Cisco Nexus 4001I/4005I Switch Module for IBM BladeCenter NX-OS コンフィギュレーション ガイド
SoL 機能とその概念、および CIN の設定
SoL 機能とその概念、および CIN の設定
発行日;2012/05/10 | 英語版ドキュメント(2012/05/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 15MB) | フィードバック

目次

SoL 機能とその概念、および CIN の設定

Serial over LAN 管理 VLAN の概要

設定の制約事項

CIN VLAN 設定

VLAN の CIN VLAN へのアソシエーション

CIN VLAN のアソシエーションの解除

CIN として設定した VLAN の削除

ポート の CIN VLAN 設定の追加

CIN VLAN の削除

CIN VLAN の設定の確認

CIN VLAN アソシエーションの表示

SoL および CIN トラフィック カウンタの表示

SoL 機能とその概念、および CIN の設定

この章では、Cisco Nexus 4001I/4005I Switch Module for IBM BladeCenterの Serial over LAN(SoL)および Chassis Internal Network(CIN)VLAN の設定について説明します。内容は、次のとおりです。

「Serial over LAN 管理 VLAN の概要」

「設定の制約事項」

「CIN VLAN の設定の確認」

Serial over LAN 管理 VLAN の概要

ここでは、SoL 管理 VLAN 機能について説明します。

スイッチは、シャーシ内の Advanced Management Module(AMM)および前面プレート上の管理ポートを通して管理します。

シャーシに搭載される 14(IBM Blade Center HT では 12)のブレード サーバも AMM で管理します。スイッチは、ブレード サーバのイーサネット インターフェイスと AMM 間のトラフィックをスイッチングします。SoL 管理 VLAN 機能の概要図については、図 31-1 を参照してください。

図 31-1 SoL 管理 VLAN 機能の概要図

 

IBM-AMM とブレード サーバ間のすべてのユニキャスト、マルチキャスト、およびブロードキャスト トラフィックは、レイヤ 2 でスイッチングされます。

IBM-AMM とブレード サーバは、管理者が設定する VLAN 上で通信します。デフォルト VLAN は 4095 です。


) このリリースのデフォルト VLAN は 4095 で、常にイネーブルです。


SoL 管理 VLAN とは別に、14 の CIN VLAN を特定のポートに設定でき、AMM と対応するブレード サーバ間で通信を行います。

VLAN タグ付きフレームは、ブレード サーバと AMM 間で変更なくリレーされます。

AMM とブレード サーバ間のトラフィック停止を回避するために、この機能はオフにできません。

スイッチの前面パネルにあるアップリンク ポートおよび帯域外管理ポートとの間では、管理トラフィックはスイッチングされません。

設定の制約事項

ここでは、設定時に注意する制約事項について示します。

CIN VLAN をサポートするためのスイッチのユーザ インターフェイスは IBM-AMM で提供されます。CIN VLAN は、スイッチの前面パネルにある帯域外管理ポートの CLI を使用して設定することもできます。

スイッチは 10Mbps の SoL、cKVM、および CIN トラフィックをサポートします。

SoL および CIN トラフィックをダウンリンク ポート(バックプレーン ポート)とバックプレーン管理ポート間で正しくスイッチングするためには、前提条件として、対応するダウンリンク ポートをトランクモード(switchport mode trunk)でセットアップする必要があります。

VLAN の CIN VLAN へのアソシエーション

CIN VLAN を設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# vlan { vlan-id | vlan-range }

VLAN サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-vlan)# cin

VLAN を CIN VLAN としてアソシエートします。

次に、VLAN を CIN VLAN としてアソシエートする例を示します。

switch# configure terminal

switch(config)#
switch(config)# vlan 3
switch(config-vlan)#
switch(config-vlan)# cin
switch(config-vlan)#

CIN VLAN のアソシエーションの解除

CIN VLAN のアソシエーションを解除する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# vlan { vlan-id | vlan-range }

VLAN サブモードを開始します。

ステップ 3

switch(config-vlan)# no cin

CIN VLAN のアソシエーションを解除します。

次に、CIN VLAN のアソシエーションを解除する例を示します。

switch# configure terminal

switch(config)#
switch(config)# vlan 3
switch(config-vlan)#
switch(config-vlan)# no cin
switch(config-vlan)#

CIN として設定した VLAN の削除

CIN VLAN を削除する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# no vlan { vlan-id | vlan-range }

CIN VLAN 設定を削除します。

次に、設定された CIN VLAN を削除する例を示します。

switch# configure terminal

switch(config)#
switch(config)# vlan 3
switch(config-vlan)#
switch(config-vlan)# cin
switch(config-vlan)#
switch(config-vlan)# no vlan 3
switch(config)#

ポート の CIN VLAN 設定の追加

既存の VLAN トランク ポート設定に CIN VLAN を追加する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface ethernet slot / port

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。ポート番号は 1 ~ 20 です。

ステップ 3

switch(config-if)# switchport trunk allowed vlan add vlan id

インターフェイスの許可 VLAN リストに CIN VLAN を追加します。このポートがトランキング モードの場合、VLAN ID には、1 ~ 3967、4048 ~ 4093 を使用できます。

次に、CIN VLAN 設定をイーサネット ポートに追加する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/20
switch(config-if)# switchport trunk allowed vlan add 3967
switch(config-if)#

CIN VLAN の削除

既存の VLAN トランク ポート設定から CIN VLAN を削除する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# configure terminal

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface ethernet slot / port

インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# switchport trunk allowed vlan remove vlan id

インターフェイスの許可 VLAN リストから CIN VLAN を削除します。

次に、既存の VLAN トランク ポート設定から CIN VLAN を削除する例を示します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 1/20
switch(config-if)# switchport trunk allowed vlan remove 3967
switch(config-if)#

CIN VLAN の設定の確認

ここでは、次の内容について説明します。

「CIN VLAN アソシエーションの表示」

「SoL および CIN トラフィック カウンタの表示」

CIN VLAN アソシエーションの表示

CIN VLAN アソシエーションを表示する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# show solm cin

CIN VLAN アソシエーションを表示します。

次の例では、 show solm cin コマンドの出力を示します。

switch# show solm cin
20-24,26-33,100

SoL および CIN トラフィック カウンタの表示

SoL および CIN トラフィック カウンタを表示する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# show solm counters [ interface ethernet slot/port | mgmt port ]

インターフェイスに関連する SoL および CIN ユニキャスト/マルチキャスト カウンタを表示します。

次の例では、 show solm counters コマンドの出力を示します。

switch# show solm counters
----------------------------------------------------------------------
Interface TX-UCast TX-MCast RX-UCast RX-MCast
----------------------------------------------------------------------
mgmt1 0 0 0 0
Ethernet1/1 0 0 0 0
Ethernet1/2 0 0 0 0
Ethernet1/3 0 0 0 0
Ethernet1/4 0 0 0 0
Ethernet1/5 0 0 0 0
Ethernet1/6 0 0 0 0
Ethernet1/7 0 0 0 0
Ethernet1/8 0 0 0 0
Ethernet1/9 0 0 0 0
Ethernet1/10 0 0 0 0
Ethernet1/11 0 0 0 0
Ethernet1/12 0 0 0 0
Ethernet1/13 0 0 0 0
Ethernet1/14 0 0 0 0