Cisco Nexus 5000 Series NX-OS Virtual Port Channel コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
R コマンド
R コマンド
発行日;2012/06/22 | 英語版ドキュメント(2012/01/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 902KB) | フィードバック

目次

R コマンド

reload restore

role

R コマンド

この章では、R で始まる Cisco NX-OS の仮想ポート チャネル(vPC)コマンドについて説明します。

reload restore

仮想ポート チャネル(vPC)ピア リンクを復元する時間を設定するには、 reload restore コマンドを使用します。デフォルトの遅延値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

reload restore [ delay delay_value ]

no reload restore

 
構文の説明

delay

(任意)vPC ピアがデッド状態であると判断し、vPC リンクを復元するまでの時間を指定します。

delay_value

vPC リンクを復元するまでの時間(秒単位)。指定できる範囲は 240 ~ 3600 で、デフォルトは 240 です。

 
コマンド デフォルト

240 秒

 
コマンド モード

vPC ドメイン コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

5.0(2)N2(1)

このコマンドは廃止予定で、 auto-recovery コマンドに置き換えられました。これは、下位互換性のためにいくつかのリリースにわたって保持されます。

次に、vPC ドメイン 100 の 240 秒(デフォルト値)のリロード復元間隔をイネーブルにする例を示します。

switch# configuration terminal
switch(config)# vpc domain 100
switch(config-vpc-domain)# reload restore
Warning:
Enables restoring of vPCs in a peer-detached state after reload, will wait for 240 seconds (by default) to determine if peer is un-reachable
switch(config-vpc-domain)#
 

次に、vPC ドメイン 200 に 300 秒の遅延時間を設定する例を示します。

switch# configuration terminal
switch(config)# vpc domain 200
switch(config-vpc-domain)# reload restore delay 300
Warning:
Enables restoring of vPCs in a peer-detached state after reload, will wait for 240 seconds (by default) to determine if peer is un-reachable
switch(config-vpc-domain)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

vpc domain

vPC ドメインを設定します。

show running-config vpc

vPC の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

role

プライマリまたはセカンダリ ロールを手動で仮想ポート チャネル(vPC)デバイスに割り当てるには、 role コマンドを使用します。デフォルトのロール プライオリティを復元するには、このコマンドの no 形式を使用します。

role priority priority_value

no role priority priority_value

 
構文の説明

priority

vPC コンフィギュレーションにプライマリとセカンダリのロールを定義するプライオリティを指定します。

priority_value

vPC デバイスのプライオリティ値。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

vPC ドメイン コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトでは、vPC ドメインと、vPC ピア リンクの両端を設定すると、Cisco NX-OS ソフトウェアはプライマリとセカンダリの vPC ピア デバイスを選択します。ただし、vPC のプライマリ デバイスとして、特定の vPC ピア デバイスを選択することもできます。選択したら、プライマリ デバイスにする vPC ピア デバイスに、他の vPC ピア デバイスより小さいロール値を手動で設定します。

vPC はロールのプリエンプションをサポートしていません。プライマリ vPC ピア デバイスに障害が発生すると、セカンダリ vPC ピア デバイスが、vPC プライマリ デバイスの機能を引き継ぎます。ただし、以前のプライマリ vPC が再起動しても、機能のロールは元に戻りません。

次に、vPC デバイスのロール プライオリティを設定する例を示します。

switch(config-vpc-domain)# role priority 100
switch(config-vpc-domain)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

show running-config vpc

vPC の実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show vpc role

vPC システム プライオリティを表示します。