スイッチ : Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレード ガイド リリース 4.2(1) SV1(4)

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレード ガイド リリース 4.2(1) SV1(4)
発行日;2013/12/04 | 英語版ドキュメント(2013/05/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレード ガイド リリース 4.2(1) SV1(4)

対象読者

ソフトウェアの入手

プレアップグレード ユーティリティの実行

プレアップグレード ユーティリティの実行の前提条件

Microsoft Windows プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行

Cygwin アプリケーションを使用したプレアップグレード ユーティリティの実行

Cygwin アプリケーションのインストール

Cygwin アプリケーション内でのプレアップグレード ユーティリティの実行

UNIX プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行

ソフトウェア アップグレードについての情報

ライセンシングについての情報

Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード

Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から にアップグレード

Release 4.0(4)SV1(2) から へのアップグレード

Release 4.0(4)SV1(1) から へのアップグレード

VSM のアップグレード

VSM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2) から Release 4.0(4)SV1(3b) へ

VSM のアップグレードに関する前提条件

VSMs のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.0(4)SV1(3b) へ

VSM のアップグレードに関する前提条件

VEM のアップグレード

VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

VEM のアップグレードに関する前提条件

VMware Update Manager (VUM) を使用した、VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、または 3b) から Release4.2(1)SV1(4) へ

VEM の手動アップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、または 3b) から Release4.2(1)SV1(4) へ

VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

VEM のアップグレードに関する前提条件

VMware Update Manager(VUM)を使用した VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release4.2(1)SV1(4) へ

VEM の手動アップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード

アップグレード アプリケーションの使用に関する前提条件

Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から への、 での VSM の手動アップグレード

VSM のアップグレードに関する前提条件

Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) への、Cisco Nexus 1010 での VSM の手動アップグレード

VSM のアップグレードに関する前提条件

Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から への、 での VSM の手動アップグレード

VSM のアップグレードに関する前提条件

vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認

VEM アップグレードの承認に関する前提条件

VEM のアップグレードの承認

トラブルシューティング

非デフォルト(Jumbo)MTU 設定に関する現象と解決方法

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレード ガイド リリース 4.2(1) SV1(4)

改訂日: 2013 年 5 月 9 日

OL-22826-01-J


注意 リリース 4.2(1)SV1(4) のアップグレード手順は変更されています。アップグレードを開始する前に、プレ アップグレード ユーティリティを実行する必要があります。アップグレードを開始する前に、このマニュアルを熟読することを強く推奨します。 新しいアップグレード手順の概要については、Understanding the Upgrade Process for the Cisco Nexus 1000V リリース 4.2(1)SV1(4)のビデオを参照してください。

このマニュアルでは、Virtual Supervisor Module(VSM)仮想マシン(VM)のソフトウェアと、仮想イーサネット モジュール(VEM)をCisco Nexus 1000Vアップグレードする方法について説明します。具体的な内容は次のとおりです。

「対象読者」

「ソフトウェアの入手」

「プレアップグレード ユーティリティの実行」

「ソフトウェア アップグレードについての情報」

「Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」

「VSM のアップグレード」

「VEM のアップグレード」

「Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) への、Cisco Nexus 1010 での VSM の手動アップグレード」

「Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Cisco Nexus 1000V への、リリース 4.2(1)SV1(4) での VSM の手動アップグレード」

「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」

「トラブルシューティング」

「関連資料」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

対象読者

このマニュアルは、次のような経験と知識を持つネットワーク管理者とサーバ管理者を対象としています。

仮想化の知識

VMware ツールを使用した仮想マシンの作成と vSwitch の構成

次についての基本的な知識:

Cisco NX-OS ベースの CLI

VMware ESX/ESXi

VMware Update Manager

Cisco Nexus 1000V Distributed Virtual Switch(DVS; 分散仮想スイッチ)のセットアップと実装

Cisco Nexus 1000V のセットアップと実装の詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Getting Started Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。

ソフトウェアの入手

アップグレード関連のソフトウェアは次の発信元から入手できます( 表 1 )。

表 1 ソフトウェアの入手

入手元
説明

シスコ

シスコの Web サイト から Cisco Nexus 1000V Release 4.2(1)SV1(4) ソフトウェアをダウンロードします。

VMware

VMware Web サイト から VMware ソフトウェアをダウンロードします。

ソフトウェアとプラットフォームの互換性については、『 Cisco Nexus 1000V Compatibility Information, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。

プレアップグレード ユーティリティの実行


) プレアップグレード ユーティリティは、Tcl8.4 および Tcl8.5 と互換性があります。



) このマニュアル内で示されているサードパーティ Web サイトへのアクセスは、お客様に便宜を図ることのみを目的として提供されています。シスコおよびその関連会社は、サードパーティ Web サイトの動作の保証についていかなる責任も負いません。また、サードパーティ Web サイトを通じてアクセスしたソフトウェア プログラム等のダウンロード、パフォーマンス、品質、動作、サポートについても一切責任を負いません。さらに、サードパーティ Web サイトまたはそれらを通じてアクセスしたプログラム等により発生したいかなる損害、修理、修正、費用についても一切の責任を負いません。シスコのエンド ユーザ ライセンス契約書は、サードパーティ Web サイトおよびそれらの Web サイトを通じてアクセスされるソフトウェア プログラムの使用条件に適用されるものではありません。


リリース 4.2(1)SV1(4) では、より円滑な動作を実現するために、多数の機能拡張が導入されています。このスクリプトによって実行される機能チェックは、以前のバージョンの Cisco Nexus 1000V ソフトウェアには存在しませんでした。プレアップグレード スクリプトは、矛盾点について確認し、エラーまたは通知を PreUpgradeUtility フォルダ内の Pre-Upgrade-Check-Logs ファイルに出力します。エラーが存在する場合は、手動で修正する必要があります。手動で修正していなければ、アップグレード プロセス時に通知が処理されます。

プレアップグレード ユーティリティでは、次の点について確認されます。

1. システム ポート プロファイルの数が 32 を超えていないかどうか

2. ポート チャネル インターフェイス上のインターフェイス オーバーライド設定

3. モジュールのライセンス ステータス

4. ポートプロファイルで使用する NetFlow モニタのグローバルな存在

5. ポートプロファイルで使用する Quality of Service (QoS) ポリシーのグローバルな存在

6. グローバル コンフィギュレーション内の vlan dot1Q tag native コマンドの存在

7. システム ポート プロファイル内の非システム ネイティブ VLAN

8. 仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)のステータス

9. アクティブ VSM とスタンバイ VSM の bootflash: に十分なスペース

10. 認証使用状況

11. SVS 接続の IP アドレス

12. 管理 Virtual Routing and Forwarding(VRF)下の control0 インターフェイスからのサブネット ルート

13. 物理インターフェイス下のチャネル グループ設定

14. オーバーライド設定として shutdown コマンドを持つインターフェイス

15. ERSPAN ID のない状態での ERSPAN セッション

16. QoS およびアクセス コントロール リスト(ACL)統計情報

プレアップグレード ユーティリティの実行の前提条件

プレアップグレード ユーティリティの前提条件は次のとおりです。

Cisco Nexus 1000V First Customer Ship(FCS)パッケージから PreUpgradeUtility ZIP ファイルをダウンロードし、そのファイルを圧縮解除する必要があります。

このユーティリティは、次のプラットフォーム上で実行できます。

Microsoft Windows:「Microsoft Windows プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行」を参照してください。

UNIX:「UNIX プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行」を参照してください。


) Pre-Upgrade-App.exe はサポートされていません。


Microsoft Windows プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行

プレアップグレード ユーティリティは、次のオープンソース Cygwin アプリケーションを使用して実行する必要があります。

Cygwin:オープンソースのフリーウェア ツール。 http://www.cygwin.com からインストールする必要があります。Cygwin は、市販の x86 32 ビット版および 64 ビット版の Windows(Windows CE は除く)でサポートされています。この方法の使用が推奨されます。「Cygwin アプリケーションを使用したプレアップグレード ユーティリティの実行」を参照してください。

Cygwin アプリケーションを使用したプレアップグレード ユーティリティの実行

Cygwin アプリケーションを使用したプレアップグレード ユーティリティの実行は、次の 2 ステップで行います。

1. 「Cygwin アプリケーションのインストール」

2. 「Cygwin アプリケーション内でのプレアップグレード ユーティリティの実行」

Cygwin アプリケーションのインストール


ステップ 1 アプリケーションをダウンロードするには、 URL: http://www.cygwin.com にアクセスします。

ステップ 2 setup.exe ファイルのリンクをクリックし、そのファイルをデスクトップに保存します。

最新バージョンを選択することができます。


) このサードパーティ Web サイトに関連した質問、またはこの Web サイト上でアクセスした項目に関連した質問がある場合は、Cygwin サポート チームにお問い合わせください。


ステップ 3 ステップ 2 でダウンロードした setup.exe ファイルをダブルクリックします。

[Cygwin Setup] ウィンドウが開きます。図 1図 1 を参照してください。

図 1 [Cygwin Setup] 画面

 

 

ステップ 4 [Next] をクリックします。

[Choose a Download Source] ウィンドウが開きます。図 2 を参照してください。

図 2 [Choose a Download Source] 画面

 

 

ステップ 5 適切なダウンロード元を選択し、[Next] をクリックします。


) デフォルトの [Install from Internet] オプション ボタンを選択すると、この後の手順で選択したファイルが最初にダウンロードされ、検証後インストールされます。


[Select Root Install Directory] ウィンドウが開きます。図 3 を参照してください。

図 3 [Select Root Install Directory] 画面

 

 

ステップ 6 [Root Directory] でインストール先を選択し、[Next] をクリックします。

[Select Local Package Directory] ウィンドウが開きます。図 4 を参照してください。


) パス名に空白文字の含まれる場所は選択しないでください。


図 4 [Select Local Package Directory] 画面

 

 

ステップ 7 [Local Package Directory] フィールドで、ローカル パッケージ ディレクトリを設定し、[Next] をクリックします。

[Select Your Internet Connection] ウィンドウが開きます。図 5 を参照してください。

図 5 [Select Your Internet Connection] 画面

 

 

ステップ 8 適切なインターネット接続を選択し、[Next] をクリックします。

[Choose a Download Site] ウィンドウが開きます。図 6 を参照してください。

図 6 [Choose A Download Site] 画面

 

 

ステップ 9 [Available Download Sites] エリアで、ダウンロード サイトを選択し、[Next] をクリックします。

[Progress] ウィンドウが開きます。図 7 を参照してください。

インストーラによって、選択したサイトから利用可能なパッケージのリストがダウンロードされます。

図 7 [Progress] 画面

 

図 8 [Setup Alert] 画面

 

 

ステップ 10 初めてインストールする際に [Setup Alert] ダイアログボックスが表示された場合は、[OK] をクリックします。

[Select Packages] ウィンドウが開きます。図 9 を参照してください。

基本インストールとして、いくつかのパッケージがデフォルトで選択されています。


ヒント 4 つすべてのパッケージの選択が完了するまで、Enter キーは押さないでください。

図 9 [Select Packages] 画面

 

 

ステップ 11 [Search] フィールドに Inetutils を入力します。

パッケージ名の入力に応じて、画面に表示される利用可能なパッケージのリストが更新されます。図 10 を参照してください。


) バイナリに加えてソース パッケージも選択すると、ダウンロード時間が増加する可能性があります。


図 10 [Select Packages] 画面

 

 

ステップ 12 必要に応じて [Category] を展開し、[Bin?] チェックボックスをオンにします。

ステップ 13 [Search] フィールドに openssh を入力します。図 11 を参照してください。

図 11 OpenSSH パッケージの選択画面

 

 

ステップ 14 必要に応じて [Category] を展開し、[Bin?] チェックボックスをオンにします。

ステップ 15 [Search] フィールドに tcl を入力します。図 12 を参照してください。

図 12 Tcl パッケージの選択画面

 

 

