スイッチ : Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレード ガイド リリース 4.2(1)SV1(4b)

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレード ガイド リリース 4.2(1)SV1(4b)
発行日;2012/07/02 | 英語版ドキュメント(2012/05/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレード ガイド リリース 4.2(1)SV1(4b)

対象読者

アップグレード用ソフトウェアの入手方法

プレアップグレード ユーティリティについての情報

プレアップグレード ユーティリティの実行

プレアップグレード ユーティリティの実行の前提条件

Microsoft Windows プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行

Cygwin アプリケーションのインストール

Cygwin アプリケーション内でのプレアップグレード ユーティリティの実行

UNIX プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行

ソフトウェア アップグレードについての情報

ライセンシングについての情報

へのアップグレード

Release 4.2(1)SV1(4) または Release 4.2(1)SV1(4a) から へのアップグレード

Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から への VSM のアップグレード

ソフトウェア イメージ

デュアル VSM を搭載したデバイス上でのインサービス ソフトウェア アップグレード

ソフトウェアのアップグレードの前提条件

ソフトウェア アップグレードのガイドライン

デュアル VSM を搭載したデバイスのアップグレード

アップグレードの詳細手順

シングル VSM を搭載したデバイスのアップグレード

Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から への VEM のアップグレード

VEM のアップグレードに関する前提条件

VMware Update Manager(VUM)を使用した VEM のアップグレード:Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から へ

Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から への VEM の手動でのアップグレード

から Release 4.2(1)SV1(4) へのダウングレード

から Release 4.2(1)SV1(4) への VEM のダウングレード

から Release 4.2(1)SV1(4) への VSM のダウングレード

ブート変数の手動変更

Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から へのアップグレード

Release 4.0(4)SV1(1、2) から へのアップグレード

VSM のアップグレード

VSM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.0(4)SV1(3d) へのアップグレード

VSM のアップグレードに関する前提条件

VEM のアップグレード

VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から へのアップグレード

VEM のアップグレードに関する前提条件

VUM を使用した VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から へのアップグレード

VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から への手動アップグレード

VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から へのアップグレード

VEM のアップグレードに関する前提条件

VUM を使用した VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から へのアップグレード

VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から への手動アップグレード

アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から へのアップグレード

アップグレード アプリケーションの使用に関する前提条件

手動のアップグレード手順を使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から へのアップグレード

VSM のアップグレードに関する前提条件

vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認

VEM アップグレードの承認に関する前提条件

VEM のアップグレードの承認

トラブルシューティング

非デフォルト(jumbo)MTU 設定の症状とソリューション

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレード ガイド リリース 4.2(1)SV1(4b)

改訂:2012 年 4 月 16 日

OL-25769-01-J

 


注意 Release 4.2(1)SV1(4b) のアップグレード手順は変更されています。アップグレードを開始する前に、このマニュアルを熟読することを強く推奨します。


対話形式のアップグレードツールが用意されており、現在の環境とアップグレードするソフトウェアに基づく正しいアップグレード手順の確認に役立てることができます。


このマニュアルでは、仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)仮想マシン(VM)上の Cisco Nexus 1000V ソフトウェアをアップグレードする方法と、仮想イーサネット モジュール(VEM)をアップグレードする方法について説明します。

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

「対象読者」

「アップグレード用ソフトウェアの入手方法」

「プレアップグレード ユーティリティの実行」

「ソフトウェア アップグレードについての情報」

「Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

「VSM のアップグレード」

「VEM のアップグレード」

「手動のアップグレード手順を使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」

「トラブルシューティング」

「関連資料」

対象読者

このマニュアルは、次のような経験と知識を持つネットワーク管理者とサーバ管理者を対象としています。

仮想化の知識

VMware ツールを使用した仮想マシンの作成と vSwitch の構成

次についての基本的な知識:

Cisco NX-OS ベースの CLI

VMware ESX/ESXi

VMware Update Manager

Cisco Nexus 1000V Distributed Virtual Switch(DVS; 分散仮想スイッチ)のセットアップと実装

Cisco Nexus 1000V のセットアップと実装の詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Getting Started Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。


注意 表 1 に、Release 4.2(1)SV1(4b) の新規インストールまたはアップグレードを実行する際に参照する必要のあるマニュアルおよびビデオを示します。

