Cisco Nexus 3000 シリーズ ハードウェア インスト レーション ガイド
概要
概要

概要

Cisco Nexus 3016 スイッチの概要

Cisco Nexus 3016(N3K-C3016-40GE)は、16 個の固定 40 ギガビット イーサネット ダウンリンク(ホスト方向)ポートおよびアップリンク(ネットワーク方向)ポート、2 個の固定 100/1000 管理ポート、1 個の RS-232 コンソール ポート、および 1 個の USB ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。このスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。スイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。スイッチには、レイヤ 3 のライセンスが含まれます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 1. Cisco Nexus 3016 シャーシのファン側の図



1

AC または DC 電源(1 または 2)

5

ステータス LED

2

ファン トレイ(1)

6

USB ポート(1)

3

管理ポート(2)

7

コンソール ポート(1)

4

ID LED

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 2. Cisco Nexus 3016 シャーシのポート側の図



1

ID LED

3

40 ギガビット アップリンクまたはダウンリンク ポート(16)

2

ステータス LED

4

アース パッド

Cisco Nexus 3048TP スイッチの概要

Cisco Nexus 3048TP(N3K-C3048TP-1GE)は、48 個の固定 10/100/1000 イーサネット ダウンリンク ポート、4 個の固定 10 ギガビット イーサネット アップリンク ポート、2 個の固定 100/1000 管理ポート、1 個のコンソール ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。このスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。スイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 3. Cisco Nexus 3048TP シャーシのファン側の図



1

AC または DC 電源(1 または 2)

3

コンソール ポート、管理ポート、USB ポート

2

ファン トレイ(1)

4

取り付けブラケットのネジ穴

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 4. Cisco Nexus 3048TP シャーシのポート側の図



1

セレクタ スイッチおよびステータス LED

4

取り付けブラケットのネジ穴

2

10/100/1000 Mbps イーサネット ダウンリンク ポート(48)

5

アース パッド

3

1 ギガビットおよび 10 ギガビット イーサネット アップリンク ポート(4)

Cisco Nexus 3064 スイッチの概要

Cisco Nexus 3064-T(N3K-C3064TQ)および 3064-32T(N3K-C3064TQ-32T)は、48 個または 32 個の固定 1/10 ギガビット イーサネット ダウンリンクおよびアップリンク ポート、2 個の固定 100/1000 管理ポート、1 個のコンソール ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。

Cisco Nexus 3064-X(N3K-C3064TQ)は、48 個の固定 1/10 ギガビット イーサネット SFP+ ダウンリンクおよび 4 個の固定 40 ギガビット イーサネット QSFP+ アップリンク ポート(どちらも 40 ギガビットまたは 4 x 10 ギガビット モードを使用可能)、2 個の固定 100/1000 管理ポート、1 個のコンソール ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。

これらのスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。これらのスイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 5. Cisco Nexus 3064 シャーシのファン側の図



1

AC または DC 電源モジュール(2)(図は AC 電源モジュール)

5

ステータス LED

2

ファン トレイ(1)

6

USB ポート(1)

3

管理ポート(2)

7

コンソール ポート(1)

4

ID LED

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 6. Cisco Nexus 3064 シャーシのポート側の図



1

ID LED とステータス LED

3

40 ギガビット アップリンク ポート(4)

2

1 ギガビットおよび 10 ギガビット イーサネット ダウンリンク ポート(48)

4

アース パッド

Cisco Nexus 31128PQ スイッチの概要

Cisco Nexus 31128PQ(N3K-C31128PQ-10GE)は、96 個の固定 10 Gbps 拡張 SFP+ ポート、8 個の固定 40 Gbps QSFP+ ポート、1 個の管理ポート、1 個のコンソール ポート、および 2 個の USB ポートを持つ、2 ラック ユニット(RU)スイッチです。このスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。スイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 7. Cisco Nexus 31128PQ シャーシのファン側の図



1

アース パッド

3

ファン モジュール(2)

2

電源モジュール(2)

4

ビーコン(BCN)およびステータス(STS)LED

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 8. Cisco Nexus 31128PQ シャーシのポート側の図



1

コンソール ポート(1)

5

1 または 10 ギガビット(96)で動作可能な 10 ギガビット SFP+ ポート

2

USB ポート(2)

6

40 ギガビット アップリンク ポート(8)

3

ビーコン(BCN)、ステータス(STS)および環境(ENV)LED

7

取り付けブラケットのネジ穴

4

管理ポート(1)

8

下部サポート レールに固定するためのシャーシのノッチ(2)(各側に 1 つずつ)

