Cisco Nexus 5000 シリーズ NX-OS コマンド リファレンス Cisco NX-OS Release 4.x、5.x
ファブリック エクステンダ コマンド
ファブリック エクステンダ コマンド
発行日;2012/03/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

ファブリック エクステンダ コマンド

attach fex

beacon

description(fex)

diagnostic bootup level

feature fex

fex

fex associate

fex pinning redistribute

fex queue-limit

hardware buffer-threshold

hardware queue-limit

locator-led fex

logging fex

pinning max-links

serial

show diagnostic result fex

show environment fex

show fex

show fex detail

show fex transceiver

show fex version

show interface fex-fabric

show interface fex-intf

show interface transceiver fex-fabric

show inventory fex

show locator-led

show module fex

show queuing interface

show running-config fex

show sprom fex

show system reset-reason fex

show version fex

switchport mode fex-fabric

type

ファブリック エクステンダ コマンド

この章では、Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチから Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender を管理するために使用する Cisco NX-OS コマンドについて説明します。

attach fex

接続されたファブリック エクステンダの Command Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)にアクセスして診断コマンドを実行するには、 attach fex コマンドを使用します。

attach fex chassis_ID

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

接続されたファブリック エクステンダの CLI にアクセスして診断コマンドを実行するには、 attach fex コマンドを使用します。このコマンドは、シスコのテクニカル サポート スタッフの指示がある場合の使用に限ることを推奨します。

次に、接続されたファブリック エクステンダの CLI にアクセスして診断コマンドを実行する例を示します。

switch# attach fex 101
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

beacon

ファブリック エクステンダのロケータ ビーコン LED を点灯するには、 beacon コマンドを使用します。ロケータ ビーコン LED を消灯するには、このコマンドの no 形式を使用します。

beacon

no beacon

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

4.1(3)N1(1)

このコマンドは廃止予定であり、 locator-led コマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

beacon コマンドを使用してファブリック エクステンダのロケータ ビーコン LED を点灯/消灯すると、入り組んだデータセンター内でマシンを簡単に識別できるようになります。

次に、特定のファブリック エクステンダシャーシでロケータ ビーコン LED を点灯する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)# beacon
 

次に、特定のファブリック エクステンダ シャーシでロケータ ビーコン LED を消灯する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)# no beacon
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

description(fex)

ファブリック エクステンダの説明を指定するには、 description コマンドを使用します。デフォルトの説明に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

description description

no description

 
構文の説明

description

ファブリック エクステンダの説明。デフォルトは、文字列 FEX xxxx で、 xxxx はシャーシ ID です。たとえば、シャーシ ID が 123 の場合、デフォルトの説明は FEX0123 です。最大 20 文字までの英数字が指定可能です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダに説明を指定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)# description Rack16_FEX101
 

次に、デフォルトのファブリック エクステンダ の説明に戻す例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)# no description
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

diagnostic bootup level

デバイスの起動時に診断がトリガーされるようにブートアップ診断レベルを設定するには、 diagnostic bootup level コマンドを使用します。ブートアップ診断レベルの設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

diagnostic bootup level { bypass | complete }

no diagnostic bootup level { bypass | complete }

 
構文の説明

bypass

すべてのブートアップ テストをスキップするように指定します。

complete

すべてのブートアップ診断を実行するように指定します。これがデフォルト値です。

 
コマンド デフォルト

Complete

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(0)N1(1)

このコマンドが追加されました。

4.2(1)N2(1)

スイッチに接続されたすべての ファブリック エクステンダ の診断レベルを制御するためにサポートが追加されました。

次に、完全な診断を実行するようブートアップ診断レベルを設定する例を示します。

switch(config)# diagnostic bootup level complete
switch(config)#
 

次に、ブートアップ診断レベル設定を削除する例を示します。

switch(config)# no diagnostic bootup level complete
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show diagnostic bootup level

起動時診断レベルを表示します。

show diagnostic bootup result

診断テストの結果を表示します。

feature fex

スイッチでファブリック エクステンダ(FEX)機能をイネーブルにするには、 feature fex コマンドを使用します。FEX をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

feature fex

no feature fex

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、スイッチで FEX 機能をイネーブルにする例を示します。

switch(config)# feature fex
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show feature

スイッチでイネーブルまたはディセーブルである機能を表示します。

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始するには、 fex コマンドを使用します。ファブリック エクステンダ コンフィギュレーションを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

fex chassis_ID

no fex chassis_ID

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファブリック エクステンダは、親スイッチ上のインターフェイスに接続して関連付ける前に、作成および設定できます。ファブリック エクステンダをスイッチに関連付けると、作成した設定がファブリック エクステンダに転送され、適用されます。

次に、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)#
 

次に、ファブリック エクステンダ設定を削除する例を示します。

switch(config-fex)# no fex 101
switch(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

beacon

ファブリック エクステンダのロケータ ビーコン LED を点灯します。

description(fex)

ファブリック エクステンダの説明を指定します。

fex associate

ファブリック エクステンダをイーサネットまたは EtherChannel インターフェイスに関連付けます。

pinning max-links

ファブリック エクステンダに接続された、静的にピン接続されたアップリンクの数を指定します。

serial

ファブリック エクステンダにシリアル番号を割り当てます。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

type

ファブリック エクステンダ カードを指定します。

fex associate

をファブリック インターフェイスに関連付けるには、 fex associate コマンドを使用しますファブリック エクステンダ ファブリック エクステンダの関連付けを解除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

fex associate chassis_ID

no fex associate [ chassis_ID ]

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

親スイッチ上のインターフェイスをファブリック エクステンダに関連付ける前に、まず switchport mode fex-fabric コマンドを入力してインターフェイスをファブリック インターフェイスにする必要があります。


) Cisco NX-OS Release 4.2(1)N1(1) で動作している Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、switchport mode fex-fabric コマンドはイーサネット インターフェイス上ではサポートされていません。


次に、ファブリック エクステンダをイーサネット インターフェイスに関連付ける例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/40
switch(config-if)# switchport mode fex-fabric
switch(config-if)# fex associate 101
 

次に、ファブリック エクステンダをスイッチの EtherChannel インターフェイスに関連付ける例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface port-channel 4
switch(config-if)# switchport mode fex-fabric
switch(config-if)# fex associate 101
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

switchport mode fex-fabric

インターフェイスをアップリンク ポートに設定します。

fex pinning redistribute

ファブリック エクステンダ でホスト インターフェイスを再配信するには、 fex pinning redistribute コマンドを使用します。

fex pinning redistribute chassis_ID

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

静的ピン接続モードを使用してファブリック エクステンダをプロビジョニングすると(『 Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender Software Configuration Guide 』を参照)、ファブリック エクステンダ上のホスト インターフェイスはそれらが最初に設定されたときの順序でファブリック インターフェイスにピン接続されます。ファブリック エクステンダを次回リブートすると、設定されたファブリック インターフェイスは、ファブリック インターフェイスのポート番号の昇順でホスト インターフェイスにピン接続されます。

初期設定の後、ファブリック エクステンダを再起動せずに同じ固定配信でホスト インターフェイスを設定するには、 fex pinning redistribute コマンドを使用します。