ステップ 16 必要に応じて [Category] を展開し、[Bin?] チェックボックスをオンにします。

ステップ 17 [Search] フィールドに Expect を入力します。図 13 を参照してください。

図 13 Expect パッケージの選択画面

 

 

ステップ 18 必要に応じて [Category] を展開し、[Bin?] チェックボックスをオンにします。

ステップ 19 [Next] をクリックします。

Cygwin 1.7 では、警告(「Resolving Dependencies」)が、選択したパッケージに必要な追加パッケージのリストとともに画面に表示されることがあります。

[Resolving Dependencies] 画面が開きます。図 14 を参照してください。

図 14 [Resolving Dependencies] 画面

 

 

ステップ 20 画面の最下部にある [Select required packages (RECOMMENDED)] チェックボックスがオンになっていることを確認し、[Next] をクリックします。

パッケージの選択後、ダウンロード処理が開始されます。

図 15 ダウンロードの経過表示画面

 


) ダウンロード処理およびインストール処理には、ご使用のインターネット接続の速度に応じて完了するまでに数分の時間がかかります。3 本すべての経過表示バーが完了していることを確認してください。


パッケージのインストール後、設定プロセスを完了するために、インストール依存の設定スクリプトが実行されます。


) この手順の実行中、経過表示に変化の見られない状態が長時間続く場合があります。


[Create Icons] ウィンドウが開きます。図 16 を参照してください。

図 16 [Create Icons] 画面

 

 

ステップ 21 適切なショートカット チェックボックスをオンにし、[Finish] をクリックします。


 

Cygwin アプリケーション内でのプレアップグレード ユーティリティの実行

前提条件:

Cisco Nexus 1000V FCS パッケージから PreUpgradeUtility ZIP ファイルをダウンロードし、ファイルを解凍しました。


ステップ 1 pre-upgrade-check-4.2(1)SV1(4).tcl ファイルを C:\cygwin、または Cygwin をインストールしたメイン ディレクトリにコピーします。

ステップ 2 デスクトップ上の [Cygwin] ショートカットをダブルクリックして Cygwin アプリケーションを起動します。

Cygwin アプリケーション ウィンドウが開きます。図 17 を参照してください。

図 17 ターミナル ウィンドウ

 

 

ステップ 3 ステップ 4 に進む前に、Telnet または SSH で Cisco Nexus 1000V VSM に接続し、終了します。

ステップ 4 プレアップグレード スクリプトを保存した場所に移動し、次のコマンドを実行します。

$ expect pre-upgrade-check-4.2\(1\)SV1\(4\).tcl ip-address username password
[telnet | ssh]
 

ip-address は、VSM の IP アドレスです。

username password は、ログイン クレデンシャルです。


) 次のウィンドウは、Telnet オプションで動作中のコマンドを表示します。


図 18 Telnet オプションのウィンドウ

 

 


) 2 つの接続方法があります。Telnet と SSH のいずれの場合でも、Cygwin を使用する前に該当するサービスを VSM 上でイネーブルにしてください。


ステップ 5 次のいずれかの選択肢を実行します。

エラーがない場合は、アップグレードに進みます。

エラーが存在する場合は、それらを修正します。

ステップ 6 スクリプトを再実行し、エラーが表示されなくなるまで追加のエラーをすべて修正します。

ステップ 7 アップグレードに進みます。


 

UNIX プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行


注意 プレアップグレード スクリプトの実行中、システム コマンドは一切実行しないでください。


ステップ 1 Cisco Nexus 1000V FCS パッケージから PreUpgradeUtility ZIP ファイルをダウンロードし、圧縮解除します。

ステップ 2 Tcl 8.4 と Expect をダウンロードし、インストールします。


Tcl 8.4 は http://www.activestate.com/activetcl/downloads からダウンロードします。このサードパーティ Web サイトに関連した質問またはこの Web サイト上でアクセスした項目に関連した質問がある場合は、ActiveState Software Inc. のサポート チームにお問い合わせください。


ステップ 3 次のコマンドを実行します。

tclsh pre-upgrade-check-4.2(1)SV1(4).tcl ip-address username password [telnet | ssh]
 

ip-address は、VSM の IP アドレスです。

username password は、ログイン クレデンシャルです。

例:
tclsh pre-upgrade-check-4.2(1)SV1(4).tcl 10.0.0.2 user1 mynewpassword telnet
 

実行中のチェックと結果が表示されます。エラーが存在する場合、考えられる修正処理の一覧が示されます。エラーおよび通知を含むログ ファイルは、Pre-Upgrade-App- date - time .txt です。これは、PreUpgradeUtility/Pre-Upgrade-Check-Logs フォルダの中にあります。

ステップ 4 次のいずれかの手順を実行します。

エラーがない場合は、アップグレードに進みます。

エラーがある場合は、それらを修正します。

ステップ 5 スクリプトを再実行し、エラーが表示されなくなるまで修正します。

ステップ 6 アップグレードに進みます。


 

ソフトウェア アップグレードについての情報


注意 VMware vCenter Server が Cisco Nexus 1000V VEM と同じ ESX ホストでホストされている場合、VUM を使用したホストでのアップグレードは失敗します。ESX 4.0.0 アップデート 1 を実行する場合、アップグレードを実行する前に、VM に対して他のホストへの vMotion を手動で実行する必要があります。この問題は、ESX 4.1.0 リリースで解決されています。

図 19 非中断方式のアップグレード手順

 

ここでは、ソフトウェア アップグレードに関する詳細情報を提供します。ここでは、ソフトウェア アップグレードの重要なポイントについて説明します。

ソフトウェアのアップグレード方法には、中断方式と非中断方式の 2 種類があります。アップグレードは、セットアップのバージョンとアップグレード用に選択された方式に応じて、中断方式または非中断方式になります。

非中断方式のアップグレードは、 表 2 に示されている VMware リリースのいずれかをインストールする際に実行されます。


表 2 より大きな値の ESX/ESXi ホスト パッチ レベルでも、ESX/ESXi400-201002001 または upgrade-from-esxi4.0-4.0_update02 をインストールしていなければ、非中断方式アップグレードはサポートされません。4.1.0 に対するパッチ レベルでは、いずれも非中断方式アップグレードが確保されます。


表 2 非中断方式のパッチ レベル

ESX/ESXi
非中断方式のパッチ レベル

4.0.0

ESX/ESXi400-201002001

upgrade-from-esxi4.0-4.0_update02

4.1.0

任意のパッチ レベル


) 使用しているパッチ レベルを確定する方法については、『Cisco Nexus 1000V Compatibility Information, Release 4.2(1)SV1(4)』 を参照してください。


アップグレードでサポートされる最小の ESX/ESXi パッチ レベルは、ESX/ESXi 4.0.0 アップデート 1 です。

Nexus 1000V アップグレードと組み合わせた VMware の同時アップデートまたはパッチはサポートされません。このマニュアルは、同一の VMware プラットフォームにおける Nexus 1000V アップグレードを対象としています。

アップグレード プロセスは取り消しできません。ソフトウェアのアップグレード後は、現在のインストレーションを削除し、ソフトウェアを再インストールすることによって、ダウングレードできます。詳細については、以下のマニュアルの「Recreating the Installation」セクションを参照してください。

『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)


注意 アップグレード プロセス中の Cisco Nexus 1000V では、モジュール、vnic または vmnic などの新規追加や構成変更はサポートしていません。vmnic および vnic ポートプロファイルの変更は、vmnic および vnic を不安定な状態にする可能性があります。

インターフェース コンフィギュレーションは、Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレードの最中、bootflash:system_eth.cfg.orig ファイルに保存されます。アップグレード中に存在するモジュールは、このコンフィギュレーション ファイルからインターフェイス オーバーライドを自動的に取得します。アップグレード後に追加されたモジュールについては、ユーザは、インターフェイス コンフィギュレーション ファイルを使用することにより、必要なコンフィギュレーションを再生できます。

ライセンシングについての情報

次の表は、アップグレード後のライセンス情報を要約します。

表 3 アップグレード後のライセンス ステータス

Nexus 1000V リリース
評価ライセンス
永久ライセンス

SV1(3)
SV1(3a)
SV1(3b)

有効期限まで持ち越し

持ち越し

SV1(2)

有効期限まで持ち越し

持ち越し

SV1(1)

16 ソケット用のライセンスが新たに 60 日間有効

持ち越し(評価ライセンスはすべて終了)

このリリースでは、追加の評価ライセンス ファイルのインストールがサポートされています。

ライセンシングの詳細については、 『Cisco Nexus 1000V License Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4) を参照してください。

制限事項と補足説明の詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Release Notes, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。

Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード

以前の各リリースからのアップグレード手順を以下のセクションで説明します。


) リリース 4.2(1)SV1(4) へのアップグレードについては、以下のサイトでスクリーンキャストをご参照されることを強く推奨します。http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/datacenter/nexus1000/sw/4_2_1_s_v_1_4/upgrade/screencast/guide/n1000v_upgrade_screencasts.html


Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から リリース 4.2(1)SV1(4) にアップグレード


) Release 4.0(4)SV1(3c) から Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードするには、この手順を使用します。



) ESX/ESXi 4.1.0 リリース以降では、必要な VC/VUM の最小バージョンは 258902/256596 です。
ESX/ESXi 4.0.0 リリース以降では、必要な VC/VUM の最小バージョンは 208111/282702 です。



注意 Cisco Nexus 1010 上でアップグレードする場合は、アップグレードを開始する前に、セカンダリ VSM がアクティブで、プライマリ VSM がスタンバイであることを確認してください。プライマリ VSM がアクティブな場合は、system switchover コマンドを実行して、セカンダリ VSM をアクティブにします。

Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へのソフトウェア アップグレードを実行するには、以下の手順に従ってください。


ステップ 1 「VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

ステップ 2 「アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」


 

図 20 Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード

Release 4.0(4)SV1(2) から リリース 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード


) ESX/ESXi 4.1.0 リリース以降では、必要な VC/VUM の最小バージョンは 258902/256596 です。
ESX/ESXi 4.0.0 リリース以降では、必要な VC/VUM の最小バージョンは 208111/282702 です。


Release 4.0(4)SV1(2) から リリース 4.2(1)SV1(4) へのソフトウェア アップグレードを実行するには、以下の手順に従ってください。


ステップ 1 「VSM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2) から Release 4.0(4)SV1(3b) へ」

ステップ 2 「VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

ステップ 3 「アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」


 

図 21 Release 4.0(4)SV1(2) から Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード

Release 4.0(4)SV1(1) から リリース 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード


) ESX/ESXi 4.1.0 リリース以降では、必要な VC/VUM の最小バージョンは 258902/256596 です。
ESX/ESXi 4.0.0 リリース以降では、必要な VC/VUM の最小バージョンは 208111/282702 です。


Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へのソフトウェア アップグレードを実行するには、以下の手順に従ってください。


ステップ 1 「VSMs のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.0(4)SV1(3b) へ」

ステップ 2 「VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

ステップ 3 「アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」


 

図 22 Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード

VSM のアップグレード

ここでは、このリリースでサポートされている VSM アップグレード手順について説明します。

「VSM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2) から Release 4.0(4)SV1(3b) へ」

「VSMs のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.0(4)SV1(3b) へ」

「アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」

「Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) への、Cisco Nexus 1010 での VSM の手動アップグレード」

VSM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2) から Release 4.0(4)SV1(3b) へ

ここでは、Release 4.0(4)SV1(2) から Release 4.0(4)SV1(3b) への VSM アップグレードについて説明します。

VSM のアップグレードに関する前提条件

VSM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

Cisco Nexus 1000Vソフトウェアを Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレードします。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が協力してアップグレード手順を調整する。

次のファイルが bootflash にコピーされました。

nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin

nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin

アップグレード中に失われないように、実行コンフィギュレーションの変更内容をスタートアップ コンフィギュレーションに保存してある。

実行コンフィギュレーションのバックアップ コピーを外部ストレージに保存してある。

VSM ソフトウェアを Release 4.0(4)SV1(2) から Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレードするには、次の手順に従います。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。