Cisco Nexus 3132Q スイッチの概要

Cisco Nexus 3132Q(N3K-C3132Q-40GE)は、32 個の 40 ギガビット拡張 QSFP+ ポートと、最初の QSFP+ ポートと内部で多重化する 4 個の SFP+ ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。各 QSFP+ ポートは、ネイティブ 40 ギガビット モードまたは 4 x 10 ギガビット モードで動作できます。

Cisco Nexus 3132Q-X(N3K-C3132Q-40GX)は、32 個の 40 ギガビット拡張 QSFP+ ポートと、最初の QSFP+ ポートと内部で多重化する 4 個の SFP+ ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。各 QSFP+ ポートは、ネイティブ 40 ギガビット モードまたは 4 x 10 ギガビット モードで動作できます。

Cisco Nexus 3132Q-XL(N3K-C3132Q-XL)は、8GB の RAM とデュアルコア 2.5GHz x86 CPU を搭載し、32 個の 40 ギガビット拡張 QSFP+ ポートと、最初の QSFP+ ポートと内部で多重化する 4 個の SFP+ ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。各 QSFP+ ポートは、ネイティブ 40 ギガビット モードまたは 4 x 10 ギガビット モードで動作できます。

これらのスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。これらのスイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 9. Cisco Nexus 3132 シャーシのファン側の図



1

AC または DC 電源(1 または 2)

3

コンソール ポート、管理ポート、USB ポート

2

ファン モジュール(4)

4

取り付けブラケットのネジ穴

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 10. Cisco Nexus 3132 シャーシのポート側の図



1

セレクタスイッチ、ID、ステータス LED

4

取り付けブラケットのネジ穴

2

4 個の SFP+ ポート(最初の QSFP+ ポートに内部で多重化される)

5

アース パッド

3

32 QSFP+ ポート

Cisco Nexus 3164Q スイッチの概要

Cisco Nexus 3164Q(N3K-C3164Q-40GE)は、64 個の固定 40 ギガビット拡張 QSFP+ ポート(40 ギガビット ネイティブ モードまたは 4 x 10 ギガビット モードで可動可能)、1 個の RJ-45 管理ポート、1 個の RS-232 コンソール ポート、および 1 個の USB ポートを持つ、2 ラック ユニット(RU)スイッチです。このスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。スイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 11. Cisco Nexus 3164Q シャーシのファン側の図



1

アース パッド

3

ファン モジュール(2)

2

電源モジュール(2)

4

ビーコン(BCN)およびステータス(STS)LED

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 12. Cisco Nexus 3164Q シャーシのポート側の図



1

ビーコン(BCN)、ステータス(STS)および環境(ENV)LED

5

40 ギガビット QSFP+ ポート(64)

2

USB ポート(2)

6

取り付けブラケットのネジ穴

3

管理ポート(1)

7

下部サポート レールに固定するためのシャーシのノッチ(2)(各側に 1 つずつ)

4

コンソール ポート(1)

Cisco Nexus 3172 スイッチの概要

Cisco Nexus 3172PQ(N3K-C3172PQ-10GE)は、1 ラック ユニット(RU)の、10 ギガビット拡張 SFP+ ベース スイッチであり、48 個の SFP+ ポートと 6 個の QSFP+ ポートがあります。各 SFP+ ポートは、100 Mbps、1 Gbps、または 10 Gbps モードで動作でき、各 QSFP+ ポートはネイティブ 40 Gbps または 4 x 10 Gbps モードで動作できます。

Cisco Nexus 3172PQ-XL(N3K-C3172PQ-XL)は、8GB の RAM とデュアルコア 2.5GHz x86 CPU を搭載し、10 ギガビット拡張 SFP+ ポート、48 個の SFP+ ポート、および 6 個の QSFP+ ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。各 SFP+ ポートは、100 Mbps、1 Gbps、または 10 Gbps モードで動作でき、各 QSFP+ ポートはネイティブ 40 Gbps または 4 x 10 Gbps モードで動作できます。

Cisco Nexus 3172TQ(N3K-C3172TQ-10GT)は、48 個の 10GBASE-T RJ-45 ポート(各ポートは 100 Mbps と 1 Gbps の速度で動作可能)、および 6 個の QSFP+ ポート(各 QSFP+ ポートは 4 x 10 ギガビット イーサネットまたは 40 ギガビット イーサネットをサポート可能)を持つ、1 ラック ユニット(RU)の 10GBASE-T スイッチです。

Cisco Nexus 3172TQ-XL(N3K-C3172TQ-XL)は、8GB の RAM とデュアルコア 2.5GHz x86 CPU を搭載し、48 個の 10GBASE-T RJ-45 ポート(各ポートは 100 Mbps と 1 Gbps の速度で動作可能)、および 6 個の QSFP+ ポート(各 QSFP+ ポートは 4 x 10 ギガビット イーサネットまたは 40 ギガビット イーサネットをサポート可能)を持つ、1 ラック ユニット(RU)の 10GBASE-T スイッチです。

これらのスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。これらのスイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 13. Cisco Nexus 3172 シャーシのファン側の図



1

電源モジュール(2)

2

ファン モジュール(4)

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 14. Cisco Nexus 3172 シャーシのポート側の図



1

ID LED とステータス LED

4

取り付けブラケットのネジ穴

2

SFP+ ポート(48)

5

アース パッド

3

QSFP+ ポート(6)

Cisco Nexus 3232C スイッチの概要

Cisco Nexus 3232C(N3K-C3232C)は、32 個の 100 ギガビット QSFP28-100 と 2 個の 10G SPF+ ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。このスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。スイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 15. Cisco Nexus 3232C シャーシのファン側の図



1

AC または DC 電源(1 または 2)

4

取り付けブラケットのネジ穴

2

ファン モジュール(4)

5

アース パッド

3

コンソール ポート、管理ポート、USB ポート

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 16. Cisco Nexus 3232C シャーシのポート側の図



1

セレクタスイッチ、ID、ステータス LED

4

取り付けブラケットのネジ穴

2

10G SPF+ ポート(2)

5

アース パッド

3

100 ギガビット QSFP28-100 ポート(32)

Cisco Nexus 3264Q スイッチの概要

Cisco Nexus 3264Q(N3K-C3264Q)は、64 個の固定 40 ギガビット QSFP ポート、1 個の RJ-45 管理ポート、1 個の RS-232 コンソール ポート、および 2 個の USB ポートを持つ、2 ラック ユニット(RU)スイッチです。このスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。スイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 17. Cisco Nexus 3264Q シャーシのファン側の図



1

アース パッド

3

ファン モジュール(2)

2

電源モジュール(2)

4

ビーコン(BCN)およびステータス(STS)LED

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 18. Cisco Nexus 3264Q シャーシのポート側の図



1

コンソール ポート(1)

5

10 ギガビット QSFP ポート(96)

2

USB ポート(2)

6

取り付けブラケットのネジ穴

3

ビーコン(BCN)、ステータス(STS)および環境(ENV)LED

7

下部サポート レールに固定するためのシャーシのノッチ(2)(各側に 1 つずつ)

4

管理ポート(1)

Cisco Nexus 3548-10G、3548-10GX、および 3524 スイッチの概要

Cisco Nexus 3548P-10G(N3K-C3548P-10G)および 3548P-10GX(N3K-C3548P-10GX)は、48 個の固定 1/10 ギガビット イーサネット SFP+ ポート、2 個(Cisco Nexus 4548P-10G)または 1 個(Cisco Nexus 3548P-GX)の 10/100/1000 管理ポート、1 個のコンソール ポート、および 1 個(Cisco Nexus 4548P-10G)または 2 個(Cisco Nexus 4548P-10GX)の USB ポートを持つ、1 ラック ユニット(RU)スイッチです。このスイッチは、ポート側排気とポート側吸気の両方のエアーフロー方式をサポートします。スイッチの動作に必要なのは 1 つの AC または DC 電源ですが、冗長性のためにセカンダリ電源を備えることができます。

Cisco Nexus 3524P(N3K-C3524P-10G)は、Cisco Nexus 3548 スイッチですが、使用可能なポートは 24 個のみです。ただし 48 個のすべてのポートを使用するようにアップグレードできます。これは主流のトップオブラック(ToR)データ センター設置のための、最も簡易なエントリ ポイントであり、ワイヤレートのレイヤ 2 およびレイヤ 3 スイッチングと、Algo Boost テクノロジや超低遅延を含む総合的な機能セットを提供します。

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのファン側の機能を示しています。

図 19. Cisco Nexus 3548P-10G、3548P-10GX、および 3524 シャーシのファン側の図



1

AC または DC 電源(1 または 2)

2

ファン モジュール(4)

次の図は、シャーシの取り付け時またはそのモジュールの交換時に使用する、シャーシのポート側の機能を示しています。

図 20. Cisco Nexus 3548P-10G、3548P-10GX、および 3524 シャーシのポート側の図



1

管理ポート、コンソール ポート、USB ポート

2

48 個の固定 SFP+ ポート