Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ CLI ソフト ウェア コンフィギュレーション ガイド
索引
Index
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/08/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

Index

記号

*(アスタリスク)

First Operational Port 36-16

自動学習済みエントリ 45-16

ポート セキュリティ ワイルドカード 45-11

数字

10 ギガビット イーサネット 1-5

1-5

1 ギガビット イーサネット 1-5

1-5, 5-7

1 ギガビット速度

設定 5-7

A

AAA

DHCHAP 認証 44-9

MSCHAP 認証のイネーブル化 16-9

TACACS+ サーバ グループ 17-14, 18-9, 18-15

TACACS+ サーバのモニタリング 18-3

アカウンティング 16-2

許可 16-2

制限事項 16-6

設定 16-6 ~ 16-12

設定の確認 16-13

設定プロセス 16-7

設定例 16-13

説明 16-1

前提条件 16-5

注意事項 16-6

デフォルト設定値 16-13

認証 16-2

フィールドの説明 16-1

ユーザ ログイン プロセス 16-4

利点 16-2

AAA アカウンティング

デフォルトの方式の設定 16-10

方式の再設定 16-1

方式の削除 16-1

方式の追加 16-1

方式の変更 16-1

AAA アカウンティング ログ

クリア 16-13

表示 16-13

AAA サーバ

SNMPv3 パラメータの指定 16-11, 16-12

VSA でのユーザ ロールの指定 16-11

ユーザ ロールの指定 16-12

AAA サーバ グループ

説明 16-3

「AAA サーバ グループ」を参照

AAA サービス

セキュリティ 16-1

設定オプション 16-3

リモート 16-2

AAA 認証方式

認証の再設定 16-1

認証の追加 16-1

方式の削除 16-1

方式の変更 16-1

AAA プロトコル

RADIUS 16-2

TACACS+ 16-2

AAA ログイン

認証失敗メッセージのイネーブル化 16-8

AAA ログイン認証

コンソール方式の設定 16-7

デフォルトの方式の設定 16-7

auto ポート モード

説明 32-4

auto モード

設定 32-10

B

BB_credit

情報の表示 32-17

設定 32-13

説明 32-6

理由コード 32-6

BPDU ガード、「STP BPDU ガード」を参照

Brocade

ネイティブ interop モード 43-10

Buffer-to-Buffer credit、「BB_credit」を参照

Build Fabric フレーム 33-3

説明 33-3

C

CDP

設定 5-8

CFS

NTP の設定 3-18

cisco-av-pair

AAA ユーザ パラメータの指定 16-11, 16-12

Cisco Nexus 2000 Series Fabric Extender 1-4

Cisco Nexus 2148T Fabric Extender 1-4

Cisco Nexus 5010 1-4

Cisco Nexus 5020 1-4

CIST リージョナル ルート、「MSTP」を参照

CIST ルート、「MSTP」を参照

D

DHCHAP

AAA 認証 44-9

AAA 認証の設定 44-9

イネーブル化 44-4

グループの設定 44-6

セキュリティ情報の表示 44-9

設定 44-3

設定例 44-9

説明 44-2

その他の NX-OS 機能との互換性 44-3

タイムアウト値 44-8

デフォルト設定値 44-11

認証モード 44-4

ハッシュ アルゴリズム 44-5

リモート デバイスのパスワード 44-7

ローカル スイッチのパスワード 44-6

「FC-SP」も参照

Diffie-Hellman Challenge Handshake Authentication Protocol、「DHCHAP」を参照

E

EFMD

統計情報の表示 46-8

ファブリック バインディング 46-1

ファブリック バインディングの開始 46-3

EISL

ポート チャネル リンク 36-1

Ethanalyzer 50-4

EtherChannel

STP 11-1

WWN

セカンダリ MAC アドレス 43-7

Exchange Fabric Membership Data、「EFMD」を参照

Exchange Link Parameter(ELP)、「ELP」を参照

E ポート

FCS でのサポート 47-1

FSPF トポロジ 40-2

隔離 32-7

設定 32-10

トランキング設定 35-4

ファブリック バインディング検査 46-2

リンク分離からの回復 38-15

E ポート モード

Class of Service 32-3

説明 32-3

E メール通知

コール ホーム 26-1

F

Fabric Configuration Server、「FCS」を参照

Fabric-Device Management Interface、「FDMI」を参照

Fabric Shortest Path First、「FSPF」を参照

fcalias

コピー 38-18

作成 38-11

使用 39-8

ゾーンの設定 38-11

名前の変更 38-17

メンバーの追加 38-12

fcdomain

CFS 配信の設定 33-11, 33-13

