Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ Fabric Manager ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド
仮想インターフェイスの設定
仮想インターフェイスの設定
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

仮想インターフェイスの設定

仮想インターフェイスの概要

仮想インターフェイスの設定

VIG の作成

VIG ウィザードの使用

物理イーサネット インターフェイスへの VIG のバインド

VIG の削除

VI ウィザードの使用

仮想イーサネット インターフェイスの作成

仮想イーサネット インターフェイスの削除

仮想ファイバ チャネル インターフェイスの作成

仮想ファイバ チャネル インターフェイスの削除

仮想インターフェイスの設定

ここでは、Nexus 5000 シリーズ スイッチの仮想インターフェイス設定について説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「仮想インターフェイスの概要」

「仮想インターフェイスの設定」

仮想インターフェイスの概要

Nexus 5000 シリーズ スイッチは、I/O Consolidation(IOC)をサポートしています。IOC では、スイッチとサーバ間の同一の物理イーサネット接続でファイバ チャネルおよびイーサネット トラフィックを伝送できます。 IOC の詳細については、 第 1 章「製品概要」 を参照してください。

仮想インターフェイスの概念は、同一物理イーサネットで伝送される論理接続のエミュレートに使用されます。Nexus 5000 シリーズ スイッチは、仮想イーサネットおよび仮想ファイバ チャネル インターフェイスをサポートしています。

設定の目的で、仮想イーサネットまたは仮想ファイバ チャネル インターフェイスが物理イーサネット インターフェイスのレイヤ 2 サブインターフェイスとして実装されます。イーサネット インターフェイスに設定できる論理機能(VLAN や ACL など)は、それぞれの仮想イーサネット インターフェイスに設定できます。論理ファイバ チャネル機能(VSAN など)は、仮想ファイバ チャネル インターフェイスに設定できます。


) 仮想インターフェイスは、管理ステートが down に設定されている状態で作成されます。仮想インターフェイスを作動させるには、管理ステートを明示的に設定する必要があります。


仮想インターフェイスの設定

ここでは、仮想インターフェイスの設定方法について説明します。ここで説明する内容は、次のとおりです。

「VIG の作成」

「VIG ウィザードの使用」

「物理イーサネット インターフェイスへの VIG のバインド」

「VIG の削除」

「VI ウィザードの使用」

「仮想イーサネット インターフェイスの作成」

「仮想イーサネット インターフェイスの削除」

「仮想ファイバ チャネル インターフェイスの作成」

「仮想ファイバ チャネル インターフェイスの削除」

VIG の作成

Virtual Interface Group(VIG)を作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、 Switches > Interfaces > Ethernet > FCoE を展開して、 Virtual Interface Groups を選択します。

Information ペインに Virtual Interface Groups が表示されます(図9-1 を参照)。

図9-1 Virtual Interface Group Information ペイン

 

ステップ 2 Virtual Interface Group Information ペイン ツールバーで、 Create Row アイコンをクリックします。

Create VIG ダイアログボックスが表示されます(図9-2 を参照)。

図9-2 Create VIG ダイアログボックス

 

ステップ 3 Switch プルダウン メニューからスイッチを選択します。

ステップ 4 Id フィールドに、VIG 番号を入力します。

ステップ 5 (任意)VIG にバインドする物理イーサネット インターフェイスを選択します。

Virtual Interface Groups テーブルに、新しく作成した VIG が表示されます。Create Virtual Interface Group ダイアログボックスの Id フィールドが 1 ずつ増加します。

ステップ 6 (任意)さらに VIG を作成するには、ステップ 3 ~ 6 を繰り返します。

ステップ 7 Close をクリックして、終了します。


 

VIG ウィザードの使用

 

VIG ウィザードを使用して VIG を作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 ツールバーで Virtual Interface Group ボタンをクリックします。

Virtual Interface Group ウィザード ダイアログボックスが表示されます(図9-3 を参照)。

図9-3 Virtual Interface Group ウィザード

 

ステップ 2 Virtual Interface Group ウィザード の指示に従います。VIG が作成されるスイッチ、VIG に関連付けられる物理イーサネット ポート、および VIG ID を選択します。

ステップ 3 Finish をクリックして、その変更をコミットして配信します。


 