) Cisco Nexus 1010 上でアップグレードする場合は、アップグレードを開始する前に、セカンダリ VSM がアクティブで、プライマリ VSM がスタンバイであることを確認してください。



ステップ 1 新しいソフトウェア リリース システム イメージ ファイルとキックスタート イメージ ファイルをアクティブ VSM のブートフラッシュ ファイル システムにコピーします。

switch# copy scp://root@192.0.2.13/N1K-VSM-images/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin bootflash:
Enter vrf (If no input, current vrf 'default' is considered):
root@192.0.2.13's password:
nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin 100% 20MB 1.1MB/s 00:19
switch#
 
switch# copy scp://root@192.0.2.13/N1K-VSM-images/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin bootflash:
Enter vrf (If no input, current vrf 'default' is considered):
root@192.0.2.13's password:
nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin 100% 20MB 1.1MB/s 00:19
switch#
 
switch# dir bootflash:
154 Jan 27 15:21:06 2010 .ovfconfigured
77824 Mar 03 07:31:09 2010 accounting.log
16384 Dec 09 13:56:23 2009 lost+found/
21408768 Dec 09 13:57:21 2009 nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.2.bin
21982208 Jan 21 18:28:58 2010 nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin
73068811 Dec 09 13:57:32 2009 nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.2.bin
62280256 Jan 21 18:29:35 2010 nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin
4096 Dec 09 13:58:18 2009 vdc_2/
4096 Dec 09 13:58:18 2009 vdc_3/
4096 Dec 09 13:58:18 2009 vdc_4/
 
Usage for bootflash://sup-local
333910016 bytes used
2054361088 bytes free
2388271104 bytes total
 

ステップ 2 install all コマンドを使用して、Release 4.0(4)SV1(3b) のイメージをアクティブとスタンバイの両方の VSM にコピーし、ブート変数を更新します。


) 可能な場合は、ソフトウェア イメージを外部リポジトリから入手して、install all コマンドを使用してコピーします。


switch# install all system bootflash:nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin
System image sync to standby is in progress...
System image is synced to standby.
Kickstart image sync to Standby is in progress...
Kickstart image is synced to standby.
Boot variables are updated to running configuration.
 

ステップ 3 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーすることによって構成を保存します。

switch# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
 

ステップ 4 構成が保存されていることを確認します。

switch# show startup-config | include boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-2
 
switch# show running-config | include boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-2
 

ステップ 5 VSM のアクティブ モジュールとスタンバイ モジュールの状態を確認します。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(2) 0.0
2 4.0(4)SV1(2) 0.0
3 4.0(4)SV1(2) 1.11
4 4.0(4)SV1(2) 1.11
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
 

ステップ 6 スタンバイ VSM をリロードします。

モジュール 2 がスタンバイ モジュールであるため、次の例ではモジュール 2 が使用されます。スタンバイ VSM をリロードした後、ソフトウェアの Release 4.0(4)SV1(2) を実行しているアクティブ VSM と Release 4.0(4)SV1(3b) を実行しているスタンバイ VSM が同期化されます。

switch# reload module 2
This command will reboot standby supervisor module. (y/n)? [n] y
about to reset standby sup
switch# 2010 Feb 11 09:57:42 n1000v %PLATFORM-2-PFM_MODULE_RESET: Manual restart of Module 2 from Command Line Interface
2010 Feb 11 09:57:49 n1000v %PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module 2 removed (Serial number T5056972D88)
2010 Feb 11 09:57:53 n1000v %(0x436D) for service "netstack" (PID 3176): Connection timed out (110).

) シーケンス エラーがメッセージ付きで表示される場合があります。これは予想されたことであり、無視してかまいません。


ステップ 7 VSM のアクティブ モジュールとスタンバイ モジュールの状態と、ソフトウェア リリース バージョンを確認します。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(2) 0.0
2 4.0(4)SV1(3b) 0.0
3 4.0(4)SV1(2) 1.11
4 4.0(4)SV1(2) 1.11
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session
 

) 前述の例で太字の行は、リロード後のアクティブ モジュールとスタンバイ モジュールを示し、スタンバイ モジュールの VSM モジュール 2 が、Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレードされていることを表します。


ステップ 8 アクティブ VSM で system switchover コマンドを入力して、スタンバイ VSM をアクティブにし、アクティブ VSM をリロードします。

switch# system switchover
 

モジュールがスイッチオーバーすると、プライマリ モジュールがリロードされ、新しいソフトウェア バージョンのスタンバイ VSM として復帰します。

ステップ 9 システム スイッチオーバーを確認します。

次の例では、モジュール 2 がアクティブ モジュールで、モジュール 1 がスタンバイ モジュールになっています。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(3b) 0.0
2 4.0(4)SV1(3b) 0.0
3 4.0(4)SV1(2) 1.11
4 4.0(4)SV1(2) 1.11
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session
 

) 前述の例で太字の行は、VSM モジュール 1 が Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレードされていることを表します。

モジュール 1 をアクティブ モジュールとして、またモジュール 2 をスタンバイ モジュールとして設定するには、system switchover コマンドを使用します。


ステップ 10 (任意)非デフォルト(jumbo)MTU 設定を構成している場合は、VEM のアップグレードに進む前に「非デフォルト(Jumbo)MTU 設定に関する現象と解決方法」を参照してください。

ステップ 11 続いて、VEM を Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードします。

詳細については、「VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」を参照してください。


 

VSMs のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.0(4)SV1(3b) へ

ここでは、Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.0(4)SV1(3b) への VSM アップグレードについて説明します。

VSM のアップグレードに関する前提条件

VSM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

Cisco Nexus 1000V ソフトウェアを Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレードします。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が協力してアップグレード手順を調整する。

次のファイルが、VSM からアクセス可能な外部ストレージ内で利用できるようになっています。

nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin

nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin

アップグレード中に失われないように、実行コンフィギュレーションの変更内容をスタートアップ コンフィギュレーションに保存してある。

実行コンフィギュレーションのバックアップ コピーを外部ストレージに保存してある。

コンフィギュレーション ファイルのバックアップ方法については、『 Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。

VSM ソフトウェアを Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレードするには、次の手順に従います。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。



ステップ 1 設定を外部サーバにバックアップします。

ステップ 2 VSM と VC を除いたすべての VM の電源をオフにします。

ステップ 3 既存のシステム ブート変数とキックスタート ブート変数を削除します。

switch# config t
switch(config)# no boot system
switch(config)# no boot kickstart
 

ステップ 4 新しいシステム ブート変数とキックスタート ブート変数を追加します。

switch(config)# boot system bootflash:nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin
2009 Dec 13 15:50:40.568 n1k-av %BOOTVAR-5-IMAGE_NOTEXISTS: Warning: image nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin doesn't exist on sup2
2009 Dec 13 15:51:28.236 n1k-av %BOOTVAR-5-AUTOCOPY_SUCCEED: auto-copy of file /bootflash/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin to standby supervisor succeed
switch(config)# boot kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin
2009 Dec 13 15:54:03.093 n1k-av %BOOTVAR-5-IMAGE_NOTEXISTS: Warning: image nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin doesn't exist on sup2
2009 Dec 13 15:54:20.966 n1k-av %BOOTVAR-5-AUTOCOPY_SUCCEED: auto-copy of file /bootflash/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin to standby supervisor succeed
switch(config)#

) デュアル VSM の場合、boot auto-copy がイネーブル(デフォルト)で terminal monitor もイネーブルなら、スタンバイ VSM にもイメージがコピーされます。2 回めのログ メッセージが表示されたら、次のステップに進んでください。



注意 デュアル VSM をアップグレードする場合は、ソフトウェアをリロードする前に、スタンバイ VSM のブートフラッシュ ファイル システムにアクティブな VSM と同一のシステム イメージ ファイルおよびキックスタート イメージ ファイルが含まれていることを確認してください。イメージ ファイルが同一でない場合は、ISO/OVA/OVF イメージから新しいイメージを作成し、アクティブな VSM にリンクさせる方法でしかスタンバイ VSM を復元できません。

ステップ 5 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーすることによって、リブートおよび再起動が行われても実行コンフィギュレーションを永続的に保存します。

switch(config)# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
switch(config)#
 

ステップ 6 構成が保存されていることを確認します。

switch# show startup-config | include boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-2
 
switch# show running-config | include boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3b.bin sup-2
 

ステップ 7 VSM のアクティブ モジュールとスタンバイ モジュールの状態を確認します。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(1) 0.0
2 4.0(4)SV1(1) 0.0
3 4.0(4)SV1(1) 1.11
4 4.0(4)SV1(1) 1.11
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
 

) 前述の例で太字の行は、VSM モジュールの 1 と 2 が Release 4.0(4)SV1(3b) であることを表しています。


ステップ 8 VSM をリロードします。

switch# reload
This command will reboot the system. (y/n)? [n] y
switch#
 

アップグレードされた VSM が新しいソフトウェア バージョンで起動します。

ステップ 9 VSM がアップグレードされていることを確認します。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(3b) 0.0
2 4.0(4)SV1(3b) 0.0
3 4.0(4)SV1(1) 1.11
4 4.0(4)SV1(1) 1.11
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session

) 前述の例で太字の行は、VSM モジュールの 1 と 2 が Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 10 (任意)非デフォルト(jumbo)MTU 設定を構成している場合は、VEM のアップグレードに進む前に「非デフォルト(Jumbo)MTU 設定に関する現象と解決方法」を参照してください。

ステップ 11 続いて、VEM を Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードします。

詳細については、「VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」を参照してください。


 

VEM のアップグレード

ここでは、このリリースでサポートされている VEM アップグレード手順について説明します。

「VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

「VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

VEM をアップグレードする前に、次の重要なポイントに注意してください。

VEM アップグレードは、VEM が VSM に接続されている場合に開始されます。アップグレード プロセスでは、VEM が VSM に再接続します。

VEM ソフトウェアは、CLI を使用して手動でアップグレードすることも、VUM を使用して自動でアップグレードすることもできます。

VSM VM のインターフェイスが自身の DVS と接続されている場合、VEM のアップグレードの際に VSM との接続が失われる場合があります。

アップグレード対象の VEM が 1 つの VSM に対するインターフェイス接続を提供する場合、VEM のアップグレードの際にアクティブ VSM とスタンバイ VSM 間の接続が失われる場合があります。この場合、両方の VSM がアクティブになり接続が失われます。これを回避するために、現在のパッチ レベルが適切であることを確認してください。 表 2 を参照してください。

Cisco Nexus 1000V バンドルを使用して VEM をアップグレードする場合は、VMware のマニュアルの指示に従ってください。VMware バンドル ソフトウェアの詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Compatibility Information, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。


注意 VEM アップグレード プロセス中は、vemlogvemcmd、または vempkt コマンドを実行しないでください。アップグレードに影響を与える可能性があります。

VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

ここでは、VEM を Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、3b) から Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードする手順について説明します。内容は次のとおりです。

「VMware Update Manager (VUM) を使用した、VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

「VEM の手動アップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

VEM のアップグレードに関する前提条件

VEM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

VSM CLI に EXEC モードでログインしている。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が協力して VEM アップグレードを調整する。

VMware Update Manager (VUM) を使用した、VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

VUM を使用して VEM をアップグレードするには、次の手順を実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。アップグレードに進む前に、必要なパッチ レベルを実行していない場合は VM の電源がオフになっていることを確認します。



) 次の手順は、例として、Release 4.0(4)SV1(3b) から リリース 4.2(1)SV1(4) へのアップグレードを示しています。



注意 リムーバブル メディアが接続されたままの場合、たとえば、ISO を使用して VSM をインストールした後に、そのメディアを取り外すのを忘れていた場合、ホストがメンテナンス モードへの移行に失敗して、VUM アップグレードが失敗します。


