Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ CLI ソフト ウェア コンフィギュレーション ガイド
MST の設定
MST の設定
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/08/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

MST の設定

MST について

MST の概要

MST 領域

MST BPDU

MST 設定情報

IST、CIST、CST

IST、CIST、CSTの概要

MST 領域内でのスパニング ツリーの動作

MST 領域間のスパニング ツリー動作

MST の用語

ホップ カウント

境界ポート

単方向リンク障害の検出

ポート コストおよびポート プライオリティ

IEEE 802.1D との相互運用性

Rapid PVST+ との相互操作性:PVST シミュレーションの概要

MST の設定

MST 設定時の注意事項

MST のイネーブル化

MST コンフィギュレーション モードの開始

MST 名の指定

MST 設定のリビジョン番号の指定

MST 領域での設定の指定

MSTI への VLAN のマッピングおよびマッピング解除

プライベート VLAN のプライマリ VLAN と同じ MSTI へのセカンダリ VLAN のマッピング

ルート ブリッジの設定

セカンダリ ルート ブリッジの設定

ポート プライオリティの設定

ポート コストの設定

スイッチ プライオリティの設定

hello タイムの設定

転送遅延時間の設定

最大エージング タイムの設定

最大ホップ カウントの設定

PVST シミュレーションのグローバル設定

PVST シミュレーションのポートごとの設定

リンク タイプの指定

プロトコルの再起動

MST 設定の確認

MST の設定

IEEE 802.1s 標準である Multiple Spanning Tree(MST)では、複数の VLAN を 1 つのスパニング ツリー インスタンスに割り当てることができます。MST はデフォルトのスパニング ツリー モードではありません。デフォルト モードは Rapid per VLAN Spanning Tree(Rapid PVST+)です。名前、リビジョン番号、VLAN/インスタンス マッピングが同じである複数の MST Instance(MSTI; MST インスタンス)によって MST 領域が形成されます。その領域外のスパニング ツリー設定には、MST 領域が単一のブリッジのように見えます。MST は、隣接スイッチから 802.1D メッセージを受信すると、IEEE 802.1D Spanning Tree Protocol(STP)にフェールオーバーします。


) スパニング ツリーという用語は、IEEE 802.1w および IEEE 802.1s を表します。IEEE 802.1D STP について説明している箇所では、802.1D と明記します。


この章の内容は、次のとおりです。

「MST について」

「MST の設定」


) STP および Rapid PVST+ の詳細については、第 8 章「Rapid PVST+ の設定」を参照してください。STP 拡張の詳細については、第 10 章「STP 拡張機能の設定」を参照してください。


MST について

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「MST の概要」

「MST 領域」

「MST BPDU」

「MST 設定情報」

「IST、CIST、CST」

「ホップ カウント」

「境界ポート」

「単方向リンク障害の検出」

「ポート コストおよびポート プライオリティ」

「IEEE 802.1D との相互運用性」

「Rapid PVST+ との相互操作性:PVST シミュレーションの概要」

MST の概要


) MST をイネーブルにする必要があります。デフォルトのスパニング ツリー モードは Rapid PVST+ です。


MST は複数の VLAN を 1 つのスパニング ツリー インスタンスにマッピングします。それぞれのインスタンスには、その他のスパニング ツリー インスタンスに依存しないスパニング ツリー トポロジがあります。このアーキテクチャにより、データ トラフィックに複数の転送パスが提供され、ロード バランシングが有効になり、多くの VLAN のサポートに必要となる STP インスタンスの数が減ります。MST ではネットワークの耐障害性が向上します。あるインスタンス(転送パス)で障害が発生しても、その他のインスタンス(転送パス)は影響されないからです。

それぞれの MSTI は IEEE 802.1w 標準を使用するので、MST では明示的なハンドシェイクによって高速収束が提供されます。このために 802.1D の転送遅延がなくなり、ルート ブリッジ ポートおよび指定ポートがフォワーディング ステートに迅速に移行します。明示的なハンドシェイク合意の詳細については、 第 8 章「Rapid PVST+ の設定」 を参照してください。

MST の使用中は、MAC アドレス リダクションが常にイネーブルになります。(MAC アドレス リダクションの詳細については、 第 8 章「Rapid PVST+ の設定」 を参照してください)。この機能はディセーブルにできません。

MST ではスパニング ツリーの動作が改善され、次の STP バージョンとの下位互換性が維持されます。

オリジナルの 802.1D スパニング ツリー

Rapid PVST+


) • IEEE 802.1w で Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP; 高速スパニング ツリー プロトコル)が定義され、IEEE 802.1D に組み込まれました。

IEEE 802.1s で MST が定義され、IEEE 802.1Q に組み込まれました。


 

MST 領域

スイッチが MSTI に参加できるようにするには、同一の MST 設定情報でスイッチの設定に整合性を持たせる必要があります(「MST 設定情報」を参照)。

MST 設定が同一である、相互に接続したスイッチの集合は、MST 領域になります。MST 領域は、同一の MST 設定を持つ、リンクされた MST ブリッジ グループです。

MST 設定により、各スイッチが属する MST 領域が制御されます。この設定には、領域名、リビジョン番号、MST VLAN/インスタンス割り当てマップが含まれます。

1 つの領域には、MST 設定が同一である、1 つ以上ののメンバを含めることができます。各メンバには、802.1w Bridge Protocol Data Unit(BPDU; ブリッジ プロトコル データ ユニット)を処理する機能が必要です。ネットワーク内での MST 領域の数に関する制限はありません。

各領域では、65 までの MSTI をサポートできます。インスタンスは、1 ~ 4094 の範囲の数値で識別します。インスタンス 0 は特別なインスタンス(Internal Spanning Tree [IST])用に予約されています。VLAN は、一度に 1 つの MSTI だけに割り当てることができます。IST の詳細については、「IST、CIST、CST」を参照してください。

