Cisco Nexus 3548 スイッチ NX-OS マルチキャスト ルーティング コンフィギュレーション ガイド リリース 6.x
PIM の設定
PIM の設定
発行日;2015/04/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

PIM の設定

PIM の情報

hello メッセージ

Join/Prune メッセージ

状態の更新

ランデブー ポイント

スタティック RP

BSR

Auto-RP

Anycast-RP

PIM Register メッセージ

指定ルータ

管理用スコープの IP マルチキャスト

仮想化のサポート

PIM-Bidir について

PIM-Bidir

双方向共有ツリー

DF 選定

双方向グループ ツリー ビルディング

パケット転送

PIM および PIM-Bidir のライセンス要件

PIM に関する注意事項と制限事項

PIM-Bidir の注意事項と制約事項

PIM のデフォルト設定

PIM の設定

PIM 機能のイネーブル化

PIM スパース モードの設定

ASM または Bidir の設定

スタティック RP の設定

BSR の設定

Auto-RP の設定

PIM Anycast-RP セットの設定

ASM 専用の共有ツリーの設定

SSM の設定

マルチキャスト用 RPF ルートの設定

RP 情報配信を制御するルート マップの設定

メッセージ フィルタリングの設定

PIM 設定の確認

統計情報の表示

PIM 統計情報の表示

PIM 統計情報のクリア

PIM の設定例

SSM の設定例

BSR の設定例

PIM Anycast-RP の設定例

BSR を使用した PIM-Bidir の設定例

次の作業

その他の関連資料

関連資料

標準

管理情報ベース(MIB)

PIM の設定

この章は、IPv4 ネットワーク内の Cisco NX-OS スイッチ上の Protocol Independent Multicast(PIM)、および双方向 PIM(PIM-Bidir)機能を設定する方法を示しています。


) PIM Any Source Multicast(ASM)および Source-Specific Multicast(SSM)は単方向です。PIM-Bidir は双方向データ フローを許可する PIM の拡張形式です。PIM-Bidir では、ソース固有の状態を削除し、ツリーを任意の数のソースにスケールできます。他の PIM モードおよび PIM-Bidir の違いはセクション 「PIM-Bidir について」 で説明されています。PIM および PIM Bidir の設定は似ています。テキストのコメントおよびプロシージャは設定の相違を示しています。


この章は、次の項で構成されています。

「PIM の情報」

「PIM-Bidir について」

「PIM および PIM-Bidir のライセンス要件」

「PIM に関する注意事項と制限事項」

「PIM-Bidir の注意事項と制約事項」

「PIM の設定」

「PIM 設定の確認」

「統計情報の表示」

「PIM の設定例」

「次の作業」

「その他の関連資料」

PIM の情報

マルチキャスト対応ルータ間で使用される PIM は、マルチキャスト配信ツリーを構築して、ルーティング ドメイン内にグループ メンバーシップをアドバタイズします。PIM は、複数の送信元からのパケットが転送される共有配信ツリーと、単一の送信元からのパケットが転送される送信元配信ツリーを構築します。マルチキャストの詳細については、「マルチキャストに関する情報」を参照してください。

Cisco NX-OS は、IPv4 ネットワーク(PIM)でPIM スパース モードをサポートしています (PIM スパース モードでは、ネットワーク上の要求元だけにマルチキャスト トラフィックが伝送されます)。PIM は、ルータ上で同時に実行するように設定できます。PIM のグローバル パラメータを使用すると、ランデブー ポイント(RP)、メッセージ パケット フィルタリング、および統計情報を設定できます。PIM インターフェイス パラメータを使用すると、マルチキャスト機能のイネーブル化、PIM の境界の識別、PIM hello メッセージ インターバルの設定、および指定ルータ(DR)のプライオリティ設定を実行できます。詳細については、「PIM スパース モードの設定」を参照してください。


) Cisco NX-OS は、PIM デンス モードをサポートしていません。


Cisco NX-OS でマルチキャスト機能をイネーブルにするには、各ルータで PIM 機能をイネーブルにしてから、マルチキャストに参加する各インターフェイスで、PIM スパース モードをイネーブルにする必要があります。IPv4 ネットワークの場合は PIM を、設定できます。IPv4 ネットワーク上のルータで IGMP がイネーブルになっていない場合は、PIM によって自動的にイネーブルにされます。IGMP の設定方法については、「IGMP の設定」を参照してください。

PIM グローバル コンフィギュレーション パラメータを使用すると、マルチキャスト グループ アドレスの範囲を設定して、次に示す 2 つのツリー 配信モードで利用できます。

Any Source Multicast(ASM):マルチキャスト送信元の検出機能を提供します。ASM では、マルチキャスト グループの送信元と受信者間に共有ツリーを構築し、新しい受信者がグループに追加された場合は、送信元ツリーに切り替えることができます。ASM モードを利用するには、RP を設定する必要があります。

Source-Specific Multicast(SSM)は、マルチキャスト送信元への加入要求を受信する LAN セグメント上の指定ルータを起点として、送信元ツリーを構築します。SSM モードでは、RP を設定する必要がありません。送信元の検出は、その他の方法で実行する必要があります。

モードを組み合わせて、さまざまな範囲のグループ アドレスに対応することができます。詳細については、「PIM の設定」を参照してください。

ASM モードで使用される PIM スパースモードと共有配信ツリーの詳細については、 RFC 4601 を参照してください。

SSM モードでの PIM の詳細については、 RFC 3569 を参照してください。

PIM-Bidir の詳細については、 RFC5015 を参照してください。


) Cisco Nexus 3548 スイッチ 対応の Cisco NX-OS では、マルチキャストの等コスト マルチパス(ECMP)がデフォルトでオンになっています。ECMP はオフにできません。プレフィクスに複数のパスが存在する場合、PIM はパスをルーティング テーブル内で管理ディスタンスがもっとも低いmroute に選択します。Cisco NX-OS は、宛先までの 16 のパスをサポートします。


この項では、次のトピックについて取り上げます。

「hello メッセージ」

「Join/Prune メッセージ」

「状態の更新」

「ランデブー ポイント」

「PIM Register メッセージ」

「指定ルータ」

「管理用スコープの IP マルチキャスト」

「仮想化のサポート」

hello メッセージ

ルータがマルチキャスト アドレス 224.0.0.13 に PIM hello メッセージを送信して、PIM ネイバー ルータとの隣接関係を確立すると、PIM プロセスが開始されます。hello メッセージは 30 秒間隔で定期的に送信されます。PIM ソフトウェアはすべてのネイバーからの応答を確認すると、各 LAN セグメント内でプライオリティが最大のルータを指定ルータ(DR)として選択します。DR プライオリティは、PIM hello メッセージの DR プライオリティ値に基づいて決まります。全ルータの DR プライオリティ値が不明、またはプライオリティが等しい場合は、IP アドレスが最上位のルータが DR として選定されます。


注意 PIM hello インターバルを低い値(10 秒以下、または使用しているネットワーク環境に基づく値)に変更すると、マルチキャスト トラフィックのロスが発生する場合があります。

hello メッセージには保持時間の値も含まれています。通常、この値は hello インターバルの 3.5 倍です。ネイバーから後続の hello メッセージがないまま保持時間を経過すると、スイッチはそのリンクで PIM エラーを検出します。

PIM ソフトウェアで、PIM ネイバーとの PIM hello メッセージの認証に MD5 ハッシュ値を使用するよう設定すると、セキュリティを高めることができます。


) スイッチで PIM がディセーブルである場合は、IGMP スヌーピング ソフトウェアが PIM hello メッセージを処理します。


hello メッセージ認証の設定方法については、「PIM スパース モードの設定」を参照してください。

Join/Prune メッセージ

受信者から送信された、新しいグループまたは送信元に対する IGMP メンバーシップ レポート メッセージを受信すると、DR は、インターフェイスからランデブー ポイント方向(ASM モード)または送信元方向(SSM モード)に PIM Join メッセージを送信して、受信者と送信元を接続するツリーを作成します。ランデブー ポイント(RP)は共有ツリーのルートであり、ASM モードで、PIM ドメイン内のすべての送信元およびホストによって使用されます。SSM では RP を使用せず、送信元と受信者間の最小コスト パスである最短パス ツリー(SPT)が構築されます。PIM Bidir モードでは、Designated Forwarder(DF)が DR の代わりに PIM Join メッセージの送信を実行します。

DR はグループまたは送信元から最後のホストが脱退したことを認識すると、PIM Prune メッセージを送信して、配信ツリーから該当するパスを削除します。各ルータは、マルチキャスト配信ツリーの上流方向のホップに Join または Prune アクションを次々と転送し、パスを作成(Join)または削除(Prune)します。


) セクション 「PIM-Bidir について」 で説明されているように、PIM-Bidir はランデブー ポイント(RP)を使用して双方向ツリーを形成します。



) このマニュアル内の「PIM Join メッセージ」および「PIM Prune メッセージ」という用語は、PIM Join/Prune メッセージに関して、Join または Prune アクションのうち実行されるアクションをわかりやすく示すために使用しています。


Join/Prune メッセージは、ソフトウェアからできるだけ短時間で送信されます。Join/Prune メッセージをフィルタリングするには、ルーティング ポリシーを定義します。Join/Prune メッセージのポリシーの設定方法については、「PIM スパース モードの設定」を参照してください。

PIM Join を上流に発信してルーティング テーブルに含まれる既知のすべての (S, G) に対して SPT を事前に構築できます。受信者が存在しない場合でも、PIM Join を上流に発信してルーティング テーブルに含まれる既知のすべての (S, G) に対する SPT を事前に構築するには、 ip pim pre-build-spt コマンドを使用します。デフォルトで PIM (S, G) Join が上流に発信されるのは、(S, G) の OIF リストが空でない場合だけです。