ステップ 1 vem-release_final.tar.gz ファイル、システム イメージ、およびキックスタート イメージを、VSM の bootflash にアップロードします。

これらのファイルは、FCS の zip フォルダ内にあります。

ステップ 2 現在の設定を表示します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: System VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201007101-BG
DVS: VEM400-201007101-BG
 

ステップ 3 ESX ホスト バージョンを更新します。

switch (config)# vmware vem upgrade update-vibs bootflash:vem-release_final.tar.gz
 

ステップ 4 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201007101-BG
 

) VSM Bundle ID で リリース 4.2(1)SV1(4) Bundle ID が導入されています。


ステップ 5 アップグレードの通知を VC に送信します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 6 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201007101-BG

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』で原因を調べます。


ステップ 7 サーバ管理者が vCenter でアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

通知の承認をサーバ管理者と調整します。サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Accepted by vCenter Admin
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Tue May 11 07:42:32 2010
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201007101-BG
 

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』で原因を調べます。


ステップ 8 VUM アップグレード プロセスを開始します。


注意 vmware vem upgrade proceed コマンドを入力する前に、クラスタ内の VMware ハイ アベイラビリティ(HA)、Fault Tolerance(FT; 耐障害性)、および Distributed Power Management(DPM)をディセーブルにしてください。

vCenter によって DVS がロックされて VUM が始動し、VEM がアップグレードされます。

switch# vmware vem upgrade proceed
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade In Progress in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201101030-RG

) ESX/ESXi ホストで VMware パッチの ESX/ESXi400-201002001、ESX/ESXi400-201006201、または ESX/ESXi410 が使用されており、DRS 設定が受け入れ可能な状態になっている場合は、VUM によって VM が自動的にホストからクラスタ内の別のホストに vMotion され、ESX/ESXi がメンテナンス モードになって、VEM がアップグレードされます。このプロセスは、DRS クラスタ内のすべてのホストがアップグレードされるまで他のホストに対して繰り返し実行されます。



) VC/VUM バージョン 4.0.0 のアップデート 1 またはアップデート 2 が ESX/ESXi でホストされていると、このホストに対する VUM アップグレードは失敗します。vCenter を別のアップグレードに成功したホストに移行させ、vmware vem upgrade proceed コマンドを再度実行する必要があります。


ステップ 9 アップグレードの完了ステータスを確認します。


) アップグレード ステータスが完了でない場合は、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』を参照してください。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: System VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter): Wed Mar 17 17:30:48 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201101030-RG

) DVS バンドル ID が更新されており、強調表示されています。次のコマンドを入力する前に、サーバ管理者と連絡を取り、VUM プロセスが実行可能になっていることを確認します。


ステップ 10 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VSM130-201010110-BG
DVS: VSM130-201010110-BG
 

ステップ 11 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3b) 0.0
2 4.2(1)SV1(3b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session

) 前述の例で太字の行は、すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 12 VSM のアップグレードに進みます。


注意 VUM で リリース 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされない VEM が存在する場合は、VSM アップグレードに進む前に、それらの VEM を手動でアップグレードしてください。

詳細については、「アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」を参照してください。


 

VEM の手動アップグレード:Release 4.0(4)SV1(2、3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

ESX/ESXi ホスト上の Cisco Nexus 1000V VEM を手動でインストールまたはアップグレードするには、『 Cisco Nexus 1000V Virtual Ethernet Module Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』の「Installing or Upgrading the VEM Software Using the CLI」に記載された手順を実行します。

VEM を手動でアップグレードするには、次の手順をネットワーク管理者として実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。アップグレードに進む前に、必要なパッチ レベルを実行していない場合は VM の電源がオフになっていることを確認します。



) 次の手順は、例として、Release 4.0(4)SV1(3b) から リリース 4.2(1)SV1(4) へのアップグレードを示しています。



注意 リムーバブル メディアが接続されたままの場合、たとえば、ISO を使用して VSM をインストールした後に、そのメディアを取り外すのを忘れていた場合、ホストがメンテナンス モードへの移行に失敗して、VUM アップグレードが失敗します。


ステップ 1 vem-release_final.tar.gz ファイル、システム イメージ、およびキックスタート イメージを、VSM の bootflash にアップロードします。

これらのファイルは、FCS の zip フォルダ内にあります。

ステップ 2 ESX ホスト バージョンを更新します。

switch (config)# vmware vem upgrade update-vibs bootflash:vem-release_final.tar.gz
 

ステップ 3 アップグレードの通知を VC に送信します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 4 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201007101-BG
 

ステップ 5 サーバ管理者が vCenter サーバでアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Accepted by vCenter Admin
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Tue May 11 07:42:32 2010
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201007101-BG
 

ステップ 6 サーバ管理者がすべての ESX ホスト VEM を新しい VEM ソフトウェア リリースで更新し、アップグレード プロセスが完了したことを通知してくるまで待ちます。サーバ管理者は、 vihostupdate コマンドまたは esxupdate コマンドを使用して手動アップグレードを実行します。詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Virtual Ethernet Module Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。

ESX ホストで VSM がホストされていない場合は、ステップ 7に進みます。

ESX ホストで VSM がホストされている場合は、サーバ管理者と協力して、VSM の電源をオフにし、手動プロセスを使用して ESX ホスト上の VEM をアップグレードし、VSM の電源をオンにします。

ステップ 7 Bundle ID アップグレード プロセスを開始します。


) VUM が vCenter 環境でイネーブルになっている場合は、vmware vem upgrade proceed コマンドを実行する前にそれをディセーブルにして、新しい VIB がすべてのホストに転送されないようにします。


vCenter サーバ上の Cisco Nexus 1000V Bundle ID が更新されるように vmware vem upgrade proceed コマンドを入力します。VUM がイネーブルになっており、Bundle ID を更新していない場合は、次に ESX を VSM に追加したときに不正な VIB バージョンが VEM に転送されます。

switch# vmware vem upgrade proceed

) VUM がインストールされていないと、「The object or item referred to could not be found.A general system error occurred: unknown internal error」エラーが vCenter サーバのタスク バーに表示されます。このエラーは無視しても問題ありません。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Errored in vCenter. Please check UpgradeError for more details.
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error: [VMware vCenter Server 4.1.0 build-258902] A general system error occurred: unknown internal error.
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201101030-RG
 

ステップ 8 アップグレードの完了ステータスを確認します。


) アップグレード ステータスが完了でない場合は、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』を参照してください。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:48 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201101030-RG
 

ステップ 9 サーバ管理者がすべての ESX ホスト VEM を新しい VEM ソフトウェア リリースで更新し、アップグレード プロセスが完了したことを通知してくるまで待ちます。

サーバ管理者は、vi ホスト更新または ESX/ESXi 更新を使用して手動アップグレードを実行します。詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Virtual Ethernet Module Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。

ステップ 10 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201101030-RG
 

ステップ 11 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3b) 0.0
2 4.2(1)SV1(3b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session
 

) 前述の例で太字の行は、すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 12 VSM のアップグレードに進みます。


注意 すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされていない場合は、VSM のアップグレードに進まないください。VSM をアップグレードする前に、すべての VEM を Release 4.2(1) SV1(4) にアップグレードします。

詳細については、「アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」を参照してください。


 

VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

ここでは、VEM を Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードする手順を説明します。内容は次のとおりです。

「VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

「VEM の手動アップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」

VEM のアップグレードに関する前提条件

VEM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

VSM CLI に EXEC モードでログインしている。

VSM を Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレード済みである。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が協力して VEM アップグレードを調整する。

VMware Update Manager(VUM)を使用した VEM のアップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

VUM を使用して VEM をアップグレードするには、次の手順を実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。アップグレードに進む前に、VM の電源がオフになっていることを確認します。



注意 このアップグレードは、アップグレードされる VEM 上に VSM と VC がホストされていない場合にのみ適用されます。VSM が VEM 上でホストされている場合は、「VEM の手動アップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ」に進みます。


ステップ 1 すべての仮想マシンの電源をオフにします。

ステップ 2 VEM ホスト バージョンを更新します。

switch (config)# vmware vem upgrade update-vibs bootflash:vem-release_final.tar.gz
 

ステップ 3 サーバ管理者に通知して、VEM アップグレード プロセスを調整します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 4 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-20100830100-BG
DVS: VEM400-200904001-BG

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』で原因を調べます。


ステップ 5 サーバ管理者が vCenter サーバでアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

通知の承認をサーバ管理者と調整します。サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Accepted by vCenter Admin
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Tue May 11 07:42:32 2010
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-20100830100-BG
DVS: VEM400-200904001-BG
 

ステップ 6 VUM アップグレード プロセスを開始します。

vCenter によって DVS がロックされて VUM が始動し、VEM がアップグレードされます。


) vCenter サーバ上の Cisco Nexus 1000V Bundle ID が更新されるように vmware vem upgrade proceed コマンドを入力します。VUM がイネーブルになっており、Bundle ID を更新していない場合は、次に ESX を VSM に追加したときに不正な VIB バージョンが VEM に転送されます。


switch# vmware vem upgrade proceed
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VSM130-201010110-BG
DVS: VSM130-201010110-BG
 

ステップ 7 アップグレードの完了ステータスを確認します。


) VUM がインストールされていないと、「The object or item referred to could not be found.A general system error occurred: unknown internal error」エラーが vCenter サーバのタスク バーに表示されます。このエラーは無視しても問題ありません。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter): Wed Mar 17 17:30:48 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VSM130-201010110-BG
DVS: VSM130-201010110-BG
 

ステップ 8 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VSM130-201010110-BG
DVS: VSM130-201010110-BG
 

ステップ 9 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3b) 0.0
2 4.2(1)SV1(3b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session

) 前述の例で太字の行は、すべての VEM が Release 4.2(1) SV1(4) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 10 VSM のアップグレードに進みます。


注意 VUM で リリース 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされない VEM が存在する場合は、VSM アップグレードに進む前に、それらの VEM を手動でアップグレードしてください。

詳細については、「アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」を参照してください。


 

VEM の手動アップグレード:Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4) へ

VEM を手動でアップグレードするには、ネットワーク管理者がアップグレード プロセスを次のように開始します。


) アップグレードに進む前に、VM の電源がオフになっていることを確認します。VSM は、Release 4.0(4)SV1(3b) にアップグレードされている必要があります。



ステップ 1 ESX ホスト バージョンを更新します。

switch (config)# vmware vem upgrade update-vibs bootflash:vem-release_final.tar.gz
 

ステップ 2 サーバ管理者に通知して、VEM アップグレード プロセスを調整します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 3 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-200904001-BG

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』で原因を調べます。


ステップ 4 サーバ管理者が vCenter サーバでアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade In Progress in vCenter
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time: Thu Mar 18 15:37:31 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201003101-BG
 

ステップ 5 サーバ管理者がすべての ESX ホスト VEM を新しい VEM ソフトウェア リリースで更新し、アップグレード プロセスが完了したことを通知してくるまで待ちます。サーバ管理者は、vi ホスト更新または ESX/ESXi 更新を使用して手動アップグレードを実行します。詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Virtual Ethernet Module Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。

ESX ホストで VSM/VC がホストされていない場合は、ステップ 6に進みます。

ESX ホストで VSM/VC がホストされている場合は、サーバ管理者と協力して、VSM/VC の電源をオフにし、手動プロセスを使用して ESX ホスト上の VEM をアップグレードし、VSM/VC の電源をオンにします。

ステップ 6 Bundle ID アップグレード プロセスを開始します。


) VUM が vCenter 環境でイネーブルになっている場合は、vmware vem upgrade proceed コマンドを入力する前にそれをディセーブルにして、新しい VIB がすべてのホストに転送されないようにします。
VUM がディセーブルになっている場合、vmware vem upgrade proceed コマンドを入力した際に show vmware vem upgrade status コマンドで出力されるエラーはすべて無視することができます。


vCenter サーバ上の Cisco Nexus 1000V Bundle ID が更新されるように vmware vem upgrade proceed コマンドを入力します。VUM がイネーブルになっており、Bundle ID を更新していない場合は、次に ESX を VSM に追加したときに不正な VIB バージョンが VEM に転送されます。

switch# vmware vem upgrade proceed
switch# show vmware vem upgrade status
2010 Mar 18 15:37:45 switch %VMS-5-DVS_UPGRADE_INFO: VEM Upgrade is completed successfully in vCenter.
 