隣接 MST 領域、その他の Rapid PVST+ 領域、802.1D スパニング ツリー プロトコルには、MST 領域が単一のブリッジのように見えます。


) ネットワークを多数の領域に分割することは推奨しません。


MST BPDU

それぞれの領域には MST BPDU が 1 つだけあり、その BPDU は領域内の MSTI ごとに M レコードを伝送します(図 9-1を参照)。IST だけが MST 領域の BPDU を送信します。すべての M レコードは、IST が送信する 1 つの BPDU でカプセル化されています(IST の詳細については、「IST、CIST、CSTの概要」を参照してください)。MST BPDU はすべてのインスタンスの情報を伝送するので、MSTI をサポートするために処理する必要がある BPDU の数は大幅に削減されます。

図 9-1 MSTI の M レコードを含む MST BPDU

MST 設定情報

1 つの MST 領域内のすべてのスイッチで MST 設定を一致させる必要がある場合、ユーザ側で設定します。

MST 設定の次の 3 つのパラメータを設定できます。

名前:MST 領域を識別する 32 文字の文字列(ヌル パディング、ヌルで終了)。

リビジョン番号:符号なしの 16 ビットの番号であり、現在の MST 設定のリビジョンを識別します。


) MST 設定の一部として必要な場合、リビジョン番号を設定する必要があります。MST 設定をコミットするたびにリビジョン番号が自動的に増加することはありません


MST 設定テーブル:4096 個の要素があるテーブルであり、サポートされる 4094 個の各 VLAN を、最初(0)と最後の要素(4095)を 0 に設定した特定のインスタンスに関連付けます。要素番号の X の値は、VLAN X がマッピングされているインスタンスを表します。


注意 VLAN/MSTI マッピングを変更すると、MST は再起動されます。

MST BPDU にはこの 3 つの設定パラメータが含まれます。この 3 つの設定パラメータが正確に一致する場合に限り、MST ブリッジは自分の領域に MST BPDU を受け入れます。設定アトリビュートが 1 つでも異なる場合、MST ブリッジは、その BPDU が別の MST 領域からのものであると見なします。

IST、CIST、CST

ここでは、IST、Common and Internal Spanning Tree(CIST)、Common Spanning Tree(CST)について説明します。

「IST、CIST、CSTの概要」

「MST 領域内でのスパニング ツリーの動作」

「MST 領域間のスパニング ツリー動作」

「MST の用語」

IST、CIST、CSTの概要

すべての STP インスタンスが独立している Rapid PVST+ とは異なり(この主題に関する詳細については、 第 8 章「Rapid PVST+ の設定」 を参照してください)、MST は、IST、CIST、CST のスパニング ツリーを次のように確立して維持します。

IST は、MST 領域で動作するスパニング ツリーです。

MST は、それぞれの MST 領域内で追加のスパニング ツリーを確立して維持します。このスパニング ツリーは、MSTI と呼ばれます。

インスタンス 0 は領域の特別なインスタンスであり、IST と呼ばれます。IST はすべてのポートに常に存在します。IST、つまりインスタンス 0 は削除できません。デフォルトの場合、すべての VLAN は IST に割り当てられます。その他すべての MSTI には、1 ~ 4094 の番号が付けられます。

IST は、BPDU を送受信する唯一の STP インスタンスです。その他すべての MSTI 情報は MST レコード(M レコード)に含まれ、MST BPDU 内でカプセル化されます。

同一領域内のすべての MSTI は同一プロトコル タイマーを共有しますが、それぞれの MSTI には、ルート ブリッジ ID やルート パス コストなど、独自のトポロジ パラメータがあります。

MSTI は領域に対してローカルです。たとえば領域 A の MSTI 9 は、領域 A と B が相互に接続されていたとしても、領域 B の MSTI 9 からは独立しています。

CST は、ネットワークで動作する MST 領域および 802.1D と 802.1w STP のすべてのインスタンスを相互接続します。CST はブリッジ型ネットワーク全体の 1 つの STP インスタンスであり、すべての MST 領域および 802.1w と 802.1D インスタンスを網羅します。

CIST は、それぞれの MST 領域における IST の集合です。CIST は、MST 領域内の IST 、および MST 領域外の CST と同じです。

MST 領域内で計算されるスパニング ツリーは、スイッチド ドメイン全体を網羅する CST 内のサブツリーのように見えます。CIST は、802.1w、802.1s、802.1D 標準をサポートするスイッチで動作するスパニング ツリー アルゴリズムによって形成されます。MST 領域内の CIST は、領域外の CST と同じです。

詳細については、「MST 領域内でのスパニング ツリーの動作」および「MST 領域間のスパニング ツリー動作」を参照してください。

MST 領域内でのスパニング ツリーの動作

IST は、領域内のすべての MST スイッチを接続します。IST が収束すると、IST のルートは、図 9-2 のように CIST リージョナル ルートになります。ネットワークに領域が 1 つしかない場合、CIST リージョナル ルートは CIST ルートにもなります。CIST ルートが領域外にある場合、プロトコルは、領域の境界にあるいずれかの MST スイッチを CIST リージョナル ルートとして選択します。

MST スイッチは、初期化されると、CIST のルートおよび CIST リージョナル ルートとして自分自身を識別する BPDU を送信します。BPDU では、CIST ルートのパス コストおよび CIST リージョナル ルートへのパス コストの両方がゼロに設定されます。このスイッチはすべての MSTI も初期化し、そのすべてのルートであることを申告します。このスイッチは、ポートで現在保存されている情報よりも優位の MST ルート情報(低いスイッチ ID や低いパス コストなど)を受信すると、CIST リージョナル ルートとしての申告を放棄します。

初期化中に、MST 領域には多くのサブ領域が含まれることがあり、それぞれに独自の CIST リージョナル ルートが含まれることがあります。スイッチは、同一領域のネイバーから優位 IST 情報を受信すると、古いサブ領域を離れ本来の CIST リージョナル ルートを含む新しいサブ領域に加わります。この処理により、本来の CIST リージョナル ルートを含むサブ領域を除き、すべてのサブ領域が縮小されます。

