Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ CLI ソフト ウェア コンフィギュレーション ガイド
CLI の使用方法
CLI の使用方法
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/08/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

CLI の使用方法

CLI へのアクセス

CLI の使用

CLI コマンド モードの使用方法

コマンド モードの変更

各コマンド モードで使用可能なコマンドの一覧表示

CLI コマンド階層構造

EXEC モード コマンド

コンフィギュレーション モード コマンド

コマンドの使用方法

コマンドおよび構文の一覧表示

コマンド文字列の入力

取り消しまたはデフォルト値/条件の復元

キーボード ショートカットの使用方法

CLI 変数の使用

ユーザ定義の固定 CLI 変数

コマンド エイリアスの使用

コマンド エイリアスの定義

コマンド スクリプト

スクリプトで指定されたコマンドの実行

スクリプトでの CLI 変数の使用

遅延時間の設定

CLI の使用方法

この章では、Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)および CLI コマンド モードについて説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「CLI へのアクセス」

「CLI の使用」

「コマンドの使用方法」

「CLI 変数の使用」

「コマンド エイリアスの使用」

「コマンド エイリアスの定義」

「コマンド スクリプト」

CLI へのアクセス

このスイッチには、コンソール ポートに設置されている端末を使用して接続できます。コンソール ポート パラメータの設定方法については、「コンソール設定」を参照してください。

Telnet または SSH でスイッチに接続することもできます。このスイッチでは、同時に最大 8 つの Telnet 接続および SSH 接続がサポートされます。Telnet または SSH で接続するには、スイッチのホスト名または IP アドレスが必要になります。

スイッチへの Telnet 接続を確立する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

telnet { hostname | ip_addr }

ホストからアクセスするスイッチへの Telnet 接続を確立します。

ステップ 2

Login: admin

Password: password

認証を開始します。

キーを押します。

ステップ 3

switch# exit

セッションを終了します。

スイッチへの SSH 接続を確立する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ssh { hostname | ip_addr }

ホストからアクセスするスイッチへの SSH 接続を確立します。

CLI の使用

ここで説明する内容は次のとおりです。

「CLI コマンド モードの使用方法」

「CLI コマンド階層構造」

「EXEC モード コマンド」

「コンフィギュレーション モード コマンド」

CLI コマンド モードの使用方法

Cisco Nexus 5000 シリーズ のスイッチには、ユーザ EXEC モードとコンフィギュレーション モードという主に 2 つのコマンド モードがあります。使用可能なコマンドは実行しているモードによって異なります。各モードで使用できるコマンドのリストを表示するには、システム プロンプトに疑問符( ? )を入力します。

表 2-1 に、一般的に使われる 2 つのモードと、そのモードの開始方法、およびそこから返されるシステム プロンプトを示します。システム プロンプトから現在実行しているモードを識別して、そのモードで使用できるコマンドを判断できます。

 

表 2-1 一般的なスイッチのコマンド モード

モード
説明
開始方法
プロンプト

EXEC モード

端末の設定を一時的に変更したり、基本的なテストを実行できます。また、システム情報も表示できます。

(注) このモードで行う変更は通常保存されないため、システム リセット後には反映されません。

スイッチ プロンプトに、必要な EXEC モード コマンドを入力します。

switch#

コンフィギュレーション モード

システム全体に影響をおよぼす機能を設定できます。

(注) このモードで行う変更はシステム リセット後にも保存されます(設定を保存した場合)。

EXEC モードから、 configure terminal コマンドを入力します。

switch(config)#

コマンドを入力する際、他のコマンドと区別がつく文字数だけを入力して、コマンドおよびキーワードを省略できます。たとえば、 configure terminal コマンドを conf t に省略できます。

コマンド モードの変更

コンフィギュレーション モード(別名、端末コンフィギュレーション モード)には、いくつかのサブモードがあります。これらの各サブモードを使用すると、プロンプトよりさらに下の階層で作業できます。 exit を入力すると、スイッチは現在のレベルを 1 つ前に戻すため、ユーザは前回のレベルに戻ることができます。 end を入力すると、スイッチはユーザ EXEC レベルに戻ります。 end を入力する代わりに、コンフィギュレーション モードで Ctrl-Z を押すこともできます。

