Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
ユニキャスト ルーティング コマンド
ユニキャスト ルーティング コマンド
発行日;2012/03/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

ユニキャスト ルーティング コマンド

address(VRRP)

address-family(BGP ネイバー)

address-family(BGP ルータ)

address-family(EIGRP)

address-family(RIP)

advertise-map(BGP)

advertisement-interval(VRRP)

aggregate-address(BGP)

area authentication(OSPF)

area default-cost(OSPF)

area filter-list(OSPF)

area nssa(OSPF)

area range(OSPF)

area stub(OSPF)

area virtual-link(OSPF)

authentication(HSRP)

authentication(OSPF 仮想リンク)

authentication(VRRP)

authentication key-chain(EIGRP)

authentication mode(EIGRP)

authentication-key(OSPF 仮想リンク)

auto-cost(OSPF)

autonomous-system

bestpath(BGP)

clear bgp

clear bgp dampening

clear bgp flap-statistics

clear bgp policy statistics aggregate-address

clear bgp policy statistics dampening

clear bgp policy statistics neighbor

clear bgp policy statistics redistribute

clear forwarding route

clear forwarding inconsistency

clear ip adjacency statistics

clear ip arp

clear ip bgp

clear ip bgp dampening

clear ip bgp flap-statistics

clear ip eigrp accounting

clear ip eigrp neighbors

clear ip eigrp redistribution

clear ip eigrp traffic

clear ip interface statistics

clear ip ospf neighbor

clear ip ospf policy statistics

clear ip ospf redistribution

clear ip ospf statistics

clear ip ospf traffic

clear ip rip policy statistics redistribute

clear ip rip statistics

clear ip route

clear ip traffic

clear sockets statistics

clear vrrp

client-to-client reflection

confederation

dead-interval(OSPF 仮想リンク)

default-information originate(EIGRP)

default-information originate(OSPF)

default-information originate(RIP)

default-metric(EIGRP)

default-metric(OSPF)

default-metric(RIP)

delay minimum

遅延

distance(EIGRP)

distance(OSPF)

distance(RIP)

ebgp-multihop

eigrp log-neighbor-changes

eigrp log-neighbor-warnings

eigrp router-id

eigrp stub

feature bgp

feature eigrp

feature hsrp

feature ospf

feature rip

feature vrrp

flush-routes(EIGRP)

flush-routes(OSPF)

hardware forwarding dynamic-allocation

hello-interval(OSPF 仮想リンク)

hsrp

hsrp delay

ip(HSRP)

ip address

ip arp

ip arp gratuitous

ip arp timeout

ip as-path access-list

ip authentication key-chain eigrp

ip authentication mode eigrp

ip bandwidth eigrp

ip bandwidth-percent eigrp

ip community-list

ip delay eigrp

ip directed-broadcast

ip distribute-list eigrp

ip eigrp shutdown

ip extcommunity-list

ip hello-interval eigrp

ip hold-time eigrp

ip load-sharing address

ip load-sharing per-packet

ip local-proxy-arp

ip next-hop-self eigrp

ip offset-list eigrp

ip ospf authentication

ip ospf authentication-key

ip ospf cost

ip ospf dead-interval

ip ospf hello-interval

ip ospf message-digest-key

ip ospf mtu-ignore

ip ospf network

ip ospf passive-interface

ip ospf priority

ip ospf retransmit-interval

ip ospf shutdown

ip ospf transmit-delay

ip passive-interface eigrp

ip port-unreachable

ip prefix-list

ip prefix-list description

ip proxy-arp

ip rip authentication key-chain

ip rip authentication mode

ip rip metric-offset

ip rip offset-list

ip rip passive-interface

ip rip poison-reverse

ip rip route-filter

ip rip summary-address

ip route

ip router eigrp

ip router ospf area

ip router ospf multi-area

ip router rip

ip split-horizon eigrp

ip summary-address eigrp

ip tcp path-mtu-discovery

ip unreachables

local-as

log-adjacency-changes(EIGRP)

log-adjacency-changes(OSPF)

log-neighbor-warnings

low-memory exempt

mac-list

match as-number

match as-path

match community

match extcommunity

match interface

match ip address

match ip multicast

match ip next-hop prefix-list

match ip route-source prefix-list

match metric

match mac-list

match route-type

match tag

match vlan

max-metric router-lsa(OSPF)

maxas-limit

maximum-paths(BGP)

maximum-paths(EIGRP)

maximum-paths(RIP)

maximum-paths(OSPF)

maximum-prefix

message-digest-key(OSPF 仮想リンク)

metric maximum-hops

metric weights

neighbor

network

nexthop route-map

next-hop-self

nexthop trigger-delay

no switchport

object

password(BGP)

platform ip verify

platform ip verify address

platform ip verify length

policy statistics enable(OSPF)

preempt(HSRP)

preempt(VRRP)

priority(HSRP)

priority(VRRP)

protocol shutdown(OSPF)

redistribute(BGP)

redistribute(EIGRP)

redistribute(OSPF)

redistribute(RIP)

redistribute maximum-prefix(EIGRP)

redistribute maximum-prefix(OSPF)

remote-as

restart(BGP)

restart(EIGRP)

restart(OSPF)

restart(RIP)

retransmit-interval(OSPF 仮想リンク)

rfc1583compatibility

route-map

route-reflector-client(BGP)

router bgp

router eigrp

router ospf

router rip

router-id(EIGRP)

router-id(OSPF)

routing-context vrf

send-community

set as-path

set comm-list delete

set community

set dampening

set etxcommunity

set extcomm-list delete

set forwarding-address

set level

set local-preference

set metric

set metric-type

set origin

set tag

set weight

shutdown(BGP)

shutdown(EIGRP)

shutdown(OSPF)

shutdown(VRRP)

soft-reconfiguration inbound(BGP)

stub

summary-address(OSPF)

suppress-inactive

template(BGP)

test forwarding distribution perf

test forwarding inconsistency

threshold percentage

threshold weight

timers active-time

timers basic

timers lsa-arrival(OSPF)

timers lsa-group-pacing(OSPF)

timers nsf converge

timers nsf route-hold

timers nsf signal

timers throttle lsa(OSPF)

timers throttle spf(OSPF)

track(VRRP)

track interface

track interface(VRRP)

track ip route

track list

transmit-delay(OSPF 仮想リンク)

vrf

vrf context

vrf member

vrrp

ユニキャスト ルーティング コマンド

この章では、Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチで使用可能な Cisco NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンドについて説明します。

address(VRRP)

仮想ルータに 1 つのプライマリ IP アドレスを追加するには、 address コマンドを使用します。仮想ルータから IP アドレスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

address ip-address [ secondary ]

no address [ ip-address [ secondary ]]

 
構文の説明

ip-address

仮想ルータのアドレス(IPv4)。このアドレスは、インターフェイス IP アドレスと同じサブネット内になければなりません。

secondary

(任意)セカンダリ仮想ルータのアドレスを指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

VRRP コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

仮想ルータごとに 1 つずつの仮想ルータ IP アドレスを設定できます。設定された IP アドレスがインターフェイス IP アドレスと同じである場合、このスイッチは自動的にその IP アドレスを所有します。設定できるのは IPv4 アドレスのみです。

仮想ルータはパケットを転送するネクストホップ ルータとしての役割のみを目的としているため、マスター Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)ルータは仮想ルータの IP アドレスに宛てられたパケットをドロップします。NX-OS デバイスでは、一部のアプリケーションは、仮想ルータの IP アドレスに宛てられたパケットを受け入れて配送することを要求します。仮想ルータ IPv4 アドレスに対して secondary オプションを使用することによって、VRRP ルータは、マスターの場合、これらのパケットを受け入れます。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、仮想ルータの IP アドレスを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# vrrp 250
switch(config-if-vrrp)# address 10.0.0.10
 

次に、1 つのコマンドを使用してすべての IP アドレス(プライマリおよびセカンダリ)を削除する例を示します。

switch(config-if-vrrp)# show running-config interface ethernet 9/10
 
!Command: show running-config interface Ethernet9/10
!Time: Mon Apr 14 06:04:18 2008
 
version 5.0(3)N1(1)
 
interface Ethernet9/10
vrrp 1
address 10.10.10.1/24
no shutdown
 
switch(config-if-vrrp)# no address
switch(config-if-vrrp)# show running-config interface ethernet 9/10
 
!Command: show running-config interface Ethernet1/5
!Time: Mon Apr 14 06:07:54 2008
 
version 5.0(3)N1(1)
 
interface Ethernet9/10
no switchport
vrrp 1
switch(config-if-vrrp)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear vrrp

指定の仮想ルータの全ソフトウェア カウンタをクリアします。

show vrrp

VRRP 設定情報を表示します。

vrrp

VRRP グループを設定します。

address-family(BGP ネイバー)

ネイバー アドレス ファミリ モードのアドレスファミリ モードを開始し、ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)にサブモード コマンドを設定するには、 address-family コマンドを使用します。ルーティング プロトコルを設定するためのアドレス ファミリ サブモードをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

address-family ipv4 { multicast | unicast }

no address-family ipv4 { multicast | unicast }

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリを指定します。

multicast

マルチキャスト アドレス サポートを指定します。

unicast

ユニキャスト アドレス サポートを指定します。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

ネイバー コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

address-family コマンドを使用し、BGP ルーティングを設定中にさまざまなアドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始します。ネイバー コンフィギュレーション モードから address-family コマンドを入力すると、ネイバー アドレス ファミリがイネーブルになり、ネイバー アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードが開始されます。プロンプトが switch(config-router-neighbor-af)# に変わります。

ルート再配布、ロード バランシングなどの拡張機能を使用する場合は、アドレス ファミリを設定する必要があります。IPv4 ネイバー セッションは、IPv4 ユニキャストおよびマルチキャスト アドレス ファミリをサポートしています。

ネイバー アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードから、次のパラメータが使用できます。


) これは IPv4 マルチキャストまたはユニキャストに適用されます。


advertise-map :選択した BGP ルートを条件付きでアドバタイズします。

default-originate :BGP ルーティング プロセスをデフォルト ルートを配布するように設定します。

exit :現在のコマンド モードを終了します。

maximum-prefix :ネイバーから受信できるプレフィクスの数を制御します。

no :コマンドを無効にするか、デフォルト設定にします。

route-reflector-client :ルータを BGP ルート リフレクタとして設定します。

soft-reconfiguration inbound:BGP ピア アップデートの保存を開始するようにスイッチ ソフトウェアを設定します。

suppress-inactive :アクティブ ルートのみをピアにアドバタイズします。

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ネイバー 192.0.2.1 の IPv4 マルチキャストをアクティベートし、ネイバー アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードで IPv4 マルチキャスト アドレス ファミリにデバイスを配置する例を示します。

switch(config)# feature bgp
switch(config)# router bgp 64496
switch(config-router)# neighbor 192.0.2.1 remote-as 64496
switch(config-router-neighbor)# address-family ipv4 multicast
switch(config-router-neighbor-af)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

advertise-map

BGP 条件付きアドバタイズメントを設定します。

default-originate(BGP)

BGP ルーティング プロセスをデフォルト ルートを配布するように設定します。

feature bgp

BGP の設定をイネーブルにします。

maximum-prefix

ネイバーから受信できるプレフィクスの数を制御します。

route-reflector-client

ルータを BGP ルート リフレクタとして設定します。

soft-reconfiguration inbound

BGP ピア アップデートの保存を開始するようにスイッチ ソフトウェアを設定します。

suppress-inactive

アクティブ ルートのみをピアにアドバタイズします。

address-family(BGP ルータ)

アドレス ファミリ モードまたは Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)アドレス ファミリ モードを開始し、Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)にサブモード コマンドを設定するには、 address-family コマンドを使用します。ルーティング プロトコルを設定するためのアドレス ファミリ サブモードをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

address-family ipv4 { multicast | unicast }

no address-family ipv4 { multicast | unicast }

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリを指定します。

multicast

マルチキャスト アドレス サポートを指定します。

unicast

ユニキャスト アドレス サポートを指定します。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード
VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

address-family コマンドを使用し、BGP ルーティングを設定中にさまざまなアドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始します。ルータ コンフィギュレーション モードから address-family コマンドを入力する場合、アドレス ファミリをイネーブルにし、グローバル アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始します。プロンプトが switch(config-router-af)# に変わります。

ルート再配布、アドレス集約、ロード バランシングなどの拡張機能を使用する場合は、アドレス ファミリを設定する必要があります。IPv4 ネイバー セッションは、IPv4 ユニキャストおよびマルチキャスト アドレス ファミリをサポートしています。

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードから次のパラメータが使用できます。


) これは IPv4 マルチキャストまたはユニキャストに適用されます。


aggregate-address :BGP 集約プレフィクスを設定します。追加情報については、 aggregate-address コマンドを参照してください。

client-to-client reflection :クライアント間のルート リフレクションをイネーブルにします。ルート リフレクションを使用すると、BGP スピーカー(ルート リフレクタ)は IBGP で学習したルートを特定の IBGP ピアにアドバタイズできます。クライアント間のルート リフレクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。デフォルトで、イネーブルになっています。

dampening [ half-life | route-map name ] :ルート フラップ ダンプニングを設定します。オプションで、ペナルティ減少後の時間(分単位)を設定することができます。いったんルートにペナルティが割り当てられると、ペナルティは半減期(デフォルトでは 15 分)後に半分に減少します。ペナルティを小さくするプロセスは 5 秒ごとに発生します。デフォルトの半減期は 15 分です。範囲は 1 ~ 45 です。デフォルトで、ディセーブルになっています。

default-metric metric :再配布されたルートのデフォルトのフラップ メトリックを設定します。 default-metric コマンドは、 redistribute コマンドによって BGP に再配布されたルートにメトリック値を設定するために使用されます。デフォルトのメトリックは、互換性のないメトリックを持つルートを再配布するという問題を解決するために設定することができます。デフォルトのメトリックを割り当てることにより、再配布を行うことができます。この値は、最適パス選択プロセス中に BGP によって評価される Multi Exit Discriminator(MED)です。MED は、ローカル Autonomous System(AS; 自律システム)および隣接 AS 内でのみ処理される非推移的な値です。デフォルトのメトリックは、受信したルートに MED 値がある場合には設定されません。範囲は 0 ~ 4294967295 です。


) イネーブルの場合、default-metric コマンドは、再配布された接続ルートに 0 のメトリック値を適用します。default-metric コマンドは、redistribute コマンドによって適用されたメトリック値を上書きしません。


distance ebgp-route ibgp-route local-route :ルーティング情報源(個々のルータまたはルータのグループなど)の信頼性のランク付けを設定します。BGP はネクストホップ解決に廃棄ルートを使用しません。通常、値が大きいほど、信頼性の格付けが下がります。管理ディスタンスが 255 の場合はルーティング情報の送信元をまったく信頼できないため、無視する必要があります。他のプロトコルが外部 BGP(eBGP)によって実際に学習されたルートよりも良いルートをノードに提供できることがわかっている場合、または一部の内部ルートが BGP によって優先されるべきである場合、このコマンドを使用します。範囲は 1 ~ 255 です。デフォルトは、EBGP -- 20、IBGP--200 です。


注意 内部 BGP ルートのアドミニストレーティブ ディスタンスを変更することは危険と見なされており、推奨されません。不適切な設定により、ルーティング テーブルの不整合性やルーティングの中断が発生する可能性があります。

exit :現在のコマンド モードを終了します。

maximum-paths [ ibgp ] parallel-paths :パケットを転送する並列パスの数を設定します。 maximum-paths ibgp コマンドは、iBGP ピアリング セッションに等価コストまたは非等価コスト マルチパス ロード シェアリングを設定するために使用されます。ルートを BGP ルーティング テーブル内のマルチパスとして導入する場合、ルートはすでにある他のルートと同じネクストホップを持つことはできません。BGP ルーティング プロセスは、iBGP マルチパス ロード シェアリングが設定されている場合、iBGP ピアに最適パスをアドバタイズします。等価コスト ルートの場合、最下位のルータ ID を持つネイバーからのパスは、最適パスとしてアドバタイズされます。等価コスト マルチパス ロード シェアリングを設定するには、すべてのパス属性を同じにする必要があります。パスの属性には、重み値、ローカル プリファレンス、AS パス(長さだけでなく、属性全体)、オリジン コード、MED、および Interior Gateway Protocol(IGP)のディスタンスが含まれます。オプションの ibgp キーワードを使用すると、IBGP パスにマルチパスを設定できます。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。範囲は 1 ~ 16 です。

network :アドバタイズする IP プレフィクスを設定します。追加情報については、 network コマンドを参照してください。

nexthop :BGP プロセスのネクスト ホップ アドレス トラッキング イベントを設定します。

no :コマンドを無効にするか、デフォルト設定にします。

redistribute :他のプロトコルで取得したルートの BGP への再配布をイネーブルにします。再配布は両方の IPv4 ルートに対してサポートされます。他のプロトコルによって学習したルートの BGP への再配布をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

direct route-map name :直接接続されているルートを指定します。

eigrp AS-num route-map name :Enhanced IGP(EIGRP)ルートを指定します。範囲:1 ~ 65535。

ospf src-protocol route-map name :Open Shortest Path First(OSPF)ルートを指定します。

rip src-protocol route-map name :Routing Information Protocol(RIP)ルートを指定します。

static route-map name :スタティック ルートを指定します。

suppress-inactive :アクティブ ルートのみをピアにアドバタイズします。追加情報については、 suppress-inactive コマンドを参照してください。

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、グローバル アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードで IPv4 ユニキャスト アドレス ファミリにルータを配置する例を示します。

switch(config)# feature bgp
switch(config)# router bgp 64496
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

aggregate-address

BGP サマリー アドレスを設定します。

client-to-client reflection

ルート リフレクションを設定します。

dampening

ルート フラップ ダンプニングを設定します。

default-metric(BGP)

BGP に再配布されたルートにデフォルト メトリックを設定します。

distance(BGP)

アドミニストレーティブ ディスタンスを設定します。

feature bgp

BGP の設定をイネーブルにします。

maximum-paths(BGP)

等コスト パスの最大数を設定します。

network

アドバタイズする IP プレフィクスを設定します。

nexthop route-map

ネクスト ホップのルート ポリシー フィルタリングを設定します。

nexthop trigger-delay

ネクスト ホップ計算をトリガーするための BGP 遅延を設定します。

redistribute(BGP)

BGP に経路再配布を設定します。

suppress-inactive

アクティブ ルートを BGP ピアにアドバタイズします。

timers(BGP)

BGP タイマーを設定します。

address-family(EIGRP)

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)のアドレス ファミリを設定するには、 address-family コマンドを使用します。アドレス ファミリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

address-family ipv4 unicast

no address-family ipv4 unicast

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリを指定します。

unicast

ユニキャスト アドレス サポートを指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード
アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP インスタンスの IPv4 ユニキャスト アドレス ファミリを設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 201
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

default-information

デフォルト ルートの配布を制御します。

default-metric

EIGRP に再配布されるルートのデフォルト メトリックを設定します。

distance

アドミニストレーティブ ディスタンスを設定します。

maximum-paths

等コスト パスの最大数を設定します。

redistribute

EIGRP のルート再配布を設定します。

router-id

ルータ ID を設定します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

timers

EIGRP タイマーを設定します。

address-family(RIP)

Routing Information Protocol(RIP)にアドレス ファミリを設定するには、ルータ コンフィギュレーション モードで address-family コマンドを使用します。

address-family ipv4 unicast

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリを指定します。

unicast

ユニキャスト アドレス サポートを指定します。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、RIP インスタンスの IPv4 ユニキャスト アドレス ファミリを設定する例を示します。

switch(config)# router rip Enterprise
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

default-information

デフォルト ルートの配布を制御します。

default-metric

RIP に再配布されたルートにデフォルト メトリックを設定します。

distance

アドミニストレーティブ ディスタンスを設定します。

maximum-paths

等コスト パスの最大数を設定します。

redistribute

RIP に経路再配布を設定します。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。

timers

RIP タイマーを設定します。

advertise-map(BGP)

BGP の条件付きアドバタイズメントを設定するには、 advertise-map コマンドを使用します。BGP 条件付きアドバタイズメントを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

advertise-map adv-map { exist-map exist-rmap | non-exist-map nonexist-rmap }

 
構文の説明

adv-map

BGP でルートが次のルート マップに渡される前に、ルートが通過すべき match ステートメントが含まれるルート マップ。adv-map は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の英数字文字列です。

exist-map exist-rmap

プレフィクス リストの match ステートメントが含まれるルート マップを指定します。BGP テーブル内のプレフィクスは、BGP がルートをアドバタイズする前に、プレフィクス リスト内のプレフィクスと一致する必要があります。exist-rmap は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の英数字文字列です。

non-exist-map nonexist-rmap

プレフィクス リストの match ステートメントが含まれるルート マップを指定します。BGP テーブル内のプレフィクスは、BGP がルートをアドバタイズする前に、プレフィクス リスト内のプレフィクスと一致してはいけません。nonexist-rmap は、大文字と小文字が区別される 63 文字以下の英数字文字列です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

BGP ネイバー アドレスファミリ コマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

advertise-map コマンドは、選択されたルートを条件付きでアドバタイズするために使用します。BGP で条件付きでアドバタイズされるルートまたはプレフィクスは、 adv-map exist-map または nonexist-map の 2 つのルート マップで定義されます。 exist-map または nonexist-map で、BGP によって追跡されるプレフィクスを指定します。 adv-map は、条件が満たされたときに BGP から指定されたネイバーにアドバタイズされるプレフィクスを指定します。

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP 条件付きアドバタイズメントを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# router bgp 65536
switch(config-router)# neighbor 192.0.2.2 remote-as 65537
switch(config-router-neighbor)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-neighbor-af)# advertise-map advertise exist-map exist
switch(config-router-neighbor-af)# exit
switch(config-router-neighbor)# exit
switch(config-router)# exit
switch(config)# route-map advertise
switch(config-route-map)# match as-path pathList
switch(config-route-map)# exit
switch(config)# route-map exit
switch(config-route-map)# match ip address prefix-list plist
switch(config-route-map)# exit
switch(config)# ip prefix-list plist permit 209.165.201.0/27
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature bgp

BGP をイネーブルにします。

neighbor

BGP ピアを設定します。

show ip bgp

BGP 構成情報を表示します。

advertisement-interval(VRRP)

同じグループ内の他の Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)ルータに送信されているアドバタイズメント パケット間で時間間隔を指定するには、 advertisement-interval コマンドを使用します。1 秒のデフォルト間隔値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

advertisement-interval seconds

no advertisement-interval [ seconds ]

 
構文の説明

seconds

送信されるアドバタイズメント フレーム間の秒数。IPv4 の場合、範囲は 1 ~ 255 秒です。

 
コマンド デフォルト

1 秒

 
コマンド モード

VRRP コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

VRRP アドバタイズメントは、仮想ルータ マスターのプライオリティと状態を伝達します。アドバタイズメントは IP パケットにカプセル化され、VRRP グループに割り当てられる IPv4 マルチキャスト アドレスに送信されます。

VRRP は、VRRP アドバタイズメント専用の Internet Assigned Numbers Authority(IANA; インターネット割り当て番号局)標準マルチキャスト アドレス(224.0.0.18)を使用します。このアドレッシング方式によって、マルチキャストを提供するルータ数が最小限になり、テスト機器でセグメント上の VRRP パケットを正確に識別できるようになります。IANA で割り当てられた VRRP IP プロトコル番号は 112 です。

次に、VRRP グループ 250 に 200 秒のアドバタイズメント間隔を指定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# vrrp 250
switch(config-if-vrrp)# advertisement-interval 200
switch(config-if-vrrp)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear vrrp

指定の仮想ルータの全ソフトウェア カウンタをクリアします。

show vrrp

VRRP 設定情報を表示します。

vrrp

VRRP グループを設定します。

aggregate-address(BGP)

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルーティング テーブルにサマリー アドレスを作成するには、 aggregate-address コマンドを使用します。サマリー アドレスを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

aggregate-address address / length [ advertise-map map-name ] [ as-set ] [ attribute-map map-name ] [ summary-only ] [ suppress-map map-name ]

no aggregate-address address / mask-length [ advertise-map map-name ] [ as-set ] [ attribute-map map-name ] [ summary-only ] [ suppress-map map-name ]

