Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS マルチキャスト ルーティング コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 5.x
I コマンド
I コマンド
発行日;2012/07/17 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

I コマンド

ip igmp snooping(グローバル)

ip igmp snooping(VLAN)

ip igmp snooping event-history

ip igmp snooping explicit-tracking

ip igmp snooping fast-leave

ip igmp snooping last-member-query-interval

ip igmp snooping link-local-groups-suppression

ip igmp snooping mrouter interface

ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link

ip igmp snooping optimise-multicast-flood

ip igmp snooping querier

ip igmp snooping report-suppression

ip igmp snooping static-group

ip igmp snooping v3-report-suppression(グローバル)

ip igmp snooping v3-report-suppression(VLAN)

I コマンド

この章では、I で始まる Cisco NX-OS IGMP スヌーピング コマンドについて説明します。

ip igmp snooping(グローバル)

IGMP スヌーピングをイネーブルにするには、 ip igmp snooping コマンドを使用します。IGMP スヌーピングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping

no ip igmp snooping

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IGMP スヌーピングのグローバル設定がディセーブルになっている場合は、すべての VLAN が、イネーブルかどうかに関係なくディセーブルと見なされます。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、IGMP スヌーピングをイネーブルにする例を示します。

switch(config)# ip igmp snooping
switch(config)#
 

次に、IGMP スヌーピングをディセーブルにする例を示します。

switch(config)# no ip igmp snooping
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping(VLAN)

指定した VLAN インターフェイスで IGMP スヌーピングをイネーブルにするには、 ip igmp snooping コマンドを使用します。インターフェイスでの IGMP スヌーピングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping

no ip igmp snooping

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IGMP スヌーピングのグローバル設定がディセーブルになっている場合は、すべての VLAN が、イネーブルかどうかに関係なくディセーブルと見なされます。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、IGMP スヌーピングを VLAN インターフェイスでイネーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping
switch(config-vlan)#
 

次の例では、IGMP スヌーピングを VLAN インターフェイスでディセーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping
switch(config-vlan)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping event-history

IGMP スヌーピング イベント履歴バッファのサイズを設定するには、 ip igmp snooping event-history コマンドを使用します。デフォルトのバッファ サイズに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping event-history { igmp-snoop-internal | mfdm | mfdm-sum | rib | vlan | vlan-events | vpc } size buffer-size

no ip igmp snooping event-history { igmp-snoop-internal | mfdm | mfdm-sum | rib | vlan | vlan-events | vpc } size buffer-size

 
構文の説明

igmp-snoop-
internal

IGMP スヌーピング内部イベント履歴バッファをクリアします。

mfdm

Multicast FIB Distribution(MFDM; マルチキャスト FIB 配信)イベント履歴バッファをクリアします。

mfdm-sum

MFDM 合計イベント履歴バッファをクリアします。

rib

ルーティング情報ベース(RIB)イベント履歴バッファをクリアします。

vlan

VLAN イベント履歴バッファをクリアします。

vlan-events

VLAN イベント イベント履歴バッファをクリアします。

vpc

Virtual Port Channel(vPC; 仮想ポート チャネル)イベント履歴バッファをクリアします。

size

割り当てるバッファのサイズを指定します。

buffer-size

バッファ サイズ。値は disabled large medium small のいずれかです。デフォルトのバッファ サイズは small です。

 
コマンド デフォルト

すべての履歴バッファが small として割り当てられます。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、IGMP スヌーピング VLAN イベント履歴バッファのサイズを設定する方法を示します。

switch(config)# ip igmp snooping event-history vlan size large
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip igmp snooping event-history

IGMP スヌーピング イベント履歴バッファの内容をクリアします。

show ip igmp snooping event-history

IGMP スヌーピング イベント履歴バッファの情報を表示します。

show running-config igmp

IGMP 実行システム コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

ip igmp snooping explicit-tracking

VLAN 単位で、各ポートに対する個々のホストからの IGMPv3 メンバーシップ レポートの追跡をイネーブルにするには、 ip igmp snooping explicit-tracking コマンドを使用します。追跡をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping explicit-tracking

no ip igmp snooping explicit-tracking

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、VLAN インターフェイスでの IGMPv3 メンバーシップ レポートの追跡をイネーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping explicit-tracking
switch(config-vlan)#
 

次の例では、IGMP スヌーピングを VLAN インターフェイスでディセーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping explicit-tracking
switch(config-vlan)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping fast-leave