MST 領域内のすべてのスイッチは、同一 CIST リージョナル ルートで合意する必要があります。領域内の 2 つのスイッチは、共通 CIST リージョナル ルートに収束する場合、MSTI のポート ロールを同期化します。

MST 領域間のスパニング ツリー動作

領域または 802.1w か 802.1D の STP インスタンスがネットワーク内に複数ある場合、MST は CST を確立して維持します。これには、ネットワークのすべての MST 領域およびすべての 802.1w と 802.1D の STP スイッチが含まれます。MSTI は領域の境界にある IST と組み合さって CST になります。

IST は領域内のすべての MST スイッチを接続し、スイッチド ドメイン全体を網羅する CIST でサブツリーのように見えます。サブツリーのルートは CIST リージョナル ルートです。隣接する STP スイッチおよび MST 領域には、MST 領域が仮想スイッチのように見えます。

図 9-2 に、3 つの MST 領域と 1 台の 802.1D スイッチ(D)を含むネットワークを示します。領域 1(A)の CIST リージョナル ルートは CIST ルートでもあります。領域 2(B)の CIST リージョナル ルートおよび領域 3(C)の CIST リージョナル ルートは、CIST 内のそれぞれのサブツリーのルートです。

図 9-2 MST 領域、CIST リージョナル ルート、CST ルート

 

CST インスタンスだけが BPDU を送受信します。MSTI はスパニング ツリー情報を BPDUに M レコードとして追加して隣接スイッチとやり取りし、最終的なスパイング ツリー トポロジを計算します。このため、BPDU 伝送に関するスパニング ツリー パラメータ( hello タイム、転送時間、最大エージング タイム、最大ホップ数など)は、CST インスタンスだけで設定されますが、すべての MSTI に影響します。スパニング ツリー トポロジに関するパラメータ(スイッチ プライオリティ、ポート VLAN コスト、ポート VLAN プライオリティなど)は、CST インスタンスと MSTI の両方で設定できます。

MST スイッチは、バージョン 3 BPDU または 802.1D STP BPDU を使用して 802.1D 専用スイッチと通信します。MST スイッチは MST BPDU を使用し、MST スイッチと通信します。

MST の用語

MST 命名規則には、一部の内部パラメータまたは領域パラメータの識別情報が含まれます。ネットワーク全体で使用される外部パラメータと異なり、これらのパラメータは MST 領域内だけで使用されます。CIST だけがネットワーク全体にわたる唯一のスパニング ツリー インスタンスなので、CIST パラメータでだけ外部修飾子が必要となり、内部修飾子や領域修飾子は必要ありません。MST トポロジは次のとおりです。

CIST ルートは CIST のルート ブリッジであり、ネットワーク全体に広がる唯一のインスタンスです。

CIST 外部ルート パス コストは CIST ルートへのコストです。このコストは MST 領域内で変化しません。CIST には、MST 領域が単一のスイッチのように見えます。CIST 外部ルート パス コストは、この仮想スイッチ、およびどの領域にも属さないスイッチの間で計算されるルート パス コストです。

CIST ルートが領域内にある場合、CIST リージョナル ルートは CIST ルートです。CIST ルートが領域内にない場合、CIST リージョナル ルートは領域内の CIST ルートに最も近いスイッチです。CIST リージョナル ルートは、IST のルート ブリッジとして動作します。

CIST 内部ルート パス コストは、領域内の CIST リージョナル ルートへのコストです。このコストは、IST であるインスタンス 0 にだけ関連します。

ホップ カウント

MST は、コンフィギュレーション BPDU のメッセージ エージング タイムと最大エージング タイムの情報を使用せずに MST 領域内で STP トポロジを計算します。その代わりにプロトコルは、ルートへのパス コスト、および IP Time-To-Live(TTL; 存続可能時間)メカニズムに似たホップカウント メカニズムを使用します。

spanning-tree mst max-hops グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用すると、領域内で最大ホップ数を設定し、その領域の IST および すべての MSTI に適用できます。

ホップ カウントは、メッセージ エージング タイムの情報と同じ結果になります(再設定をトリガー)。インスタンスのルート ブリッジは、コストを 0、ホップ カウントを最大値に設定して BPDU(または M レコード)を常に送信します。スイッチは、この BPDU を受信すると、受信した残存ホップ カウントから 1 を差し引き、生成する BPDU の残存ホップ カウントとしてこの値を伝播します。カウントがゼロに達すると、スイッチは BPDU を廃棄し、ポート用に維持されている情報をエージングします。

BPDU の 802.1w 部分のメッセージ エージング タイムと最大エージング タイムの情報は、領域全体で同じままで(IST のみ)、境界の領域指定ポートによって同じ値が伝播されます。

最大エージング タイムは、再設定を行うまでにスパニング ツリー設定メッセージの受信せずに、スイッチが待機する秒数として設定します。

境界ポート

境界ポートは LAN に接続するポートです。つまり、MST 設定が異なる(別々の MST 領域の)ブリッジ、Rapid PVST+ ブリッジ、802.1D STP ブリッジのうちいずれかの代表ブリッジに接続します。指定ポートは、STP ブリッジを検出するか、設定が異なる MST ブリッジまたは Rapid PVST+ ブリッジから合意提案を受信した場合、自分が境界にいることを認識します。この定義では、領域内部の 2 つのポートが、別の領域に属するポートとセグメントを共有でき、そのため内部メッセージおよび外部メッセージの両方をポートで受信する可能性があります(図 9-3を参照)。

図 9-3 MST 境界ポート

 

境界では MST ポートのロールは重要ではありません。ステートは IST ポート ステートと同じになります。境界フラグがポートに設定されると、MST ポートのロール選択プロセスは、ポート ロールを境界に割り当て、IST ポートのステートと同じステートを割り当てます。境界の IST ポートは、バックアップ ポート ロール以外のどのポート ロールも受け入れられます。

単方向リンク障害の検出

現在、この機能は IEEE MST 標準には含まれていませんが、標準に準拠した実装に組み込まれています。ソフトウェアは受信 BPDU のポート ロールとステートの一貫性を確認し、ブリッジング ループの原因となる可能性がある単方向リンク障害を検出します。

