Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ CLI ソフト ウェア コンフィギュレーション ガイド
DDAS
DDAS
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/08/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

DDAS

デバイス エイリアスの概要

デバイス エイリアスの特徴

デバイス エイリアスの要件

ゾーン エイリアスとデバイス エイリアス

デバイス エイリアス データベース

デバイス エイリアスの作成

デバイス エイリアスのモード

デバイス エイリアス モードの変更時の注意事項

デバイス エイリアス モードの設定

デバイス エイリアスの配布について

ファブリックのロック

変更のコミット

変更の廃棄

ファブリック ロックを無効にする

デバイス エイリアスの配布のディセーブル化とイネーブル化

レガシー ゾーン エイリアスの設定について

ゾーン エイリアスのインポート

データベース結合に関する注意事項

デバイス エイリアス設定の確認

デフォルト設定値

DDAS

Cisco Nexus 5000 シリーズのスイッチは、ファブリック規模単位で Distributed Device Alias Services(DDAS; 分散デバイス エイリアス サービス)(デバイス エイリアス)をサポートします。

この章の内容は、次のとおりです。

「デバイス エイリアスの概要」

「デバイス エイリアス データベース」

「レガシー ゾーン エイリアスの設定について」

「データベース結合に関する注意事項」

「デバイス エイリアス設定の確認」

「デフォルト設定値」

デバイス エイリアスの概要

Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチで(ゾーン分割、Dynamic Port VSAN Membership [DPVN]、ポート セキュリティなど)異なる機能を設定するためにデバイスのポート WWN(pWWN)が指定されている必要がある場合、設定を行うたびに適切なデバイス名を割り当てなければなりません。デバイス名が間違っていると、予期しない結果を引き起こす可能性があります。pWWN にわかりやすい名前を定義し、必要とされるすべてのコンフィギュレーション コマンドでこの名前を使用すれば、こうした問題を回避できます。このようなわかりやすい名前を デバイス エイリアス と呼びます。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「デバイス エイリアスの特徴」

「デバイス エイリアスの要件」

「ゾーン エイリアスとデバイス エイリアス」

デバイス エイリアスの特徴

デバイス エイリアスには、次のような特徴があります。

デバイス エイリアス情報は、VSAN 設定とは無関係です。

デバイス エイリアス設定および配布は、ゾーン サーバおよびゾーン サーバ データベースとは無関係です。

データを失うことなく、従来のゾーン エイリアス設定をインポートできます。

デバイス エイリアス アプリケーションは Cisco Fabric Services(CFS)インフラストラクチャを使用して、効率的なデータベースの管理および配布を実現します。デバイス エイリアスは、協調型配布モードおよびファブリック規模の配布範囲を使用します( 第 21 章「CFS の使用」 を参照)。

基本モードと拡張モード。「デバイス エイリアスのモード」を参照してください。

ゾーン、IVR ゾーン、またはポート セキュリティ機能を設定するために使用されたデバイス エイリアスは、それぞれの pWWN と一緒に、 show コマンド出力に自動的に表示されます。

デバイス エイリアスの要件

デバイス エイリアスには、次の要件があります。

デバイス エイリアスを割り当てることができるのは pWWN だけです。

pWWN とマッピングされるデバイス エイリアスは、1 対 1 の関係である必要があります。

デバイス エイリアス名には、最大 64 文字の英数字を使用でき、次の文字を 1 つまたは複数加えることができます。

a ~ z および A ~ Z

デバイス エイリアス名は、先頭の文字が英数字である必要があります(a ~ z または A ~ Z)。

1 ~ 9

-(ハイフン)および _(下線)

$(ドル記号)および ^(キャレット)記号

ゾーン エイリアスとデバイス エイリアス

表 39-1 に、ゾーンベースのエイリアス設定とデバイス エイリアス設定の違いを示します。

 