状態の更新

PIM では、3.5 分の間隔でマルチキャスト エントリをリフレッシュする必要があります。ステートをリフレッシュすると、トラフィックがアクティブなリスナーだけに配信されるため、ルータで不要なリソースが使用されなくなります。

PIM ステートを維持するために、最終ホップである DR は、Join/Prune メッセージを 1 分に 1 回送信します。次に、(*, G) ステートおよび (S, G) ステートの構築例を示します。

(*, G) ステートの構築例:IGMP (*, G) レポートを受信すると、DR は (*, G) PIM Join メッセージを RP 方向に送信します。

(S, G) ステートの構築例:IGMP (S, G) レポートを受信すると、DR は (S, G) PIM Join メッセージを送信元方向に送信します。

ステートがリフレッシュされていない場合、PIM ソフトウェアは、上流ルータのマルチキャスト発信インターフェイス リストから転送パスを削除し、配信ツリーを再構築します。

ランデブー ポイント

ランデブー ポイント(RP)は、マルチキャスト ネットワーク ドメイン内にあるユーザが指定したルータで、マルチキャスト共有ツリーの共有ルートとして動作します。必要に応じて複数の RP を設定し、さまざまなグループ範囲をカバーすることができます。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「スタティック RP」

「BSR」

「Auto-RP」

「Anycast-RP」

スタティック RP

マルチキャスト グループ範囲の RP を静的に設定できます。この場合、ドメイン内のすべてのルータに RP のアドレスを設定する必要があります。

スタティック RP を定義するのは、次のような場合です。

ルータに Anycast RP アドレスを設定する場合

スイッチに手動で RP を設定する場合

スタティック RP の設定方法については、「スタティック RP の設定」を参照してください。

BSR

ブートストラップ ルータ(BSR)を使用すると、PIM ドメイン内のすべてのルータで、BSR と同じ RP キャッシュが保持されるようになります。BSR では、BSR 候補 RP から RP セットを選択するよう設定できます。BSR は、ドメイン内のすべてのルータに RP セットをブロードキャストする役割を果たします。ドメイン内の RP を管理するには、1 つまたは複数の候補 BSR を選択します。候補 BSR の 1 つが、ドメインの BSR として選定されます。


注意 同じネットワーク内では、Auto-RP プロトコルと BSR プロトコルを同時に設定できません。

図 4-1 は BSR 機構の位置、ルータ A(ソフトウェアによって選定された BSR)は、すべての有効なインターフェイスから BSR メッセージを送信しています(図の実線部分)。このメッセージには RP セットが含まれており、ネットワーク内のすべてのルータに次々とフラッディングされます。ルータ B および C は 候補 RP であり、選定された BSR に候補 RP アドバタイズメントを直接送信しています(図の破線部分)。

選定された BSR は、ドメイン内のすべての候補 RP から 候補 RP メッセージを受信します。BSR から送信されるブートストラップ メッセージには、すべての候補 RP に関する情報が格納されています。各ルータでは共通のアルゴリズムを使用することにより、各マルチキャスト グループに対応する同一の RP アドレスが選択されます。

図 4-1 BSR メカニズム

 

RP 選択プロセスの実行中、ソフトウェアは最もプライオリティが高い RP アドレスを特定します。2 つ以上の RP アドレスのプライオリティが等しい場合は、選択プロセスで RP ハッシュを使用することもできます。1 つのグループに割り当てられる RP アドレスは 1 つだけです。

デフォルトでは、ルータは BSR メッセージの受信や転送を行いません。BSR メカニズムによって、PIM ドメイン内のすべてのルータに対して、マルチキャスト グループ範囲に割り当てられた RP セットが動的に通知されるようにするには、BSR リスニング機能および転送機能をイネーブルにする必要があります。

ブートストラップ ルータの詳細については、 RFC 5059 を参照してください。


) BSR メカニズムは、サードパーティ製ルータで使用可能な、ベンダー共通の RP 定義方式です。


BSR および候補 RP の設定方法については、「BSR の設定」を参照してください。

Auto-RP

Auto-RP は、インターネット標準であるブートストラップ ルータ メカニズムの前身として導入されたシスコのプロトコルです。Auto-RP を設定するには、候補マッピング エージェントおよび候補 RP を選択します。候補 RP は、サポート対象グループ範囲を含んだ RP-Announce メッセージを Cisco RP-Announce マルチキャスト グループ 224.0.1.39 に送信します。Auto-RP マッピング エージェントは候補 RP からの RP-Announce メッセージを受信して、グループと RP 間のマッピング テーブルを形成します。マッピング エージェントは、このグループと RP 間の マッピング テーブルを RP-Discovery メッセージに格納して、Cisco RP-Discovery マルチキャスト グループ 224.0.1.40 にマルチキャストします。


注意 同じネットワーク内では、Auto-RP プロトコルと BSR プロトコルを同時に設定できません。

図 4-2 に、Auto-RP メカニズムを示します。RP マッピング エージェントは、受信した RP 情報を、定期的に Cisco RP-Discovery グループ 224.0.1.40 にマルチキャストします(図の実線部分)。

図 4-2 Auto-RP のメカニズム

 

デフォルトでは、ルータは Auto-RP メッセージの受信や転送を行いません。Auto-RP メカニズムによって、PIM ドメイン内のルータに対して、グループと RP 間のマッピング情報が動的に通知されるようにするには、Auto-RP リスニング機能および転送機能をイネーブルにする必要があります。

Auto-RP の設定方法については、「Auto-RP の設定」を参照してください。

Anycast-RP

Anycast-RP の実装方式には、Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)を使用する場合と、 RFC 4610 (『 Anycast-RP Using Protocol Independent Multicast (PIM) 』)に基づく場合の 2 種類があります。ここでは、PIM Anycast-RP の設定方法について説明します。

PIM Anycast-RP を使用すると、Anycast-RP セットというルータ グループを、複数のルータに設定された単一の RP アドレスに割り当てることができます。Anycast-RP セットとは、Anycast-RP として設定された一連のルータを表します。各マルチキャスト グループで複数の RP をサポートし、セット内のすべての RP に負荷を分散させることができるのは、この RP 方式だけです。Anycast-RP はすべてのマルチキャスト グループをサポートします。

ユニキャスト ルーティング プロトコルの機能に基づいて、PIM Register メッセージが最も近い RP に送信され、PIM Join/Prune メッセージが最も近い RP の方向に送信されます。いずれかの RP がダウンすると、これらのメッセージは、ユニキャスト ルーティングを使用して次に最も近い RP の方向へと送信されます。

PIM Anycast-RP の詳細については、 RFC 4610 を参照してください。

Anycast-RP の設定方法については、「PIM Anycast-RP セットの設定」を参照してください。

PIM Register メッセージ

PIM Register メッセージは、マルチキャスト送信元に直接接続された指定ルータ(DR)から RP にユニキャストされます。PIM Register メッセージには次の機能があります。

マルチキャスト グループに対する送信元からの送信がアクティブであることを RP に通知する

送信元から送られたマルチキャスト パケットを RP に配信し、共有ツリーの下流に転送する

DR は RP から Register-Stop メッセージを受信するまで、PIM Register メッセージを RP 宛に送信し続けます。RP が Register-Stop メッセージを送信するのは、次のいずれかの場合です。

RP が送信中のマルチキャスト グループに、受信者が存在しない場合

RP が送信元への SPT に加入しているにもかかわらず、送信元からのトラフィックの受信が開始されていない場合

登録メッセージの送信元 IP アドレスが、RP がパケットを送信できる一意のルーテッド アドレスではない場合に、登録メッセージの送信元 IP アドレスを設定するには、ip pim register-source コマンドを使用します。このような状況は、受信したパケットが転送されないように送信元アドレスがフィルタリングされる場合、または送信元アドレスがネットワークに対して一意でない場合に発生します。このような場合、RP から送信元アドレスへ返された応答は DR への到達に失敗し、その結果としてプロトコル独立型マルチキャスト スパース モード(PIM-SM)プロトコルに障害が発生します。

次に、登録メッセージの IP 送信元アドレスを DR のループバック 3 インターフェイスに設定する例を示します。

switch # configuration terminal
switch(config)# vrf context Enterprise
switch(config-vrf)# ip pim register-source ethernet 2/3
switch(config-vrf)#

) Cisco NX-OS では RP の処理の停滞を防ぐため、PIM Register メッセージのレート制限が行われます。


PIM Register メッセージをフィルタリングするには、ルーティング ポリシーを定義します。PIM Register メッセージのポリシーの設定方法については、「メッセージ フィルタリングの設定」を参照してください。

指定ルータ

PIM の ASM モードおよび SSM モードでは、各ネットワーク セグメント上のルータの中から指定ルータ(DR)が選択されます。DR は、セグメント上の指定グループおよび送信元にマルチキャスト データを転送します。

各 LAN セグメントの DR は、「hello メッセージ」に記載された手順で決定されます。

ASM モードの場合、DR は RP に PIM Register パケットをユニキャストします。DR が、直接接続された受信者からの IGMP メンバーシップ レポートを受信すると、DR を経由するかどうかに関係なく、RP への最短パスが形成されます。これにより、同じマルチキャスト グループ上で送信を行うすべての送信元と、そのグループのすべての受信者を接続する共有ツリーが作成されます。

SSM モードの場合、DR は送信元方向に (*, G) または (S, G) PIM Join メッセージを発信します。受信者から送信元へのパスは、各ホップで決定されます。この場合、送信元が受信者または DR で認識されている必要があります。

DR プライオリティの設定方法については、「PIM スパース モードの設定」を参照してください。

管理用スコープの IP マルチキャスト

管理用スコープの IP マルチキャスト方式を使用すると、マルチキャスト データの配信先を制限できます。詳細については、 RFC 2365 を参照してください。

インターフェイスを PIM 境界として設定し、PIM メッセージがこのインターフェイスから送信されないようにできます。ドメイン境界パラメータの設定方法については、「メッセージ フィルタリングの設定」を参照してください。