注意 このコマンドにより、ファブリック エクステンダのすべてのホスト インターフェイス ポートが中断されます。ただし、中断はファブリック エクステンダをリブートした場合よりは短くなります。

次に、ファブリック エクステンダでホスト インターフェイスを再配布する例を示します。

switch# fex pinning redistribute 101
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

pinning max-links

ファブリック エクステンダ 上のアップリンクの数を定義します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show interface fex-intf

特定のスイッチ インターフェイスにピン接続されているファブリック エクステンダのポートを表示します。

fex queue-limit

各ファブリック エクステンダ ポートに割り当てられている入力バッファ領域の合計を(バイト単位で)制限するには、 fex queue-limit コマンドを使用します。ドロップしきい値をディセーブルにし、ファブリック エクステンダ ポートがすべての使用可能なバッファ領域を使用できるようにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

fex queue-limit

no fex queue-limit

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

ファブリック エクステンダ キュー制限はデフォルトの設定で使用可能であり、オンに設定されています。

 
コマンド モード

システム QoS コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトでは、ドロップしきい値が各ファブリック エクステンダ ポートに適用されており、各ポートに割り当てられるバッファの合計を制限します。各ファブリック エクステンダ ポートのデフォルトのキュー制限を復元するには、 fex queue-limit コマンドを使用します。

次に、各ファブリック エクステンダ ポートの入力バッファにキュー制限を設定する例を示します。

switch(config)# system qos
switch(config-sys-qos)# fex queue-limit
switch(config-sys-qos)#
 

次に、各ファブリック エクステンダ ポートのデフォルトのキュー制限を復元する例を示します。

switch(config)# system qos
switch(config-sys-qos)# no fex queue-limit
switch(config-sys-qos)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

hardware buffer-threshold

各ファブリック エクステンダの入力ハードウェア バッファ使用量の合計を制限するには、 hardware buffer-threshold コマンドを使用します。デフォルトに戻して、ファブリック エクステンダがすべての使用可能なハードウェア バッファ領域を使用できるようにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

hardware fex_card_typ buffer-threshold buffer-limit

no hardware fex_card_typ buffer-threshold

 
構文の説明

fex_card_type

ファブリック エクステンダのカード タイプ。次のファブリック エクステンダ カード タイプがサポートされています。

N2148T :Fabric Extender 48x1G 4x10G SFP+ モジュール

N2224TP :Fabric Extender 24x1G 2x10G SFP+ モジュール

N2232P :Fabric Extender 32x10G SFP+ 8x10G SFP+ モジュール

N2232TM :Fabric Extender 32x10GBase-T 8x10G SFP+ モジュール

N2248T :Fabric Extender 48x1G 4x10G SFP+ モジュール

これらのファブリック エクステンダの説明については、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

buffer-limit

バッファしきい値の制限(バイト単位)です。有効な範囲は 81920 ~ 316160 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン


) このコマンドは、Cisco Nexus 2148T Fabric Extender 上でのみ使用できます。


buffer-threshold キーワードは、出力キューにテール ドロップしきい値の観測を開始するように指示が送信される前に、入力バッファの消費レベルを設定します。バッファ使用量が設定されたバッファしきい値よりも低い場合、テール ドロップしきい値は無視されます。

サポートされる Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender

Cisco NX-OS Release 4.2(1)N2(1) で動作している Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、次の Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender がサポートされています。

Cisco Nexus 2148T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus N2224TP Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 2 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、24 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。また、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)は、サポートしません。

Cisco Nexus 2232P Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 32 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2248T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) を実行する Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、次の Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender がサポートされています。

Cisco Nexus 2148T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus N2224TP Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 2 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、24 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。また、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)は、サポートしません。

Cisco Nexus 2232P Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 32 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2232TM Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に小型フォーム ファクタ(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に 32 個の 10 ギガビット BASE-T イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2248T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

次に、Cisco Nexus 2148T Fabric Extender 上で、ハードウェア バッファしきい値の制限を設定する例を示します。

switch(config)# fex 110
switch(config-fex)# hardware N2148T buffer-threshold 163840
switch(config-fex)#
 

次に、Cisco Nexus 2148T Fabric Extender 上に設定した、ハードウェア バッファしきい値の制限を削除する例を示します。

switch(config)# fex 110
switch(config-fex)# no hardware N2148T buffer-threshold
switch(config-fex)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show queuing interface

バッファしきい値およびキュー制限を含めたインターフェイス キューイング パラメータに関する情報を表示します。

show running-config fex

ファブリック エクステンダの実行コンフィギュレーションを表示します。

hardware queue-limit

ファブリック エクステンダ上で、出力キュー テール ドロップしきい値レベルを制御するには、 hardware queue-limit コマンドを使用します。ドロップしきい値をディセーブルにして、ファブリック エクステンダがすべての使用可能なハードウェア バッファ領域を使用できるようにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

hardware fex_card_typ queue-limit [ queue-limit ]

no hardware fex_card_typ queue-limit

 
構文の説明

fex_card_type

ファブリック エクステンダのカード タイプ。次のファブリック エクステンダ カード タイプがサポートされています。

N2148T :Fabric Extender 48x1G 4x10G SFP+ モジュール

N2224TP :Fabric Extender 24x1G 2x10G SFP+ モジュール

N2232P :Fabric Extender 32x10G SFP+ 8x10G SFP+ モジュール

N2232TM :Fabric Extender 32x10GBase-T 8x10G SFP+ モジュール

N2248T :Fabric Extender 48x1G 4x10G SFP+ モジュール

これらのファブリック エクステンダの説明については、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

queue-limit

(任意)キュー制限(バイト単位)です。有効な範囲は、Cisco Nexus 2148T Fabric Extender の場合は 81920 ~ 652800、その他すべてのサポート対象のファブリック エクステンダの場合は 2560 ~ 652800 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファブリック エクステンダでは、1 つのブロックされたレシーバのトラフィックが他の輻輳していないレシーバに送信されないようにするために、低いキュー制限値を使用できます(行頭ブロッキング)。ただし、これにより入力トラフィックでバースト吸収が増加します。より高いキュー制限値では、バースト吸収が改善され、行頭ブロッキング保護が少なくなります。

サポートされる Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender

Cisco NX-OS Release 4.2(1)N2(1) で動作している Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、次の Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender がサポートされています。

Cisco Nexus 2148T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus N2224TP Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 2 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、24 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。また、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)は、サポートしません。

Cisco Nexus 2232P Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 32 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2248T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) を実行する Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、次の Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender がサポートされています。

Cisco Nexus 2148T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus N2224TP Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 2 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、24 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。また、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)は、サポートしません。

Cisco Nexus 2232P Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 32 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2232TM Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に小型フォーム ファクタ(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に 32 個の 10 ギガビット BASE-T イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2248T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

次に、Cisco Nexus 2248T Fabric Extender 上で、ハードウェア バッファ キュー制限を設定する例を示します。

switch(config)# fex 110
switch(config-fex)# hardware N2248T queue-limit 327680
switch(config-fex)#
 

次に、Cisco Nexus 2248T Fabric Extender 上に設定した、ハードウェア バッファ キュー制限を削除する例を示します。

switch(config)# fex 110
switch(config-fex)# no hardware N2248T queue-limit
switch(config-fex)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show queuing interface