 
構文の説明

address/length

集約 IPv4 アドレスおよびマスクの長さ。 length の有効な値は 1 ~ 32 です。

advertise-map map-name

(任意)特定のルートから属性の情報を選択するために使用するルート マップの名前を指定します。

as-set

(任意)寄与しているパスから Autonomous System(AS; 自律システム)のセット パス情報およびコミュニティ情報を生成します。

attribute-map map-name

(任意)特定のルートに属性の情報を設定するために使用するルート マップの名前を指定します。map-name は、63 文字以下の英数字文字列です。

summary-only

(任意)アップデートからのすべてのより具体的なルートをフィルタ処理します。

suppress-map map-name

(任意)より具体的なルートを条件付きでフィルタ処理するために使用するルート マップの名前を指定します。map-name は、63 文字以下の英数字文字列です。

 
コマンド デフォルト

アトミック集約属性は、 as-set キーワードが指定されない限り、このコマンドによって集約ルートが作成されるときに自動的に設定されます。

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

集約ルートを BGP に再配布するか、または条件付きの集約ルーティング機能を使用することにより、BGP に集約ルーティングを実装できます。

キーワードなしで aggregate-address コマンドを使用すると、指定された範囲内にある、より具体的な BGP ルートが使用できる場合、BGP ルーティング テーブルに集約エントリが作成されます。(集約と一致するより長いプレフィクスが RIB 内に存在する必要があります)。集約ルートは、自律システムからのルートとしてアドバタイズされ、情報が消失している可能性があることを示すアトミック集約属性を設定します(アトミック集約属性は、 as-set キーワードを指定しない限りデフォルトで設定されます)。

as-set キーワードを使用すると、コマンドがこのキーワードなしで従う同じルールを使用する集約エントリが作成されますが、このルートにアドバタイズされるパスは、集約されているすべてのパス内に含まれるすべての要素で構成される AS_SET になります。このルートは集約されたルート変更に関する AS パス到着可能性情報として継続的に削除してアップデートする必要があるため、多くのパスを集約する際に aggregate-address コマンドのこの形式を使用しないでください。

summary-only キーワードを使用すると、集約ルート(192.*.*.* など)が作成されるだけでなく、すべてのネイバーへのより具体的なルートのアドバタイズメントが抑制されます。特定のネイバーへのアドバタイズメントのみを抑制したい場合、 neighbor distribute-list コマンドを使用できますが、慎重に使用すべきです。より具体的なルートがリークした場合、すべての BGP ルータは、生成中の具体的でない集約よりもこのルートを優先します(最長一致ルーティングによる)。

suppress-map キーワードを使用すると、集約ルートは作成されますが、指定されたルートのアドバタイズメントが抑制されます。ルート マップの一致句を使用して、集約のより具体的な一部のルートを選択的に抑制し、他のルートを抑制しないでおくことができます。IP アクセス リストと AS パス アクセス リストの一致句がサポートされています。

advertise-map キーワードを使用すると、集約ルートの異なるコンポーネント(AS_SET やコミュニティなど)を構築するために使用する特定のルートが選択されます。集約のコンポーネントが別々の AS にあり、AS_SET で集約を作成して同じ AS の一部にアドバタイズしたい場合、 aggregate-address コマンドのこの形式は役に立ちます。AS_SET から特定の AS 番号を省略し、集約が受信ルータの BGP ループ検出メカニズムによってドロップされるのを防ぐことを忘れてはなりません。IP アクセス リストと AS パス アクセス リストの一致句がサポートされています。

attribute-map キーワードを使用すると、集約ルートの属性を変更できます。AS_SET を構成するルートの 1 つが community no-export 属性(集約ルートがエクスポートされるのを防ぐ)などの属性で設定されている場合、 aggregate-address コマンドのこの形式は役に立ちます。属性マップ ルート マップを作成し、集約の属性を変更することができます。

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

as-set の例

次に、ルータ コンフィギュレーション モードで集約 BGP アドレスを作成する例を示します。このルートにアドバタイズされるパスは、集約中のすべてのパス内に含まれるすべての要素で構成される AS_SET になります。

switch(config)# router bgp 64496
switch(config-router)# aggregate-address 10.0.0.0 255.0.0.0 as-set

summary-only の例

次に、アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードで集約 BGP アドレスを作成し、それを IP バージョン 4 アドレス ファミリのマルチキャスト データベース(SAFI)に適用する例を示します。 summary-only キーワードが設定されているため、アップデートからより具体的なルートがフィルタ処理されます。

switch(config)# router bgp 64496
switch(config-router)# address-family ipv4 multicast
switch(config-router-af)# aggregate-address 10.0.0.0 255.0.0.0 summary-only

条件付き集約の例

次に、as-path アクセス リスト上で一致する MAP-ONE という名前のルート マップを作成する例を示します。このルートにアドバタイズされるパスは、ルート マップで照合されるパスに含まれる要素で構成される AS_SET になります。

switch(config)# ip as-path access-list 1 deny ^1234_
switch(config)# ip as-path access-list 1 permit .*
switch(config)# !
switch(config)# route-map MAP-ONE
switch(config-route-map)# match ip as-path 1
switch(config-route-map)# exit
switch(config)# router bgp 64496
switch(config-router)# address-family ipv4
switch(config-router-af)# aggregate-address 10.0.0.0 255.0.0.0 as-set advertise-map MAP-ONE
switch(config-router-af)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

route-map

ルート マップを作成します。

area authentication(OSPF)

OSPF エリアの認証をイネーブルにするには、 area authentication コマンドを使用します。エリアの認証を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

area area-id authentication [ message-digest ]

no area area-id authentication [ message-digest ]

 
構文の説明

area-id

認証をイネーブルにする OSPF エリアの識別子。正の整数値または IP アドレスを指定します。

message-digest

(任意) area-id 引数によって指定されたエリアで Message Digest 5(MD5)認証をイネーブルにします。

 
コマンド デフォルト

認証なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

area authentication コマンドを使用し、OSPF エリア全体に認証モードを設定します。

認証タイプと認証パスワードは、エリア内のすべての OSPF デバイスで同じである必要があります。インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip ospf authentication-key コマンドを使用し、このパスワードを指定します。

message-digest キーワードで MD5 認証をイネーブルにする場合、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip ospf message-digest-key コマンドを使用して、パスワードを設定する必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF ルーティング プロセス 201 のエリア 0 に認証を設定する例を示します。

switch(config)# router ospf 201
switch(config-router)# area 0 authentication message-digest
switch(config-router)# interface ethernet 1/1
switch(config-if)# ip ospf area 0
switch(config)-if# ip ospf message-digest-key 10 md5 0 adcdefgh
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip ospf authentication-key

OSPF の簡易パスワード認証にパスワードを割り当てます。

ip ospf message-digest-key

OSPF MD5 認証にパスワードを割り当てます。

show ip ospf interface

OSPF インターフェイス関連の情報を表示します。

area default-cost(OSPF)

OSPF スタブまたは Not-So-Stubby Area(NSSA)に送信されるデフォルト サマリー ルートのコストを指定するには、 area default-cost コマンドを使用します。割り当てられたデフォルト ルートのコストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

area area-id default-cost cost

no area area-id default-cost cost

 
構文の説明

area-id

デフォルト コストを設定したい OSPF エリアの識別情報。エリア ID には 0 ~ 4294967295 か、または IP アドレスを指定できます。

cost

スタブまたは NSSA で使用されるデフォルト サマリー ルートのコスト。範囲は 0 ~ 16777215 です。

 
コマンド デフォルト

サマリー ルートのコストは、サマリー ルートを生成した Area Border Router(ABR; エリア ボーダー ルータ)に基づいています。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

スタブまたは NSSA に接続されている ABR で area default-cost コマンドを使用し、ABR によってスタブ エリアに生成されるサマリー デフォルト ルートにメトリックを設定します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、スタブ ネットワーク 192.0.2.0 に 20 のデフォルト コストを設定する例を示します。

switch(config)# router ospf 201
switch(config-router)# area 192.0.2.0 stub
switch(config-router)# area 192.0.2.0 default-cost 20
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

area stub

エリアをスタブ エリアとして定義します。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

area filter-list(OSPF)

Area Border Router(ABR; エリア ボーダー ルータ)の OSPF(Open Shortest Path First)エリア間のタイプ 3 Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)でアドバタイズされたプレフィクスをフィルタ処理するには、area filter-list コマンドを使用します。フィルタを変更またはキャンセルするには、このコマンドの no 形式を使用します。

area area-id filter-list route-map map-name { in | out }

no area area-id filter-list route-map map-name { in | out }

 
構文の説明

area-id

フィルタリングを設定したい OSPF エリアの識別情報。正の整数値または IP アドレスを指定します。

route-map map-name

フィルタ ポリシーとして使用するルート マップの名前を指定します。 map-name 引数は、英数字で最大 63 文字の任意のストリングです。

in

このエリアに送信されるネットワークをフィルタ処理します。

out

このエリアから送信されるネットワークをフィルタ処理します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

area filter-list コマンドを使用し、タイプ 3 LSA をフィルタ処理します。 in キーワードでルート マップを適用すると、ルート マップは、ABR によってこのエリアに発生したすべてのタイプ 3 LSA(area range コマンドによって他のエリアに発生したタイプ 3 LSA を含む)をフィルタ処理します。

out キーワードでルート マップを適用すると、ルート マップは、ABR によって他のすべてのエリアにアドバタイズされるすべてのタイプ 3 LSA(このエリアで設定された area range コマンドによってローカルに発生するタイプ 3 LSA を含む)をフィルタ処理します。

Cisco NX-OS は、ルート マップ内のエントリと一致しないプレフィクスを黙示的に拒否します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ほかのすべてのエリアからエリア 1 に送信されるプレフィクスをフィルタ処理する例を示します。

switch(config)# router ospf 202
switch(config-router)# area 1 filter-list route-map FilterExternal in
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

area range

エリア境界でルートを統合および集約します。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

route-map

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

show ip ospf policy statistics area

エリアの OSPF ポリシー統計情報を表示します。

area nssa(OSPF)

エリアを Open Shortest Path First(OSPF)Not-So-Stubby Area(NSSA)として設定するには、 area nssa コマンドを使用します。NSSA エリアを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

area area-id nssa [ default-information-originate [ route-map map-name ]] [ no-redistribution ] [ no-summary ] [ translate type7 [ always | never ] [ suppress-fa ]]

no area area-id nssa [ default-information-originate [ route-map map-name ]] [ no-redistribution ] [ no-summary ] [ translate type7 [ always | never ] [ suppress-fa ]]

 
構文の説明

area-id

OSPF NSSA エリアの識別情報。エリア ID には 0 ~ 4294967295 か、または IP アドレスを指定できます。

default-information-
originate

(任意)タイプ 7 のデフォルトを NSSA エリアに生成します。このキーワードは、NSSA エリア境界ルータ(ABR)または NSSA 自律システム境界ルータ(ASBR)だけで有効です。

route-map map-name

(任意)ルート マップに基づいて、タイプ 7 のデフォルト生成をフィルタ処理します。 map-name 引数は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

no-redistribution

(任意)再配布されたリンクステート アドバタイズメント(LSA)がこの NSSA エリアに入るのを阻止します。ルータが NSSA ASBR と NSSA ABR の両方であり、 redistribute コマンドでルートを通常のエリアにインポートしたいが、NSSA エリアにはインポートしたくない場合は、このキーワードを使用します。

no-summary

(任意)エリアが NSSA エリアになることを許可しますが、エリアにサマリー ルートを導入させません。

translate type7

(任意)タイプ 7 LSA をタイプ 5 LSA に変換します。

always

(任意)常に LSA を変換します。

never

(任意)LSA を変換しません。

suppress-fa

(任意)変換された LSA 内の転送アドレスを抑制します。ABR はフォワーディング IPv4 アドレスとして 0.0.0.0 を使用します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

area nssa コマンドを使用し、OSPF AS に NSSA エリアを作成します。変換された LSA に転送アドレスの抑制を設定する前に、ネットワーク トポロジについて理解しておくことを推奨します。宛先の転送アドレスに到達するためのより良いパスが別に存在する場合は、最適なルーティングとは言えません。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、エリア 1 を NSSA エリアとして設定する例を示します。

switch(config)# router ospf 10
switch(config-router)# area 1 nssa
switch(config-router)#
 

次に、エリア 1 を NSSA エリアとして設定し、タイプ 7 LSA をエリア 1 からタイプ 5 LSA に変換するが、タイプ 7 転送アドレスをタイプ 5 LSA に配置しない例を示します(OSPF は 0.0.0.0 を転送アドレスとしてタイプ 5 LSA に配置します)。

switch(config)# router ospf 2
switch(config-router)# area 1 nssa translate type7 suppress-fa
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

redistribute

1 つのルーティング プロトコルから学習したルートを他のルーティング プロトコル ドメインに再配布します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

area range(OSPF)

OSPF エリアの境界にあるルートを統合して集約するには、 area range コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

area area-id range ip-prefix [ not-advertise ]

no area area-id range ip-prefix [ not-advertise ]

 
構文の説明

area-id

ルートを集約したい OSPF エリアの識別情報。エリア ID には 0 ~ 4294967295 か、または IP アドレスを指定できます。

ip-prefix

IP アドレス/サブネット マスクの長さ( A . B . C . D / LEN )として指定された IP プレフィクス

not-advertise

(任意)アドレス範囲ステータスを DoNotAdvertise に設定します。Type 3 サマリー LSA は抑制され、コンポーネント ネットワークは他のネットワークから隠された状態のままです。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

area range コマンドを Area Border Router(ABR; エリア ボーダー ルータ)でのみ使用し、エリアのルートを統合または集約します。ABR は 1 つのサマリー ルートが他のエリアにアドバタイズされることを通知し、エリアの境界でルーティング情報を集約します。

複数の area range コマンドを設定することにより、OSPF が多くの異なるアドレス範囲のセットのアドレスを集約するように設定できます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、1 つのサマリー ルートが、ABR によってネットワーク 192.0.2.0 上のすべてのホストの他のエリアにアドバタイズされるように設定する例を示します。

switch(config-if)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# ip address 192.0.2.201 255.255.255.0
switch(config-if)# ip ospf area 201
switch(config-router)# area 0 range 192.0.2.0 255.255.0.0
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

area stub(OSPF)

エリアを OSPF(Open Shortest Path First)スタブ エリアとして定義するには、 area stub コマンドを使用します。エリアを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

area area-id stub [ no-summary ]

no area area-id stub [ no-summary ]

 
構文の説明

area-id

OSPF スタブ エリアの識別情報。エリア ID には 0 ~ 4294967295 か、または IP アドレスを指定できます。

no-summary

(任意)Area Border Router(ABR; エリア ボーダー ルータ)が要約リンク アドバタイズメントをスタブ エリアに送信するのを防ぎます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

area stub コマンドを使用し、スタブ エリアに接続されているすべてのデバイスを設定します。スタブ エリアに接続されている ABR で area default-cost コマンドを使用します。 area default-cost コマンドは、ABR によってスタブ エリアに生成されたサマリー デフォルト ルートにメトリックを提供します。

スタブ エリアに送信される Link-State Advertisement(LSA; リンクステート アドバタイズメント)の数をさらに減少させるために、ABR で no-summary キーワードを設定し、集約 LSA(タイプ 3 LSAs3)をスタブ エリアに送信するのを防ぐことができます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF 209 にスタブ エリア 33 を作成する例を示します。

switch(config)# router ospf 201
switch(config-router)# area 33 stub
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

area default-cost

スタブ エリアに送信されるデフォルト サマリー ルートのコストを指定します。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

area virtual-link(OSPF)

OSPF 仮想リンクを定義するには、 area virtual-link コマンドを使用します。仮想リンクを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

area area-id virtual-link router-id

no area area-id virtual-link router-id

 
構文の説明

area-id

仮想リンクのトランジット エリアに割り当てられた OSPF エリアの識別情報。エリア ID には 0 ~ 4294967295 か、または IP アドレスを指定できます。

router-id

仮想リンク ネイバーに関連付けられるルータ ID。IP アドレスを指定します。ルータ ID は show ip ospf neighbors ディスプレイに表示されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

area virtual-link コマンドを使用し、リモート エリアからバックボーン エリアへの仮想リンクを確立します。OSPF では、すべてのエリアがバックボーン エリアに接続されている必要があります。バックボーンへの接続が失われた場合は、仮想リンクを確立して修復できます。

area virtual-link コマンドを使用し、次のコマンドを使用できる仮想リンク コンフィギュレーション モードを開始します。

authentication [key-chain | message-digest | null]

authentication-key [0 | 3] key

dead-interval seconds

hello-interval seconds

message-digest-key key-id md5 key

retransmit-interval seconds

transmit-delay seconds

構文と使用方法の詳細については、各コマンドを参照してください。

仮想リンクの両側で、同じエリア ID および対応する仮想リンク隣接ルータ ID を設定する必要があります。ルータ ID を表示するには、任意のモードで show ip ospf neighbors コマンドを使用します。


) Not-So-Stubby Area(NSSA)には仮想リンクを設定できません。


このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、すべてのオプションのパラメータのデフォルト値で 2 つのデバイス(A と B)間に仮想リンクを確立する例を示します。

Device A:
switch(config)# router ospf 1
switch(config-router)# router-id 192.0.2.2
switch(config-router)# area 1 virtual-link 192.0.2.1
switch(config-router-vlink)#
 
Device B:
switch(config# router ospf 209
switch(config-router)# router-id 192.0.2.1
switch(config-router)# area 1 virtual-link 192.0.2.2
switch(config-router-vlink)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(OSPF 仮想リンク)

OSPF 仮想リンクの認証をイネーブルにします。

authentication-key(OSPF 仮想リンク)

OSPF の簡易パスワード認証を使用している隣接ルータが使用するパスワードを割り当てます。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

dead-interval(OSPF 仮想リンク)

OSPF 仮想リンクのデッド間隔を設定します。

hello-interval(OSPF 仮想リンク)

OSPF 仮想リンクの hello 間隔を設定します。

message-digest-key(仮想リンク)

OSPF 仮想リンクで OSPF Message Digest 5(MD5)認証をイネーブルにします。

retransmit-interval(OSPF 仮想リンク)

OSPF 仮想リンクの再送信間隔を設定します。

show ip ospf neighbors

OSPF ネイバー情報を表示します。

show ip ospf virtual-link

OSPF 仮想リンク情報を表示します。

transmit-delay(OSPF 仮想リンク)

OSPF 仮想リンクの送信遅延を設定します。

authentication(HSRP)

Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホット スタンバイ ルータ プロトコル)の認証を設定するには、 authentication コマンドを使用します。認証をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication { string | md5 { key-chain key-chain | key-string { 0 | 7 } text [ timeout seconds ]} | text string }

no authentication { string | md5 { key-chain key-chain | key-string { 0 | 7 } text [ timeout seconds ]} | text string }

 
構文の説明

md5

Message Digest 5(MD5)認証を指定します。

key-chain key-chain

認証キーのグループを識別します。

key-string

MD5 認証の秘密キーを指定します。

0

クリア テキスト文字列を指定します。

7

暗号化文字列を指定します。

text

MD5 認証用の秘密キー。範囲は 1 ~ 255 文字です。16 文字以上を推奨します。

timeout seconds

(任意)認証タイムアウト値を指定します。範囲は 0 ~ 32767 です。

text string

認証ストリングを指定します。範囲は 1 ~ 255 文字です。デフォルトの文字列は「cisco」です。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

HSRP コンフィギュレーションまたは HSRP テンプレート モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

authentication text コマンドを使用し、誤って設定されたルータが参加する意図のない HSRP グループに参加するのを防ぎます。認証ストリングはすべての HSRP メッセージで暗号化されずに送信されます。相互運用を保証するために、同じ認証ストリングを同じグループのすべてのルータに設定する必要があります。認証しない HSRP プロトコル パケットは無視されます。


注意 2 台のルータに同一の HSRP IP アドレスを設定したが、設定した認証ストリングが異なる場合は、どちらのルータも重複を認識しません。

次に、HSRP グループ 2 の認証ストリングを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 0/1
switch(config-if)# ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
switch(config-if)# hsrp 2
switch(config-if-hsrp)# priority 110
switch(config-if-hsrp)# preempt
switch(config-if-hsrp)# authentication text sanjose
switch(config-if-hsrp)# ip 10.0.0.3
switch(config-if-hsrp)# end

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP をイネーブルにし、HSRP コンフィギュレーション モードを開始します。

hsrp group

HSRP グループを作成します。

authentication(OSPF 仮想リンク)

OSPF 仮想リンクの認証タイプを指定するには、 authentication コマンドを使用します。仮想リンクの認証タイプを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication [ key-chain key-name | message-digest | null ]

no authentication

 
構文の説明

key-chain key-name

(任意)使用するキー チェーンを指定します。 key-name 引数は、英数字で最大 63 文字の任意のストリングです。

message-digest

(任意)メッセージ ダイジェスト認証を使用するように指定します。

null

(任意)認証を使用しないように指定します。エリアに設定されている場合、認証をディセーブルにします。

 
コマンド デフォルト

オプションのキーワードなしで認証を設定すると、デフォルトでパスワード認証になります。

 
コマンド モード

OSPF 仮想リンク コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

仮想リンク コンフィギュレーション モードで authentication コマンドを使用し、仮想リンクで使用する認証方式を設定します。 message-digest キーワードを使用して MD5 メッセージ ダイジェスト認証を設定し、 message-digest-key コマンドを使用してこの認証設定を完了します。 key-chain キーワードは、キー チェーンを使用したパスワード認証を設定し、key chain コマンドを使用してこの認証設定を完了するために使用します。キーワードなしで authentication コマンドを使用して仮想リンクのパスワードを設定し、 authentication-key コマンドを使用してこの認証設定を完了します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、メッセージ ダイジェスト認証をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# router ospf 22
switch(config-router)# area 99 virtual-link 192.0.2.12
switch(config-router-vlink)# authentication message-digest
switch(config-router-vlink)# message-digest key 4 md5 0 abcd
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

area authentication

OSPF エリアの認証をイネーブルにします。

authentication-key(OSPF 仮想リンク)

OSPF のパスワード認証を使用しているネイバー ルート用のパスワードを指定します。

key chain

認証キーを管理するためのキー チェーンを作成します。

message-digest-key(OSPF 仮想リンク)

OSPF Message Digest 5(MD5)認証をイネーブルにします。

authentication(VRRP)

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)の認証を設定するには、 authentication コマンドを使用します。認証をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication text password

no authentication [ text password ]

 
構文の説明

text password

英数字で最大 8 文字の単純なテキスト パスワードを使用するように選択します。

 
コマンド デフォルト

認証なし

 
コマンド モード

VRRP コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、VRRP に Message Digest 5(MD5)認証を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# vrrp 250
switch(config-if-vrrp)# authentication text mypwasswd
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear vrrp

指定の仮想ルータの全ソフトウェア カウンタをクリアします。

show vrrp

VRRP 設定情報を表示します。

vrrp

VRRP グループを設定します。

authentication key-chain(EIGRP)

EIGRP パケットの認証をイネーブルにし、インターフェイス上で使用できるキーのセットを指定するには、 authentication key-chain コマンドを使用します。認証を禁止するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication key-chain name-of-chain

no authentication key-chain name-of-chain

 
構文の説明

name-of-chain

有効なキー グループ

 
コマンド デフォルト

EIGRP パケットには認証は適用されません。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード
アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

VPN Routing and Forwarding(VRF; VPN ルーティングおよび転送)コンフィギュレーション モードで authentication mode コマンドを使用し、認証モードを設定します。インターフェイスに対する認証設定を完了するには、 key-chain コマンドを使用して、別途キー チェーンを設定する必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、キーチェーン ツリーに属しているキーの受け入れと送信をインターフェイスに設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# vrf red
switch(config-router-vrf)# authentication key-chain trees

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication mode(EIGRP)

VRF で EIGRP の認証モードを設定します。

ip authentication key-chain eigrp

EIGRP の認証をイネーブルにして、インターフェイスに使用可能なキー セットを指定します。

key-chain

認証方式で使用可能なキー セットを作成します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

authentication mode(EIGRP)

EIGRP パケットで使用する認証のタイプを指定するには、 authentication mode コマンドを使用します。認証を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication mode md5

no authentication mode md5

 
構文の説明

md5

Message Digest 5(MD5)認証を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード
アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード
VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、MD5 認証を使用するようにインターフェイスを設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# vrf red
switch(config-router-vrf)# authentication mode md5
switch(config-router-vrf)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication key-chain eigrp

EIGRP の認証をイネーブルにして、インターフェイスに使用可能なキー セットを指定します。

ip authentication mode eigrp

インターフェイスで EIGRP の認証モードを設定します。

key chain

認証方式で使用可能なキー セットを作成します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

authentication-key(OSPF 仮想リンク)

OSPF 仮想リンクで使用されるパスワードを割り当てるには、 authentication-key コマンドを使用します。過去に割り当てられた OSPF パスワードを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

authentication-key [ 0 | 3 ] password

no authentication-key

 
構文の説明

0

(任意)暗号化されていない認証キーを指定します。

3

(任意)トリプル DES 暗号化認証キーを指定します。

password

キーボードから入力可能な文字による最大 8 バイトの連続したストリング

 
コマンド デフォルト

非暗号化パスワード

 
コマンド モード

OSPF 仮想リンク コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

authentication-key コマンドを使用し、OSPF 仮想リンクでパスワード認証のパスワードを設定します。同じ仮想リンクにあるすべてのデバイスは、OSPF 情報を交換できるように同じパスワードを持っている必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ストリング yourpass を使用して認証キーをイネーブルにする例を示します。

switch(config)# router ospf 22
switch(config-router)# area 99 virtual-link 192.0.2.12
switch(config-router-vlink)# authentication
switch(config-router-vlink)# authentication-key yourpass

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication(仮想リンク)

OSPF 仮想リンクの認証をイネーブルにします。

auto-cost(OSPF)

OSPF(Open Shortest Path First)がインターフェイスのデフォルト メトリックを計算する方法を制御するには、 auto-cost コマンドを使用します。40 Gb/s のデフォルト基準帯域幅を割り当てるには、このコマンドの no 形式を使用します。

auto-cost reference-bandwidth bandwidth [ Gbps | Mbps ]

no auto-cost reference-bandwidth

 
構文の説明

reference-bandwidth bandwidth

インターフェイスのデフォルト メトリックを計算するために使用する基準帯域幅を設定します。範囲は Gbps キーワードを使用するか MBps キーワードを使用するかによって異なります。

Gbps

(任意)レートを Gbps で指定します(帯域幅)。範囲は 1 ~ 4000 で、デフォルトは 40 です。

Mbps

(任意)レートを Mbps で指定します(帯域幅)。範囲は 1 ~ 4000000 で、デフォルトは 40000 です。

 
コマンド デフォルト

40 Gb/s。 Gpbs または Mbps キーワード を指定しない場合、帯域幅はデフォルトで Gb/s になります。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

auto-cost コマンドを使用し、OSPF コスト メトリックの計算により使用される基準帯域幅を設定します。

ip ospf cost コマンドによって設定された値は、 auto-cost コマンドによって設定されたコストを上書きします。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF インスタンス内のすべてのローカル インターフェイスに基準帯域幅を設定する例を示します。

switch(config)# router ospf 201
switch(config-router)# auto-cost reference-bandwidth 10
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip ospf cost

インターフェイス上でパケットを送信するコストを明示的に指定します。

autonomous-system

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)アドレス ファミリ用の自律システム(AS)番号を設定するには、 autonomous-system コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

autonomous-system as-number

no autonomous-system [ as-number ]

 
構文の説明

as-number

Autonomous System(AS; 自律システム)番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

autonomous-system コマンドは、アドレス ファミリ内のすべての EIGRP インスタンスに共通する AS 番号を設定するために使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP for IPv4 ユニキャスト用の AS 番号を設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 201
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# autonomous-system 64496
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family(EIGRP)