物理イーサネット インターフェイスへの VIG のバインド

物理イーサネット ポートに VIG をバインドする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、 Switches > Interfaces > Ethernet > FCoE を展開して、 Virtual Interface Groups を選択します。

Information ペインに Virtual Interface Groups が表示されます(図9-1 を参照)。

ステップ 2 変更する必要がある VIG の Bound Eth Interface エントリをクリックします。物理インターフェイスを入力します。

ステップ 3 Apply Changes をクリックして、その変更をコミットして配信します。


 

VIG の削除

VIG を削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、 Switches > Interfaces > Ethernet > FCoE を展開して、 Virtual Interface Groups を選択します。

Information ペインに Virtual Interface Groups が表示されます(図9-1 を参照)。

ステップ 2 削除する VIG を選択します。

ステップ 3 Delete Row アイコンをクリックします。

削除を確認するダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 削除するには、 Yes をクリックします。

ステップ 5 Apply アイコンをクリックして、変更を適用します。


.

VI ウィザードの使用


ステップ 1 ツールバーで Virtual Interface ボタンをクリックします。

Virtual Interface Wizard ダイアログボックスが表示されます(図9-4 を参照)。

図9-4 Virtual Interface ウィザード

 

ステップ 2 Virtual Interface ウィザード の指示に従います。Virtual Interface(VI)が作成されるスイッチ、VI を含める VIG を選択し、VI タイプ(イーサネットまたはファイバ チャネル)を指定します。ウィザードは、VI ID を 1 に設定します。

ステップ 3 Finish をクリックして、その変更をコミットして配信します。


 

仮想イーサネット インターフェイスの作成

仮想イーサネット インターフェイスを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、 Switches Interfaces Ethernet FCoE Virtual Interfaces の順に展開して、 Ethernet を選択します。

Virtual Ethernet Information ペインが表示されます(図9-5 を参照)。

図9-5 Virtual Ethernet

 

ステップ 2 Information ペイン ツールバーで、 Create Row アイコンをクリックします。

Virtual Ethernet ダイアログボックスが表示されます(図9-6 を参照)。

図9-6 仮想イーサネットの作成

 

ステップ 3 Switch プルダウン メニューからスイッチを選択します。

ステップ 4 VIG ID フィールドに、VIG ID を入力します。VI ID は、1 に設定されます。

ステップ 5 Create をクリックします。

ステップ 6 Apply アイコンをクリックして、変更を適用します。


 

仮想イーサネット インターフェイスの削除

仮想イーサネット インターフェイスを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、 Switches > Interfaces > Ethernet > FCoE を展開して、 Virtual Ethernet Interfaces を選択します。

Virtual Ethernet Information ペインが表示されます(図9-5 を参照)。

ステップ 2 Information ペインの Virtual Ethernet の行を選択します。

ステップ 3 Information ペイン ツールバーで、 Delete Row アイコンをクリックします。

ステップ 4 ダイアログボックスで削除を確認します。


 

仮想ファイバ チャネル インターフェイスの作成

仮想ファイバ チャネル インターフェイスを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、 Switches > Interfaces > Ethernet > FCoE を展開して、 Virtual FC Interfaces を選択します。

ステップ 2 Information ペイン ツールバーで、 Create Row アイコンをクリックします。

Virtual Ethernet ダイアログボックスが表示されます(図9-7 を参照)。

図9-7 仮想ファイバ チャネルの作成

 

ステップ 3 Switch プルダウン メニューからスイッチを選択します。

ステップ 4 VIG ID フィールドに、VIG ID を入力します。インターフェイス ID は、1 の値に設定されています。

ステップ 5 Create をクリックします。


 

仮想ファイバ チャネル インターフェイスの削除

仮想ファイバ チャネル インターフェイスを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、 Switches > Interfaces > Ethernet > FCoE を展開して、 Virtual FC Interfaces を選択します。

Virtual Fibre Channel Information ペインが表示されます。

ステップ 2 Information ペインの仮想ファイバ チャネルの行を選択します。

ステップ 3 Information ペイン ツールバーで、 Delete Row アイコンをクリックします。

ステップ 4 ダイアログボックスで削除を確認します。