指定ポートは、不一致を検出すると、そのロールを維持しますが、廃棄ステートに戻ります。不一致の場合に接続が中断される方が、ブリッジング ループに陥るより好ましいからです。

図 9-4 に、一般的にブリッジング ループの原因となる単方向リンク障害を示します。スイッチ A はルート ブリッジであり、その BPDU はスイッチ B へのリンクで失われます。Rapid PVST+(802.1w)と MST BPDU には、送信側ポートのロールおよびステートが含まれます。スイッチ A はこの情報を使用し、送信した優位 BPDU にスイッチ B が反応しないこと、およびスイッチ B が指定ポートであってルート ポートでないことを検出できます。その結果、スイッチ A はそのポートをブロックするので(またはブロックし続けるので)、ブリッジング ループが防止されます。ブロックは STP 不一致として示されます。

図 9-4 単方向リンク障害の検出

 

ポート コストおよびポート プライオリティ

スパニング ツリーでは、ポート コストを使用して指定ポートの優劣を決定します。値が小さいということはポート コストが低いということです。スパニング ツリーは最もコストが低いパスを選択します。デフォルトのポート コストは、次のようにインターフェイスの帯域幅から取得します。

10 Mbps:2,000,000

100 Mbps:200,000

1 ギガビット イーサネット:20,000

10 ギガビット イーサネット:2,000

ポート コストを設定し、どのポートが選択されるかを制御できます。


) MST はロング パス コスト計算方式を常に使用するので、有効値の範囲は 1 ~ 200,000,000 です。


コストが同一であるポート間の優劣を判断するのに、ポート プライオリティが使用されます。数値が小さいほど、プライオリティは高くなります。デフォルトのポート プライオリティは 128 です。プライオリティは、0 ~ 224 の値に設定でき、32 ずつ増やすことができます。

IEEE 802.1D との相互運用性

MST を実行するスイッチでは組み込みプロトコル移行機能がサポートされ、802.1D STP スイッチとの相互運用が可能になります。このスイッチは、802.1D コンフィギュレーション BPDU(プロトコル バージョンが 0 に設定された BPDU)を受信すると、そのポートで 802.1D BPDU だけを送信します。MST スイッチは、802.1D BPDU、別の領域に関連する MST BPDU(バージョン 3)、802.1w BPDU(バージョン 2)のうちいずれかを受信すると、ポートが領域の境界にあることを検出できます。

スイッチは、802.1D BPDU を受信しなくなっても、MST モードに自動的に戻りません。802.1D スイッチが指定スイッチでない場合、802.1D スイッチがリンクから削除されたかどうかを検出できないからです。このスイッチの接続先スイッチが領域に加わったとき、スイッチは境界ロールをポートに割り当て続けることもあります。

プロトコル移行プロセスを再開するには(隣接スイッチと再ネゴシエーションするには)、 clear spanning-tree detected-protocols コマンドを入力します。

リンク上のすべての Rapid PVST+ スイッチ(およびすべての 802.1D STP スイッチ)では、MST BPDU を 802.1w BPDU であるかのように処理できます。MST スイッチは、バージョン 0 設定と Topology Change Notification(TCN; トポロジ変更通知)BPDU、またはバージョン 3 MST BPDU のどちらかを境界ポートで送信できます。境界ポートは LAN に接続します。つまり、単一スパニング ツリー スイッチまたは MST 設定が異なるスイッチのいずれかである指定スイッチに接続します。


) MST は、MST ポートでシスコの先行標準である MSTP を受信するたびに先行標準の MSTP と相互運用します。明示的な設定は不要です。


Rapid PVST+ との相互操作性:PVST シミュレーションの概要

MST は、ユーザが設定しなくても、Rapid PVST+ と相互運用できます。PVST シミュレーション機能により、このシームレスな相互運用が可能になっています。


) PVST シミュレーションはデフォルトでイネーブルです。つまりデフォルトでは、スイッチのすべてのインターフェイスは、MST と Rapid PVST+ との間で相互運用できます。


ただし、MST と Rapid PVST+ との接続を制御し、MST 対応ポートを Rapid PVST+ 対応ポートに誤って接続するのを防止することが必要な場合もあります。Rapid PVST+ がデフォルトの STP モードなので、多くの Rapid PVST+ 対応接続が発生することがあります。

MST 対応ポートがRapid PVST+ 対応ポートに接続したことを検出した場合、Rapid PVST+シミュレーションをディセーブルにすると(ポートごとまたはスイッチ全体でグローバルに実行可能)、MST 対応ポートは、ブロック ステートに移行します。このポートは、Rapid PVST+/SSTP BPDU の受信を停止するまでは不整合な状態のままとなり、Rapid PVST+/SSTP BPDU の受信を停止すると、通常の STP 移行プロセスを再開します。

MST の設定

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「MST 設定時の注意事項」

「MST のイネーブル化」

「MST コンフィギュレーション モードの開始」

「MST 名の指定」

「MST 設定のリビジョン番号の指定」

「MSTI への VLAN のマッピングおよびマッピング解除」

「プライベート VLAN のプライマリ VLAN と同じ MSTI へのセカンダリ VLAN のマッピング」

「ルート ブリッジの設定」

「セカンダリ ルート ブリッジの設定」

「ポート プライオリティの設定」

「ポート コストの設定」

「スイッチ プライオリティの設定」

「hello タイムの設定」

「転送遅延時間の設定」

「最大エージング タイムの設定」

「最大ホップ カウントの設定」

「PVST シミュレーションのグローバル設定」

「PVST シミュレーションのポートごとの設定」

「リンク タイプの指定」

「プロトコルの再起動」

MST 設定時の注意事項

MST を設定する際には、次の注意事項に従ってください。

プライベート VLAN で作業するときは、 private-vlan synchronize コマンドを入力し、セカンダリ VLAN をプライマリ VLAN と同じ MSTI にマッピングします。