イネーブル化 33-5

開始 33-5

結合されたファブリックの自動再設定 33-6

再起動 33-2

自動再設定のイネーブル化 33-6

重複による隔離 32-7

情報の表示 33-19, 33-20

スイッチ プライオリティ 33-4

説明 33-1

着信 RCF 33-5

ディセーブル化 33-5

デフォルト設定値 33-20

統計情報の表示 33-20

ドメイン ID 33-7

ドメイン マネージャの高速再起動 33-3

「fcdomain」を参照

FC ID

FC エイリアス メンバーの設定 38-11

HBA に対する割り当て 43-7

永続的 33-15

説明 33-14

デフォルトの企業 ID リストの割り当て 43-8

割り当て 33-1, 43-7

FCoE 1-2

fcping

スイッチ接続の確認 50-8

デフォルト設定値 50-18

呼び出し 50-8

FCS

Device Manager を使用したファブリック ポートの表示 47-4

Device Manager を使用したプラットフォームの作成 47-4

情報の表示 47-3

説明 47-1

デフォルト設定値 47-4

特性 47-2

名前の設定 47-2

FC-SP

ISL のイネーブル化 44-9

イネーブル化 44-4

認証 44-1

「DHCHAP」も参照

fctimer

設定値の表示 43-5

配布 43-3

fctrace

デフォルト設定値 50-18

呼び出し 50-7

FDMI

説明 41-4

データベース情報の表示 41-4

Fibre Channel over Ethernet、「FCoE」を参照

Fibre Channel Security Protocol、「FC-SP」を参照

FLOGI

詳細情報の表示 41-1

説明 41-1

FSCN

データベースの表示 42-3

FSPF

hello タイム インターバルの設定 40-7

Link State Record のデフォルト 40-4

VSAN カウンタのクリア 40-5

VSAN での設定 40-4

イネーブル化 40-5

インターフェイスでの設定 40-6

インターフェイスでのディセーブル 40-8

カウンタのクリア 40-9

グローバル情報の表示 40-16

グローバル設定 40-3

再コンバージェンス タイム 40-2

再送信インターバル 40-8

順序どおりの配信 40-10

冗長リンク 40-2

設定のリセット 40-5

説明 40-2

相互運用性 43-12

ディセーブル化 40-5

データベース情報の表示 40-16

デッド タイム インターバル 40-7

デフォルト設定値 40-17

デフォルトへのリセット 40-5

トポロジの例 40-2

フォールト トレラント ファブリック 40-2

リンク コストの計算 40-6

リンク コストの設定 40-6

ルーティング サービス 40-1

ルーティング プロトコルのディセーブル化 40-5

FSPF ルート

設定 40-10

説明 40-9

fWWN

FC エイリアス メンバーの設定 38-11

Fx ポート

VSAN メンバーシップ 37-4

F ポート

設定 32-10

説明 32-3

「Fx ポート」も参照

F ポート モード

Class of Service 32-4

説明 32-3

G

GOLD 診断

拡張モジュール 24-3

実行時 24-2

設定 24-3

ヘルス モニタリング 24-2

H

HBA

FC ID の割り当て 43-7

HBA ポート

エリア FCID の設定 33-17

hello タイム

MSTP 9-21

hello タイム インターバル

FSPF の設定 40-7

説明 40-7

I

ID

シスコのベンダー ID 16-12, 17-4

シリアル ID 26-17

IEEE 802.1p 1-2

IEEE 802.1w、「RSTP」を参照

IEEE 802.3x 1-2

indirect link failures

recovering 48-2

interop モード

説明 43-10

デフォルト設定値 43-18

モード 1 の設定 43-11

IOD、

ISL

ポート チャネル リンク 36-1

L

LACP 11-2, 11-12

システム ID 11-6

LACP の設定 11-12

Link Aggregation Control Protocol 11-2

link failures

recovering 48-2

Logical Unit Number、

LUN

検出された SCSI ターゲットの表示 42-3

「LUN」を参照

M

MAC アドレス

設定、セカンダリ 43-7

McData

ネイティブ interop モード 43-10

mgmt0 インターフェイス

設定 3-21

説明 3-21

「mgmt0 インターフェイス」を参照

Microsoft Challenge Handshake Authentication Protocol、

MSCHAP

認証のイネーブル化 16-9

「MSCHAP」を参照

MST

CIST リージョナル ルート 9-6

デフォルト値への設定 9-14

MSTP

CIST の説明 9-5

CIST リージョナル ルート 9-5

CIST ルート 9-7

CST

定義 9-5

領域間の動作 9-5

IEEE 802.1s

用語 9-6

IST

定義 9-4

マスター 9-5

領域内での動作 9-5

MST インスタンスへの VLAN のマッピング 9-14

MST 領域

CIST 9-5

IST 9-4

サポートされるスパニングツリー インスタンス 9-3

設定 9-14

説明 9-2

