Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 5.x
show コマンド
show コマンド
発行日;2012/07/19 | 英語版ドキュメント(2012/07/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

show コマンド

show interface brief

show interface ethernet

show interface loopback

show interface port-channel

show ip arp

show ip arp summary

show ip client

show ip interface

show running-config arp

show startup-config arp

show コマンド

この章では、Cisco NX-OS レイヤ 3 インターフェイスの show コマンドについて説明します。

show interface brief

インターフェイス設定情報の簡単なサマリーを表示するには、 show interface brief コマンドを使用します。

show interface brief

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスのサポートが追加されました。

5.1(3)N1(1)

FabricPath ポート表示のサポートが追加されました。

次に、指定されたインターフェイスの設定情報のサマリーを表示する例を示します。

switch# show interface brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 1 eth trunk up none 10G(D) 4000
Eth1/2 1 eth trunk up none 10G(D) 4000
Eth1/3 1 eth trunk up none 10G(D) 4000
Eth1/4 1 eth trunk up none 10G(D) 4000
Eth1/5 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/6 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/7 1 eth trunk up none 10G(D) 10
Eth1/8 1 eth trunk up none 10G(D) 10
Eth1/9 1 eth trunk up none 10G(D) 10
Eth1/10 1 eth trunk up none 10G(D) 10
Eth1/11 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/12 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/13 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/14 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/15 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/16 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/17 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/18 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/19 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/20 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/21 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/22 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/23 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/24 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/25 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/26 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/27 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/28 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/29 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/30 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/31 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/32 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/33 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/34 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/35 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/36 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/37 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/38 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/39 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/40 1 eth trunk up none 10G(D) --
Eth2/1 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth2/2 1 eth access up none 10G(D) --
Eth2/3 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth2/4 1 eth access up none 10G(D) --
Eth2/5 1 eth access up none 10G(D) --
Eth2/6 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port-channel VLAN Type Mode Status Reason Speed Protocol
Interface
--------------------------------------------------------------------------------
Po10 1 eth trunk up none a-10G(D) lacp
Po4000 1 eth trunk up none a-10G(D) lacp
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port VRF Status IP Address Speed MTU
--------------------------------------------------------------------------------
mgmt0 -- up 192.168.10.37 100 1500
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Secondary VLAN(Type) Status Reason
-------------------------------------------------------------------------------
Vlan1 -- down Administratively down
 
switch#
 

次に、ルーテッド インターフェイスを含むインターフェイスの設定情報のサマリーを表示する例を示します。

switch# show interface brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/2 1 eth trunk up none 10G(D) --
Eth1/3 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/4 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/5 -- eth routed up none 10G(D) --
Eth1/5.2 -- eth routed down Configuration Incomplete 10G(D) --
Eth1/6 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/7 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/8 1 eth trunk up none 10G(D) 100
Eth1/9 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/10 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/11 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/12 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/13 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/14 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/15 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/16 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/17 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/18 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/19 1 eth fabric up none 10G(D) --
Eth1/20 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/21 1 eth access up none 10G(D) --
Eth1/22 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/23 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/24 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/25 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/26 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/27 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/28 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/29 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/30 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/31 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/32 1 eth access up none 10G(D) --
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port-channel VLAN Type Mode Status Reason Speed Protocol
Interface
--------------------------------------------------------------------------------
Po100 1 eth trunk up none a-10G(D) none
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port VRF Status IP Address Speed MTU
--------------------------------------------------------------------------------
mgmt0 -- up 172.29.231.33 1000 1500
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Secondary VLAN(Type) Status Reason
-------------------------------------------------------------------------------
Vlan1 -- up --
Vlan100 -- up --
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth100/1/1 1 eth access up none 10G(D) --
Eth100/1/2 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/3 1 eth access up none 10G(D) --
Eth100/1/4 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/5 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/6 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/7 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/8 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/9 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/10 1 eth access up none 10G(D) --
Eth100/1/11 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/12 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/13 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/14 1 eth access down Link not connected auto(D) --
Eth100/1/15 1 eth access up none 10G(D) --
Eth100/1/16 1 eth access down Link not connected auto(D) --
 
--------------------------------------------------------------------------------
Interface Status Description
--------------------------------------------------------------------------------
Lo10 up --
switch#
 

上の表示に関して、次の点に注意してください。

Ethernet 1/5 はレイヤ 3 対応インターフェイスです。ディスプレイの次のフィールドは、レイヤ 3 インターフェイスとして設定されたインターフェイスの識別に役立ちます。