各コマンド モードで使用可能なコマンドの一覧表示

スイッチ プロンプトで疑問符( ? )を入力すると、任意のコマンド モードで使用できるコマンドを表示できます。

CLI コマンド階層構造

CLI コマンドは、同様の機能を実行するコマンドを同じレベルに集めた階層構造に編成されています。たとえば、システム、設定、またはハードウェアに関する情報を表示するコマンドはすべて show コマンドとしてグループ化されています。また、スイッチを設定できるコマンドはすべて configure terminal コマンドとしてグループ化されています。

コマンドを実行するには、階層の最上位から始めてコマンドを入力します。たとえば、インターフェイスを設定するには、 config terminal コマンドを使用します。次に、コンフィギュレーション モードが開始されるので、 interface コマンドを入力します。インターフェイス サブモードが開始され、使用できるコマンドを調べることができます。

次に、インターフェイス サブモードで使用できるコマンドを確認する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/1
switch(config-if)# ?
bandwidth Set bandwidth informational parameter
cdp Configure CDP interface parameters
channel-group Add to/remove from a port-channel
delay Specify interface throughput delay
description Enter description of maximum 80 characters
exit Exit from command interpreter
fcoe Fibre channel over ethernet configuration
fex Configure FEX fabric
flowcontrol Configure interface flowcontrol
ip Configure IP features
ipv6 Configure IPv6 features
lacp Configure LACP parameters
link Configure link
lldp Configure Interface LLDP parameters
logging Configure logging for interface
mac MAC configuration commands
no Negate a command or set its defaults
priority-flow-control Configure interface priority-flowcontrol
service-policy Configure QoS service policy
shutdown Enable/disable an interface
snmp Modify SNMP interface parameters
spanning-tree Spanning Tree Subsystem
speed Enter the port speed
storm-control Configure Interface storm control
switchport Configure switchport parameters
untagged default to use for untagged packets on interface

EXEC モード コマンド

スイッチ上でセッションを開始する場合、最初は EXEC モードから始めます。この EXEC モードから、コンフィギュレーション モードを開始できます。EXEC コマンドは、現在の設定状態を表示する show コマンドのような 1 回限りのコマンドがほとんどです。

次のコマンドは EXEC モードで使用できます。

switch# ?
attach Connect to a specific linecard
callhome callhome commands
cd Change current directory
check run consistency check on external storage device
clear Reset functions
cli CLI commands
clock Manage the system clock
configure Enter configuration mode
copy Copy from one file to another
debug Debugging functions
debug-filter Enable filtering for debugging functions
delete delete a file
dir list files in a directory
discover discover information
echo echo argument back to screen (usefull for run script)
end Exit configuration mode
ethanalyzer Configure cisco fabric analyzer
exit Exit from command interpreter
fcping Ping an N-Port
fctrace Trace the route for an N-Port.
fex FEX control commands
find Find a file below the current directory
format Format disks
gunzip Uncompresses LZ77 coded files
gzip Compresses file using LZ77 coding
install upgrade software
license Enter the license configuration mode
mkdir Create new directory
move Move files
no Negate a command or set its defaults
ntp Execute NTP commands
ping Test network reachability
ping6 Test IPv6 network reachability
purge Deletes unused data
pwd View current directory
reload Reboot the entire box
rmdir Delete a directory
routing-context Set the routing context
run-script Run shell scripts
san-port-channel Port-Channel related commands
send Send message to open sessions
session Configure session preferences
setup Run the basic SETUP command facility
show Show running system information
sleep Sleep for the specified number of seconds
ssh SSH to another system
ssh6 SSH to another system
system System management commands
tac-pac save tac information to a specific location
tail Display the last part of a file
telnet Telnet to another system
telnet6 Telnet6 to another system
terminal Set terminal line parameters
terminate Terminates a config session
test test command
traceroute Traceroute to destination
traceroute6 Traceroute6 to destination
undebug Disable Debugging functions (See also debug)
unmount unmount compact flash disk or usb drive
update Update license
where shows the cli context you are in
write Write current configuration
xml xml agent
zone Execute Zone Server commands
zoneset Execute zoneset commands

コンフィギュレーション モード コマンド

コンフィギュレーション モードでは、既存の設定を変更できます。変更した設定を保存すると、スイッチの再起動後も変更内容が保存されます。コンフィギュレーション モードでは、インターフェイス コンフィギュレーション モード、ゾーン コンフィギュレーション モード、およびプロトコルに特化したさまざまなモードを開始できます。コンフィギュレーション モードは、すべてのコンフィギュレーション コマンドの開始地点となります。