Auto-RP スコープ パラメータを使用すると、存続可能時間(TTL)値を設定できます。詳細については、「Auto-RP の設定」を参照してください。

仮想化のサポート

複数の仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)インスタンス VRF ごとに、MRIB などの独立したマルチキャスト システム リソースが用意されます。

PIM の show コマンドに VRF 引数を指定して実行すると、表示される情報のコンテキストを確認できます。VRF 引数を指定しない場合は、デフォルト VRF が使用されます。

VRF の設定の詳細については、『 Cisco Nexus 3548 Switch NX-OS Unicast Routing Configuration Guide 』を参照してください。

PIM-Bidir について

PIM-Bidir

双方向 PIM(PIM-Bidir)は、個々の PIM-Bidir ドメイン内での効率的な多対多通信用に設計された PIM プロトコルの拡張機能です。双方向モードのマルチキャスト グループでは、最小限の追加オーバーヘッドで、任意の数の送信元にスケールできます。

PIM スパース モードで作成される共有ツリーは単方向性です。これは、データ ストリームが共有ツリーのルート、つまりランデブー ポイント(RP)にもたらされるように送信元ツリーを作成する必要があることを意味します。これにより、データ ストリームはブランチを下方向に転送され、レシーバに到達できます。送信元データは、共有ツリーの上方向にある RP に向かって流れることはできません。これは、双方向共有ツリーとみなされるためです。

PIM-Bidir は PIM スパース モード(PIM-SM)のメカニズムから派生しており、多くの共有ツリー操作を共有しています。PIM Bidir も共有ツリー上の RP アップストリームに対して無条件の送信元トラフィックの転送が可能ですが、PIM-Bidir は、PIM-SM で使用されるような送信元の登録プロセスがないという点で異なります。PIM-Bidir でのこれらの変更は、すべてのデバイスで (*,G) マルチキャスト ルーティング エントリだけに基づいてトラフィックを転送できるようにするには、必要十分なものです。この機能では、ソース固有のステートは不要であり、スケーリング機能を使用して任意の数のソースに対応できます。

双方向共有ツリー

双方向モードでは、トラフィックは、グループのランデブー ポイント(RP)をルートとする双方向共有ツリーに沿ってのみ、ルーティングされます。PIM-Bidir では、RP の IP アドレスが、すべてのデバイスがその IP アドレスをルートとするループフリーのスパニング ツリー トポロジを確立するうえで重要な役割を果たします。この IP アドレスはデバイスである必要はなく、PIM ドメイン内のどこからでも到達可能なネットワーク上の任意の未割り当て IP アドレスを使用できます。この技術は、PIM-Bidir の冗長 RP 設定を確立するための優先設定方式です。

双方向グループのメンバーシップは、明示的な加入メッセージによって伝えられます。ソースからのトラフィックは、無条件で、共有ツリーの上方向にある RP に向けて送信され、ツリーの下方向にある各ブランチ上のレシーバに渡されます。

図 4-3 および 図 4-4 は、双方向共有ツリーに対するデバイスごとの単方向共有ツリーおよびソース ツリーの状態の違いを示しています。

図 4-3 単方向共有ツリーおよびソース ツリー

 

図 4-4 双方向共有ツリー

RP からレシーバ方向へダウンストリームで転送されるパケットの場合、PIM-Bidir と PIM スパース モード(PIM-SM)間の基本的な違いはありません。ソースからアップストリームで RP 方向に渡されるトラフィックの場合、PIM-Bidir は実質的に PIM-SM から逸脱します。

PIM-SM は、トラフィックを 1 つのリバース パス転送(RPF)インターフェイスからのみ受け入れるため、ツリーのアップストリーム方向にトラフィックを転送できません。(共有ツリーの)このインターフェイスは RP 方向を指し、そのため、ダウンストリーム トラフィック フローのみを許可します。アップストリーム トラフィックはまずユニキャスト登録メッセージにカプセル化され、これがソースの指定ルータ(DR)から RP に渡されます。次に、RP は送信元にルートがあるソース パス ツリーを結合します。したがって、PIM-SM では、RP に宛てられた送信元からのトラフィックは、共有ツリー内でアップストリームではフローしませんが、送信元の SPT に沿って RP に到達するまでダウンストリームでフローします。RP から、トラフィックは共有ツリーに沿ってすべてのレシーバに向けてフローします。

PIM-Bidir では、パケット転送ルールが PIM-SM から改善され、トラフィックを共有ツリーで RP 方向にアップストリームに渡せるようになりました。マルチキャスト パケット ルーピングを避けるために、PIM-Bidir は指定フォワーダ(DF)選定と呼ばれる新しいメカニズムを導入します。これは、RP をルートとするループフリーのランデブー ポイント(RP)を確立します。

DF 選定

すべてのネットワーク セグメントとポイントツーポイント リンクで、PIM デバイスはすべて指定フォワーダ(DF)選定と呼ばれる手順に参加します。手順は、双方向グループの各ランデブー ポイント(RP)に対して 1 つのデバイスを選択します。DF は、そのネットワークで受信されたマルチキャスト パケットの転送を担当します。

DF 選定は、ユニキャスト ルーティング メトリックに基づきます。RP への最も望ましいユニキャスト ルーティング メトリックを持つデバイスが DF になります。この方法を使用することによって、RP へのパラレル等コスト パスがある場合にも、すべてのパケットのコピー 1 つだけが RP に送信されます。

DF は双方向グループのすべての RP に対して選定されます。結果として、ネットワーク セグメント上で各 RP に 1 つずつ複数のデバイスが DF として選定されます。複数のインターフェイスで特定のデバイスが DF として選定される場合があります。

双方向グループ ツリー ビルディング

双方向グループの共有ツリーに参加する手順は、PIM スパース モード(PIM-SM)での手順とほとんど同じです。主な相違は、双方向グループでは、指定ルータ(DR)のロールがランデブー ポイント(RP)の指定フォワーダ(DF)によって継承されることです。

ローカル レシーバを持つネットワークでは、DF として選定されたデバイスのみがインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)加入メッセージの受信時に発信インターフェイス リスト(oiflist)を読み込み、(*, G) 加入および脱退メッセージを RP 方向にアップストリームに送信します。ダウンストリーム デバイスが共有ツリーに参加する場合、PIM 加入および脱退メッセージのリバース パス転送(RPF)ネイバーが常に RP に向かうインターフェイスの DF に選定されます。

デバイスが加入または脱退メッセージを受け取り、デバイスが受信インターフェイスの DF でない場合、メッセージは無視されます。そうでない場合、デバイスは共有ツリーをスパース モードと同じように更新します。

デバイスがすべて双方向共有ツリーをサポートしているネットワークでは、(S, G) 加入および脱退メッセージは無視されます。DF 選定手順は RP からパラレル ダウンストリーム パスをなくすため、PIM アサート メッセージを送信する必要もありません。RP はソースへのパスに参加することなく、登録停止も送信しません。

パケット転送

デバイスは双方向グループに対してのみ (*, G) エントリを作成します。(*, G) エントリの送信インターフェイス リストには、デバイスが指定フォワーダを確立し、Internet Group Management プロトコル(IGMP)または Protocol Independent Multicast(PIM)Join メッセージのいずれかを受信したすべてのインターフェイスのリストが含まれます。デバイスが送信者のみのブランチに位置している場合、(*, G) 状態が作成されますが、RP アドレスがルータのローカル インターフェイスに属していない場合、oiflist には RPF インターフェイスのみが含まれます。 この場合、oiflist は空です。

パケットがランデブー ポイントに向かって Reverse Path Forwarding(RPF)インターフェイスから受信された場合、パケットは (*, G) エントリの oiflist に基づいてダウンストリームで転送されます。それ以外の場合、受信インターフェイスの DF であるデバイスのみがパケットを RP 方向にアップストリームに転送します。その他のデバイスはすべてパケットを廃棄する必要があります。

PIM および PIM-Bidir のライセンス要件

次の表に、この機能のライセンス要件を示します。

 

製品
ライセンス要件

Cisco NX-OS

PIM および PIM-Bidir には LAN Base Services ライセンスが必要です。Cisco NX-OS ライセンス方式の詳細と、ライセンスの取得および適用の方法については、『 Cisco NX-OS Licensing Guide』を参照してください。

PIM に関する注意事項と制限事項

PIM に関する注意事項および制限事項は次のとおりです。

Cisco NX-OS PIM は、PIM デンス モードのすべてのバージョンおよび PIM スパース モードのバージョン 1 と相互運用しません。

同じネットワーク内では、Auto-RP プロトコルと BSR プロトコルを同時に設定できません。

候補 RP インターバルを 15 秒以上に設定してください。

スイッチに BSR ポリシーが適用されており、BSR として選定されないように設定されている場合、このポリシーは無視されます。これにより、次のようなデメリットが発生します。

ポリシーで許可されている BSM をスイッチが受信した場合、このスイッチが不正に BSR に選定されていると、対象の BSM がドロップされるためにダウンストリーム ルータではその BSM を受信できなくなります。また、ダウンストリーム スイッチでは、不正な BSR から送信された BSM が正しくフィルタリングされるため、これらのスイッチでは RP 情報を受信できなくなります。

BSR に異なるスイッチから送られた BSM が着信すると、新しい BSM が送信されますが、その正規の BSM はダウンストリーム スイッチで受信されなくなります。