ホップカウント メカニズム 9-7

境界ポート

説明 9-7

設定

hello タイム 9-21

MST 領域 9-14

最大エージング タイム 9-22

最大ホップ カウント 9-22

スイッチ プライオリティ 9-20

セカンダリ ルート スイッチ 9-18

転送遅延時間 9-21

ポート プライオリティ 9-18, 9-19

ルート スイッチ 9-17

モードのイネーブル化 9-14

N

N5K-M1008 拡張モジュール 1-4

N5K-M1404 拡張モジュール 1-4

N5K-M1600 拡張モジュール 1-4

NPIV

イネーブル化 32-15

説明 32-14

NPV の設定 34-7

NP ポート 34-1

NP リンク 34-3

NTP

CFS 配信の設定 3-18

設定 3-16

設定時の注意事項 3-16

「NTP」を参照

N ポート

FCS でのサポート 47-1

fctrace 50-7

ゾーンの実行 38-13

ゾーン メンバーシップ 38-2

ハード ゾーン分割 38-13

「Nx ポート」も参照

N ポート ID 仮想化、「NPIV」を参照

P

PLOGI

ネーム サーバ 41-3

PortFast BPDU フィルタリング、「STP PortFast BPDU フィルタリング」を参照

port tracking

default settings 48-7

description 48-1

displaying information 48-7

enabling 48-3

guidelines 48-3

monitoring ports in a VSAN 48-5

multiple ports 48-4

shutting down ports forcefully 48-6

Port World Wide Name、

pWWN

FC エイリアス メンバーの設定 38-11

重複の拒否 41-3

ゾーン メンバーシップ 38-2

「pWWN」を参照

R

RADIUS

VSA 17-3

グローバルな事前共有鍵の設定 17-6

サーバの設定 17-4 ~ 17-13

事前設定 17-4

設定の確認 17-13

設定例 17-14

説明 17-1 ~ 17-4

送信リトライ回数の設定 17-9

タイムアウト間隔の設定 17-9

デフォルト設定値 17-14

動作 17-2

ネットワーク環境 17-1

ログイン時のサーバの指定 17-9

RADIUS サーバ

アカウンティング属性の設定 17-10

事前共有鍵の設定 17-7

手動モニタリング 17-13

設定の確認 17-13

設定例 17-14

送信リトライ回数の設定 17-9

タイムアウト間隔の設定 17-9

定期的モニタリングの設定 17-11

デッド タイム インターバルの設定 17-12

統計情報の表示 17-14

認証属性の設定 17-10

ホストの削除 17-13

ホストの設定 17-6

モニタリング 17-3

RADIUS サーバ グループ

設定 17-8

Rapid Spanning Tree Protocol、「RSTP」を参照

RBAC

デフォルト設定値 22-10

RCF

説明 33-3

着信 33-5

着信の拒否 33-6

「RCF」を参照

Reconfigure Fabric Frame、

Registered State Change Notification、「RSCN」を参照

RSCN

情報の表示 41-5

説明 41-4

デフォルト設定値 41-11

統計情報のクリア 41-7

ドメイン フォーマット SW-RSCN の抑制 41-6

複数のポート ID 41-5

RSCN タイマー

CFS を使用した設定の配布 41-8

設定 41-7

設定の表示 41-8

RSTP

BPDU

処理 8-14

「MSTP」も参照

アクティブ トポロジ 8-10

高速収束 8-7

ポイントツーポイント リンク 8-7

ルート ポート 8-7

指定スイッチの定義 8-10

指定ポートの定義 8-10

提案と合意のハンドシェイク プロセス 8-7

ルート ポートの定義 8-10

S

SCSI

LUN 検出結果の表示 42-3

SCSI LUN

カスタマイズ検出 42-2

検出の開始 42-2

情報の表示 42-3

ターゲットの検出 42-1

「SCSI」を参照

SD ポート

設定 32-10

SD ポート モード

インターフェイス モード 32-4

説明 32-4

Session Manager 23-3

ACL セッションの設定(例) 23-4

ACL の設定 23-2

制限事項 23-1

セッションの確認 23-3

セッションのコミット 23-3

セッションの作成 23-2

セッションの廃棄 23-3

セッションの保存 23-3

設定の確認 23-4

説明 23-1

注意事項 23-1

SFP

トランスミッタ タイプ 32-16

トランスミッタ タイプの表示 32-17

Small Computer System Interface、

Smart Call Home

Transport Gateway(TG)集約ポイント 26-5

説明 26-5

登録要件 26-5

SMARTnet

Smart Call Home の登録 26-5

SNMP

LinkUp/LinkDown 通知の設定 27-11, 27-12

アクセス グループ 27-5

グループベースのアクセス 27-5

サーバ担当者名 26-5

担当者情報の割り当て 27-12

バージョン 3 のセキュリティ機能 27-3

場所情報の割り当て 27-12

ユーザと CLI との同期 27-5

SNMP(Simple Network Management Protocol)

