Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 5.x
H コマンド
H コマンド
発行日;2012/07/19 | 英語版ドキュメント(2012/07/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

H コマンド

hardware forwarding dynamic-allocation

H コマンド

この章では、H で始まる Cisco NX-OS ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)コマンドと転送情報ベース(FIB)のコマンドを示します。

hardware forwarding dynamic-allocation

Forwarding Information Base(FIB; 転送情報ベース)内のダイナミック TCAM ブロック割り当てをイネーブルまたはディセーブルするには、 hardware forwarding dynamic-allocation コマンドを使用します。

hardware forwarding dynamic-allocation { enable | disable }

 
構文の説明

enable

動的な TCAM 割り当てをイネーブルにします。

disable

動的な TCAM 割り当てをディセーブルにします。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

hardware forwarding dynamic-allocation enable コマンドは、FIB 内の使用済みブロックを再割り当てするために使用します。

hardware forwarding dynamic-allocation disable コマンドは、ダイナミック TCAM 割り当てをディセーブルにするために使用します。このコマンドは、再割り当てされたブロック内にルートが存在しない場合に TCAM をデフォルト割り当てに戻します。

次に、ダイナミック TCAM 割り当てをイネーブルにする例を示します。

switch(config)# hardware forwarding dynamic-allocation enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware forwarding dynamic-allocation

モジュールごとのダイナミック TCAM 割り当てに関する情報を表示します。