EIGRP のアドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始します。

bestpath(BGP)

デフォルトの最適パス選択アルゴリズムを変更するには、 bestpath コマンドを使用します。ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルーティング プロセスをデフォルトの動作に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

bestpath { always-compare-med | compare-routerid | { med { missing-as-worst | non-deterministic }}

no bestpath { always-compare-med | compare-routerid | { med { missing-as-worst | non-deterministic }}

 
構文の説明

always-compare-med

異なる自律システム(AS)からのパスの Multi-Exit Discriminator(MED)を比較します。

compare-routerid

BGP ルーティング プロセスが最適パス選択プロセス中に異なる外部ピアから受信した同一ルートを比較し、最も低いルータ ID を持つルートを最適パスとして選択するように設定します。

med missing-as-worst

MED 属性を持たない受信ルートに無限の値を割り当て、これらのルートを最も望ましくないルートにします。

med non-deterministic

パスの中で最適 MED パスが同じ AS から選択されないように指定します。

 
コマンド デフォルト

デフォルト設定は、次のとおりです。
med missing-as-worst:不明な MED には 0 の値が割り当てられます。
med non-deterministic:ディセーブル

 
コマンド モード

ルータ BGP コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、 feature bgp コマンドを使用してスイッチ上で BGP がイネーブルになっていることを確認してください。

MED と異なる AS 内のネイバーからのパスとの比較をイネーブルにするには、 bgp always-compare-med コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、デフォルトの最適パス選択アルゴリズムを変更して、異なる自律システムからのパスの MED を比較する例を示します。

switch(config)# router bgp 64496
switch(config-router)# bestpath always-compare-med
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature bgp

BGP をグローバルにイネーブルにします。

show ip bgp

BGP ルートに関する情報を表示します。

clear bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)ルートを BGP テーブルからクリアするには、 clear bgp コマンドを使用します。

clear bgp { ipv4 { multicast | unicast } | all } { neighbor | * | as-number | peer-template name | prefix } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

all

すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

ネットワーク アドレス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

*

すべてのネイバーをクリアします。

as-number

Autonomous System(AS; 自律システム)番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

peer-template name

BGP ピア テンプレートを指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の仮想ルーティングおよび転送(VRF)コンテキスト名またはすべての VRF インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、すべての BGP エントリをクリアする例を示します。

switch# clear bgp all *
 

 

clear bgp dampening

BGP ルート フラップ ダンプニング情報をクリアするには、 clear bgp dampening コマンドを使用します。

clear bgp { ipv4 { unicast | multicast } | all } dampening [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

all

すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

(任意)選択したアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF から BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ ダンプニング情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp all dampening
 

 

clear bgp flap-statistics

BGP ルート フラップ統計情報をクリアするには、 clear bgp flap-statistics コマンドを使用します。

clear bgp { ipv4 { multicast | unicast } | all } flap-statistics [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ipv4

IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

all

すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

(任意)選択したアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A . B . C . D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A . B . C . D / length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF から BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp ipv4 multicast flap-statistics
 

 

clear bgp policy statistics aggregate-address

BGP トポロジ テーブルのポリシー統計情報をクリアするには、 clear bgp policy statistics aggregate address コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics aggregate-address prefix { advertise-map | suppress-map }

 
構文の説明

prefix

サマリー アドレス。形式は、x. x . x . x または x . x . x . x / length です。範囲は 1 ~ 32 です。

advertise-map

アドバタイズ ポリシーのポリシー統計情報をクリアします。

suppress-map

抑制ポリシーのポリシー統計情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、集約アドレスのポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp policy statistics aggregate-address 192.0.2.0/8
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics dampening

BGP ダンプニングのポリシー統計情報をクリアするには、 clear bgp policy statistics dampening コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics dampening

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、ダンプニングのポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp policy statistics dampening
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics neighbor

BGP ネイバーのポリシー統計情報をクリアするには、 clear bgp policy statistics neighbor コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics neighbor prefix [ default-originate | { filter-list | prefix-list | route-map } { in | out }]

 
構文の説明

prefix

ネイバー アドレス。形式は x.x.x.x です。

default-originate

(任意)デフォルト開始ポリシーのポリシー統計情報をクリアします。

filter-list

ネイバー フィルタ リストのポリシー統計情報をクリアします。

prefix-list

ネイバー プレフィクス リストのポリシー統計情報をクリアします。

route-map

ネイバー ルート マップのポリシー統計情報をクリアします。

in

(任意)インバウンド ポリシー統計情報をクリアします。

out

(任意)アウトバウンド ポリシー統計情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、集約アドレスのポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp policy statistics neighbor 192.0.2.1 filter-list in
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear bgp policy statistics redistribute

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)トポロジ テーブルのポリシー統計情報をクリアするには、 clear bgp policy statistics redistribute コマンドを使用します。

clear bgp policy statistics redistribute { direct | eigrp id | ospf id | rip id | static }
[
vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

direct

直接接続されているルートのポリシー統計情報のみクリアします。

eigrp

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)のポリシー統計情報をクリアします。

ospf

OSPF(Open Shortest Path First)プロトコルのポリシー統計情報をクリアします。

rip

Routing Information Protocol(RIP)のポリシー統計情報をクリアします。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報をクリアします。

id

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf vrf-name

特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

all

(任意)「すべての」VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、RIP のポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear bgp policy statistics redistribute rip 201
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp policy statistics

BGP ポリシー統計情報を表示します。

clear forwarding route

フォワーディング情報をクリアするには、 clear forwarding route コマンドを使用します。

clear forwarding { ip | ipv4 } route [ * | prefix ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

ip

Ipv4 ルートをクリアします。

ipv4

Ipv4 ルートをクリアします。

*

(任意)すべてのルートをクリアします。

prefix

(任意)IPv4 プレフィクス。IPv4 の形式は、x.x.x.x/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、FIB からルートをクリアする例を示します。

switch# clear forwarding ip 10.0.0.1/8
 

clear forwarding inconsistency

FIB のレイヤ 3 不一致チェッカーをクリアするには、 test forwarding inconsistency コマンドを使用します。

clear forwarding inconsistency

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべてのモジュールのレイヤ 3 不一致チェッカーをクリアする例を示します。

switch# clear forwarding inconsistency module all
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show forwarding inconsistency

FIB 不一致に関する情報を表示します。

test forwarding inconsistency

転送不一致チェッカーをトリガーします。

clear ip adjacency statistics

隣接関係統計情報をクリアするには、 clear ip adjacency statistics コマンドを使用します。

clear ip adjacency statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、隣接関係統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip adjacency statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip adjacency

隣接関係情報を表示します。

clear ip arp

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)情報をクリアするには、 clear ip arp コマンドを使用します。

clear ip arp [ ip-addr | ethernet slot / port [ . sub_if ] | loopback if_number | port-channel number [ . sub_if_number ]] [ force-delete | statistics ] [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ip-addr

(任意)IPv4 送信元アドレス。形式は x.x.x.x です。

ethernet slot/port

(任意)イーサネット インターフェイス、およびスロット番号とポート番号を指定します。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

sub_if

(任意)イーサネット サブインターフェイスのポート番号を指定します。有効な範囲は 1 ~ 48 です。

loopback if_number

(任意)ループバック インターフェイスを指定します。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号を指定します。範囲は 1 ~ 4096 です。

sub_if-number

(任意)サブインターフェイス番号。有効な範囲は 1 ~ 4093 です。

force-delete

(任意)リフレッシュを使用せずに ARP テーブルからエントリをクリアします。

statistics

(任意)ARP 統計情報をクリアします。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)コンテキスト名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

all

(任意)すべての VRF エントリから ARP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から ARP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から ARP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP テーブルをクリアする例を示します。

switch# clear ip arp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp

ARP に関する情報を表示します。

clear ip bgp

BGP ルートを BGP テーブルからクリアするには、 clear ip bgp コマンドを使用します。

clear ip bgp { ipv4 { unicast | multicast } | all } { neighbor | * | as-number | peer-template name | prefix } [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

unicast

ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

multicast

マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

all

すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

ネットワーク アドレス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

*

すべての BGP ルートをクリアします。

as-number

自律システム(AS)番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

peer-template name

BGP ピア テンプレートを指定します。63 文字以内の英数字のストリング(大文字と小文字を区別)で指定します。

prefix

選択されたアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF エントリから BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、IPv4 アドレス ファミリのすべての BGP エントリをクリアする例を示します。

switch# clear ip bgp *
 

 

clear ip bgp dampening

BGP ルート フラップ ダンプニング情報をクリアするには、 clear ip bgp dampening コマンドを使用します。

clear ip bgp [ ipv4 { unicast | multicast } | all ] dampening [ neighbor | prefix ]
[ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

ipv4

(任意)IPv4 アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

unicast

(任意)ユニキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

multicast

(任意)マルチキャスト アドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

all

(任意)すべてのアドレス ファミリの BGP 情報をクリアします。

neighbor

(任意)選択したアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF エントリから BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ ダンプニング情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip bgp dampening
 

 

clear ip bgp flap-statistics

BGP ルート フラップ統計情報をクリアするには、 clear ip bgp flap-statistics コマンドを使用します。

clear ip bgp flap-statistics [ neighbor | prefix ] [ vrf vrf-name | all | default | management ]

 
構文の説明

neighbor

(任意)選択したアドレス ファミリからのネイバー。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D です。

prefix

(任意)選択したアドレス ファミリからのプレフィクス。形式は、IPv4 の場合は A.B.C.D/length です。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF エントリから BGP 情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から BGP 情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から BGP 情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP ルート フラップ統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip bgp flap-statistics
 

 

clear ip eigrp accounting

Enhanced IGRP(EIGRP)プロセスのプレフィクス アカウンティング情報をクリアするには、 clear ip eigrp accounting コマンドを使用します。

clear ip eigrp accounting [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。文字列の「default」と「all」は予約済みの VRF 名です。

all

(任意)すべての VRF インスタンスから EIGRP アカウンティング情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から EIGRP アカウンティング情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から EIGRP アカウンティング情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP アカウンティング情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip eigrp accounting
 

 

clear ip eigrp neighbors

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)ネイバー エントリを適切なテーブルから削除して再確立するには、 clear ip eigrp neighbors コマンドを使用します。

clear ip eigrp neighbors [ * | ip-address | ethernet slot / port | loopback if_number | port-channel number ] [ soft ] [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

*

(任意)すべてのネイバーをクリアします。

ip-address

(任意)ネイバーのアドレス。

ethernet slot/port

(任意)ネイバー テーブルからイーサネット インターフェイスをクリアします。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

loopback if_number

(任意)ネイバー テーブルからループバック インターフェイスをクリアします。ループバック インターフェイスの番号は 0 ~ 1023 です。

port-channel number

(任意)ネイバー テーブルから EtherChannel インターフェイスおよび EtherChannel 番号をクリアします。範囲は 1 ~ 4096 です。

soft

(任意)ネイバーにソフト リセットを指定します。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを指定します。VRF 名は、32 文字以下の英数字文字列です。

all

(任意)すべての VRF インスタンスから EIGRP ネイバー情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から EIGRP ネイバー情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から EIGRP ネイバー情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

Autonomous System(AS; 自律システム)番号、インターフェイス、または VRF インスタンスが指定されていない場合、すべての EIGRP ネイバー エントリがテーブルからクリアされます。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、イーサネット インターフェイス 2/1 上のネイバーに関するすべての EIGRP エントリをクリアする例を示します。

switch# clear ip eigrp vrf * neighbors ethernet 2/1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp interfaces

EIGRP に設定されているインターフェイスに関する情報を表示します。

show ip eigrp neighbors

EIGRP によって検出されたネイバーを表示します。

clear ip eigrp redistribution

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)の再配布情報をクリアするには、 clear ip eigrp redistribution コマンドを使用します。

clear ip eigrp redistribution [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスから再配布情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF から再配布情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF から再配布情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、再配布情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip eigrp redistribution
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature eigrp

EIGRP 機能をイネーブルにします。

clear ip eigrp traffic

Enhanced IGRP(EIGRP)トラフィック統計情報をクリアするには、 clear ip eigrp traffic コマンドを使用します。

clear ip eigrp traffic [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)VRF インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)すべての VRF インスタンスからトラフィック統計情報をクリアします。

default

(任意)デフォルト VRF からトラフィック統計情報をクリアします。

management

(任意)管理 VRF からトラフィック統計情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

このコマンドは、VRF が指定されていない場合、デフォルトの VRF の情報をクリアします。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP トラフィック統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip eigrp traffic
 

 

clear ip interface statistics

IP インターフェイス統計情報をクリアするには、 clear ip interface statistics コマンドを使用します。

clear ip interface statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、IP インターフェイス統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip interface statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip interface

IP インターフェイス情報を表示します。

clear ip ospf neighbor

ネイバー統計情報をクリアして OSPF(Open Shortest Path First)の隣接関係をリセットするには、 clear ip ospf neighbor コマンドを使用します。

clear ip ospf [ instance-tag ] neighbor { * | neighbor-id | interface-type number | loopback number | port-channel number } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字で最大 20 文字のストリングとして指定します。

*

すべてのネイバーをクリアします。

neighbor-id

クリアするネイバーのネイバー ID(IP アドレスとして)です。

interface-type number

すべてのネイバーをクリアするインターフェイスです。

loopback number

ループバック インターフェイスのすべてのネイバーをクリアします。

port-channel number

ポート チャネル インターフェイスのすべてのネイバーをクリアします。

vrf vrf-name

(任意)OSPF 仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、「default」と「all」を除く、最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip ospf neighbor コマンドを使用し、 show ip ospf neighbor コマンドからのネイバー情報をクリアします。 instance-tag 引数を使用し、1 つの OSPF インスタンスからネイバー詳細をクリアします。 instance -tag 引数を使用しない場合、Cisco NX-OS がすべての OSPF インスタンスからネイバー詳細をクリアします。 show ip ospf neighbor コマンドを使用し、ネイバー ID を検索します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インスタンス タグ 201 のネイバー 192.0.2.1 のすべての OSPF ネイバー詳細をクリアする例を示します。

switch# clear ip ospf 201 neighbor 192.0.2.1
 

次に、すべての OSPF インスタンスのすべての OSPF ネイバー詳細をクリアする例を示します。

switch# clear ip ospf neighbor *
 

次に、OSPF インスタンス 202 のイーサネット インターフェイス 1/2 上のすべてのネイバーのすべての OSPF ネイバー詳細をクリアする例を示します。

switch# clear ip ospf 202 neighbor ethernet 1/2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf neighbor

ネイバー ID を含む OSPF ネイバーの詳細を表示します。

clear ip ospf policy statistics

OSPF(Open Shortest Path First)のポリシー統計情報をクリアするには、 clear ip ospf policy statistics コマンドを使用します。

clear ip ospf [ instance-tag ] policy statistics { area area-id filter-list { in | out } | redistribute { bgp autonomous-system | direct | eigrp id | ospf id | rip id | static }} [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字で最大 20 文字のストリングとして指定します。

area

エリアのポリシー統計情報をクリアします。

area-id

エリア ID(整数)または IP アドレス

filter-list

OSPF エリア間のフィルタ処理されたプレフィクスのポリシー統計情報を指定します。

in

この OSPF エリアに送信されたプレフィクスをフィルタ処理します。

out

この OSPF エリアから送信されたプレフィクスをフィルタ処理します。

redistribute

OSPF 経路再配布統計情報をクリアします。

bgp autonomous-system

BGP の自律システム番号を指定します。自律システム番号は、x.y(範囲は、x と y の両方とも 1 ~ 65535)または 1 つの整数(範囲は 1 ~ 65535)として指定します。

direct

直接接続されたルートを指定します。

eigrp id

Enhanced IGRP(EIGRP)の自律システム番号を指定します。 id 引数を、大文字と小文字が区別される任意の英数字文字列として指定します。

ospf id

OSPF バージョン 2 インスタンスを指定します。 id 引数を、大文字と小文字が区別される任意の英数字文字列として指定します。

rip id

Routing Information Protocol(RIP)インスタンスを指定します。 id 引数を、大文字と小文字が区別される任意の英数字文字列として指定します。

static

スタティック ルートを指定します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF 仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、「default」と「all」を除く、最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip ospf statistics コマンドを使用し、 show ip ospf policy statistics コマンドで表示されるポリシー統計情報を学習します。 instance-tag 引数を使用し、1 つの OSPF インスタンスからポリシー統計情報をクリアします。インスタンス タグを指定しなかった場合は、Cisco NX-OS によって、すべての OSPF インスタンスからポリシー統計情報がクリアされます。 show ip ospf policy statistics コマンドを使用し、クリアしている統計情報を表示します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF 201 のエリア 99 のインバウンド フィルタ処理されたルートのすべての OSPF ポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip ospf 201 policy statistics area 99 filter-list in
 

次に、OSPF 202 のすべての BGP 再配布ルートのすべての OSPF ポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip ospf 202 policy statistics redistribute bgp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf policy statistics

OSPF ポリシーの詳細を表示します。

clear ip ospf redistribution

OSPF の再配布情報をクリアするには、 clear ip ospf redistribution コマンドを使用します。

clear ip ospf redistribution [ vrf { vrf-name | all | default | management }]

 
構文の説明

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の英数字文字列を指定できます。

all

(任意)「すべての」VRF インスタンスを指定します。

default

(任意)デフォルトの VRF を指定します。

management

(任意)管理 VRF を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、再配布情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip ospf redistribution
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature ospf

OSPF 機能をイネーブルにします。

clear ip ospf statistics

OSPF(Open Shortest Path First)のイベント統計情報をクリアするには、 clear ip ospf statistics コマンドを使用します。

clear ip ospf [ instance-tag ] statistics [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字で最大 20 文字のストリングとして指定します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF 仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、「default」と「all」を除く、最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip ospf statistics コマンドを使用し、1 つまたは複数の OSPF インスタンスからイベント統計情報をクリアします。 instance-tag 引数を指定しなかった場合は、Cisco NX-OS によって、すべての OSPF インスタンスから統計情報がクリアされます show ip ospf statistics コマンドを使用し、クリアしている統計情報を表示します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、すべての OSPF イベント統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip ospf statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf statistics

OSPF のイベント統計情報を表示します。

clear ip ospf traffic

OSPF(Open Shortest Path First)のトラフィック統計情報をクリアするには、 clear ip ospf traffic コマンドを使用します。

clear ip ospf [ instance-tag ] traffic [ interface ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

instance-tag

(任意)インスタンス タグ。英数字で最大 20 文字のストリングとして指定します。

interface

(任意)トラフィック統計情報をクリアするインターフェイス。 ? オプションを使用して、インターフェイス オプションを表示します。

vrf vrf-name

(任意)OSPF 仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスの名前を指定します。 vrf-name 引数には、「default」と「all」を除く、最大 32 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip ospf traffic コマンドを使用し、1 つまたは複数の OSPF インスタンスからトラフィック統計情報をクリアします。 instance-tag 引数を指定しなかった場合は、Cisco NX-OS によって、すべての OSPF インスタンスからトラフィック統計情報がクリアされます show ip ospf traffic statistics コマンドを使用し、クリアしている統計情報を表示します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF 100 の OSPF トラフィック統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip ospf 100 traffic
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf traffic statistics

OSPF トラフィック統計情報を表示します。

clear ip rip policy statistics redistribute

Routing Information Protocol(RIP)トポロジ テーブルに再配布されたルートのポリシー統計情報をクリアするには、任意のモードで clear ip rip policy statistics redistribute コマンドを使用します。

clear ip rip policy statistics redistribute { bgp id | direct | eigrp id | ospf id | static } [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

bgp

BGP のポリシー統計情報をクリアします。

direct

直接接続されているルートのポリシー統計情報のみクリアします。

eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)のポリシー統計情報をクリアします。

ospf

OSPF(Open Shortest Path First)プロトコルのポリシー統計情報をクリアします。

static

IP スタティック ルートのポリシー統計情報をクリアします。

id

bgp キーワードは、Autonomous System(AS; 自律システム)番号です。2 バイト番号の範囲は 1 ~ 65535 です。4 バイト番号の範囲は 1.0 ~ 65535.65535 です。

eigrp キーワードは、ルートの再配布元である EIGRP インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

ospf キーワードは、ルートの再配布元である OSPF インスタンスの名前です。値は文字列の形式を取ります。10 進数を入力できますが、Cisco NX-OS はこれを文字列として内部に保存します。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、大文字と小文字が区別される最大 32 文字の英数字を指定できます。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、EIGRP のポリシー統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip rip policy statistics redistribute eigrp 201
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip rip policy statistics

RIP のポリシー統計情報を表示します。

clear ip rip statistics

Routing Information Protocol(RIP)統計情報をクリアするには、任意のモードで clear ip rip statistics コマンドを使用します。

clear ip rip statistics [ interface type instance ] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

interface type instance

(任意)トポロジ エントリをクリアするインターフェイスを指定します。

vrf vrf-name

(任意)特定の Virtual Routing and Forwarding(VRF; 仮想ルーティング/転送)インスタンスを指定します。VRF 名には、最大 32 文字の英数字を指定できます。

 
コマンド デフォルト

このコマンドには、デフォルト設定はありません。

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての RIP 統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear ip rip statistics
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show rip statistics

RIP プロセスのデータベースおよびインターフェイス エントリ情報を表示します。

clear ip route

ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)から個々のルートをクリアするには、 clear ip route コマンドを使用します。

clear ip route [ * | addr | prefix ]] [ vrf vrf-name ]

 
構文の説明

*

(任意)すべてのルートをクリアします。

addr

(任意)このルートをクリアします。形式は x.x.x.x です。

addr

(任意)このプレフィクスをクリアします。形式は x.x.x.x/length です。

vrf vrf-name

(任意)仮想ルーティングおよび転送(VRF)コンテキスト名を指定します。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

clear ip route コマンドを使用し、ルート テーブルから個々のルートをクリアします。


注意 * キーワードを使用すると、ルーティングが著しく妨害されます。

次に、個々のルートをクリアする例を示します。

switch(config)# clear ip route 192.0.2.1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip route

ルート テーブル内のエントリを表示します。

clear ip traffic

IP トラフィック情報をクリアするには、 clear ip traffic コマンドを使用します。

clear ip traffic

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、IP トラフィック情報をクリアする例を示します。

switch(config)# clear ip traffic
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip traffic

IP トラフィック情報を表示します。

clear sockets statistics

ソケット統計情報をクリアするには、 clear sockets statistics コマンドを使用します。

clear sockets statistics [ all | raw | tcp | udp ]

 
構文の説明

all

(任意)すべてのソケット統計情報をクリアします。

raw

(任意)未加工 IPv4 プロトコルのソケット情報をクリアします。

tcp

(任意)TCP IPv4 プロトコルのソケット情報をクリアします。

udp

(任意)UDP IPv4 プロトコルのソケット情報をクリアします。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、TCP ソケット統計情報をクリアする例を示します。

switch# clear sockets statistics tcp
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show sockets statistics

ソケット統計情報を表示します。

show sockets client

ソケット クライアント情報を表示します。

show sockets connection

ソケット接続に関する情報を表示します。

clear vrrp

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)統計情報をクリアするには、 clear vrrp コマンドを使用します。

clear vrrp vr id interface { ethernet slot / port | port-channel number [ . sub_if_number ] }

 
構文の説明

vr id

インターフェイス上の VRRP グループ内の VRRP 統計情報をクリアします。範囲は 1 ~ 255 です。

ethernet slot/port

イーサネット インターフェイス上の VRRP 統計情報をクリアします。スロット番号は 1 ~ 255、ポート番号は 1 ~ 128 です。

port-channel number

EtherChannel インターフェイス上の VRRP 統計情報をクリアします。EtherChannel 番号の範囲は 1 ~ 4096 です。

sub_if-number

(任意)サブインターフェイス番号。有効な範囲は 1 ~ 4093 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、特定のイーサネット インターフェイスから VRRP 統計情報をクリアする例を示します。

switch(config)# clear vrrp vr 1 interface ethernet 1/5
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vrrp

VRRP 機能をイネーブルにします。

client-to-client reflection

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ルート リフレクタからクライアントへのルート リフレクションをイネーブルにするか、または復元するには、client-to-client reflection コマンドを使用します。クライアント間のルート リフレクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

client-to-client reflection

no client-to-client reflection

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

クライアント間のルート リフレクションは、デフォルトでイネーブルです。ルート リフレクタが設定されると、そのルート リフレクタには、クライアントから他のクライアントへのルートが反映されます。

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトでは、ルート リフレクタのクライアントは完全にメッシュ化されている必要はなく、クライアントからのルートは他のクライアントに反映されます。ただし、クライアントが完全にメッシュ化されている場合、ルート リフレクションは必要ありません。この場合、クライアント間のリフレクションをディセーブルにするには no client-to-client reflection コマンドを使用します。

次に、ルータをルート リフレクタとして設定する例を示します。

switch(config)# router bgp 50000
switch(config-router)# address-family ipv4 multicast
switch(config-router-af)# client-to-client reflection
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family(BGP ルータ)

標準 IPv4 アドレス プレフィクスを使用するルーティング セッションを設定するために、ルータをアドレス ファミリ コンフィギュレーション モードにします。

show ip bgp

BGP ルーティング テーブル内のエントリを表示します。

confederation

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)の連合パラメータを設定するには、 confederation コマンドを使用します。

confederation { identifier | peers } as-number

 
構文の説明

identifier

ルーティング ドメイン連合の自律システム(AS)番号を設定します。

peers

BGP 連合にピア AS 番号を設定します。

as-number

Autonomous System(AS; 自律システム)番号。AS 番号は、<上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> 形式の 16 ビットの整数または 32 ビットの整数です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、連合識別情報を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# router bgp 65536.33
switch(config-router)# confederation identifier 65536.33
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp

BGP に関する情報を表示します。

dead-interval(OSPF 仮想リンク)