バージョン

セキュリティ モデルおよびセキュリティ レベル 27-3

SNMPv3

AAA サーバでのパラメータの指定 16-12

AAA パラメータの指定 16-11

セキュリティ機能 27-3

複数のロールの割り当て 27-7

SPAN

モニタリングの送信元 49-1

SPAN 宛先ポート モード、「SD ポート モード」を参照

SPAN 送信元

出力 49-1

入力 49-1

「SPAN」を参照

SPF

計算のホールド タイム 40-4

SSH

サーバ鍵ペアの生成 19-1

STP

EtherChannel 11-1

PortFast 8-7, 10-2

エッジ ポート 8-7, 10-2

概要

フォワーディング ステート 8-12

ブロッキング ステート 8-12

ラーニング ステート 8-12

ルート ブリッジの選出 8-5

ネットワーク ポート 10-2

標準ポート 10-3

ポート タイプ 10-2

STP ブリッジ ID 8-3

STP ルート ガード 10-5

sWWN

ファブリック バインディングの設定 46-4

T

TACACS+

RADIUS にはない利点 18-2

イネーブル化 18-6

グローバルな事前共有鍵 18-3

グローバルな事前共有鍵の設定 18-7

グローバルなタイムアウト間隔の設定 18-11

事前共有鍵 18-3

制限事項 18-5

設定 18-5, 18-15

設定の確認 18-15

設定例 18-15

説明 18-1

前提条件 18-4

ディセーブル化 18-14

統計情報の表示 18-15

フィールドの説明 18-15

ユーザ ログイン動作 18-2

ログイン時の TACACS+ サーバの指定 18-10

TACACS+ サーバ

TCP ポートの設定 18-12

サーバ グループの設定 17-14, 18-9, 18-15

事前共有鍵の設定 18-8

手動モニタリング 18-14

設定の確認 18-15

設定プロセス 18-6

タイムアウト間隔の設定 18-11

定期的モニタリングの設定 18-12

デッド タイム間隔の設定 18-13

統計情報の表示 18-15

フィールドの説明 18-15

ホストの設定 18-6, 18-15

モニタリング 18-3

TCP ポート

TACACS+ サーバ 18-12

TE ポート

FCS でのサポート 47-1, 47-2

fctrace 50-7

FSPF トポロジ 40-2

相互運用性 43-12

トランキングの制限事項 35-1

ファブリック バインディング検査 46-2

リンク分離からの回復 38-15

TE ポート モード

Class of Service 32-4

説明 32-4

TOV

VSAN 単位の設定 43-3

すべての VSAN に対する設定 43-2

相互運用性 43-11

デフォルト設定値 43-18

範囲 43-2

「TOV」を参照

tracked ports

binding operationally 48-3

U

UDLD

アグレッシブ モード 5-4

設定 5-6

定義 5-2

非アグレッシブ モード 5-4

「UDLD」を参照

Unidirectional Link Detection、

V

Vendor-Specific Attribute、

VLAN

VTP ドメイン 6-3

拡張範囲 6-3

予約範囲 6-3

「VLAN」を参照

VSA

サポートについての説明 16-11

フォーマット 16-12

プロトコル オプション 16-12, 17-4

VSAN

allowed-active 35-1

allowed-active リストの設定 35-6

DHCHAP との互換性 44-4

FC ID 37-2

FCS でのサポート 47-1

FSPF 40-4

FSPF 接続 40-2

FSPF の設定 40-3

interop モード 43-11

TE ポート モード 32-4

TOV 43-3

キャッシュの内容 33-20

削除 37-9

使用状況の表示 37-12

ステート 37-5

設定 37-6

設定の表示 37-11

説明 37-1

ゾーンとの比較(表) 37-4

タイマーの設定 43-3

デフォルト VSAN 37-8

デフォルト設定値 37-12

動作ステート 37-9

特徴 37-2

独立 37-8

ドメイン ID の自動再設定 33-6

トラフィックの分離 37-3

トランキング ポート 37-7

トランク許可 35-1

トランク許可リストの設定 35-5, 35-7

名前 37-5

ネーム サーバ 41-2

不一致 32-7

複数のゾーン 38-5

フロー統計情報 40-15

ポート メンバーシップ 37-6

メンバーシップの表示 37-7

利点 37-3

ロード バランシング 37-10

ロード バランシング属性 37-5

VSAN ID

VSAN メンバーシップ 37-4

許可リスト 35-7

説明 37-5

トラフィックの多重化 32-4

範囲 37-4

VSANs

port tracking 48-5

「VSA」を参照

VTP

ドメイン

VLAN 6-3

W

World Wide Names、

WWN

情報の表示 43-6

設定 43-6

中断された接続 32-7

ポート セキュリティ 45-12

リンク初期化 43-7

「WWN」を参照

アカウンティング

説明 16-2