MST コンフィギュレーション サブモードを開始したときは、次の注意事項が適用されます。

各コマンド リファレンス ラインにより、保留領域設定が作成されます。

保留領域設定は、現在の領域設定で始まります。

変更をコミットせずに MST コンフィギュレーション サブモードを終了するには、 abort コマンドを入力します。

MST コンフィギュレーション サブモードを終了し、サブモードを終了する前に行ったすべての変更をコミットするには、 exit コマンドを入力します。

MST のイネーブル化

MST はイネーブルにする必要があります。デフォルトは Rapid PVST+ です。


) スパニング ツリー モードを変更すると、すべてのスパニング ツリー インスタンスで以前のモードが停止し、新しいモードが開始されるので、トラフィックが中断されます。


スイッチで MST をイネーブルにする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mode mst

スイッチ上で MST をイネーブルにします。

次の例は、スイッチで MST をイネーブルにする方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mode mst
 

スイッチで MST をディセーブルにする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

switch(config)# no spanning-tree mode mst

スイッチで MST をディセーブルにして、Rapid PVST+ に戻ります。


注意 スパニング ツリー モードを変更すると、すべてのスパニング ツリー インスタンスで以前のモードが停止し、新しいモードが再開されるので、トラフィックが中断されることがあります。


) デフォルトでは STP がイネーブルなので、show running コマンドを入力して設定を表示しても、STP をイネーブルにするために入力したコマンドは表示されません。


MST コンフィギュレーション モードの開始

MST 名、VLAN/インスタンス マッピング、MST リビジョン番号をスイッチで設定するには、MST コンフィギュレーション モードを開始します。

複数のスイッチを同一 MST 領域に配置するには、MST 名、VLAN/インスタンス マッピング、MST リビジョン番号を同一にする必要があります。


) コマンド リファレンスの各行により、MST コンフィギュレーション モードで保留領域設定が作成されます。保留領域設定は、現在の領域設定で始まります。


MST コンフィギュレーション モードを開始する手順は、次のとおりです( exit abort の違いに注意)。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst configuration

システムで MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。次のような MST 設定パラメータを割り当てるには、MST コンフィギュレーション サブモードを開始する必要があります。

MST 名

インスタンス/VLAN マッピング

MST リビジョン番号

プライベート VLAN における、プライマリとセカンダリ VLAN の同期化

ステップ 3

switch(config-mst)# exit

すべての変更をコミットし、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

switch(config-mst)# abort

変更をコミットせずに MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

次の例は、スイッチで MST コンフィギュレーション サブモードを開始する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst configuration
 

次の例は、スイッチで変更をコミットして MST コンフィギュレーション サブモードを終了する方法を示しています。

sswitch(config-mst)# exit
 

次の例は、スイッチで変更をコミットせずに MST コンフィギュレーション サブモードを終了する方法を示しています。

sswitch(config-mst)# abort
 

MST コンフィギュレーション モードをディセーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

switch(config-mst)# no spanning-tree mst configuration

MST 領域設定を次のデフォルト値に戻します。

領域名は空の文字列になります。

VLAN は MSTI にマッピングされません(すべての VLAN は CIST インスタンスにマッピングされます)。

リビジョン番号は 0 になります。

MST 名の指定

ブリッジで領域名を設定します。複数のブリッジを同一 MST 領域に配置するには、MST 名、VLAN/インスタンス マッピング、MST リビジョン番号を同一にする必要があります。

MST 名を指定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst configuration

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-mst)# name name

MST 領域の名前を指定します。 name 文字列の長さは最大 32 文字で、大文字と小文字が区別されます。デフォルトは空の文字列です。

次の例は、MST 領域の名前の設定方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# name accounting

MST 設定のリビジョン番号の指定

ブリッジでリビジョン番号を設定します。複数のブリッジを同一 MST 領域に配置するには、MST 名、VLAN/インスタンス マッピング、MST リビジョン番号を同一にする必要があります。

MST リビジョン番号を指定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst configuration

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-mst)# revision version

MST 領域のリビジョン番号を指定します。有効範囲は 0 ~ 65535 で、デフォルトは 0 です。

次の例は、MSTI 領域のリビジョン番号を 5 に設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# revision 5

MST 領域での設定の指定

複数のスイッチを同一 MST 領域に配置するには、VLAN/インスタンス マッピング、設定リビジョン番号、MST 名を同一にする必要があります。

領域には、1 つのメンバ、または MST 設定が同一である複数のメンバを含めることができます。各メンバは、IEEE 802.1w RSTP BPDU を処理できる必要があります。1 つのネットワークにおける MST 領域の数に制限はありませんが、各領域では 65 までの MST インスタンスだけをサポートできます。VLAN は、一度に 1 つの MSTI だけに割り当てることができます。

MST 領域の設定を指定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst configuration

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-mst)# instance instance-id vlan vlan-range

次のように VLAN を MSTI にマッピングします。

instance-id の有効範囲は 1 ~ 4094 です。

vlan vlan-range の有効範囲は 1 ~ 4094 です。

VLAN を MST インスタンスにマッピングすると、マッピングは増加し、コマンドで指定した VLAN は 以前マッピングされた VLAN に追加されるか、そこから削除されます。

VLAN の範囲を指定するにはハイフンを入力します。たとえば VLAN 1 ~ 63 を MST インスタンス 1 にマッピングするには、 instance 1 vlan 1-63 コマンドを入力します。

一連の VLAN を指定するにはカンマを入力します。たとえば VLAN 10、20、30 を MST インスタンス 1 にマッピングするには、 instance 1 vlan 10, 20, 30 コマンドを入力します。

ステップ 4

switch(config-mst)# name name

インスタンス名を指定します。 name 文字列の長さは最大 32 文字で、大文字と小文字が区別されます。

ステップ 5

switch(config-mst)# revision version

設定リビジョン番号を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 65535 番です。

デフォルトに戻す手順は、次のとおりです。

デフォルトの MST 領域設定に戻すには、 no spanning-tree mst configuration グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。

デフォルトの VLAN/インスタンス マッピングに戻すには、 no instance instance_id vlan vlan-range MST コンフィギュレーション コマンド を入力します。