次のいずれかにより受信側マルチキャスト トラフィックのロスが発生する場合があります。

100 以上のマルチキャスト グループがある

すべてのデバイスで ip pim spt-threshold infinity group-list コマンドを使用している

受信側マルチキャスト トラフィックのロスを回避するには、次のいずれかを実行します。

マルチキャスト グループを 1000 から 100 に削減

すべての PIM RP にのみ no ip pim spt-threshold infinity コマンドを使用

また、PIM Hello メッセージのインターバルが低すぎない(10 秒未満、またはネットワーク環境に基づく)ことを確認してください。このインターバルが低すぎるとマルチキャスト トラフィックのロスが発生することがあります。

PIM-Bidir の注意事項と制約事項

Cisco Nexus 3548 スイッチ での PIM-Bidir の使用には制限があります。特に、内部実装による制限として、一度グループ範囲がある VRF で Bidir として設定されたら、そのグループ範囲を他の VRF に対して再度使用することはできません。たとえば、グループ範囲 225.1.0.0/16 がデフォルト VRF で Bidir として設定されている場合、別の VRF でこのグループ範囲のグループまたは一部を(ASM、Bidir、または SSM として)再使用することはできません。

PIM のデフォルト設定

表 4-1 に、PIM の各種パラメータについて、デフォルト設定を示します。

 

表 4-1 PIM のデフォルト パラメータ

パラメータ
デフォルト

共有ツリーだけを使用

ディセーブル

再起動時にルートをフラッシュ

ディセーブル

ネイバーの変更の記録

ディセーブル

Auto-RP メッセージ アクション

ディセーブル

BSR メッセージ アクション

ディセーブル

SSM マルチキャスト グループ範囲またはポリシー

IPv4 では 232.0.0.0/8、

PIM スパース モード

ディセーブル

DR プライオリティ

0

hello 認証モード

ディセーブル

ドメイン境界

ディセーブル

RP アドレス ポリシー

メッセージをフィルタリングしない

PIM Register メッセージ ポリシー

メッセージをフィルタリングしない

BSR 候補 RP ポリシー

メッセージをフィルタリングしない

BSR ポリシー

メッセージをフィルタリングしない

Auto-RP マッピング エージェント ポリシー

メッセージをフィルタリングしない

Auto-RP 候補 RP ポリシー

メッセージをフィルタリングしない

Join/Prune ポリシー

メッセージをフィルタリングしない

ネイバーとの隣接関係ポリシー

すべての PIM ネイバーと隣接関係を確立

PIM の設定

PIM は、インターフェイスごとに設定できます。


) Cisco NX-OS は、PIM スパース モード バージョン 2 をサポートします。このマニュアルで「PIM」と記載されている場合は、PIM スパース モードのバージョン 2 を意味しています。


マルチキャスト配信モードを使用すると、PIM ドメインに、それぞれ独立したアドレス範囲を設定できます( 表 4-2 を参照)。

 

表 4-2 PIM マルチキャスト配信モード

マルチキャスト配信モード
RP 設定の必要性
説明

ASM

Yes

任意の送信元のマルチキャスト

Bidir

Yes

双方向共有ツリー

SSM

No

Source-Specific Multicast

マルチキャスト用 RPF ルート

No

マルチキャスト用 RPF ルート

PIM の設定手順は次のとおりです。


ステップ 1 表 4-2 に示したマルチキャスト配信モードについて、各モードに設定するマルチキャスト グループの範囲を選択します。

ステップ 2 PIM 機能をイネーブルにします。「PIM 機能のイネーブル化」を参照してください。

ステップ 3 PIM ドメインに参加させる各インターフェイスで、PIM スパース モードを設定します。「PIM スパース モードの設定」を参照してください。

ステップ 4 ステップ 1 で選択したマルチキャスト配信モードについて、次の設定作業を行います。

ASM モードまたは PIM 双方向モードについては、「ASM または Bidir の設定」 を参照してください。

PIM を SSM モードで設定する場合は、「SSM の設定」 を参照してください。

RPF ルートをマルチキャストで設定する場合は、「マルチキャスト用 RPF ルートの設定」 を参照してください。

ステップ 5 メッセージ フィルタリングを設定する場合。「メッセージ フィルタリングの設定」を参照してください。


 

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「PIM 機能のイネーブル化」

「PIM スパース モードの設定」

「ASM または Bidir の設定」

「SSM の設定」

「マルチキャスト用 RPF ルートの設定」

「RP 情報配信を制御するルート マップの設定」

「メッセージ フィルタリングの設定」


) Cisco IOS の CLI に慣れている場合、この機能の Cisco NX-OS コマンドは従来の Cisco IOS コマンドと異なる点があるため注意が必要です。


PIM 機能のイネーブル化

PIM コマンドにアクセスするには、PIM 機能をイネーブルにしておく必要があります。

はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていることを確認してください。

手順の概要

1. configure terminal

2. feature pim

3. (任意) show running-configuration pim

4. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

feature pim

 

例:

switch(config)# feature pim

PIM をイネーブルにします。デフォルトでは PIM はディセーブルになっています。

ステップ 3

show running-configuration pim

 

例:

switch(config)# show running-configuration pim

(任意) feature コマンドを含む、PIM の実行コンフィギュレーション情報を示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

PIM スパース モードの設定

スパース モード ドメインに参加させる各スイッチ インターフェイスで、PIM スパース モードを設定します。


) マルチキャスト ルート マップの設定方法については、「RP 情報配信を制御するルート マップの設定」を参照してください。



) Join/Prune ポリシーの設定方法については、「メッセージ フィルタリングの設定」を参照してください。


はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. (任意) ip pim auto-rp { listen [ forward ] | forward [ listen ]}

3. (任意) ip pim bsr { listen [ forward ] | forward [ listen ]}

4. (任意) show ip pim rp [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

5. (任意) ip pim register-rate-limit rate

6. (任意)[ ip | ipv4 ] routing multicast holddown holddown-period

7. (任意) show running-configuration pim

8. interface interface

9. no switchport

10. ip pim sparse-mode

11. (任意) ip pim dr-priority priority

12. (任意) ip pim hello-authentication ah-md5 auth-key

13. (任意) ip pim hello-interval interval

14. (任意) ip pim border

15. (任意) ip pim neighbor-policy policy-name

16. (任意) show ip pim interface [ interface | brief ] [ vrf vrf-name | all ]

17. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip pim auto-rp { listen [ forward ] | forward [ listen ]}

 

例:

switch(config)# ip pim auto-rp listen

(任意)Auto-RP メッセージの受信と転送をイネーブルにします。デフォルトではこれらの機能がディセーブルになっているため、Auto-RP メッセージの受信と転送は行われません。

ステップ 3

ip pim bsr { listen [ forward ] | forward [ listen ]}

 

例:

switch(config)# ip pim bsr forward

(任意)BSR メッセージの受信と転送をイネーブルにします。デフォルトではこれらの機能がディセーブルになっているため、BSR メッセージの受信と転送は行われません。

ステップ 4

show ip pim rp [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

 

例:

switch(config)# show ip pim rp

(任意)Auto-RP および BSR の受信/転送ステートなど、PIM RP 情報を表示します。

ステップ 5

ip pim register-rate-limit rate

 

例:

switch(config)# ip pim register-rate-limit 1000

(任意)レート制限を毎秒のパケット数で設定します。指定できる範囲は 1 ~ 65,535 です。デフォルト設定は無制限です。

ステップ 6

[ ip | ipv4 ] routing multicast holddown holddown-period

 

例:

switch(config)# ip routing multicast holddown 100

(オプション)IPv4 の初期ホールドダウン期間を秒単位で設定します。ホールドダウン期間は、MRIB が最初に起動するためにかかる時間です。コンバージェンスを高速化するには、小さい値を入力します。範囲は 90 ~ 210 です。ホールドダウン期間をディセーブルにするには、0 を指定します。デフォルト値は 210 です。

ステップ 7

show running-configuration pim

 

例:

switch(config)# show running-configuration pim

(任意)Register のレート制限を含む、PIM 実行コンフィギュレーション情報を表示します。

ステップ 8

interface interface

 

例:

switch(config)# interface ethernet 2/1

switch(config-if)#

ethernet slot/port などのインターフェイス タイプおよび番号を入力して、インターフェイス モードを開始します。

ステップ 9

no switchport

 

例:

switch(config-if)# no switchport

そのインターフェイスを、レイヤ 3 ルーテッド インターフェイスとして設定します。

ステップ 10

ip pim sparse-mode

 

例:

switch(config-if)# ip pim sparse-mode

現在のインターフェイスで PIM スパース モードをイネーブルにします。デフォルトではディセーブルになっています。

ステップ 11

ip pim dr-priority priority

 

例:

switch(config-if)# ip pim dr-priority 192

(任意)PIM hello メッセージの一部としてアドバタイズされる指定ルータ(DR)プライオリティを設定します。有効範囲は 1 ~ 4294967295 です。デフォルトは 1 です。

ステップ 12

ip pim hello-authentication ah-md5 auth-key

 

例:

switch(config-if)# ip pim hello-authentication ah-md5 my_key

(任意)インターフェイスで、PIM hello メッセージ内の MD5 ハッシュ認証キー(パスワード)をイネーブルにして、直接接続されたネイバーによる相互認証を可能にします。PIM hello メッセージは、認証ヘッダー(AH)オプションを使用して符号化された IP セキュリティ です。暗号化されていない(クリアテキストの)キーか、または次に示す値のいずれかを入力したあと、スペースと MD5 認証キーを入力します。

0:暗号化されていない(クリアテキストの)キーを指定します。

3:3-DES 暗号化キーを指定します。

7:Cisco Type 7 暗号化キーを指定します。

認証キーの文字数は最大 16 文字です。デフォルトではディセーブルになっています。

ステップ 13

ip pim hello-interval interval

 

例:

switch(config-if)# ip pim hello-interval 25000

(任意)hello メッセージの送信インターバルを、ミリ秒単位で設定します。指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。デフォルト値は 30000 です。