次のコマンドはコンフィギュレーション モードで使用できます。

switch# configure terminal
switch(config)# ?
aaa Configure aaa functions
banner Configure banner message
boot Configure boot variables
callhome Enter the callhome configuration mode
cdp Configure CDP parameters
cfs CFS configuration commands
class-map Configure class-map
cli Configure CLI aliases
clock Configure time-of-day clock
device-alias Device-alias configuration commands
diagnostic Diagnostic commands
end Exit configuration mode
exit Exit from command interpreter
fabric-binding Fabric Binding configuration
fcalias Fcalias configuration commands
fcdomain Enter the fcdomain configuration mode
fcdroplatency configure switch or network latency
fcflow Configure fcfloww
fcid-allocation Add/remove company id(or OUIs) from auto area list
fcinterop Interop commands
fcns name server configuration
fcroute Configure FC routes
fcs Configure Fabric Config Server
fcsp Config commands for FC-SP
fctimer configure fibre channel timers
fdmi config commands for FDMI
feature Command to enable/disable features
fex FEX configuration
fspf Configure fspf
hostname Configure system's host name
hw-module Enable/Disable OBFL information
in-order-guarantee set in-order delivery guarantee
interface Configure interfaces
ip Configure IP features
ipv6 Configure IPv6 features
lacp Configure LACP parameters
license Modify license features
line Configure a terminal line
lldp Configure global LLDP parameters
logging Modify message logging facilities
mac MAC configuration commands
mac-address-table MAC Address Table
monitor Ethernet SPAN
no Negate a command or set its defaults
npiv Nx port Id Virtualization (NPIV) feature enable
npv Config commands for FC N_port Virtualizer
ntp NTP Configuration
policy-map Configure policy-map
port-channel Configure port channel parameters
port-security Configure Port Security
port-track Configure Switch port track config
privilege Command privilege parameters
radius-server Configure RADIUS related parameters
resequence Resequence a list with sequence numbers
rib Configure RIB parameters
rlir config commands for RLIR
rmon Remote Monitoring
role Configure roles
rscn config commands for RSCN
scsi-target scsi-target configuration
show Show running system information
snmp-server Configure snmp server
spanning-tree Spanning Tree Subsystem
ssh Configure SSH parameters
switchname Configure system's host name
system system config command
system System management commands
tacacs+ Enable tacacs+
telnet Enable telnet
track Object tracking configuration commands
trunk Configure Switch wide trunk protocol
username Configure user information.
vlan Vlan commands
vrf Configure VRF parameters
vsan Enter the vsan configuration mode
wwn Set secondary base MAC addr and range for additional WWNs
xml xml agent
zone Zone configuration commands
zoneset Zoneset configuration commands

コマンドの使用方法

CLI を 2 つの方法で機能するように設定できます。この 2 つの方法は、CLI プロンプトでコマンドを入力してインタラクティブに設定する方法、またはスイッチ設定情報を含む ASCII ファイルを作成する(CLI を使用してファイルを編集し、アクティブ化する)方法です。

コマンドおよび構文の一覧表示

すべてのコマンド モードで、疑問符(?)を入力すると、使用できるコマンドのリストを表示できます。

switch# ?

特定の文字シーケンスで始まるコマンドの一覧を表示するには、それらの文字を入力したあとに疑問符(?)を入力します。疑問符の前にスペースを入れないでください。

switch# co?
configure copy

キーワードまたは引数のリストを表示するには、キーワードまたは引数の代わりに疑問符を入力します。疑問符の前にスペースを 1 つ入れてください。この形式のヘルプをコマンド構文ヘルプと呼びます。入力したコマンド、キーワード、および引数に基づいて、使用できるキーワードまたは引数を表示するためです。

switch# # configure ?
<CR>
terminal Configure the system from terminal input

ヒント コマンドを入力してエラーになる場合は、システム プロンプトをチェックし、疑問符(?)を入力して使用可能なコマンドの一覧を表示してください。コマンド モードが間違っているか、間違った構文を使用している可能性があります。


コマンド文字列の入力

どのコマンド モードでも、特定のコマンドの文字列を入力して、すぐに Tab キーを押すと残りのコマンドを完了させることができます。

switch (config)# ro<Tab>
switch (config)# role <Tab>
switch (config)# role name

この形式のヘルプをコマンド補完機能と呼びます。この機能はコマンドの文字を補完します。入力した文字に対して、複数のオプションがある場合、それらの文字に一致するすべてのオプションが表示されます。