デフォルト名に戻すには、 no name MST コンフィギュレーション コマンドを入力します。

デフォルトのリビジョン番号に戻すには、 no revision MST コンフィギュレーション コマンドを入力します。

Rapid PVST+ を再びイネーブルにするには、 no spanning-tree mode または spanning-tree mode rapid-pvst グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。

次の例は、MST コンフィギュレーション モードを開始し、VLAN 10 ~ 20 を MSTI 1 にマッピングし、領域に region1 という名前を付け、設定リビジョンを 1 に設定し、保留設定を表示し、変更を適用してグローバル コンフィギュレーション モードに戻る方法を示しています。

switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# instance 1 vlan 10-20
switch(config-mst)# name region1
switch(config-mst)# revision 1
switch(config-mst)# show pending
Pending MST configuration
Name [region1]
Revision 1
Instances configured 2
Instance Vlans Mapped
-------- ---------------------
0 1-9,21-4094
1 10-20
-------------------------------

MSTI への VLAN のマッピングおよびマッピング解除


注意 VLAN/MSTI マッピングを変更すると、MST は再起動されます。


) MSTI はディセーブルにできません。


複数のブリッジを同一 MST 領域に配置するには、MST 名、VLAN/インスタンス マッピング、MST リビジョン番号を同一にする必要があります。

MSTI に VLAN をマッピングする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst configuration

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-mst)# instance instance-id vlan vlan-range

次のように VLAN を MSTI にマッピングします。

instance_id の有効範囲は 1 ~ 4094 です。

MST 領域ごとにインスタンス 0 は IST 用に予約されています。

vlan-range の有効範囲は 1 ~ 4094 です。

VLAN を MSTI にマッピングすると、マッピングは増加し、コマンドに指定した VLAN は以前マッピングしていた VLAN に追加されるか、そこから削除されます。

次の例は、VLAN 200 を MSTI 3 にマッピングする方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# instance 3 vlan 200
 

VLAN と MSTI のマッピングを解除する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

switch(config-mst)# no instance instance-id vlan vlan-range

指定インスタンスを削除し、デフォルト MSTI、つまり CIST に VLAN を戻します。

プライベート VLAN のプライマリ VLAN と同じ MSTI へのセカンダリ VLAN のマッピング

システムのプライベート VLAN で作業しているときは、関連プライマリ VLAN と同じ MSTI にすべてのセカンダリ VLAN を配置する必要があります。

この同期化を自動的に実行する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst configuration

MST コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-mst)# private-vlan synchronize

すべてのプライベート VLAN について、同じ MSTI および関連プライマリ VLAN にすべてのセカンダリ VLAN を自動的にマッピングします。

次の例は、すべてのプライベート VLAN と同じ MSTI および関連プライマリ VLAN にすべてのセカンダリ VLAN を自動的にマッピングする方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst configuration
switch(config-mst)# private-vlan synchronize

ルート ブリッジの設定

ルート ブリッジになるようにスイッチを設定できます。


) 各 MSTI のルート ブリッジは、バックボーンまたはディストリビューション スイッチである必要があります。アクセス スイッチは、スパニング ツリーのプライマリ ルート ブリッジとして設定しないでください。


ネットワーク直径(ネットワークにある任意の 2 台の端末間の最大ホップ数)を指定するには、MSTI 0(IST)専用の diameter キーワードを入力します。ネットワーク直径を指定すると、スイッチは、その直径のネットワークで最適な hello タイム、転送遅延時間、最大エージング タイムを自動的に設定し、これによって収束時間が大幅に短縮されます。自動的に算出された hello タイムを無効にするには、 hello キーワードを入力します。


) ルート ブリッジとして設定されたスイッチでは、spanning-tree mst hello-timespanning-tree mst forward-timespanning-tree mst max-age グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、hello タイム、転送遅延時間、最大エージング タイムを手動で設定しないでください。


ルート ブリッジ設定をイネーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst instance-id root { primary | secondary } [ diameter dia [ hello-time hello-time ]]

次のようにルート ブリッジとしてスイッチを設定します。

instance-id には、単一インスタンス、ハイフンで区切ったインスタンスの範囲、カンマで区切った一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

diameter net-diameter には、任意の 2 台の端末間における最大ホップ数を指定します。デフォルトは 7 です。このキーワードは MST インスタンス 0 専用です。

hello-time seconds には、ルート ブリッジが設定メッセージを生成するインターバルを秒単位で指定します。有効範囲は 1 ~ 10 秒で、デフォルトは 2 秒です。

次の例は、MSTI 5 のルート スイッチとしてスイッチを設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst 5 root primary
 

ルート ブリッジ設定をディセーブルにする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

switch(config)# no spanning-tree mst instance-id root

スイッチ プライオリティ、直径、hello タイムをデフォルト値に戻します。

セカンダリ ルート ブリッジの設定

このコマンドは、複数のバックアップ ルート ブリッジを設定するために複数のスイッチで実行できます。 spanning-tree mst root primary グローバル コンフィギュレーション コマンド でプライマリ ルート ブリッジを設定したときと同じネットワーク直径および hello タイム値を入力してください。

セカンダリ ルート ブリッジをイネーブルにする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst instance-id root { primary | secondary } [ diameter dia [ hello-time hello-time ]]

次のようにセカンダリ ルート ブリッジとしてスイッチを設定します。

instance-id には、単一インスタンス、ハイフンで区切ったインスタンスの範囲、カンマで区切った一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

diameter net-diameter には、任意の 2 台の端末間における最大ホップ数を指定します。デフォルトは 7 です。このキーワードは MST インスタンス 0 専用です。

hello-time seconds には、ルート ブリッジが設定メッセージを生成するインターバルを秒単位で指定します。有効範囲は 1 ~ 10 秒で、デフォルトは 2 秒です。

次の例は、MSTI 5 のセカンダリ ルート スイッチとしてスイッチを設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst 5 root secondary
 

