Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS マルチキャスト ルーティング コマンド リファレンス リリース 5.0(3)x
新機能および変更された機能に関する情報
新機能および変更された機能に関する情報
発行日;2012/08/19 | 英語版ドキュメント(2012/05/22 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

新機能および変更された機能に関する情報

新機能および変更された機能に関する情報

この章では、『Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS マルチキャスト ルーティング コマンド リファレンス』の新機能および変更された機能に関するリリース固有の情報を示します。このマニュアルの最新バージョンは、次のシスコ Web サイトから入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11541/tsd_products_support_series_home.html

この Cisco NX-OS リリースに関する詳細は、次のシスコ Web サイトで入手できる Cisco Nexus 3000 Series Switch Release Notes を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11541/prod_release_notes_list.html

表 1 には、Cisco NX-OS Release 5.x で追加または変更された機能の概要と参照先が記載されています。

 

表 1 リリース 5.x の新機能と変更点

機能
説明
変更されたリリース
参照先

システム リソースに対する Syslog しきい値

この機能が導入されました。

5.0(3)U3(2)

hardware profile multicast syslog-threshold

ip igmp snooping syslog-threshold

ip igmp syslog-threshold

リモート ソースの MSDP Source-Active(SA)登録

この機能は、マルチキャスト転送(MFWD)スタティック ルートを登録できるようにするために導入されました。

5.0(3)U2(1)

clear ip mfwd event-history

ip mfwd mstatic

show ip mroute

show system internal mfwd mroute status

IGMP グローバル Leave メッセージの最大応答時間(MRT)

ip igmp global-leave-ignore-gss-mrt コマンドが追加されました。

5.0(3)U1(2)

ip igmp global-leave-ignore-gss-mrt

ランデブー ポイントツリー(RPT)から最短パス ツリー(SPT)へのスイッチオーバー時の重複パケットの発生防止

hardware profile multicast prefer-source-tree コマンドが追加されました。

5.0(3)U1(2)

hardware profile multicast prefer-source-tree

マルチキャスト ルーティング

この機能が導入されました。

このリリースでは、次のレイヤ 3 マルチキャスト ルーティング機能がサポートされます。

インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)

インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)スヌーピング

Protocol Independent Multicast(PIM)

PIM スパース モード(PIM-SM)

PIM Source Specific Multicast(PIM-SSM)

PIM スタティック ランデブー ポイント(RP)

PIM Auto-RP

PIM ブートストラップ ルータ(BSR)

PIM Anycast-RP

Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)

5.0(3)U1(1)

「マルチキャスト ルーティング コマンド」

「マルチキャスト ルーティング show コマンド」