(注) PIM の hello 間隔を低い値に変更する場合は、ネットワーク環境に適応しているかどうかを確認することを推奨します。

ステップ 14

ip pim border

 

例:

switch(config-if)# ip pim border

(任意)インターフェイスを PIM ドメインの境界として設定し、対象のインターフェイスで、ブートストラップ、候補 RP、または Auto-RP の各メッセージが送受信されないようにします。デフォルトではディセーブルになっています。

ステップ 15

ip pim neighbor-policy policy-name

 

例:

switch(config-if)# ip pim neighbor-policy my_neighbor_policy

(任意) match ip address コマンドを使用し、ルートマップ ポリシーに基づいて PIM ネイバーの隣接関係を設定します。ポリシー名の文字数は最大 63 文字です。デフォルトでは、すべての PIM ネイバーと隣接関係が確立されます。

(注) この機能の設定は、経験を積んだネットワーク管理者のみが行うことを推奨します。

ステップ 16

show ip pim interface [ interface | brief ] [ vrf vrf-name | all ]

 

例:

switch(config-if)# show ip pim interface

(任意)PIM インターフェイス情報を表示します。

ステップ 17

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-if)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

ASM または Bidir の設定

Any Source Multicast(ASM)はマルチキャスト配信モードであり、マルチキャストデータの送信元と受信者の間に、共通のルートとして動作する RP を設定する必要があります。

ASM モードを有効にするには、スパース モードおよび RP の選択方式を設定します。RP の選択方式では、配信モードを指定して、マルチキャスト グループの範囲を割り当てます。


) ASM または Bidir PIM を設定する前に、まず、前のセクションで説明したように PIM をイネーブルにします。


 

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「スタティック RP の設定」

「BSR の設定」

「Auto-RP の設定」

「PIM Anycast-RP セットの設定」

「ASM 専用の共有ツリーの設定」

スタティック RP の設定

RP を静的に設定するには、PIM ドメインに参加するルータのそれぞれに RP アドレスを設定します。

match ip multicast コマンドで、使用するグループ プレフィックスを示すルートマップ ポリシー名を指定できます。

はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要


) 単方向 PIM を設定する場合は、ステップ 2 でコマンドの末尾からパラメータ [bidir] を削除し、次のようにします。
ip pim rp-address rp-address [group-list ip-prefix | route-map policy-name]


1. configure terminal

2. ip pim rp-address rp-address [ group-list ip-prefix | route-map policy-name ] [bidir]]

3. (任意) show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

4. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip pim rp-address rp-address [ group-list ip-prefix | route-map policy-name ][bidir]

 

例:

switch(config)# ip pim rp-address 192.0.2.33 group-list 224.0.0.0/9 bidir

 

マルチキャスト グループ範囲に、PIM スタティック RP アドレスを設定します。 match ip multicast コマンドで、使用するグループ プレフィックスを示すルートマップ ポリシー名を指定できます。デフォルト モードは bidirキーワードを指定しない場合、ASM です。デフォルトのグループ範囲は 224.0.0.0 ~ 239.255.255.255 です。

例 は、特定のグループ範囲に対する PIM Bidir モードを設定します。

ステップ 3

show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

 

例:

switch(config)# show ip pim group-range

(任意)PIM モードおよびグループ範囲を表示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

BSR の設定

BSR を設定するには、候補 BSR および候補 RP を選択します。


注意 同じネットワーク内では、Auto-RP プロトコルと BSR プロトコルを同時に設定できません。

候補 BSR の設定では引数を指定できます( 表 4-3 を参照)。

 

表 4-3 候補 BSR の引数

引数
説明

interface

ブートストラップ メッセージで使用する、BSR 送信元 IP アドレスを取得するためのインターフェイス タイプおよび番号。

hash-length

ハッシュ長は、マスクを適用するために使用される上位桁の 1 の個数です。マスクでは、候補 RP のグループ アドレス範囲の論理積をとることにより、ハッシュ値を算出します。マスクは、グループ範囲が等しい一連の RP に割り当てられる連続アドレスの個数を決定します。PIM の場合、この値の範囲は 0 ~ 32 であり、デフォルト値は 30 秒です。

priority

現在の BSR に割り当てられたプライオリティ。ソフトウェアにより、プライオリティが最も高い BSR が選定されます。BSR プライオリティが等しい場合は、IP アドレスが最上位の BSR が選定されます。この値の範囲は 0(プライオリティが最小)~ 255 であり、デフォルト値は 64 です。

候補 RP の設定では引数を指定できます( 表 4-4 を参照)。

 

表 4-4 BSR 候補 RP の引数およびキーワード

引数またはキーワード
説明

interface

ブートストラップ メッセージで使用する、BSR 送信元 IP アドレスを取得するためのインターフェイス タイプおよび番号。

group-list ip-prefix

プレフィックス形式で指定された、この RP によって処理されるマルチキャスト グループ。

interval

候補 RP メッセージの送信間隔(秒)。この値の範囲は 1 ~ 65,535 であり、デフォルト値は 60 秒です。

(注) 候補 RP インターバルは 15 秒以上に設定することを推奨します。

priority

現在の RP に割り当てられたプライオリティ。ソフトウェアにより、グループ範囲内でプライオリティが最も高い RP が選定されます。プライオリティが等しい場合は、IP アドレスが最上位の RP が選定されます。この値の範囲は 0(プライオリティが最大)~ 65,535 であり、デフォルト値は 192 です。


ヒント 候補 BSR および 候補 RP は、PIM ドメインのすべての箇所と適切に接続されている必要があります。

BSR および候補 RP には同じルータを指定できます。多数のルータが設置されたドメインでは、複数の候補 BSR および候補 RP を選択することにより、BSR または RP に障害が発生した場合に、自動的に代替 BSR または代替 RP へとフェールオーバーすることができます。

候補 BSR および候補 RP を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 PIM ドメインの各ルータで BSR メッセージの受信と転送を行うかどうかを設定します。候補 RP または候補 BSR として設定されたルータは、インターフェイスにドメイン境界機能が設定されていない場合、すべての BSR プロトコル メッセージの受信と転送を自動的に実行します。詳細については、「PIM スパース モードの設定」を参照してください。

ステップ 2 候補 BSR および候補 RP として動作するルータを選択します。

ステップ 3 後述の手順に従い、候補 BSR および候補 RP をそれぞれ設定します。

ステップ 4 BSR メッセージ フィルタリングを設定します。「メッセージ フィルタリングの設定」を参照してください。


 

はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要


) PIM-ASM を設定した場合は、ステップ 3 でコマンドからパラメータ bidir を削除し、次のようにします。
ip pim [bsr] rp-candidate interface group-list ip-prefix [priority priority] [interval interval]


 

1. configure terminal

2. ip pim [ bsr ] bsr-candidate interface [ hash-len hash-length ] [ priority priority ]

3. ip pim [ bsr ] rp-candidate interface group-list ip-prefix [ priority priority ] [ interval interval ] [bidir]

4. (任意) show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

5. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip pim [ bsr ] bsr-candidate interface [ hash-len hash-length ] [ priority priority ]

 

例:

switch(config)# ip pim bsr-candidate ethernet 2/1 hash-len 24

候補ブートストラップ ルータ(BSP)を設定します。ブートストラップ メッセージで使用される送信元 IP アドレスは、インターフェイスの IP アドレスです。ハッシュ長は 0 ~ 32 であり、デフォルト値は 30 です。プライオリティは 0 ~ 255 であり、デフォルト値は 64 です。パラメータの詳細については、 表 4-3 を参照してください。

ステップ 3

ip pim [ bsr ] rp-candidate interface group-list ip-prefix [ priority priority ] [ interval interval ] [bidir]

 

例:

switch(config)# ip pim rp-candidate ethernet 2/1 group-list 239.0.0.0/24 bidir

 

BSR の候補 RP を設定します。プライオリティは 0(プライオリティが最大)~ 65,535 であり、デフォルト値は 192 です。インターバルは 1 ~ 65,535 秒であり、デフォルト値は 60 秒です。

(注) 候補 RP インターバルは 15 秒以上に設定することを推奨します。

例では、PIM-Bidir の候補 RP を設定しています。

(注) ASM の候補 RP を設定するには、コマンドの末尾からパラメータ bidir を削除します。

ステップ 4

show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

 

例:

switch(config)# show ip pim group-range

(任意)PIM モードおよびグループ範囲を表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

Auto-RP の設定

Auto-RP を設定するには、候補マッピング エージェントおよび候補 RP を選択します。マッピング エージェントおよび候補 RP には同じルータを指定できます。


注意 同じネットワーク内では、Auto-RP プロトコルと BSR プロトコルを同時に設定できません。

Auto-RP マッピング エージェントの設定では、引数を指定できます( 表 4-5 を参照)。

 

表 4-5 Auto-RP マッピング エージェントの引数

引数
説明

interface

ブートストラップ メッセージで使用する、Auto-RP マッピング エージェントの IP アドレスを取得するためのインターフェイス タイプおよび番号。

scope ttl

RP-Discovery メッセージが転送される最大ホップ数を表す存続可能時間(TTL)値。この値の範囲は 1 ~ 255 であり、デフォルト値は 32 です。

(注) 「PIM スパース モードの設定」の境界ドメイン機能を参照してください。

複数の Auto-RP マッピング エージェントを設定した場合、1 つだけがドメインのマッピング エージェントとして選定されます。選定されたマッピング エージェントは、すべての候補 RP メッセージを配信します。すべてのマッピング エージェントが配信された候補 RP メッセージを受信し、受信した RP キャッシュを、RP-Discovery メッセージの一部としてアドバタイズします。

候補 RP の設定では引数を指定できます( 表 4-6 を参照)。

 