ネイバーがダウンしていることをルータが宣言する前に、OSPF(Open Shortest Path First)仮想リンク上のネイバーから少なくとも 1 つの hello パケットを受信する必要がある間隔を設定するには、 dead interval コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

dead-interval seconds

no dead-interval

 
構文の説明

seconds

ルータがネイバーから少なくとも 1 つの hello パケットを受信する必要があるか、またはそのネイバーがピア リストから削除され、ルーティングに参加しない間隔(秒単位)。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。値は仮想リンク上のすべてのノードで同じである必要があります。

 
コマンド デフォルト

40 秒

 
コマンド モード

仮想リンク コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

dead interval コマンドは、仮想リンク コンフィギュレーション モードで、OSPF hello パケット内でアドバタイズするデッド インターバルを設定するために使用します。この値は、仮想リンク上のすべてのネットワーキング デバイスで同じである必要があります。 seconds のデフォルト値は、 hello-interval コマンドによって設定された間隔の 4 倍です。

より短いデッド間隔( seconds )を設定することにより、ダウンしているネイバーを早く検出し、収束を改善することができます。デッド間隔を短くすると、動作の遅いネイバーを誤ってダウンしていると宣言することにより、仮想リンクが不安定になる可能性があります。

show ip ospf virtual-links コマンドを使用し、デッド間隔を確認します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF のデッド間隔を 20 秒に設定する例を示します。

switch(config)# ospf 201
switch(config-router)# area 99 virtual-link 192.0.2.4
switch(config-router-vlink)# dead-interval 20
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

hello-interval(OSPF 仮想リンク)

Cisco NX-OS が仮想リンク上で送信する hello パケット間の間隔を指定します。

show ip ospf virtual-link

OSPF 仮想リンク情報を表示します。

default-information originate(EIGRP)

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)にデフォルト ルートを生成するには、 default-information originate コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-information originate [ always ] [ route-map map-name ]

no default-information originate

 
構文の説明

always

(任意)ルートが EIGRP ルーティング情報ベースにない場合、デフォルト ルートを生成します。

route-map map-name

(任意)ルートがルート マップによって許可されている場合にのみデフォルト ルートを生成します。マップ名は、英数字で最大 63 文字のストリングです。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、条件ルート マップに合格したすべてのルートに対して、デフォルト ルート(0.0.0.0/0)を生成する例を示します。

switch(config)# router eigrp 201
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# default-information originate route-map Condition
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family

アドレスファミリ コンフィギュレーション モードを開始します。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

default-metric

EIGRP に再配布されたルートにメトリックを設定します。

redistribute

ルートを他のルーティング プロトコルから EIGRP に再配布します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

default-information originate(OSPF)

OSPF ルーティング ドメインにデフォルト外部ルートを生成するには、 default-information originate コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-information originate [ always ] [ route-map map-name ]

no default-information originate [ always ] [ route-map map-name ]

 
構文の説明

always

(任意)ルート テーブルにデフォルト ルートがあるかどうかに関係なく、常にデフォルト ルートをアドバタイズするように指定します。

route-map map-name

(任意)ルート マップが満たされていない場合に、デフォルト ルートをアドバタイズするように指定します。 map-name 引数は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

 
コマンド デフォルト

ルートがルート テーブルにある場合に、デフォルト ルートをアドバタイズします。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

default-information originate コマンドを使用し、再配布されたルートにデフォルト ルートを割り当てます。 redistribute コマンドを使用し、ルートを OSPF ルーティング ドメインに再配布すると、Cisco NX-OS は自動的に Autonomous System Boundary Router(ASBR; 自律システム境界ルータ)になります。ただし、デフォルトでは、ASBR はデフォルト ルートを OSPF ルーティング ドメインに生成しません。

route-map キーワードを使用し、Cisco NX-OS がルート マップに合格したルートにのみデフォルト ルートを生成するように、再配布されたルートをフィルタ処理します。 always キーワードを使用し、ルート テーブルにデフォルト ルートがあるかどうかに関係なく、デフォルト ルートを生成します。


default-information originate コマンドでは、オプションのルート マップの match 文は無視されます。


このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、Enhanced Interior Gateway Protocol(EIGRP)の OSPF ルーティング ドメインに再配布されるデフォルト ルートを設定する例を示します。

switch(config)# router ospf 109
switch(config-router)# redistribute eigrp 108 route-map EigrpPolicy
switch(config-router)# default-information originate always
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

redistribute(OSPF)

ルートを 1 つのルーティング ドメインから OSPF に再配布します。

route-map

ルートのフィルタ ポリシーを定義します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

default-information originate(RIP)

Routing Information Protocol(RIP)にデフォルト ルートを生成するには、 default-information originate コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-information originate [ always ] [ route-map map-name ]

no default-information originate

 
構文の説明

always

(任意)ルートが RIP ルーティング情報ベースにない場合、デフォルト ルートを生成します。

route-map map-name

(任意)ルートがルート マップによって許可されている場合にのみデフォルト ルートを生成します。マップ名は、63 文字以下の任意の英数字文字列です。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、条件ルート マップに合格したすべてのルートに対して、デフォルト ルート(0.0.0.0/0)を生成する例を示します。

switch(config)# router rip Enterprise
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# default-information originate route-map Condition
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family

アドレスファミリ コンフィギュレーション モードを開始します。

default-metric

RIP に再配布されたルートにメトリックを設定します。

redistribute

ルートを他のルーティング プロトコルから RIP に再配布します。

show ip rip route

RIP テーブル内のルートを表示します。

default-metric(EIGRP)

EIGRP のメトリックを設定するには、 default-metric コマンドを使用します。メトリック値を削除し、デフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-metric bandwidth delay reliability loading mtu

no default-metric

 
構文の説明

bandwidth

ルートの最小帯域幅(キロビット/秒)。範囲は 1 ~ 16777215 です。デフォルト値は 100000 です。

delay

ルートの遅延(数十マイクロ秒)。範囲は 1 ~ 16777215 です。デフォルト値は 100(マイクロ秒の 10 倍)です。

reliability

パケット送信が成功する可能性(0 ~ 255 の数字で表す)。255 という値は 100% の信頼性を意味し、0 はまったく信頼性がないことを意味します。デフォルト値は 255 です。

loading

ルートの有効な帯域幅(1 ~ 255 の数字で表す、255 は 100% のローディング)。デフォルト値は 1 です。

mtu

ルートの Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)のサイズ(バイト)。指定できる範囲は 128 ~ 4352 です。

 
コマンド デフォルト

bandwidth: 100000

delay: 100(マイクロ秒の 10 倍)

reliability: 255

loading: 1

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

default-metric コマンドを redistribute コマンドと同時に使用し、すべての再配布されたルートに同じメトリック値を使用します。デフォルト メトリックは、互換性のないメトリックを持つルートを再配布するという問題を解決するために役立ちます。外部メトリックが EIGRP メトリックに変換されない場合、デフォルト メトリックを使用することにより、常に妥当な代替メトリックを外部メトリックに提供し、再配布を続行することができます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、再配布された Routing Information Protocol(RIP)メトリックを取得して、それらを bandwidth = 1000、delay = 100、reliability = 250、loading = 100、および MTU = 1500 の値を持つ EIGRP メトリックに変換する例を示します。

switch(config)# router eigrp 1
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# redistribute rip 100 route-map FilterRIP
switch(config-router-af)# default-metric 1000 100 250 100 1500
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

redistribute

ルートを 1 つのルーティング ドメインから他のルーティング ドメインに再配布します。

show ip eigrp route-map statistics redistribute

EIGRP ルート マップ統計に関する情報を表示します。

default-metric(OSPF)

OSPF ルーティング プロトコルのデフォルト メトリック値を設定するには、 default-metric コマンドを使用します。デフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-metric metric-value

no default-metric metric-value

 
構文の説明

metric-value

指定されたルーティング プロトコルに適したデフォルト メトリック値。範囲は 1 ~ 1677214 です。

 
コマンド デフォルト

再配布されたルート、接続されたルート、およびスタティック ルートのメトリックは 25 に設定されます。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

default-metric コマンドは、 redistribute コマンドと組み合わせて、スタティック ルートと直接接続されたルートを除く、すべての再配布されたルートに対して同じメトリック値を設定するために使用します。デフォルト メトリックは、互換性のないメトリックを持つルートを再配布するために役立ちます。外部ルート メトリックが OSPF メトリックに変換されない場合、常にデフォルト メトリックを使用して再配布を続行できるようにします。


default-metric コマンドは、OSPF に直接接続されたルートの再配布には適用されません。直接接続されたルートのデフォルト メトリックは、ルート マップを使用して変更します。


このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、RIP と BGP を再配布するように OSPF を設定し、デフォルト メトリックを 10 に設定する例を示します。

switch(config)# router ospf 201
switch(config-router)# default-metric 10
switch(config-router)# redistribute rip 109 route-map FilterRip
switch(config-router)# redistribute bgp 4 route-map FilterBgp
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

redistribute(OSPF)

ルートを他のルーティング ドメインから OSPF に再配布します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

default-metric(RIP)

Routing Information Protocol(RIP)用のデフォルト メトリック値を設定するには、ルータ アドレスファミリ コンフィギュレーション モードで default-metric コマンドを使用します。デフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

default-metric value

no default-metric [ value ]

 
構文の説明

value

デフォルトのメトリック値。範囲は 1 ~ 15 です。

 
コマンド デフォルト

value :1

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

default-metric コマンドを redistribute コマンドと同時に使用し、すべての再配布されたルートに同じメトリック値を使用します。デフォルト メトリックは、互換性のないメトリックを持つルートを再配布するという問題を解決するために役立ちます。外部メトリックが RIP メトリックに変換されない場合、デフォルト メトリックを使用することにより、常に妥当な代替メトリックを外部メトリックに提供し、再配布を続行することができます。

次に、RIP を使用する Open Shortest Path First(OSPF)ルートをアドバタイズし、OSPF から発生した 10 の RIP メトリックを持つルートを割り当てる例を示します。

switch(config)# router rip Enterprise
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# default-metric 10
switch(config-router-af)# redistribute ospf 109 route-map FilterOSPF
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family

アドレスファミリ コンフィギュレーション モードを開始します。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

default-information originate

RIP に再配布されるルートのデフォルト ルートを生成します。

redistribute

ルートを 1 つのルーティング ドメインから他のルーティング ドメインに再配布します。

show ip rip route

RIP テーブル内のルートを表示します。

delay minimum

リロード後またはインターフェイス起動後のホットスタンバイ ルータ プロトコル(HSRP)の開始を遅らせるには、 forwarder preempt コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

delay minimum [ min-delay] reload [reload-delay ]

no delay minimum [ min-delay] reload [reload-delay ]

 
構文の説明

min-delay

インターフェイス起動後の HSRP グループの開始を遅らせる最小時間(秒単位)。この時間は、その後発生するすべてのインターフェイス イベントに適用されます。デフォルトは 0 秒です。

reload reload-delay

ルータがリロードした後の HSRP グループの開始を遅らせる期間を指定します。この時間は、ルータ リロード後の最初のインターフェイス起動イベントにのみ適用されます。デフォルトは 0 秒です。

 
コマンド デフォルト

HSRP 遅延のデフォルトは 0 秒です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

delay hsrp コマンドは、リロード後またはインターフェイス起動後の HSRP の開始を遅らせるために使用します。この設定を使用すると、インターフェイスとルータはインターフェイス起動後に安定し、HSRP の状態が不安定になるのを防ぐために役立ちます。

次に、3 秒の最小遅延と 10 秒のグループ開始遅延を設定する例を示します。

switch(config)# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip address 172.16.6.5 255.255.255.0
switch(config-if)# hsrp 1
switch(config-if)# delay minimum 3 reload 10
switch(config-if)# ip 172.16.6.100

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP の設定をイネーブルにします。

遅延

オブジェクト トラッキングのステート変更を遅らせるには、 delay コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

delay { up up-time [ down down-time] | down down-time [ up up-time ]}

no delay

 
構文の説明

up up-time

アップ状態のオブジェクト追跡ステート変更を遅らせます。指定できる範囲は 0 ~ 180 秒です。

down down-time

ダウン状態のオブジェクト追跡ステート変更を遅らせます。指定できる範囲は 0 ~ 180 秒です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

オブジェクト トラック モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

delay コマンドは、オブジェクト トラッキングで追跡対象オブジェクトまたは追跡リストのアップまたはダウン ステート変更が検出されるタイミングを遅らせるために使用します。この遅延によって、ステート フラッピングが起こりにくくなります。

次に、追跡対象オブジェクトの遅延タイマーを設定する例を示します。

switch(config)# configure terminal

switch(config)# track 1 interface ethernet 1/2 line-protocol

switch(config-track)# delay up 30 down 30
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

track

追跡対象オブジェクトまたは追跡リストを設定します。

distance(EIGRP)

ノードにより良いルートを提供できる EIGRP で 2 つのアドミニストレーティブ ディスタンス(内部と外部)を使用できるようにするには、 distance コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

distance internal-distance external-distance

no distance

 
構文の説明

internal-distance

EIGRP 内部ルートのアドミニストレーティブ ディスタンス。内部ルートは、同じ Autonomous System(AS; 自律システム)内の他のエンティティから学習されるルートです。ディスタンスは、1 ~ 255 の値です。デフォルトは 90 です。

external-distance

EIGRP 外部ルートのアドミニストレーティブ ディスタンス。外部ルートは、最適パスがこの AS の外部にある発信元から学習されるルートです。ディスタンスは、1 ~ 255 の値です。デフォルト値は 170 です。

 
コマンド デフォルト

internal-distance: 90
external-distance: 170

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

アドミニストレーティブ ディスタンスは、個々のルータやルータのグループなど、ルーティング情報発信元の信頼性を表す数値です。数値的に、アドミニストレーティブ ディスタンスは 0 ~ 255 の整数です。一般的に、値が高いほど信頼性のランク付けは低くなります。255 のアドミニストレーティブ ディスタンスは、ルーティング情報源がまったく信頼できないため、無視すべきであることを意味します。

他のプロトコルが外部 EIGRP を通して実際に学習されたルートよりも良いルートをノードに提供できることがわかっている場合、または一部の内部ルートが EIGRP によって優先されるべきである場合、 distance コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、すべての EIGRP 1 内部ルートのアドミニストレーティブ ディスタンスを 80 に、すべての EIGRP 外部ルートのアドミニストレーティブ ディスタンスを 130 に設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 1
switch(config-router)# distance 80 130
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

distance(OSPF)

OSPF ルートのアドミニストレーティブ ディスタンスを定義するには、 distance コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

distance distance

no distance

 
構文の説明

distance

この OSPF プロセスに対してローカルであるすべてのルートのアドミニストレーティブ ディスタンス。範囲は 1 ~ 255 です。

 
コマンド デフォルト

110

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

distance コマンドを使用し、ルートのグループ全体にディスタンスを設定します。複数のルーティング プロトコルを設定し、その中から 1 つのルートのセットを選択したい場合に、 distance コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ディスタンスを 200 に設定する(ルートの信頼性が低くなる)例を示します。

switch(config)# router ospf 1
switch(config-router)# distance 200
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

copy running-config startup-config

このコンフィギュレーション変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

distance(RIP)

Routing Information Protocol(RIP)によって検出されたルートに割り当てるアドミニストレーティブ ディスタンスを定義するには、 distance コマンドを使用します。ディスタンスを削除し、システムをデフォルトの状態に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

distance admin-distance

no distance admin-distance

 
構文の説明

admin-distance

RIP ルートに割り当てるアドミニストレーティブ ディスタンス。範囲は 1 ~ 255 です。

 
コマンド デフォルト

admin-distance :120

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

distance コマンドを使用し、他のプロトコル ルートに対する RIP ルートのプリファレンスを変更します。数値的に、アドミニストレーティブ ディスタンスは 1 ~ 255 の整数です。一般的に、値が高いほど信頼性のランク付けは低くなります。255 のアドミニストレーティブ ディスタンスは、ルーティング情報源がまったく信頼できないため、無視すべきであることを意味します。

次に、RIP のアドミニストレーティブ ディスタンスを設定する例を示します。

switch(config)# router rip Enterprise
switch(config-router)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-af)# distance 85
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

address-family

アドレスファミリ コンフィギュレーション モードを開始します。

redistribute

ルートを 1 つのルーティング ドメインから RIP に再配布します。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。

ebgp-multihop

exterior Border Gateway Protocol(eBGP)の存続可能時間(TTL)の値を eBGP マルチホップをサポートするように設定するには、 ebgp-multihop コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ebgp-multihop ttl-value

no ebgp-multihop ttl-value

 
構文の説明

ttl-value

eBGP マルチホップ用の TTL 値。範囲は 2 ~ 255 です。このコマンドの使用後、BGP セッションを手動でリセットする必要があります。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

BGP ネイバー コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ebgp-multihop コマンドは、eBGP の存続可能時間(TTL)の値を eBGP マルチホップをサポートするように設定するために使用します。eBGP ピアは状況によって、別の eBGP ピアに直接接続されず、リモート eBGP ピアに到達するために複数のホップを必要とします。ネイバー セッションに eBGP TTL 値を設定すると、このようなマルチホップ セッションが可能になります。

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、eBGP マルチホップ値を設定する例を示します。

switch(config)# router bgp 1.1
switch(config-router)# neighbor 192.0.2.1 remote-as 1.2
switch(config-route-neighbor) ebgp-multihop 2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature bgp

BGP 機能をイネーブルにします。

eigrp log-neighbor-changes

Enhanced IGRP(EIGRP)ネイバールータとの隣接関係での変更のロギングをイネーブルにするには、 eigrp log-neighbor-changes コマンドを使用します。EIGRP ネイバー ルータとの隣接関係における変更のロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

eigrp log-neighbor-changes

no eigrp log-neighbor-changes

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

隣接関係の変更がロギングされます。

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

eigrp log-neighbor-changes コマンドを使用してネイバールータとの隣接関係の変更をロギングし、ルーティング システムの安定性をモニタし、問題を検出します。デフォルトでは、ロギングはイネーブルです。ネイバー ルータとの隣接関係の変更のロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP プロセス 209 のネイバー変更のロギングをイネーブルにする例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# eigrp log-neighbor-changes
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

log-neighbor-changes

EIGRP ネイバーの変更のロギングをイネーブルにします。

log-neighbor-warnings

EIGRP ネイバーの警告のロギングをイネーブルにします。

log-adjacency-changes

EIGRP 隣接状態変更のロギングをイネーブルにします。

eigrp log-neighbor-warnings

Enhanced IGRP(EIGRP)ネイバーの警告メッセージのロギングをイネーブルにするには、 eigrp log-neighbor-warnings コマンドを使用します。EIGRP ネイバー警告メッセージのロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

eigrp log-neighbor-warnings [ seconds ]

no eigrp log-neighbor-warnings

 
構文の説明

seconds

(任意)ネイバー警告メッセージの反復間隔。有効範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

ネイバー警告メッセージがロギングされます。

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

eigrp log-neighbor-warnings コマンドを使用してネイバーの警告メッセージをイネーブルにし、繰り返されるネイバー警告メッセージ間の間隔を設定します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP プロセス 209 のネイバー警告メッセージがログに記録され、5 分(300 秒)間隔で警告メッセージが反復される例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# eigrp log-neighbor-warnings 30
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

log-neighbor-changes

EIGRP ネイバーの変更のロギングをイネーブルにします。

log-neighbor-warnings

EIGRP ネイバーの警告のロギングをイネーブルにします。

log-adjacency-changes

EIGRP 隣接状態変更のロギングをイネーブルにします。

eigrp router-id

Enhanced IGRP(EIGRP)がネイバーと通信する際に使用するルータ ID を設定するには、 eigrp router-id コマンドを使用します。設定されたルータ ID を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

eigrp router-id ip-address

no eigrp router-id ip-address

 
構文の説明

ip-address

ルータ ID(ドット付き 10 進表記)

 
コマンド デフォルト

EIGRP は、EIGRP プロセスが開始されたときにルータ ID として使用する IP アドレスを自動的に選択します。

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

EIGRP は、EIGRP プロセスが開始されたときにルータ ID として使用する IP アドレスを自動的に選択します。最も高いローカル IP アドレスが選択され、ループバック インターフェイスが優先されます。EIGRP プロセスが no router eigrp コマンドによって削除されない限り、またはルータ ID が eigrp router-id コマンドによって手動で設定された場合、ルータ ID は変更されません。

eigrp router-id コマンドを使用し、EIGRP にルータ ID を手動で設定します。ルータ ID は、外部ルートの発信元ルータを識別するために使用されます。外部ルートがローカルのルータ ID で受信された場合、このルートは廃棄されます。ルータ ID は、2 つの例外を除く任意の IP アドレスによって設定できます。0.0.0.0 と 255,255,255,255 は有効な値ではなく、入力できません。各ルータに一意の値を設定する必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、固定されたルータ ID として 172.16.1.3 を設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# eigrp router-id 172.16.1.3
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp

EIGRP プロセスの要約を表示します。

eigrp stub

ルータを Enhanced IGRP(EIGRP)を使用するスタブとして設定するには、 eigrp stub コマンドを使用します。EIGRP スタブ ルーティングをディセーブルにするには、コマンドの no 形式を使用します。

eigrp stub [ direct | leak-map map-name | receive-only | redistributed ]

no eigrp stub [ direct | leak-map map-name | receive-only | redistributed ]]

 
構文の説明

direct

(任意)直接接続されたルートをアドバタイズします。

leak-map map-name

(任意)リーク マップに基づいて、ダイナミック プレフィクスを許可します。

receive-only

(任意)ルータを受信専用のネイバーとして設定します。

redistributed

(任意)他のプロトコルと Autonomous System(AS; 自律システム)から再配布されたルートをアドバタイズします。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

eigrp stub コマンドは、すべての IP トラフィックを配信ルータに転送するスタブとしてルータを設定するために使用します。

direct キーワードを指定すると、EIGRP スタブ ルーティングは接続されたルートをアドバタイズできます。このオプションは、デフォルトでイネーブルです。

receive-only キーワードは、ルータが EIGRP AS 内の他のルータとルートを共有しないように制限します。 receive-only キーワードは、あらゆるルート タイプを送信しないようにするため、他のオプションを指定できません。

redistributed キーワードを指定すると EIGRP スタブ ルーティング機能は他のルーティング プロトコルと AS を送信できます。このオプションを設定しないと、EIGRP では再配布されたルートをアドバタイズしません。

これらの 4 つのキーワード( direct leak-map receive-only redistributed )のいずれかを eigrp stub コマンドと同時に使用すると、特定のキーワードによって指定されたルート タイプのみがアドバタイズされます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ルータを受信専用ネイバーとして設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 1
switch(config-router)# eigrp stub receive-only
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp

EIGRP プロセスの要約を表示します。

feature bgp

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)をイネーブルにするには、 feature bgp コマンドを使用します。BGP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature bgp

no feature bgp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

BGP を設定する前に、BGP 機能をイネーブルにする必要があります。


) Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) では、レイヤ 3 機能がイネーブルになっている Cisco Nexus 5548 スイッチおよび Cisco Nexus 5596 でのソフトウェア アップグレードは中断されます。スイッチと Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender をリロードする必要があります。


このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、BGP 設定をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature bgp
switch(config)#
 

次に、BGP 機能をディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# no feature bgp
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp

BGP 構成情報を表示します。

show feature

スイッチの機能のステータスを表示します。

router bgp

BGP インスタンスを作成します。

feature eigrp

Enhanced IGRP(EIGRP)をイネーブルにするには、 feature eigrp コマンドを使用します。EIGRP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature eigrp

no feature eigrp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

EIGRP を設定するには、その前に EIGRP 機能をイネーブルにする必要があります。


) Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) では、レイヤ 3 機能がイネーブルになっている Cisco Nexus 5548 スイッチおよび Cisco Nexus 5596 でのソフトウェア アップグレードは中断されます。スイッチと Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender をリロードする必要があります。


このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP 機能をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature eigrp
switch(config)#
 

次に、EIGRP 機能をディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# no feature eigrp
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show feature

スイッチでイネーブルになっている機能を表示します。

show ip eigrp

EIGRP 構成情報を表示します。

router eigrp

EIGRP インスタンスを作成します。

feature hsrp

Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)コンフィギュレーション モードを開始して HSRP をイネーブルにするには、 feature hsrp コマンドを使用します。HSRP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature hsrp

no feature hsrp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

HSRP を設定するには、その前に HSRP 機能をイネーブルにする必要があります。


) Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) では、レイヤ 3 機能がイネーブルになっている Cisco Nexus 5548 スイッチおよび Cisco Nexus 5596 でのソフトウェア アップグレードは中断されます。スイッチと Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender をリロードする必要があります。


このコマンドには、ライセンスは必要ありません。

次に、スイッチ上の HSRP をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature hsrp
switch(config)#
 

次に、HSRP をディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# no feature hsrp
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

hsrp group

HSRP グループを作成し、アクティベートします。

show feature

スイッチの機能のステータスを表示します。

show hsrp

HSRP 情報を表示します。

feature ospf

OSPF(Open Shortest Path First)プロトコルをイネーブルにするには、 feature ospf コマンドを使用します。OSPF をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature ospf

no feature ospf

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF を設定する前に、OSPF 機能をイネーブルにする必要があります。


) Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) では、レイヤ 3 機能がイネーブルになっている Cisco Nexus 5548 スイッチおよび Cisco Nexus 5596 でのソフトウェア アップグレードは中断されます。スイッチと Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender をリロードする必要があります。


このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF 機能をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature ospf
switch(config)#
 

次に、OSPF 機能をディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# no feature ospf
switch(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show feature

スイッチの機能のステータスを表示します。

show ospf

OSPF 構成情報を表示します。

router ospf

OSPF インスタンスを作成します。

feature rip

Routing Information Protocol(RIP)をイネーブルにするには、 feature rip コマンドを使用します。RIP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature rip

no feature rip

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

RIP を設定する前に、RIP 機能をイネーブルにする必要があります。


) Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) では、レイヤ 3 機能がイネーブルになっている Cisco Nexus 5548 スイッチおよび Cisco Nexus 5596 でのソフトウェア アップグレードは中断されます。スイッチと Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender をリロードする必要があります。


このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、RIP 機能をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature rip
switch(config)#
 

次に、RIP 機能をディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# no feature rip
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show feature

スイッチの機能のステータスを表示します。

show rip

RIP 構成情報を表示します。

router rip

RIP インスタンスを作成します。

feature vrrp

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)をイネーブルにするには、 feature vrrp コマンドを使用します。VRRP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature vrrp

no feature vrrp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

VRRP を設定する前に、VRRP 機能をイネーブルにする必要があります。


) Cisco NX-OS Release 5.0(3)N1(1) では、レイヤ 3 機能がイネーブルになっている Cisco Nexus 5548 スイッチおよび Cisco Nexus 5596 でのソフトウェア アップグレードは中断されます。スイッチと Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender をリロードする必要があります。


このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、VRRP 機能をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# feature vrrp
switch(config)#
 

次に、VRRP 機能をディセーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# no feature vrrp
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear vrrp

指定の仮想ルータの全ソフトウェア カウンタをクリアします。

show feature

スイッチの機能のステータスを表示します。

show vrrp

VRRP 設定情報を表示します。

vrrp

インターフェイス上に VRRP グループを設定します。

flush-routes(EIGRP)

EIGRP インスタンスの再起動時にユニキャスト RIB 内のすべての EIGRP ルートをフラッシュするには、 flush-routes コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

flush-routes

no flush-routes

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP インスタンスの再起動時にルートをフラッシュする例を示します。

switch(config)# router eigrp Test1
switch(config-router)# flush-routes
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイスに関する情報を表示します。

flush-routes(OSPF)

Open Shortest Path First(OSPF)プロトコルの再起動でルートをフラッシュするには、 flush-routes コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

flush-routes

no flush-routes

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用すると、OSPF は、OSPF がシャットダウンするとき、ユニキャスト Routing Information Base(RIB)から登録解除されます。ユニキャスト RIB は、この OSPF インスタンスに関連付けられたすべてのルートを削除します。 flush-routes コマンドを設定しない場合、OSPF は登録解除されず、OSPF ルートは古くなります。OSPF ルートは、タイムアウト期間後、最終的にユニキャスト RIB から削除されます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF の再起動でルートをフラッシュする例を示します。

switch(config)# router ospf 202
switch(config-router)# flush-routes
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

hardware forwarding dynamic-allocation

Forwarding Information Base(FIB; 転送情報ベース)内のダイナミック TCAM ブロック割り当てをイネーブルまたはディセーブルするには、 hardware forwarding dynamic-allocation コマンドを使用します。

hardware forwarding dynamic-allocation { enable | disable }

 
構文の説明

enable

動的な TCAM 割り当てをイネーブルにします。

disable

動的な TCAM 割り当てをディセーブルにします。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

hardware forwarding dynamic-allocation enable コマンドは、FIB 内の使用済みブロックを再割り当てするために使用します。

hardware forwarding dynamic-allocation disable コマンドは、ダイナミック TCAM 割り当てをディセーブルにするために使用します。このコマンドは、再割り当てされたブロック内にルートが存在しない場合に TCAM をデフォルト割り当てに戻します。

次に、ダイナミック TCAM 割り当てをイネーブルにする例を示します。

switch(config)# hardware forwarding dynamic-allocation enable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware forwarding dynamic-allocation

モジュールごとのダイナミック TCAM 割り当てに関する情報を表示します。

hello-interval(OSPF 仮想リンク)

Cisco NX-OS が Open Shortest Path First(OSPF)仮想リンク上で送信する hello パケット間のインターバルを指定するには、 hello-interval コマンドを使用します。デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

hello-interval seconds

no hello-interval

 
構文の説明

seconds

hello インターバル(秒単位)。値は特定の仮想リンク上の全ノードで同じにする必要があります。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

10 秒

 
コマンド モード

仮想リンク コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

仮想リンク コンフィギュレーション モードで hello-interval コマンドを使用し、仮想リンクの OSPF に hello 間隔を設定します。hello 間隔を短くすると、トポロジの変更が速く検出されますが、ルーティング トラフィックが多くなります。hello 間隔は、仮想リンク上のすべてのデバイスで同じである必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、hello 間隔を 15 秒に設定する例を示します。

switch(config)# router ospf 202
switch(config-router)# ip ospf area 99 virtual-link 192.0.2.4
switch(config-router-vlink)# hello-interval 15
switch(config-router-vlink)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

dead-interval(仮想リンク)

ローカル デバイスが hello パケットを受信しない場合に、ネイバーがダウンしていることを宣言する時間を設定します。

show ip ospf virtual-link

OSPF 仮想リンク情報を表示します。

hsrp

Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)コンフィギュレーション モードを開始して HSRP グループを作成するには、 hsrp コマンドを使用します。HSRP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

hsrp group-number ipv4

no hsrp group-number ipv4

 
構文の説明

group-number

ギガビット イーサネット ポートで設定できる HSRP グループの数(主要なインターフェイスおよびサブインターフェイスを含む)。範囲は 1 ~ 255 です。デフォルト値は 0 です。

ipv4

(任意)IPv4 用の HSRP グループを設定します。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

HSRP オプションを設定するか HSRP グループを作成する前に、HSRP をグローバルにイネーブルにする必要があります。

次に、HSRP グループを作成してアクティベートする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 0
switch(config-if)# ip address 172.16.6.5 255.255.255.0
switch(config-if)# hsrp 1
switch(config-if-hsrp)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP コンフィギュレーションをイネーブルにします。

show hsrp

HSRP 情報を表示します。

ip address

HSRP グループの仮想 IP アドレスを作成します。この IP アドレスはインターフェイス IP アドレスと同じサブネット内になければなりません。

hsrp delay

リロード後またはインターフェイス起動後の Hot Standby Router Protocol(HSRP; ホットスタンバイ ルータ プロトコル)の開始を遅らせるには、 forwarder preempt コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

hsrp delay { minimum min-delay | reload reload-delay }

no delay { minimum min-delay | reload reload-delay}

 
構文の説明

minimum min-delay

インターフェイス起動後の HSRP グループの開始を遅らせる最小時間(秒単位)を指定します。この時間は、その後発生するすべてのインターフェイス イベントに適用されます。範囲は 1 ~ 10,000 です。デフォルトは 0 秒です。

reload reload-delay

ルータがリロードした後の HSRP グループの開始を遅らせる期間を指定します。この時間は、ルータ リロード後の最初のインターフェイス起動イベントにのみ適用されます。範囲は 1 ~ 10,000 です。デフォルトは 0 秒です。

 
コマンド デフォルト

HSRP 遅延のデフォルトは 0 秒です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

hsrp delay コマンドは、リロード後またはインターフェイス起動後の HSRP の開始を遅らせるために使用します。この設定を使用すると、インターフェイスとルータはインターフェイス起動後に安定し、HSRP の状態が不安定になるのを防ぐために役立ちます。

次に、3 秒の最小遅延と 10 秒のグループ開始遅延を設定する例を示します。

switch(config)# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip address 172.16.6.5 255.255.255.0
switch(config-if)# hsrp 1
switch(config-if)# hsrp delay minimum 3 reload 10
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP の設定をイネーブルにします。

hsrp

HSRP グループを作成します。

show hsrp delay

HSRP 遅延情報を表示します。

ip(HSRP)

HSRP グループに仮想アドレスを指定するには、 ip コマンドを使用します。グループの HSRP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip [ autoconfig | ip-address [ secondary ]]

no ip [ autoconfig | ip-address [ secondary ]]

 
構文の説明

autoconfig

(任意)リンクローカル プレフィクスと修正 EUI-64 形式のインターフェイス識別情報からリンクローカル アドレスを生成します。ここで、EUI-64 インターフェイス識別情報は関連する HSRP 仮想 MAC アドレスから作成されます。

ip-address

(任意)仮想ルータの仮想 IP アドレス(HSRP グループ)。この IP アドレスはインターフェイス IP アドレスと同じサブネット内になければなりません。その HSRP グループ内の 1 つ以上のルータに仮想 IP アドレスを設定する必要があります。グループ内の他のルータはこのアドレスを選択します。IP アドレスには IPv4 アドレスを指定できます。

secondary

(任意)IPv4 アドレスがセカンダリ HSRP 仮想アドレスであることを示します。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

HSRP コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

設定済みのインターフェイスに対して HSRP をアクティブにするには、 ip コマンドを使用します。仮想 IP アドレスを設定する場合、そのアドレスは HSRP グループ全体の専用 IP アドレスになります。IPv4 グループの場合は、仮想 IP アドレスが設定されていなければ、ゲートウェイは同じ HSRP グループ内の別のゲートウェイから仮想 IP アドレスを取得します。HSRP が Active Virtual Gateway(AVG; アクティブ仮想ゲートウェイ)を選択できるようにするには、その LAN 上の 1 つ以上のゲートウェイに仮想 IP アドレスを設定する必要があります。

AVG に仮想 IP アドレスを設定すると、現在使用されている仮想 IP アドレスが上書きされます。

インターフェイス上で IPv4 HSRP グループ用に ip コマンドを設定すると、プロキシ Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)要求の処理方法が変更されます(プロキシ ARP がディセーブルに設定されていない場合)。ホストは IP アドレスを MAC アドレスにマッピングするために ARP 要求を送信します。HSRP ゲートウェイは、ARP 要求を代行受信し、接続先ノードの代わりに ARP 要求に応答します。HSRP グループのフォワーダがアクティブである場合、プロキシ ARP 要求への応答には、グループ内の最初のアクティブ フォワーダの MAC アドレスが使用されます。アクティブなフォワーダがない場合、プロキシ ARP 要求は停止されます。


ip コマンドを使用して仮想 IP アドレスを割り当て、HSRP グループをアクティブにする前に、すべての HSRP オプションを設定する必要があります。これにより、グループを初めてイネーブルにする際にコンフィギュレーションの作成が遅れても、他のルータに認証エラー メッセージや不測の状態変更が生じるのを避けることができます。常に IP アドレスを指定することを推奨します。


次に、イーサネット インターフェイス 1/1 上でグループ 10 用の HSRP をアクティブにする例を示します。HSRP グループで使用される仮想 IP アドレスは、192.0.2.10 に設定されます。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip address 192.0.2.32 255.255.255.0
switch(config-if)# hsrp 10
switch(config-hsrp)# ip 192.0.2.10
 

次に、イーサネット インターフェイス 2/1 上でグループ 10 用の HSRP をアクティブにする例を示します。HSRP グループで使用される仮想 IP アドレスは、同じ HSRP グループに属するように設定された別のゲートウェイから取得されます。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# hsrp 10
switch(config-if-hsrp)#
 

次に、イーサネット インターフェイス 1/1 上でグループ 2 用の HSRP をアクティブにし、インターフェイス上のセカンダリ IP アドレスを作成する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip address 20.20.20.1 255.255.255.0 secondary
switch(config-if)# ip address 10.10.10.1 255.255.255.0
switch(config-if)# hsrp 2
switch(config-if-hsrp)# ip 10.10.10.2
switch(config-if-hsrp)# ip 20.20.20.2 secondary

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature hsrp

HSRP の設定をイネーブルにします。

show hsrp

HSRP 情報を表示します。

ip address

インターフェイスのプライマリまたはセカンダリ IP アドレスを設定するには、 ip address コマンドを使用します。IP アドレスを削除するか、IP プロセシングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip address ip-address mask [ secondary ]

no ip address ip-address mask [ secondary ]

 
構文の説明

ip-address

A . B . C . D または A . B . C . D / length の形式の IPv4 アドレス。

mask

関連する IP サブネットのマスク。

secondary

(任意)設定されたアドレスをセカンダリ IP アドレスに指定します。このキーワードが省略された場合、設定されたアドレスはプライマリ IP アドレスになります。

 
コマンド デフォルト

IP アドレスはインターフェイスに定義されません。

サポートされるユーザ ロール

インターフェイス コンフィギュレーション モード

サブインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン


) このコマンドを使用する前に、レイヤ 3 機能を使用するためにインターフェイス上で no switchport コマンドを使用していることを確認してください。


インターフェイスには、1 つのプライマリ IP アドレスと 1 つのセカンダリ IP アドレスを割り当てることができます。

no ip address コマンドを使用して IP アドレスを削除することにより、特定のインターフェイス上の IP プロセシングをディセーブルにできます。

オプションの secondary キーワードを使用すると、セカンダリ IP アドレスを指定できます。システムがセカンダリの送信元アドレスのルーティングの更新以外にデータグラムを生成しないということを除けば、セカンダリ アドレスはプライマリ アドレスのように処理されます。IP ブロードキャストおよびアドレス解決プロトコル(ARP)要求は、IP ルーティング テーブル内のインターフェイス ルートのように処理されます。


) Open Shortest Path First(OSPF)アルゴリズムを使用してルーティングする場合は、インターフェイスのセカンダリ アドレスがプライマリ アドレスと同じ OSPF エリアにあることを確認してください。


次に、イーサネット インターフェイス 1/5 のプライマリ アドレスとして IP アドレス 192.168.0.27 を、セカンダリ アドレスとして 192.168.0.5 を設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip address 192.168.0.27 255.255.255.0
switch(config-if )# ip address 192.168.0.5 255.255.255.0 secondary
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

no switchport

レイヤ 3 設定のインターフェイスをイネーブルにします。

show ip interface

IPv4 に設定されたインターフェイスを表示します。

ip arp

スタティック ARP エントリを設定するには、 ip arp コマンドを使用します。スタティック ARP エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip arp ip-address mac-address

no ip arp ip-address

 
構文の説明

ip-address

A . B . C . D の形式の IPv4 アドレス。

mac-address

次の形式の MAC アドレス:

E.E.E

EE-EE-EE-EE-EE-EE

EE:EE:EE:EE:EE:EE

EEEE.EEEE.EEEE

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード
サブインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、レイヤ 3 インターフェイスおよびレイヤ 3 サブインターフェイス上で使用します。

次に、インターフェイス イーサネット 1/2 上でスタティック ARP エントリを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip arp 192.0.2.1 0150.5a03.efab
switch(config-if)#
 

次に、サブインターフェイス上でスタティック ARP エントリを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# interface ethernet 1/1.1
switch(config-subif)# ip arp 192.0.2.1 0150.5a03.efab
switch(config-subif)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp

ARP エントリを表示します。

ip arp gratuitous

無償 ARP をイネーブルにするには、 ip arp gratuitous コマンドを使用します。無償 ARP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip arp gratuitous { request | update }

no ip arp gratuitous { request | update }

 
構文の説明

request

アドレス重複検出時の無償 ARP 要求の送信をイネーブルにします。

update

無償 ARP 用の ARP キャッシュのアップデートをイネーブルにします。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

インターフェイス Ethernet 2/1 上の無償 ARP 要求をディセーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip arp gratuitous
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp

スタティック ARP エントリを設定します。

show ip arp

ARP 設定情報を表示します。

ip arp timeout

アドレス解決プロトコル(ARP)のタイムアウトを設定するには、 ip arp timeout コマンドを使用します。デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip arp timeout timeout-value

no ip arp timeout

 
構文の説明

timeout-value

ARP キャッシュ内にエントリを残す時間(秒単位)。有効な値は 60 ~ 28800 で、デフォルトは 1500 です。

 
コマンド デフォルト

1500 秒

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(2)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP タイムアウト値を 120 秒に設定する例を示します。

switch(config)# ip arp timeout 120
switch(config)#
 

次に、ARP タイムアウト値をデフォルトの 1500 秒に戻す例を示します。

switch(config)# no ip arp timeout
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config arp all

デフォルト設定を含む ARP 設定を表示します。

ip as-path access-list

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)自律システム(AS)番号のアクセス リスト フィルタを設定するには、 ip as-path access-list コマンドを使用します。フィルタを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip as-path access-list name { deny | permit } regexp

no ip as-path access-list name { deny | permit } regexp

 
構文の説明

name

AS パス アクセス リスト名。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

deny

AS 番号が regexp 引数と一致するパケットを拒否します。

permit

AS 番号が regexp 引数と一致するパケットを許可します。

regexp

BGP AS パスに一致する正規表現。正規表現についての詳細は、次の URL で 『 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Fundamentals Configuration Guide, Release 4.2 を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/nexus5000/sw/fundamentals/421_n1_1/Cisco_Nexus_5000_Series_NX-OS_Fundamentals_Configuration_Guide_Release_4_2_1_N1_1_chapter4.html#con_1237003

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

自律システム パス フィルタを設定するには、 ip as-path access-list コマンドを使用します。着信と発信の両方の BGP パスに自律システム パス フィルタを適用できます。各フィルタは正規表現で定義されます。正規表現が、ルートの自律システム パスの ASCII ストリング表現と一致した場合、許可または拒否の条件が適用されます。自律システム パスにはローカル自律システム番号を含めないでください。

AS 番号 55:33 および 20:01 を許可する AS パス フィルタを BGP に設定し、着信フィルタリングの BGP ピアにこのフィルタを適用する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip as-path access-list filter1 permit 55:33,20:01
switch(config) router bgp 65536:20
switch(config-router)# neighbor 192.0.2.1/16 remote-as 65536:20
switch(config-router-neighbor)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-neighbor-af)# filter-list filter1 in
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

filter-list

BGP ピアに対する AS パス フィルタを指定します。

show ip as-path access-list

IP AS パス アクセス リストに関する情報を表示します。

ip authentication key-chain eigrp

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)パケットの認証をイネーブルにして、インターフェイス上で使用可能なキー セットを指定するには、 ip authentication key-chain eigrp コマンドを使用します。認証を禁止するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip authentication key-chain eigrp instance-tag name-of-chain

no ip authentication key-chain eigrp instance-tag name-of-chain

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

name-of-chain

有効なキー グループ

 
コマンド デフォルト

EIGRP パケットには認証は適用されません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイス コンフィギュレーション モードで ip authentication mode eigrp コマンドを使用して、認証モードを設定する必要があります。インターフェイスに対する認証設定を完了するには、 key-chain コマンドを使用して、別途キー チェーンを設定する必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、キーチェーン ツリーに属しているキーの受け入れと送信をインターフェイスに設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip authentication key-chain eigrp 209 trees
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip authentication mode eigrp

インターフェイスに EIGRP の認証モードを設定します。

key-chain

認証方式で使用可能なキー セットを作成します。

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイスに関する情報を表示します。

ip authentication mode eigrp

EIGRP パケット内で使用される認証タイプを指定するには、 ip authentication mode eigrp コマンドを使用します。認証を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip authentication mode eigrp instance-tag md5

no ip authentication mode eigrp instance-tag md5

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

md5

Message Digest 5(MD5)認証を指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、MD5 認証を使用するようにインターフェイスを設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip authentication mode eigrp 209 md5
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

authentication mode(EIGRP)

VRF の EIGRP の認証モードを設定します。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

ip authentication key-chain eigrp

EIGRP の認証をイネーブルにして、インターフェイスに使用可能なキー セットを指定します。

key chain

認証方式で使用可能なキー セットを作成します。

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイスに関する情報を表示します。

ip bandwidth eigrp

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)インターフェイスの帯域幅を設定するには、 ip bandwidth eigrp コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip bandwidth eigrp instance-tag bandwidth

no ip bandwidth eigrp

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

bandwidth

帯域幅値。範囲は 1 ~ 2,560,000,000 キロビットです。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、自律システム 209 で 10000 の帯域幅メトリックを使用するように EIGRP を設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip bandwidth eigrp 209 10000
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip bandwidth-percent eigrp

インターフェイスの帯域幅のうち、EIGRP に使用できる割合をパーセントで設定します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip bandwidth-percent eigrp

インターフェイス上で Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)に使用できる帯域幅のパーセンテージを設定するには、 ip bandwidth eigrp コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip bandwidth-percent eigrp instance-tag percent

no ip bandwidth-percent eigrp

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

percent

EIGRP に使用できる帯域幅のパーセンテージ

 
コマンド デフォルト

percent :50

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

EIGRP が使用する帯域幅は、リンクの帯域幅の最大 50 %です。このパーセンテージは、 ip bandwidth インターフェイス コンフィギュレーション コマンドで定義されます。このデフォルトのパーセンテージを変更するには、 ip bandwidth-percent コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、自律システム 209 でインターフェイスの最大 75 % を使用するように EIGRP を設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip bandwidth-percent eigrp 209 75
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip bandwidth eigrp

インターフェイスの EIGRP 帯域幅値を設定します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip community-list

コミュニティ リストのエントリを作成するには、 ip community-list コマンドを使用します。エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip community-list standard list-name { deny | permit } { aa : nn | internet | local-AS | no-advertise | no-export }

no ip community-list standard list-name

ip community-list expanded list-name { deny | permit } regexp

no ip community-list expanded list-name

 
構文の説明

standard list-name

標準コミュニティ リストを設定します。

permit

一致した条件へのアクセスを許可します。

deny

一致した条件へのアクセスを拒否します。

aa : nn

(任意)4 バイトの新コミュニティ形式で入力する自律システム番号およびネットワーク番号。この値は、コロンで区切られた 2 バイトの数 2 つで設定されます。2 バイトの数ごとに 1 ~ 65535 の数を入力できます。1 つのコミュニティ、または複数のコミュニティをそれぞれスペースで区切って入力できます。

これらの任意のコミュニティ キーワードを複数選択できます。

internet

(任意)インターネット コミュニティを指定します。このコミュニティのルートは、すべてのピア(内部および外部)にアドバタイズされます。

これらの任意のコミュニティ キーワードを複数選択できます。

no-export

(任意)no-export コミュニティを指定します。このコミュニティのあるルートは、同じ AS 内のピアへのみ、または連合内の他のサブ AS へのみアドバタイズされます。これらのルートは外部ピアにはアドバタイズされません。

これらの任意のコミュニティ キーワードを複数選択できます。

local-AS

(任意)local-as コミュニティを指定します。コミュニティのあるルートは、ローカル AS の一部であるピアへのみ、または連合のサブ AS 内のピアへのみアドバタイズされます。これらのルートは、外部ピア、または連合内の別のサブ AS にアドバタイズされません。

これらの任意のコミュニティ キーワードを複数選択できます。

no-advertise

(任意)no-advertise コミュニティを指定します。このコミュニティのあるルートはピア(内部または外部)にはアドバタイズされません。

これらの任意のコミュニティ キーワードを複数選択できます。

expanded list-name

拡張コミュニティ リストを設定します。

regexp

入力ストリングとの照合パターンの指定に使用される正規表現。正規表現についての詳細は、次の URL で 『 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Fundamentals Configuration Guide, Release 4.2 を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/nexus5000/sw/fundamentals/421_n1_1/Cisco_Nexus_5000_Series_NX-OS_Fundamentals_Configuration_Guide_Release_4_2_1_N1_1_chapter4.html#con_1237003


) 正規表現を使用できるのは拡張コミュニティ リストだけです。


 
コマンド デフォルト

コミュニティの交換はデフォルトではイネーブルになりません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

BGP コミュニティ フィルタリングを設定するには、 ip community-list コマンドを使用します。BGP コミュニティ値は 4 バイトの数値で設定されます。最初の 2 バイトは AS 番号を表し、最後の 2 バイトはユーザ定義のネットワーク番号です。BGP ピア間の BGP コミュニティ属性交換は、 send-community コマンドが、指定されたネイバー用に設定されている場合にイネーブルになります。BGP コミュニティ属性は、RFC 1997 および RFC 1998 に定義されています。

BGP コミュニティの交換はデフォルトではイネーブルになりません。 send-community コマンドは、BGP ネイバー フィックスファミリ コンフィギュレーション モードで、BGP ピア間の BGP コミュニティ属性交換をイネーブルにするために使用します。

このコマンドまたは set community コマンドで他のコミュニティ値が設定されるまで、デフォルトではすべてのルータまたはプレフィクスにインターネット コミュニティが適用されます。

特定のコミュニティ セットと照合するように許容値が設定されている場合は、デフォルトで、コミュニティ リストが他のすべてのコミュニティ値に対して暗黙拒否に設定されます。 internet コミュニティは、コミュニティ リストに暗黙許可を適用するために使用します。

標準コミュニティ リスト

標準コミュニティ リストは、既知のコミュニティや特定のコミュニティ番号の設定に使用されます。任意のコミュニティ キーワードを複数選択できます。各標準コミュニティ リストには最大 16 のコミュニティを設定できます。16 を超えるコミュニティを設定しようとすると、制限数を超えたコミュニティは処理されないか、または実行コンフィギュレーション ファイルに保存されます。

設定できる最大コミュニティ数は 32 です。

拡張コミュニティ リスト

拡張コミュニティ リストは正規表現によるフィルタ コミュニティに使用されます。正規表現は、コミュニティ属性の照合パターンの設定に使用されます。* または + の文字を使用した照合の順序は、最長のコンストラクトが最初になります。入れ子式のコンストラクトは外側から内側へ照合されます。連結コンストラクトは左側から順に照合されます。ある正規表現が、1 つの入力ストリングの異なる 2 つの部分と一致する可能性がある場合、早く入力された部分が最初に一致します。

コミュニティ リストの処理

同じコミュニティ リスト文に複数の値を設定すると、論理 AND 条件が作成されます。AND 条件を満たすためにはすべてのコミュニティ値が一致しなければなりません。別のコミュニティ リスト文に複数の値を設定すると、論理 OR 条件が作成されます。条件に一致する最初のリストが処理されます。

次に、このコミュニティを含むルートがすべてのピア(内部と外部の両方)にアドバタイズされるように標準コミュニティ リストを設定する例を示します。

switch(config)# ip community-list standard test1 permit internet
switch(config)#
 

次に、リストが処理されるように、すべてのコミュニティ値が一致する必要がある論理 AND 条件を設定する例を示します。

switch(config)# ip community-list standard test1 permit 65534:40 65412:60 no-export
switch(config)#
 