アクティブ ゾーン セット

考慮事項 38-4

配布のイネーブル化 38-14

宛先 ID

エクスチェンジベース 36-3

順序どおりの配信 40-11

パス選択 37-11

フローベース 36-3

アドレス割り当てキャッシュ

説明 33-20

一意のエリア FC ID

設定 33-17

説明 33-16

5-7

インターフェイス

CDP

設定 5-8

FC エイリアス メンバーの設定 38-11

SFP 情報の表示 32-17

SFP タイプ 32-16

UDLD

設定 5-6

定義 5-2

VSAN への割り当て 37-7

VSAN メンバーシップ 37-6

オプション 5-2

隔離ステート 36-10

シャーシ ID 5-2

受信データ フィールド サイズの設定 32-12

情報の表示 32-16

説明の設定 32-10

中断ステート 36-10

デバウンス タイマー

設定 5-9

ポート チャネルからの削除 36-11

ポート チャネルへの強制追加 36-10

ポート チャネルへの追加 36-9, 36-10

1 ギガビット速度

設定 5-7

インターフェイス速度 5-4

インターフェイスの統計情報

説明 32-16

永続的 FC ID

イネーブル化 33-15

消去 33-18

設定 33-15

説明 33-15

表示 33-20

エージング タイム

加速

MSTP 9-21

最大

MSTP 9-22

拡張ゾーン

イネーブル化 38-22

基本ゾーンからの変更 38-21

基本ゾーンの利点 38-20

情報の表示 38-25

スイッチ全体のデフォルト ゾーン ポリシーの設定 38-25

説明 38-20

データベースの結合 38-23

データベースの変更 38-22

デフォルト設定値 38-26

デフォルトのフル データベース配信の設定 38-25

デフォルト ポリシーの設定 38-24

拡張範囲 VLAN、

拡張ポート モード、「E ポート モード」を参照

仮想ファイバ チャネル インターフェイス

デフォルト設定値 32-18

管理インターフェイス

シャットダウン中の force オプションの使用 3-22

情報の表示 3-22

管理インターフェイス、

管理者

デフォルトのパスワード 3-11

管理ステート

設定値 32-9

説明 32-5

管理操作

説明 3-13

管理速度

設定 32-11

企業 ID

FC ID の割り当て 43-8

許可

説明 16-2

ユーザ ログイン 16-4

結合されたファブリック

自動再設定 33-6

交換 ID

順序どおりの配信 40-11

パス選択 37-11

ロード バランシング 50-7

コール ホーム

Smart Call Home 機能 26-5

説明 26-1, 27-2

メッセージ フォーマット オプション 26-2

コール ホーム宛先プロファイル

属性 26-8

コール ホーム通知

Syslog の XML 形式 26-21

Syslog のフルテキスト形式 26-20

コール ホーム メッセージ

フォーマット オプション 26-2

レベルの設定 26-4

コミュニティ VLAN 7-3, 7-4

コミュニティ ポート 7-3

混合モード ポート 7-3

コンソール

AAA ログイン認証方式の設定 16-7

サーバ ID

説明 26-17

サーバ グループ、

サービス リクエスト xxxv

再送信インターバル

FSPF の設定 40-8

説明 40-8

最大エージング タイム

MSTP 9-22

最大ホップカウント、MSTP 9-22

シスコ

ベンダー ID 16-12, 17-4

事前共有鍵

TACACS+ 18-3

実行時診断

情報 24-2

実行時チェック

スタティック ルート 40-10

自動検知、速度 32-11

主要スイッチ

設定 33-10

ドメイン ID の割り当て 33-9

順序どおりの配信

VSAN に対するイネーブル化 40-13

グローバルなイネーブル化 40-12

ステータスの表示 40-13

注意事項 40-12

ドロップ遅延時間の設定 40-13

ネットワーク フレームの順序変更 40-11

ポート チャネル フレームの順序変更 40-12

「順序どおりの配信」を参照

冗長性

VSAN 37-4

冗長物理リンク

例(図) 40-3

シリアル ID

説明 26-17

診断

拡張モジュール 24-3

実行時 24-2

設定 24-3

デフォルト設定値 24-4

ヘルス モニタリング 24-2

スイッチ可能な 1 ギガビットおよび 10 ギガビットのポート 1-5

スイッチド ポート アナライザ、

スイッチ プライオリティ

MSTP 9-20

設定 33-4

説明 33-4

デフォルト 33-4

スイッチ ポート

属性デフォルト値の設定 32-14

スケーラビリティ

VSAN 37-4

スタティック ルート

実行時チェック 40-10

ストレージ デバイス

アクセス コントロール 38-1

セカンダリ MAC アドレス

設定 43-7

セカンダリ VLAN 7-3

セッションの実行 23-3

設定、NPV 34-7

相互運用性

interop モード 1 の設定 43-11

VSAN 37-11

ステータスの確認 43-13

説明 43-10

送信元 ID

エクスチェンジベース 36-3

コール ホーム イベント フォーマット 26-16

