Cisco Nexus 5000 Series NX-OS ファイバ チャネル コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
M コマンド
M コマンド
発行日;2012/06/17 | 英語版ドキュメント(2012/03/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

M コマンド

member(FC エイリアス コンフィギュレーション モード)

member(ゾーン コンフィギュレーション モード)

member(ゾーンセット コンフィギュレーション モード)

M コマンド

この章では、M で始まる、Cisco NX-OS ファイバ チャネル、仮想ファイバ チャネル、および Fibre Channel over Ethernet(FCoE)のコマンドについて説明します。

member(FC エイリアス コンフィギュレーション モード)

仮想 SAN(VSAN)のファイバ チャネル エイリアスにメンバ名を追加するには、 member コマンドを使用します。ファイバ チャネル エイリアスからメンバ名を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

member { device-alias aliasname | domain-id domain-id port-number port-number | fcid fc-id | fwwn fwwn-id | interface fc slot / port [ domain-id domain-id | swwn swwn-id ] | pwwn pwwn-id | symbolic-nodename nodename }

no member { device-alias aliasname | domain-id domain-id port-number port-number | fcid fc-id | fwwn fwwn-id | interface fc slot / port [ domain-id domain-id | swwn swwn-id ] | pwwn pwwn-id | symbolic-nodename nodename }

 
構文の説明

device-alias aliasname

メンバ デバイス エイリアスを指定します。名前は、最大 64 文字まで指定できます。

domain-id domain-id

メンバ ドメイン ID を指定します。有効な範囲は 1 ~ 239 です。

port-number port-number

ポート番号を 0 ~ 255 の範囲で指定します。

fcid fc-id

メンバ FC ID を指定します。形式は、 0 x hhhhhh で、 h は 16 進数です。

fwwn fwwn-id

メンバ fWWN ID を指定します。形式は、 hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh で、 h は 16 進数です。

interface fc slot / port

メンバ インターフェイス ID と、そのスロット番号およびポート番号を指定します。

swwn swwn-id

(任意)メンバ sWWN ID を指定します。形式は、 hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh で、 h は 16 進数です。

pwwn pwwn-id

メンバ pWWN ID を指定します。形式は、 hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh で、 h は 16 進数です。

symbolic-nodename nodename

メンバ シンボリック ノード名を指定します。最大 255 文字まで指定可能です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

FC エイリアス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、samplealias というエイリアスにメンバを追加する例を示します。

switch(config)# fcalias name samplealias
 

次に、メンバにファイバ チャネル インターフェイスを定義する例を示します。

switch(config-fcalias)# member interface fc3/1
 

次に、指定されたメンバを削除する例を示します。

switch(config-fcalias)# no member interface fc3/1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fcalias name

エイリアスを設定します。

show fcalias

エイリアスのメンバ名情報を表示します。

member(ゾーン コンフィギュレーション モード)

ファイバ チャネル ゾーンにメンバ名を追加するには、 member コマンドを使用します。ゾーンからメンバ名を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

member { device-alias aliasname | domain-id domain-id port-number port | fcalias alias-name | fcid fc-id | fwwn fwwn-id | interface fc slot / port [ domain-id domain-id | swwn swwn-id ] | pwwn pwwn-id [ lun lun-id ] | symbolic-nodename nodename }

no member { device-alias aliasname | domain-id domain-id port-number port | fcalias alias-name | fcid fc-id | fwwn fwwn-id | interface fc slot / port [ domain-id domain-id | swwn swwn-id ] | pwwn pwwn-id [ lun lun-id ] | symbolic-nodename nodename }

 
構文の説明

device-alias aliasname

メンバ デバイス エイリアスを指定します。名前は、最大 64 文字まで指定できます。

domain-id domain-id

メンバ ドメイン ID を指定します。有効な範囲は 1 ~ 239 です。

port-number port

メンバ ポート番号を指定します。有効な範囲は 0 ~ 255 です。

fcalias alias-name

ファイバ チャネル エイリアス名を指定します。名前は、最大 64 文字まで指定できます。

fcid fc-id

メンバ FC ID を指定します。形式は、 0 x hhhhhh で、 h は 16 進数です。

fwwn fwwn-id

メンバ fWWN ID を指定します。形式は、 hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh で、 h は 16 進数です。

interface fc slot / port

メンバ インターフェイス ID と、そのスロット番号およびポート番号を指定します。

swwn swwn-id

(任意)メンバ sWWN ID を指定します。形式は、 hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh で、 h は 16 進数です。

pwwn pwwn-id

メンバ pWWN ID を指定します。形式は、 hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh で、 h は 16 進数です。

lun lun-id

(任意)メンバ Logical Unit Number(LUN)ID を指定します。形式は、 0 x hhhh [ : hhhh [ : hhhh [ : hhhh ]]] で、 h は 16 進数です。

symbolic-nodename nodename

メンバ シンボリック ノード名を指定します。名前は、最大 255 文字まで指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ゾーン セット ゾーン コンフィギュレーション モードおよびゾーンセット ゾーン コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ゾーン セット プロンプトからゾーンにメンバを追加する必要がある場合だけ、ゾーン セット ゾーンのメンバを作成します。

次に、VSAN 1 の zs1 というゾーンにメンバを追加する例を示します。

switch(config)# zone name zs1 vsan 1
switch(config-zone)# member fcid 0x111112
 

次に、VSAN 1 の Zoneset1 というゾーン セットにゾーンを追加する例を示します。

switch(config)# zoneset name ZoneSet1 vsan 1
switch(config-zoneset-zone)# member fcid 0x111112
 

次に、ファイバ チャネル インターフェイス メンバをゾーンに割り当てる例を示します。

switch(config)# zoneset name ZoneSet1 vsan 1
switch(config-zoneset-zone)# member interface fc 3/1
 

次に、指定したデバイスをゾーンから削除する例を示します。

switch(config-zoneset-zone)# no member interface fc 3/1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

zoneset(コンフィギュレーション モード)

ゾーン セットの名前を指定します。

zone name(ゾーン セット コンフィギュレーション モード)

ゾーン セットにゾーンを設定します。

show zoneset

ゾーン セット情報を表示します。

member(ゾーンセット コンフィギュレーション モード)

ゾーン セット メンバを設定するには、 member コマンドを使用します。ゾーン セット メンバを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

member member-name

no member member-name

 
構文の説明

member-name

メンバ名を指定します。名前は、最大 64 文字まで指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ゾーン セット コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

次に、メンバ ゾーンをゾーン セットを追加する例を示します。

switch(config)# zoneset name Zoneset1 vsan 10
switch(config-zoneset)# member ZoneA
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show zone

ゾーン情報を表示します。

zoneset name

ゾーン セットを作成します。