表 1 インストールおよびアップグレードに必要なマニュアルおよびビデオ

 

手順
マニュアル
ビデオ

新規インストール

『Cisco Nexus 1000V Software Installation Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』

『Installing a Redundant Pair of VSMs from an OVA File Using the Installer Application』ビデオ

Release 4.0(1)SV1(3) から Release 4.0(1)SV1(3d) 経由の Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

「Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

『Upgrading from Release 4.0(4)SV1(3, 3a, or 3b) to Release 4.2(1)SV1(4)』ビデオ

Release 4.2(1)SV1(4) または Release 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

「Release 4.2(1)SV1(4) または Release 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

『Cisco Nexus 1000 Upgrade from Release 4.2(1)SV1(4) to Release 4.2(1)SV1(4a)』ビデオ

アップグレード用ソフトウェアの入手方法

アップグレード関連のソフトウェアは次の 表 2 に一覧されている発信元から入手できます。

 

表 2 アップグレード用ソフトウェアの入手方法

入手元
説明

シスコ

Cisco Nexus 1000V Release 4.2(1)SV1(4b) ソフトウェアを Cisco.com からダウンロードします。

VMware

VMware ソフトウェアを VMware の Web サイト からダウンロードします。

ソフトウェアとプラットフォームの互換性については、『 Cisco Nexus 1000V Compatibility Information, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

プレアップグレード ユーティリティについての情報

Cisco Nexus 1000 ソフトウェアをアップグレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 ソフトウェアを入手します。詳細については、「Cygwin アプリケーションのインストール」のセクションを参照してください。

ステップ 2 プレアップグレード ユーティリティを実行します。詳細については、「Cygwin アプリケーション内でのプレアップグレード ユーティリティの実行」のセクションを参照してください。


 

プレアップグレード ユーティリティの実行


) 4.2(1)SV1(4) または Release 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へアップグレードしている場合は、プレアップグレード ユーティリティを実行する必要はありません。


ここでは、次の内容について説明します。

「プレアップグレード ユーティリティの実行の前提条件」

「Microsoft Windows プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行」

「UNIX プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行」

ここでは、ご使用の Cisco Nexus 1000 用のプレアップグレード ユーティリティをインストールする方法について説明します。


) このマニュアル内で示されているサードパーティ Web サイトへのアクセスは、お客様に便宜を図ることのみを目的として提供されています。シスコおよびその関連会社は、サードパーティ Web サイトの動作の保証についていかなる責任も負いません。また、サードパーティ Web サイトを通じてアクセスしたソフトウェア プログラム等のダウンロード、パフォーマンス、品質、動作、サポートについても一切責任を負いません。さらに、サードパーティ Web サイトまたはそれらを通じてアクセスしたプログラム等により発生したいかなる損害、修理、修正、費用についても一切の責任を負いません。シスコのエンド ユーザ ライセンス契約書は、サードパーティ Web サイトおよびそれらの Web サイトを通じてアクセスされるソフトウェア プログラムの使用条件に適用されるものではありません。


Release 4.2(1)SV1(4b) では、より円滑な動作を実現するために、多数の機能拡張が導入されています。このスクリプトによって実行される機能チェックは、以前のバージョンの Cisco Nexus 1000 ソフトウェアには存在しませんでした。プレアップグレード スクリプトは、矛盾点について確認し、エラーまたは通知を PreUpgradeUtility フォルダ内の Pre-Upgrade-Check-Logs ファイルに出力します。エラーが存在する場合は、手動で修正する必要があります。手動で修正していなければ、アップグレード プロセス時に通知が処理されます。