表 39-1 ゾーン エイリアスとデバイス エイリアスの比較

ゾーン ベースのエイリアス
デバイス エイリアス

エイリアスは指定した VSAN に限定されます。

VSAN 番号を指定せずにデバイス エイリアスを定義できます。また、同一の定義を何の制約もなく 1 つまたは複数の VSAN で使用できます。

ゾーン エイリアスは、ゾーン分割設定の一部です。他の機能の設定にはエイリアス マッピングを使用できません。

pWWN を使用するすべての機能にデバイス エイリアスを使用できます。

エンド デバイスを指定するのにすべてのゾーン メンバ タイプを使用できます。

pWWN だけがサポートされます。

設定はゾーン サーバ データベース内に含まれ、他の機能では使用できません。

デバイス エイリアスは、ゾーン分割に限定されていません。デバイス エイリアス設定を FCNS、ゾーン、fcping、および traceroute アプリケーションで使用することができます。

デバイス エイリアス データベース

デバイス エイリアス機能は 2 つのデータベースを使用して、デバイス エイリアス設定を受け入れ、実装します。

有効なデータベース:ファブリックが現在使用しているデータベース

保留中のデータベース:保留中のデバイス エイリアス設定の変更は保留中のデータベースに保存されます。

デバイス エイリアス設定を変更する場合、変更している間はファブリックがロックされたままの状態なので、変更をコミットまたは廃棄する必要があります。

デバイス エイリアス データベースの変更は、アプリケーションによって検証されます。いずれかのアプリケーションがデバイス エイリアス データベースの変更を受け入れることができない場合、これらの変更は拒否されます。これは、コミットまたは結合の操作によって行われたデバイス エイリアス データベースの変更に適用されます。

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「デバイス エイリアスの作成」

「デバイス エイリアスのモード」

「デバイス エイリアス モードの変更時の注意事項」

「デバイス エイリアス モードの設定」

「デバイス エイリアスの配布について」

「ファブリックのロック」

「変更のコミット」

「変更の廃棄」

「ファブリック ロックを無効にする」

「デバイス エイリアスの配布のディセーブル化とイネーブル化」

デバイス エイリアスの作成

保留データベースにデバイス エイリアスを作成する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configuration terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# device-alias database

保留データベース コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-device-alias-db)# device-alias name device-name pwwn pwwn-id

pWWN によって識別されるデバイスのデバイス名を指定します。これが最初に入力されたデバイス エイリアス コンフィギュレーションコマンドであるため、保留データベースへの書き込みを開始し、同時にファブリックをロックします。

switch(config-device-alias-db)# no device-alias name device-name

pWWN によって識別されるデバイスのデバイス名を削除します。

switch(config-device-alias-db)# device-alias rename old-device-name new-device-name

既存のデバイス エイリアスを新しい名前に変更します。

デバイス エイリアス設定を表示するには、 show device-alias name コマンドを使用します。

switch# show device-alias name x
device-alias name x pwwn 21:01:00:e0:8b:2e:80:93
 

デバイス エイリアスのモード

エイリアスが基本モードまたは拡張モードで動作するように指定できます。

基本モード(デフォルト モード)で動作する場合、デバイス エイリアスはすぐに pWWN に展開されます。基本モードで、デバイス エイリアスがたとえば新しい Host Bus Adapter(HBA)を指定するように変更された場合、その変更はゾーン サーバには反映されません。ユーザは以前の HBA の pWWN を削除して新しい HBA の pWWN を追加し、ゾーンセットを再度アクティブ化する必要があります。

拡張モードで動作する場合、アプリケーションは「ネイティブ」形式でのデバイス エイリアス名を受け入れます。デバイス エイリアスを pWWN に展開する代わりに、デバイス エイリアス名が設定に保存され、ネイティブ デバイス エイリアス形式で配布されます。このため、ゾーン サーバ、PSM、または DPVM などのアプリケーションは、自動的にデバイス エイリアス メンバシップの変更を追跡し、それに応じて変更を実行します。拡張モードでの動作の主な利点は、変更の実施を 1 カ所で行えるということです。

デバイス エイリアス モードを変更すると、デバイス エイリアスの配布がイネーブルまたはオンの場合にだけ、変更がネットワーク内のほかのスイッチに配布されます。イネーブルまたはオン以外の場合、モード変更はローカル スイッチでだけ行われます。


) 拡張モードまたはネイティブ デバイス エイリアス ベースの設定は、interop モードの VSAN では受け入れられません。対応するゾーンにネイティブ デバイス エイリアス ベースのメンバがある場合、IVR ゾーンセットのアクティベーションは interop モードの VSAN で失敗します。