バッファしきい値およびキュー制限を含めたインターフェイス キューイング パラメータに関する情報を表示します。

show running-config fex

ファブリック エクステンダの実行コンフィギュレーションを表示します。

locator-led fex

ファブリック エクステンダのロケータ LED を点灯するには、 locator-led コマンドを使用します。ロケータ LED を消灯するには、このコマンドの no 形式を使用します。

locator-led fex chassis_ID

no locator-led fex chassis_ID

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。有効な範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

コマンドにより切り替えられていました。

 
使用上のガイドライン

locator-led コマンドを使用してファブリック エクステンダのロケータ LED を点灯/消灯すると、入り組んだデータセンター内でマシンを簡単に識別できるようになります。

次に、特定のファブリック エクステンダ シャーシでロケータ LED を点灯する例を示します。

switch# locator-led fex 100
switch#
 

次に、特定のファブリック エクステンダ シャーシでロケータ LED を消灯する例を示します。

switch# no locator-led fex 100
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show locator-led

ファブリック エクステンダ モジュールのロケータ LED のステータスを表示します。

logging fex

ファブリック エクステンダ イベントにロギング アラート レベルを設定するには、 logging fex コマンドを使用します。ロギング レベルをリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

logging fex [ severity-level ]

no logging fex [ severity-level ]

 
構文の説明

severity-level

(任意)作成するメッセージ ログの重大度です。指定されたレベルまたは指定されたレベルよりも小さい数値のメッセージがログに記録されます。重大度は次のとおりです。

0:緊急事態。システムは使用不能です。

1:アラート。早急なアクションが必要です。

2:クリティカル。クリティカルな状態です。デフォルトはこのレベルです。

3:エラー。エラー状態です。

4:警告。警告状態です。

5:通知。正常だが注意が必要な状態です。

6:情報。情報目的のメッセージだけです。

7:デバッグ。デバッグ実行時にだけ表示されます。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダ イベントに対してロギング アラート レベルを設定する例を示します。

switch(config)# logging fex 4
 

次に、ロギング レベルをリセットする例を示します。

switch(config)# no logging fex
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

pinning max-links

静的にピン接続されたアップリンクの数を指定するには、 pinning max-links コマンドを使用します。デフォルト設定にリセットするには、このコマンドの no 形式を使用します。

pinning max-links uplinks

no pinning max-links

 
構文の説明

uplinks

アップリンクの数。範囲は 1 ~ 8 です。デフォルトは 1 です。

このコマンドは、ファブリック エクステンダが 1 つ以上の静的にピン接続されたファブリック インターフェイスを使用して親スイッチに接続されている場合だけ、適用できます。

 
コマンド デフォルト

アップリンクのデフォルト数は 1 です。

 
コマンド モード

ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

4.2(1)N1(1)

アップリンク数が 8 に拡張されました。

(注) Cisco NX-OS Release 4.2(1)N1(1) 以前のリリースでは、アップリンクの最大数は 4 でした。

 
使用上のガイドライン

いくつかのピン接続ファブリック インターフェイス接続を作成し、親スイッチがホスト インターフェイスの配信を決定できるようにするために、 pinning max-links コマンドを使用します。ホスト インターフェイスは uplinks で指定した数で分割され、それに従って配信されます。


注意 uplinks の値を変更すると、中断が発生します。ファブリック エクステンダ上のすべてのホスト インターフェイスはダウンし、親スイッチが静的ピン接続を再割り当てすると再びアップします

次に、ファブリック エクステンダの静的にピン接続されたアップリンクの数を指定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)# pinning max-links 4
 

次に、ファブリック エクステンダのアップリンク数をデフォルトに戻す例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)# no pinning max-links
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

fex pinning redistribute

ファブリック エクステンダ上のホスト インターフェイスを再配信します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

serial

にシリアル番号を割り当てるには、 serial コマンドを使用します。ファブリック エクステンダシリアル番号を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

serial serial_string

no serial

 
構文の説明

serial_string

ファブリック エクステンダのシリアル番号文字列。文字列は英数字で指定します。大文字と小文字が区別され、最大文字数は 20 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

serial コマンドを使用して定義したシリアル番号文字列は、ファブリック エクステンダのシリアル番号と一致している必要があります。シリアル番号を設定した後、 fex associate コマンドを使用してスイッチに対応するシャーシ ID を関連付けした場合、関連付けが成功するのはファブリック エクステンダによりシリアル番号文字列の一致がレポートされた場合だけです。


注意 使用するファブリック エクステンダのシリアル番号とは異なるシリアル番号を設定すると、ファブリック エクステンダは強制的にオフラインになります。

次に、ファブリック エクステンダにシリアル番号を指定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)# serial Rack16_FEX101
 

次に、ファブリック エクステンダからシリアル番号を削除する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# fex 101
switch(config-fex)# no serial
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

fex associate

ファブリック エクステンダをイーサネットまたは EtherChannel インターフェイスに関連付けます。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show diagnostic result fex

ファブリック エクステンダ シャーシの診断テストの結果を表示するには、 show diagnostic result fex コマンドを使用します。

show diagnostic result fex chassis_ID

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダの診断テストの結果を表示する例を示します。

switch# show diagnostic result fex 100
FEX-100: 48x1GE/Supervisor SerialNo : JAF1237ABSE
Overall Diagnostic Result for FEX-100 : OK
 
Test results: (. = Pass, F = Fail, U = Untested)
TestPlatform:
0) SPROM: ---------------> .
1) MV88E6095: ---------------> .
2) Fan: ---------------> .
3) Power Supply: ---------------> .
4) Temperature Sensor: ---------------> .
 
TestForwardingPorts:
Eth 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
Port ------------------------------------------------------------------------
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
Eth 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48
Port ------------------------------------------------------------------------
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
TestFabricPorts:
Fabric 1 2 3 4
Port ------------
. . . .
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show environment fex

環境センサーのステータスを表示するには、 show environment fex コマンドを使用します。

show environment fex { all | chassis_ID } [ temperature | power | fan ]

 
構文の説明

all

すべてのファブリック エクステンダ シャーシの情報を表示します。

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

temperature

(任意)温度センサーの情報を表示します。

power

(任意)電力容量および電力分散の情報を表示します。

fan

(任意)ファンの情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダの環境センサーのステータスを表示する例を示します。

switch# show environment fex 100
 
Temperature Fex 100:
-----------------------------------------------------------------
Module Sensor MajorThresh MinorThres CurTemp Status
(Celsius) (Celsius) (Celsius)
-----------------------------------------------------------------
1 Outlet-1 85 75 50 ok
1 Inlet-1 100 90 37 ok
 
 
Fan Fex: 100:
------------------------------------------------------
Fan Model Hw Status
------------------------------------------------------
Chassis N2K-C2148-FAN -- ok
PS-1 N5K-PAC-200W -- ok
PS-2 -- -- absent
 
 
Power Supply Fex 100:
---------------------------------------------------------------------------
Voltage: 12 Volts
-----------------------------------------------------
PS Model Power Power Status
(Watts) (Amp)
-----------------------------------------------------
1 N5K-PAC-200W 0.00 0.00 ok
2 -- -- -- --
 
