Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS QoS コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
P コマンド
P コマンド
発行日;2012/06/17 | 英語版ドキュメント(2012/03/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 728KB) | フィードバック

目次

P コマンド

pause no-drop

pause no-drop buffer-size

police(ポリシー マップ)

policy-map type control-plane

policy-map type network-qos

policy-map(QoS タイプ)

policy-map type queuing

priority

priority(仮想イーサネット インターフェイス)

priority-flow-control

P コマンド

この章では、P で始まる Cisco NX-OS の Quality of Service(QoS)コマンドについて説明します。

pause no-drop

ネットワーク QoS タイプのポリシー マップで参照されるクラスで、Class Based Flow Control(CBFC)ポーズ特性をイネーブルにするには、 pause コマンドを使用します。クラスの CBFC ポーズ特性をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

pause no-drop [ pfc-cos pfc-cos-list ]

no pause no-drop [ pfc-cos pfc-cos-list ]

 
構文の説明

pfc-cos

(任意)プライオリティ フロー制御(PFC)をアサートするための CoS 値を指定します。

pfc-cos-list

PFC CoS リスト。有効な範囲は 0 ~ 7 です。

カンマ(,)を使用して複数の値を区別するか、ハイフン(-)を使用して値の範囲を指定します。たとえば、0, 2, 3, または 2-5 のように指定します。

 
コマンド デフォルト

デフォルトでは、pause no-drop は off です。

 
コマンド モード

ネットワーク QoS クラス タイプのポリシー マップ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

イーサネット インターフェイスは、プライオリティ フロー制御(PFC)を使用して、ロスレス サービスを no-drop システム クラスに提供します。PFC はクラス単位でポーズ フレームを実装し、IEEE 802.1p CoS 値を使用してロスレス サービスを必要とするクラスを特定します。

CoS 値(match cos)以外の条件と一致するトラフィック クラスの PFC CoS だけを設定できます。

次に、ネットワーク QoS タイプのポリシー マップで参照されるクラスで pause no-drop をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# class-map type network-qos my_class1
switch(config-cmap-nq)# match qos-group 2
switch(config-cmap-nq)# exit
switch(config)# policy-map type network-qos my_policy1
switch(config-pmap-nq)# class type network-qos my_class1
switch(config-pmap-nq-c)# pause no-drop
switch(config-pmap-nq-c)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show class-map type network-qos

ネットワーク QoS タイプのクラス マップを表示します。

show policy-map

ポリシー マップを表示します。

pause no-drop buffer-size

ネットワーク QoS タイプのポリシー マップで参照されるクラスでクラス ベースのフロー制御(CBFC)のポーズ特性をイネーブルにし、no-drop クラス用の入力バッファのサイズを設定するには、 pause no drop buffer-size コマンドを使用します。クラスで CBFC のポーズ特性をディセーブルにし、バッファをリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

pause no-drop buffer-size buffer-size pause-threshold xoff-size resume-threshold xon-size

no pause no-drop buffer-size buffer-size pause-threshold xoff-size resume-threshold xon-size

 
構文の説明

buffer-size

入力トラフィックのバッファ サイズ(バイト単位)。有効な値は 10240 ~ 490880 です。

Cisco Nexus 5548 スイッチでは、152000 バイトの最大バッファ サイズを設定できます。

pause-threshold

ポートがピアをポーズさせるバッファ制限を指定します。

xoff-size

ポーズのためのバッファ制限(バイト単位)。有効な値は 0 ~ 490880 です。

Cisco Nexus 5548 スイッチでは、103360 バイトの最大ポーズしきい値を設定できます。

resume-threshold

ポートがピアを再開させるバッファ制限を指定します。

xon-size

再開するときのバッファ制限(バイト単位)。有効な値は 0 ~ 490880 です。

Cisco Nexus 5548 スイッチでは、83520 バイトの最大再開しきい値を設定できます。

 
コマンド デフォルト

デフォルトでは、pause no-drop は on です。

 
コマンド モード

ネットワーク QoS クラス タイプのポリシー マップ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

no-drop クラスのバッファ サイズとしきい値を設定するために使用します。3000 m(9843 フィート)のリンク距離でのロスレス イーサネットをサポートするためのバッファ サイズを設定します。Cisco NX-OS Release 5.0(2)N1(1) では、ポリシーをサポートするために十分なバッファ リソースが使用できない場合、スイッチ ソフトウェアによってそのポリシーが拒否されます。

バッファ サイズを設定するときは、次の点に注意してください。

バッファ サイズはポーズしきい値より大きくする必要があります。また、ポーズしきい値は再開しきい値より大きくする必要があります。この条件が満たされていないと、次のメッセージが表示されます。