プレアップグレード ユーティリティでは、次の点について確認されます。

1. システム ポート プロファイルの数が 32 を超えていないかどうか

2. ポート チャネル インターフェイス上のインターフェイス オーバーライド設定

3. モジュールのライセンス ステータス

4. ポートプロファイルで使用する NetFlow モニタのグローバルな存在

5. ポートプロファイルで使用する Quality of Service (QoS) ポリシーのグローバルな存在

6. グローバル コンフィギュレーション内の vlan dot1Q tag native コマンドの存在

7. システム ポート プロファイル内の非システム ネイティブ VLAN

8. 仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)のステータス

9. アクティブ VSM とスタンバイ VSM の bootflash: に十分なスペース

10. 認証使用状況

11. SVS 接続の IP アドレス

12. 管理 Virtual Routing and Forwarding(VRF)下の control0 インターフェイスからのサブネット ルート

13. 物理インターフェイス下のチャネル グループ設定

14. オーバーライド設定として shutdown コマンドを持つインターフェイス

15. ERSPAN ID のない状態での ERSPAN セッション

16. QoS およびアクセス コントロール リスト(ACL)統計情報

プレアップグレード ユーティリティの実行の前提条件

プレアップグレード ユーティリティの前提条件は次のとおりです。

Cisco Nexus 1000V First Customer Ship(FCS)パッケージから PreUpgradeUtility ZIP ファイルをダウンロードし、そのファイルを圧縮解除する必要があります。

このユーティリティは、次のプラットフォーム上で実行できます。

Microsoft Windows:「Microsoft Windows プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行」を参照してください。

UNIX:「UNIX プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行」を参照してください。


) Pre-Upgrade-App.exe はサポートされていません。


Microsoft Windows プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行

この項では、次のトピックを扱います。

「Cygwin アプリケーションのインストール」

「Cygwin アプリケーション内でのプレアップグレード ユーティリティの実行」

ここでは、Microsoft Windows プラットフォーム上でプレアップグレード ユーティリティを実行する方法について説明します。このユーティリティをこのプラットフォーム上で実行するには、Cygwin アプリケーションを使用する必要があります。このアプリケーションは、オープンソースのフリーウェア ツールであり、 http://www.cygwin.com からインストールする必要があります。Cygwin は、市販の x86 32 ビット版および 64 ビット版の Windows(Windows CE は除く)でサポートされています。

プレアップグレード ユーティリティは、次のオープンソース Cygwin アプリケーションを使用して実行する必要があります。

Cygwin:オープンソースのフリーウェア ツール。 http://www.cygwin.com からインストールする必要があります。Cygwin は、市販の x86 32 ビット版および 64 ビット版の Windows(Windows CE は除く)でサポートされています。この方法の使用が推奨されます。「プレアップグレード ユーティリティの実行」を参照してください。

Cygwin アプリケーションを使用したプレアップグレード ユーティリティの実行は、次の 2 ステップで行います。

1. 「Cygwin アプリケーションのインストール」

2. 「Cygwin アプリケーション内でのプレアップグレード ユーティリティの実行」

Cygwin アプリケーションのインストール


ステップ 1 Cygwin アプリケーションをダウンロードするために、 http://www.cygwin.com にアクセスします。

ステップ 2 setup.exe ファイルのリンクをクリックし、そのファイルをデスクトップに保存します。

最新バージョンを選択することができます。


) このサードパーティ Web サイトに関連した質問またはこの Web サイト上でアクセスした項目に関連した質問がある場合は、Cygwin サポート チームにお問い合わせください。


ステップ 3 ステップ 2 でダウンロードした setup.exe ファイルをダブルクリックします。

[Cygwin Setup] 画面が開きます。図 1図 1 を参照してください。

図 1 [Cygwin Setup] 画面

 

 

ステップ 4 [Next] をクリックします。

[Choose a Download Source] 画面が開きます。図 2 を参照してください。

図 2 [Choose a Download Source] 画面

 

ステップ 5 適切なダウンロード元を選択し、[Next] をクリックします。


) デフォルトの [Install from Internet] オプション ボタンを選択すると、この後の手順で選択したファイルが最初にダウンロードされ、検証されてから、最終的にインストールされます。


[Select Root Install Directory] 画面が開きます。図 3 を参照してください。

図 3 [Select Root Install Directory] 画面

 

ステップ 6 [Root Directory] フィールドで、インストール先のルート ディレクトリを設定し、[Next] をクリックします。

[Select Local Package Directory] 画面が開きます。図 4 を参照してください。


) パス名に空白文字の含まれる場所は選択しないでください。


図 4 [Select Local Package Directory] 画面

 

ステップ 7 [Local Package Directory] フィールドで、ローカル パッケージ ディレクトリを設定し、[Next] をクリックします。

[Select Your Internet Connection] 画面が開きます。図 5 を参照してください。

図 5 [Select Your Internet Connection] 画面

 