デバイス エイリアス モードの変更時の注意事項

デバイス エイリアス モードを変更する場合は、次の注意事項に従ってください。

異なるデバイス エイリアス モードで稼動している 2 つのファブリックが結合されると、デバイス エイリアスの結合は失敗します。結合プロセス中、一方のモードまたは他方のモードに自動的に変換できません。このような状況では、どちらか一方のモードを選択する必要があります。

拡張モードから基本モードに変更する前に、最初にローカル スイッチとリモート スイッチの両方からすべてのネイティブ デバイス エイリアス ベースの設定を明示的に削除するか、またはすべてのデバイス エイリアス ベース設定のメンバを対応する pWWN に置き換える必要があります。

デバイス エイリアス データベースからデバイス エイリアスを削除すると、すべてのアプリケーションは対応するデバイス エイリアスの実行を自動的に中止します。対応するデバイス エイリアスがアクティブなゾーンセットの一部である場合、その pWWN を出入りするすべてのトラフックが中断されます。

デバイス エイリアス名を変更すると、デバイス エイリアス データベース内のデバイス エイリアス名が変更されるだけでなく、すべてのアプリケーションの対応するデバイス エイリアス設定も置き換えられます。

デバイス エイリアス データベースに新しいデバイス エイリアスが追加され、そのデバイス エイリアスにアプリケーション設定が存在する場合、設定は自動的に有効になります。たとえば、対応するデバイス エイリアスがアクティブなゾーンセットの一部で、デバイスがオンラインの場合、ゾーン分割が自動的に実行されます。ゾーンセットを再度アクティブ化する必要はありません。

デバイス エイリアス名が新しい HBA の pWWN にマッピングされると、それに応じてアプリケーションの適用方法が変更されます。この場合、ゾーン サーバは、新しい HBA の pWWN に基づいて自動的にゾーン分割を適用します。

デバイス エイリアス モードの設定

デバイス エイリアスが拡張モードで動作するように設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configuration terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# device-alias mode enhanced

拡張モードで動作するデバイス エイリアスを割り当てます。

switch(config)# no device-alias mode enhance

基本モードで動作するデバイス エイリアスを割り当てます。

現在のデバイス エイリアス モード設定を表示するには、 show device-alias status コマンドを入力します。

switch# show device-alias status
Fabric Distribution: Enabled
Database:- Device Aliases 0 Mode: Basic
Locked By:- User "admin" SWWN 20:00:00:0d:ec:30:90:40
Pending Database:- Device Aliases 0 Mode: Basic
 

デバイス エイリアスの配布について

デフォルトでは、デバイス エイリアスの配布はイネーブルになっています。デバイス エイリアス機能は CFS を使用して、ファブリック内のすべてのスイッチに変更内容を配布します。

デバイス エイリアスの配布がディセーブルの場合、データベースの変更内容はファブリック内のスイッチに配布されません。ファブリック内のすべてのスイッチで同じ変更を手動で行い、デバイス エイリアス データベースを最新の状態に維持する必要があります。すぐにデータベースの変更が行われるので、保留中のデータベースおよびコミットまたは中断の操作はありません。変更をコミットしていない状態で配布をディセーブルにすると、コミット作業は失敗します。

次に、失敗したデバイス エイリアスのステータスを表示する例を示します。

switch# show device-alias status
Fabric Distribution: Disabled
Database:- Device Aliases 25
Status of the last CFS operation issued from this switch:
==========================================================
Operation: Commit
Status: Failed (Reason: Operation is not permitted as the fabric distribution is currently disabled.)
 