ERROR: buffer-size can't be less then pause/resume-threshold
 

ポーズしきい値と再開しきい値の差は、Cisco Nexus 5020 スイッチの場合は 20480 バイト以上、Cisco Nexus 5548 の場合は 19840 バイト以上にする必要があります。この条件が満たされていないと、Cisco Nexus 5020 スイッチでは次のメッセージが表示されます。

Warning: The recommended difference between pause and resume threshold is 20480 bytes
 

Cisco Nexus 5548 では次のメッセージが表示されます。

Warning: The recommended difference between pause and resume threshold is 19840 bytes
 

ポーズしきい値は、再開しきい値より大きくする必要があります。この条件が満たされていないと、次のメッセージが表示されます。

ERROR: pause-threshold can't be less then resume-threshold
 

次に、ネットワーク QoS タイプのポリシー マップで参照されるクラスで pause no-drop をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# class-map type network-qos my_class1
switch(config-cmap-nq)# match qos-group 2
switch(config-cmap-nq)# exit
switch(config)# policy-map type network-qos my_policy1
switch(config-pmap-nq)# class type network-qos my_class1
switch(config-pmap-nq-c)# pause no-drop
switch(config-pmap-nq-c)#
 

次に、Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチで、ネットワーク QoS タイプのポリシー マップで参照されるクラスに 3000 m の no-drop バッファ サイズを設定する例を示します。

switch(config)# policy-map type network-qos pu-buffer
switch(config-pmap-nq)# class type network-qos cu1
switch(config-pmap-nq-c)# pause no-drop buffer-size 143680 pause-threshold 58860 resume-threshold 38400
switch(config-pmap-nq-c)#
 

次に、Cisco Nexus 5548 スイッチで、ネットワーク QoS タイプのポリシー マップで参照されるクラスに 3000 m の no-drop バッファ サイズを設定する例を示します。

switch(config-pmap-nq)# policy-map type network-qos policy-test
switch(config-pmap-nq)# class type network-qos cu1-ta1
switch(config-pmap-nq-c)# pause no-drop buffer-size 152000 pause-threshold 103360 resume-threshold 83520
switch(config-pmap-nq-c)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show class-map type network-qos

ネットワーク QoS タイプのクラス マップを表示します。

show policy-map

ポリシー マップを表示します。

 

police(ポリシー マップ)

コントロール プレーン ポリシー マップのクラス マップにトラフィック ポリシングを設定するには、 police コマンドを使用します。

police { rate | cir rate }

 
構文の説明

rate

平均レートをパケット/秒(pps)の単位で指定します。指定できる範囲は 0 ~ 20480 です。

cir

認定情報レート(CIR)を Kbps の単位で指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

コントロール プレーン ポリシー マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、200 パケット/秒の平均レートでコントロール プレーン ポリシー マップにトラフィック ポリシングを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# policy-map type control-plane copp-system-policy-customized
switch(config-pmap)# class ClassMapA
switch(config-pmap-c)# police 200
switch(config-pmap-c)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class(ポリシー マップ)

コントロール プレーン ポリシー マップのコントロール プレーン クラス マップを指定して、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

show policy-map type control-plane

コントロール プレーン ポリシー マップの設定情報を表示します。

 

policy-map type control-plane

コントロール プレーン ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始するには、 policy-map type control-plane コマンドを使用します。

policy-map type control-plane policy-map-name

 
構文の説明

policy-map-name

デフォルトのコントロール プレーン ポリシー マップの名前。名前は、英数字で指定します。大文字と小文字が区別され、最大文字数は 64 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、ユーザ定義のコントロール プレーン ポリシング(CoPP)ポリシー マップを作成できません。スイッチ ソフトウェアには、デフォルトのコントロール プレーン ポリシー マップ copp-system-policy-default と、カスタマイズしたポリシー マップ copp-system-policy-customized が含まれています。デフォルトのコントロール プレーン ポリシー マップに対してクラスを追加または削除することはできません。ただし、copp-system-policy-customized コントロール プレーン ポリシー マップに対してクラスを追加または削除することはできます。

デフォルト以外の名前でコントロール プレーン ポリシーを作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

ERROR: Policy-map create failed
 

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、コントロール プレーン ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# policy-map type control-plane copp-system-policy-customized
switch(config-pmap)#
 

次に、デフォルトのコントロール プレーン ポリシー マップ以外のコントロール プレーン ポリシー マップを作成したときに表示されるエラー メッセージの例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# policy-map type control-plane PolicyMapA
ERROR: Policy-map create failed
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show policy-map type control-plane