ステップ 8 適切なインターネット接続を選択し、[Next] をクリックします。

[Choose a Download Site] 画面が開きます。図 6 を参照してください。

図 6 [Choose A Download Site] 画面

 

ステップ 9 [Available Download Sites] エリアで、ダウンロード サイトを選択し、[Next] をクリックします。

[Progress] 画面が開きます。図 7 を参照してください。

インストーラによって、選択したサイトから利用可能なパッケージのリストがダウンロードされます。

図 7 [Progress] 画面

 

図 8 [Setup Alert] 画面

 

ステップ 10 初めてインストールする際に [Setup Alert] ダイアログボックスが表示された場合は、[OK] をクリックします。

[Select Packages] 画面が開きます。図 9 を参照してください。

基本インストールとして、いくつかのパッケージがデフォルトで選択されています。


ヒント 4 つすべてのパッケージの選択が完了するまで、Enter キーは押さないでください。

図 9 [Select Packages] 画面

 

ステップ 11 [Search] フィールドに Inetutils を入力します。

パッケージ名の入力に応じて、画面に表示される利用可能なパッケージのリストが更新されます。図 10 を参照してください。


) バイナリに加えてソース パッケージも選択すると、ダウンロード時間が増加する可能性があります。


図 10 [Select Packages] 画面

 

ステップ 12 必要に応じて [Category] を展開し、[Bin?] チェックボックスをオンにします。チェックボックスをオンにします。

ステップ 13 [Search] フィールドに ssh を入力します。図 11 を参照してください。

図 11 OpenSSH パッケージの選択画面

 

ステップ 14 必要に応じて [Category] を展開し、[Bin?] チェックボックスをオンにします。チェックボックスをオンにします。

ステップ 15 [Search] フィールドに tcl を入力します。図 12 を参照してください。

図 12 Tcl パッケージの選択画面

 

ステップ 16 必要に応じて [Category] を展開し、[Bin?] チェックボックスをオンにします。チェックボックス

ステップ 17 [Search] フィールドに Expect を入力します。図 13 を参照してください。

図 13 Expect パッケージの選択画面

 

ステップ 18 必要に応じて [Category] を展開し、[Bin?] チェックボックスをオンにします。チェックボックスをオンにします。

ステップ 19 [Next] をクリックします。

Cygwin 1.7 では、警告(「Resolving Dependencies」)が、選択したパッケージに必要な追加パッケージのリストとともに画面に表示されることがあります。

[Resolving Dependencies] 画面が開きます。図 14 を参照してください。

図 14 [Resolving Dependencies] 画面

 

ステップ 20 画面の最下部にある [Select required packages (RECOMMENDED)] チェックボックスがオンになっていることを確認し、[Next] をクリックします。

パッケージの選択後、ダウンロード処理が開始されます。

図 15 ダウンロードの経過表示画面

 


) ダウンロード処理およびインストール処理には、ご使用のインターネット接続の速度に応じて完了するまでに数分の時間がかかります。3 本すべての経過表示バーが完了していることを確認してください。


パッケージのインストール後、各インストールに依存した設定スクリプトが実行され、セットアップ処理が完了します。


) この手順の実行中、経過表示に変化の見られない状態が長時間続く場合があります。


[Create Icons] 画面が開きます。図 16 を参照してください。

図 16 [Create Icons] 画面

 

ステップ 21 適切なショートカット チェックボックスをオンにし、[Finish] をクリックします。


 

Cygwin アプリケーション内でのプレアップグレード ユーティリティの実行

はじめる前に

手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

Cisco Nexus 1000V FCS パッケージから PreUpgradeUtility ZIP ファイルをダウンロードし、そのファイルを圧縮解除する必要があります。


ステップ 1 pre-upgrade-check-4.2(1)SV1(4).tcl ファイルを C:¥cygwin または Cygwin をインストールしたメイン ディレクトリにコピーします。

ステップ 2 デスクトップ上の [Cygwin] ショートカットをダブルクリックして Cygwin アプリケーションを起動します。

Cygwin アプリケーション ウィンドウが開きます。図 17 を参照してください。

図 17 ターミナル ウィンドウ

 