ファブリックのロック

デバイス エイリアス設定作業を行うと(どのデバイス エイリアス作業かに関係なく)、ファブリックはデバイス エイリアス機能に対して自動的にロックされます。ファブリックがロックされると、次のような状況になります。

他のユーザがこの機能の設定に変更を加えることができなくなります。

有効なデータベースのコピーが取得され、保留データベースとして使用されます。保留中のデータベースに対して、以降の変更が行われます。保留中のデータベースへの変更内容をコミットまたは廃棄( 中断 )するまで、保留中のデータベースは使用されます。

変更のコミット

保留中のデータベースに行われた変更内容をコミットした場合、次のイベントが発生します。

1. 有効なデータベースの内容が、保留中のデータベースの内容に上書きされます。

2. 保留中のデータベースがファブリック内のスイッチに配布され、これらのスイッチの有効なデータベースが新しい変更内容に上書きされます。

3. 保留中のデータベースの内容が空になります。

4. ファブリック ロックがこの機能に対して解除されます。

変更内容をコミットする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configuration terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# device-alias commit

現在アクティブなセッションに対する変更をコミットします。

変更の廃棄

保留中のデータベースで行われた変更内容を廃棄した場合、次のイベントが発生します。

1. 有効なデータベースの内容は影響を受けません。

2. 保留中のデータベースの内容が空になります。

3. ファブリック ロックがこの機能に対して解除されます。

デバイス エイリアス セッションを廃棄する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configuration terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# device-alias abort

現在アクティブなセッションを廃棄します。

廃棄操作のステータスを表示するには、show device alias status コマンドを使用します。

switch# show device-alias status
Fabric Distribution: Enabled
Database:- Device Aliases 24
Status of the last CFS operation issued from this switch:
==========================================================
Operation: Abort
Status: Success
 

ファブリック ロックを無効にする

ロック操作(クリア、コミット、中断)は、デバイス エイリアスの配布がイネーブルの場合にだけ使用できます。ユーザがデバイス エイリアス作業を行ったが、変更のコミットや廃棄を行ってロックを解除するのを忘れていた場合、管理者はファブリック内の任意のスイッチからロックを解除できます。管理者がこの操作を行うと、ユーザによる保留データベースの変更は廃棄され、ファブリックのロックは解除されます。


ヒント スイッチを再起動した場合、変更は volatile ディレクトリでだけ使用でき、また廃棄される場合もあります。


管理者の権限を使用して、ロックされたデバイス エイリアス セッションを解除するには、EXEC モードで clear device-alias session コマンドを使用します。

switch# clear device-alias session
 

クリア操作のステータスを表示するには、 show device-alias status コマンドを使用します。

switch# show device-alias status
Fabric Distribution: Enabled
Database:- Device Aliases 24
Status of the last CFS operation issued from this switch:
==========================================================
Operation: Clear Session <--------------------管理者によるロックの解除
Status: Success <---------------------------------操作の成功を示すステータス
 

デバイス エイリアスの配布のディセーブル化とイネーブル化

デバイス エイリアスの配布をディセーブルまたはイネーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configuration terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# no device-alias distribute

配布をディセーブルにします。

switch(config)# device-alias distribute

配布をイネーブルにします(デフォルト)。

デバイス エイリアス配布のステータスを表示するには、 show device-alias status コマンドを使用します。次に、配布がイネーブルな場合のデバイス エイリアスの表示例を示します。

switch# show device-alias status
Fabric Distribution: Enabled <-------------------------------配布がイネーブル
Database:-Device Aliases 24
Locked By:-User “Test” SWWN 20:00:00:0c:cf:f4:02:83<-ロック所有者のユーザ名とスイッチ ID
Pending Database:- Device Aliases 24
Status of the last CFS operation issued from this switch:
==========================================================
Operation: Enable Fabric Distribution
Status: Success
 

次に、配布がディセーブルな場合のデバイス エイリアスの表示例を示します。

switch# show device-alias status
Fabric Distribution: Disabled
Database:- Device Aliases 24
Status of the last CFS operation issued from this switch:
==========================================================
Operation: Disabled Fabric Distribution
Status: Success
 

レガシー ゾーン エイリアスの設定について

次の制約事項を満たす場合、レガシー ゾーン エイリアス設定をインポートし、データを失うことなくこの機能を使用できます。

各ゾーン エイリアスには、メンバが 1 つだけあります。

メンバのタイプは pWWN です。

名前または定義の競合が存在する場合、ゾーン エイリアスはインポートされません。


ヒント 設定に応じて、必要とされるゾーン エイリアスをデバイス エイリアス データベースにコピーしてください。


インポート操作が終了し、 commit 操作を行うと、変更されたエイリアス データベースが物理ファブリック内のほかのすべてのスイッチに配布されます。ファブリック内のほかのスイッチに設定を配布したくない場合、 abort 操作を行うと、結合の変更内容が完全に廃棄されます。