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time: Thu Mar 18 15:37:31 2010
Upgrade End Time(vCenter): Thu Mar 18 17:47:07 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201101030-RG
DVS: VEM400-201101030-RG
 

ステップ 7 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
 

ステップ 8 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show mod
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3b) 0.0
2 4.2(1)SV1(3b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session
 

) 前述の例で太字の行は、すべての VSM と VEM が Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 9 VSM のアップグレードに進みます。


注意 すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされていない場合は、VSM のアップグレードに進まないください。VSM をアップグレードする前に、すべての VEM を Release 4.2(1) SV1(4) にアップグレードします。

詳細については、「アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード」を参照してください。


 

アップグレード アプリケーションを使用した、VSM の Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード


) このアップグレード手順は、Release 4.0(4)SV1(3)、Release 4.0(4)SV1(3a)、または Release 4.0(4)SV1(3b) からのアップグレードに適用されます。


ここでは、Release 4.0(4)SV1(3b) から Release 4.2(1)SV1(4) への VSM のアップグレードについて説明します。アップグレード アプリケーションは、Release 4.0(4)SV1(3)、Release 4.0(4)SV1(3a)、または Release 4.0(4)SV1(3b)から、Release 4.2(1)SV1(4) への VSM のアップグレードに推奨される方法です。


注意 Cisco Nexus 1010 上でアップグレードする場合は、アップグレードを開始する前に、セカンダリ VSM がアクティブで、プライマリ VSM がスタンバイであることを確認してください。プライマリ VSM がアクティブな場合は、system switchover コマンドを実行して、セカンダリ VSM をアクティブにします。

Cisco Nexus 1000V アップグレード アプリケーションの使用に関する前提条件

アップグレード アプリケーションを使用するための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

VEM のアップグレードを完了するには、まず VEM が Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされます。

VSM(キックスタートおよびシステム)イメージをブートフラッシュにアップロードします。

VSM の mgmt0 および control0 と同じサブネット内に最大 3 つの追加 IP アドレスが必要になる場合があります。

L2 または L3 のセットアップに従って、同じサブネット内の追加の IP アドレスを入力する必要があります。この追加 IP アドレスが必要なのは、1 つの VSM が以前のリリースであり、もう一方の VSM が Release 4.2(1)SV1(4) であるためです。


注意 これらの IP アドレスが同一サブネット内に存在しないと、システムは矛盾した状態になります。システムを復旧する方法については、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』を参照してください。

SSH が VSM 上でイネーブルになっています。

同期された HA ペアは、アップグレード アプリケーションを開始する前に必要です。

認証、許可、アカウンティング(AAA)サーバが認証に使用される場合は、アップグレードで使用される仮 IP アドレスを認証データベースに追加します。


) この無中断の VSM アップグレード手順では、アップグレード中に仮 IP アドレスがプログラムされるときに、L3 で接続される VEM でフラッピングが発生します。トラフィック フローは影響を受けません。


アップグレード アプリケーションを使用して、Release 4.0(4)SV1(3)、Release 4.0(4)SV1(3a)、または Release 4.0(4)SV1(3b) から Release 4.2(1)SV1(4) への VSM ソフトウェアのアップグレードを実行するには、次の手順に従ってください。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。



) Cisco Nexus 1010 上でアップグレードする場合は、アップグレードを開始する前に、セカンダリ VSM がアクティブで、プライマリ VSM がスタンバイであることを確認してください。Cisco Nexus 1010 のアップグレードについての詳細は、「Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) への、Cisco Nexus 1010 での VSM の手動アップグレード」を参照してください。



注意 リムーバブル メディアが接続されたままの場合、たとえば、ISO を使用して VSM をインストールした後に、そのメディアを取り外すのを忘れていた場合、ホストがメンテナンス モードへの移行に失敗して、VUM アップグレードが失敗します。


ステップ 1 外部ストレージへの設定のバックアップを実行します。

ステップ 2 ブラウザのアドレス フィールドで、VSM の IP アドレスを入力し、Enter を押します。

[Cisco Nexus 1000V] 画面が開きます。

図 23 Cisco Nexus 1000V アップグレード アプリケーション:初期ウィンドウ

 

ステップ 3 [Launch Upgrade Application] リンクをクリックします。

アプリケーションのダウンロードが開始されます。


) VEM が接続されていない場合、[Launch Upgrade Application] のリンクはありません。それでもアップグレードする場合は、http://<vsm-ip-address>/cgi-bin/upgrade.jnlp のディレクトリから、アップグレード アプリケーションを実行できます。


ステップ 4 [Warning - Security] ウィンドウの [Run] をクリックします。

[Enter VSM Credentials] 画面が開きます。

図 24 Nexus 1000v Upgrade: Enter VSM Credentials

 

ステップ 5 VSM パスワードを入力し、[Next] をクリックします。

[Verify Module Upgrade] 画面が開きます。

図 25 Nexus 1000v Upgrade: Verify Module Upgrade

 

ステップ 6 モジュール数が正しいことを確認します。

ステップ 7 L2 コンフィギュレーションがある場合は、ステップ 8に進みます。L3 コンフィギュレーションがある場合は、ステップ 9に進みます。

図 26 Nexus 1000v Upgrade: Enter Upgrade Information for L2

 

ステップ 8 次のサブ手順を実行します。

a. インターフェイス mgmt0 用の仮 IPv4 IP アドレスを入力します。

b. [New System Image] のドロップダウンから、Nexus 1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin を選択します。

c. [New Kickstart Image] のドロップダウンから、nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin を選択します。

d. [Next] をクリックします。[Summary: Please Review Configurations] 画面が開きます。

e. ステップ 10 に進みます。

図 27 Nexus 1000v Upgrade: Enter Upgrade Information for L3

 

ステップ 9 次のサブ手順を実行します。

a. インターフェイス mgmt0 用の仮 IPv4 IP アドレスを入力します。

b. L3 インターフェイス control0 用の仮 IPv4 IP アドレスを入力します。

c. [New System Image] のドロップダウンから、Nexus 1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin を選択します。

d. [New Kickstart Image] のドロップダウンから、nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin を選択します。

e. [Next] をクリックします。[Summary: Please Review Configurations] 画面が開きます。

f. ステップ 10 に進みます。

L2 コンフィギュレーションがある場合、図 28を開きます。L3 コンフィギュレーションがある場合、図 29を開きます。

図 28 Nexus 1000v Upgrade: Layer 2 - Please Review Configurations

図 29 Nexus 1000v Upgrade: Layer 3 - Please Review Configurations

 

ステップ 10 設定を確認し、[Next] をクリックします。

[Upgrade Progress] 画面が開き、セカンダリ VSM のアップグレードが開始します。ステップ 11 に進みます。

 

 


注意 このステップが完了するまで数分かかります。この画面を閉じると、セットアップが不一致の状態となってしまいます。

図 30 Nexus 1000V Upgrade: Secondary VSM Upgrade Progress


) VEM の数によっては、この部分のアップグレードに数分の時間がかかる場合があります。


ステップ 11 アップグレード プロセスが完了したら、[Next] をクリックします。

[Verify Module Insertion] 画面が開きます。

図 31 Nexus 1000v Upgrade: Verify Module Insertion

 

ステップ 12 VEM への接続に control0 を使用した L3 接続がある場合は、この手順に従います。そうでない場合は、ステップ 13に移動します。

a. VSM の仮 IP アドレスまたは リリース 4.2(1)SV1(4) VSM のコンソールにログインします。

b. control0 インターフェイスに関連付けられたサブネットまたはデフォルト ルートがあるかどうかを確認します。これを次の方法で行うことができます。

show running-config コマンドを実行する

「vrf context management」の下にあるルートを探す

vrf context management
ip route 0.0.0.0/0 10.78.108.129
ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1

) 強調表示されている IP アドレスが、control0 インターフェイス経由の VEM 接続用のサブネット ルートです。


c. VEM 接続に使用されるルートのみを選択し、それらをグローバル コンフィギュレーション コンテキストの下に移動します。

VSM(config)# ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
VSM(config)# vrf context management
VSM(config-vrf)# no ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
 

注意 アップグレード手順が完了するまでは、実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに保存しないでください。

ステップ 13 VSM の仮 IP アドレス、または リリース 4.2(1)SV1(4) の VSM のコンソールにログインし、モジュール ステータスが [ok] であるかどうかを確認します。

モジュール ステータスが [ok] でない場合は、『 Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。すべてのモジュールが [ok] の状態になるまで、先に進むことはできません。

ステップ 14 仮 IP の VSM 内ですべてのモジュールが [ok] の状態となったら、[Finish] をクリックします。


) アップグレードしない場合は、[Override: Force Upgrade] のボタンをクリックします。VEM が以前のリリースのままとなります。この処理を行うと、ご使用の VEM は矛盾した状態となり、Cisco Nexus 1000V でサポートされません。


完了したら、[Next] をクリックします。

ステップ 15 リリース 4.2(1)SV1(4) の VSM の仮 IP アドレスまたはコンソールにログインし、モジュール ステータスが [ok] かどうかを確認します。[ok] でない場合は、『 Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。すべてのモジュールが [ok] の状態になるまで、先に進むことはできません。

ステップ 16 L3 コントロール モードのテスト ベッドがある場合は、次のステップに進みます。それ以外の場合はステップ 19に進みます。

ステップ 17 仮 IP の VSM 内ですべてのモジュールが [status = ok] の状態を表示したら、[Finish] をクリックします。

ステップ 18 アップグレード プロセスのこの時点で、次の 2 画面のうちいずれかが表示されます。

「The following modules have been attached」という見出しの書かれた表が画面に表示されたら、[Finish] をクリックすると、2 番目の VSM のアップグレードが開始します。

「The following modules are missing」という見出しの書かれた 2 番目の表が画面に表示されたら、[Refresh List] をクリックします。[Finish] をクリックする前に、VSM にログインし、 show module コマンドを実行します。

モジュール ステータスが正しい場合は、[Finish] をクリックします。

[Verify Module Insertion] ウィンドウが 2 つめの VSM アップグレードで開きます。

モジュール ステータスが正しくない場合は、[Finish] をクリックする前に、トラブルシューティングのセクションに進みます。

図 32 Nexus 1000v Upgrade: 2 つめの VSM アップグレード

 


) このステップが完了するまでに数分の時間がかかる可能性があります。ウィザードをキャンセルしないでください。


2 つめの VSM のアップグレードが完了すると、[Summary] 画面が開きます。

図 33 Nexus 1000v Upgrade: Summary

 

ステップ 19 [Close] をクリックします。

VSM のアップグレードは完了です。

ステップ 20 VSM の仮想デバイス コンテキスト ID を表示するには、次のコマンドを実行してください。

switch(config)# sho run | include vdc
vdc N1KV-VSM id 1
 

ステップ 21 2048 の VLAN をサポートできるようにするには、次のコマンドを実行します。

switch(config)# vdc NIKV-VSM id 1
switch(config-vdc)# limit-resource vlan minimum 16 maximum 2049
 

これでアップグレードは完了です。


 

Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から リリース 4.2(1)SV1(4) への、Cisco Nexus 1000V での VSM の手動アップグレード

このセクションでは、CLI を使用して、Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ手動でアップグレードする方法について説明します。

VSM のアップグレードに関する前提条件

VSM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

VEM は Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされています。

キックスタート イメージとシステム イメージはブートフラッシュにアップロードされています。

VSM の mgmt0 および control0 と同じサブネット内に最大 3 つの追加 IP アドレスが必要になる場合があります。


注意 これらの IP アドレスが同一サブネット内に存在しないと、システムは矛盾した状態になります。『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』を参照してください。