 
Mod Model Power Power Power Power Status
Requested Requested Allocated Allocated
(Watts) (Amp) (Watts) (Amp)
--- ------------------- ------- ---------- --------- ---------- ----------
1 N5K-C5110T-BF-1GE 24.00 2.00 24.00 2.00 powered-up
 
 
Power Usage Summary:
--------------------
Power Supply redundancy mode: redundant
 
Total Power Capacity 0.00 W
 
Power reserved for Supervisor(s) 24.00 W
Power currently used by Modules 0.00 W
 
-------------
Total Power Available -24.00 W
-------------
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show fex

特定のファブリック エクステンダまたは接続されているすべてのシャーシに関する情報を表示するには、 show fex コマンドを使用します。

show fex [ chassis_ID [ detail ]]

 
構文の説明

chassis_ID

(任意)ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

detail

(任意)詳細なリストを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、接続されているすべてのファブリック エクステンダ シャーシに関する情報を表示する例を示します。

switch# show fex
FEX FEX FEX FEX
Number Description State Model Serial
------------------------------------------------------------------------
100 FEX0100 Online N5K-C5110T-BF-1GE JAF1237ABSE
101 FEX0101 Online N2K-C2248TP-1GE JAF11223333
102 FEX0102 Online N5K-C5110T-BF-1GE JAF1241BLHQ
105 FEX0105 Online N2K-C2232P-10GE JAF1331AKBM
switch#
 

次の例では、特定のファブリック エクステンダ シャーシに関する情報のサマリーを表示する方法を示します。

switch# show fex 101
FEX: 101 Description: FEX0101 state: Online
FEX version: 4.2(1)N1(1) [Switch version: 4.2(1)N1(1)]
Extender Model: N2K-C2248TP-1GE, Extender Serial: JAF11223333
Part No: 73-12748-01
pinning-mode: static Max-links: 1
Fabric port for control traffic: Eth3/5
Fabric interface state:
Po5 - Interface Up. State: Active
Eth3/5 - Interface Up. State: Active
Eth3/6 - Interface Up. State: Active
switch#
 

次に、接続されているすべてのファブリック エクステンダ シャーシの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show fex detail
FEX: 100 Description: FEX0100 state: Online
FEX version: 4.2(1)N1(1) [Switch version: 4.2(1)N1(1)]
FEX Interim version: 4.2(1)N1(0.309)
Switch Interim version: 4.2(1)N1(0.309)
Extender Model: N5K-C5110T-BF-1GE, Extender Serial: JAF1237ABSE
Part No: 73-12009-02
Card Id: 70, Mac Addr: 00:0d:ec:b1:13:02, Num Macs: 64
Module Sw Gen: 12594 [Switch Sw Gen: 21]
post level: complete
pinning-mode: static Max-links: 1
Fabric port for control traffic: Eth3/3
Fabric interface state:
Po12 - Interface Up. State: Active
Eth3/3 - Interface Up. State: Active
Eth3/4 - Interface Up. State: Active
Fex Port State Fabric Port Primary Fabric
Eth100/1/1 Up Po12 Po12
Eth100/1/2 Up Po12 Po12
Eth100/1/3 Up Po12 Po12
Eth100/1/4 Up Po12 Po12
Eth100/1/5 Up Po12 Po12
Eth100/1/6 Up Po12 Po12
Eth100/1/7 Up Po12 Po12
Eth100/1/8 Up Po12 Po12
Eth100/1/9 Up Po12 Po12
Eth100/1/10 Up Po12 Po12
Eth100/1/11 Up Po12 Po12
Eth100/1/12 Up Po12 Po12
Eth100/1/13 Up Po12 Po12
Eth100/1/14 Up Po12 Po12
Eth100/1/15 Up Po12 Po12
Eth100/1/16 Up Po12 Po12
Eth100/1/17 Up Po12 Po12
Eth100/1/18 Up Po12 Po12
Eth100/1/19 Up Po12 Po12
Eth100/1/20 Up Po12 Po12
Eth100/1/21 Up Po12 Po12
Eth100/1/22 Up Po12 Po12
Eth100/1/23 Up Po12 Po12
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show fex detail

特定のファブリック エクステンダまたは接続されているすべてのシャーシの詳細情報を表示するには、 show fex detail コマンドを使用します。

show fex detail

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、接続されているすべてのファブリック エクステンダ シャーシの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show fex detail
FEX: 100 Description: FEX0100 state: Online
FEX version: 4.2(1)N1(1) [Switch version: 4.2(1)N1(1)]
FEX Interim version: 4.2(1)N1(0.326)
Switch Interim version: 4.2(1)N1(0.326)
Extender Model: N5K-C5110T-BF-1GE, Extender Serial: JAF1237ABSE
Part No: 73-12009-02
Card Id: 70, Mac Addr: 00:0d:ec:b1:13:02, Num Macs: 64
Module Sw Gen: 12594 [Switch Sw Gen: 21]
post level: complete
pinning-mode: static Max-links: 1
Fabric port for control traffic: Eth3/4
Fabric interface state:
Po12 - Interface Up. State: Active
Eth3/3 - Interface Up. State: Active
Eth3/4 - Interface Up. State: Active
Fex Port State Fabric Port Primary Fabric
Eth100/1/1 Up Po12 Po12
Eth100/1/2 Up Po12 Po12
Eth100/1/3 Up Po12 Po12
Eth100/1/4 Up Po12 Po12
Eth100/1/5 Up Po12 Po12
Eth100/1/6 Up Po12 Po12
Eth100/1/7 Up Po12 Po12
Eth100/1/8 Up Po12 Po12
Eth100/1/9 Up Po12 Po12
Eth100/1/10 Up Po12 Po12
Eth100/1/11 Up Po12 Po12
Eth100/1/12 Up Po12 Po12
Eth100/1/13 Up Po12 Po12
Eth100/1/14 Up Po12 Po12
Eth100/1/15 Up Po12 Po12
Eth100/1/16 Up Po12 Po12
Eth100/1/17 Up Po12 Po12
Eth100/1/18 Up Po12 Po12
Eth100/1/19 Up Po12 Po12
Eth100/1/20 Up Po12 Po12
Eth100/1/21 Up Po12 Po12
Eth100/1/22 Up Po12 Po12
Eth100/1/23 Up Po12 Po12
Eth100/1/24 Up Po12 Po12
Eth100/1/25 Up Po12 Po12
Eth100/1/26 Up Po12 Po12
Eth100/1/27 Up Po12 Po12
Eth100/1/28 Up Po12 Po12
Eth100/1/29 Up Po12 Po12
Eth100/1/30 Up Po12 Po12
Eth100/1/31 Up Po12 Po12
Eth100/1/32 Up Po12 Po12
Eth100/1/33 Down Po12 Po12
Eth100/1/34 Down Po12 Po12
Eth100/1/35 Down Po12 Po12
Eth100/1/36 Down Po12 Po12
Eth100/1/37 Down Po12 Po12
Eth100/1/38 Down Po12 Po12
Eth100/1/39 Down Po12 Po12
Eth100/1/40 Up Po12 Po12
Eth100/1/41 Up Po12 Po12
Eth100/1/42 Up Po12 Po12
Eth100/1/43 Up Po12 Po12
Eth100/1/44 Up Po12 Po12
Eth100/1/45 Up Po12 Po12
Eth100/1/46 Up Po12 Po12
Eth100/1/47 Up Po12 Po12
Eth100/1/48 Up Po12 Po12
Logs:
04/16/2010 05:05:23.441707: Module register received
04/16/2010 05:05:23.442886: Registration response sent
04/16/2010 05:05:23.551846: Module Online Sequence
04/16/2010 05:05:56.520856: Module Online
04/16/2010 05:29:38.526605: Deleting route to FEX
04/16/2010 05:29:38.536055: Module disconnected
04/16/2010 05:29:38.537686: Offlining Module
04/16/2010 05:29:38.538260: Module Offline Sequence
04/16/2010 05:29:53.646254: Module Offline
04/16/2010 05:29:54.178401: Deleting route to FEX
04/16/2010 05:29:54.184092: Module disconnected
04/16/2010 05:29:54.186230: Offlining Module
04/16/2010 05:31:13.784346: Module register received
04/16/2010 05:31:13.785410: Registration response sent
04/16/2010 05:31:15.676906: Module Online Sequence
04/16/2010 05:31:50.492714: Module Online
04/16/2010 05:32:18.388033: Deleting route to FEX
04/16/2010 05:32:18.393579: Module disconnected
04/16/2010 05:32:18.394845: Offlining Module
04/16/2010 05:32:18.395412: Module Offline Sequence
04/16/2010 05:32:30.336790: Module Offline
04/16/2010 05:32:30.683558: Deleting route to FEX
04/16/2010 05:32:30.690042: Module disconnected
04/16/2010 05:32:30.692101: Offlining Module
04/16/2010 05:33:42.781911: Module register received
04/16/2010 05:33:42.783432: Registration response sent
04/16/2010 05:33:52.542824: Module Online Sequence
04/16/2010 05:34:33.483417: Module Online
<---output truncated--->
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show fex transceiver

