Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS QoS コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
U コマンド
U コマンド
発行日;2012/06/17 | 英語版ドキュメント(2012/03/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 728KB) | フィードバック

目次

U コマンド

untagged cos

U コマンド

この章では、U で始まる Cisco NX-OS の Quality of Service(QoS)コマンドについて説明します。

untagged cos

選択したインターフェイスのサービス クラス(CoS)値を上書きするには、 untagged cos コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

untagged cos cos-value

no untagged cos cos-value

 
構文の説明

cos-value

タグなしフレームのサービス クラス(CoS)値。値の範囲は 1 ~ 7 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード
サブインターフェイス コンフィギュレーション モード
仮想イーサネット インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N1(1)

このコマンドが追加されました。

5.0(2)N1(1)

同じインターフェイスで QoS タイプのポリシー マップとタグなし CoS を設定するサポートが、Cisco Nexus 5548 スイッチに対して追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスのサポートが追加されました。

5.1(3)N1(1)

仮想イーサネット インターフェイスのサポートが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、次のインターフェイスで使用できます。

レイヤ 2 インターフェイス

レイヤ 3 インターフェイス


) インターフェイスをレイヤ 3 インターフェイスとして設定するには、no switchport コマンドを使用します。


仮想イーサネット インターフェイス


) スイッチで Cisco アダプタ ファブリック エクステンダ(Adapter-FEX)をイネーブルにするには、feature-set virtualization コマンドを使用します。仮想イーサネット インターフェイスを設定するには、interface vethernet コマンドを使用します。


CoS 値なしで受信したイーサネット フレームには、CoS 値 0 が設定されます。

Cisco NX-OS 5.0(2)N1(1) を実行している Cisco Nexus 5548 スイッチでは、同じインターフェイスに QoS タイプのポリシー マップとタグなし CoS を設定できます。

次に、インターフェイスで受信するタグなしフレームに CoS 値 4 を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# untagged cos 4
 

次に、レイヤ 3 インターフェイスで受信するタグなしフレームに CoS 値 3 を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# untagged cos 3
switch(config-if)#
 

次に、仮想イーサネット インターフェイスで受信するタグなしフレームに CoS 値 5 を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature adapter-fex
Virtualization Plugin license checked out successfully
Virtualization Plugin extracted successfully
All Virtualization processes enabled successfully
switch(config)# interface vethernet 10
switch(config-if)# untagged cos 5
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature-set virtualization

スイッチで Cisco 仮想マシン機能をイネーブルにします。

interface vethernet

仮想イーサネット インターフェイスを設定します。

match cos

選択したクラスの一致条件とする CoS 値を設定します。

no switchport

インターフェイスを、レイヤ 3 ルーテッド インターフェイスとして設定します。

show interface untagged-cos

インターフェイスのタグなし CoS 値を表示します。