SSH は VSM 上でイネーブルになっています。

アップグレードを実行するには、VSM の HA 環境が必須です。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が協力してアップグレード手順を調整する。

アップグレード中に失われないように、実行コンフィギュレーションの変更内容をスタートアップ コンフィギュレーションに保存してある。

実行コンフィギュレーションのバックアップ コピーを外部ストレージに保存してある。

認証、許可、アカウンティング(AAA)サーバが認証に使用される場合は、アップグレードで使用される仮 IP アドレスを認証データベースに追加します。


) アップグレードの実行には、アップグレード アプリケーションによる方法を推奨します。


2 つの VSM は、VSM1 と VSM2 として識別され、それぞれアクティブ VSM とスタンバイ VSM になります。

リリース 4.2(1)SV1(4) に手動でアップグレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 VSM にログインします。

ステップ 2 キックスタート イメージと isan イメージを bootflash:ファイル システムにコピーします。

switch# copy scp:root@192.0.2.13/N1K-VSM-images/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin bootflash:

switch# copy scp:root@192.0.2.13/N1K-VSM-images/nexus-1000v-kickstart.mz.4.2.1.SV1.4.bin bootflash:

 

ステップ 3 現在の冗長性ステータスを表示します。

switch# show module

Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(3b) 0.0
2 4.0(4)SV1(3b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0) 1.9
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- ------------- ------------------------------------ --------------------
1 172.23.233.64 NA NA
2 172.23.233.64 NA NA
3 172.23.232.72 33393935-3234-5553-4538-35314e323554 172.23.232.72
* this terminal session
 

switch# show system redundancy status

bl-n1000v# show system redun status
Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: HA
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 
Other supervisor (sup-2)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
 

ステップ 4 現在の Cisco Nexus 1000V への接続を表示します。

switch# show svs connections
connection vcenter:
ip address: 192.0.2.10
remote port: 80
protocol: vmware-vim https
certificate: default
datacenter name: sachinDC
DVS uuid: 0c bf 0b 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e
config status: Enabled
operational status: Connected
sync status: Complete
version: VMware vCenter Server 4.0.0 build-208111

 

ステップ 5 アップグレード プロセスが開始されたことを VEM に通知し、仮 IP アドレスを VSM2 に割り当てます。


) control0 インターフェイスでレイヤ 3 モードを使用する場合は、svs upgrade start mgmt0 ip ipaddr control0 ipaddr コマンドを使用して、仮 IP アドレスを mgmt0 と control0 に割り当てます。


switch# configure terminal


) 次のコマンドの [ipaddr] の値は、HA ペアが分割されているときに VSM2 にアクセスするために使用される仮 IP アドレスです。


switch(config)# svs upgrade start mgmt0 ip ipaddr

WARNING!
1. Please do not change the configuration of the system from this point onwards
2. Ensure that all relevant ports, including uplinks, vmknics, and vsifs used for control, packet, management, storage as well as VSM ports, are all configured with system profiles
3. Ensure there is network connectivity between VC, VSM pair, and the hosts/modules
4. Ensure all the hosts/modules are upgraded with the next version of VEM software package
switch(config)# end

 

ステップ 6 システムおよびキックスタートのブート変数を更新します。

switch# install all system bootflash: nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin

System image sync to standby is in progress...

System image is synced to standby.

Kickstart image sync to Standby is in progress...

Kickstart image is synced to standby.

Upgrade in process, hence Active boot variables are not updated.

Boot variables are updated to running configuration.

 

ステップ 7 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーし、確認します。

switch# copy running-config startup-config

[########################################] 100%

switch# show start | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2


) 以下に続くコマンドにより、アクティブ VSM(sup-1)は Release 4.0(4)SV1(3b) のままで、スタンバイ VSM は リリース 4.2(1)SV1(4) になっていることが示されています。


ステップ 8 ブート変数が リリース 4.2(1)SV1(4) に設定されている VSM をリロードします。

switch# reload module slot

This command will reboot standby supervisor module. (y/n)? [n] y
2010 June 14 20:11:51 av1-vsm %PLATFORM-2-PFM_MODULE_RESET: Manual restart of Module 2 from Command Line Interface
switch# 2010 Jun 14 20:11:58 av1-vsm %PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module 2 removed (Serial number T50569A5039

 

ステップ 9 仮 IP アドレスを使用して VSM2 にログインします。

ステップ 10 現在の VSM2 がスタンドアロンであることを確認します。

switch# show system redundancy status

Redundancy role

---------------

administrative: standalone

operational: standalone

 

Redundancy mode

---------------

administrative: HA

operational: None

 

This supervisor (sup1)

----------------------

Redundancy state: Active

Supervisor state: Active

Internal state: Active with no standby

 

Other supervisor (sup-2)

------------------------

Redundancy State: Not present

 

 

ステップ 11 VSM1 上で、VSM1 と vCenter Server 間の接続を削除します。


注意 このステップは、vCenter サーバにあいまいなデータが転送されるのを防ぐために実行されます。このステップを実行しないと、VEM に悪影響を与える可能性があります。

switch# show running-config

svs-domain

domain id 470

control vlan 233

packet vlan 233

svs mod L2

svs upgrade start mgmt0 ip 172.23.231.133.66

svs connection vc

protocol vmware-vim

remote up address 172.23.231.133 port 80

vmware dvs uuid “0c bf 0e 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e” datacenter-name sachinDC
connect

switch# config t

switch# (config)# svs connection vc

switch# (config-svs-conn)# no connect

 

ステップ 12 VSM1 のロールをセカンダリに変更します。

switch(config-svs-conn)# end

switch(config)# end

switch# system redundancy role secondary

Setting will be activated on next reload

switch# show run | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

 

ステップ 13 VSM1 上のブート変数を、リリース 4.2(1)SV1(4) イメージを指すように変更します。

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin

switch(config)# no boot system bootflash:/nexus-1000v.mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

switch(config)# boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-1

switch(config)# end

switch# show run | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

 

ステップ 14 VSM1 上で設定を保存します。

switch# copy running-config startup-config

[########################################] 100%

 

ステップ 15 VSM2 上で現在の接続を表示します。

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# show svs connect

connection vcenter:

ip address: 172.23.231.133

remote port: 80

protocol: vmware-vim https

certificate: default

datacenter name: n1000vDC

DVS uuid: 0c bf 0b 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e

config status: Enabled

operational status: Disconnected

sync status: -

version: -

 

ステップ 16 VEM への接続に control0 を使用した L3 接続がある場合は、この手順に従います。そうでない場合は、ステップ 17に移動します。

a. VSM の仮 IP アドレスまたは リリース 4.2(1)SV1(4) VSM のコンソールにログインします。

b. control0 インターフェイスに関連付けられたサブネットまたはデフォルト ルートがあるかどうかを確認します。これを次の方法で行うことができます。

show running-config コマンドを実行する

「vrf context management」の下にあるルートを探す

vrf context management
ip route 0.0.0.0/0 10.78.108.129
ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1

) 強調表示されている IP アドレスが、control0 インターフェイス経由の VEM 接続用のサブネット ルートです。


c. VEM 接続に使用されるルートのみを選択し、それらをグローバル コンフィギュレーション コンテキストの下に移動します。

VSM(config)# ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
VSM(config)# vrf context management
VSM(config-vrf)# no ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
 

注意 アップグレード手順が完了するまでは、実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに保存しないでください。

ステップ 17 VSM の仮 IP アドレス、または リリース 4.2(1)SV1(4) の VSM のコンソールにログインし、モジュール ステータスが [ok] であるかどうかを確認します。

モジュール ステータスが [ok] でない場合は、『 Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。すべてのモジュールが [ok] の状態になるまで、先に進むことはできません。

ステップ 18 アップグレード プロセスが完了したことを VEM に通知します。


) すべての VEM が リリース 4.2(1)SV1(4) VSM に接続されていることを確認してください。Release 4.0(4)SV1(3b) の VSM に接続されていた VEM の数と、リリース 4.2(1)SV1(4) の VSM に接続されている VEM の数を比較し、一致していることを確認します。モジュール ステータス =「ok」のものを確認します。


switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# svs upgrade complete

Warning: Config saved but not pushed to vCenter Server due to inactive connection!

switch(config)# end

switch# show run | in svs

svs-domain

svs mode L2

svs upgrade complete

svs connection vc

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# svs connection name

switch(config-svs-conn)# connect

switch(config-svs-conn)# end

switch(config)# end

switch# show module

Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-208167 (1.9)1.9
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- ------------- ------------------------------------ --------------------
1 172.23.233.64 NA NA
3 172.23.232.72 33393935-3234-5553-4538-35314e323554 sfish-srvr-72
* this terminal session

 

ステップ 19 VSM2 ロールをプライマリに変更します。

switch# system redundancy role primary

 

ステップ 20 VSM1 をリロードします。

switch# show module

switch# show run int mgmt0

!Command: show running-config interface mgmt0

!Time: Mon Jun 14 20:27:27 2010

 

version 4.2(1)SV1(4)

 

interface mgmt0

ip address 192.0.2.11/24

 

switch# reload

This command will reboot the system. (y/n)? [n] y

switch# copy running-config startup-config

switch# reload

 

ステップ 21 VSM2 の mgmt0 の IP アドレスを共有 IP アドレスに戻します。

switch# show run int mgmt0

switch# config t

switch(config)# int mgmt0

switch(config-if)# ip address 192.0.2.11 255.255.255.0

 

ステップ 22 アップグレードされた HA ペアを確認します。

switch# show system redundancy status

Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 
Other supervisor (sup-2)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
 

ステップ 23 設定を保存します。

switch# copy running-config startup-config
[########################################] 100%


 

Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) への、Cisco Nexus 1010 での VSM の手動アップグレード

ここでは、Release 4.0(4) SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) への VSM 手動アップグレード手順について説明します。

VSM のアップグレードに関する前提条件

VSM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

VEM のアップグレードを完了するには、まず VEM が Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされます。

キックスタートおよびシステムイメージを bootflash にアップロードします。

レイヤ 2 またはレイヤ 3 のセットアップによっては、VSM mgmt0 および control0 と同じサブネット上に追加の IP アドレスを必要とする場合があります。追加の IP アドレスが必要なのは、1 つの VSM が以前のリリースであり、もう一方の VSM が リリース 4.2(1)SV1(4) であるためです。


注意 これらの IP アドレスが同一サブネット内に存在しないと、システムは矛盾した状態になります。システムを復旧する方法については、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』を参照してください。

SSH は VSM 上でイネーブルになっています。

Cisco Nexus 1010 システムは、HA コンフィギュレーションにあります。

セカンダリ VSM がアクティブで、プライマリ VSM がスタンバイであることを確認します。

実行コンフィギュレーションのスタートアップ コンフィギュレーションへのすべての変更を保存済みです。

実行コンフィギュレーションのバックアップ コピーを外部ストレージに保存済みです。


) アップグレードの実行には、アップグレード アプリケーションによる方法を推奨します。

この手順は、ネットワーク管理者が実行します。

2 つの VSM は、VSM1 と VSM2 として識別され、それぞれアクティブ VSM とスタンバイ VSM になります。


リリース 4.2(1)SV1(4)への手動アップグレードを実行するには、次の手順に従います:


ステップ 1 VSM にログインします。

ステップ 2 キックスタート イメージと isan イメージを bootflash:ファイル システムにコピーします。

switch# copy scp://root@192.0.2.13/N1K-VSM-images/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin bootflash:
Enter vrf (If no input, current vrf 'default' is considered):
root@192.0.2.13's password:
nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin 100% 20MB 1.1MB/s 00:19
switch#
 
switch# copy scp://root@192.0.2.13/N1K-VSM-images/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin bootflash:
Enter vrf (If no input, current vrf 'default' is considered):
root@192.0.2.13's password:
nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin 100% 20MB 1.1MB/s 00:19
switch#
 