ファブリック エクステンダ を Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチに接続しているトランシーバに関する情報を表示するには、 show fex transceiver コマンドを使用します。

show fex chassis_ID transceiver [ calibration | detail ]

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

calibration

(任意)トランシーバに関する詳細な較正情報を表示します。

detail

(任意)トランシーバに関する詳細な診断情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダを Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチに接続しているトランシーバに関する情報を表示する例を示します。

switch# show fex 101 transceiver
 
Fex Uplink: 1
Fabric Port: Ethernet3/5
sfp is present
name is CISCO-AVAGO
part number is SFBR-7700SDZ
revision is B4
serial number is AGD113921ZR
nominal bitrate is 10300 MBits/sec
Link length supported for 50/125mm fiber is 82 m(s)
Link length supported for 62.5/125mm fiber is 26 m(s)
cisco id is --
cisco extended id number is 4
 
 
Fex Uplink: 2
Fabric Port: Ethernet3/6
sfp is present
name is CISCO-AVAGO
part number is SFBR-7700SDZ
revision is B4
serial number is AGD113422LS
nominal bitrate is 10300 MBits/sec
Link length supported for 50/125mm fiber is 82 m(s)
Link length supported for 62.5/125mm fiber is 26 m(s)
cisco id is --
cisco extended id number is 4
 
 
Fex Uplink: 3
Fabric Port: --
sfp is present
name is CISCO-AVAGO
part number is SFBR-7700SDZ
revision is B4
serial number is AGD11392258
nominal bitrate is 10300 MBits/sec
Link length supported for 50/125mm fiber is 82 m(s)
Link length supported for 62.5/125mm fiber is 26 m(s)
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show fex version

のバージョン情報を表示するには、 show fex version コマンドを使用します。ファブリック エクステンダ

show fex chassis_ID version

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダのバージョン情報を表示する例を示します。

switch# show fex 101 version
Software
Bootloader version: 0.2
System boot mode: primary
System image version: 4.2(1)N1(1) [build 4.2(1)N1(0.309)]
 
Hardware
Module: Fabric Extender 48x1GE + 4x10G Module
CPU: Motorola, e300c4
Serial number: JAF11223333
Bootflash: locked
 
Kernel uptime is 0 day(s), 3 hour(s), 53 minutes(s), 43 second(s)
 
Last reset at Wed Mar 31 06:28:41 2010
Reason: Kernel Reboot
Service: Reload new image
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show interface fex-fabric

すべてのファブリック エクステンダのファブリック インターフェイスを表示するには、 show interface fex-fabric コマンドを使用します。

show interface fex-fabric

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべてのファブリック エクステンダのファブリック インターフェイスを表示する例を示します。

switch# show interface fex-fabric
Fabric Fabric Fex FEX
Fex Port Port State Uplink Model Serial
---------------------------------------------------------------
105 Eth1/5 Active 5 N2K-C2232P-10GE JAF1331AKBM
105 Eth1/6 Active 6 N2K-C2232P-10GE JAF1331AKBM
105 Eth1/7 Active 8 N2K-C2232P-10GE JAF1331AKBM
105 Eth1/8 Active 7 N2K-C2232P-10GE JAF1331AKBM
102 Eth1/17 Active 1 N5K-C5110T-BF-1GE JAF1241BLHQ
102 Eth1/18 Configured 0
102 Eth1/19 Active 3 N5K-C5110T-BF-1GE JAF1241BLHQ
102 Eth1/20 Active 4 N5K-C5110T-BF-1GE JAF1241BLHQ
100 Eth3/3 Active 1 N5K-C5110T-BF-1GE JAF1237ABSE
100 Eth3/4 Active 2 N5K-C5110T-BF-1GE JAF1237ABSE
101 Eth3/5 Active 1 N2K-C2248TP-1GE JAF11223333
101 Eth3/6 Active 2 N2K-C2248TP-1GE JAF11223333
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show interface fex-intf

ファブリック インターフェイスにピン接続されているホスト インターフェイスを表示するには、 show interface fex-intf コマンドを使用します。

show interface interface fex-intf

 
構文の説明

interface

イーサネットまたは EtherChannel インターフェイス。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、親スイッチ上でイーサネット ファブリック インターフェイスにピン接続されているホスト インターフェイスを表示する例を示します。

switch# show interface ethernet 1/1 fex-intf
 

次に、親スイッチ上で EtherChannel ファブリック インターフェイスにピン接続されているホスト インターフェイスを表示する例を示します。

switch# show interface port-channel 1 fex-intf
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show interface transceiver fex-fabric

ファブリック インターフェイスに接続されているすべてのトランシーバに関する情報を表示するには、 show interface transceiver fex-fabric コマンドを使用します。

show interface transceiver fex-fabric [ calibration | detail ]

 
構文の説明

calibration

(任意)トランシーバに関する詳細な較正情報を表示します。

detail

(任意)トランシーバに関する詳細な診断情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック インターフェイスに接続されているすべてのトランシーバに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface transceiver fex-fabric
Ethernet1/5
sfp is present
name is CISCO-MOLEX INC
part number is 74752-9025
revision is A
serial number is MOC12302468
nominal bitrate is 12000 MBits/sec
Link length supported for 50/125mm fiber is 0 m(s)
Link length supported for 62.5/125mm fiber is 0 m(s)
cisco id is --
cisco extended id number is 4
 