上の例では、以下の場所からのルートを許可する標準コミュニティ リストが設定されます。

自律システム 65534 のネットワーク 40、および自律システム 65412 のネットワーク 60

同じ自律システム内のピア、または同じコンフェデレーション内のサブ自律システムのピア

次に、自律システム 65534 内のネットワーク 40 からのコミュニティと、自律システム 65412 内のネットワーク 60 からのコミュニティを搬送するルートを拒否する標準コミュニティ リストを設定する例を示します。この例は、論理 AND 条件を示しています。すべてのコミュニティ値が一致しないとリストが処理されません。

switch(config)# ip community-list standard test2 deny 65534:40 65412:60
 

次に、ローカル自律システム内のすべてのルートを許可するか、または自律システム 40000 内のネットワーク 20 からのルートを許可する名前付き標準コミュニティ リストを設定する例を示します。この例は、論理 OR 条件を示しています。最初の一致が処理されます。

switch(config)# ip community-list standard RED permit local-AS
 
switch(config)# ip community-list standard RED permit 40000:20
switch(config)#
 

次に、任意のプライベート自律システムからのコミュニティを搬送するルートを拒否する拡張コミュニティ リストを設定する例を示します。

switch(config)# ip community-list expanded 500 deny _64[6-9][0-9][0-9]_|_65[0-9][0-9][0-9]_
switch(config)#
 

次に、自律システム 50000 内のネットワーク 1 ~ 99 からのルートを拒否する名前付き拡張コミュニティ リストを設定する例を示します。

switch(config)# ip community-list list expanded BLUE deny 50000:[0-9][0-9]_
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature bgp

BGP をイネーブルにします。

match community

ルート マップ内のコミュニティを照合します。

send-community

コミュニティ属性を BGP ピアに伝搬するように BGP を設定します。

set community

ルート マップ内のコミュニティを設定します。

ip delay eigrp

インターフェイスでの Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)のスループット遅延を設定するには、 ip delay eigrp コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip delay eigrp instance-tag seconds

no ip delay eigrp instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

seconds

スループット遅延(10 マイクロ秒)。範囲は 1 ~ 16777215 です。

 
コマンド デフォルト

100(10 マイクロ秒単位)

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

10 マイクロ秒単位でインターフェイスにスループット遅延を設定します。たとえば、 ip delay eigrp コマンドを 100 に設定すると、スループット遅延は 1000 マイクロ秒になります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイスの遅延を 400 マイクロ秒に設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 1
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip delay eigrp 1 40
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip hello-interval eigrp

自律システム番号で指定される EIGRP ルーティング プロセスに対するインターフェイスの hello インターバルを設定します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip directed-broadcast

ダイレクト ブロードキャストから物理ブロードキャストへの変換をイネーブルにするには、 ip directed-broadcast コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip directed-broadcast

no ip directed-broadcast

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

無効。すべての IP ダイレクト ブロードキャストが破棄されます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード
サブインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IP ダイレクト ブロードキャストは、宛先アドレスが何らかの IP サブネットの有効なブロードキャスト アドレスであるにもかかわらず、その宛先サブネットに含まれないノードから発信される IP パケットです。

宛先サブネットに直接接続されていないデバイスは、そのサブネット上のホストを宛先とするユニキャスト IP パケットを転送する場合と同じ方法で IP ダイレクト ブロードキャストを転送します。ダイレクト ブロードキャスト パケットが、宛先サブネットに直接接続されたデバイスに到着すると、そのパケットはその宛先サブネット上でブロードキャストされます。パケットの IP ヘッダー内の宛先アドレスはそのサブネットに設定された IP ブロードキャスト アドレスに書き換えられ、パケットはリンクレイヤ ブロードキャストとして送信されます。

あるインターフェイスでダイレクト ブロードキャストがイネーブルになっている場合、着信した IP パケットが、そのアドレスに基づいて、そのインターフェイスが接続されているサブネットを対象とするダイレクト ブロードキャストとして識別されると、そのパケットはそのサブネット上でブロードキャストされます。

no ip directed-broadcast コマンドがインターフェイスに対して設定されている場合は、そのインターフェイスが接続されたサブネット行きのダイレクト ブロードキャストが展開されずに破棄されます。


) ダイレクト ブロードキャストの中でも特にインターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)ダイレクト ブロードキャストは、悪意のある人物によって不正使用されたことがあるため、ダイレクト ブロードキャストを必要としないインターフェイス上では ip directed-broadcast コマンドをディセーブルにすることを推奨します。また、アクセス リストを使用してブロードキャスト パケットの数を制限することも推奨します。


次に、イーサネット インターフェイス 2/1 上で IP ダイレクト ブロードキャストの転送をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip directed-broadcast
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip interface

インターフェイスの IP 情報を表示します。

ip distribute-list eigrp

インターフェイスでの Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)の配布リストを設定するには、 ip distribute-list eigrp コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip distribute-list eigrp instance-tag { prefix-list list-name | route-map map-name } { in | out }

no ip distribute-list eigrp instance-tag { prefix-list list-name | route-map map-name } { in | out }

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

prefix-list list-name

EIGRP ルートのフィルタリングに使用する IP プレフィクス リストの名前を指定します。

route-map map-name

EIGRP ルートのフィルタリングに使用するルート マップの名前を指定します。

in

着信ルートにルート ポリシーを適用します。

out

発信ルートにルート ポリシーを適用します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスに対するルート フィルタ ポリシーを設定するには、 ip distribute-list eigrp コマンドを使用します。この設定を完了するためには、ルート マップまたはプレフィクス リストの名前を設定する必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

インターフェイスに着信するすべての EIGRP ルートのルート マップを設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip distribute-list eigrp 209 route-map InputFilter in
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

prefix-list

プレフィクス リストを設定します。

route-map

ルート マップを設定します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip eigrp shutdown

インターフェイスの Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)をシャットダウンするには、 ip eigrp shutdown コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip eigrp instance-tag shutdown

no ip eigrp instance-tag shutdown

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip eigrp shutdown コマンドは、保守のために、EIGRP 用のインターフェイスをシャットダウンして、インターフェイスに対する EIGRP 隣接関係を禁止します。このインターフェイスのネットワーク アドレスが EIGRP トポロジ テーブルに表示されなくなります。

ip passive-interface eigrp コマンドは、EIGRP の隣接関係を禁止しますが、トポロジ テーブル内のネットワーク アドレスを維持するために使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス上で EIGRP をディセーブルにする例を示します。

switch(config)# router eigrp 201
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip eigrp 201 shutdown

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip passive-interface eigrp

EIGRP のインスタンスを設定します。

router eigrp

EIGRP のインスタンスを設定します。

ip extcommunity-list

拡張コミュニティ リスト エントリを作成するには、 ip extcommunity-list コマンドを使用します。エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip extcommunity-list standard list-name { deny | permit } generic { transitive | nontransitive } aa4 : nn

no ip extcommunity-list standard generic { transitive | nontransitive } list-name

ip extcommunity-list expanded list-name { deny | permit } generic { transitive | nontransitive } regexp

no ip extcommunity-list expanded generic { transitive | nontransitive } list-name

 
構文の説明

standard list-name

名前付き標準拡張コミュニティ リストを設定します。

deny

一致した条件へのアクセスを拒否します。

permit

一致した条件へのアクセスを許可します。

generic

汎用特定拡張コミュニティ タイプを指定します。

transitive

拡張コミュニティ属性を他の自律システムに伝搬するように BGP を設定します。

nontransitive

拡張コミュニティ属性を他の自律システムに伝搬するように BGP を設定します。

aa4 : nn

(任意)自律システム番号とネットワーク番号。この値は、コロンで区切られた 4 バイトの AS 番号と 2 バイトのネットワーク番号を使用して設定されます。4 バイトの AS 番号の範囲は 1 ~ 4294967295(プレーンテキスト表記)または 1.0 ~ 56636.65535(AS.dot 表記)です。単一のコミュニティまたはスペースで区切られた複数のコミュニティを入力できます。

expanded list-name

名前付き詳細拡張コミュニティ リストを設定します。

regexp

入力ストリングとの照合パターンの指定に使用される正規表現。正規表現についての詳細は、次の URL で 『 Cisco Nexus 7000 Series NX-OS Fundamentals Configuration Guide, Release 4.2 を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/nexus5000/sw/fundamentals/421_n1_1/Cisco_Nexus_5000_Series_NX-OS_Fundamentals_Configuration_Guide_Release_4_2_1_N1_1_chapter4.html#con_1237003


) 正規表現を使用できるのは詳細拡張コミュニティ リストだけです。


 
コマンド デフォルト

コミュニティの交換はデフォルトではイネーブルになりません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip extcommunity-list コマンドは、BGP 用の拡張コミュニティ フィルタリングを設定するために使用します。拡張コミュニティ値は 6 バイトの数値として設定されます。最初の 4 バイトは AS 番号を表し、最後の 2 バイトはユーザ定義のネットワーク番号です。BGP 汎用特定コミュニティ属性は、draft-ietf-idr-as4octet-extcomm-generic-subtype-00.txt 内で定義されます。

BGP 拡張コミュニティ交換はデフォルトでイネーブルになっていません。 send-extcommunity コマンドは、BGP ネイバー フィックスファミリ コンフィギュレーション モードで BGP ピア間の拡張コミュニティ属性交換をイネーブルにするために使用します。

特定の拡張コミュニティ セットと一致するように許容値が設定されている場合は、デフォルトで、拡張コミュニティ リストが他のすべての拡張コミュニティ値に対して暗黙拒否に設定されます。

標準拡張コミュニティ リスト

標準拡張コミュニティ リストは、特定の拡張コミュニティ番号を設定するために使用します。標準拡張コミュニティ リストでは、最大 16 個の拡張コミュニティを設定できます。

詳細拡張コミュニティ リスト

詳細拡張コミュニティ リストは、正規表現を使用してコミュニティをフィルタするために使用します。正規表現は、コミュニティ属性と一致するパターンを設定するために使用します。* または + の文字を使用した照合の順序は、最長のコンストラクトが最初になります。入れ子式のコンストラクトは外側から内側へ照合されます。連結コンストラクトは左側から順に照合されます。ある正規表現が、1 つの入力ストリングの異なる 2 つの部分と一致する可能性がある場合、早く入力された部分が最初に一致します。

コミュニティ リストの処理

1 つの拡張コミュニティ リスト文で複数の値を設定すると、論理 AND 条件が生成されます。AND 条件を満たすためにはすべての拡張コミュニティ値が一致する必要があります。別々のコミュニティ リスト文で複数の値を設定すると、論理 OR 条件が生成されます。条件に一致する最初のリストが処理されます。

次に、自律システム 1.65534 内のネットワーク 40 からのルートと、自律システム 1.65412 内のネットワーク 60 からのルートを許可する標準汎用特定拡張コミュニティ リストを設定する例を示します。

switch(config)# ip extcommunity-list standard test1 permit generic transitive 1.65534:40 1.65412:60
switch(config)#
 

すべてのコミュニティ値が一致しないとリストが処理されません。

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature bgp

BGP をイネーブルにします。

match extcommunity

ルート マップ内の拡張コミュニティを照合します。

send-community

コミュニティ属性を BGP ピアに伝搬するように BGP を設定します。

set extcommunity

ルート マップ内の拡張コミュニティを設定します。

ip hello-interval eigrp

インターフェイスの EIGRP hello インターバルを設定するには、 ip hello-interval eigrp コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip hello-interval eigrp instance-tag seconds

no ip hello-interval eigrp instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

seconds

hello インターバル(秒単位)。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

5 秒

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイスの hello 間隔を 10 秒に設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 1
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip hello-interval eigrp 1 10
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip hold-time eigrp

EIGRP インターフェイスの保持時間を設定するには、 ip hold-time eigrp コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip hold-time eigrp instance-tag seconds

no ip hold-time eigrp instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

seconds

保持時間(秒単位)。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

15 秒

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip hold-time eigrp コマンドは、非常に輻輳した大規模ネットワーク上のデフォルト保持時間を増加するために使用します。

保持時間は、hello インターバルの 3 倍以上の値に設定することを推奨します。指定された保持時間内にルータが hello パケットを受信しなかった場合は、そのルータ経由のルートが使用できないと判断されます。

保持時間を増やすと、ネットワーク全体のルート収束が遅くなります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイスの保持時間を 40 秒に設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip hold-time eigrp 209 40
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip hello-interval eigrp

自律システム番号で指定された EIGRP ルーティング プロセス用のインターフェイス上の hello インターバルを設定します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip load-sharing address

ユニキャスト転送情報ベース(FIB)で使用される負荷分散アルゴリズムを設定するには、 ip load-sharing address コマンドを使用します 。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip load-sharing address { destination port destination | source-destination [ port source-destination ]} [ universal-id seed ]

no ip load-sharing address { destination port destination | source-destination [ port source-destination ]} [ universal-id seed ]

 
構文の説明

destination port destination

宛先アドレスとポートに基づく負荷分散アルゴリズムを設定します。

source-destination

送信元および宛先アドレスに基づく負荷分散アルゴリズムを設定します。

port source-destination

(任意)送信元および宛先アドレスとポート アドレスに基づく負荷分散アルゴリズムを設定します。

universal-id seed

(任意)負荷分散ハッシュ アルゴリズムのランダム シードを設定します。範囲は 1 ~ 4294967295 です。

 
コマンド デフォルト

宛先アドレスおよびポート アドレス

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip load-sharing address コマンドは、ユニキャスト FIB でルーティング情報ベース(RIB)内の等価コスト パスからパスを選択するときに使用される負荷分散アルゴリズムを設定するために使用します。

次に、送信元および宛先アドレスを使用する負荷分散アルゴリズムを設定する例を示します。

switch(config)# ip load-sharing address source-destination
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip load-sharing

負荷分散型アルゴリズムを表示します。

show routing hash

RIB と FIB でソース/宛先ペアに対して選択されたパスを表示します。

ip load-sharing per-packet

インターフェイス上でパケット単位負荷分散を設定するには、 ip load-sharing per-packet コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip load-sharing per-packet

no load-sharing per-packet

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip load-sharing per-packet コマンドは、インターフェイス上で負荷分散アルゴリズムを設定するために使用します。このコマンドは、 ip load-sharing address コマンドよりも優先されます。


注意 パケット単位のロード シェアリングを使用すると、パケットの順序が乱れることがあります。特定の送信元/宛先ホストのペアに対するパケットが、異なるパスをたどり、順不同で宛先に着信する可能性があります。パケットの順序の乱れがネットワークやアプリケーションに与える影響を十分に理解してください。ネットワークによっては、パケット単位のロード シェアリングが適切でない場合もあります。フロー単位のロード シェアリングでは、パケットは常に送信した順序どおりに着信します。

パケット単位のロード シェアリングは、入力インターフェイスに設定します。この設定により、Cisco NX-OS がそのパケットのために選択する出力インターフェイスが決定されます。

たとえば、2 つの出力インターフェイス上に等コスト マルチパス(ECMP)パスが存在する場合、Cisco NX-OS では、イーサネット 1/1 上の入力パケットに対して次の負荷分散方式が使用されます。

イーサネット 1/1 上でパケット単位負荷分散を設定した場合はパケット単位負荷分散

フロー単位のロード シェアリング

この場合、他のインターフェイスの設定は Ethernet 1/1 に使用されるロード シェアリング方式に影響を与えません。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス イーサネット 1/2 上でパケット単位の負荷分散をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip load-sharing per-packet
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip load-sharing

フロー単位負荷分散アルゴリズムを設定します。

show ip load-sharing

負荷分散型アルゴリズムを表示します。

ip local-proxy-arp

ローカル プロキシ アドレス解決プロトコル(ARP)機能をイネーブルにするには、 ip local-proxy-arp コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip local-proxy-arp

no ip local-proxy-arp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード
サブインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ローカル プロキシ ARP 機能を使用するには、その前に ip proxy-arp コマンドを使用して IP プロキシ ARP 機能をイネーブルにする必要があります。IP プロキシ ARP 機能は、デフォルトではディセーブルです。


) このコマンドは、レイヤ 3 ループバック インターフェイスには使用できません。


次に、ローカル プロキシ ARP をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip arp local-proxy-arp
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip proxy-arp

インターフェイス上でプロキシ ARP をイネーブルにします。

show ip arp

ARP 設定情報を表示します。

ip next-hop-self eigrp

ルートのアドバタイズ時にネクストホップ アドレスとしてローカル IP アドレスを使用するように Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)プロセスに指示するには、ip next-hop-self eigrp コマンドを使用します。受信したネクストホップ値を使用するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip next-hop-self eigrp instance-tag

no ip next-hop-self eigrp instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

EIGRP は常に、IP ネクストホップ値を自身に設定します。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトの設定では、EIGRP は、ルータがルートを学習したインターフェイスと同じインターフェイス上でルートをアドバタイズする場合も、アドバタイズするルートの IP ネクストホップ値としてそれ自身を設定します。このデフォルト設定を変更するには、 no ip next-hop-self eigrp コマンドを使用して、これらのルートのアドバタイズ時に受信したネクスト ホップ値を使用するように EIGRP に指示する必要があります。

デフォルトの IP ネクスト ホップ値を変更し、受信したネクスト ホップ値を使用するように EIGRP に指示する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# no ip next-hop-self eigrp 209
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip offset-list eigrp

インターフェイスでの Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)のオフセット リストを設定するには、 ip offset-list eigrp コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip offset-list eigrp instance-tag { prefix-list list-name | route-map map-name } { in | out } offset

no ip offset-list eigrp instance-tag { prefix-list list-name | route-map map-name } { in | out } offset

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

prefix-list list-name

EIGRP ルートのフィルタリングに使用する IP プレフィクス リストの名前を指定します。

route-map map-name

EIGRP ルートのフィルタリングに使用するルート マップの名前を指定します。

in

着信ルートにルート ポリシーを適用します。

out

発信ルートにルート ポリシーを適用します。

offset

EIGRP メトリックに追加する値 範囲は 0 ~ 2147483647 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco NX-OS は、指定されたプレフィクス リストまたはルート マップと一致するすべてのルートに、設定されたオフセット値を追加します。この設定を完了するためには、ルート マップまたはプレフィクス リストの名前を設定する必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ルート マップ OffsetFilter と一致するインターフェイスに着信する EIGRP ルートのメトリックに 20 を追加するようにオフセット リスト フィルタを設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip offset-list eigrp 209 route-map OffsetFilter in 20
switch(config-if)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

prefix-list

プレフィクス リストを設定します。

route-map

ルート マップを設定します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip ospf authentication

Open Shortest Path First(OSPF)インターフェイスの認証タイプを指定するには、 ip ospf authentication コマンドを使用します。インターフェイスの認証タイプを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf authentication [ key-chain key-name | message-digest | null ]

no ip ospf authentication

 
構文の説明

key-chain key-name

(任意)認証に使用するキー チェーンを指定します。 Key name 引数には最大 63 文字の英数字を指定できます。

message-digest

(任意)メッセージ ダイジェスト認証を使用することを指定します。

null

(任意)認証を使用しないことを指定します。このキーワードを使用すると、エリアに設定されているその他のすべての認証が上書きされます。

 
コマンド デフォルト

認証なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF インターフェイスの認証モードを設定するには、 ip ospf authentication コマンドを使用します。キーワードを指定せずにこのコマンドを使用する場合は、 ip ospf authentication-key コマンドでパスワードを設定します。 message-digest キーワードを使用する場合は、 ip ospf message-digest-key コマンドでインターフェイスの message-digest キーを設定します。

インターフェイスに認証を設定すると、そのエリアに設定した認証が変更されます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、メッセージ ダイジェスト認証を設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf authentication message-digest
switch(config-if)# ip ospf message-digest-key 33 md5 0 mypassword
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

area authentication

OSPF エリアの認証をイネーブルにします。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip ospf authentication-key

OSPF のパスワード認証を使用しているネイバー ルート用のパスワードを指定します。

ip ospf message-digest-key

OSPF MD5 message-digest キーを設定します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

ip ospf authentication-key

ネイバー Open Shortest Path First(OSPF)ルータに使用される簡易パスワード認証用のパスワードを指定するには、 ip ospf authentication-key コマンドを使用します。過去に割り当てられた OSPF パスワードを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf authentication-key [ 0 | 3 | 7 ] password

no ip ospf authentication-key

 
構文の説明

0

(任意)暗号化されていないパスワードを設定します。

3

(任意)3DES 暗号化パスワード ストリングを設定します。

7

(任意)Cisco Type 7 暗号化パスワード ストリングを設定します。

password

キーボードから入力可能な文字による最大 8 バイトの連続したストリング

 
コマンド デフォルト

非暗号化パスワード

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

簡易パスワード認証のパスワードを設定するには、 ip ospf authentication-key コマンドを使用します。このコマンドで作成されたパスワードは、Cisco NX-OS がルーティング プロトコル パケットを開始するときに、OSPF ヘッダーに直接挿入されるキーとして使用されます。インターフェイス単位で各ネットワークに個別のパスワードを指定できます。OSPF 情報を交換できるようにするには、同じネットワーク上のすべての隣接ルータに同じパスワードが割り当てられている必要があります。


) Cisco NX-OS は、ip ospf authentication インターフェイス コンフィギュレーション コマンドでインターフェイスの認証をイネーブルにする場合、またはルータ コンフィギュレーション モードの area authentication コマンドで認証エリアを設定する場合にこのキーを使用します。


このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ストリング yourpass を使用して、暗号化されていない認証キーを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/5
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf authentication-key yourpass
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

area authentication

OSPF エリアの認証タイプを指定します。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip ospf authentication

インターフェイスの認証タイプを指定します。

show ip ospf interface

OSPF 情報を表示します。

ip ospf cost

インターフェイス上のパケット送信コストを指定するには、 ip ospf cost コマンドを使用します。パス コストをデフォルトにリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf cost interface-cost

no ip ospf cost interface-cost

 
構文の説明

interface-cost

リンクステート メトリックとして表される符号なし整数値。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

基準帯域幅をインターフェイスの設定帯域幅で除算した値に基づいてコストを計算します。基準帯域幅は設定できますが、デフォルトは 40 Gb/s です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

各インターフェイスのコスト メトリックを手動で設定するには、 ip ospf cost コマンドを使用します。このコマンドによって、ルータ コンフィギュレーション モードの reference-bandwidth コマンドで設定した参照帯域幅の設定値は無効となります。

このコマンドを使用しない場合、リンク コストは次の式で計算されます。

リンク コスト = 基準帯域幅÷インターフェイス帯域幅

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス コストを 65 に設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf cost 65
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

reference-bandwidth

OSPF がリンク コストの算出に使用する参照帯域幅を指定します。

ip ospf dead-interval

ネイバーから少なくとも 1 回 hello パケットを受信する必要のあるインターバル(このインターバルの間に一度も受信しなかった場合、ルータはそのネイバーがダウン状態であると宣言します)を設定するには、 ip ospf dead-interval コマンドを使用します。デフォルトに戻す場合は、このコマンドの no 形式を入力します。

ip ospf dead-interval seconds

no ip ospf dead-interval

 
構文の説明

seconds

ルータがネイバーから少なくとも 1 つの hello パケットを受信する必要があるインターバル(秒単位)。受信しない場合には、そのネイバールータとの隣接関係がローカル ルータから削除され、ルーティングから除外されます。範囲は 1 ~ 65535 で、デフォルトは 40 です。この値は、ネットワーク上のすべてのノードで一致させる必要があります。

 
コマンド デフォルト

seconds のデフォルト値は、 ip ospf hello-interval コマンドで設定されたインターバルの 4 倍です。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip ospf dead-interval コマンドは、Open Shortest Path First(OSPF)が hello パケットでアドバタイズするデッド間隔を設定するために使用します。この値は、特定のネットワーク上の全ネットワーキング デバイスに対して同じにする必要があります。

ネイバーのダウンを迅速に検出して、コンバージェンスを向上させるには、デッド インターバルを短くします。デッド インターバルを極端に短くすると、ルーティングが不安定になることがあります。

デッド インターバルと hello インターバルを確認するには、 show ip ospf interface コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF のデッド間隔を 20 秒に設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf dead-interval 20
switch(config-if)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip ospf hello-interval

OSPF がインターフェイス上で送信する hello パケット間の間隔を指定します。

show ip ospf interface

OSPF インターフェイス関連の情報を表示します。

ip ospf hello-interval

OSPF を通してインターフェイス上で送信される hello パケットのインターバルを指定するには、 ip ospf hello-interval コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf hello-interval seconds

no ip ospf hello-interval

 
構文の説明

seconds

間隔(秒単位)。この値は、特定のネットワーク上の全デバイスに対して同じにする必要があります。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

10 秒

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF が hello パケットをアドバタイズするレートを設定するには、 ip ospf hello-interval コマンドを使用します。hello インターバルを短くするほど、OSPF はトポロジの変更を短時間で検出できます。この値は、特定のネットワーク上のすべてのルータおよびアクセス サーバで同じである必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、hello パケットのインターバルを 15 秒に設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf hello-interval 15
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip ospf dead-interval

ネイバーがルータをダウンしているとして宣言するまでに、hello パケットを 1 つも受信しない時間を設定します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

ip ospf message-digest-key

Open Shortest Path First(OSPF)Message Digest 5(MD5)認証をイネーブルにするには、 ip ospf message-digest-key コマンドを使用します。古い MD5 キーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf message-digest-key key-id md5 [ 0 | 3 | 7 ] key

no ip ospf message-digest-key key-id

 
構文の説明

key-id

1 ~ 255 の範囲の識別子

0

(任意)md5 キーを生成するための非暗号化パスワードを指定します。

3

(任意)md5 キーを生成するための暗号化 3DES パスワードを指定します。

7

(任意)md5 キーを生成するための Cisco Type 7 暗号化パスワードを指定します。

key

最大 16 バイトの英数字のパスワード。

 
コマンド デフォルト

非暗号化

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

MD5 digest 認証モードを設定する場合は ip ospf message-digest-key コマンドを使用します。ネットワーク上のすべての隣接ルータで key 値を同一にする必要があります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、パスワード 8ry4222 を含むキー 19 を設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf message-digest-key 19 md5 8ry4222
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

area authentication

OSPF エリアの認証をイネーブルにします。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip ospf authentication