表 4-6 Auto-RP 候補 RP の引数およびキーワード

引数またはキーワード
説明

interface

ブートストラップ メッセージで使用する、候補 RP の IP アドレスを取得するためのインターフェイス タイプおよび番号。

group-list ip-prefix

現在の RP で処理されるマルチキャスト グループ。プレフィックス形式で指定します。

scope ttl

RP-Discovery メッセージが転送される最大ホップ数を表す存続可能時間(TTL)値。この値の範囲は 1 ~ 255 であり、デフォルト値は 32 です。

(注) 「PIM スパース モードの設定」の境界ドメイン機能を参照してください。

interval

RP-Announce メッセージの送信間隔(秒)。この値の範囲は 1 ~ 65,535 であり、デフォルト値は 60 です。

(注) 候補 RP インターバルは 15 秒以上に設定することを推奨します。

bidir

指定しない場合、現在の RP は ASM モードになります。指定した場合、現在の RP は Bidir モードになります。


ヒント マッピング エージェントおよび候補 RP は、PIM ドメインのすべての箇所と適切に接続されている必要があります。

Auto-RP マッピング エージェントおよび候補 RP を設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 PIM ドメインの各ルータで、Auto-RP メッセージの受信と転送を行うかどうかを設定します。候補 RP または Auto-RP マッピング エージェントとして設定されたルータは、インターフェイスにドメイン境界機能が設定されていない場合、すべての Auto-RP プロトコル メッセージの受信と転送を自動的に実行します。詳細については、「PIM スパース モードの設定」を参照してください。

ステップ 2 マッピング エージェントおよび候補 RP として動作するルータを選択します。

ステップ 3 後述の手順に従い、マッピング エージェントおよび候補 RP をそれぞれ設定します。

ステップ 4 Auto-RP メッセージ フィルタリングを設定します。「メッセージ フィルタリングの設定」を参照してください。


 

はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要


) ステップ 3 で示されるコマンドのパラメータ bidir は、双方向 PIM(PIM-Bidir)に対してのみ使用します。単方向 PIM を設定する場合、コマンドは次のようになります。
ip pim {send-rp-announce | {auto-rp rp-candidate}} interface group-list ip-prefix [scope ttl] [interval interval]


 

1. configure terminal

2. ip pim { send-rp-discovery | { auto-rp mapping-agent }} interface [ scope ttl ]

3. ip pim { send-rp-announce | { auto-rp rp-candidate }} interface group-list ip-prefix [ scope ttl ] [ interval interval ] [bidir]

4. (任意) show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

5. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip pim { send-rp-discovery | { auto-rp mapping-agent }} interface [ scope ttl ]

 

例:

switch(config)# ip pim auto-rp mapping-agent ethernet 2/1

Auto-RP マッピング エージェントを設定します。Auto-RP Discovery メッセージで使用される送信元 IP アドレスは、インターフェイスの IP アドレスです。デフォルト スコープは 32 です。パラメータの詳細については、 表 4-5 を参照してください。

ステップ 3

ip pim {send-rp-announce | {auto-rp rp-candidate}} interface group-list ip-prefix [ scope ttl ] [ interval interval ] [bidir]

 

例:

switch(config)# ip pim auto-rp rp-candidate ethernet 2/1 group-list 239.0.0.0/24 bidir

 

Auto-RP の候補 RP を設定します。デフォルト スコープは 32 です。デフォルト インターバルは 60 秒です。デフォルトでは、ASM の候補 RP が作成されます。パラメータの詳細については、 表 4-6 を参照してください。

(注) 候補 RP インターバルは 15 秒以上に設定することを推奨します。

例では、双方向の候補 RP を設定しています。

(注) ASM 候補 RP を作成するには、この例のコマンドの末尾から bidir を削除します。

ステップ 4

show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

 

例:

switch(config)# show ip pim group-range

(任意)PIM モードおよびグループ範囲を表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

PIM Anycast-RP セットの設定

PIM Anycast-RP セットを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 PIM Anycast-RP セットに属するルータを選択します。

ステップ 2 PIM Anycast-RP セットの IP アドレスを選択します。

ステップ 3 後述の手順に従い、PIM Anycast-RP セットに属するそれぞれのピア RP およびローカル アドレスを設定します。


 

はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. interface loopback number

3. ip address ip-prefix

4. exit

5. ip pim anycast-rp anycast-rp-address anycast-rp-peer-address

6. RP セットに属する各ピア RP で、同じ anycast-rp を使用してステップ 5 を繰り返します。

7. (任意) show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

8. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

interface loopback number

 

例:

switch(config)# interface loopback 0

インターフェイス ループバックを設定します。

この例では、インターフェイス ループバックを 0 に設定しています。

ステップ 3

ip address ip-prefix

 

例:

switch(config-if)# ip address 192.0.2.3/32

このインターフェイスの IP アドレスを設定します。

この例では、Anycast-RP の IP アドレスを設定しています。

ステップ 4

exit

 

例:

switch(config)# exit

コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 5

ip pim anycast-rp anycast-rp-address anycast-rp-peer-address

 

例:

switch(config)# ip pim anycast-rp 192.0.2.3 192.0.2.31

指定した Anycast-RP アドレスに対応する PIM Anycast-RP ピア アドレスを設定します。各コマンドで同じ Anycast-RP アドレスを指定して実行すると、Anycast-RP セットが作成されます。RP の IP アドレスは、同一セット内の RP との通信に使用されます。

ステップ 6

Anycast-RP セットに属する各ピア RP で、同じ Anycast-RP アドレスを使用して前述のステップを繰り返します。

--

ステップ 7

show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

 

例:

switch(config)# show ip pim group-range

(任意)PIM モードおよびグループ範囲を表示します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

ASM 専用の共有ツリーの設定

共有ツリーを設定できるのは、Any Source Multicast(ASM)グループの最終ホップ ルータだけです。この場合、新たな受信者がアクティブ グループに加入した場合、このルータでは共有ツリーから SPT へのスイッチオーバーは実行されません。 match ip [] multicast コマンドで、共有ツリーを適用するグループ範囲を指定できます。このオプションは、送信元ツリーに対する Join/Prune メッセージを受信した場合の、ルータの標準動作には影響を与えません。

デフォルトではこの機能がディセーブルになっているため、ソフトウェアは送信元ツリーへのスイッチオーバーを行います。


) ASM モードでは、最終ホップ ルータだけが共有ツリーから SPT に切り替わります。


はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. ip pim use-shared-tree-only group-list policy-name

3. (任意) show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

4. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip pim use-shared-tree-only group-list policy-name

 

例:

switch(config)# ip pim use-shared-tree-only group-list my_group_policy

共有ツリーだけを構築します。共有ツリーから SPT へのスイッチオーバーは実行されません。 match ip multicast コマンドで、使用するグループを示すルートマップ ポリシー名を指定します。デフォルトでは、送信元に対する (*, G) ステートのマルチキャスト パケットを受信すると、ソフトウェアは PIM (S, G) Join メッセージを送信元方向に発信します。

ステップ 3

show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

 

例:

switch(config)# show ip pim group-range

(任意)PIM モードおよびグループ範囲を表示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

SSM の設定

Source-Specific Multicast(SSM)は、マルチキャスト送信元にデータを要求する受信者に対して、接続された DR 上のソフトウェアが対象の送信元への最短パス ツリー(SPT)を構築するマルチキャスト配信モードです。


) SSM と PIM-Bidir を一緒に設定することはできません。


IPv4 ネットワーク上のホストから、送信元を特定してマルチキャスト データを要求するには、このホストおよびこのホストの DR で、IGMPv3 が実行されている必要があります。SSM モードでインターフェイスに PIM を設定する場合は、IGMPv3 をイネーブルにするのが一般的です。IGMPv1 または IGMPv2 が実行されているホストでは、SSM 変換を使用して、グループと送信元のマッピング設定を行うことができます。詳細については、「IGMP の設定」 を参照してください。

コマンドラインに値を指定することにより、SSM で使用するグループ範囲を設定できます。デフォルトでは、PIM の SSM グループ範囲は 232.0.0.0/8 です。

match ip multicast コマンドで、使用するグループ プレフィックスを示すルートマップ ポリシー名を指定できます。


) デフォルトの SSM グループ範囲を使用する場合は、SSM グループ範囲の設定は不要です。


はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. ip pim ssm { range { ip-prefix | none } | route-map policy-name }
no ip pim ssm { range { ip-prefix | none } | route-map policy-name }

3. (任意) show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

4. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip pim ssm range { ip-prefix | none } | route-map policy-name }

 

例:

switch(config)# ip pim ssm range 239.128.1.0/24

SSM モードで処理するグループ範囲を最大 4 つまで設定します。 match ip multicast コマンドで、使用するグループ プレフィックスを示すルートマップ ポリシー名を指定できます。デフォルトの範囲は 232.0.0.0/8 です。キーワード none を指定すると、すべてのグループ範囲が削除されます。

no ip pim ssm {range { ip-prefix | none } | route-map policy-name }

 

例:

switch(config)# no ip pim ssm range none

SSM 範囲から指定のプレフィックスを削除するか、ルートマップ ポリシーを削除します。キーワード none を指定すると、SSM 範囲はデフォルトの 232.0.0.0/8 にリセットされます。

ステップ 3

show ip pim group-range [ ip-prefix ] [ vrf vrf-name | all ]

 

例:

switch(config)# show ip pim group-range

(任意)PIM モードおよびグループ範囲を表示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

マルチキャスト用 RPF ルートの設定

ユニキャスト トラフィック パスを分岐させてマルチキャスト データを配信するには、マルチキャスト用 RPF ルートを定義します。境界ルータにマルチキャスト用 RPF ルートを定義すると、外部ネットワークへの Reverse Path Forwarding(RPF)がイネーブルになります。