Ethernet1/6
sfp is present
name is CISCO-MOLEX INC
part number is 74752-9025
revision is A
serial number is MOC12260214
nominal bitrate is 12000 MBits/sec
Link length supported for 50/125mm fiber is 0 m(s)
Link length supported for 62.5/125mm fiber is 0 m(s)
cisco id is --
cisco extended id number is 4
 
Ethernet1/7
sfp is present
name is CISCO-MOLEX INC
part number is 74752-9025
revision is A
serial number is MOC12301888
nominal bitrate is 12000 MBits/sec
Link length supported for 50/125mm fiber is 0 m(s)
Link length supported for 62.5/125mm fiber is 0 m(s)
cisco id is --
cisco extended id number is 4
 
Ethernet1/8
sfp is present
name is CISCO-MOLEX INC
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show inventory fex

名前、説明、およびボリューム ID などの、ファブリック エクステンダの物理インベントリを表示するには、 show inventory fex コマンドを使用します。

show inventory fex chassis_ID

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、特定のファブリック エクステンダ シャーシの物理インベントリを表示する例を示します。

switch# show inventory fex 100
NAME: "FEX 100 CHASSIS", DESCR: "N5K-C5110T-BF-1GE CHASSIS"
PID: N5K-C5110T-BF-1GE , VID: V01 , SN: JAF1237ABSE
 
NAME: "FEX 100 Module 1", DESCR: "Fabric Extender Module: 48x1GE, 4X10GE Supervi
sor"
PID: N5K-C5110T-BF-1GE , VID: V00 , SN: JAF1237ABSE
 
NAME: "FEX 100 Fan 1", DESCR: "Fabric Extender Fan module"
PID: N2K-C2148-FAN , VID: N/A , SN: N/A
 
NAME: "FEX 100 Power Supply 1", DESCR: "Fabric Extender AC power supply"
PID: N5K-PAC-200W , VID: 00V0, SN: PAC12473L17
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show locator-led

ファブリック エクステンダ内のロケータ LED のステータスを表示するには、 show locator-led コマンドを使用します。

show locator-led status

 
構文の説明

status

ファブリック エクステンダ モジュール内のロケータ LED のステータスを表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ファブリック エクステンダのロケータ LED を点灯/消灯するには、 locator-led コマンドを使用します。

次に、ロケータ LED を点灯または消灯に設定したモジュールを表示する例を示します。

switch# show locator-led status
Component Locator LED Status
-----------------------------------
FEX 100 off
FEX 101 off
FEX 102 off
FEX 103 off
FEX 105 off
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

locator-led

ファブリック エクステンダ シャーシのロケータ LED を点灯します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show module fex

ファブリック エクステンダのモジュール情報を表示するには、 show module fex コマンドを使用します。

show module fex [ all | chassis_ID ]

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

all

すべてのファブリック エクステンダ モジュールに関する情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダのモジュール情報を表示する例を示します。

switch# show module fex all
FEX Mod Ports Card Type Model Status.
--- --- ----- ---------------------------------- ------------------ -----------
100 1 48 Fabric Extender 48x1GE Module N5K-C5110T-BF-1GE present
101 1 48 Fabric Extender 48x1GE + 4x10G Mod N2K-C2248TP-1GE present
102 1 48 Fabric Extender 48x1GE Module N5K-C5110T-BF-1GE present
105 1 32 Fabric Extender 32x10GE + 8x10G Mo N2K-C2232P-10GE present
 
FEX Mod Sw Hw World-Wide-Name(s) (WWN)
--- --- -------------- ------ -----------------------------------------------
100 1 4.2(1)N1(1) 0.0 --
101 1 4.2(1)N1(1) 0.103 --
102 1 4.2(1)N1(1) 0.2 --
105 1 4.2(1)N1(1) 1.0 --
 
FEX Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- --- -------------------------------------- ----------
100 1 000d.ecb1.1300 to 000d.ecb1.132f JAF1237ABSE
101 1 0022.bdd1.3cc0 to 0022.bdd1.3cef JAF11223333
102 1 000d.ecb1.25c0 to 000d.ecb1.25ef JAF1241BLHQ
105 1 000d.ecca.6f40 to 000d.ecca.6f5f JAF1331AKBM
switch#
 

このコマンドは、特定のファブリック エクステンダのモジュール情報を表示する方法を示します。

switch# show module fex 100
FEX Mod Ports Card Type Model Status.
--- --- ----- ---------------------------------- ------------------ -----------
100 1 48 Fabric Extender 48x1GE Module N5K-C5110T-BF-1GE present
 
FEX Mod Sw Hw World-Wide-Name(s) (WWN)
--- --- -------------- ------ -----------------------------------------------
100 1 4.2(1)N1(1) 0.0 --
 
FEX Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- --- -------------------------------------- ----------
100 1 000d.ecb1.1300 to 000d.ecb1.132f JAF1237ABSE
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show queuing interface

インターフェイスのキューイング情報を表示するには、 show queuing interface コマンドを使用します。

show queuing interface [ ethernet slot-chassis-no / port-slot-no / port-no ]

 
構文の説明

ethernet

(任意)イーサネット インターフェイスまたはファブリック エクステンダに表示されるキューイング情報を指定します。

slot-chassis-no

イーサネット インターフェイスのスロット番号、またはファブリック エクステンダのシャーシ ID です。範囲は 1 ~ 255 です。

port-slot-no

イーサネット インターフェイスのポート番号、または ファブリック エクステンダのリモート スロット ID です。範囲は 1 ~ 128 です。

port-no

ファブリック エクステンダのポート番号です。有効な範囲は 1 ~ 48 です。

 
コマンド デフォルト

すべてのインターフェイスのキューイング情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、Cisco NX-OS 4.2(1)N2(1) を実行するスイッチにおける指定したインターフェイスのキューイング情報(バッファしきい値、キュー制限値など)を表示する例を示します。

switch# show queuing interface eth101/1/1
Ethernet101/1/1 queuing information:
Input buffer allocation:
Qos-group: 0 3 4 (shared)
frh: 3
drop-type: drop
cos: 0 2 3 4 6 7
xon xoff buffer-size
---------+---------+-----------
11520 21760 44800
 
Qos-group: 2
frh: 2
drop-type: no-drop
cos: 1 5
xon xoff buffer-size
---------+---------+-----------
12800 23040 46080
 
Queueing:
queue qos-group cos priority bandwidth mtu
--------+------------+--------------+---------+---------+----
3 0 3 4 0 2 3 4 6 WRR 99 9280
2 2 1 5 WRR 1 9280
 
Buffer threshold: 163840 bytes
Queue limit: 327680 bytes
 
Queue Statistics:
queue rx
------+---------------
3 38557
2 0
 
Port Statistics:
tx queue drop
---------------
26374
 
Priority-flow-control enabled: no
Flow-control status:
cos qos-group rx pause tx pause masked rx pause
-------+-----------+---------+---------+---------------
0 0 xon xon xon
1 2 xon xon xon
2 3 xon xon xon
3 0 xon xon xon
4 3 xon xon xon
5 2 xon xon xon
6 0 xon xon xon
7 n/a xon xon xon
switch#
 