[Mode]:routed

[Status]:up

[Reason]:none

イーサネット 1/5.2 はレイヤ 3 サブインターフェイスです。ただし、インターフェイスはレイヤ 3 設定に対応していません(Status:down)。

インターフェイス Lo10 はレイヤ 3 のループバック インターフェイスです。

次に、Cisco NX-OS Release 5.1(3)N1(1) を実行しているスイッチの FabricPath インターフェイスとして設定されたインターフェイスのサマリーを表示する例を示します。

switch# show interface brief
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch#
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 1 eth access down SFP not inserted 1000(D) --
Eth1/2 -- eth routed down SFP not inserted 1000(D) --
Eth1/3 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/4 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/5 1 eth f-path down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/6 1 eth access down Link not connected 10G(D) --
Eth1/7 1 eth fabric down Link not connected 10G(D) --
Eth1/8 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/9 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/10 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/11 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/12 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/13 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/14 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/15 1 eth pvlan up none 1000(D) --
Eth1/16 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
Eth1/17 1 eth access down SFP not inserted 10G(D) --
switch#
 

上の表示では、Ethernet 1/5 に FabricPath ポートで確立されたことを示す「f-path」として表示されるモードがあります。

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface ethernet

イーサネット IEEE 802.3 インターフェイスを設定します。

 

show interface ethernet

インターフェイス設定に関する情報を表示するには、 show interface ethernet コマンドを使用します。

show interface ethernet slot / port [ . subintf-port-no ] [ brief | counters | description | status | switchport ]

 
構文の説明

slot / port

イーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を指定します。 スロット 番号は 1 ~ 255、 ポート 番号は 1 ~ 128 です。

.

(任意)サブインターフェイスの区切り文字を指定します。

(注) このキーワードは、レイヤ 3 インターフェイスに適用します。

subintf-port-no

(任意)サブインターフェイスのポート番号。有効な範囲は 1 ~ 48 です。

(注) この引数は、レイヤ 3 インターフェイスに適用します。

brief

(任意)インターフェイスに関する要約情報を表示します。

counters

(任意)インターフェイスに設定されているカウンタに関する情報を表示します。

description

(任意)インターフェイス設定の説明を表示します。

status

(任意)インターフェイスの動作ステートを表示します。

switchport

(任意)インターフェイスのスイッチポート情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

インターフェイスのすべての情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスおよびサブインターフェイスのサポートが追加されました。

switchport キーワードが追加されました。

次に、指定されたインターフェイスの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/1
Ethernet1/1 is up
Hardware: 1000/10000 Ethernet, address: 000d.ece7.df48 (bia 000d.ece7.df48)
MTU 1500 bytes, BW 10000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA
Port mode is fex-fabric
full-duplex, 10 Gb/s, media type is 1/10g
Beacon is turned off
Input flow-control is off, output flow-control is off
Rate mode is dedicated
Switchport monitor is off
Last link flapped 09:03:57
Last clearing of "show interface" counters never
30 seconds input rate 2376 bits/sec, 0 packets/sec
30 seconds output rate 1584 bits/sec, 0 packets/sec
Load-Interval #2: 5 minute (300 seconds)
input rate 1.58 Kbps, 0 pps; output rate 792 bps, 0 pps
RX
0 unicast packets 10440 multicast packets 0 broadcast packets
10440 input packets 11108120 bytes
0 jumbo packets 0 storm suppression packets
0 runts 0 giants 0 CRC 0 no buffer
0 input error 0 short frame 0 overrun 0 underrun 0 ignored
0 watchdog 0 bad etype drop 0 bad proto drop 0 if down drop
0 input with dribble 0 input discard
0 Rx pause
TX
0 unicast packets 20241 multicast packets 105 broadcast packets
20346 output packets 7633280 bytes
0 jumbo packets
0 output errors 0 collision 0 deferred 0 late collision
0 lost carrier 0 no carrier 0 babble
0 Tx pause
1 interface resets
 
switch#
 

次に、指定されたインターフェイスに設定されているカウンタを表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/1 counters
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port InOctets InUcastPkts InMcastPkts InBcastPkts
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 17193136 0 16159 0
--------------------------------------------------------------------------------
Port OutOctets OutUcastPkts OutMcastPkts OutBcastPkts
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/1 11576758 0 28326 106
switch#
 