IGMPv2 プロトコルのホスト レポート抑制メカニズムのために明示的に追跡できない IGMPv2 ホストのサポートをイネーブルにするには、 ip igmp snooping fast-leave コマンドを使用します。IGMPv2 ホストのサポートをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping fast-leave

no ip igmp snooping fast-leave

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

高速脱退がイネーブルの場合、IGMP ソフトウェアは、各 VLAN ポートに接続されたホストが 1 つだけであると見なします。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、IGMPv2 ホストのサポートをイネーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping fast-leave
switch(config-vlan)#
 

次の例では、IGMPv2 ホストのサポートをディセーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping fast-leave
switch(config-vlan)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping last-member-query-interval

ソフトウェアがグループを削除するクエリー間隔を設定するには、 ip igmp snooping last-member-query-interval コマンドを使用します。クエリー間隔をデフォルトにリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping last-member-query-interval interval

no ip igmp snooping last-member-query-interval [ interval ]

 
構文の説明

interval

秒単位のクエリー間隔です。有効な範囲は 1 ~ 25 です。デフォルトは 1 です。

 
コマンド デフォルト

クエリー間隔は 1 です。

 
コマンド モード

VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、ソフトウェアがグループを削除するクエリー間隔を設定する方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping last-member-query-interval 3
switch(config-vlan)#
 

次の例では、クエリー間隔をデフォルトにリセットする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping last-member-query-interval
switch(config-vlan)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping link-local-groups-suppression

リンクローカル グループからの IGMP レポートの抑制をイネーブルにするには、 ip igmp snooping link-local-groups-suppression コマンドを使用します。これらのレポートの抑制をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping link-local-groups-suppression

no ip igmp snooping link-local-groups-suppression

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード
VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバイス全体でこの設定をディセーブルにした場合、個別の VLAN 設定に関係なく、デバイスのすべての VLAN でディセーブルになります。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、リンクローカル グループからの IGMP レポートの抑制をイネーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping link-local-groups-suppression
switch(config-vlan)#
 

次の例では、リンクローカル グループからの IGMP レポートの抑制をディセーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping link-local-groups-suppression
switch(config-vlan)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping mrouter interface

マルチキャスト ルータへのスタティック接続を設定するには、 ip igmp snooping mrouter interface コマンドを使用します。スタティック接続を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping mrouter interface { ethernet slot / port | port-channel number [ . sub_if_number ]}

no ip igmp snooping mrouter interface { ethernet slot / port | port-channel number [ . sub_if_number ]}

 
構文の説明

ethernet slot / port

(任意)イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

sub_if_number

(任意)サブインターフェイス番号。有効な範囲は 1 ~ 4093 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルータと接続するインターフェイスが、選択した VLAN に含まれている必要があります。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、マルチキャスト ルータへのスタティックな接続を設定する例を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping mrouter interface ethernet 2/1
switch(config-vlan)#
 

次の例では、マルチキャスト ルータへのスタティック接続を削除する方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping mrouter interface ethernet 2/1
switch(config-vlan)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link

仮想ポート チャネル(vPC)ピア リンクへのスタティック接続を設定するには、 ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link コマンドを使用します。スタティック接続を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link

no ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトでは、vPC ピア リンクは IGMP スヌーピング mrouter ポートと見なされます。マルチキャスト トラフィックは、送信元 VLAN と各受信側 VLAN のピア リンクに送信されます。 no ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link コマンドを使用する場合、VLAN に孤立ポートがない限り、マルチキャスト トラフィックは、送信元 VLAN と受信側 VLAN のピア リンクに送信されません。


) Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) では、no ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link コマンドは、デュアルホーム接続 Cisco Nexus 2000 シリーズ ファブリック エクステンダ が Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチに接続されているトポロジではサポートされません。


このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、vPC ピア リンクへのスタティック接続を設定する例を示します。

switch(config)# ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link
switch(config)#
 

次に、vPC ピア リンクへのスタティック接続を削除する例を示します。

switch(config)# no ip igmp snooping mrouter vpc-peer-link
Warning: IGMP Snooping mrouter vpc-peer-link should be globally disabled on peer
VPC switch as well.
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping optimise-multicast-flood

すべての VLAN で Optimized Multicast Flood(OMF)を設定するには、 ip igmp snooping optimise-multicast-flood コマンドを使用します。すべての VLAN から OMF を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping optimise-multicast-flood

no ip igmp snooping optimise-multicast-flood

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、すべての VLAN で OMF を設定する方法を示します。

switch(config)# ip igmp snooping optimise-multicast-flood
switch(config)#
 

次に、すべての VLAN から OMF を削除する例を示します。

switch(config)# no ip igmp snooping optimise-multicast-flood
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping querier

