Cisco Nexus 5000 Series NX-OS レイヤ 2 インターフェイス コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
B コマンド
B コマンド
発行日;2012/06/17 | 英語版ドキュメント(2012/04/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

B コマンド

bandwidth(インターフェイス)

beacon(インターフェイス)

bind(仮想イーサネット インターフェイス)

B コマンド

この章では、B で始まる Cisco NX-OS イーサネット コマンドおよび仮想イーサネット コマンドについて説明します。

bandwidth(インターフェイス)

インターフェイスに継承帯域幅および受信帯域幅の値を設定するには、 bandwidth コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bandwidth { kbps | inherit [ kbps ]}

no bandwidth { kbps | inherit [ kbps ]}

 
構文の説明

kbps

情報帯域幅(キロビット/秒)。有効値は、1 ~ 10000000 です。

inherit

(任意)帯域幅を親インターフェイスから継承することを指定します。

 
コマンド デフォルト

1000000 kbps

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード
サブインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

bandwidth コマンドは、現在の帯域幅だけを上位のプロトコルに通知する情報パラメータを設定します。このコマンドを使用してインターフェイスの実際の帯域幅を調整できません。

bandwidth inherit コマンドは、サブインターフェイスがメイン インターフェイスの帯域幅を継承する方法を制御します。

no bandwidth inherit コマンドを使用すると、設定済みの帯域幅に関係なく、すべてのサブインターフェイスがメイン インターフェイスのデフォルトの帯域幅を継承するようになります。サブインターフェイスに帯域幅が設定されていない状態で bandwidth inherit コマンドを使用した場合、すべてのサブインターフェイスがメイン インターフェイスの現在の帯域幅を継承します。メイン インターフェイスに新しい帯域幅を設定すると、すべてのサブインターフェイスでその新しい値が使用されます。

サブインターフェイスに帯域幅を設定せずに、メイン インターフェイスに bandwidth inherit コマンドを設定した場合、サブインターフェイスは指定された帯域幅を継承します。

いずれの場合も、インターフェイスに明示的な帯域幅が設定されている場合、そのインターフェイスでは、帯域幅の継承設定が有効かどうかにかかわらず、その明示的な帯域幅が使用されます。

次に、レイヤ 2 インターフェイスの帯域幅を設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# bandwidth 1000
switch(config-if)#
 

次に、親ルーテッド インターフェイスの帯域幅を継承するようにサブインターフェイスを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# bandwidth inherit 30000
switch(config-if)# interface ethernet 1/1.1
switch(config-subif)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface

インターフェイス コンフィギュレーション情報を表示します。

beacon(インターフェイス)

インターフェイス ポートのビーコン LED を点灯するには、 beacon コマンドを使用します。インターフェイスのビーコン LED を消灯するには、このコマンドの no 形式を使用します。

beacon

no beacon

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスに保留中のパケットがあるかどうかをチェックするビーコンが送信されていることを容易に識別するためのインターフェイス ポート LED を切り替えるには、 beacon コマンドを使用します。

次に、特定のインターフェイスでロケータ ビーコン LED を点灯する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# beacon
 

次に、特定のインターフェイスでロケータ ビーコン LED を消灯する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no beacon
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface

インターフェイスの設定情報を表示します。

 

bind(仮想イーサネット インターフェイス)

仮想イーサネット インターフェイスにインターフェイスをバインドするには、 bind コマンドを使用します。インターフェイスのバインドを解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

bind interface ethernet slot / port channel number

no bind interface ethernet slot / port channel number

 
構文の説明

interface ethernet

仮想イーサネット インターフェイスを、指定されたイーサネット インターフェイスにバインドすることを指定します。

slot / port

イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

channel

仮想イーサネット インターフェイスを、指定の EtherChannel インターフェイスにバインドすることを指定します。

number

EtherChannel 番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

仮想イーサネット インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、イーサネット インターフェイスに仮想イーサネット インターフェイス 10 をバインドする例を示します。

switch(config)# interface vethernet 10
switch(config-if)# bind interface ethernet 1/1 channel 101
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface vethernet

仮想イーサネット インターフェイスを設定します。

show interface ethernet

イーサネット インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface vethernet

指定した仮想イーサネット インターフェイス、属性、およびステータスを表示します。

show running-config interface

インターフェイスの実行コンフィギュレーションを表示します。