ステップ 3 Telnet または Secure Shell(SSH; セキュア シェル)を使用して Cisco Nexus 1000V VSM に接続します。ステップ 4 に進む前に接続を終了します。

ステップ 4 プレアップグレード スクリプトを保存した場所に移動し、次のコマンドを入力します。

$ expect pre-upgrade-check-4.2\(1\)SV1\(4\).tcl ip-address username password [telnet | ssh]
 

ここで

ip-address は、VSM の IP アドレスです。

username password は、ログイン クレデンシャルです。


図 18 に、このコマンドが Telnet オプションを指定して実行されている例を示します。


図 18 Telnet オプションのウィンドウ

 


) 2 つの接続方式のいずれかを使用できます。Telnet と SSH のいずれの場合でも、Cygwin を使用する前に該当するサービスを VSM 上でイネーブルにしてください。


ステップ 5 次のいずれかの選択肢を実行します。

エラーが発生していない場合は、アップグレードに進みます。

エラーが発生した場合は、それらを修正します。

ステップ 6 スクリプトを再実行し、別のエラーが発生した場合にはさらに修正します。

ステップ 7 「ソフトウェア アップグレードについての情報」に進みます。


 

UNIX プラットフォーム上でのプレアップグレード ユーティリティの実行


注意 プレアップグレード スクリプトの実行中、システム コマンドは一切実行しないでください。


ステップ 1 Cisco Nexus 1000 FCS パッケージから PreUpgradeUtility ZIP ファイルをダウンロードし、圧縮解除します。

ステップ 2 Tcl 8.4 と Expect をダウンロードし、インストールします。


Tcl 8.4 は http://www.activestate.com/activetcl/downloads からダウンロードします。このサードパーティ Web サイトに関連した質問またはこの Web サイト上でアクセスした項目に関連した質問がある場合は、ActiveState Software Inc. のサポート チームにお問い合わせください。


ステップ 3 次のコマンドを実行します。

tclsh pre-upgrade-check-4.2(1)SV1(4).tcl ip-address username password [telnet | ssh]
 

ここで

ip-address は、VSM の IP アドレスです。

username password は、ログイン クレデンシャルです。

次の例では、プレアップグレード ユーティリティを実行する方法を示します。

tclsh pre-upgrade-check-4.2(1)SV1(4).tcl 10.0.0.2 user1 mynewpassword telnet
 

このユーティリティによりチェックが実行され、その結果が表示されます。エラーが存在する場合、考えられる修正処理の一覧が示されます。エラーおよび通知は、PreUpgradeUtility/Pre-Upgrade-Check-Logs フォルダ内の Pre-Upgrade-App- date - time .txt という名前のログファイルに保存されます。

ステップ 4 次のいずれかの手順を実行します。

エラーが発生していない場合は、「ソフトウェア アップグレードについての情報」に進みます。

エラーが発生した場合は、エラーが発生しなくなるまでエラーの修正とスクリプトの実行を繰り返します。

ステップ 5 「ソフトウェア アップグレードについての情報」に進みます。


 

ソフトウェア アップグレードについての情報


注意 VMware vCenter サーバが Cisco Nexus 1000V Virtual Ethernet Module(VEM; 仮想イーサネット モジュール)と同じ ESX ホスト上にホストされると、そのホスト上での VMware Update Manager(VUM)を利用したアップグレードは失敗します。ESX 4.0.0 Update 1 を実行する際に、その VM を別のホストへ手動で vMotion してから、アップグレードを実行する必要があります。この問題は、ESX 4.1.0 リリースで解決されています。

ここでは、ソフトウェア アップグレードの重要なポイントについて説明します。

ソフトウェアのアップグレードには、中断を伴う方式と伴わない方式のいずれかを使用できます。アップグレードは、セットアップのバージョンとアップグレード用に選択された方式に応じて、中断方式または非中断方式になります。

非中断方式のアップグレードは、 表 3 に示されている VMware リリースのいずれかをインストールする際に実行されます。

どのパッチ レベルを使用するかについては、『 Cisco Nexus 1000V Compatibility Information, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。