インターフェイスの認証タイプを指定します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

ip ospf mtu-ignore

受信 Database Descriptor(DBD)パケットに対する Open Shortest Path First(OSPF)Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)不一致検出をディセーブルにするには、 ip ospf mtu-ignore コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf mtu-ignore

no ip ospf mtu-ignore

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

OSPF MTU 不一致検出はイネーブルです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスの MTU 不一致検出をディセーブルにするには、 ip ospf mtu-ignore コマンドを使用します。デフォルトでは、OSPF は、共通のインターフェイス上でネイバーが同一の MTU を使用しているかどうかをチェックします。着信インターフェイスに設定されている IP MTU よりも受信 MTU が大きい場合、OSPF は隣接関係を確立しません。このチェックをディセーブルにして、OSPF ネイバー間で MTU 値が異なる場合に隣接関係を許可するには、 ip ospf mtu-ignore コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、DBD パケットの受信時における最大伝送ユニット ミスマッチ検出をディセーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf mtu-ignore
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF ルーティング インスタンスに関する一般的な情報を表示します。

show ip ospf interface

OSPF 関連のインターフェイス情報を表示します。

ip ospf network

Open Shortest Path First(OSPF)ネットワーク タイプをインターフェイスのデフォルト以外に設定するには、 ip ospf network コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf network { broadcast | point-to-point }

no ip ospf network

 
構文の説明

broadcast

ネットワーク タイプをブロードキャストに設定します。

point-to-point

ネットワーク タイプをポイントツーポイントに設定します。

 
コマンド デフォルト

ネットワーク タイプに依存します。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ネットワーク タイプは OSPF インターフェイスの動作に影響します。通常、OSPF ネットワーク タイプはブロードキャストであり、OSPF マルチキャスト機能を使用します。このネットワーク タイプでは、指定ルータとバックアップ指定ルータが選択されます。ポイントツーポイント ネットワークの場合、2 つのネイバーしか存在しないのでマルチキャストは不要です。インターフェイス上のルータがネイバーになるには、すべてのネットワーク タイプが一致する必要があります。

このコマンドは、インターフェイス コンフィギュレーション モードの medium { broadcast | p2p } コマンドよりも優先されます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF ネットワークをブロードキャスト ネットワークとして設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip address 192.0.2.33 255.255.255.0
switch(config-if)# ip ospf network broadcast
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF ルーティング インスタンスに関する一般的な情報を表示します。

show ip ospf interface

OSPF 関連のインターフェイス情報を表示します。

ip ospf passive-interface

インターフェイスの Open Shortest Path First(OSPF)ルーティング アップデートを停止するには、 ip ospf passive-interface コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf passive-interface

no ip ospf passive-interface

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスがパッシブ インターフェイスとして設定されている場合、そのインターフェイスは OSPF に参加せず、隣接関係の確立もルーティング アップデートの送信も行いません。ただし、そのインターフェイスはルーティング ネットワークの一部としてアナウンスされます。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイスを受動インターフェイスとして設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf passive-interface
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF ルーティング インスタンスに関する一般的な情報を表示します。

show ip ospf interface

OSPF 関連のインターフェイス情報を表示します。

ip ospf priority

Open Shortest Path First(OSPF)インターフェイスのルータ プライオリティを設定するには、 ip ospf priority コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf priority number-value

no ip ospf priority number-value

 
構文の説明

number-value

ルータのプライオリティを指定する数値。有効な範囲は 0 ~ 255 です。

 
コマンド デフォルト

プライオリティ 1

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルータ プライオリティの設定には、 ip ospf priority コマンドを使用します。ルータ プライオリティによって、ネットワークの指定ルータが決まります。ネットワークに 2 台のルータが接続されている場合は、両方が指定ルータになろうとします。ルータ プライオリティの高いルータが優先します。プライオリティが同じ場合、より高位のルータ ID を持つルータが優先されます。ルータ プライオリティがゼロに設定されているルータは、指定ルータにもバックアップ指定ルータにもなれません。

Cisco NX-OS は、ルータ コンフィギュレーション モードの neighbor を使用して、OSPF がブロードキャスト ネットワーク用に設定された場合に、このプライオリティ値を使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、ルータ プライオリティを 4 に設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf priority 4
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip ospf network

OSPF ネットワーク タイプをそのメディアのデフォルト以外のタイプに設定します。

ip ospf retransmit-interval

インターフェイスに属する隣接関係の Open Shortest Path First(OSPF)リンクステート アドバタイズメント(LSA)再送信の間隔を指定するには、 ip ospf retransmit-interval コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf retransmit-interval seconds

no ip ospf retransmit-interval

 
構文の説明

seconds

再送信間の時間(秒単位)。接続ネットワーク上の任意の 2 台のルータ間で想定される往復遅延より大きな値にする必要があります。値の範囲は 1 ~ 65535 秒です。デフォルトは 5 秒です。

 
コマンド デフォルト

5 秒

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

LSA 再送信インターバルを設定するには、 ip ospf retransmit-interval コマンドを使用します。ルータがネイバーに LSA を送信する場合、ネイバーから Acknowledgement(ACK; 確認応答)メッセージを受信するまでは送信した LSA を保持しています。再送信インターバル以内に ACK を受信しないと、ローカル ルータは LSA を再送信します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、再送信インターバルの値を 8 秒に設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf retransmit-interval 8
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip ospf transmit-delay

LSA をネイバーに送信する推定時間を設定します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

ip ospf shutdown

Open Shortest Path First(OSPF)インターフェイスをシャットダウンするには、 ip ospf shutdown コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf shutdown

no ip ospf shutdown

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスの OSPF をシャットダウンするには、 ip ospf shutdown コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス上で OSPF をシャットダウンする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf shutdown
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

ip ospf transmit-delay

インターフェイスで Open Shortest Path First(OSPF)リンクステート アップデート パケットを送信するために必要と予測される時間を設定するには、 ip ospf transmit-delay コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ospf transmit-delay seconds

no ip ospf transmit-delay

 
構文の説明

seconds

リンクステート アップデートの送信に必要な時間(秒)。範囲は 1 ~ 450 秒で、デフォルトは 1 です。

 
コマンド デフォルト

1 秒

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

LSA アップデート パケットの送信に必要と予測される時間を設定するには、 ip ospf transmit-delay コマンドを使用します。OSPF は、LSA アップデートを送信する前に遅延時間を送信することによって LSA 経過時間を増分します。この値を設定する場合は、インターフェイスの送信遅延と伝搬遅延を考慮するようにしてください。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、送信遅延の値を 8 秒に設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip ospf transmit-delay 8
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip ospf retransmit-interval

このインターフェイスから送信される LSA 間の推定時間を設定します。

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

ip passive-interface eigrp

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)インターフェイスのすべてのルーティング アップデートを停止するには、 ip passive-interface eigrp コマンドを使用します。ルーティング アップデートの送信を再度イネーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip passive-interface eigrp instance-tag

no ip passive-interface eigrp instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 name には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

インターフェイス上でルーティング アップデートが送信されます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip passive-interface eigrp コマンドは、インターフェイス上のすべてのルーティング更新を停止し、EIGRP 隣接関係の形成を抑制するために使用します。インターフェイスのネットワーク アドレスは、EIGRP トポロジ テーブル内に残ります。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、イーサネット 2/1 上の EIGRP ルーティング アップデートを停止する例を示します。

switch(config)# router eigrp 201
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip passive-interface eigrp 201
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

no switchport

インターフェイスを、レイヤ 3 ルーテッド インターフェイスとして設定します。

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイスに関する情報を表示します。

ip port-unreachable

ICMP ポート到達不能メッセージの生成をイネーブルにするには、 ip port-unreachable コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip port-unreachable

no ip port-unreachable

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード
サブインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、必要に応じて、インターフェイス上で ICMP ポート到達不能メッセージの生成をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip port-unreachable
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip unreachables

ICMP 到達不能メッセージを送信します。

ip prefix-list

IP パケットまたはルートを照合するためのプレフィクス リストを作成するには、 ip prefix-list コマンドを使用します。プレフィクス リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip prefix-list name [ seq number ] { permit | deny } prefix [ eq length | [ ge length ] [ le length ]]

no ip prefix-list name [ seq number ] { permit | deny } prefix [ eq length | [ ge length ] [ le length ]]

 
構文の説明

name

IP プレフィクス リストの名前。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

seq number

(任意)プレフィクス リストのエントリの順序を示す番号を指定します。範囲は 1 ~ 4294967294 です。

permit

プレフィクス リストと一致するルートまたは IP パケットを許可します。

deny

プレフィクス リストと一致するルートまたは IP パケットを拒否します。

prefix

A.B.C.D/length の形式の IP プレフィクス

eq length

(任意)照合するプレフィクス長を指定します。範囲は 1 ~ 32 です。

ge length

(任意)照合するプレフィクス長を指定します。範囲は 1 ~ 32 です。

le length

(任意)照合するプレフィクス長を指定します。範囲は 1 ~ 32 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

IP プレフィクス フィルタリングを設定するには、 ip prefix-list コマンドを使用します。 permit または deny のキーワードを指定してプレフィクス リストを設定し、一致条件に基づいてプレフィクスを許可または拒否します。プレフィクス リストは、IP アドレスとビット マスクで構成されています。ビット マスクは、1 ~ 32 の数値として入力されます。どのプレフィクス リストのエントリとも一致しないトラフィックに暗黙拒否が適用されます。

プレフィクス リストは、完全一致方式で指定のプレフィクス長と照合するように設定することも、またプレフィクス範囲と照合するように設定することもできます。 ge le のキーワードを使用して照合するプレフィクス長の範囲を指定することにより、より柔軟な設定が可能になります。シーケンス番号を設定しない場合は、Cisco NX-OS によってプレフィクス リストに 5 のデフォルトのシーケンス番号が適用され、後続のプレフィクス リスト エントリが 5 ずつ増分されます(たとえば、5、10、15 など)。最初のプレフィクス リスト エントリのシーケンス番号を設定したが、後続のエントリについては指定しない場合は、Cisco NX-OS によって後続のエントリが 5 ずつ増分されます(たとえば、最初に設定したシーケンス番号が 3 の場合、後続のエントリは 8、13、18 のようになります)。このコマンドの no 形式を seq キーワードと共に入力することによって、デフォルトのシーケンス番号を抑制できます。

Cisco NX-OS は、最も小さいシーケンス番号で始まるプレフィクス リストを評価し、一致が見つかるまでリストの評価を続けます。一致が見つかると、そのネットワークに permit または deny 文が適用され、リストの残りは評価されません。


ヒント ネットワークの最高のパフォーマンスを得るには、最も頻繁に処理されるプレフィクス リスト文に最も小さいシーケンス番号を設定する必要があります。seq number のキーワードと引数はリシーケンスに使用できます。


ネイバー アドレスファミリ モードで prefix-list コマンドを入力すると、特定のピアのインバウンドまたはアウトバウンドのアップデートにプレフィクス リストを適用できます。プレフィクス リストの情報とカウンタは、 show ip prefix-list コマンドの出力に表示されます。prefix-list カウンタをリセットするには、 clear ip prefix-list コマンドを入力します。

次に、プレフィクス リストを設定し、それをボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)ピアに適用する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip prefix-list allowprefix 10 permit 192.0.2.0 eq 24
switch(config)# ip prefix-list allowprefix 20 permit 209.165.201.0 eq 27
switch(config) router bgp 65536:20
switch(config-router)# neighbor 192.0.2.1/16 remote-as 65536:20
switch(config-router-neighbor)# address-family ipv4 unicast
switch(config-router-neighbor-af)# prefix-list allowprefix in
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip prefix-list

IP プレフィクス リストのカウンタをクリアします。

prefix-list

BGP ピアにプレフィクス リストを適用します。

show ip prefix-list

IP プレフィクス リストについての情報を表示します。

ip prefix-list description

IP プレフィクス リストを説明する文字列を設定するには、 ip prefix-list description コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip prefix-list name description string

no ip prefix-list name description

 
構文の説明

name

プレフィクス リストの名前。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

string

プレフィクス リストを説明する文字列。最大 90 文字の英数字を使用できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

IP プレフィクス リストの説明の設定例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip prefix-list test1 description “this is a test”
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip prefix-list

IPv4 プレフィクス リストに関する情報を表示します。

ip proxy-arp

インターフェイス上でプロキシ ARP をイネーブルにするには、 ip proxy-arp コマンドを使用します。インターフェイス上でプロキシ ARP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip proxy-arp

no ip proxy-arp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード
サブインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、プロキシ ARP をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip proxy-arp
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip arp

ARP 設定情報を表示します。

ip rip authentication key-chain

Routing Information Protocol(RIP)Version 2 パケットの認証をイネーブルにし、インターフェイス上で使用できるキー セットを指定するには、 ip rip authentication key-chain コマンドを使用します。認証を禁止するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rip authentication key-chain name-of-chain

no ip rip authentication key-chain [ name-of-chain ]

 
構文の説明

name-of-chain

有効なキーのグループ。

 
コマンド デフォルト

RIP パケットには認証は適用されません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、キーチェーン ツリーに属しているキーの受け入れと送信をインターフェイスに設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip rip authentication key-chain trees
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

key-chain

認証方式で使用可能なキー セットを作成します。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。

ip rip authentication mode

Routing Information Protocol(RIP)Version 2 パケットで使用される認証タイプを指定するには、 ip rip authentication mode コマンドを使用します。クリア テキスト認証に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rip authentication mode { text | md5 }

no ip rip authentication mode

 
構文の説明

text

クリア テキスト認証を指定します。

md5

Message Digest 5(MD5)認証を指定します。

 
コマンド デフォルト

キー チェーンを設定した場合、RIP パケットにクリア テキスト認証が適用されます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、MD5 認証を使用するようにインターフェイスを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip rip authentication mode md5
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip rip authentication key-chain

RIP Version 2 パケットの認証をイネーブルにして、インターフェイスに使用可能なキー セットを指定します。

key chain

ルーティング プロトコルの認証をイネーブルにします。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。

ip rip metric-offset

インターフェイスの着信 IP Routing Information Protocol(RIP)ルート メトリックに追加の値を設定するには、 ip rip metric-offset コマンドを使用します。メトリックをデフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rip metric-offset value

no ip rip metric-offset

 
構文の説明

value

インターフェイスの着信ルート メトリックに追加する値。範囲は 1 ~ 15 です。デフォルトは 1 です。

 
コマンド デフォルト

value :1

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ip route metric-offset コマンドは、Cisco NX-OSが使用するルートに影響を与えます。このコマンドを使用すると、インターフェイス上の全着信ルートのルート メトリックに固定オフセットを追加できます。あるインターフェイスの metric-offset を 5 に設定し、着信ルート メトリックが 5 の場合、Cisco NX-OS はそのルート テーブルにメトリック 10 のルートを追加します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、イーサネット インターフェイス 2/1 上のすべての着信 RIP ルートに 10 のメトリック オフセットを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip rip metric-offset 10
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip rip offset-list

着信 RIP ルート メトリックにオフセット値を追加します。

ip rip offset-list

Routing Information Protocol(RIP)を通して学習されたルートの着信および送信メトリックにオフセットを追加するには、 ip rip offset-list コマンドを使用します。オフセット リストを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rip offset-list value

no ip rip offset-list

 
構文の説明

value

インターフェイスの着信ルート メトリックに追加する値。範囲は 1 ~ 15 です。デフォルトは 1 です。

 
コマンド デフォルト

value :1

 
コマンド モード

ルータ アドレス ファミリ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、イーサネット インターフェイス 2/1 上のすべての着信 RIP ルートに 10 のオフセットを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip rip offset-list 10
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip rip metric-offset

着信 RIP ルート メトリックにオフセット値を追加します。

ip rip passive-interface

インターフェイス上での Routing Information Protocol(RIP)アップデートの送信を抑制するには、 ip rip passive-interface コマンドを使用します。アップデートの停止を解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rip passive-interface

no ip rip passive-interface

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

インターフェイス上で RIP アップデートが送信されます。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

パッシブ インターフェイス上でマルチキャスト(またはブロードキャスト)アドレスへの RIP によるルーティング アップデートの送信が停止されている間も、RIP は引き続き、そのインターフェイス上のそのネイバーからルーティング アップデートを受信して処理します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、イーサネット 1/2 をパッシブ インターフェイスとして設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip rip passive-interface
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。

ip rip poison-reverse

Routing Information Protocol(RIP)ルータ アップデートのポイズン リバース処理をイネーブルにするには、 ip rip poison-reverse コマンドを使用します。RIP アップデートのポイズン リバース処理をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rip poison-reverse

no ip rip poison-reverse

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

スプリット ホライズンは常にイネーブルです。ポイズン リバース処理はディセーブルです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

RIP ルータ アップデートのポイズン リバース処理をイネーブルにするには、 ip rip poison-reverse コマンドを使用します。デフォルトでは、Cisco NX-OS は、RIP ルートを学習したインターフェイスからの RIP ルートのアドバタイズは行いません(スプリット ホライズン)。ポイズン リバースとスプリット ホライズンを両方とも設定した場合、Cisco NX-OSはルートを学習したインターフェイスを通じて、その学習ルートは到達不能であるとアドバタイズします。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、RIP を実行しているインターフェイスのポイズン リバース処理をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip rip poison-reverse
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。

ip rip route-filter

インターフェイスの着信または発信 Routing Information Protocol(RIP)ルートをフィルタリングするには、 route-filter コマンドを使用します。インターフェイスからフィルタリングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rip route filter { prefix-list list-name | route-map map-name } { in | out }

 
構文の説明

prefix-list list-name

RIP パケット フィルタリング用のプレフィクス リストを関連付けます。

route-map map-name

ルート マップを関連付けて RIP の再配布ポリシーを設定します。

in

着信ルートをフィルタリングします。

out

発信ルートをフィルタリングします。

 
コマンド デフォルト

ルート フィルタリングはディセーブルです。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスの着信ルートまたは発信ルートをフィルタリングするには、 ip rip route-filter コマンドを使用します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、RIP インターフェイスのルートをフィルタリングするためにルート マップを使用する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip rip route-filter route-map InRipFilter in
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

route-map

ルート マップを作成します。

prefix-list

プレフィクス リストを作成します。

ip rip summary-address

Routing Information Protocol(RIP)のインターフェイスの下でサマリー集約アドレスを設定するには、 ip rip summary-address コマンドを使用します。特定のアドレスまたはサブネットの集約をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip rip summary-address ip-prefix / mask

no ip rip summary-address ip-prefix / mask

 
構文の説明

ip-prefix / length

集約する IP プレフィクスおよびプレフィクス長

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

特定のインターフェイスのアドレスまたはサブネットを集約するには、 ip rip summary-address コマンドを使用します。

このコマンドには、ライセンスは必要ありません。


) レイヤ 3 インターフェイスをイネーブルにするため、LAN Base Services ライセンスがスイッチにインストールされていることを確認します。


次に、イーサネット インターフェイス 1/2 からアドバタイズされるサマリー アドレス 192.0.2.0 を設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip summary-address rip 192.0.2.0/24
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。

ip route

スタティック ルートを設定するには、 ip route コマンドを使用します。スタティック ルートを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip route ip-prefix / mask {[ interface ] next-hop } [ preference ] [ tag id ]

no ip route ip-prefix / mask {[ interface ] next-hop } [ preference ] [ tag id ]

 
構文の説明

ip-prefix / length

IP プレフィクスとプレフィクス長。形式は x.x.x.x/length です。length は 1 ~ 32 です。

interface

(任意)このルートに到達するためにすべてのパケットが送信されるインターフェイス。 ? を使用するとサポートされているインターフェイスのリストを表示します。

next-hop

そのネットワークに到達するために使用できるネクスト ホップの IP アドレス。IP アドレス、インターフェイス タイプ、およびインターフェイス番号を指定できます。形式は x.x.x.x/length です。length は 1 ~ 32 です。

preference

(任意)このルートへのアドミニストレーティブ ディスタンスとして使用されるルート プリファレンス。範囲は 1 ~ 255 です。デフォルトは 1 です。

tag id

(任意)ルート マップ内の照合に使用可能なルート タグを割り当てます。範囲は 0 ~ 4294967295 です。デフォルトは 0 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

スタティック ルートのデフォルトの管理ディスタンスは 1 です。ダイナミック ルーティング プロトコルをスタティック ルートよりも優先させたい場合は、スタティック ルート プリファレンス引数をダイナミック ルーティング プロトコルのアドミニストレーティブ ディスタンスよりも大きい値に設定する必要があります。たとえば、EIGRP を使用して抽出されたルートのデフォルト アドミニストレーティブ ディスタンスが 100 とします。スタティック ルートよりも EIGRP ダイナミック ルートを優先する場合は、100 を超えるアドミニストレーティブ ディスタンスを指定する必要があります。

次に、ネクストホップ アドレス 10.0.0.2 を介して到達可能な IP アドレス プレフィクス 192.168.1.1/32 を持つ宛先へのスタティック ルートを作成する例を示します。

switch(config)# ip route 192.168.1.1/32 10.0.0.2
 

次に、前述の例にタグを割り当てて、このスタティック ルート上で照合可能なルート マップを設定できるようにする例を示します。

switch(config)# ip route 192.168.1.1/32 10.0.0.2 tag 5
 

次に、110 のプリファレンスを選択する例を示します。この場合、アドミニストレーティブ ディスタンスが 110 未満のダイナミック ルート情報を入手できなければ、プレフィクスが 10.0.0.0 のパケットが 172.31.3.4 にあるルータに転送されます。

switch(config)# ip route 10.0.0.0/8 172.31.3.4 110
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

match tag

ルートに関連付けられたタグ値を照合します。

ip router eigrp

インターフェイス用の EIGRP インスタンスを指定するには、 ip router eigrp コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip router eigrp instance-tag

no ip router eigrp instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、スイッチで EIGRP をイネーブルにするようにしてください。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス用の EIGRP インスタンスを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip router eigrp Base
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

feature eigrp

スイッチで EIGRP をイネーブルにします。

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイスに関する情報を表示します。

ip router ospf area

インターフェイスの Open Shortest Path First(OSPF)インスタンスとエリアを設定するには、 ip router ospf area コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip router ospf instance-tag area area-id [ secondaries none ]

no ip router ospf instance-tag area area-id [ secondaries none ]

 
構文の説明

instance-tag

インスタンス タグ。 instance-tag には、20 文字の英数字文字列を指定できます。

area-id

認証をイネーブルにする OSPF エリアの識別子。エリア ID には、0 ~ 4294967295 の正の整数値または IP アドレスのどちらかを指定できます。

secondaries none

(任意)セカンダリ IP アドレスを除外します。

 
コマンド デフォルト

10 秒

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスのエリアおよび OSPF インスタンスを指定するには、 ip router ospf area コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF 用のインターフェイスを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# ip router ospf Base area 33
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf interface

OSPF インターフェイス関連の情報を表示します。

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ip router ospf multi-area

Open Shortest Path First(OSPF)インターフェイス上で複数エリア隣接関係を設定するには、 ip router ospf multi-area コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip router ospf instance-tag multi-area area-id

no ip router ospf instance-tag multi-area area-id

 
構文の説明

instance-tag

インスタンス タグ。大文字と小文字が区別される最大 20 文字の英数字文字列として指定します。

area-id

プライマリ インターフェイスに別のエリアとして追加する OSPF エリアに関する識別情報。エリア ID には、0 ~ 4294967295 の正の整数値または IP アドレスのどちらかを指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、スイッチで OSPF をイネーブルにするようにしてください。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、複数エリア隣接関係を設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip router ospf Base area 33
switch(config-if)# ip router ospf Base multi-area 99
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

feature ospf

スイッチで OSP をイネーブルにします。

show ip ospf interface

OSPF インターフェイス関連の情報を表示します。

ip router rip

インターフェイス用の Routing Information Protocol(RIP)インスタンスを指定するには、 ip router rip コマンドを使用します。デフォルトに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip router rip instance-tag

no ip router rip instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

RIP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用する前に、スイッチで RIP をイネーブルにするようにしてください。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、インターフェイス用の RIP インスタンスを設定する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 1/2
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip router rip Enterprise
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

feature rip

スイッチで RIP をイネーブルにします。

show ip rip

すべての RIP インスタンスの RIP 要約情報を表示します。

ip split-horizon eigrp

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)プロセスのスプリット ホライズンをイネーブルにするには、 ip split-horizon eigrp コマンドを使用します。スプリット ホライズンをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip split-horizon eigrp instance-tag

no ip split-horizon eigrp instance-tag

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスのスプリット ホライズンをディセーブルにするには、 no ip split-horizon eigrp コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、イーサネット リンクのスプリット ホライズンをディセーブルにする例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# no ip split-horizon eigrp 209
switch(config-if)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip eigrp

EIGRP 情報を表示します。

ip summary-address eigrp

指定の Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)インターフェイスのサマリー集約アドレスを設定するには、 ip summary-address eigrp コマンドを使用します。設定をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip summary-address eigrp instance-tag { ip-address / length | ip-address mask } [ admin-distance | leak-map map-name ]

no ip summary-address eigrp instance-tag { ip-address / length | ip-address mask }