ゾーン エイリアスのインポート

特定の VSAN のゾーン エイリアスをインポートする手順は、次のとおりです。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configuration terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# device-alias import fcalias vsan vlan-id

指定された VSAN の fcalias 情報をインポートします。

データベース結合に関する注意事項

2 つのデバイス エイリアス データベースを結合する場合は、次の注意事項に従ってください。

名前が異なる 2 つのデバイス エイリアスが同一の pWWN にマッピングされていないことを確認します。

2 つの同一の pWWN が 2 つの異なるデバイス エイリアスにマッピングされていないことを確認します。

両方のデータベースのデバイス エイリアスの合計数が、Cisco MDS SAN-OS Release 3.0(x)以前が稼動しているファブリックでは 8K(8191 個のデバイス エイリアス)、Cisco MDS SAN-OS Release 3.1(x)以降が稼動しているファブリックでは 20K を超えていないことを確認します。

両方のデータベースのデバイス エントリの合計数がサポートされる設定制限値を超えた場合、結合は失敗します。たとえば、データベース N に 6000 個のデバイス エイリアス、データベース M に 2192 個のデバイス エイリアスがあり、SAN-OS Release 3.0(x) 以前が稼動している場合、この結合操作は失敗します。デバイス エイリアス モードが一致していない場合も、結合操作は失敗します。

詳細は、「CFS 結合のサポート」を参照してください。

デバイス エイリアス設定の確認

デバイス エイリアス情報を表示するには、次のいずれかの作業を実行します。

 

コマンド
目的

switch# show zoneset [ active ]

ゾーン セット情報のデバイス エイリアスを表示します。

switch# show device-alias database [ pending | pending-diffs ]

デバイス エイリアス データベースを表示します。

switch# show device-alias pwwn pwwn-id | name device-name [ pending ]

指定された pWWN またはエイリアスのデバイス エイリアス情報を表示します。

switch# show flogi database [ pending ]

FLOGI データベースのデバイス エイリアス情報を表示します。

switch# show fcns database [ pending ]

FCNS データベースのデバイス エイリアス情報を表示します。

次に、ゾーン セット内のデバイス エイリアス情報を表示する例を示します。

switch# show zoneset
zoneset name s1 vsan 1
zone name z1 vsan 1
pwwn 21:01:00:e0:8b:2e:80:93 [x] <---------------各 pWWN の表示デバイス エイリアス。
pwwn 21:00:00:20:37:39:ab:5f [y]
 
zone name z2 vsan 1
pwwn 21:00:00:e0:8b:0b:66:56 [SampleName]
pwwn 21:00:00:20:37:39:ac:0d [z]
 

次に、デバイス エイリアス データベース内の保留中の変更内容を表示する例を示します。

switch# show device-alias database pending
 

次に、デバイス エイリアス データベース内の特定の pWWN を表示する例を示します。

switch# show device-alias pwwn 21:01:00:e0:8b:2e:80:93 pending
 

次に、保留中のデバイス エイリアス データベースと有効なデバイス エイリアス データベースの相違点を表示する例を示します。

switch# show device-alias database pending-diff
- device-alias name Doc pwwn 21:01:02:03:00:01:01:01
+ device-alias name SampleName pwwn 21:00:00:e0:8b:0b:66:56
 

デバイス エイリアスは、使用可能な場合、 device-alias コマンドまたはゾーン固有の member pwwn コマンドを使用して設定されるメンバに関係なく表示されます。

デフォルト設定値

表 39-2 に、デバイス エイリアス パラメータのデフォルト設定値を示します。

 

表 39-2 デフォルトのデバイス エイリアス パラメータ

パラメータ
デフォルト

デバイス エイリアスの配布

イネーブル

デバイス エイリアスのモード

基本

使用中のデータベース

有効なデータベース

変更を受け入れるデータベース

保留中のデータベース

デバイス エイリアス ファブリック ロックの状態

最初のデバイス エイリアス作業でロックされる