次に、Cisco NX-OS 5.0(2)N2(1) を実行するスイッチにおける指定したインターフェイスのキューイング情報(バッファしきい値、キュー制限値など)を表示する例を示します。

switch# show queuing interface ethernet 1/4
Interface Ethernet1/4 TX Queuing
qos-group sched-type oper-bandwidth
0 WRR 50
1 WRR 50
5 priority 0
 
Interface Ethernet1/4 RX Queuing
qos-group 0:
q-size: 102400, MTU: 1538
drop-type: drop, xon: 0, xoff: 640
Statistics:
Pkts received over the port : 1
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 1
Ucast pkts received from the cross-bar : 1577841
Pkts sent to the port : 1577841
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)
 
qos-group 1:
q-size: 76800, MTU: 2240
drop-type: no-drop, xon: 128, xoff: 240
Statistics:
Pkts received over the port : 0
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 0
Ucast pkts received from the cross-bar : 0
Pkts sent to the port : 0
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)
 
qos-group 5:
q-size: 122880, MTU: 1538
drop-type: drop, xon: 0, xoff: 768
Statistics:
Pkts received over the port : 0
Ucast pkts sent to the cross-bar : 0
Mcast pkts sent to the cross-bar : 0
Ucast pkts received from the cross-bar : 0
Pkts sent to the port : 1
Pkts discarded on ingress : 0
Per-priority-pause status : Rx (Inactive), Tx (Inactive)
switch#
 

表 4-1 に、この出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表 4-1 show queuing interface フィールドの説明

フィールド
説明

Ethernet ...

イーサネット インターフェイス情報。

qoS-group

スイッチに設定されている QoS グループの情報。

sched-type

スケジュールのタイプ。

WRR

Weighted Round Robin(WRR; 重み付けラウンドロビン)。スケジューリングのキューの重み付け。

Priority

キューのプライオリティ。

q-size

キュー サイズ。

drop-type

キューのドロップ タイプ。drop も no-drop も可能。

MTU

キューの Maximum Transmit Unit(MTU)。

Xon

このしきい値で伝送をオンにします。

Xoff

このしきい値で伝送をオフにします。

Buffer threshold

インターフェイスのバッファしきい値。

Queue limit

インターフェイスのキュー制限値。

 
関連コマンド

コマンド
説明

hardware buffer-threshold

ハードウェア バッファしきい値を設定します。

hardware queue-limit

ハードウェア キュー制限を設定します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show running-config fex

ファブリック エクステンダ(FEX)の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config fex コマンドを使用します。

show running-config fex [ all ]

 
構文の説明

all

(任意)デフォルト設定も含めた FEX 情報を表示します。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、バッファしきい値およびキュー制限を含めた、実行 FEX コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show running-config fex
 
!Command: show running-config fex
!Time: Mon Jul 19 07:56:21 2010
 
version 4.2(1)N2(1)
feature fex
 
fex 100
pinning max-links 1
description "RedwoodFex100"
fex 101
pinning max-links 1
description "FEX0101"
fex 150
pinning max-links 1
description "PortolaFex150"
fex 151
pinning max-links 1
description "PortolaFex151"
fex 160
pinning max-links 1
description "FEX0160"
fex 198
hardware N2232P queue-limit 50000
pinning max-links 1
description "WoodsideFex198"
fex 199
hardware N2232P queue-limit 20000
no hardware N2248T queue-limit
hardware N2148T buffer-threshold 163840
pinning max-links 1
description "WoodsideFex199"
 
interface port-channel100
fex associate 100
 
interface port-channel150
--More--
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

hardware buffer-threshold

ハードウェア バッファしきい値を設定します。

hardware queue-limit

ハードウェア キュー制限を設定します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show sprom fex

Serial PROM(SPROM; シリアル PROM)に関する情報を表示するには、 show sprom fex コマンドを使用します。

show sprom fex { all | chassis_ID { all | backplane | powersupply module_no }}

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

all

特定のファブリック エクステンダのすべての SPROM の内容を表示します。

backplane

特定のファブリック エクステンダのバックプレーン SPROM の内容を表示します。

powersupply

特定のファブリック エクステンダの電源 SPROM の内容を表示します。

module_no

特定のファブリック エクステンダの電源モジュールの番号。範囲は 1 ~ 2 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、特定のファブリック エクステンダのすべての SPROM の内容を表示する例を示します。

switch# show sprom fex 100 all
DISPLAY FEX 100 SUP sprom contents
Common block:
Block Signature : 0xabab
Block Version : 3
Block Length : 160
Block Checksum : 0x18c9
EEPROM Size : 65535
Block Count : 3
FRU Major Type : 0x6003
FRU Minor Type : 0x0
OEM String : Cisco Systems, Inc.
Product Number : N5K-C5110T-BF-1GE
Serial Number : JAF1237ABSE
Part Number : 73-12009-02
Part Revision : 00
Mfg Deviation : 0
H/W Version : 0.0
Mfg Bits : 0
Engineer Use : 0
snmpOID : 9.12.3.1.9.72.5.0
Power Consump : -200
RMA Code : 0-0-0-0
CLEI Code : 00000000000
VID : V00
Supervisor Module specific block:
Block Signature : 0x6002
Block Version : 2
Block Length : 103
Block Checksum : 0x2648
Feature Bits : 0x0
HW Changes Bits : 0x2
Card Index : 11011
MAC Addresses : 00-00-00-00-00-00
Number of MACs : 0
Number of EPLD : 0
Port Type-Num : 2-52
Sensor #1 : 85,75
Sensor #2 : 100,90
Sensor #3 : 100,90
Sensor #4 : 100,90
Sensor #5 : 100,90
Sensor #6 : 100,90
Sensor #7 : 100,90
Sensor #8 : 100,90
Max Connector Power: 1000
Cooling Requirement: 300
Ambient Temperature: 40
 
DISPLAY FEX 100 backplane sprom contents:
Common block:
Block Signature : 0xabab
Block Version : 3
Block Length : 160
Block Checksum : 0x195d
EEPROM Size : 65535
Block Count : 5
FRU Major Type : 0x6001
FRU Minor Type : 0x0
OEM String : Cisco Systems, Inc.
Product Number : N5K-C5110T-BF-1GE
Serial Number : JAF1237ABSE
Part Number : 73-12009-02
Part Revision : 00
Mfg Deviation : 0
H/W Version : 0.0
Mfg Bits : 0
Engineer Use : 0
snmpOID : 9.12.3.1.3.719.0.0
Power Consump : -800
RMA Code : 0-0-0-0
CLEI Code : 00000000
VID : V01
Chassis specific block:
Block Signature : 0x6001
Block Version : 3
Block Length : 39
Block Checksum : 0x28a
Feature Bits : 0x0
HW Changes Bits : 0x2
Stackmib OID : 0
MAC Addresses : 00-0d-ec-b1-13-00
Number of MACs : 64
OEM Enterprise : 0
OEM MIB Offset : 0
MAX Connector Power: 0
WWN software-module specific block:
Block Signature : 0x6005
Block Version : 1
Block Length : 0
Block Checksum : 0x66
wwn usage bits:
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00
License software-module specific block:
Block Signature : 0x6006
Block Version : 1
Block Length : 16
Block Checksum : 0x77
lic usage bits:
00 00 00 00 00 00 00 00
 