順序どおりの配信 40-11

パス選択 37-11

フローベース 36-3

ゾーン

FC エイリアスの設定 38-11

pWWN を使用したメンバーシップ 37-4

show tech-support zone コマンド 50-13

VSAN との比較(表) 37-4

アクセス コントロール 38-9

エイリアスの設定 38-11

拡張ゾーンからの変更 38-22

結合の失敗 32-7

コピー 38-18

実行の制限 38-13

情報の表示 38-19, 38-20

設定 38-12

ゾーン セットへの追加 38-12

ゾーン メンバーの追加 38-8

ダウングレードのための圧縮 38-25

データベースのインポート 38-15

データベースのエクスポート 38-15

デバイス エイリアスとの比較(表) 39-2

デフォルト設定値 38-26

デフォルトのポリシー 38-3

特徴 38-1, 38-4

名前の変更 38-17

バックアップ(手順) 38-17

復元(手順) 38-17

フル ゾーン データベースの編集 38-8

分析 38-26

「デフォルト ゾーン」も参照

「拡張ゾーン」も参照

「ゾーン分割」も参照;ゾーン セット 38-2

「ハード ゾーン分割」も参照;ソフト ゾーン分割 38-13

ゾーン エイリアス

インポート 39-8

デバイス エイリアスへの変換 39-8

ゾーン サーバ データベース

クリア 38-18

ゾーン セット

アクティブ化 38-9

一時配信 38-14

インポート 38-16

エクスポート 38-16

考慮事項 38-4

コピー 38-16, 38-18

作成 38-8, 38-12

情報の表示 38-19, 38-20

設定 38-8

設定の配信 38-13

データベースのインポート 38-15

データベースのエクスポート 38-15

デフォルト設定値 38-26

特徴 38-1

名前の変更 38-17

配布のイネーブル化 38-14

分析 38-26

メンバー ゾーンの追加 38-12

リンク分離からの回復 38-15

「アクティブ ゾーン セット」も参照

「ゾーン」も参照;ゾーン分割 38-2

フル ゾーン セット 38-5

ゾーン セット

「アクティブ ゾーン セット」も参照

ゾーン属性グループ

コピー 38-18

ゾーン データベース

非 MDS データベースの移行 38-18

ロックの解除 38-23

ゾーン分割

実装 38-4

説明 38-1

38-3

「ゾーン」も参照;ゾーン セット 38-1

ゾーン メンバー

pWWN メンバーへの変換 38-12

情報の表示 38-9

ゾーンへの追加 38-8

ソフト ゾーン 分割

説明 38-13

ソフト ゾーン分割

「ゾーン分割」も参照

タイムアウト値、

デッド タイム インターバル

FSPF の設定 40-7

説明 40-7

デバイス ID

コール ホーム フォーマット 26-17

デバイス エイリアス

拡張モード 39-4

作成 39-3

作成(手順) 39-6

使用 39-8

情報の表示 39-9

説明 39-1

ゾーン エイリアスの変換 39-8

ゾーン セット情報の表示 39-9

ゾーンとの比較(表) 39-2

データベースの変更 39-3

デフォルト設定値 39-10

特徴 39-1

要件 39-2

レガシー ゾーン エイリアスのインポート 39-8

デバイス エイリアス データベース

結合 39-9

配布のイネーブル化 39-7

配布のディセーブル化 39-7

ファブリックのロック 39-6

ファブリックへの配布 39-5

ファブリック ロックの無効化 39-7

変更のコミット 39-6

変更の廃棄 39-6

デバウンス タイマー 5-5

設定 5-9

デフォルト VSAN

説明 37-8

デフォルト設定値

AAA 16-13

RBAC 22-10

ロールバック 23-4

デフォルト ゾーン

アクセス権限の設定 38-10

設定 38-10

説明 38-9

相互運用性 43-11

ポリシー 38-10

ポリシーの設定 38-8

デフォルトのユーザ

説明 3-9

転送遅延時間

MSTP 9-21

統計情報

TACACS+ 18-15

動作ステート

説明 32-5

ファイバ チャネル インターフェイスの設定 32-10

独立 VLAN 7-3, 7-4

独立 VSAN

説明 37-8

メンバーシップの表示 37-9

独立ポート 7-3

ドメイン ID

CFS 配信の設定 33-11, 33-13

FC エイリアス メンバーの設定 38-11

preferred 33-9

static 33-9

許可リスト 33-10

設定、許可リスト 33-10

説明 33-7

相互運用性 43-11

配信 33-1

連続割り当て 33-13

連続割り当てのイネーブル化 33-14

割り当ての失敗 32-7

ドメイン マネージャ

隔離 32-7

高速再起動機能 33-3

トラップ通知 27-2

トラフィックの分離

VSAN 37-4

トラブルシューティング

fcping 50-7

fctrace 50-7

show tech-support コマンド 50-9

スイッチ接続の確認 50-8

テクニカル サポート用の出力の収集 50-9

トランキング

情報の表示 35-7

制限事項 35-1

設定時の注意事項 35-1

