Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS レイヤ 2 スイッチング コンフィギュレーション ガイド リリース 5.0(3)U2(1)
はじめに
はじめに
発行日;2012/08/14   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

はじめに

ここでは、『Cisco Nexus 3000 Series NX-OS Layer 2 Switching Configuration Guide』の対象読者、構成、および表記法について説明します。 また、関連マニュアルの入手方法についても説明します。

対象読者

このマニュアルは、Cisco NX-OS ソフトウェアの設定および維持に携わる、十分な経験を持つネットワーク管理者を対象としています。

マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

説明
   
概要 記載されているレイヤ 2 の機能について説明します。
イーサネット インターフェイスの設定 イーサネット インターフェイスに関する情報を提供し、設定手順を説明します。
VLAN の設定 VLAN 設定の詳細について説明します。
プライベート VLAN の設定 プライベート VLAN の設定情報について説明します。
アクセス インターフェイスとトランク インターフェイスの設定 アクセス ポートまたはトランク ポートに関する情報を提供し、設定手順を説明します。
EtherChannel の設定 EtherChannel、互換性要件、および設定情報に関する情報について説明します。
   
Rapid PVST+ の設定 IEEE 802.1D STP に関する情報、および Rapid PVST+ 設定の詳細について説明します。
Multiple Spanning Tree の設定 MST 設定の詳細情報について説明します。
STP 拡張機能の設定 シスコ独自の STP 拡張機能である Bridge Assurance、BPDU ガード、BPDU フィルタリング、ループ ガード、ルート ガード、および PVST シミュレーションの設定の詳細について説明します。

リンク層検出プロトコルの設定

リンク層検出プロトコル(LLDP)を設定するための情報について説明します。
MAC アドレス テーブルの設定 MAC アドレスに関する情報について説明し、スタティック MAC アドレスの設定方法、および MAC アドレス テーブルの更新方法について説明します。
IGMP スヌーピングの設定 IGMPv1、IGMPv2、および IGMPv3 に関する情報について説明し、IGMP スヌーピング パラメータを設定する方法について説明します。
トラフィック ストーム制御の設定 トラフィック ストーム制御に関する情報について説明し、注意事項および制約事項、トラフィック ストーム制御の設定方法について説明します。

表記法

コマンドの説明には、次のような表記法が使用されます。

表記法 説明
bold

太字の文字は、表示どおりにユーザが入力するコマンドおよびキーワードです。

italic

イタリック体の文字は、ユーザが値を入力する引数です。

[x]

角カッコで囲まれているものは、省略可能な要素(キーワードまたは引数)です。

[x | y]

いずれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードや引数は、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

{x | y}

必ずいずれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードや引数は、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[x {y | z}]

角カッコまたは波カッコが入れ子になっている箇所は、任意または必須の要素内の任意または必須の選択肢であることを表します。 角カッコ内の波カッコと縦棒は、省略可能な要素内で選択すべき必須の要素を示しています。

variable

ユーザが値を入力する変数であることを表します。イタリック体が使用できない場合に使用されます。

string 引用符を付けない一組の文字。 string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

例では、次の表記法を使用しています。

表記法 説明
screen フォント

スイッチが表示する端末セッションおよび情報は、screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで示しています。

< >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!、#

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。


(注)  


注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意    


要注意」の意味です。 機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


Nexus 3000 シリーズ NX-OS ソフトウェアの関連資料

Cisco NX-OS のマニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11541/tsd_products_support_series_home.html

Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS ソフトウェアの関連マニュアル セットは、次のとおりです。

リリース ノート

  • 『Cisco Nexus 3000 Series Switch Release Notes』

Cisco NX-OS のマニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9670/tsd_products_support_series_home.html

Cisco Nexus 3000 シリーズ NX-OS ソフトウェアの関連マニュアル セットは、次のとおりです。

コンフィギュレーション ガイド

  • 『Cisco Nexus 3000 Series NX-OS Configuration Limits』
  • 『Cisco Nexus 3000 Series NX-OS Layer 2 Switching Configuration Guide』
  • 『Cisco Nexus 3000 Series NX-OS Fundamentals Configuration Guide』
  • 『Cisco Nexus 3000 Series NX-OS System Management Configuration Guide』
  • 『Cisco Nexus 3000 Series NX-OS Unicast Routing Configuration Guide』
  • 『Cisco Nexus 3000 Series NX-OS Multicast Configuration Guide』

インストレーション ガイドおよびアップグレード ガイド

  • 『Cisco Nexus 3000 Series Hardware Installation Guide』
  • 『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco Nexus 3000 Series Switches』

ライセンス ガイド

  • 『Cisco NX-OS Licensing Guide』

コマンド リファレンス

  • 『Cisco Nexus 3000 Series Command Reference』

テクニカル リファレンス

  • 『Cisco Nexus 3000 Series MIBs Reference』

エラー メッセージおよびシステム メッセージ

  • 『Cisco NX-OS System Messages Reference』

トラブルシューティング ガイド

  • 『Cisco Nexus 3000 Series Troubleshooting Guide』

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカルサポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。 RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。