コントロール プレーン ポリシー マップの設定情報を表示します。

 

policy-map type network-qos

ポリシー マップを作成または修正し、ネットワーク QoS タイプのポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始するには、 policy-map type network-qos コマンドを使用します。ポリシー マップを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

policy-map type network-qos policy-map-name

no policy-map type network-qos policy-map-name

 
構文の説明

policy-map-name

ネットワーク QoS タイプのポリシー マップに割り当てられる名前。最大 40 の英数字を使用できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポリシー マップをインターフェイスに割り当てるには、 service-policy コマンドを使用します。

Cisco NX-OS Release 5.0(2)N1(1) を実行している Cisco Nexus 5548 スイッチでは、スイッチ ソフトウェアによって class-fcoe クラス マップがポリシー マップに自動的には関連付けられません。class-fcoe クラスは手動でポリシー マップに追加できます。その他のすべての Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、このクラスはデフォルトでポリシー マップに含まれています。Cisco Nexus 5548 スイッチでは、ポリシー マップから class-fcoe クラスを削除できます。

set qos-group コマンドを使用して、Cisco Nexus 5548 スイッチで class-fcoe クラス マップの qos-group を設定できます。デフォルトの qos-group 値は 1 です。

次に、QoS ネットワーク タイプのポリシー マップを作成または修正する例を示します。

switch(config)# policy-map type network-qos my_policy1
switch(config-pmap-nq)#
 

次に、ネットワーク QoS タイプのポリシー マップを削除する例を示します。

switch(config)# no policy-map type network-qos my_policy1
switch(config)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class type network-qos

ポリシー マップのネットワーク QoS タイプのクラス マップを参照します。

description

クラス マップまたはポリシー マップに説明を追加します。

feature fcoe

スイッチ上で FCoE をイネーブルにします。

set qos-group

トラフィック クラスに QoS グループ ID を割り当てます。

show policy-map

ポリシー マップを表示します。

policy-map(QoS タイプ)

ポリシー マップを作成または修正し、QoS タイプのポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始するには、 policy-map コマンドを使用します。QoS ポリシー マップを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

policy-map [ type qos ] qos-policy-map-name

no policy-map [ type qos ] qos-policy-map-name

 
構文の説明

type qos

(任意)QoS タイプのポリシー マップを指定します。

qos-policy-map-name

QoS タイプのポリシー マップに割り当てられる名前。最大 40 の英数字を使用できます。

 
コマンド デフォルト

タイプを指定せずに policy-map コマンドを実行すると、QoS タイプのポリシー マップ コンフィギュレーション モードが開始されます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポリシー マップをインターフェイスに割り当てるには、 service-policy コマンドを使用します。

Cisco NX-OS Release 5.0(2)N1(1) を実行している Cisco Nexus 5548 スイッチでは、スイッチ ソフトウェアによって class-fcoe クラス マップがポリシー マップに自動的には関連付けられません。class-fcoe クラスは手動でポリシー マップに追加できます。その他のすべての Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、このクラスはデフォルトでポリシー マップに含まれています。Cisco Nexus 5548 スイッチでは、ポリシー マップから class-fcoe クラスを削除できます。

set qos-group コマンドを使用して、Cisco Nexus 5548 スイッチで class-fcoe クラス マップの qos-group を設定できます。デフォルトの qos-group 値は 1 です。

次に、QoS タイプのポリシー マップを作成または修正する例を示します。

switch(config)# policy-map my_policy1
switch(config-pmap-qos)#
 

次に、QoS タイプのポリシー マップを削除する例を示します。

switch(config)# no policy-map my_policy1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map type qos

QoS クラス マップを設定します。

feature fcoe

スイッチの FCoE 機能をイネーブルにします。

service-policy

ポリシー マップをインターフェイスに関連付けます。

set dscp

QoS トラフィックの DSCP 値を設定します。

set precedence

QoS トラフィックの IP precedence 値を設定します。

set qos-group

トラフィック クラスに QoS グループ ID を割り当てます。

show policy-map

ポリシー マップを表示します。

policy-map type queuing

ポリシー マップを作成または修正し、キューイング タイプのポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始するには、 policy-map type queuing コマンドを使用します。ポリシー マップを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

policy-map type queuing queuing-policy-map-name

no policy-map type queuing queuing-policy-map-name

 
構文の説明

queuing-policy-map-name

キューイング タイプのポリシー マップに割り当てられる名前。最大 40 の英数字を使用できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポリシー マップをインターフェイスに割り当てるには、 service-policy コマンドを使用します。

