show vtp interface

VLAN トランキング プロトコル(VTP)インターフェイスのステータスおよびコンフィギュレーション情報を表示するには、 show vtp interface コマンドを使用します。

show vtp interface [ ethernet slot / port | port-channel channel-no ]

 
構文の説明

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスに対する VTP コンフィギュレーションを表示します。スロット番号には 1 ~ 255、ポート番号には 1 ~ 128 を指定できます。

port-channel channel-no

(任意)EtherChannel インターフェイスに対する VTP コンフィギュレーションを表示します。指定できる EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、 feature vtp コマンドを使用してスイッチ上で VTP をイネーブルにする必要があります。

次に、すべてのインターフェイスの VTP 設定情報を表示する例を示します。

switch# show vtp interface
 
Interface VTP Status
--------------------------------
port-channel23 Enabled
port-channel67 Enabled
port-channel400 Enabled
port-channel1504 Enabled
Ethernet1/2 Enabled
Ethernet1/12 Enabled
switch#
 

次に、イーサネット インターフェイスの VTP 設定情報を表示する例を示します。

switch# show vtp interface ethernet 1/12
 
Interface VTP Status
--------------------------------
Ethernet1/12 Enabled
switch#
 

次に、EtherChannel インターフェイスの VTP 設定情報を表示する例を示します。

switch# show vtp interface port-channel 23
 
Interface VTP Status
--------------------------------
port-channel23 Enabled
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vtp

スイッチ上で VTP をイネーブルにします。

show interface ethernet

スイッチに設定された Ethernet インターフェイスを表示します。

show interface port-channel

スイッチに設定された EtherChannel を表示します。

show vtp status

VTP 設定ステータスを表示します。

vtp

インターフェイスで VTP をイネーブルにします。

show vtp password

VLAN トランキング プロトコル(VTP)管理パスワードを表示するには、 show vtp password コマンドを使用します。

show vtp password [ domain domain-id ]

 
構文の説明

domain

(任意)VTP 管理ドメインを指定します。

domain-id

VTP ドメイン ID です。ID には、0 ~ 4294967295 を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、 feature vtp コマンドを使用してスイッチ上で VTP をイネーブルにする必要があります。

次に、管理ドメイン 1 に設定された VTP パスワードを表示する例を示します。

switch# show vtp password domain 1
VTP password: cisco
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vtp

スイッチ上で VTP をイネーブルにします。

vtp domain

VTP ドメインを設定します。

vtp password

VTP 管理パスワードを設定します。

show vtp status

VLAN Trunking Protocol(VTP; VLAN トランキング プロトコル)ドメイン ステータス情報を表示するには、 show vtp status コマンドを使用します。

show vtp status

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、 feature vtp コマンドを使用してスイッチ上で VTP をイネーブルにする必要があります。

次に、Cisco NX-OS Release 4.2(1)N1(1) の VTP ドメイン ステータスを表示する例を示します。

switch# show vtp status
VTP Version : 1
Configuration Revision : 0
Maximum VLANs supported locally : 1005
VTP Operating Mode : Transparent
VTP Domain Name :
VTP Pruning Mode : Disabled
VTP V2 Mode : Disabled
VTP Traps Generation : Disabled
switch#
 

次に、Cisco NX-OS Release 5.0(2)N1(1) で VTP ドメイン ステータスを表示する例を示します。

switch# show vtp status
VTP Status Information
----------------------
VTP Version : 2 (capable)
Configuration Revision : 0
Maximum VLANs supported locally : 1005
Number of exisiting VLANs : 504
VTP Operating Mode : Transparent
VTP Domain Name : MyDomain
VTP Pruning Mode : Disabled (Operationally Disabled)
VTP V2 Mode : Disabled
VTP Traps Generation : Enabled
MD5 Digest : 0x55 0xDE 0xF3 0x03 0x0F 0xE5 0x9D 0x6B
Configuration last modified by 0.0.0.0 at 0-0-00 00:00:00
VTP version running : 1
Local updater ID is 5.1.1.4
 
switch#
 

次に、Cisco NX-OS Release 5.0(2)N2(1) で VTP ドメイン ステータスを表示する例を示します。

switch# show vtp status
VTP Status Information
----------------------
VTP Version : 2 (capable)
Configuration Revision : 0
Maximum VLANs supported locally : 1005
Number of existing VLANs : 14
VTP Operating Mode : Server
VTP Domain Name : cisco
VTP Pruning Mode : Disabled (Operationally Disabled)
VTP V2 Mode : Disabled
VTP Traps Generation : Disabled
MD5 Digest : 0x70 0x06 0xAE 0x94 0x0B 0x33 0xFB 0xD4
Configuration last modified by 0.0.0.0 at 0-0-00 00:00:00
Local updater ID is 0.0.0.0
VTP version running : 1
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vtp

スイッチ上で VTP をイネーブルにします。

vtp domain

VTP ドメインを設定します。

vtp mode

VTP デバイス モードを設定します。

vtp version

VTP バージョンを設定します。