次に、指定されたサブインターフェイスの詳細な設定情報を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/5.2
Ethernet1/5.2 is up
Hardware: 1000/10000 Ethernet, address: 0005.73a6.1dbc (bia 0005.73a6.1d6c)
Description: Eth 1/5.2 subinterfaces
Internet Address is 192.0.0.3/24
MTU 1500 bytes, BW 1500 Kbit, DLY 2000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation 802.1Q Virtual LAN, Vlan ID 100
EtherType is 0x8100
 
switch#
 

次に、指定されたサブインターフェイスの簡単な設定情報を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/5.2 brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth1/5.2 100 eth routed up none 10G(D) --
switch#
 

次に、指定のサブインターフェイスの目的を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/5.2 description
 
-------------------------------------------------------------------------------
Port Type Speed Description
-------------------------------------------------------------------------------
Eth1/5.2 eth 10G Eth 1/5.2 subinterfaces
switch#
 

次に、特定のインターフェイスのスイッチポート情報を表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/2 switchport
Name: Ethernet1/2
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: trunk
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1,300-800
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
Monitor destination rate-limit: 1G
 
switch#
 

上記の出力では、Monitor destination rate-limit フィールドは、Cisco Nexus 5010 シリーズ スイッチのスイッチポート インターフェイスで設定されているレート制限を示しています。


) Cisco Nexus 5010 シリーズ スイッチまたは Cisco Nexus 5020 シリーズ スイッチでのみモニタ宛先レート制限を設定できます。


 
関連コマンド

コマンド
説明

interface ethernet

イーサネット IEEE 802.3 インターフェイスを設定します。

interface ethernet(レイヤ 3)

レイヤ 3 イーサネット IEEE 802.3 インターフェイスを設定します。

switchport mode vntag

イーサネット インターフェイスを VNTag ポートとして設定します。

switchport monitor rate-limit

インターフェイス上のトラフィックのレート制限を設定します。

show interface loopback

ループバック インターフェイスに関する情報を表示するには、 show interface loopback コマンドを使用します。

show interface loopback lo-number [ brief | description ]

 
構文の説明

lo-number

ループバック インターフェイス番号。指定できる範囲は 0 ~ 1023 です。

brief

(任意)ループバック インターフェイス情報の簡単なサマリーを表示します。

description

(任意)ループバック インターフェイスの説明を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、特定のループバック インターフェイスの設定情報を表示する例を示します。

switch# show interface loopback 10
loopback10 is up
Hardware: Loopback
MTU 1500 bytes, BW 8000000 Kbit, DLY 5000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation LOOPBACK
0 packets input 0 bytes
0 multicast frames 0 compressed
0 input errors 0 frame 0 overrun 0 fifo
0 packets output 0 bytes 0 underruns
0 output errors 0 collisions 0 fifo
 
switch#
 

表 1 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 1 show interface loopback のフィールドの説明

フィールド
説明

Loopback is ...

インターフェイス ハードウェアが現在アクティブであるか(キャリア検出があるか)、現在非アクティブであるか(ダウンしているか)、または、管理者によって停止されたか(管理上のダウンが行われたか)が示されます。

Hardware

ハードウェアはループバックです。

MTU

インターフェイスの最大伝送ユニット(MTU)。

BW

インターフェイスの帯域幅(kbps)。

DLY

マイクロ秒単位でのインターフェイスの遅延(DLY)。

reliability

255 を分母とする分数で表したインターフェイスの信頼性(255/255 は 100% の信頼性)。5 分間の幾何平均から算出されます。

txload

インターフェイス上の送信パケットの負荷を表す、255 を分母とする分数(255/255 は完全な飽和状態を表します)。5 分間の幾何平均から算出されています。

rxload

インターフェイス上の受信パケットの負荷を表す、255 を分母とする分数(255/255 は完全な飽和状態を表します)。5 分間の移動平均から算出されています。

Encapsulation

インターフェイスに割り当てられているカプセル化方式。

LOOPBACK

ループバックが設定されているかどうかが示される。

packets input

システムが受信したエラーのないパケットの総数

bytes

システムで受信されたエラーのないパケット内のデータと MAC のカプセル化が含まれる総バイト数。

multicast frames

インターフェイスでイネーブルになっているマルチキャスト フレームの総数。

compressed

インターフェイスで圧縮されたマルチキャスト フレームの総数。

input errors

検査するインターフェイスに関し、データグラムの受信を妨げたエラーの総数。一部のデータグラムには、複数のエラーがある場合があり、また、他のデータグラムには、特に表形式のカテゴリに当てはまらないエラーがある場合があるため、これは、列挙型出力エラーの合計とのバランスが取れないことがあります。