取り消しまたはデフォルト値/条件の復元

すべてのコマンドで no 形式を入力して、次の操作を実行できます。

誤って入力したコマンドを取り消す

zone member コマンドを入力した場合、このコマンドの結果を次のようにして取り消すことができます。

switch(config)# zone name test vsan 1
switch(config-zone)# member pwwn 12:12:12:12:12:12:12:12
switch(config-zone)# no member pwwn 12:12:12:12:12:12:12:12
WARNING: Zone is empty. Deleting zone test. Exit the submode.
switch(config-zone)#

作成したファシリティを削除する

作成したゾーンを削除する場合は次のようになります。

switch(config)# zone name test vsan 1
switch(config-zone)# exit
switch(config)# no zone name test vsan 1
switch(config)#

ゾーン コンフィギュレーション サブモードをまだ終了していない場合、test というゾーン ファシリティは削除できません。最初にゾーン サブモードを終了し、コンフィギュレーション モードに戻る必要があります。

デフォルト値に戻す

zone merge-control restrict vsan コマンドを入力した場合、このコマンドの結果を次のようにして取り消すことができます。

switch(config)# zone merge-control restrict vsan 10
switch(config)# no zone merge-control restrict vsan 10
switch(config)#

キーボード ショートカットの使用方法

コンフィギュレーション モードまたはサブモードのプロンプトから、EXEC モードのコマンドを実行できます。コンフィギュレーション モード内のすべてのサブモードから、このコマンドを入力できます。コマンドは EXEC レベルで実行され、その後、次の例のように、プロンプトが現在のモード レベルに戻って再開されます。

switch(config)# terminal session-timeout 0
switch(config)#

上記の例の terminal session-timeout は EXEC モードのコマンドです。

表 2-2 に、EXEC モードとコンフィギュレーション モードの両方で使用できる便利なコマンド キーを示します。

 

表 2-2 便利なコマンド キー

コマンド
説明

Ctrl-P

履歴を上へ

Ctrl-N

履歴を下へ

Ctrl-X-H

履歴の一覧表示

Alt-P

履歴を後方へ検索

は前に入力したコマンドを完成させる点です。

Alt-N

履歴を前方へ検索

Ctrl-G

Exit

Ctrl-Z

End

Ctrl-L

セッションのクリア

表 2-3 では、一般的に使用するコンフィギュレーション サブモードについて説明します。

 

表 2-3 一般的なコンフィギュレーション サブモード

サブモード名
コンフィギュレーション モードからの入力例
サブモードのプロンプト

コール ホーム

callhome

switch(config-callhome)#

FCS 登録

fcs register

switch(config-fcs-register)#

FCS 登録サブモードから

platform name name vsan vsan-id

switch(config-fcs-register-attrib)#

ファイバ チャネル エイリアス

fcalias name name vsan vsan-id

switch(congif-fcalias)#

FSPF

fspf config vsan vsan-id

switch(config-(fspf-config))#

インターフェイス コンフィギュレーション

interface type slot/port

switch(config-if)#

ライン コンソール

line console

switch(config-console)

仮想端末回線

line vty

switch(config-line)#

ロール

role name

switch(config-role)#

VLAN

vlan

switch(config-vlan)#

VSAN データベース

vsan database

switch(config-vsan-db)#

ゾーン

zone name string vsan vsan-id

switch(config-zone)#

ゾーン セット

zoneset name name vsan vsan-id

switch(config-zoneset)#

CLI 変数の使用

Cisco Nexus 5000 シリーズ CLI パーサーは CLI コマンドでの変数の定義および使用をサポートします。CLI 変数は次のように使用できます。

コマンドラインで直接入力する。

run-script コマンドを使用して開始された子スクリプトに渡す。

親シェルで定義した変数は子 run-script コマンド プロセスで使用できます(「スクリプトで指定されたコマンドの実行」を参照)。

run-script コマンドのコマンドライン引数として渡す(「スクリプトで指定されたコマンドの実行」を参照)。

CLI 変数には次の特性があります。

入れ子状態の参照を使用しても、別の変数から変数を参照できません。

スイッチを再起動して、使用できる固定変数を定義できます。

参照できるのは 1 つの定義済みシステム変数、TIMESTAMP 変数だけです。

ユーザ定義の固定 CLI 変数

EXEC モードで cli var name コマンドを使用すると、CLI セッションの間だけ有効な CLI セッション変数を定義できます。CLI セッション変数は定期的に実行するスクリプトに役立ちます。