) ご使用の ESX/ESXi ホスト パッチ レベルが表 3 に示されている値よりも高い場合であっても、ESX/ESXi400-201002001 または upgrade-from-esxi4.0-4.0_update02 をインストールする必要があります。そうしなければ、非中断方式のアップグレードはサポートされません。4.1.0 ではすべてのパッチ レベルで非中断方式のアップグレードが保証されます。


表 3 非中断方式のパッチ レベル

ESX/ESXi
非中断方式のパッチ レベル

4.0.0

ESX/ESXi400-201002001

upgrade-from-esxi4.0-4.0_update02

4.1.0

任意のパッチ レベル

アップグレードでサポートされる最小 ESX/ESXi パッチ レベルは、ESX/ESXi 4.0.0 Update 1 です。

Cisco Nexus 1000 アップグレードと組み合わせた VMware の同時アップデートまたはパッチはサポートされません。このマニュアル内のアップグレード プロセスは、同一の VMware プラットフォーム上での Cisco Nexus 1000 のアップグレードに特化されています。

アップグレード プロセスは取り消しできません。ソフトウェアのアップグレード後は、現在のインストレーションを削除し、ソフトウェアを再インストールすることによって、ダウングレードできます。詳細については、 『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) の「Recreating the Installation」を参照してください。


注意 アップグレード プロセス中の Cisco Nexus 1000V では、vNIC や vmnic などのモジュールの新規追加や、構成の変更はサポートされていません。VM NIC および vNIC ポートプロファイルの変更は、VM NIC および vNIC を不安定な状態にする可能性があります。

Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、または 3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード中は、インターフェイス コンフィギュレーションが bootflash:system_eth.cfg.orig ファイルに保管されます。アップグレード時に存在しているモジュールは、このコンフィギュレーション ファイルからインターフェイス オーバーライドを自動的に取得します。アップグレード後にモジュールがオンラインになれば、インターフェイス コンフィギュレーション ファイルを使用して、必要な設定を再現できます。

ライセンシングについての情報

表 4 に、アップグレード後のライセンシング情報について概要を示します。

 

表 4 アップグレード後のライセンス ステータス

Nexus 1000V リリース
評価ライセンス
永久ライセンス

SV1(2)
SV1(3)
SV1(3a)
SV1(3b)
SV1(3c)
SV1(3d)
SV1(4)
SV1(4a)
SV1(4b)

有効期限まで持ち越し

持ち越し

SV1(1)

16 ソケット用のライセンスが新たに 60 日間有効

持ち越し(評価ライセンスはすべて終了)

このリリースでは、追加の評価ライセンス ファイルのインストールがサポートされています。ライセンシングの詳細については、 『Cisco Nexus 1000V License Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4a) を参照してください。制限事項と補足説明の詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Release Notes, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

以前の各リリースからのアップグレード手順を次のセクションで説明しています。

「Release 4.2(1)SV1(4) または Release 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

「Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

「Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

 

ここでは、次の内容について説明します。

「Release 4.2(1)SV1(4) または Release 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

「Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VSM のアップグレード」

「Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VEM のアップグレード」

Release 4.2(1)SV1(4) または Release 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

ここでは、Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードする方法について説明します。


) vSphere ソフトウェアを VMware バージョン 4.1 または 5.0 アップデート 1 にアップグレードすることを推奨します。



) ESX/ESXi Release 4.1.0 以降のリリースでは、必要な VC/VUM の最小バージョンは 258902/256596 です。
ESX/ESXi Release 4.0.0 以降のリリースでは、必要な VC/VUM の最小バージョンは 208111/282702 です。
ESX/ESXi Release 5.0.0 以降のリリースでは、必要な VC/VUM の最小バージョンは 455964/ です。



) この手順は、Release 4.2(1)SV1(4) へのアップグレード手順とは異なっています。この手順では、最初に install all コマンドを使用して VSM をアップグレードしてから、VEM をアップグレードします。


はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

プライマリ VSM とセカンダリ VSM をアクティブ/スタンバイ ペアまたはスタンドアロン VSM として実行します。

Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VSM のアップグレードには、アップグレード アプリケーションを使用できません。

