Cisco Nexus 5000 シリーズ コマンド リファレンス
Vpc コマンド
Vpc コマンド
発行日;2012/02/07 | 英語版ドキュメント(2011/04/26 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Vpc コマンド

show running-config interface

show running-config vpc

show startup-config interface

show startup-config vpc

show vpc brief

show vpc consistency-parameters

show vpc orphan-ports

show vpc peer-keepalive

show vpc role

show vpc statistics

Vpc コマンド

この章では、Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチで使用できる Cisco NX-OS Vpc コマンドについて説明します。

show running-config interface

特定のポート チャネルの実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config interface port-channel コマンドを使用します。

show running-config interface [ all | { ethernet { slot/port } [ all ]} | expand-port-profile | { loopback { number } [ all ]} | { mgmt0 [ all ]} | { port-channel { channel-number } [ membership ]} | { tunnel { number } [ all ]} | { vlan { vlan-id } [ all ]}

 
シンタックスの説明

all

デフォルトのものも含めて設定を表示します。

ethernet slot/port

モジュールの番号およびポート番号

expand-port-profile

ポート プロファイルを表示します。

loopback number

ループバック インターフェイスの番号。有効な値の範囲は、1 ~ 4096 です。

port-channel channel-number

ポートチャネル グループの番号。有効な値の範囲は、0 ~ 1023 です。

membership

指定したポート チャネルのメンバシップ

tunnel number

トンネル インターフェイスの番号。有効な値の範囲は、0 ~ 65535 です。

vlan vlan-id

VLAN の番号。有効な値の範囲は、1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ポート チャネル 10 の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch(config)# show running-config interface port-channel 10
version 4.0(1)
 
interface port-channel10
switchport
switchport mode trunk
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config

デバイスの実行コンフィギュレーションを表示します。

show running-config vpc

Virtual Port Channel(vPC)の実行コンフィギュレーション情報を表示するには、 show running-config vpc コマンドを使用します。

show running-config vpc [ all ]

 
シンタックスの説明

all

(任意)vPC の実行コンフィギュレーションをデフォルトのものも含めて表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、vPC の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch (config)# show running-config vpc
version 4.1(2)
feature vpc
vpc domain 2
role priority 1
system-priority 32667
peer-keepalive destination 10.10.76.52 source 10.10.76.51 udp-port 3200 vrf ma
engagement interval 1000 timeout 5
 
 
interface port-channel10
vpc 20
 
interface port-channel101
vpc 101
 
interface port-channel200
vpc peer-link
 
interface port-channel201
vpc 201
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vpc brief

vPC に関する情報を表示します。機能がイネーブルになっていなければ、このコマンドはエラーを返します。

show startup-config interface

スタートアップコンフィギュレーション内のインターフェイス設定情報を表示するには、 show startup-config interface コマンドを使用します。

show startup-config interface [ ethernet slot/port | expand-port-profile | loopback number | mgmt0 | port-channel { channel-number } [ membership ] | tunnel number | { vlan vlan-id }

 
シンタックスの説明

ethernet slot/port

モジュールの番号およびポート番号

expand-port-profile

ポート プロファイルを表示します。

loopback number

ループバック インターフェイスの番号。有効な値の範囲は、1 ~ 4096 です。

port-channel channel-number

ポートチャネル グループの番号。有効な値の範囲は、0 ~ 1023 です。

membership

指定したポート チャネルのメンバシップ

tunnel number

トンネル インターフェイスの番号。有効な値の範囲は、0 ~ 65535 です。

vlan vlan-id

VLAN の番号。有効な値の範囲は、1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイス イーサネット 7/1 についてスタートアップ コンフィギュレーション内の情報を表示する例を示します。

switch(config)# show startup-config interface ethernet 7/1
version 4.1(2)
 
interface Ethernet7/1
ip pim sparse-mode
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface

指定したインターフェイスに関する情報を表示します。

show startup-config vpc

スタートアップコンフィギュレーション内の Virtual Port-Channel(vPC)設定情報を表示するには、 show startup-config vpc コマンドを使用します。

show startup-config vpc [ all ]

 
シンタックスの説明

all

(任意)すべての vPC のスタートアップコンフィギュレーション情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、スタートアップ コンフィギュレーション内の vPC 情報を表示する例を示します。

switch(config)# show startup-config vpc
version 4.1(2)
feature vpc
vpc domain 1
 
 
interface port-channel10
vpc peer-link
 
interface port-channel20
vpc 100
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vpc brief

vPC に関する情報を表示します。機能がイネーブルになっていなければ、このコマンドを入力したときにエラーが表示されます。

show vpc brief

Virtual Port Channel(vPC)に関する要約情報を表示するには、 show vpc brief コマンドを使用します。

show vpc brief [ vpc number ]