ステップ 3 現在の冗長性ステータスを表示します。

switch# show module
switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(3) 0.0
2 4.0(4)SV1(3) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) 1.9
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 192.0.2.11 NA NA
2 192.0.2.11 NA NA
3 10.78.109.51 4220900d-76d3-89c5-17d7-b5a7d1a2487f 10.78.109.51
 
switch# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: secondary
operational: secondary
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: HA
 
This supervisor (sup-2)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 
Other supervisor (sup-1)
------------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
 

ステップ 4 現在の Cisco Nexus 1000V への接続を表示します。

switch# show svs connections
connection vcenter:
ip address: 192.0.2.10
remote port: 80
protocol: vmware-vim https
certificate: default
datacenter name: SWAMY
DVS uuid: 5e ca 20 50 bc 28 07 fb-0b 1d 98 56 40 cb fd 85
config status: Enabled
operational status: Connected
sync status: Complete
version: VMware vCenter Server 4.0.0 build-258672
 
 

ステップ 5 アップグレード プロセスが開始されたことを VEM に通知し、仮 IP アドレスを VSM2 に割り当てます。

control0 にレイヤ 3 モードを使用している場合は、ステップ 6に進みます。


) 認証、許可、アカウンティング(AAA)サーバが認証に使用される場合は、アップグレードで使用される仮 IP アドレスを認証データベースに追加します。


switch# configure terminal

) 次のコマンドの [ipaddr] の値は、HA ペアが分割されているときに VSM2 にアクセスするために使用される仮 IP アドレスです。


switch(config)# svs upgrade start mgmt0 ip ipaddr
WARNING!
1. Please do not change the configuration of the system from this point onwards
2. Ensure that all relevant ports, including uplinks, vmknics, and vsifs used for control, packet, management, storage as well as VSM ports, are all configured with system profiles
3. Ensure there is network connectivity between VC, VSM pair, and the hosts/modules
4. Ensure all the hosts/modules are upgraded with the next version of VEM software package
switch(config)# end
 

ステップ 7 に進みます。

ステップ 6 アップグレード プロセスが開始し、仮 IP アドレスが VSM2 の mgmt0 と control0 インターフェイスに割り当てられたことを VEM に通知します。

switch(config)# svs upgrade start mgmt0 ip ipaddr control0 ip ipaddr
WARNING!
1. Please do not change the configuration of the system from this point onwards
2. Ensure that all relevant ports, including uplinks, vmknics, and vsifs used for control, packet, management, storage as well as VSM ports, are all configured with system profiles
3. Ensure there is network connectivity between VC, VSM pair, and the hosts/modules
4. Ensure all the hosts/modules are upgraded with the next version of VEM software package
switch(config)# end
 

ステップ 7 システムおよびキックスタートのブート変数を更新します。

switch# install all system bootflash:nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin
System image sync to standby is in progress...
System image is synced to standby.
Kickstart image sync to Standby is in progress...
Kickstart image is synced to standby.
Upgrade in progress, hence Active boot variables are not updated.
Boot variables are updated to running configuration.
 

ステップ 8 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーし、確認します。

switch# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
switch# show startup-config | in boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3.bin sup-2

) 以下に続くコマンドにより、アクティブ VSM(sup-2)は Release 4.0(4)SV1(3) のままで、スタンバイ VSM が リリース 4.2(1)SV1(4) になっていることが示されています。


ステップ 9 ブート変数が リリース 4.2(1)SV1(4) に設定されている VSM をリロードします。

switch# reload module slot
This command will reboot standby supervisor module. (y/n)? [n] y
about to reset standby sup
switch# 2011 Jan 7 14:07:38 switch %$ VDC-1 %$ %PLATFORM-2-PFM_MODULE_RESET: Manual restart of Module 1 from Command Line Interface
2011 Jan 7 14:07:46 switch %$ VDC-1 %$ %PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module 1 removed (Serial number T023D73E802)
 

ステップ 10 仮 IP アドレスを使用して VSM2 にログインします。

ステップ 11 現在の VSM2 がスタンドアロンであることを確認します。

switch# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: standalone
operational: standalone
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
 
This supervisor (sup1)
----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with no standby
 
Other supervisor (sup-2)
------------------------
Redundancy State: Not present
 

ステップ 12 VSM2 上のブート変数を、リリース 4.2(1)SV1(4) のイメージを指すように変更します。

switch# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
switch(config)# no boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3.bin sup-2
switch(config)# no boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3.bin sup-2
switch(config)# boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-2
switch(config)# boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-2
switch(config)# end
switch# show running-config | in boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-2
 

ステップ 13 設定を保存します。

switch# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
 

ステップ 14 リリース 4.2(1)SV1(4) より前のリリースを実行している VSM1 上で、vCenter Server との間の接続を削除します。

switch# show running-config
 
svs-domain
domain id 1291
control vlan 1291
packet vlan 1292
svs mode L2
svs upgrade start mgmt0 ip 192.0.2.12
svs connection vcenter
protocol vmware-vim
remote ip address 192.0.2.10 port 80
vmware dvs uuid "5e ca 20 50 bc 28 07 fb-0b 1d 98 56 40 cb fd 85" datacenter-name SWAMY
connect
 
switch# config t
switch# (config)# svs connection name
switch# (config-svs-conn)# no connect
 

ステップ 15 VSM1 のロールをセカンダリに変更します。

VSM1 は、リリース 4.2(1)SV1(4) より前のリリースを実行しています。

switch# (config-svs-conn)# end
switch# (config)# end
switch# system redundancy role secondary
 

ステップ 16 VSM1 上のブート変数を、リリース 4.2(1)SV1(4) イメージを指すように変更します。

switch# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
switch(config)# no boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3.bin sup-2
switch(config)# no boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3.bin sup-2
switch(config)# boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-2
switch(config)# boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-2
switch(config)# end
switch# show running-config | in boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-2
 

ステップ 17 VSM1 上で設定を保存します。

switch# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
 

ステップ 18 VSM2 上で現在の接続を表示します。

switch(config)# show svs connections
connection vcenter:
ip address: 192.0.2.10
remote port: 80
protocol: vmware-vim https
certificate: default
datacenter name: DC1
DVS uuid: 5e ca 20 50 bc 28 07 fb-0b 1d 98 56 40 cb fd 85
config status: Disabled
operational status: Disconnected
sync status: -
version: -
 

ステップ 19 control0 を使用して、L3 接続で VEM に接続している場合は、引き続きこの手順に従います。そうでない場合は、ステップ 20に進みます。

a. VSM の仮 IP アドレスまたは リリース 4.2(1)SV1(4) VSM のコンソールにログインします。

b. control0 インターフェイスに関連付けられたサブネットまたはデフォルト ルートがあるかどうかを確認します。これを次の方法で行うことができます。

show running-config コマンドを実行する

「vrf context management」の下にあるルートを探す

vrf context management
ip route 0.0.0.0/0 10.78.108.129
ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1

) ハイライト表示された IP アドレスが、control0 インターフェイス経由の VEM 接続用サブネット ルートです。


c. VEM 接続に使用されるルートのみを選択し、それらをグローバル コンフィギュレーション コンテキストの下に移動します。

VSM(config)# ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
VSM(config)# vrf context management
VSM(config-vrf)# no ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1

注意 アップグレード手順が完了するまでは、実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに保存しないでください。

ステップ 20 VSM の仮 IP アドレスまたは リリース 4.2(1)SV1(4) VSM のコンソールにログインし、モジュール ステータスが [ok] かどうかを確認します。

モジュール ステータスが正しくない場合は、『 Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。すべてのモジュールが ok のステータスになるまで、先に進まないでください。

ステップ 21 VSM2 に接続します。


) すべての VEM が リリース 4.2(1)SV1(4) VSM に接続されていることを確認してください。Release 4.0(4)SV1(3) VSM に接続されていた VEM の数を、比較によって確認します。この値は、リリース 4.2(1)SV1(4) の VSM に接続されている VEM の数と一致する必要があります。


switch(config)# svs upgrade complete
Warning: Config saved but not pushed to vCenter Server due to inactive connection!
switch(config)# show running-config | in svs
svs-domain
svs mode L2
svs upgrade complete
svs connection vcenter
switch(config)# svs connection name
switch(config-svs-conn)# connect
switch(config-svs-conn)# end
switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- ---------------- ------------------------------------------------
1 4.2(1)SV1(4) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESX 4.0.0 Releasebuild-208167 (1.9)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 192.0.2.12 NA NA
3 10.78.109.51 4220900d-76d3-89c5-17d7-b5a7d1a2487f ESX40U1COS
* this terminal session
 

ステップ 22 VSM2 ロールをプライマリに変更します。

switch# system redundancy role primary
 

ステップ 23 VSM1 をリロードします。

switch# show module
 
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
2 4.0(4)SV1(3) 0.0
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
2 192.0.2.11 NA NA
 
switch# reload
This command will reboot the system. (y/n)? [n] y
2011 Jan 7 18:07:11 switch %$ VDC-1 %$ %PLATFORM-2-PFM_SYSTEM_RESET: Manual system restart from Command Line Interface
 

ステップ 24 VSM2 の mgmt0 の IP アドレスを共有 IP アドレスに戻します。

switch# show run int mgmt0
switch# config t
switch(config)# int mgmt0
switch(config-if)# ip address 192.0.2.11 255.255.255.240
switch(config-if)# end
 

ステップ 25 共有 IP アドレスを使用して、VSM2 にログインします。

switch# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: HA
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 
 
Other supervisor (sup-2)
------------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
 
switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- ---------------- ------------------------------------------------
1 4.2(1)SV1(4) 0.0
2 4.2(1)SV1(4) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESX 4.0.0 Releasebuild-208167 (1.9)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 192.0.2.11 NA NA
2 192.0.2.11 NA NA
3 10.78.109.51 4220900d-76d3-89c5-17d7-b5a7d1a2487f 10.78.109.51
* this terminal session
 

ステップ 26 設定を保存します。

switch# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
 


 

Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Cisco Nexus 1000V への、リリース 4.2(1)SV1(4) での VSM の手動アップグレード

このセクションでは、CLI を使用して、Release 4.0(4)SV1(3、3a、または 3b) から Release 4.2(1)SV1(4) へ手動でアップグレードする方法について説明します。

VSM のアップグレードに関する前提条件

VSM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

VEM が リリース 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされます。

キックスタート イメージとシステム イメージはブートフラッシュにアップロードされています。

VSM の mgmt0 および control0 と同じサブネット内に最大 3 つの追加 IP アドレスが必要になる場合があります。


注意 これらの IP アドレスが同一サブネット内に存在しないと、システムは矛盾した状態になります。『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』を参照してください。

SSH は VSM 上でイネーブルになっています。

アップグレードを実行するには、VSM の HA 環境が必須です。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が協力してアップグレード手順を調整する。

アップグレード中に失われないように、実行コンフィギュレーションの変更内容をスタートアップ コンフィギュレーションに保存してある。

実行コンフィギュレーションのバックアップ コピーを外部ストレージに保存してある。

認証、許可、アカウンティング(AAA)サーバが認証に使用される場合は、アップグレードで使用される仮 IP アドレスを認証データベースに追加します。


) アップグレードの実行には、アップグレード アプリケーションによる方法を推奨します。


2 つの VSM は、VSM1 と VSM2 として識別され、それぞれアクティブ VSM とスタンバイ VSM になります。

リリース 4.2(1)SV1(4) に手動でアップグレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 VSM にログインします。

ステップ 2 キックスタート イメージと isan イメージを bootflash:ファイル システムにコピーします。

switch# copy scp:root@192.0.2.13/N1K-VSM-images/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin bootflash:

switch# copy scp:root@192.0.2.13/N1K-VSM-images/nexus-1000v-kickstart.mz.4.2.1.SV1.4.bin bootflash:

 

