Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 5.x
S コマンド
S コマンド
発行日;2012/07/19 | 英語版ドキュメント(2012/07/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

S コマンド

set forwarding-address

shutdown(OSPF)

summary-address(OSPF)

S コマンド

この章では、S で始まる Cisco NX-OS Open Shortest Path First(OSPF)コマンドについて説明します。

set forwarding-address

再配布されたタイプ 5 リンク ステート アドバタイズメント(LSA)に Open Shortest Path First(OSPF)転送アドレスを設定するには、 set forwarding-address コマンドを使用します。アドレスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

set forwarding-address

no forwarding-address

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

転送アドレスはデフォルトとして設定されません。

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、再配布されたタイプ 5 LSA に転送アドレスを設定する OSPF によって使用されます。自律システム境界ルータ(ASBR)で指定された転送アドレスの値は、0.0.0.0 またはゼロ以外のどちらかです。0.0.0.0 アドレスは、発信元ルータ(ASBR)がネクスト ホップであることを示します。

ASBR がルートを再配布し、これらのルートのネクスト ホップ インターフェイス上で OSPF がイネーブルでない場合、転送アドレスは 0.0.0.0 に設定されます。

転送アドレス フィールドをゼロ以外のアドレスに設定するには、次のすべての条件を満たす必要があります。

OSPF が、ASBR のネクスト ホップ インターフェイスでイネーブルであること。

ASBR のネクスト ホップ インターフェイスが、OSPF では非パッシブであること。

ASBR のネクスト ホップ インターフェイスが、ポイントツーポイントではないこと。

ASBR のネクスト ホップ インターフェイスが、ポイントツーマルチポイントではないこと。

その他のすべての条件では、転送アドレスを 0.0.0.0 に設定します。

次に、転送アドレスを設定する例を示します。

switch(config)# route-map test1 10 permit
switch(config-route-map)# set forwarding-address
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

match as-path

BGP AS パス アクセス リストを照合します。

match community

BGP コミュニティを照合します。

match ip next-hop

指定されたアクセス リストのいずれかによって渡されたネクスト ホップ ルータ アドレスを含むすべてのルートを再配布します。

match ip route-source

アクセス リストによって指定されたアドレスで、ルータおよびアクセス サーバによってアドバタイズされたルートを再配布します。

match metric

指定したメトリックを持つルートを再配布します。

match tag

指定されたタグと一致するルーティング テーブルのルートを再配布します。

route-map(IP)

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

set as-path

BGP ルートの AS パスを変更します。

set community

BGP コミュニティ属性を設定します。

set level

ルートのインポート先を示します。

set local-preference

AS パスのプリファレンス値を指定します。

set metric

ルーティング プロトコルのメトリック値を設定します。

set metric-type

宛先ルーティング プロトコルのメトリック タイプを設定します。

set next-hop

ネクスト ホップのアドレスを指定します。

set tag

宛先ルーティング プロトコルのタグ値を設定します。

set weight

ルーティング プロトコルの BGP 重みを指定します。

shutdown(OSPF)

設定を削除することなく OSPF インスタンスを停止するには、 shutdown コマンドを使用します。停止した OSPF インスタンスを開始するには、このコマンドの no 形式を使用します。

shutdown

no shutdown

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

プロセスは停止していません。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード
VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

shutdown コマンドを入力すると、ルータ プロセスを停止しますが、設定パラメータは削除しません。イネーブルの場合、 shutdown コマンドは実行コンフィギュレーション ファイルに表示されます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、アクティブ OSPF インスタンスを停止する例を示します。

switch(config)# router ospf firstcompany
switch(config-router)# shutdown
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature ospf

ルータで OSPF をイネーブルにします。

router ospf

OSPF インスタンスを設定します。

summary-address(OSPF)

OSPF プロトコルの集約アドレスを作成するには、 summary-address コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

summary-address ip-prefix/length [ not-advertise ] [ tag tag ]

no summary-address ip-prefix/length [ not-advertise ] [ tag tag ]

 
構文の説明

ip-prefix/length

アドレス範囲に指定された IP プレフィックス(プレフィックス長を含む)。 ip-prefix に IP アドレスを指定します。 length に 1 ~ 31 の数を指定します。

not-advertise

(任意)指定の prefix/length のペアと一致するルートを抑制します。

tag tag

(任意)ルート マップを使用して再配布を制御する match 値として使用できるタグ値を指定します。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

集約アドレスを作成して特定のアドレス シリーズを交換するには、 summary-address コマンドを使用します。サマリーのアドバタイズに使用されるメトリックは、具体的なルートすべての中で最小のメトリックです。

このコマンドを使用すると、ルーティング テーブルのサイズを小さくします。OSPF Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)は、アドレスがカバーする再配布ルートすべての集約として 1 つの外部ルートをアドバタイズできます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、アドレス 192.0.1.0、192.0.2.0、192.0.3.0 などを含めるようサマリー アドレス 192.0.0.0 を設定する例を示します。アドレス 192.0.0.0 のみが外部 Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)でアドバタイズされます。

switch(config)# router ospf 201
switch(config-router)# summary-address 192.0.0.0/16
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

redistribute(OSPF)

外部ルーティング プロトコル ルートを OSPF に再配布します。

show ip ospf summary-address

OSPF サマリー アドレス再配布情報を表示します。