説明 35-1

相互運用性 43-11

デフォルト設定値 35-7

トラフィックの結合 35-2

ポート チャネルとの比較 36-2

モードの設定 35-4

リンク ステート 35-4

トランキング E ポート モード、「TE ポート モード」を参照

トランキング プロトコル

検出ポートの分離 35-2

説明 35-2

デフォルト設定値 35-7

デフォルトの状態 35-3

トランキング ポート

VSAN との関連付け 37-7

トランク許可 VSAN リスト

説明 35-5

トランク ポート

情報の表示 35-7

トランク モード

管理、デフォルト 32-14

設定 35-4

デフォルト設定値 35-7

ドロップ遅延時間

FSPF 順序どおりの配信の設定 40-14

情報の表示 40-14

設定 40-13

夏時間

調整 3-15

認証

説明 16-2

ファブリック セキュリティ 44-1

方式 16-3

ユーザ ログイン 16-4

リモート 16-2

ローカル 16-2

認証、許可、アカウンティング、「AAA」を参照

ネーム サーバ

LUN 情報 42-1

重複 pWWN の拒否 41-3

相互運用性 43-12

データベース エントリの表示 41-3

プロキシ機能 41-2

プロキシの登録 41-2

ネットワーク タイム プロトコル、

ハード ゾーン分割

説明 38-13

パスワード

DHCHAP 44-6, 44-7

管理者 3-9

管理者のデフォルト 3-11

管理者のデフォルトの設定 3-10

強力な、特性 22-2

ビット エラー

理由 32-12

ビット エラー しきい値

説明 32-12

ビット エラーしきい値

設定 32-12

ファイバ チャネル

TOV 43-3

タイムアウト値 43-1

ファブリック バインディング用の sWWN 46-4

ファイバ チャネル インターフェイス

auto ポート モードの設定 32-10

BB_credit 32-6

VSAN メンバーシップの表示 37-8

イネーブル化 32-9

管理ステート 32-5

情報の表示 32-16

ステート 32-4

設定 32-8

説明の設定 32-10

速度の設定 32-11

ディセーブル化 32-9

デフォルト設定値 32-18

動作ステート 32-5

ビット エラーしきい値の設定 32-12

フレーム カプセル化の設定 32-11

ポート チャネルからの削除 36-11

ポート モードの設定 32-10

理由コード 32-5

「インターフェイス」も参照

ファイバ チャネル ドメイン

ファブリック

「Build Fabric フレーム」も参照

ファブリック pWWN

ゾーン メンバーシップ 38-2

ファブリック、「RCF」を参照

ファブリック WWN、「fWWN」を参照

ファブリック セキュリティ

デフォルト設定値 44-11

認証 44-1

ファブリックの再設定

fcdomain フェーズ 33-1

ファブリック バインディング

DHCHAP との互換性 44-4

EFMD 46-1

EFMD 統計情報の表示(手順) 46-7

E ポートの検査 46-2

sWWN リスト 46-4

TE ポートの検査 46-2

アクティブ データベースの表示(手順) 46-7

アクティベーション 46-5

イネーブル化 46-3

違反の表示(手順) 46-7

開始プロセス 46-3

強制的なアクティブ化 46-6

強制的な非アクティベーション 46-6

コンフィギュレーション データベースの削除(手順) 46-7

コンフィギュレーション データベースの作成(手順) 46-7

コンフィギュレーション データベースへのコピー 46-6

コンフィギュレーション データベースへの保存 46-6

コンフィギュレーション ファイルへのコピー(手順) 46-7

実行 46-2

ステータスの確認 46-4

説明 46-1

ディセーブル化 46-4

データベースの削除 46-7

デフォルト設定値 46-8

統計情報のクリア 46-7

ポート セキュリティとの比較 46-1

ライセンス要件 46-1

ファブリック ポート モード、「F ポート モード」を参照

ファブリック ログイン、「FLOGI」を参照

フィールドの説明

AAA 16-1

TACACS+ 18-15

フォールト トレラント ファブリック

例(図) 40-2

プライベート VLAN

コミュニティ VLAN 7-3, 7-4

セカンダリ VLAN 7-3

端末アクセス 7-6

独立 VLAN 7-3, 7-4

プライマリ VLAN 7-3

ポート

コミュニティ 7-3

混合モード 7-3

独立 7-3

プライマリ VLAN 7-3

ブリッジ ID、「STP ブリッジ ID」を参照

フル ゾーン セット

考慮事項 38-4

配布のイネーブル化 38-14

フレーム カプセル化

設定 32-11

フロー統計情報

カウント 40-15

クリア 40-16

説明 40-15

表示 40-16

ブロードキャスト ストーム、「トラフィック ストーム制御」を参照

プロキシ

ネーム サーバの登録 41-2

ブロッキング ステート、STP 8-12

ヘルス モニタリング診断

情報 24-2

ポート

VSAN メンバーシップ 37-6

ポート セキュリティ

CFS 配信の設定 45-13

DHCHAP との互換性 44-4

