Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス リリース 5.0(3)x
新機能および変更された機能に関する情報
新機能および変更された機能に関する情報
発行日;2012/08/19 | 英語版ドキュメント(2012/08/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

新機能および変更された機能に関する情報

新機能および変更された機能に関する情報

この章では、『Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS ユニキャスト ルーティング コマンド リファレンス』の新機能および変更された機能に関するリリース固有の情報を示します。このマニュアルの最新バージョンは、次のシスコ Web サイトから入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11541/tsd_products_support_series_home.html

この Cisco NX-OS リリースに関する詳細は、次のシスコ Web サイトで入手できる Cisco Nexus 3000 Series Switch Release Notes を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11541/prod_release_notes_list.html

表 1 には、Cisco NX-OS Release 5.x で追加または変更された機能の概要と参照先が記載されています。

 

表 1 リリース 5.x の新機能と変更点

機能
説明
変更されたリリース
参照先

システム リソースに対する syslog しきい値

この機能が導入されました。

5.0(3)U3(2)

hardware profile unicast syslog-threshold

ip arp syslog-threshold

OSPF の BFD

この機能が導入されました。

5.0(3)U3(1)

bfd(OSPF)

IPv6 のサポート

この機能が導入されました。

hardware profile tcam region コマンドが更新されました。

5.0(3)U3(1)

address-family ipv6 unicast

area filter-list(OSPFv3)

hardware profile ucast6 max-limit

ipv6 nd

show ipv6 nd interface

BGP ルート リフレクタ クライアントのネクスト ホップ セルフのサポート

この機能が導入されました。

5.0(3)U3(1)

set ip next-hop peer-address

スイッチ仮想インターフェイス(SVI)カウンタのサポート

この機能が導入されました。

5.0(3)U3(1)

show interface vlan counter

show vlan id counter

ホスト ルートの ECMP

この機能が導入されました。

5.0(3)U2(2)

hardware profile unicast enable-host-ecmp

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)の双方向フォワーディング検出(BFD)

この機能が導入されました。

5.0(3)U2(2)

bfd

bfd echo

bfd interval

bfd ipv4

bfd optimize subinterfaces

bfd slow-timer

feature bfd

ip redirects

show bfd neighbors

show running-config bfd

show startup-config bfd

IP 収集スロットル

この機能が導入されました。

5.0(3)U2(1)

hardware ip glean throttle

hardware ip glean throttle maximum

hardware ip glean throttle syslog

hardware ip glean throttle timeout

異なる自律システムの BGP マルチパス アドバタイズメント

bestpath as-path multipath-relax(BGP) コマンドが追加されました。

5.0(3)U1(2)

bestpath as-path multipath-relax(BGP)

仮想ルーティングおよび転送(VRF)

この機能が導入されました。

VRF、VRF Lite 機能および VRF の IP 機能を設定できます。

5.0(3)U1(1)

vrf

vrf context(レイヤ 2)

vrf context(レイヤ 3)

vrf member

ユニキャスト ルーティング

この機能が導入されました。

このリリースでは、次のレイヤ 3 ユニキャスト ルーティング機能がサポートされています。

インターネット プロトコル バージョン 4(IPv4)

Open Shortest Path First バージョン 2(OSPFv2)

Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)

ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)

Routing Information Protocol(RIP)

ユニキャスト ルーティング情報ベース(RIB)および転送情報ベース(FIB)

ホット スタンバイ ルータ プロトコル(HSRP)

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)

スタティック ルーティング

レイヤ 3 仮想化

Route Policy Manager

オブジェクト トラッキング

インターフェイスのユニキャスト リバース パス転送(RPF)を行うこともできます。

5.0(3)U1(1)

「ユニキャスト ルーティング コマンド」

「ユニキャスト ルーティング show コマンド」