 
シンタックスの説明

vpc number

(任意)指定した vPC に関する要約情報を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vpc brief コマンドを使用すると、vPC ドメイン ID、ピアリンク ステータス、キープアライブ メッセージ ステータス、設定の整合性チェックに成功したかどうか、ピアリンクが形成されたかどうかが表示されます。

このコマンドは、vPC 機能をイネーブルにしていなければ使用できません。vPC をイネーブルにする方法については、「 feature vpc 」を参照してください。

vpc ドメイン コンフィギュレーション モードにおいて単一モジュール上で vPC を稼動するための追跡オブジェクトを設定している場合、追跡オブジェクトを表示できます。このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、vPC に関する要約情報を表示する例を示します。

switch(config)# show vpc brief
 
Legend:
(*) - local vpc is down, forwarding via vPC peer-link
 
vPC domain id : 10
Peer status : peer adjacency formed ok
vPC keep-alive status : peer is alive
Configuration consistency status: success
vPC role : primary
Number of vPC configured : 1
 
vPC Peer-link status
---------------------------------------------------------------------
id Port Status Active vlans
-- ---- ------ --------------------------------------------------
1 Po10 up 1-100
 
vPC status
----------------------------------------------------------------------
id Port Status Consistency Reason Active vlans
-- ---- ------ ----------- -------------------------- ------------
20 Po20 up success success 1-100
 

 

次も、vPC に関する要約情報を表示する例を示します。この例では、ポート チャネルで整合性チェックに失敗しており、失敗の理由が表示されています。

switch(config)# show vpc brief
 
Legend:
(*) - local vpc is down, forwarding via vPC peer-link
 
vPC domain id : 10
Peer status : peer adjacency formed ok
vPC keep-alive status : peer is alive
Configuration consistency status: failed
Configuration consistency reason: vPC type-1 configuration incompatible - STP interface port type inconsistent
vPC role : secondary
Number of vPC configured : 1
 
vPC Peer-link status
---------------------------------------------------------------------
id Port Status Active vlans
-- ---- ------ --------------------------------------------------
1 Po10 up 1-100
 
vPC status
----------------------------------------------------------------------
id Port Status Consistency Reason Active vlans
-- ---- ------ ----------- -------------------------- ------------
20 Po20 up failed vPC type-1 configuration -
incompatible - STP
interface port type
inconsistent
 

 

次も、vPC に関する要約情報を表示する例であり、追跡オブジェクトに関する情報が表示されています。

switch(config)# show vpc brief
 
Legend:
(*) - local vpc is down, forwarding via vPC peer-link
 
vPC domain id : 1
Peer status : peer adjacency formed ok
vPC keep-alive status : peer is alive
Configuration consistency status: success
vPC role : secondary
Number of vPC configured : 3
Track object : 12
 
 
vPC Peer-link status
---------------------------------------------------------------------
id Port Status Active vlans
-- ---- ------ --------------------------------------------------
1 Po10 up 1-100
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vpc

デバイス上で vPC をイネーブルにします。

show port channel summary

ポート チャネルに関する情報を表示します。

show vpc consistency-parameters

Virtual Port Channel(vPC)インターフェイスの間で適合していなければならないパラメータの整合性を表示するには、 show vpc consistency-parameters コマンドを使用します。

show vpc consistency-parameters { global | interface port-channel channel-number | vpc number }}

 
シンタックスの説明

global

(任意)vPC ピア リンクの両側でのすべての タイプ 1 グローバル パラメータの設定を表示します。

interface port-channel channel- number

(任意)vPC ピア リンクの両側でのすべての タイプ 1 インターフェイス パラメータの設定を表示します。

vpc number

(任意)指定した vPC の vPC ピア リンクの両側でのすべての タイプ 1 インターフェイス パラメータの設定を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vpc consistency-parameters コマンドを使用すると、vPC ピア リンクの両側でのすべての vPC タイプ 1 パラメータの設定が表示されます。