frame

CRC エラーおよび整数以外のオクテット数を含む、不正な受信パケット数 シリアル回線の場合、通常、これはノイズやその他の転送上の問題による結果です。

overrun

入力速度がレシーバのデータ処理能力を超えたために、シリアル レシーバ ハードウェアが受信したデータをハードウェア バッファに格納できなかった回数

fifo

受信方向の先入れ先出し(FIFO)エラーの数。

packets output

システムが送信したメッセージの総数

bytes

データおよび MAC カプセル化など、システムが送信したバイトの総数

underruns

遠端トランスミッタが近端ルータのレシーバの処理速度よりも速く動作した回数。これは、一部のインターフェイスでは発生しない(報告されない)ことがあります。

output errors

検査するインターフェイスに関し、発信されるデータグラムの最終的な送信を妨げたエラーの総数。一部のデータグラムには、複数のエラーがある場合があり、また、他のデータグラムには、特に表形式のカテゴリに当てはまらないエラーがある場合があるため、これは、列挙型出力エラーの合計とのバランスが取れないことがあります。

collisions

ループバック インターフェイスに衝突はありません。

fifo

送信方向の先入れ先出し(FIFO)エラーの数。

次に、特定のループバック インターフェイスの要約情報を表示する例を示します。

switch# show interface loopback 10 brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Interface Status Description
--------------------------------------------------------------------------------
loopback10 up --
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface loopback

ループバック インターフェイスを設定します。

 

show interface port-channel

EtherChannel インターフェイス設定に関する情報を表示するには、 show interface port-channel コマンドを使用します。

show interface port-channel number [ . subinterface-number ] [ brief | counters | description | status ]

 
構文の説明

number

EtherChannel 番号。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

. subinterface-number

(任意)ポート チャネル サブインターフェイスの設定。EtherChannel 番号の後にドット(.)とサブインターフェイス番号を指定します。形式は次のようになります。

portchannel-number . subinterface-number

counters

(任意)EtherChannel インターフェイスに設定されているカウンタに関する情報を表示します。

description

(任意)EtherChannel インターフェイス設定の説明を表示します。

status

(任意)EtherChannel インターフェイスの動作ステートを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1a)

このコマンドが追加されました。

5.0(3)N1(1)

レイヤ 3 インターフェイスおよびサブインターフェイスのサポートが追加されました。

次に、指定された EtherChannel インターフェイスの設定情報を表示する例を示します。

switch# show interface port-channel 21
port-channel21 is up
Hardware: Port-Channel, address: 000d.ece7.df72 (bia 000d.ece7.df72)
MTU 1500 bytes, BW 10000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA
Port mode is trunk
full-duplex, 10 Gb/s
Beacon is turned off
Input flow-control is on, output flow-control is on
Switchport monitor is off
Members in this channel: Eth2/3
Last clearing of "show interface" counters never
30 seconds input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 seconds output rate 352 bits/sec, 0 packets/sec
Load-Interval #2: 5 minute (300 seconds)
input rate 0 bps, 0 pps; output rate 368 bps, 0 pps
RX
0 unicast packets 0 multicast packets 0 broadcast packets
0 input packets 0 bytes
0 jumbo packets 0 storm suppression packets
0 runts 0 giants 0 CRC 0 no buffer
0 input error 0 short frame 0 overrun 0 underrun 0 ignored
0 watchdog 0 bad etype drop 0 bad proto drop 0 if down drop
0 input with dribble 0 input discard
0 Rx pause
TX
0 unicast packets 15813 multicast packets 9 broadcast packets
15822 output packets 1615917 bytes
0 jumbo packets
0 output errors 0 collision 0 deferred 0 late collision
0 lost carrier 0 no carrier 0 babble
0 Tx pause
1 interface resets
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface port-channel

EtherChannel インターフェイスを設定します。

 

show ip arp

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)情報を表示するには、 show ip arp コマンドを使用します。

show ip arp [ ip-addr | { ethernet slot / port | loopback if_number | mgmt mif_number | port-channel number } ] [ client ] [ static ] [ statistics ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip-addr

(任意)IPv4 送信元アドレス。形式は x.x.x.x です。

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイスを指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

mgmt mif_number

(任意)管理インターフェイスを指定します。管理インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

client

(任意)ARP クライアント テーブルを表示します。

static

(任意)スタティック ARP エントリを表示します。

statistics

(任意)ARP 統計情報を表示します。

vrf vrf-name

(任意)Virtual Router Context(VRF)名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP 情報を表示する例を示します。

switch# show ip arp
 
Flags: D - Static Adjacencies attached to down interface
 
IP ARP Table for context default
Total number of entries: 1
Address Age MAC Address Interface
2.2.2.100 - 000a.000a.000a Ethernet1/2
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp

スタティック ARP エントリを設定します。

show ip arp summary

ARP 隣接サマリーを表示するには、show ip arp summary コマンドを使用します。

show ip arp summary

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP 隣接サマリーを表示する例を示します。

switch# show ip arp summary
 
IP ARP Table - Adjacency Summary
 
Resolved : 0
Incomplete : 0
Unknown : 0
Total : 0
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp timeout

ARP を設定します。

 

show ip client

内部 IP クライアントに関する情報を表示するには、 show ip client コマンドを使用します。

show ip client [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)クライアントの名前。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、アドレス解決プロトコル(ARP)の IP クライアント情報を表示する例を示します。

switch(config)# show ip client arp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip process

IP プロセスに関する情報を表示します。

 

show ip interface

インターフェイスの IP 情報を表示するには、 show ip interface コマンドを使用します。

show ip interface [ type number ] [ brief ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

type

(任意)インターフェイス タイプ。 ? を使用して オプションを表示します。

number

(任意)インターフェイス番号。 ? を使用して 範囲を表示します。

brief

(任意)IP 情報のサマリーを表示します。

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。「default」と「all」の各文字列は予約済みの VRF 名です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、Ethernet 1/5 の IP 情報を表示する例を示します。

switch# show ip interface ethernet 1/5
IP Interface Status for VRF "default"(1)
Ethernet1/5, Interface status: protocol-down/link-down/admin-up, iod: 11,
IP address: 192.0.0.1, IP subnet: 192.0.0.0/24
IP broadcast address: 255.255.255.255
IP multicast groups locally joined: none
IP MTU: 1500 bytes (using link MTU)
IP primary address route-preference: 0, tag: 0
IP proxy ARP : disabled
IP Local Proxy ARP : disabled
IP multicast routing: disabled
IP icmp redirects: enabled
IP directed-broadcast: disabled
IP icmp unreachables (except port): disabled
IP icmp port-unreachable: enabled
IP unicast reverse path forwarding: none
IP load sharing: none
IP interface statistics last reset: never
IP interface software stats: (sent/received/forwarded/originated/consumed)
Unicast packets : 0/0/0/0/0
Unicast bytes : 0/0/0/0/0
Multicast packets : 0/0/0/0/0
Multicast bytes : 0/0/0/0/0
Broadcast packets : 0/0/0/0/0
Broadcast bytes : 0/0/0/0/0
Labeled packets : 0/0/0/0/0
Labeled bytes : 0/0/0/0/0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip address

ネットワーク インターフェイスにプライマリ IP アドレスを割り当てます。

show running-config arp

実行コンフィギュレーションのアドレス解決プロトコル(ARP)の設定を表示するには、 show running-config arp コマンドを使用します。

show running-config arp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)設定済みおよびデフォルトの情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP 設定を表示する例を示します。

switch# show running-config arp
 
!Command: show running-config arp
!Time: Mon Aug 23 07:33:15 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
ip arp timeout 2100
ip arp event-history errors size medium
 
interface Vlan10
ip arp 192.0.11.37 00C0.4F00.0000
 
switch#
 

次に、デフォルト情報を含む ARP 設定を表示する例を示します。

switch# show running-config arp all
 
!Command: show running-config arp all
!Time: Mon Aug 23 07:33:52 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
ip arp timeout 1500
ip arp event-history cli size small
ip arp event-history snmp size small
ip arp event-history client-errors size small
ip arp event-history client-event size small
ip arp event-history lcache-errors size small
ip arp event-history lcache size small
ip arp event-history errors size small
ip arp event-history ha size small
ip arp event-history event size small
ip arp event-history packet size small
 
interface Vlan10
ip arp 192.0.11.37 00C0.4F00.0000
ip arp gratuitous update
ip arp gratuitous request
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

ip arp timeout

ARP タイムアウトを設定します。

show startup-config arp

ARP のスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config arp

スタートアップ コンフィギュレーションのアドレス解決プロトコル(ARP)の設定を表示するには、 show startup-config arp コマンドを使用します。

show startup-config arp [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)設定済みおよびデフォルトの情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP スタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show startup-config arp
 
!Command: show running-config arp
!Time: Mon Aug 23 07:33:15 2010
 
version 5.0(2)N1(1)
ip arp timeout 2100
ip arp event-history errors size medium
 
interface Vlan10
ip arp 192.0.1.37 00C0.4F00.0000
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

ip arp timeout

ARP タイムアウトを設定します。

show running-config arp

ARP の実行コンフィギュレーションを表示します。