Cisco NX-OS Release 5.0(2)N1(1) を実行している Cisco Nexus 5548 スイッチでは、スイッチ ソフトウェアによって class-fcoe クラス マップがポリシー マップに自動的には関連付けられません。class-fcoe クラスは手動でポリシー マップに追加できます。その他のすべての Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、このクラスはデフォルトでポリシー マップに含まれています。Cisco Nexus 5548 スイッチでは、ポリシー マップから class-fcoe クラスを削除できます。

class-fcoe クラス マップでは、次の項目を設定できます。

帯域幅

帯域幅の値はゼロ(0)よりも大きな値にする必要があります。

qos-group(Cisco Nexus 5548 スイッチ)


) Cisco Nexus 5548 スイッチでは、デフォルトの qos-group 値は 1 です。


次に、キューイング タイプのポリシー マップを作成または修正する例を示します。

switch(config)# policy-map type queuing my_policy1
switch(config-pmap-que)# class type queuing my_class1
switch(config-pmap-c-que)# bandwidth percent 75
switch(config-pmap-c-que)# exit
switch(config-pmap-que)#
 

次に、キューイング タイプのポリシー マップを削除する例を示します。

switch(config)# no policy-map type queuing my_policy1
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

bandwidth

インターフェイスの帯域幅を設定します。

service-policy

ポリシー マップをインターフェイスに関連付けます。

set qos-group

トラフィック クラスに QoS グループ ID を割り当てます。

show policy-map

ポリシー マップを表示します。

priority

ポリシー マップのトラフィック クラスにプライオリティ キューを割り当てるには、 priority コマンドを使用します。マッピングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

priority

no priority

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

キューイング タイプのポリシー クラス マップ コンフィギュレーション

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ポリシー マップのトラフィック クラスに完全優先キューを設定する場合、プライオリティ クラスは、他のクラス キューより優先されます。このキューは、キュー ゼロ(データ トラフィックではなく制御トラフィックを伝送)以外の他のすべてのキューより先に処理されます。

次に、トラフィック クラスを完全優先キューにマッピングする例を示します。

switch(config)# policy-map type queuing my_policy1
switch(config-pmap-que)# class type queuing 8q2t-in-q4
switch(config-pmap-c-que)# priority
switch(config-pmap-que)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show policy-map

ポリシー マップを表示します。

priority(仮想イーサネット インターフェイス)

ポリシー マップの仮想イーサネット インターフェイスのトラフィック クラスにプライオリティを割り当てるには、 priority コマンドを使用します。マッピングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

priority veth-priority

no priority

 
構文の説明

veth-priority

仮想イーサネット インターフェイスのプライオリティ。指定できる範囲は 0 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

仮想イーサネット インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、 interface vethernet コマンドを使用して仮想イーサネット インターフェイスを設定する必要があります。

ポリシー マップのトラフィック クラスに完全優先キューを設定する場合、プライオリティ クラスは、他のクラス キューより優先されます。このキューは、キュー ゼロ(データ トラフィックではなく制御トラフィックを伝送)以外の他のすべてのキューより先に処理されます。

次に、仮想イーサネット インターフェイスのプライオリティを設定する例を示します。

switch(config)# interface vethernet 10
switch(config-if)# priority
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface vethernet

仮想イーサネット インターフェイスを設定します。

show policy-map

ポリシー マップを表示します。

 

priority-flow-control

選択されたインターフェイスのプライオリティフロー制御(PFC)モードを設定するには、 priority-flow-control コマンドを使用します。

priority-flow-control mode { auto | on | off }

no priority-flow-control mode { auto | on | off }

 
構文の説明

auto

PFC 機能をネゴシエーションします。

on

PFC を強制的にイネーブルにします。

off

PFC を強制的にディセーブルにします。

 
コマンド デフォルト

Auto

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスのサポートが追加されました。

5.1(3)N1(1)

off キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、次のインターフェイスで使用できます。

レイヤ 2 インターフェイス

レイヤ 3 インターフェイス


) インターフェイスをレイヤ 3 インターフェイスとして設定するには、no switchport コマンドを使用します。


次に、インターフェイス上で PFC を強制的にイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# priority-flow-control mode on
switch(config-if)#
 

次に、インターフェイス上で PFC を強制的にディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# priority-flow-control mode off
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

flowcontrol

選択したインターフェイスにリンクレベル フロー制御を設定します。

no switchport

インターフェイスを、レイヤ 3 ルーテッド インターフェイスとして設定します。

show interface flowcontrol

すべてのインターフェイスでフロー制御設定の詳細なリストを表示します。

show interface priority-flow-control

指定されたインターフェイスのプライオリティ フロー制御詳細を表示します。