次に、ユーザ定義の CLI セッション変数を作成する例を示します。

switch# cli var name testinterface fc 1/1

$(variable) 構文を使用して変数を参照できます。次に、ユーザ定義の CLI セッション変数を参照する例を示します。

switch# show interface $(testinterface)
fc2/1 is up
Hardware is Fibre Channel, SFP is short wave laser w/o OFC (SN)
Port WWN is 20:01:00:0d:ec:0e:1d:00
Admin port mode is auto, trunk mode is on
snmp traps are enabled
Port mode is F, FCID is 0x01000b
Port vsan is 1
Speed is 2 Gbps
Transmit B2B Credit is 7
Receive B2B Credit is 16
Receive data field Size is 2112
Beacon is turned off
5 minutes input rate 256 bits/sec, 32 bytes/sec, 1 frames/sec
5 minutes output rate 256 bits/sec, 32 bytes/sec, 1 frames/sec
232692 frames input, 7447280 bytes
0 discards, 0 errors
0 CRC, 0 unknown class
0 too long, 0 too short
232691 frames output, 7448692 bytes
0 discards, 0 errors
0 input OLS, 0 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
1 output OLS, 1 LRR, 0 NOS, 1 loop inits
16 receive B2B credit remaining
7 transmit B2B credit remaining

ユーザ定義の CLI セッション変数を表示するには、 show cli variables コマンドを使用します。次に、ユーザ定義の CLI セッション変数を表示する例を示します。

switch# show cli variables
VSH Variable List
-----------------
TIMESTAMP="2005-10-24-21.29.33"
testinterface="fc 1/1"

ユーザ定義の CLI セッション変数を削除するには、 cli no var name コマンドを使用します。次に、ユーザ定義の CLI セッション変数を削除する例を示します。

switch# cli no var name testinterface

コマンド エイリアスの使用

コマンド エイリアスには、次の特性があります。

コマンド エイリアスはすべてのユーザ セッションに対してグローバルです。

コマンド エイリアスは再起動後も保存されます。

エイリアスを付けたコマンドは省略せずに完全に入力する必要があります。

コマンド エイリアス変換は常にすべてのコンフィギュレーション モードまたはサブモードのすべてのキーワードの中で最優先されます。

コマンド エイリアスのサポートはスイッチング モジュールではなく、スーパーバイザ モジュールでだけ利用できます。

コマンド エイリアスの設定は他のユーザ セッションに対して直ちに有効になります。

デフォルトのコマンド エイリアス alias を変更できません。これは show cli alias コマンドのエイリアスです。

コマンド エイリアスのネスティングは最大深度 1 まで許容されます。1 つのコマンド エイリアスは、有効なコマンドを参照する必要がある別のコマンド エイリアスを参照できますが、その他のコマンド エイリアスは参照できません。

コマンド エイリアスは必ず、コマンドラインの最初のコマンド キーワードを置き換えます。

すべてのコンフィギュレーション サブモードまたは EXEC モードで、コマンドのコマンド エイリアスを定義できます。

コマンド エイリアスの定義

コマンド エイリアスは、コンフィギュレーション モードで cli alias name コマンドを使用して定義できます。

次に、コマンド エイリアスを定義する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# cli alias name eth interface ethernet
switch(config)# cli alias name shintbr show interface brief
switch(config)# cli alias name shfcintup shintbr | include up | include fc

スイッチで定義されたコマンド エイリアスは、デフォルトのコマンド エイリアス alias を使用して表示できます。

次に、スイッチで定義されているコマンド エイリアスを表示する例を示します。

switch# alias
CLI alias commands
==================
alias :show cli alias
gigint :interface gigabitethernet
shintbr :show interface brief
shfcintup :shintbr | include up | include fc

コマンド スクリプト

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「スクリプトで指定されたコマンドの実行」

「スクリプトでの CLI 変数の使用」

「遅延時間の設定」

スクリプトで指定されたコマンドの実行

run-script コマンドは、ファイルに指定されたコマンドを実行します。このコマンドを使用する場合、ファイルが作成され、正しい順番でコマンドが指定されていることを確認してください。