ステップ 3 現在の冗長性ステータスを表示します。

switch# show module

Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(3b) 0.0
2 4.0(4)SV1(3b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0) 1.9
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- ------------- ------------------------------------ --------------------
1 172.23.233.64 NA NA
2 172.23.233.64 NA NA
3 172.23.232.72 33393935-3234-5553-4538-35314e323554 172.23.232.72
* this terminal session
 

switch# show system redundancy status

bl-n1000v# show system redun status
Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: HA
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 
Other supervisor (sup-2)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
 

ステップ 4 現在の Cisco Nexus 1000V への接続を表示します。

switch# show svs connections
connection vcenter:
ip address: 172.23.231.133
remote port: 80
protocol: vmware-vim https
certificate: default
datacenter name: sachinDC
DVS uuid: 0c bf 0b 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e
config status: Enabled
operational status: Connected
sync status: Complete
version: VMware vCenter Server 4.0.0 build-208111

 

ステップ 5 アップグレード プロセスが開始されたことを VEM に通知し、仮 IP アドレスを VSM2 に割り当てます。

control0 で L3 モードを使用する場合は、ステップ 6に進みます。


) 認証、許可、アカウンティング(AAA)サーバが認証に使用される場合は、アップグレードで使用される仮 IP アドレスを認証データベースに追加します。


switch# configure terminal


) 次のコマンドの [ipaddr] の値は、HA ペアが分割されているときに VSM2 にアクセスするために使用される仮 IP アドレスです。


switch(config)# svs upgrade start mgmt0 ip ipaddr

WARNING!
1. Please do not change the configuration of the system from this point onwards
2. Ensure that all relevant ports, including uplinks, vmknics, and vsifs used for control, packet, management, storage as well as VSM ports, are all configured with system profiles
3. Ensure there is network connectivity between VC, VSM pair, and the hosts/modules
4. Ensure all the hosts/modules are upgraded with the next version of VEM software package
switch(config)# end

 

ステップ 6 システムおよびキックスタートのブート変数を更新します。

switch# install all system bootflash: nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin

System image sync to standby is in progress...

System image is synced to standby.

Kickstart image sync to Standby is in progress...

Kickstart image is synced to standby.

Upgrade in process, hence Active boot variables are not updated.

Boot variables are updated to running configuration.

 

ステップ 7 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーし、確認します。

switch# copy running-config startup-config

[########################################] 100%

switch# show start | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2


) 以下に続くコマンドにより、アクティブ VSM(sup-1)は Release 4.0(4)SV1(3b) のままで、スタンバイ VSM は リリース 4.2(1)SV1(4) になっていることが示されています。


ステップ 8 ブート変数が リリース 4.2(1)SV1(4) に設定されている VSM をリロードします。

switch# reload module slot

This command will reboot standby supervisor module. (y/n)? [n] y
2010 June 14 20:11:51 av1-vsm %PLATFORM-2-PFM_MODULE_RESET: Manual restart of Module 2 from Command Line Interface
switch# 2010 Jun 14 20:11:58 av1-vsm %PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module 2 removed (Serial number T50569A5039

 

ステップ 9 仮 IP アドレスを使用して VSM2 にログインします。

ステップ 10 現在の VSM2 がスタンドアロンであることを確認します。

switch# show system redundancy status

Redundancy role

---------------

administrative: standalone

operational: standalone

 

Redundancy mode

---------------

administrative: HA

operational: None

 

This supervisor (sup1)

----------------------

Redundancy state: Active

Supervisor state: Active

Internal state: Active with no standby

 

Other supervisor (sup-2)

------------------------

Redundancy State: Not present

 

 

ステップ 11 リリース 4.2(1)SV1(4) より前のイメージを実行している VSM1 上で、vCenter Server との間の接続を削除します。

switch# show running-config

svs-domain

domain id 470

control vlan 233

packet vlan 233

svs mod L2

svs upgrade start mgmt0 ip 192.0.2.12

svs connection vc

protocol vmware-vim

remote up address 192.0.2.10 port 80

vmware dvs uuid “0c bf 0e 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e” datacenter-name sachinDC
connect

switch# config t

switch# (config)# svs connection vc

switch# (config-svs-conn)# no connect

 

ステップ 12 VSM1 のロールをセカンダリに変更します。

switch(config-svs-conn)# end

switch(config)# end

switch# system redundancy role secondary

Setting will be activated on next reload

switch# show run | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

 

ステップ 13 VSM1 上のブート変数を、リリース 4.2(1)SV1(4) イメージを指すように変更します。

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin

switch(config)# no boot system bootflash:/nexus-1000v.mzg.4.0.4.SV1.3b.bin sup-1

switch(config)# boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin sup-1

switch(config)# end

switch# show run | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4.bin sup-2

 

ステップ 14 VSM1 上で設定を保存します。

switch# copy running-config startup-config

[########################################] 100%

 

ステップ 15 VSM2 上で現在の接続を表示します。

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# show svs connect

connection vcenter:

ip address: 192.0.2.10

remote port: 80

protocol: vmware-vim https

certificate: default

datacenter name: n1000vDC

DVS uuid: 0c bf 0b 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e

config status: Enabled

operational status: Disconnected

sync status: -

version: -

 

ステップ 16 control0 を使用して、L3 接続で VEM に接続している場合は、引き続きこの手順に従います。そうでない場合は、ステップ 17に進みます。

a. VSM の仮 IP アドレスまたは リリース 4.2(1)SV1(4) VSM のコンソールにログインします。

b. control0 インターフェイスに関連付けられたサブネットまたはデフォルト ルートがあるかどうかを確認します。これを次の方法で行うことができます。

show running-config コマンドを実行する

「vrf context management」の下にあるルートを探す

vrf context management
ip route 0.0.0.0/0 10.78.108.129
ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1

) 強調表示されている IP アドレスが、control0 インターフェイス経由の VEM 接続用のサブネット ルートです。


c. VEM 接続に使用されるルートのみを選択し、それらをグローバル コンフィギュレーション コンテキストの下に移動します。

VSM(config)# ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
VSM(config)# vrf context management
VSM(config-vrf)# no ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
 

注意 アップグレード手順が完了するまでは、実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに保存しないでください。

ステップ 17 VSM の仮 IP アドレスまたは リリース 4.2(1)SV1(4) VSM のコンソールにログインし、モジュール ステータスが [ok] かどうかを確認します。

モジュール ステータスが正しくない場合は、『 Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4) 』を参照してください。すべてのモジュールが ok のステータスになるまで、先に進まないでください。

ステップ 18 VSM2 を vCenter Server に接続します。


) すべての VEM が リリース 4.2(1)SV1(4) VSM に接続されていることを確認してください。Release 4.0(4)SV1(3b) の VSM に接続されていた VEM の数と、リリース 4.2(1)SV1(4) の VSM に接続されている VEM の数を比較し、一致していることを確認します。モジュール ステータスが [ok] かどうかを確認します。


switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# svs upgrade complete

Warning: Config saved but not pushed to vCenter Server due to inactive connection!

switch(config)# end

switch# show run | in svs

svs-domain

svs mode L2

svs upgrade complete

svs connection vc

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# svs connection name

switch(config-svs-conn)# connect

switch(config-svs-conn)# end

switch(config)# end

switch# show module

Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-208167 (1.9)1.9
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- ------------- ------------------------------------ --------------------
1 172.23.233.64 NA NA
3 172.23.232.72 33393935-3234-5553-4538-35314e323554 sfish-srvr-72
* this terminal session

 

ステップ 19 VSM2 ロールをプライマリに変更します。

switch# system redundancy role primary

 

ステップ 20 VSM1 をリロードします。

switch# show module

switch# show run int mgmt0

!Command: show running-config interface mgmt0

!Time: Mon Jun 14 20:27:27 2010

 

version 4.2(1)SV1(4)

 

interface mgmt0

ip address 192.0.2.11/24

 

switch(config)# show version

switch# reload

This command will reboot the system. (y/n)? [n] y

switch# copy running-config startup-config

switch# reload

 

ステップ 21 VSM2 の mgmt0 の IP アドレスを共有 IP アドレスに戻します。

switch# show run int mgmt0

switch# config t

switch(config)# int mgmt0

switch(config-if)# ip address 192.0.2.11 255.255.255.0

 

ステップ 22 アップグレードされた HA ペアを確認します。

switch# show system redundancy status

Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 
Other supervisor (sup-2)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
 


 

vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認

ここでは、サーバ管理者が vCenter クライアントで VEM アップグレードを承認するために実行する手順について説明します。内容は次のとおりです。

「VEM アップグレードの承認に関する前提条件」

「VEM のアップグレードの承認」

VEM のアップグレード方法については、「VEM のアップグレード」を参照してください。

VEM アップグレードの承認に関する前提条件

VEM アップグレードを承認するための前提条件を次に示します。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

ネットワーク管理者とサーバ管理者がアップグレード手順を調整している。

Release 4.0(4)SV1(1) または Release 4.0(4)SV1(2) からアップグレードする場合、VEM アップグレードの前に VSM のアップグレードが行われている。

VEM ソフトウェアのアップグレードが利用可能であるという vCenter の通知を受信している。

VEM のアップグレードの承認

ネットワーク管理者が VSM をアップグレードし、新しい VEM ソフトウェア バージョンが利用可能であることを vCenter サーバに通知してから、サーバ管理者が VEM アップグレードを承認します。

VEM アップグレードに対する要求を承認するには、次の手順を実行します。


) この手順は、サーバ管理者が実行します。



ステップ 1 vSphere Client DVS の [Summary] タブをクリックして、ソフトウェア アップグレードが使用可能かどうかを確認します(図 34を参照)。

図 34 vSphere Client DVS の [Summary] タブ

 

 

ステップ 2 [Apply upgrade] をクリックします。

次の処理が行われます。

VEM にアップグレードを適用できることがネットワーク管理者に通知される。

ネットワーク管理者が vCenter に VEM アップグレードを開始するよう通知する。

VUM を使用する場合、vCenter によって DVS がロックされて VUM が始動し、VEM がアップグレードされる。

ネットワーク管理者が実施する VEM アップグレードの詳細については、「VEM のアップグレード」 を参照してください。


 

トラブルシューティング

ここでは、Cisco Nexus 1000V のアップグレード プロセス中に発生する可能性のある問題に対して、いくつかのトラブルシューティング ガイドラインを提供します。内容は次のとおりです。

「非デフォルト(Jumbo)MTU 設定に関する現象と解決方法」

非デフォルト(Jumbo)MTU 設定に関する現象と解決方法

 

現象
考えられる原因
ソリューション

ESX サーバをリブートすると、MTU 設定が Cisco Nexus 1000V に接続された vmnics(pNIC)用のデフォルト(1500)に戻り、これによりトラフィックと接続が失われます。

Nexus 1000V に接続された pNIC 用の MTU がデフォルト値から変更された場合は、ESX のリブートによって 1500 のデフォルト値に戻されます。

esxcfg-nics -l コマンドを使用して、ESX 上の MTU 設定を確認します。対応する pNIC に関する MTU 設定を確認します。

システム アップリンク ポートについては、そのポートに適用されるシステム ポート プロファイルで mtu コマンドを設定します。これによって、システム VLAN とのアップリンク インターフェイスで MTU が保存されることが保証されます。

非システム アップリンクの場合は、インターフェイス コンフィギュレーションに基づいて VSM が正しい MTU を設定します。 mtu コマンドは、非システム プロファイルまたはポートに適用されません。

関連資料

この項では、Cisco Nexus 1000V とともに使用されるマニュアルの一覧を示します。これらのマニュアルは、 Cisco.com の次に示す URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9902/tsd_products_support_series_home.html

コンフィギュレーション

『Cisco Nexus 1000V License Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1000V Getting Started Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1000V High Availability and Redundancy Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1000V Interface Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1000V Layer 2 Switching Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1000V Port Profile Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1000V Quality of Service Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1000V Security Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)』

『Cisco Nexus 1010 Software Configuration Guide, Release 4.2(1)SP1(2)』

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。