 
構文の説明

instance-tag

EIGRP インスタンスの名前。 instance-tag には、大文字と小文字が区別される最大 20 文字の任意の英数字文字列を指定できます。

ip-address / length

インターフェイスに適用するサマリー IP プレフィクスとプレフィクス長(4 分割ドット付き 10 進表記)。たとえば、/8 は、IP プレフィクスの最初の 8 ビットがネットワーク ビットであることを示します。 length を使用する場合、スラッシュが必要です。

ip-address

インターフェイスに適用するサマリー IP アドレス(4 分割ドット付き 10 進表記)。

mask

IP アドレス マスク

admin-distance

(任意)アドミニストレーティブ ディスタンス。範囲は 1 ~ 255 です。

leak-map map-name

(任意)リーク マップを指定します。

 
コマンド デフォルト

EIGRP サマリー ルートには、アドミニストレーティブ ディスタンス 5 が適用されます。
事前設定されるサマリー アドレスはありません。

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイス レベルのアドレス集約を設定するには、 ip summary-address eigrp コマンドを使用します。EIGRP サマリー ルートのアドミニストレーティブ ディスタンスは 5 です。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP インターフェイス上の 192.168.0.0/16 サマリー アドレスに 95 のアドミニストレーティブ ディスタンスを設定する例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip summary-address eigrp 209 192.168.0.0/16 95
switch(config-if)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイス関連の情報を表示します。

ip tcp path-mtu-discovery

IPv4 インターフェイス上のパス最大伝送ユニット(MTU)ディスカバリをイネーブルにするには、 ip tcp path-mtu discovery コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip ip tcp path-mtu discovery

no ip tcp path-mtu discovery

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ディセーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、両方の IPv4 に対してパス MTU ディスカバリをイネーブルにする例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip tcp path-mtu-discovery
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp

ARP 設定情報を表示します。

ip unreachables

ICMP 到達不能メッセージの生成をイネーブルにするには、 ip unreachables コマンドを使用します。この機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

ip unreachables

no ip unreachables

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

イネーブル

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード
サブインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、インターフェイス上で ICMP 到達不能メッセージの生成をイネーブルにする例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip unreachables
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip port-unreachable

ICMP ポート到達不能メッセージを送信します。

local-as

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)のローカル自律システム(AS)番号を設定するには、 local-as コマンドを使用します。

local-as as-number

 
構文の説明

as-number

(任意)自律システム番号。AS 番号は、<上位 16 ビットの 10 進数>.<下位 16 ビットの 10 進数> 形式の 16 ビットの整数または 32 ビットの整数です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルータ VRF モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

BGP のローカル AS 番号を設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# router bgp 65536.33
switch(config-router)# vrf red
switch(config-router-vrf)# local-as 65536.33
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show bgp

BGP に関する情報を表示します。

log-adjacency-changes(EIGRP)

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)隣接状態変更のロギングをイネーブルにするには、 log-adjacency-changes コマンドを使用します。EIGRP 隣接状態変更のロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

log-adjacency-changes

no log-adjacency-changes

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

隣接の変更はロギングされません。

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP 1 に関する隣接状態変更のロギングをイネーブルにする例を示します。

switch(config)# router eigrp 1
switch(config-router)# address-family ipv4
switch(config-router-af)# log-adjacency-changes
switch(config-router-af)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip eigrp log-neighbor-changes

特定のインターフェイスのネイバーに対する変更をロギングします。

ip eigrp log-neighbor-warnings

特定のインターフェイスのネイバー警告メッセージをロギングします。

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイスに関する情報を表示します。

log-adjacency-changes(OSPF)

Open Shortest Path First(OSPF)ネイバーの状態が変更された場合にルータが syslog メッセージを送信するように設定するには、 log-adjacency-changes コマンドを使用します。この機能をオフにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

log adjacency changes [ detail ]

 
構文の説明

detail

(任意)すべての隣接状態の変更を表示します(DOWN、INIT、2WAY、EXSTART、EXCHANGE、LOADING、FULL)。

 
コマンド デフォルト

OSPF ネイバーの状態が変更された場合、ルータはシステム メッセージを送信します。

 
コマンド モード

ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

OSPF ネイバー関係の状態の高レベルの変更を表示するには、 log-adjacency-changes コマンドを使用します。このコマンドは、デフォルトでオンになりますが、 detail キーワードを使用しない場合、レポートされるのは up/down(full/down)イベントだけです。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、OSPF ネイバーの状態変更時にシステム メッセージを送信するようにルータを設定する例を示します。

switch(config)# router ospf 209
switch(config-router)# log-adjacency-changes detail
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip ospf

OSPF 情報を表示します。

copy running-config startup-config

このコンフィギュレーション変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

log-neighbor-warnings

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)ネイバー警告メッセージのロギングをイネーブルにするには、 log-neighbor-warnings コマンドを使用します。EIGRP ネイバー警告メッセージのロギングをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

log-neighbor-warnings [ seconds ]

no log-neighbor-warnings [ seconds ]

 
構文の説明

seconds

(任意)ネイバー警告メッセージの反復間隔。有効範囲は 1 ~ 65535 です。

 
コマンド デフォルト

ネイバー警告メッセージがロギングされます。

 
コマンド モード

アドレスファミリ コンフィギュレーション モード
ルータ コンフィギュレーション モード
ルータ VRF コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ネイバー警告メッセージをイネーブルにして、ネイバー警告メッセージの反復間隔を設定するには、 log-neighbor-warnings コマンドを使用します。

このコマンドには、LAN Base Services ライセンスが必要です。

次に、EIGRP プロセス 209 のネイバー警告メッセージがログに記録され、5 分(300 秒)間隔で警告メッセージが反復される例を示します。

switch(config)# router eigrp 209
switch(config-router)# log-neighbor-warnings 30
switch(config-router)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

log-adjacency-changes

EIGRP 隣接状態変更のロギングをイネーブルにします。

show ip eigrp interfaces

EIGRP インターフェイスに関する情報を表示します。

low-memory exempt

下位メモリ シャットダウンから BGP ネイバーを除外するには、 low-memory exempt コマンドを使用します。BGP ネイバーを下位メモリ シャットダウンの対象にするには、このコマンドの no 形式を使用します。

low-memory exempt

no low-memory exempt

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

eBGP ピアによっては、重大なメモリ アラートでシャットダウンする場合があります。

 
コマンド モード

ネイバー コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドには、LAN Enterprise Services ライセンスが必要です。

次に、下位メモリ シャットダウンからネイバーを除外する例を示します。

switch(config)# router bgp 1.0
switch(config-router)# neighbor 192.0.2.0/24 remote-as 1.5
switch(config-router-af)# low-memory exempt
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature bgp

BGP をイネーブルにします。

mac-list

MAC アドレスに基づいてフィルタするには、 mac-list コマンドを使用します。MAC リスト エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

mac-list name [ seq number ] { permit | deny } mac-address [ mac-mask ]

mac-list name [ seq number ] { permit | deny } mac-address [ mac-mask ]

 
構文の説明

name

MAC リスト名。name には最大 32 文字の英数字を使用できます。大文字と小文字は区別されます。

seq number

(任意)MAC リスト内にエントリを作成します。 seq の範囲は 1 ~ 4294967294 です。

permit

MAC リスト内の MAC アドレスと一致するパケットまたはルートを許可します。

deny

MAC リスト内の MAC アドレスと一致するパケットまたはルートをブロックします。

mac-address

フィルタ対象の MAC アドレス。

mac-mask

(任意)照合する MAC アドレスの部分(MAC アドレス形式)。

 
コマンド デフォルト

match の値は定義されません。

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルート マップ内のこの MAC リストに対して照合できます。

次に、Red MAC リストを作成する例を示します。

switch(config)# mac-list Red seq 1 permit 0022.5579.a4c1 ffff.ffff.0000

 
関連コマンド

コマンド
説明

match mac-list

MAC リスト内の MAC アドレスを照合します。

show mac-list

MAC リストに関する情報を表示します。

match as-number

Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)Autonomous System(AS; 自律システム)番号と照合するには、 match as-number コマンドを使用します。AS 番号リスト エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match as-number { number [, number ...] | as-path-access-list name [... name ]}

no match as-number { number [, number ...] | as-path-access-list name [... name ]}]

 
構文の説明

number

AS 番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

...number

(任意)AS 番号。有効な範囲は 1 ~ 65535 です。

as-path-access-list name

AS 番号を照合する AS-path アクセス リストを指定します。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

... name

(任意)AS-path アクセス リスト。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

match as-number コマンドは、正規表現を使用して AS 番号のリストまたは AS-path アクセス リストを生成するために使用します。BGP は、この一致基準を使用して、BGP セッションを構築する BGP ピアを特定します。

ルート マップは、ピアがプレフィクス ピアリングを通してローカル BGP とのセッションを確立できる AS 番号の範囲を指定するために使用します。Cisco NX-OS は、 match as-number コマンドがルート マップ内に存在する場合に他の match コマンドを無視します。

次に、AS 番号のリストを設定する例を示します。

switch(config)# route-map IGP2BGP
switch(config-route-map)# match as-number 64496, 64498-64510
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip as-path access-list

AS-path リストを作成します。

neighbor

BGP ピアを設定します。

route-map

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

match as-path

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)自律システム(AS)パス アクセス リストを照合するには、 match as-path コマンドを使用します。パス リスト エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match as-path name [... name ]

no match as-path name [... name ]

 
構文の説明

name

自律システム パス アクセス リスト。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。

... name

(任意)自律システム パス アクセス リスト。最大 32 個のアクセス リスト名を設定できます

 
コマンド デフォルト

パス リストは定義されません。

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

match as-path コマンドを使用して値を設定すると、グローバル値が上書きされます。

ルート マップは、いくつかの部分にわかれている可能性があります。 route-map コマンドに関連した少なくとも 1 つの match 句に一致しないルートは、すべて無視されます。つまり、発信ルート マップではルートはアドバタイズされず、着信ルート マップではルートは受け入れられません。一部の特定のデータを変更したい場合は、明示的な match が指定された 2 つ目のルート マップ セクションを設定する必要があります。

次に、Autonomous System(AS; 自律システム)パスと BGP AS パス アクセス リスト 20 を照合する設定の例を示します。

switch(config)# route-map IGP2BGP
switch(config-route-map)# match as-path 20
switch(config-route-map)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

match community

BGP コミュニティを照合します。

match ip address

標準または拡張アクセス リストで許可された宛先ネットワーク番号アドレスを含むすべてのルートを配布します。

match ip next-hop

指定されたアクセス リストのいずれかによって渡されたネクスト ホップ ルータ アドレスを含むすべてのルートを再配布します。

match route-type

指定されたタイプのルートを再配布します。

match tag

指定されたタグと一致するルーティング テーブルのルートを再配布します。

route-map

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

set as-path

BGP ルートの AS パスを変更します。

set comm-list

ルート マップの設定におけるタグ値を自動計算します。

set community

BGP コミュニティ リストを設定します(削除用)。

set level

ルートのインポート先を示します。

set local-preference

AS パスのプリファレンス値を指定します。

set metric(BGP、OSPF、RIP)

ルーティング プロトコルのメトリック値を設定します。

set metric-type

宛先ルーティング プロトコルのメトリック タイプを設定します。

set origin(BGP)

BGP 送信元コードを設定します。

set tag

宛先ルーティング プロトコルの値を設定します。

set weight

ルーティング プロトコルの BGP 重みを指定します。

match community

BGP コミュニティを照合するには、 match community コマンドを使用します。コンフィギュレーション ファイルから match community コマンドを削除し、システムをデフォルトの条件(BGP コミュニティ リスト エントリを削除)に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

match community name [... name ] [ exact-match ]

no match community name [... name ] [ exact-match ]

 
構文の説明

name

1 つ以上のコミュニティ リスト名。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。最大 32 のコミュニティ リストを設定できます。

exact-match

(任意)完全一致が必要であることを示します。指定されたすべてのコミュニティのみが存在する必要があります。

 
コマンド デフォルト

ルート マップではコミュニティ リストの照合は行われません。

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルート マップは、いくつかの部分にわかれている可能性があります。 route-map コマンドに関連した少なくとも 1 つの match コマンドに一致しないルートは、すべて無視されます。つまり、発信ルート マップではルートはアドバタイズされず、着信ルート マップではルートは受け入れられません。一部の特定のデータを変更したい場合は、明示的な match が指定された 2 つ目のルート マップ セクションを設定する必要があります。

コミュニティ リスト番号に基づく照合は、BGP に適用できる match コマンドのタイプの 1 つです。

次に、2 つの BGP コミュニティを照合する例を示します。

switch(config)# route-map test2
switch(config-route-map)# match community bgpLow bgpHigh
 

次に、コミュニティ リスト 1 に一致するルートの重みが 200 に設定される例を示します。標準コミュニティ 109 のみを含むすべてのルートの重みが 200 に設定されます。

switch(config)# ip community-list standard bgpLow permit 109
switch(config)# route-map set_weight
switch(config-route-map)# match community bgpLow exact-match
switch(config-route-map)# set weight 200
 

この例は、コミュニティ リスト 500 に一致するルートを示しています。拡張コミュニティ 1 を含むすべてのルートの重みが 150 に設定されます。

switch(config)# ip community-list expanded 500 permit [0-9]*
switch(config)# route-map MAP_NAME permit 10
switch(config-route-map)# match community 500
switch(config-route-map)# set weight 150
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip community-list

BGP のコミュニティ リストを作成し、アクセスを制御します。

route-map

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

set weight

ルーティング プロトコルの BGP 重みを指定します。

match extcommunity

ルート マップ内の BGP 拡張コミュニティを照合するには、 match extcommunity コマンドを使用します。ルート マップから match を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match extcommunity name [... name ] [ exact-match ]

no match extommunity name [... name ] [ exact-match ]

 
構文の説明

name

1 つ以上の拡張コミュニティ リスト名。名前は、63 文字以下の任意の英数字文字列にできます。最大 32 のコミュニティ リストを設定できます。

exact-match

(任意)完全一致が必要であることを示します。指定されたすべてのコミュニティとそれらの拡張コミュニティのみが存在する必要があります。

 
コマンド デフォルト

ルート マップではコミュニティ リストの照合は行われません。

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ルート マップは、いくつかの部分にわかれている可能性があります。ルート マップ内の少なくとも 1 つの match コマンドに一致しないルートは、すべて無視されます。つまり、発信ルート マップではルートはアドバタイズされず、着信ルート マップではルートは受け入れられません。一部の特定のデータを変更したい場合は、明示的な match が指定された 2 つ目のルート マップ セクションを設定する必要があります。

コミュニティ リスト番号に基づく照合は、BGP に適用可能な match コマンドのタイプのいずれかです。

次に、2 つの BGP 拡張コミュニティ リストを照合する例を示します。

switch(config)# route-map test2
switch(config-route-map)# match extcommunity bgpLocal bgpRemote
 

次に、拡張コミュニティ リスト bgpLocal に一致するルートが非推移的から推移的に変更される例を示します。

switch(config)# ip extcommunity-list standard bgpLocal permit generic nontransitive 1.9
switch(config)# route-map deletCommunity
switch(config-route-map)# match extcommunity bgpLocal exact-match
switch(config-route-map)# set extcommunity generic transitive 1.9
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip extcommunity-list

BGP のコミュニティ リストを作成し、アクセスを制御します。

route-map

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

send-community

コミュニティ属性を BGP ピアに伝搬するように BGP を設定します。

set extcommunity

ルート マップ内の拡張コミュニティを設定します。

match interface

ルート マップ内のインターフェイスを照合するには、 match interface コマンドを使用します。この match 設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match interface { interface-type number [, interface-type number ...] }

no match interface { interface-type number [, interface-type number ...] }

 
構文の説明

interface-type

インターフェイス タイプ。 ? を使用するとサポートされているインターフェイスのリストを表示します。

number

(任意)インターフェイス番号。 ? を使用すると範囲を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

いずれかのインターフェイスによって到達されるルート ネクスト ホップ アドレスは、ルート マップと一致します。

ルート マップは、いくつかの部分にわかれている可能性があります。 route-map コマンドに関連する少なくとも 1 つの match 句に一致しないルートは、すべて無視されます。つまり、発信ルート マップではルートはアドバタイズされず、着信ルート マップではルートは受け入れられません。一部の特定のデータを変更したい場合は、明示的な match が指定された 2 つ目のルート マップ セクションを設定する必要があります。

次に、インターフェイスのリストを設定する例を示します。

switch(config)# route-map test1
switch(config-route-map)# match interface ethernet 2/1, ethernet 4/3
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

route-map

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

match ip address

標準アクセス リスト、拡張アクセス リスト、またはプレフィクス リストで許可された宛先 IP ネットワーク番号アドレスを含むすべてのルートを配布するには、 match ip-address コマンドを使用します。 match ip address エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match ip address { prefix-list prefix-list-name [ prefix-list-name... ]}

no match ip address { prefix-list prefix-list-name [ prefix-list-name... ]}

 
構文の説明

prefix-list prefix-list-name ...

プレフィクス リストに基づいてルートを配布します。プレフィクス リストには最大 63 文字の英数字を使用できます。省略符号は、複数値(最大 32 のプレフィクス リスト)の入力が可能であることを示します。

 
コマンド デフォルト

プレフィクス リストは指定されません。

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンド構文内の省略符号(...)は、コマンド入力で prefix-list-name 引数に複数の値を入力できることを示します

同じルート マップ サブブロック内の類似 match は、「OR」(論理和)でフィルタリングされます。ルート マップ サブブロック全体の中に一致する match 節が 1 つあれば、照合の成功として処理されます。非類似 match 句は「AND」(論理積)でフィルタリングされるため、非類似照合は論理的にフィルタリングされます。最初の条件セットが満たされない場合、2 つ目の match 節がフィルタリングされます。このプロセスは一致するものが見つかるまで、または match 節がなくなるまで続きます。

ルートを再配布するには、ルート マップを使用します。

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義するには、 route-map グローバル コンフィギュレーション コマンドと、 match および set route-map コンフィギュレーション コマンドを使用します。 route-map コマンドごとに、それに関連した match および set コマンドのリストがあります。 match コマンドは、一致基準(現在の route-map コマンドで再配布が許可される条件)を指定します。 set コマンドは、set 処理( match コマンドによって強制される基準が満たされた場合に実行される特定の再配布アクション)を指定します。 no route-map コマンドは、ルート マップを削除します。

match route-map コンフィギュレーション コマンドには複数の形式があります。 match コマンドの順序は任意に指定できます。すべての match コマンドが満たされないと、 set コマンドで指定した set 処理に従ってルートの再配布が行われません。 match コマンドの no 形式を使用すると、指定した一致基準が削除されます。

ルート マップを使用してルートを渡す場合、ルート マップの複数のセクションに特定の match 節を入力できます。 route-map コマンドに関連する少なくとも 1 つの match 句に一致しないルートは、すべて無視されます。つまり、発信ルート マップではルートはアドバタイズされず、着信ルート マップではルートは受け入れられません。一部の特定のデータを変更したい場合は、明示的な match が指定された 2 つ目のルート マップ セクションを設定する必要があります。

次に、アクセス リスト テストで指定されたアドレスを含むルートを照合する例を示します。

switch(config)# interface ethernet 2/10
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# exit
switch(config)# route-map chicago
switch(config-route-map)# match ip address test

 
関連コマンド

コマンド
説明

match as-path

BGP AS パス アクセス リストを照合します。

match community

BGP コミュニティを照合します。

match interface

指定されたインターフェイスのいずれかがネクストホップであるルートを再配布します。

match ip next-hop

指定されたアクセス リストのいずれかによって渡されたネクスト ホップ ルータ アドレスを含むすべてのルートを再配布します。

match ip route-source

アクセス リストによって指定されたアドレスで、ルータおよびアクセス サーバによってアドバタイズされたルートを再配布します。

match metric

指定したメトリックを持つルートを再配布します。

match route-type

指定されたタイプのルートを再配布します。

match tag

指定されたタグと一致するルーティング テーブルのルートを再配布します。

route-map

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

set as-path

BGP ルートの AS パスを変更します。

set automatic-tag

自動的にタグ値を計算します。

set community

BGP コミュニティ属性を設定します。

set level

ルートのインポート先を示します。

set local-preference

AS パスのプリファレンス値を指定します。

set metric(BGP、OSPF、RIP)

ルーティング プロトコルのメトリック値を設定します。

set metric-type

宛先ルーティング プロトコルのメトリック タイプを設定します。

set next-hop

ネクストホップのアドレスを指定します。

set tag

宛先ルーティング プロトコルのタグ値を設定します。

set weight

ルーティング プロトコルの BGP 重みを指定します。

match ip multicast

ルート マップの照合に IPv4 マルチキャスト機能を設定するには、 match ip multicast コマンドを使用します。この match 設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match ip multicast { group address / length | source address / length | rp address / length [ rp-type asm ]}

no match ip multicast

 
構文の説明

group address / length

グループ アドレスと、ネットワーク マスクの長さ(ビット単位)を A . B . C . D / length の形式で指定します。ネットワーク番号には、任意の有効な IP アドレスまたはプレフィクスを指定できます。ビット マスクは、0 ~ 32 の数値にできます。

group、source、および rp オプションを設定できます。

source address / length

ソース アドレスと、ネットワーク マスクの長さ(ビット単位)を A . B . C . D / length の形式で指定します。ネットワーク番号には、任意の有効な IP アドレスまたはプレフィクスを指定できます。ビット マスクは、0 ~ 32 の数値にできます。

group、source、および rp オプションを設定できます。

rp address / length

IPv4 Rendezvous Prefix(RP)と、 IPv4 プレフィクス マスクの長さ(ビット単位)を A . B . C . D / length の形式で指定します。ネットワーク番号には、任意の有効な IPv4 アドレスまたはプレフィクスを指定できます。ビット マスクは、0 ~ 32 の数値にできます。

group、source、および rp オプションを設定できます。

rp-type

(任意)マルチキャスト Rendezvous Point(RP; ランデブー ポイント)タイプを指定します。

asm

(任意)Any-Source Multicast(ASM)ランデブー ポイント タイプを指定します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

match ip multicast コマンドは、ルート マップで評価される唯一の match コマンドです。グループ プレフィクス、グループ範囲、および送信元プレフィクスを指定して、 match ip multicast コマンドでメッセージをフィルタリングできます。

route-map コマンドを使用して、ルート マップ コンフィギュレーション モードを開始します。 route-map コマンドを入力すると、プロンプトが次のように変わります。

switch(config-route-map)#
 

ルート マップ コンフィギュレーション モードになると、 match ip multicast コマンドを入力できます。

group と rp の両方のオプションを設定できます。

次に、照合するネイバーの group IPv4 プレフィクスと、IPv4 プレフィクスの長さを指定する例を示します。

switch(config)# route-map blueberry
switch(config-route-map)# match ip multicast group 192.0.0.0/19
switch(config-route-map)#
 

次に、照合するネイバーの group IPv4 プレフィクスと、IPv4 プレフィクスのランデブー ポイントの両方を指定する例を示します。

switch(config)# route-map raspberry
switch(config-route-map)# match ip multicast group 192.0.0.0/19 rp 209.165.201.0/27
switch(config-route-map)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

match as-path

BGP AS パス アクセス リストを照合します。

match community

BGP コミュニティを照合します。

match interface

指定されたインターフェイスのいずれかがネクストホップであるルートを再配布します。

match ip next-hop

指定されたアクセス リストのいずれかによって渡されたネクスト ホップ ルータ アドレスを含むすべてのルートを再配布します。

match ip route-source

アクセス リストによって指定されたアドレスで、ルータおよびアクセス サーバによってアドバタイズされたルートを再配布します。

match metric

指定したメトリックを持つルートを再配布します。

match route-type

指定されたタイプのルートを再配布します。

match tag

指定されたタグと一致するルーティング テーブルのルートを再配布します。

route-map

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義します。

set as-path

BGP ルートの AS パスを変更します。

set automatic-tag

自動的にタグ値を計算します。

set community

BGP コミュニティ属性を設定します。

set level

ルートのインポート先を示します。

set local-preference

AS パスのプリファレンス値を指定します。

set metric(BGP、OSPF、RIP)

ルーティング プロトコルのメトリック値を設定します。

set metric-type

宛先ルーティング プロトコルのメトリック タイプを設定します。

set next-hop

ネクストホップのアドレスを指定します。

set tag

宛先ルーティング プロトコルのタグ値を設定します。

set weight

ルーティング プロトコルの BGP 重みを指定します。

match ip next-hop prefix-list

指定されたアクセス リストのいずれかによって渡されたネクスト ホップ ルータ アドレスを含むすべての IPv4 ルートを再配布するには、 match ip next-hop prefix-list コマンドを使用します。ネクストホップ エントリを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

match ip next-hop prefix-list prefix-list-name [ ...prefix-list-name ]

no match ip next-hop prefix-list prefix-list-name [ ...prefix-list-name ]

 
構文の説明

prefix-list-name

プレフィクス リストの番号または名前。最大 63 文字の英数字を使用できます。省略符号は、複数値(最大 32 のプレフィクス リスト)の入力が可能であることを示します。

 
コマンド デフォルト

ネクストホップ アドレスの一致を必要とせず、自由にルートが再配布されます。

 
コマンド モード

ルート マップ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

5.0(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンド構文内の省略符号(...)は、 prefix-list-name 引数に複数の値を入力できることを示します

あるルーティング プロトコルから別のルーティング プロトコルにルートを再配布する条件を定義するには、 route-map グローバル コンフィギュレーション コマンドと、 match および set route-map コンフィギュレーション コマンドを使用します。 route-map コマンドごとに、それに関連した match および set コマンドのリストがあります。 match コマンドは、一致基準(現在の route-map コマンドで再配布が許可される条件)を指定します。 set コマンドは、set 処理( match コマンドによって強制される基準が満たされた場合に実行される特定の再配布アクション)を指定します。 no route-map コマンドは、ルート マップを削除します。

match route-map コンフィギュレーション コマンドには複数の形式があります。 match コマンドの順序は任意に指定できます。すべての match コマンドが満たされないと、 set コマンドで指定した set 処理に従ってルートの再配布が行われません。 match コマンドの no 形式を使用すると、指定した一致基準が削除されます。

ルートがルート マップを通過するようにするときには、ルート マップに複数の要素を持たせることができます。 route-map コマンドに関連する少なくとも 1 つの match 句に一致しないルートは、すべて無視されます。つまり、発信ルート マップではルートはアドバタイズされず、着信ルート マップではルートは受け入れられません。一部の特定のデータを変更したい場合は、明示的な match が指定された 2 つ目のルート マップ セクションを設定する必要があります。

次に、プレフィクス リスト test によって渡されたネクスト ホップ ルータ アドレスを含むルートを配布する例を示します。

switch(config)# route-map blue
switch(config-route-map)# match ip next-hop prefix-list test
switch(config-route-map)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

match as-path

BGP AS パス アクセス リストを照合します