) スクリプト ファイルは、スイッチ プロンプトで作成できません。外部装置上でスクリプト ファイルを作成し、bootflash: ディレクトリにコピーすることはできます。ここでは、スクリプト ファイルが bootflash: ディレクトリにすでにあることを前提としています。


このコマンドの構文は、 run-script filename です。

次に、bootflash: ディレクトリにある testfile に指定されている CLI コマンドを表示する例を示します。

switch# show file bootflash:testfile
configure terminal
interface fc 3/1
no shutdown
end
show interface fc 3/1

次に、testfile の内容を実行した run-script コマンドの出力結果を示します。

switch# run-script bootflash:testfile
'configure terminal'
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
'interface fc 3/1'
'no shutdown'
'end'
'show interface fc 3/1'
fc3/1 is trunking
Hardware is Fibre Channel, SFP is short wave laser w/o OFC (SN)
Port WWN is 20:81:00:0d:ec:6b:cd:c0
Peer port WWN is 20:01:00:0d:ec:0d:d0:00
Admin port mode is auto, trunk mode is on
snmp link state traps are enabled
Port mode is TE
Port vsan is 1
Speed is 2 Gbps
Transmit B2B Credit is 255
Receive B2B Credit is 16
Receive data field Size is 2112
Beacon is turned off
Trunk vsans (admin allowed and active) (1)
Trunk vsans (up) (1)
Trunk vsans (isolated) ()
Trunk vsans (initializing) ()
5 minutes input rate 96 bits/sec, 12 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 64 bits/sec, 8 bytes/sec, 0 frames/sec
77423 frames input, 6708868 bytes
0 discards, 0 errors
0 CRC, 0 unknown class
0 too long, 0 too short
77302 frames output, 4184976 bytes
0 discards, 0 errors
1 input OLS, 2 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
1 output OLS, 0 LRR, 1 NOS, 0 loop inits
16 receive B2B credit remaining
255 transmit B2B credit remaining

スクリプトでの CLI 変数の使用

cli var コマンドで定義された CLI 変数(「CLI 変数の使用」を参照)、または run-script コマンドで引数として渡された CLI 変数を使用できます。

次に、 run-script コマンドで使用されるスクリプト ファイル内での CLI セッション変数の使用例を示します。

switch# cli var name testinterface fc 1/1
switch# show file bootflash:test1.vsh
show interface $(testvar)
switch# run-script bootflash:test1.vsh
`show interface $(testvar)`
fc2/1 is down (SFP not present)
Hardware is Fibre Channel
Port WWN is 20:01:00:05:30:00:8e:1e
Admin port mode is auto, trunk mode is on
Port vsan is 1
Receive data field Size is 2112
Beacon is turned off
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
1 frames input, 128 bytes
0 discards, 0 errors
0 CRC, 0 unknown class
0 too long, 0 too short
1 frames output, 128 bytes
0 discards, 0 errors
0 input OLS, 0 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
0 output OLS, 0 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
0 receive B2B credit remaining
0 transmit B2B credit remaining

次に、CLI セッション変数を子 run-script コマンド プロセスへの引数として渡す例を示します。

switch# show file bootflash:test1.vsh
show interface $(var1) $(var2)
switch# run bootflash:test2.vsh var1="fc2/1" var2="brief"
`show interface $(var1) $(var2)`
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Vsan Admin Admin Status SFP Oper Oper Port
Mode Trunk Mode Speed Channel
Mode (Gbps)
-------------------------------------------------------------------------------
fc2/1 1 auto on sfpAbsent -- -- -- \

遅延時間の設定

sleep コマンドを実行すると、特定のアクションが指定の秒数の間、遅延されます。

このコマンドの構文は、 sleep seconds です。

switch# sleep 30

この場合、30 秒後にスイッチ プロンプトが再表示されます。このコマンドはスクリプト内で役立ちます。たとえば、次のような test-script というコマンド スクリプトが作成されているとします。

switch# show file bootflash:test-script
discover scsi-target remote
sleep 10
show scsi-target disk
switch# run-script bootflash:test-script

test-script コマンド スクリプトを実行すると、スイッチ ソフトウェアは discover scsi-target remote コマンドを実行したあと、10 秒待機してから、 show scsi-target disk コマンドを実行します。