) すべてのタイプ 1 設定は、vPC ピア リンクの両側でまったく同じでなければなりません。そうでなければ、リンクはアップになりません。


vPC タイプ 1 設定パラメータは次のとおりです。

ポートチャネル モード:オン、オフ、またはアクティブ

チャネル単位のリンク速度

チャネル単位のデュプレックス モード

チャネル単位のトランク モード

ネイティブ VLAN

トランク上で許可される VLAN

ネイティブ VLAN トラフィックのタギング

Spanning Tree Protocol(STP; スパニング ツリー プロトコル)モード

Multiple Spanning Tree 用の STP リージョン コンフィギュレーション

VLAN 単位で同じイネーブル/ディセーブル状態

STP グローバル設定

ブリッジ保証設定

ポート タイプ設定(すべての vPC ピア リンク ポートをネットワーク ポートとして設定することを推奨)

ループ ガード設定

STP インターフェイス設定:

ポート タイプ設定

ループ ガード

ルート ガード

Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)

許可 VLAN ビット セット

このコマンドは、vPC 機能をイネーブルにしていなければ使用できません。vPC をイネーブルにする方法については、「 feature vpc 」を参照してください。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、指定したポート チャネルの vPC 整合性パラメータを表示する例を示します。

switch (config)# show vpc consistency-parameters global
 
Legend:
Type 1 : vPC will be suspended in case of mismatch
 
Name Type Local Value Peer Value
------------- ---- ------------------------ --------------------------
STP Mode 1 Rapid-PVST Rapid-PVST
STP Disabled 1 None None
STP MST 1 "" ""
Region Name
STP MST 1 0 0
Region
Revision
STP MST 1
Region
Instance to
VLAN Mapping
STP Loopguard 1 Disabled Disabled
STP Bridge 1 Enabled Enabled
Assurance
STP Port Type 1 Normal Normal
Allowed VLAN - 1-100 1-100
Local suspended - 1-50 -
VLANs

 

次に、指定したポート チャネルの vPC 整合性パラメータを表示する例を示します。

switch (config)# show vpc consistency-parameters interface port-channel 20
 
Legend:
Type 1 : vPC will be suspended in case of mismatch
 
Name Type Local Value Peer Value
------------- ---- ------------------------ --------------------------
STP Port Type 1 Default Default
STP Port 1 None None
Guard
mode 1 on on
Speed 1 10 Gb/s 10 Gb/s
Duplex 1 full full
Port Mode 1 trunk trunk
Native Vlan 1 1 1
MTU 1 1500 1500
Allowed VLAN - 1-100 1-100
bitset
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vpc brief

vPC に関する情報を表示します。機能がイネーブルになっていなければ、このコマンドを入力したときにエラーが表示されます。

show port channel summary

ポート チャネルに関する情報を表示します。

show vpc orphan-por ts

VLAN を共有しているが、Virtual Port Channel(vPC)に含まれていないポートを表示するには、 show vpc orphan-ports コマンドを使用します。

show vpc orphan-ports

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vpc orphan-ports コマンドを使用すると、vPC に含まれるポートと VLAN を共有しているが、その vPC に含まれていないポートが表示されます。

このコマンドは、vPC 機能をイネーブルにしていなければ使用できません。vPC をイネーブルにする方法については、「 feature vpc 」を参照してください。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、孤立している vPC ポートを表示する例を示します。

switch(config)# show vpc orphan ports
 
Note:
--------::Going through port database. Please be patient.::--------
 
VLAN Orphan Ports
------- -------------------------
1 Po600
2 Po600
3 Po600
4 Po600
5 Po600
6 Po600
7 Po600
8 Po600
9 Po600
10 Po600
11 Po600
12 Po600
13 Po600
14 Po600
15 Po600
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature vpc

デバイス上で vPC をイネーブルにします。

show vpc brief

vPC に関する要約情報を表示します。

show vpc peer-keepalive

Virtual Port-Channel(vPC)ピア キープアライブ メッセージの宛先 IP およびメッセージのステータスを表示するには、 show vpc peer-keepalive コマンドを使用します。

show vpc peer-keepalive

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vpc peer-keepalive コマンドを使用すると、vPC のピア キープアライブ メッセージの宛先 IP が表示されます。また、このコマンドにより、送受信のステータス、およびピアから最後のアップデートを受けてからの秒数およびミリ秒数も表示されます。


) ピア デバイス上で独立した VRF を作成して、vPC ピア キープアライブ メッセージの送受信を行うことを推奨します。vPC ピアキープアライブ メッセージの送信にピア リンク自体を使用しないでください。


