Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS マルチキャスト ルーティング コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 5.x
C コマンド
C コマンド
発行日;2012/07/17 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

C コマンド

clear ip msdp event-history

clear ip msdp peer

clear ip msdp policy statistics sa-policy

clear ip msdp route

clear ip msdp sa-cache

clear ip msdp statistics

C コマンド

この章では、C で始まる Cisco NX-OS MSDP コマンドについて説明します。

clear ip msdp event-history

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)イベント履歴バッファの情報をクリアするには、 clear ip msdp event-history コマンドを使用します。

clear ip msdp event-history

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次の例では、MSDP イベント履歴バッファの情報をクリアする方法を示します。

switch(config)# clear ip msdp event-history
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip msdp event-history

MSDP イベント履歴バッファのサイズを設定します。

show ip msdp event-history

MSDP イベント履歴バッファの情報を表示します。

clear ip msdp peer

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)ピアへの TCP 接続をクリアするには、 clear ip msdp peer コマンドを使用します。

clear ip msdp peer peer-address [ vrf vrf-name | default | management ]

 
構文の説明

peer-address

MSDP ピアの IP アドレスです。

vrf

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報をクリアします。

vrf-name

VRF 名。名前は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字が区別されます。

default

デフォルトの VRF エントリがマルチキャスト ルーティング テーブルからクリアされるよう指定します。

management

管理 VRF エントリがマルチキャスト ルーティング テーブルからクリアされるよう指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次の例では、MSDP ピアへの TCP 接続をクリアする方法を示します。

switch# clear ip msdp peer 192.168.1.10
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip msdp peer

MSDP ピアに関する情報を表示します。

clear ip msdp policy statistics sa-policy

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)ピアの Source-Active(SA)ポリシーをクリアするには、 clear ip msdp policy statistics sa-policy コマンドを使用します。

clear ip msdp policy statistics sa-policy peer-address { in | out } [ vrf vrf-name | default | management ]

 
構文の説明

peer-address

SA ポリシーの MSDP ピアの IP アドレスです。

in

入力ポリシーを指定します。

out

出力ポリシーを指定します。

vrf

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報をクリアします。

vrf-name

VRF 名。名前は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字が区別されます。

default

(任意)デフォルトの VRF エントリがマルチキャスト ルーティング テーブルからクリアされるよう指定します。

management

(任意)管理 VRF エントリがマルチキャスト ルーティング テーブルからクリアされるよう指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次の例では、MSDP ピアの SA ポリシーをクリアする方法を示します。

switch# clear ip msdp policy statistics sa-policy
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip msdp peer

MSDP ピアに関する情報を表示します。

clear ip msdp route

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)Source-Active(SA)のグループ エントリに一致するルートをクリアするには、 clear ip msdp route コマンドを使用します。

clear ip msdp route { * | group | group-prefix } [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

*

SA キャッシュからグループのすべての送信元を指定します。

group

A . B . C . D 形式のグループ アドレス。

group-prefix

A . B . C . D / length 形式のグループ プレフィックス。

vrf

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報をクリアします。

vrf-name

VRF 名。名前は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字が区別されます。

all

SA-cache からすべての VRF エントリがクリアされるよう指定します。

default

SA-cache からデフォルトの VRF エントリがクリアされるよう指定します。

management

SA-cache から管理 VRF エントリがクリアされるよう指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip msdp sa-cache コマンドを使用しても同じ機能を実行できます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次の例では、MSDP SA キャッシュをクリアする方法を示します。

switch# clear ip msdp route *
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip msdp sa-cache

MSDP SA キャッシュをクリアします。

clear ip msdp sa-cache

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)Source-Active(SA)のグループ エントリに一致するルートをクリアするには、 clear ip msdp sa-cache コマンドを使用します。

clear ip msdp sa-cache { * | group | group-prefix } [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

*

SA キャッシュからグループのすべての送信元を指定します。

group

A . B . C . D 形式のグループ アドレス。

group-prefix

A . B . C . D / length 形式のグループ プレフィックス。

vrf

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報をクリアします。

vrf-name

VRF 名。名前は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字が区別されます。

all

SA-cache からすべての VRF エントリがクリアされるよう指定します。

default

SA-cache からデフォルトの VRF エントリがクリアされるよう指定します。

management

SA-cache から管理 VRF エントリがクリアされるよう指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip msdp route コマンドを使用しても同じ機能を実行できます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次の例では、MSDP SA キャッシュをクリアする方法を示します。

switch# clear ip msdp sa-cache
switch#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip msdp route

MSDP SA キャッシュをクリアします。

show ip msdp sa-cache

MSDP Source-Active キャッシュの情報を表示します。

clear ip msdp statistics

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)ピアの統計情報をクリアするには、 clear ip msdp statistics コマンドを使用します。

clear ip msdp statistics [ peer-address ] [ vrf vrf-name | default | management ]

 
構文の説明

peer-address

(任意)MSDP ピアの IP アドレスです。

vrf

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス情報をクリアします。

vrf-name

VRF 名。名前は最大 32 文字の英数字で、大文字と小文字が区別されます。

default

(任意)デフォルトの VRF エントリがマルチキャスト ルーティング テーブルからクリアされるよう指定します。

management

(任意)管理 VRF エントリがマルチキャスト ルーティング テーブルからクリアされるよう指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次の例では、すべての MSDP ピアの MSDP 統計情報をクリアする方法を示します。

switch# clear ip msdp statistics
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip msdp peer

MSDP ピアに関する情報を表示します。