Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS セキュリティ コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
E コマンド
E コマンド
発行日;2012/06/22 | 英語版ドキュメント(2011/12/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

E コマンド

enable

enable secret

E コマンド

この章では、E で始まる Cisco NX-OS セキュリティ コマンドについて説明します。

enable

ユーザがシークレット パスワードの入力を求められた後に、高い権限レベルに移行できるようにするには、 enable コマンドを使用します。

enable level

 
構文の説明

level

ユーザがログインする必要がある権限レベル。指定できるレベルは 15 だけです。

 
コマンド デフォルト

権限レベル 15

 
コマンド モード

EXEC コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 feature privilege コマンドを使用して、TACACS+ サーバでのコマンド認可にロールの累積権限をイネーブルにする必要があります。

次に、ユーザがシークレット パスワードの入力を求められた後に、高い権限レベルに移行できるようにする例を示します。

switch# enable 15
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable secret

特定の権限レベルのシークレット パスワードをイネーブルにします。

feature privilege

TACACS+ サーバでのコマンド認可に対するロールの累積権限をイネーブルにします。

show privilege

現在の特権レベル、ユーザ名、および累積権限サポートのステータスを表示します。

username

ユーザが認可に権限レベルを使用できるようにします。

enable secret

特定の権限レベルのシークレット パスワードをイネーブルにするには、 enable secret コマンドを使用します。パスワードをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

enable secret [ 0 | 5 ] password [ all | priv-lvl priv-lvl ]

no enable secret [ 0 | 5 ] password [ all | priv-lvl priv-lvl ]

 
構文の説明

0

(任意)パスワードがクリア テキストであること指定します。

5

(任意)パスワードが暗号化形式であること指定します。

password

ユーザ権限エスカレーション用のパスワード。最大で 64 文字の英数字を使用でき、大文字と小文字が区別されます。

all

(任意)すべての権限レベルのシークレットを追加または削除します。

priv-lvl priv-lvl

(任意)シークレットが属する権限レベル。指定できる範囲は 1 ~ 15 です。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 feature privilege コマンドを使用して、TACACS+ サーバでのコマンド認可にロールの累積権限をイネーブルにする必要があります。

次に、特定の権限レベルのシークレット パスワードをイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature privilege
switch(config)# enable secret 5 def456 priv-lvl 15
switch(config)# username user2 priv-lvl 15
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

enable

ユーザがシークレット パスワードの入力を求められた後に、高い権限レベルに移行できるようにします。

feature privilege

TACACS+ サーバでのコマンド認可に対するロールの累積権限をイネーブルにします。

show privilege

現在の特権レベル、ユーザ名、および累積権限サポートのステータスを表示します。

username

ユーザが認可に権限レベルを使用できるようにします。