DISPLAY FEX 100 power-supply 1 sprom contents:
Common block:
Block Signature : 0xabab
Block Version : 3
Block Length : 124
Block Checksum : 0x15fc
EEPROM Size : 124
Block Count : 1
FRU Major Type : 0xab01
FRU Minor Type : 0x1
OEM String : Cisco Systems, Inc.
Product Number : N5K-PAC-200W
Serial Number : PAC12473L17
Part Number : 341-0335-01
Part Revision : 01
CLEI Code : COUPADSBAA
VID : 00V0
snmpOID : 0.0.0.0.0.0.0.0
H/W Version : 0.1
Current : 1667
RMA Code : 0-0-0-0
switch#
 

このコマンドは、特定のファブリック エクステンダの電源 SPROM の内容を表示する方法を示します。

switch# show sprom fex 100 powersupply 1
DISPLAY FEX 100 power-supply 1 sprom contents:
Common block:
Block Signature : 0xabab
Block Version : 3
Block Length : 124
Block Checksum : 0x15fc
EEPROM Size : 124
Block Count : 1
FRU Major Type : 0xab01
FRU Minor Type : 0x1
OEM String : Cisco Systems, Inc.
Product Number : N5K-PAC-200W
Serial Number : PAC12473L17
Part Number : 341-0335-01
Part Revision : 01
CLEI Code : COUPADSBAA
VID : 00V0
snmpOID : 0.0.0.0.0.0.0.0
H/W Version : 0.1
Current : 1667
RMA Code : 0-0-0-0
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show system reset-reason fex

ファブリック エクステンダを最後にリセットした際の理由を表示するには、 show system reset-reason fex コマンドを使用します。

show system reset-reason fex chassis_ID

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、特定のファブリック エクステンダを最後にリセットした際の理由を表示する例を示します。

switch# show system reset-reason fex 100
----- reset reason for FEX 100 ---
 
1) At 430815 usecs after Fri Apr 16 04:27:04 2010
Reset Reason: Reset Requested by CLI command reload (9)
Service (Additional Info): Reload requested by supervisor
Image Version: 4.2(1)N1(1)
 
2) At 505550 usecs after Fri Apr 16 03:39:50 2010
Reset Reason: Reset due to upgrade (88)
Service (Additional Info): Reset due to upgrade
Image Version: 4.2(1u)N1(1u)
 
3) At 607267 usecs after Fri Apr 16 02:50:10 2010
Reset Reason: Reset due to upgrade (88)
Service (Additional Info): Reset due to upgrade
Image Version: 4.2(1)N1(1)
 
4) At 857790 usecs after Fri Apr 16 02:00:22 2010
Reset Reason: Reset due to upgrade (88)
Service (Additional Info): Reset due to upgrade
Image Version: 4.2(1u)N1(1u)
 
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

show version fex

ファブリック エクステンダに関するソフトウェア バージョン情報を表示するには、 show version fex コマンドを使用します。

show version fex chassis_ID

 
構文の説明

chassis_ID

ファブリック エクステンダ シャーシ ID。シャーシ ID の範囲は 100 ~ 199 です。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダのソフトウェア バージョンを表示する例を示します。

switch# show version fex 100
Software
Bootloader version: 1.12
System boot mode: primary
System image version: 4.2(1)N2(1) [build 4.2(1)N2(1)]
 
Hardware
Module: Fabric Extender 48x1GE Module
CPU: Motorola, e300c1
Serial number: JAF1302ABDP
Bootflash: locked
 
Kernel uptime is 0 day(s), 9 hour(s), 9 minutes(s), 16 second(s)
 
Last reset at Fri Jul 02 04:27:04 2010
Reason: Reset Requested by CLI command reload
Service: Reload requested by supervisor
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

switchport mode fex-fabric

ファブリック エクステンダのアップリンク ポートになるインターフェイス タイプを設定するには、 switchport mode fex-fabric コマンドを使用します。

switchport mode fex-fabric

no switchport mode fex-fabric

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(1a)N2(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ファブリック エクステンダのアップリンク ポートになるようにイーサネット インターフェイスを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/40
switch(config-if)# switchport mode fex-fabric
 

次に、ファブリック エクステンダのアップリンク ポートになるように EtherChannel インターフェイスを設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface port-channel 4
switch(config-if)# switchport mode fex-fabric
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex associate

ファブリック エクステンダをイーサネットまたは EtherChannel インターフェイスに関連付けます。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みのファブリック エクステンダ シャーシを表示します。

type

ファブリック エクステンダ カード タイプを特定のカードに設定するには、 type コマンドを使用します。デフォルトの FEX カードに戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

type fex_card_type

no type

 
構文の説明

fex_card_type

ファブリック エクステンダのカード タイプ。次のファブリック エクステンダ カード タイプがサポートされています。

N2148T :Fabric Extender 48x1G 4x10G SFP+ モジュール

N2224TP :Fabric Extender 24x1G 2x10G SFP+ モジュール

N2232P :Fabric Extender 32x10G SFP+ 8x10G SFP+ モジュール

N2232TM :Fabric Extender 32x10GBase-T 8x10G SFP+ モジュール

N2248T :Fabric Extender 48x1G 4x10G SFP+ モジュール

 
コマンド デフォルト

なし

 
コマンド モード

ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Cisco NX-OS Release 4.2(1)N2(1) で動作している Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、次の Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender がサポートされています。

Cisco Nexus 2148T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus N2224TP Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 2 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、24 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。また、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)は、サポートしません。

Cisco Nexus 2232P Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 32 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2248T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco NX-OS Release 5.0(3)N2(1) を実行する Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチでは、次の Cisco Nexus 2000 シリーズ Fabric Extender がサポートされています。

Cisco Nexus 2148T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus N2224TP Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 2 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、24 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。また、Fibre Channel over Ethernet(FCoE)は、サポートしません。

Cisco Nexus 2232P Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、Small Form-Factor Pluggable(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に、SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 32 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2232TM Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に小型フォーム ファクタ(SFP+)インターフェイス アダプタ付きの 8 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへのダウンリンク接続用に 32 個の 10 ギガビット BASE-T イーサネット ファブリック インターフェイスを備えています。

Cisco Nexus 2248T Fabric Extender:親の Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチへのアップリンク接続用に、 SFP+ インターフェイス アダプタ付きの 4 個の 10 ギガビット イーサネット ファブリック インターフェイスを備え、サーバまたはホストへの ダウンリンク接続用に、48 個の 1000BASE-T(1 ギガビット)イーサネット ホスト インターフェイスを備えています。

次に、ファブリック エクステンダ カードを設定する例を示します。

switch(config)# fex 100
switch(config-fex)# type N2148T
switch(config-fex)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fex

ファブリック エクステンダを作成し、ファブリック エクステンダ コンフィギュレーション モードを開始します。

show fex

スイッチに接続されている、すべての設定済みファブリック エクステンダ シャーシを表示します。