Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ CLI ソフト ウェア コンフィギュレーション ガイド
MAC アドレス テーブルの設定
MAC アドレス テーブルの設定
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2009/08/13 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

目次

MAC アドレス テーブルの設定

MAC アドレスについて

MAC アドレスの設定

スタティック MAC アドレスの設定

MAC テーブルのエージング タイムの設定

MAC テーブルからのダイナミック アドレスの消去

MAC アドレス設定の確認

MAC アドレス テーブルの設定

すべてのイーサネット スイッチング ポートは、Media Acess Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレス テーブルを管理しています。

この章の内容は、次のとおりです。

「MAC アドレスについて」

「MAC アドレスの設定」

「MAC アドレス設定の確認」

MAC アドレスについて

スイッチは、LAN ポート間で効率的にフレームをスイッチングするために、アドレス テーブルを管理しています。スイッチはフレームを受信すると、送信元ネットワーク デバイスの MAC アドレスと、そのフレームを受信した LAN ポートを関連付けます。

また、受信したフレームの送信元 MAC アドレスを使用して、アドレス テーブルを動的に構築します。自分のアドレス テーブルに登録されていない宛先 MAC アドレスを持つフレームを受信すると、スイッチは、そのフレームを同じ VLAN のすべての LAN ポート(受信したポートは除く)に送出します。宛先端末が応答を返してきたら、スイッチは、その応答パケットの送信元 MAC アドレスとポート ID をアドレス テーブルに追加します。以降、その宛先へのフレームを、すべての LAN ポートに送出せず、単一の LAN ポートだけに転送します。

MAC アドレス(スタティック MAC アドレス)をアドレス テーブルに直接入力することもできます。スタティック MAC アドレスは、スイッチを再起動したあとも保持されます。

また、マルチキャスト アドレスを、静的に設定された MAC アドレスとして入力できます。マルチキャスト アドレスには、宛先として 1 つ以上のインターフェイスを指定できます。

アドレス テーブルには、フレームのフラッディングを起こさずに、多くのユニキャストおよびマルチキャスト アドレス エントリを格納できます(詳細については、「設定の制限値」を参照してください)。スイッチは、設定可能なエージング タイマーによって定義されるエージング メカニズムを使用しているため、アドレスが非アクティブな状態のまま指定時間(秒)が経過すると、そのアドレスはアドレス テーブルから削除されます。

MAC アドレスの設定

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「スタティック MAC アドレスの設定」

「MAC テーブルのエージング タイムの設定」

「MAC テーブルからのダイナミック アドレスの消去」

スタティック MAC アドレスの設定

スイッチの MAC アドレスを設定できます。設定できるのは、スタティック MAC アドレスです。


) スタティック MAC アドレスは、インターフェイス コンフィギュレーション モードまたは VLAN コンフィギュレーション モードでも設定できます。


スタティック MAC アドレスを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config-)# mac-address-table static mac_address vlan vlan-id { drop | interface { type slot / port } | port-channel number } [ auto-learn ]

MAC アドレス テーブルに追加するスタティック アドレスを指定します。

auto-learn オプションをイネーブルにすると、異なるポート上で同じ MAC アドレスが検出されたとき、スイッチが当該エントリを更新します。

次に、MAC アドレス テーブルにスタティック エントリを登録する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mac-address-table static 12ab.47dd.ff89 vlan 3 interface ethernet 2/1
 

スタティック MAC アドレスを削除する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

switch(config-if)# no mac-address-table static mac_address vlan vlan-id

MAC アドレス テーブルからスタティック エントリを削除します。

仮想インターフェイスにスタティック MAC アドレスを割り当てるには、 mac-address-table static コマンドを使用します。

MAC テーブルのエージング タイムの設定

MAC テーブル内にエントリ(パケットの送信元 MAC アドレスとパケットの着信ポート)が保持される時間を設定できます。


) MAC エージング タイムは、インターフェイス コンフィギュレーション モードまたは VLAN コンフィギュレーション モードでも設定できます。


すべての MAC アドレスのエージング タイムを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# mac-address-table aging-time seconds [ vlan vlan_id ]

エントリが有効期限に達し、MAC アドレス テーブルから破棄されるまでの時間を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 1000000 秒です。デフォルトは 300 秒です。0 を入力すると、MAC エージングはディセーブルになります。VLAN を省略すると、すべての VLAN にエージング指定が適用されます。

次に、MAC アドレス テーブル内エントリのエージング タイムを 600 秒(10 分)に設定する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# mac-address-table aging-time 600

MAC テーブルからのダイナミック アドレスの消去

MAC アドレス テーブルからすべてのダイナミック エントリを消去できます。

MAC アドレス テーブルを消去する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

switch(config)# clear mac-address-table dynamic { address mac_addr } { interface [ type slot/port | port-channel number } { vlan vlan_id }

MAC アドレス テーブルからダイナミック アドレス エントリを消去します。

次に、MAC アドレス テーブル内のダイナミック エントリを消去する例を示します。

switch# clear mac-address-table dynamic

MAC アドレス設定の確認

MAC アドレス設定情報を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

switch# show mac-address-table aging-time

スイッチ内に定義されているすべての VLAN について、MAC アドレスのエージング タイムを表示します。

switch# show mac-address-table

MAC アドレス テーブルの内容を表示します。

次に、MAC アドレス テーブルを表示する例を示します。

switch# show mac-address-table
VLAN MAC Address Type Age Port
---------+-----------------+-------+---------+------------------------------
1 0018.b967.3cd0 dynamic 10 Eth1/3
1 001c.b05a.5380 dynamic 200 Eth1/3
Total MAC Addresses: 2
 

次に、現在のエージング タイムを表示する例を示します。

switch# show mac-address-table aging-time
Vlan Aging Time
----- ----------
1 300
13 300
42 300