マルチキャスト ルートはトラフィック転送に直接使用されるわけではなく、RPF チェックのために使用されます。マルチキャスト用 RPF ルートは再配布できません。マルチキャスト転送の詳細については、「マルチキャスト転送」を参照してください。

はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. ip mroute { ip-addr mask | ip-prefix } { next-hop | nh-prefix | interface } [ route-preference ] [ vrf vrf-name ]

3. (任意) show ip static-route [ vrf vrf-name ]

4. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip mroute { ip-addr mask | ip-prefix } { next-hop | nh-prefix | interface } [ route-preference ] [ vrf vrf-name ]

 

例:

switch(config)# ip mroute 192.0.2.33/24 192.0.2.1

RPF 計算で使用するマルチキャスト用 RPF ルートを設定します。ルート プリファレンスは 1 ~ 255 です。デフォルト プリファレンスは 1 です。

ステップ 3

show ip static-route [ vrf vrf-name ]

 

例:

switch(config)# show ip static-route

(任意)設定済みのスタティック ルートを表示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

RP 情報配信を制御するルート マップの設定

ルート マップは、一部の RP 設定のミスや悪意のある攻撃に対する保護機能を提供します。ルート マップを使用できるコマンドについては、「メッセージ フィルタリングの設定」を参照してください。

ルート マップを設定すると、ネットワーク全体について RP 情報の配信を制御できます。各クライアント ルータで発信元の BSR またはマッピング エージェントを指定したり、各 BSR およびマッピング エージェントで、アドバタイズされる(発信元の)候補 RP のリストを指定したりできるため、目的の情報だけが配信されるようになります。


) ルート マップに影響を与えるコマンドは match ip multicast コマンドだけです。


はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. route-map map-name [ permit | deny ] [ sequence-number ]

3. match ip multicast {{ rp ip-address [ rp-type rp-type ] [ group ip-prefix ]} | { group ip-prefix [ rp ip-address [ rp-type rp-type ]]}

4. (任意) show route-map

5. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

route-map map-name [ permit | deny ] [ sequence-number ]

 

switch(config)# route-map ASM_only permit 10

switch(config-route-map)#

ルートマップ コンフィギュレーション モードを開始します。このコンフィギュレーション モードでは、 permit キーワードを使用します。

ステップ 3

match ip multicast {{ rp ip-address [ rp-type rp-type ] [ group ip-prefix ]} | { group ip-prefix [ rp ip-address [ rp-type rp-type ]]}

 

switch(config)# match ip multicast group 224.0.0.0/4 rp 0.0.0.0/0 rp-type ASM

指定した グループ、RP、および RP タイプを関連付けます。ユーザは RP のタイプ(ASM )を指定できます。例で示すとおり、このコンフィギュレーション モードでは、グループおよび RP を指定する必要があります。


) BSR RP、Auto-RP、およびスタティック RP では、group-range キーワードは使用できません。このコマンドは、permit と deny の両方を許可します。一部の match mask コマンドは、permit または deny を許可しません。


ステップ 4

show route-map

 

例:

switch(config-route-map)# show route-map

(任意)設定済みのルート マップを表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-route-map)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

メッセージ フィルタリングの設定

表 4-7 に、PIM でのメッセージ フィルタリングの設定方法を示します。

表 4-7 PIM でのメッセージ フィルタリング

メッセージ タイプ
説明

スイッチに対しグローバル

ネイバーの変更の記録

ネイバーのステート変更を通知する Syslog メッセージをイネーブルにします。デフォルトではディセーブルになっています。

PIM Register ポリシー

ルートマップ ポリシー 1 に基づく、PIM Register メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ipmulticast コマンドで、グループ アドレスまたはグループと送信元アドレスを指定できます。このポリシーは、RP として動作するルータに適用されます。デフォルトではこの機能がディセーブルになっているため、PIM Register メッセージのフィルタリングは行われません。

BSR 候補 RP ポリシー

ルートマップ ポリシー 1 に基づく、ルータによる BSR 候補 RP メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ipmulticast コマンドで、RP、グループ アドレス、およびタイプ(ASM)を指定できます。このコマンドは、BSR の選定対象のルータで使用できます。デフォルトでは、BSR メッセージはフィルタリングされません。

BSR ポリシー

ルートマップ ポリシー 1 に基づく、BSR クライアント ルータによる BSR メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、BSR 送信元アドレスを指定できます。このコマンドは、BSR メッセージを受信するクライアント ルータで使用できます。デフォルトでは、BSR メッセージはフィルタリングされません。

Auto-RP 候補 RP ポリシー

ルートマップ ポリシー 1 に基づく、Auto-RP マッピング エージェントによる Auto-RP Announce メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、RP、グループ アドレス、およびタイプ(ASM)を指定できます。このコマンドは、マッピング エージェントで使用できます。デフォルトでは、Auto-RP メッセージはフィルタリングされません。

Auto-RP マッピング エージェント ポリシー

ルートマップ ポリシー 1 に基づく、クライアント ルータによる Auto-RP Discovery メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、マッピング エージェント送信元アドレスを指定できます。このコマンドは、Discovery メッセージを受信するクライアント ルータで使用できます。デフォルトでは、Auto-RP メッセージはフィルタリングされません。

スイッチ インターフェイス単位

Join/Prune ポリシー

ルートマップ ポリシー 1 に基づく、Join/Prune メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、グループ、グループと送信元、またはグループと RP アドレスを指定できます。デフォルトでは、Join/Prune メッセージはフィルタリングされません。

1.ルートマップ ポリシーの設定方法については、『Cisco Nexus 3548 Switch NX-OS Unicast Routing Configuration Guide』を参照してください。

マルチキャスト ルート マップの設定方法については、「RP 情報配信を制御するルート マップの設定」を参照してください。

はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. (任意) ip pim register-policy policy-name

3. (任意) ip pim bsr rp-candidate-policy policy-name

4. (任意) ip pim bsr bsr-policy policy-name

5. (任意) ip pim auto-rp rp-candidate-policy policy-name

6. (任意) ip pim auto-rp mapping-agent-policy policy-name

7. interface interface

8. no switchport

9. (任意) ip pim jp-policy policy-name [ in | out ]

10. (任意) show run pim

11. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip pim register-policy policy-name

 

例:

switch(config)# ip pim register-policy my_register_policy

(任意)ルートマップ ポリシーに基づく、PIM Register メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、グループ アドレスまたはグループと送信元アドレスを指定できます。

ステップ 3

ip pim bsr rp-candidate-policy policy-name

 

例:

switch(config)# ip pim bsr rp-candidate-policy my_bsr_rp_candidate_policy

(任意)ルートマップ ポリシーに基づく、ルータによる BSR 候補 RP メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、RP、グループ アドレス、およびタイプ(ASM)を指定できます。このコマンドは、BSR の選定対象のルータで使用できます。デフォルトでは、BSR メッセージはフィルタリングされません。

ステップ 4

ip pim bsr bsr-policy policy-name

 

例:

switch(config)# ip pim bsr bsr-policy my_bsr_policy

(任意)ルートマップ ポリシーに基づく、BSR クライアント ルータによる BSR メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、BSR 送信元アドレスを指定できます。このコマンドは、BSR メッセージを受信するクライアント ルータで使用できます。デフォルトでは、BSR メッセージはフィルタリングされません。

ステップ 5

ip pim auto-rp rp-candidate-policy policy-name

 

例:

switch(config)# ip pim auto-rp rp-candidate-policy my_auto_rp_candidate_policy

(任意)ルートマップ ポリシーに基づく、Auto-RP マッピング エージェントによる Auto-RP Announce メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、RP、グループ アドレス、およびタイプ(ASM)を指定できます。このコマンドは、マッピング エージェントで使用できます。デフォルトでは、Auto-RP メッセージはフィルタリングされません。

ステップ 6

ip pim auto-rp mapping-agent-policy policy-name

 

例:

switch(config)# ip pim auto-rp mapping-agent-policy my_auto_rp_mapping_policy

(任意)ルートマップ ポリシーに基づく、クライアント ルータによる Auto-RP Discovery メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、マッピング エージェント送信元アドレスを指定できます。このコマンドは、Discovery メッセージを受信するクライアント ルータで使用できます。デフォルトでは、Auto-RP メッセージはフィルタリングされません。

ステップ 7

interface interface

 

例:

switch(config)# interface ethernet 2/1

switch(config-if)#

指定したインターフェイスでインターフェイス モードを開始します。

ステップ 8

no switchport

 

例:

switch(config-if)# no switchport

そのインターフェイスを、レイヤ 3 ルーテッド インターフェイスとして設定します。

ステップ 9

ip pim jp-policy policy-name [in | out]

 

例:

switch(config-if)# ip pim jp-policy my_jp_policy

(任意)ルートマップ ポリシーに基づく、Join/Prune メッセージのフィルタリングをイネーブルにします。 match ip multicast コマンドで、グループ、グループと送信元、またはグループと RP アドレスを指定できます。デフォルトでは、Join/Prune メッセージはフィルタリングされません。

このコマンドは着信方向と発信方向の両方でメッセージをフィルタリングします。

ステップ 10

show run pim

 

例:

switch(config-if)# show run pim

(任意)PIM コンフィギュレーション コマンドを表示します。

ステップ 11

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config-if)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

フラッシュされたルートは、Multicast Routing Information Base(MRIB)および Multicast Forwarding Information Base(MFIB)から削除されます。

はじめる前に

LAN Base Services ライセンスがインストールされていること、および PIMがイネーブル化されていることを確認します。

手順の概要

1. configure terminal

2. ip pim flush-routes

3. (任意) show running-configuration pim

4. (任意) copy running-config startup-config

手順の詳細

 

 
コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

 

例:

switch# configure terminal

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

ip pim flush-routes

 