セカンダリ ルート ブリッジ設定をディセーブルにする手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

switch(config)# no spanning-tree mst instance-id root

スイッチ プライオリティ、直径、hello タイムをデフォルト値に戻します。

ポート プライオリティの設定

ループが発生すると、MST はフォワーディング ステートにするインターフェイスを選択するとき、ポート プライオリティを使用します。最初に選択されるようにするインターフェイスに小さいプライオリティ値を割り当て、最後に選択されるようにするインターフェイスに大きいプライオリティ値を割り当てることができます。すべてのインターフェイスのプライオリティ値を同一にすると、MST はインターフェイス番号が最も小さいインターフェイスをフォワーディング ステートにして、その他のインターフェイスをブロックします。

ポート プライオリティを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface {{ type slot / port } | { port-channel number }}

設定するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# spanning-tree mst instance-id port-priority priority

次のようにポート プライオリティを設定します。

instance-id には、単一 MSTI、ハイフンで区切った MSTI の範囲、カンマで区切った一連の MSTI を指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

priority には、32 単位で 0 ~ 224 の値を指定します。デフォルトは 128 です。数値が小さいほど、プライオリティは高くなります。

プライオリティ値は、0、32、64、96、128、160、192、224 です。その他の値はすべて拒否されます。

次の例は、イーサネット ポート 3/1 で MSTI 3 の MST インターフェイス ポート プライオリティを 64 に設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 3/1
switch(config-if)# spanning-tree mst 3 port-priority 64
 

このコマンドは、物理イーサネット インターフェイスだけに適用できます。

ポート コストの設定

MST パス コストのデフォルト値は、インターフェイスのメディア速度から取得されます。ループが発生すると、MST はフォワーディング ステートにするインターフェイスを選択するときにコストを使用します。最初に選択されるようにするインターフェイスに小さいコスト値を割り当て、最後に選択されるようにするインターフェイスに大きいコスト値を割り当てることができます。すべてのインターフェイスのコスト値を同一にすると、MST はインターフェイス番号が最も小さいインターフェイスをフォワーディング ステートにして、その他のインターフェイスをブロックします。


) MST はロング パス コスト計算方式を使用します。


ポート コストを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface {{ type slot / port } | { port-channel number }}

設定するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# spanning-tree mst instance-id cost [ cost | auto ]

コストを設定します。

ループが発生すると、MST はフォワーディング ステートにするインターフェイスを選択するときにパス コストを使用します。次のように、パス コストが小さいほど、送信速度は速くなります。

instance-id には、単一インスタンス、ハイフンで区切ったインスタンスの範囲、カンマで区切った一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

cost の有効範囲は 1 ~ 200000000 です。デフォルト値は auto で、コストはインターフェイスのメディア速度から取得されます。

次の例は、イーサネット ポート 3/1 で MSTI 4 の MST インターフェイス ポート コストを設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 3/1
switch(config-if)# spanning-tree mst 4 cost 17031970

スイッチ プライオリティの設定

MSTI のスイッチ プライオリティを設定し、指定スイッチがルート ブリッジとして選択される可能性を高めることができます。


) このコマンドを使用するときは注意が必要です。多くの状況では、spanning-tree mst root primary および spanning-tree mst root secondary グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力してスイッチ プライオリティを変更することを推奨します。


MSTI のスイッチ プライオリティを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst instance-id priority priority-value

次のようにスイッチ プライオリティを設定します。

instance-id には、単一インスタンス、ハイフンで区切ったインスタンスの範囲、カンマで区切った一連のインスタンスを指定できます。指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

priority には、4096 単位で 0 ~ 61440 の値を指定します。デフォルトは 32768 です。数値を小さくすると、ルート ブリッジとしてスイッチが選択される可能性が高くなります。

プライオリティ値は、0、4096、8192、12288、16384、20480、24576、28672、32768、36864、40960、45056、49152、53248、57344、61440 です。その他の値はすべて拒否されます。

次の例は、MSTI 5 のブリッジのプライオリティを 4096 に設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst 5 priority 4096

hello タイムの設定

hello タイムを変更すると、スイッチのすべてのインスタンスのルート ブリッジが設定メッセージを生成するインターバルを設定できます。


) このコマンドを使用するときは注意が必要です。多くの状況では、spanning-tree mst instance-id root primary および spanning-tree mst instance-id root secondary グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して hello タイムを変更することを推奨します。


hello タイムを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst hello-time seconds

すべての MSTI の hello タイムを設定します。hello タイムは、ルート ブリッジが設定メッセージを生成するインターバルです。このメッセージは、スイッチが動作していることを示します。 seconds の有効範囲は 1 ~ 10 で、デフォルトは 2 秒です。

次の例は、スイッチの hello タイムを 1 秒に設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst hello-time 1

転送遅延時間の設定

スイッチのすべての MSTI の転送遅延タイマーは、1 つのコマンドで設定できます。

転送遅延タイマーを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst forward-time seconds

すべての MSTI の転送時間を設定します。転送遅延は、ポートがスパニング ツリーのブロックおよびラーニング ステートからフォワーディング ステートに移行する前に待機する秒数です。 seconds の有効範囲は 4 ~ 30 で、デフォルトは 15 秒です。

次の例は、スイッチの転送遅延時間を 10 秒に設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst forward-time 10

最大エージング タイムの設定

最大エージング タイマーは、再設定を行うまでにスパニング ツリー設定メッセージの受信をスイッチが待機する秒数です。

スイッチのすべての MSTI の最大エージング タイマーは、1 つのコマンドで設定します(最大エージング タイムは IST にだけ適用)。

最大エージング タイマーを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst max-age seconds

すべての MSTI の最大エージング タイムを設定します。最大エージング タイムは、再設定を行うまでにスパニング ツリー設定メッセージの受信をスイッチが待機する秒数です。 seconds の有効範囲は 6 ~ 40 で、デフォルトは 20 秒です。

次の例は、スイッチの最大エージング タイマーを 40 秒に設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst max-age 40