このコマンドは、vPC 機能をイネーブルにしていなければ使用できません。vPC をイネーブルにする方法については、「 feature vpc 」を参照してください。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ピアキープアライブ メッセージに関する情報を表示する例を示します。

n7k-2(config-vpc-domain)# show vpc peer-keepalive
 
vPC keep-alive status : peer is alive
--Send status : Success
--Last send at : 2008.05.17 18:23:53 986 ms
--Sent on interface : Eth7/16
--Receive status : Success
--Last receive at : 2008.05.17 18:23:54 99 ms
--Received on interface : Eth7/16
--Last update from peer : (0) seconds, (486) msec
 
vPC Keep-alive parameters
--Destination : 172.23.145.213
--Keepalive interval : 1000 msec
--Keepalive timeout : 5 seconds
--Keepalive hold timeout : 3 seconds
--Keepalive vrf : pkal
--Keepalive udp port : 3200
--Keepalive tos : 192
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vpc brief

vPC に関する情報を表示します。機能がイネーブルになっていなければ、このコマンドを入力したときにエラーが表示されます。

show vpc role

ピア デバイスの Virtual Port-Channel(vPC)ロールに関する情報を表示するには、 show vpc role コマンドを使用します。

show vpc role

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

show vpc role コマンドを使用すると、vPC ステータスに関する次の情報が表示されます。

ピア隣接関係のステータス

使用中の VDC の vPC ロール

vPC MAC アドレス

vPC システム プライオリティ

使用中のデバイスの MAC アドレス

使用中のデバイスのシステム プライオリティ

このコマンドは、vPC 機能をイネーブルにしていなければ使用できません。vPC をイネーブルにする方法については、「 feature vpc 」を参照してください。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、使用中のデバイスの vPC ロール情報を表示する例を示します。

switch (config)# show vpc role
 
Primary:
 
vPC Role status
----------------------------------------------------
vPC role : primary
Dual Active Detection Status : 0
vPC system-mac : 00:23:04:ee:be:01
vPC system-priority : 32667
vPC local system-mac : 00:22:55:79:ea:c1
vPC local role-priority : 32667
 
 
Secondary:
 
vPC Role status
----------------------------------------------------
vPC role : secondary
Dual Active Detection Status : 0
vPC system-mac : 00:23:04:ee:be:01
vPC system-priority : 32667
vPC local system-mac : 00:22:55:79:de:41
vPC local role-priority : 32667
 

プライマリ vPC ピア デバイスをリロードするとき、セカンダリ vPC ピア デバイスがプライマリ デバイスのロールを引き受けます。そのときに新しいプライマリ デバイス上で表示される vPC ロールの例を次に示します。

switch (config)# show vpc role
 
vPC Role status
----------------------------------------------------
vPC role : secondary, operational primary
Dual Active Detection Status : 0
vPC system-mac : 00:23:04:ee:be:64
vPC system-priority : 32667
vPC local system-mac : 00:22:55:79:de:41
vPC local role-priority : 32667
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vpc brief

vPC に関する情報を表示します。機能がイネーブルになっていなければ、このコマンドを入力したときにエラーが表示されます。

show port channel summary

ポート チャネルに関する情報を表示します。

show vpc statistics

Virtual Port-Channel(vPC)統計情報を表示するには、 show vpc statistics コマンドを使用します。

show vpc statistics { peer-keepalive | peer-link | vpc number }

 
シンタックスの説明

peer-keepalive

ピアキープアライブ メッセージに関する統計情報を表示します。

peer-link

ピア リンクに関する統計情報を表示します。

vpc number

指定した vPC に関する統計情報を表示します。指定できる範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
コマンドの履歴

リリース
変更内容

4.1(3)N1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

peer-link パラメータを使用すると、vPC ピアリンク ポート チャネルに対する show interface port-channel channel number コマンドと同じ情報が表示されます。

vpc number パラメータを使用すると、指定した vPC ポート チャネルに対する show interface port-channel channel number コマンドと同じ情報が表示されます。

このコマンドは、vPC 機能をイネーブルにしていなければ使用できません。vPC をイネーブルにする方法については、「 feature vpc 」を参照してください。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、ピアキープアライブ メッセージに関する統計情報を表示する例を示します。

switch# show vpc statistics peer-keepalive
 
vPC keep-alive status : peer is alive
 
VPC keep-alive statistics
----------------------------------------------------
peer-keepalive tx count: 1036
peer-keepalive rx count: 1028
average interval for peer rx: 995
Count of peer state changes: 1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vpc brief

vPC に関する情報を表示します。機能がイネーブルになっていなければ、このコマンドを入力したときにエラーが表示されます。

show port channel summary

ポート チャネルに関する情報を表示します。