WWN の識別 45-12

アクティブ化 45-6

アクティベーション 45-3

アクティベーションの拒否 45-6

イネーブル化 45-5

違反の表示(手順) 45-8

強制的なアクティベーション 45-7

許可ペアの追加 45-12

実施の仕組み 45-2

自動学習 45-2

自動学習を使用しない場合の手動設定 45-11

設定時の注意事項 45-3

設定の表示 45-21

設定の表示(手順) 45-8

ディセーブル化 45-5

データベースからのエントリの削除(手順) 45-13

デフォルト設定値 45-22

統計情報の表示(手順) 45-8

非アクティブ化 45-6

ファブリック バインディングとの比較 46-1

不正アクセスの防止 45-2

ライセンス要件 45-2

ポート セキュリティ自動学習

CFS を使用しない場合の設定時の注意事項 45-4

CFS を使用する場合の設定時の注意事項 45-4

イネーブル化 45-8

許可の例 45-10

設定の配信 45-15

説明 45-2

ディセーブル化 45-9

デバイスの許可 45-9

ポート セキュリティ データベース

結合に関する注意事項 45-16

コピー 45-19

コンフィギュレーションへのアクティブ データベースのコピー(手順) 45-8

再アクティブ化 45-7

削除 45-20

シナリオ 45-17

手動設定時の注意事項 45-5

消去 45-20

設定の表示 45-21

相互作用 45-17

ポート速度

設定 32-11

ポート チャネル 11-2

DHCHAP との互換性 44-4

show tech-support port-channel コマンド 50-15

インターフェイス ステート 36-10

インターフェイスの強制追加 36-10

インターフェイスの削除 36-11

インターフェイスの追加 36-9, 36-10

管理上のダウン 32-7

互換性チェック 36-9

誤設定エラー検出 36-6

削除 36-8

作成 36-6

順序保証 40-12

設定 36-8

設定時の注意事項 36-6

設定の確認 36-16, 36-17

説明 36-1

相互運用性 43-12

デフォルト設定値 36-17

トランキングとの比較 36-2

ファイバ チャネル ルートの設定 40-10

リンク障害 40-3

リンクの変更 40-12

ロード バランシング 36-2

ポート チャネル プロトコル

自動作成 36-13

自動作成グループを手動設定へ変更 36-15

自動作成の設定 36-14

自動生成のイネーブル化 36-14

説明 36-11

チャネル グループの作成 36-12

ポート チャネル モード

説明 36-6

ポート プライオリティ

MSTP 9-18, 9-19

ポート モード

auto 32-4

ホスト ポート

種類 7-3

マニュアル

関連資料 xxxv

その他の資料 xxxv

入手 xxxv

マルチキャスト ストーム、「トラフィック ストーム制御」を参照

ユーザ

説明 22-1

ユーザ アカウント

パスワードの特性 22-2

ユーザ ロール

AAA サーバでの指定 16-11, 16-12

ユーザ ログイン

AAA ログイン認証方式の設定 16-7

許可プロセス 16-4

認証プロセス 16-4

猶予期間のアラート

ライセンス 4-9

ユニキャスト ストーム、「トラフィック ストーム制御」を参照

読み取り専用ゾーン

デフォルト設定値 38-26

予約範囲 VLAN、「VLAN」を参照

ライセンス

Claim Certificate 4-2

PAK 4-2

アンインストール 4-7

インストール オプション 4-3

永久 4-2

キー ファイルのインストール 4-5

キー ファイルの入手 4-4

更新 4-8

手動によるインストール 4-4

使用中の機能の識別 4-6

情報の表示 4-5

スイッチ間における移動 4-10

追加 4-2

入手、プレインストール 4-3

ノードロック 4-2

バックアップ 4-6

評価 4-2

ホスト ID 4-2

ミッシング 4-2

猶予期間 4-2

猶予期間のアラート 4-9

猶予期間の満了 4-9

用語 4-2

ライセンス キー ファイル

キー ファイルのインストール 4-5

更新 4-4

説明 4-2

リダクション、MAC アドレス 8-3

理由コード

説明 32-5

リンク コスト

FSPF の設定 40-6

説明 40-6

リンク障害

単方向の検出 8-15, 9-8

ルート ガード、「STP ルート ガード」を参照

ルート コスト

計算 40-6

ルート スイッチ

MSTP 9-17

AAA 設定 16-13

連続ドメイン ID 割り当て

概要 33-13

ロード バランシング

VSAN の属性 37-5

設定 37-11

説明 36-2, 37-11

属性 37-11

ポート チャネル 36-1

保証 37-11

ロール

認証 22-1

ロールバック

制限事項 23-1

設定の確認 23-4

設定例 23-1

説明 23-1

チェックポイント コピー 23-1

チェックポイント コピーの作成 23-1

チェックポイント ファイルの削除 23-1

チェックポイント ファイルへの復帰 23-1

注意事項 23-1

デフォルト設定値 23-4

ハイ アベイラビリティ 23-1

ロールバックの実装 23-1