マルチキャスト トラフィックをルーティングする必要がないために Protocol Independent Multicast(PIM)をイネーブルにしないときに、インターフェイスにスヌーピング クエリアを設定するには、 ip igmp snooping querier コマンドを使用します。スヌーピング クエリアを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping querier querier

no ip igmp snooping querier [ querier ]

 
構文の説明

querier

クエリアの IP アドレスです。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

クエリアの IP アドレスは、マルチキャスト アドレスにはできません。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、スヌーピング クエリアを設定する方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping querier 172.20.52.106
switch(config-vlan)#
 

次の例では、IGMP スヌーピングを VLAN インターフェイスでディセーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping querier
switch(config-vlan)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping report-suppression

マルチキャスト対応ルータに送信されるメンバーシップ レポート トラフィックの制限をイネーブルにするには、 ip igmp snooping report-suppression コマンドを使用します。制限をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping report-suppression

no ip igmp snooping report-suppression

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード
VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

レポート抑制をディセーブルにすると、すべての IGMP レポートがそのままマルチキャスト対応ルータに送信されます。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、メンバーシップ レポート トラフィックの制限をイネーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping report-suppression
switch(config-vlan)#
 

次の例では、メンバーシップ レポート トラフィックの制限をディセーブルにする方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping report-suppression
switch(config-vlan)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping static-group

VLAN のレイヤ 2 ポートをマルチキャスト グループのスタティック メンバーとして設定するには、 ip igmp snooping static-group コマンドを使用します。スタティック メンバーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping static-group group [ source source ] interface { ethernet slot / port | port-channel number [ . sub_if_number ]}

no ip igmp snooping static-group group [ source source ] interface { ethernet slot / port | port-channel number [ . sub_if_number ]}

 
構文の説明

group

グループの IP アドレスです。

source source

(任意)送信元 IP アドレスのスタティック(S, G)チャネルを設定します。

interface

スタティック グループのインターフェイスを指定します。

ethernet slot / port

イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

sub_if_number

(任意)サブインターフェイス番号。有効な範囲は 1 ~ 4093 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、マルチキャスト グループのスタティック メンバーを設定する方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# ip igmp snooping static-group 230.0.0.1 interface ethernet 2/1
switch(config-vlan)#
 

次の例では、マルチキャスト グループのスタティック メンバーを削除する方法を示します。

switch(config)# vlan 1
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping static-group 230.0.0.1 interface ethernet 2/1
switch(config-vlan)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping v3-report-suppression(グローバル)

デバイス全体で VLAN に対して IGMPv3 レポート抑制とプロキシ レポートを設定するには、 ip igmp snooping v3-report-suppression コマンドを使用します。IGMPv3 レポート抑制を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping v3-report-suppression

no ip igmp snooping v3-report-suppression

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、VLAN に対して IGMPv3 レポート抑制とプロキシ レポートを設定する方法を示します。

switch(config)# ip igmp snooping v3-report-suppression
 

次の例では、IGMPv3 レポート抑制を削除する方法を示します。

switch(config)# no ip igmp snooping v3-report-suppression
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。

ip igmp snooping v3-report-suppression(VLAN)

VLAN に対して IGMPv3 レポート抑制とプロキシ レポートを設定するには、 ip igmp snooping v3-report-suppression コマンドを使用します。IGMPv3 レポート抑制を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip igmp snooping v3-report-suppression

no ip igmp snooping v3-report-suppression

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

VLAN コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバイスに対してこの設定をディセーブルにした場合(デフォルト値)、個別の VLAN に対するこの値の設定に関係なく、すべての VLAN でディセーブルになります。一方、グローバル設定をイネーブルに設定すると、すべての VLAN の設定がデフォルトでイネーブルになります。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次の例では、指定した VLAN に対して IGMPv3 レポート抑制とプロキシ レポートを設定する方法を示します。

switch(config)# vlan 10-20
switch(config-vlan)# ip igmp snooping v3-report-suppression
 

次の例では、指定した VLAN で IGMPv3 レポート抑制を削除する方法を示します。

switch(config)# vlan 10-20
switch(config-vlan)# no ip igmp snooping v3-report-suppression
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピング情報を表示します。