例:

switch(config)# ip pim flush-routes

PIM プロセスの再起動時に、ルートを削除します。デフォルトでは、ルートはフラッシュされません。

ステップ 3

show running-configuration pim

 

例:

switch(config)# show running-configuration pim

(任意) flush-routes コマンドを含む、PIM 実行コンフィギュレーション情報を示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

例:

switch(config)# copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーションの変更を保存します。

PIM 設定の確認

PIM の設定情報を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

show ip mroute { source group | group [ source ]} [ vrf vrf-name | all ]

IP マルチキャスト ルーティング テーブルを表示します。

show ip pim group-range [ vrf vrf-name | all ]

学習済みまたは設定済みのグループ範囲およびモードを表示します。同様の情報に関し、 show ip pim rp コマンドも参照してください。

show ip pim interface [ interface | brief ] [ vrf vrf-name | all ]

情報をインターフェイス別に表示します。

show ip pim neighbor [ vrf vrf-name | all ]

ネイバーをインターフェイス別に表示します。

show ip pim oif-list group [ source ] [ vrf vrf-name | all ]

OIF リスト内のすべてのインターフェイスを表示します。

show ip pim route {source group | group [source]} [ vrf vrf-name | all ]

各マルチキャスト ルートの情報を表示します。指定した (S, G) に対して、PIM Join メッセージを受信したインターフェイスなどを表示できます。

show ip pim rp [ vrf vrf-name | all ]

ソフトウェアの既知のランデブー ポイント(RP)およびその学習方法と、それらのグループ範囲を表示します。同様の情報に関し、 show ip pim group-range コマンドも参照してください。

show ip pim rp-hash [ vrf vrf-name | all ]

ブートストラップ ルータ(BSP)RP ハッシュ情報を表示します。RP ハッシュの詳細については、 RFC 5059 を参照してください。

show running-configuration pim

実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show startup-configuration pim

実行コンフィギュレーション情報を表示します。

show ip pim vrf [ vrf-name | all] [ detail ]

各 VRF の情報を表示します。

これらのコマンド出力のフィールドの詳細については、 Cisco Nexus 3000 Series Command Reference を参照してください。

統計情報の表示

次に、PIM の統計情報を、表示およびクリアするためのコマンドについて説明します。

ここでは、次の内容について説明します。

「PIM 統計情報の表示」

「PIM 統計情報のクリア」

PIM 統計情報の表示

表 4-8 にリストされるコマンドを使用して、PIM の統計情報とメモリ使用状況を表示できます。PIM コマンドでは show ip という形式を使用します。

 

表 4-8 PIM の統計情報コマンド

コマンド
説明

show ip pim policy statistics

Register、RP、および Join/Prune メッセージのポリシーについて、ポリシー統計情報を表示します。

これらのコマンド出力のフィールドの詳細については、 Cisco Nexus 3000 Series Command Reference を参照してください。

PIM 統計情報のクリア

表 4-9 にリストされるコマンドを使用して、PIM の統計情報をクリアできます。PIM コマンドでは show ip という形式を使用します。

 

表 4-9 統計情報をクリアするための PIM コマンド

コマンド
説明

clear ip pim interface statistics interface

指定したインターフェイスのカウンタをクリアします。

clear ip pim policy statistics

Register、RP、および Join/Prune メッセージのポリシーについて、ポリシー カウンタをクリアします。

clear ip pim statistics [ vrf vrf-name | all ]

PIM プロセスで使用されるグローバル カウンタをクリアします。

PIM の設定例

ここでは、さまざまなデータ配信モードおよび RP 選択方式を使用し、PIM を設定する方法について説明します。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「SSM の設定例」

「BSR の設定例」

「PIM Anycast-RP の設定例」

SSM の設定例

SSM モードで PIM を設定するには、PIM ドメイン内の各ルータで、次の手順を実行します。


ステップ 1 ドメインに参加させるインターフェイスで PIM スパース モード パラメータを設定します。すべてのインターフェイスで PIM をイネーブルにすることを推奨します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip pim sparse-mode
 

ステップ 2 SSM をサポートする IGMP のパラメータを設定します。「IGMP の設定」を参照してください。通常は、SSM をサポートするために、PIM インターフェイスに IGMPv3 を設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip igmp version 3
 

ステップ 3 デフォルト範囲を使用しない場合は、SSM 範囲を設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim ssm range 239.128.1.0/24
 


 

次に、SSM モードで PIM を設定する例を示します。

configure terminal
interface ethernet 2/1
no switchport
ip pim sparse-mode
ip igmp version 3
exit
ip pim ssm range 239.128.1.0/24

BSR の設定例

BSR メカニズムを使用して ASM モードで PIM を設定するには、PIM ドメイン内の各ルータで、次の手順を実行します。


ステップ 1 ドメインに参加させるインターフェイスで PIM スパース モード パラメータを設定します。すべてのインターフェイスで PIM をイネーブルにすることを推奨します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip pim sparse-mode
 

ステップ 2 ルータが BSR メッセージの受信と転送を行うかどうかを設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim bsr forward listen
 

ステップ 3 BSR として動作させるルータのそれぞれに、BSR パラメータを設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim bsr-candidate ethernet 2/1 hash-len 30
 

ステップ 4 候補 RP として動作させるルータのそれぞれに、RP パラメータを設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim rp-candidate ethernet 2/1 group-list 239.0.0.0/24
 


 

次に、BSR メカニズムを使用して PIM ASM モードを設定し、同一のルータに BSR と RP を設定する場合の例を示します。

configure terminal
interface ethernet 2/1
no switchport
ip pim sparse-mode
exit
ip pim bsr forward listen
ip pim bsr-candidate ethernet 2/1 hash-len 30
ip pim rp-candidate ethernet 2/1 group-list 239.0.0.0/24

PIM Anycast-RP の設定例

PIM Anycast-RP 方式を使用して ASM モードを設定するには、PIM ドメイン内の各ルータで、次の手順を実行します。


ステップ 1 ドメインに参加させるインターフェイスで PIM スパース モード パラメータを設定します。すべてのインターフェイスで PIM をイネーブルにすることを推奨します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip pim sparse-mode
 

ステップ 2 Anycast-RP セット内のすべてのルータに適用する RP アドレスを設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface loopback 0
switch(config-if)# ip address 192.0.2.3/32
 

ステップ 3 Anycast-RP セットに加える各ルータで、その Anycast-RP セットに属するルータ間で通信に使用するアドレスを指定し、ループバックを設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface loopback 1
switch(config-if)# ip address 192.0.2.31/32
 

ステップ 4 すべてのルータで Anycast-RP として使用される RP-address を設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim rp-address 192.0.2.3
 

ステップ 5 Anycast-RP セットに加える各ルータについて、Anycast-RP パラメータとして Anycast-RP の IP アドレスを指定します。同じ作業を、Anycast-RP の各 IP アドレスで繰り返します。この例では、2 つの Anycast-RP を指定しています。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim anycast-rp 192.0.2.3 193.0.2.31
switch(config)# ip pim anycast-rp 192.0.2.3 193.0.2.32
 


 

次に、2 つの Anycast-RP を使用して、PIM ASM モードを設定する例を示します。

configure terminal
interface ethernet 2/1
no switchport
ip pim sparse-mode
exit
interface loopback 0
ip address 192.0.2.3/32
exit
ip pim anycast-rp 192.0.2.3 192.0.2.31
ip pim anycast-rp 192.0.2.3 192.0.2.32

BSR を使用した PIM-Bidir の設定例

次に、BSR を使用した PIM Bidir モードを設定する例を示します。手順は、特定のグループ範囲で Auto-RP またはスタティック RP で PIM を設定するために使用されるものと似ています。

BSR メカニズムを使用して Bidir モードで PIM を設定するには、PIM ドメイン内の各ルータで、次の手順を実行します。


ステップ 1 ドメインに参加させるインターフェイスで PIM スパース モード パラメータを設定します。すべてのインターフェイスで PIM をイネーブルにすることを推奨します。

switch# configure terminal
switch(config)# interface ethernet 2/1
switch(config-if)# no switchport
switch(config-if)# ip pim sparse-mode
 

ステップ 2 ルータが BSR メッセージの受信と転送を行うかどうかを設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim bsr forward listen

ステップ 3 BSR として動作させるルータのそれぞれに、BSR パラメータを設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim bsr-candidate ethernet 2/1 hash-len 30
 

ステップ 4 候補 RP として動作させるルータのそれぞれに、RP パラメータを設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# ip pim rp-candidate ethernet 2/1 group-list 239.0.0.0/24 bidir
 

次に、BSR メカニズムを使用して PIM Bidir モードを設定する例、特に同一のルータに BSR と RP を設定する場合の例を示します。

configure terminal
interface ethernet 2/1
no switchport
ip pim sparse-mode
exit
ip pim bsr forward listen
ip pim bsr-candidate ethernet 2/1 hash-len 30
ip pim rp-candidate ethernet 2/1 group-list 239.0.0.0/24 bidir

次の作業

PIM の関連機能を設定するには、次の章を参照してください。

「IGMP の設定」

「IGMP スヌーピングの設定」

「MSDP の設定」

その他の関連資料

PIM の実装に関する詳細情報については、次の項目を参照してください。

「関連資料」

「標準」

「管理情報ベース(MIB)」

付録 A「IP マルチキャストに関する IETF RFC」

関連資料

関連項目
マニュアル タイトル

CLI コマンド

『Cisco Nexus 3000 Series Command Reference』

VRF の設定

『Cisco Nexus 3548 Switch NX-OS Unicast Routing Configuration Guide』

標準

標準
タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

管理情報ベース(MIB)

MIB
MIB のリンク

IPMCAST-MIB

MIB を検索およびダウンロードするには、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml