Cisco Nexus 3000 シリーズ ハードウェア インスト レーション ガイド
ラックの仕様
ラックの仕様

ラックの仕様

キャビネットおよびラックの一般的な要件と注意事項

キャビネットまたはラックは、次のすべての特性を備えている必要があります。
  • 標準 19 インチ(48.3 cm)の 4 ポスト EIA キャビネットまたはラック。

  • ANSI/EIA-310-D-1992 のセクション 1 に準拠した英国ユニバーサル ピッチに適合する取り付けレール。次を参照してください。

また、キャビネットまたはラックは、次の要件を満たしている必要があります。
  • 各 Cisco Nexus 3000 シリーズ スイッチ シャーシについて、最低限、縦方向に 1 RU(ラック ユニット)、つまり 1.75 インチ(4.4 cm)のスペースがあること。

  • 装置の背面をラックに取り付けない場合、2 本のラック取り付けレールの間の幅が、17.75 インチ(45.0 cm)以上であること。4 支柱 EIA ラックの場合、前方の 2 本のレールの距離が 17.75 インチ(45.1 cm)であること。

4 支柱 EIA キャビネット(穴あき型または壁型)は、次の要件を満たしている必要があります。
  • 光ファイバ ケーブルの最小曲げ半径を確保するために、キャビネットの前方取り付けレールから前面扉までに 3 インチ(7.6 cm)以上のスペースが必要です。

  • 背面ブラケットを取り付けられるように、前方取り付けレールの外面と後方取り付けレールの外面の距離が 23.0 ~ 30.0 インチ(58.4 ~ 76.2 cm)となっている必要があります。

  • シャーシ側面とキャビネット側面の間には、2.5 インチ(6.4 cm)以上の間隔が必要です。シャーシの吸気口または排気口の通気を妨げるようなものは除去してください。


(注)  


ケーブル管理を考慮して、すべての光ファイバまたは銅ケーブルが簡単にラックを通るように、ラックまたはキャビネット内のシャーシの上下に空きスペースができるようにしてください。


穴あき型キャビネットの要件について

穴あき型キャビネットの穴は、前面扉、背面扉、および側面にあります。「キャビネットおよびラックの一般的な要件と注意事項」の項に示す要件に加えて、穴あき型キャビネットは、次の要件を満たす必要があります。
  • 前面扉および背面扉の開孔率が 60 % 以上であること。扉の高さの 1 RU あたり 15 平方インチ(96.8 平方 cm)以上開口部があること。

  • キャビネットの上面にも穴が開いており、開孔率が 20% 以上であること。

  • 冷却が促進されるように、キャビネットの床面は開放型か穴あき型であること。

Cisco R シリーズ ラックは、これらの要件に適合しています。

オープン ラックの要件について

A-1 ページの「キャビネットおよびラックの一般的な要件と注意事項」の項の要件に加えて、シャーシをオープン ラック(側面パネルまたは扉が付いていないもの)に取り付ける場合は、ラックが次の要件を満たしていることを確認します。
  • 各シャーシについて、最低限、縦方向に 2 ラックユニット(RU)、つまり 3.47 インチ(8.8 cm)のスペースがあること。

  • 隣接するシャーシ間の間隔が 6 インチ(15.2 cm)以上あり、シャーシの通気口と壁面との間に最低 2.5 インチ(6.4 cm)の隙間があること。