最大ホップ カウントの設定

MST は、IST リージェント ルートへのパス コスト、および IP TTL メカニズムに似たホップカウント メカニズムを使用します。領域内での最大ホップ数を設定し、その領域の IST およびすべての MSTI に適用します。ホップ カウントは、メッセージ エージング タイムの情報と同じ結果になります(再設定をトリガー)。

最大ホップ カウントを設定する手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# spanning-tree mst max-hops hop-count

BPDU が廃棄され、ポート用に維持されている情報がエージング アウトするまでの、領域におけるホップ数を指定します。 hop-count の有効範囲は 1 ~ 255 で、デフォルト値は 20 ホップです。

次の例は、最大ホップ数を 40 に設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# spanning-tree mst max-hops 40

PVST シミュレーションのグローバル設定

この自動機能は、グローバルかポートごとにブロックできます。インターフェイス コマンド モードを開始している間でも、グローバル コマンドを入力してスイッチ全体の PVST シミュレーション設定を変更できます。

PVST シミュレーションを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# no spanning-tree mst simulate pvst global

スイッチのすべてのインターフェイスが、Rapid PVST+ モードで動作している接続済みスイッチと自動的に相互運用することをディセーブルにします。デフォルトはイネーブルです。つまりデフォルトでは、スイッチのすべてのインターフェイスは、Rapid PVST+ と MST との間でシームレスに動作します。

次の例は、Rapid PVST+ を実行している接続スイッチと自動的に相互運用することを防止するようにスイッチを設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# no spanning-tree mst simulate pvst global

PVST シミュレーションのポートごとの設定


) PVST シミュレーションはデフォルトでイネーブルであり、スイッチのすべてのインターフェイスは、MST と Rapid PVST+ との間で相互運用できます。


MST は Rapid PVST+ とシームレスに相互運用できます。ただし、デフォルト STP モードとして MST を実行しないスイッチと誤って接続しないように、この自動機能をディセーブルにできます。PVST シミュレーションをディセーブルにした場合、MST 対応ポートは、Rapid PVST+ 対応ポートに接続したことを検出すると、ブロック ステートに移行します。このポートは、BPDU の受信を停止するまで不整合な状態のままとなり、BPDU の受信を停止すると、通常の STP 移行プロセスを再開します。

この自動機能は、グローバルかポートごとにブロックできます。

PVST シミュレーションをディセーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface {{ type slot / port } | { port-channel number }}

設定するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# spanning-tree mst simulate pvst disable

指定インターフェイスが、Rapid PVST+ モードで動作している接続済みスイッチと自動的に相互運用することをディセーブルにします。

デフォルトでは、スイッチのすべてのインターフェイスは、Rapid PVST+ と MST との間でシームレスに動作します。

switch(config-if)# spanning-tree mst simulate pvst

MST と Rapid PVST+ との間におけるシームレスな動作を指定インターフェイスで再びイネーブルにします。

switch(config-if)# no spanning-tree mst simulate pvst

spanning-tree mst simulate pvst global コマンドを使用して設定した、スイッチ全体における MST と Rapid PVST+ の相互運用をインターフェイスに設定します。

次の例は、MST を実行していない接続スイッチと自動的に相互運用することを防止するように指定インターフェイスを設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/4
switch(config-if)# spanning-tree mst simulate pvst disable

リンク タイプの指定

高速接続(802.1w 標準)は、ポイントツーポイント リンクだけで確立されます。デフォルトでは、リンク タイプはインターフェイスのデュプレックス モードから制御します。全二重ポートはポイントツーポイント接続を含むと見なされ、半二重ポートは共有接続を含むと見なされます。

リモート スイッチの単一ポートにポイントツーポイントで物理的に接続した半二重リンクがある場合は、このリンク タイプのデフォルト設定を無効にして高速移行をイネーブルにすることができます。

リンクを共有に設定した場合、STP は 802.1D に戻ります。

リンク タイプを指定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface type slot / port

設定するインターフェイスを指定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# spanning-tree link-type { auto | point-to-point | shared }

ポイントツーポイントまたは共有になるようにリンク タイプを設定します。デフォルト値はスイッチ接続から読み取ります。半二重リンクは共有、全二重リンクはポイントツーポイントです。リンク タイプが共有である場合、STP は 802.1D に戻ります。デフォルトは auto であり、リンク タイプはインターフェイスのデュプレックス設定に基づいて設定されます。

次の例は、リンク タイプをポイントツーポイントとして設定する方法を示しています。

switch# configure terminal
switch (config)# interface ethernet 1/4
switch(config-if)# spanning-tree link-type point-to-point
 

プロトコルの再起動

MST ブリッジは、レガシー BPDU または別の領域に関連する MST BPDU を受信すると、ポートが領域の境界にあることを検出できます。ただし、STP プロトコルを移行しても、IEEE 802.1D だけを実行するレガシー スイッチが指定スイッチでない場合、レガシー スイッチがリンクから取り外されたかどうかを判断できません。スイッチ全体または指定インターフェイスでプロトコルのネゴシエーションを再起動(隣接スイッチとの再ネゴシエーションを実行)するには、このコマンドを入力します。

プロトコルを再起動する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# clear spanning-tree detected-protocol [ interface interface [ interface-num | port-channel ]]

スイッチ全体または指定インターフェイスで MST を再起動します。

次の例は、スロット 2、ポート 8 のイーサネット インターフェイスで MST を再起動する方法を示しています。

switch# clear spanning-tree detected-protocol interface ethernet 2/8

MST 設定の確認

MST 設定情報を表示するには、次のうちいずれかのタスクを実行します。

 

コマンド
目的

switch# show running-config spanning-tree [ all ]

現在のスパニング ツリー設定を表示します。

switch# show spanning-tree mst [ options ]

現在の MST 設定の詳細情報を表示します。

次の例は、現在の MST 設定の表示方法を示しています。

switch# show spanning-tree mst configuration
% Switch is not in mst mode
Name [mist-attempt]
Revision 1 Instances configured 2
Instance Vlans mapped
-------- ---------------------------------------------------------------------
0 1-12,14-41,43-4094
1 13,42

-------------------------------------------------------------------------------