非中断方式のアップグレードをサポートするには、HA 同期の VSM ペアが必要です。

シングル VSM を搭載したシステムは、中断方式でのみアップグレードできます。

アップグレード手順は、Ctrl+C を押すことにより中断できます。

アップグレードを失敗または中断したときに Release 4.2(1)SV1(4b) から Release 4.2(1)SV1(4) へダウングレードする方法については、「Release 4.2(1)SV1(4b) から Release 4.2(1)SV1(4) へのダウングレード」を参照してください。

4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) ソフトウェア アップグレードを実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VSM のアップグレード。この手順については、「Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VSM のアップグレード」を参照してください。

ステップ 2 Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VEM のアップグレード この手順については、「Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VEM のアップグレード」を参照してください。


 

図 19 Release 4.2(1)SV1(4) または Release 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

 

ソフトウェア イメージ

ソフトウェア イメージのインストール手順は、次の要素によって異なります。

ソフトウェア イメージ:Cisco Nexus 1000V ソフトウェア プロンプトからアクセスできるディレクトリまたはフォルダにキックスタートおよびシステム イメージ ファイルがあります。

イメージ バージョン:各イメージ ファイルにはバージョンがあります。

ディスク:bootflash: が VSM 上に存在します。

VSM:シングル VSM またはデュアル VSM が存在します。


) デュアル VSM を搭載したデバイス上では、両方の VSM のコンソールにアクセスできるようにして、アップグレード中にスイッチオーバーが発生しても接続が維持されるようにします。Secure Shell(SSH; セキュア シェル)または Telnet を介してアップグレードを実行している場合は、システムのスイッチオーバーが発生するとその接続は失われます。そのため、接続を再確立する必要があります。


デュアル VSM を搭載したデバイス上でのインサービス ソフトウェア アップグレード

Cisco Nexus 1000V ソフトウェアでは、デュアル VSM のシステムに対して In-Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)がサポートされています。ISSU は、データ トラフィックを中断させることなく、スイッチ上のソフトウェア イメージを更新できます。中断されるのは制御トラフィックだけです。ISSU によりデータ トラフィックが中断されそうになった場合、Cisco Nexus 1000V ソフトウェアは、アップグレードを中止して、ネットワークに対する影響を最小限に抑える時期にアップグレードの予定を変更できるように、処理が行われる前に警告します。

ISSU は次のイメージを更新します。

キックスタート イメージ

システム イメージ

VEM イメージ

図 20 に、ISSU プロセスを示します。

図 20 ISSU プロセス

 

図 21 に、ISSU スイッチオーバー前後における VSM のステータス例を示します。

図 21 ISSU VSM スイッチオーバーの例

 

Cisco Nexus 1000V ソフトウェアのアップグレードの前提条件

Cisco Nexus 1000V ソフトウェアのアップグレードの前提条件は次のとおりです。

Cisco Nexus 1000V ソフトウェアをアップグレードする前に、すべてのアクティブなコンフィギュレーション セッションを閉じます。

Cisco Nexus 1000V ソフトウェア アップグレードのガイドライン

ソフトウェア イメージ バージョンを移行する前に、次の注意事項に従ってください。

スケジューリング

アップグレードは、ネットワークが安定しているときにスケジュールします。スイッチまたはネットワークにアクセスできるすべての人がその時間にスイッチまたはネットワークを設定しないようにします。アップグレード中はスイッチを設定できません。

スペース

イメージをコピーする場所に十分なスペースがあることを確認します。

アクティブ VSM とスタンバイ VSM の両方で bootflash: に約 200 MB の使用可能な空きスペースがあることを確認します。

ハードウェア

インストール手順の実行中に VSM を稼動しているホストへの電力供給が中断されることがないようにします。

リモート サーバへの接続

キックスタート イメージとシステム イメージをリモート サーバから Cisco Nexus 1000 にコピーします。

mgmt0 インターフェイスの IPv4 IP アドレスを設定します。

Cisco Nexus 1000 の mgmt0 インターフェイスが動作していることを確認します。

スイッチにリモート サーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングするルータがない場合は、スイッチおよびリモート サーバは同一のサブネットワーク上にある必要があります。

ソフトウェア イメージ

指定したシステム イメージとキックスタート イメージに互いに互換性があることを確認します。

イメージは、次の 2 つの方法のいずれかで取得します。

ローカル: スイッチ上のローカル イメージを使用できます。

リモート: イメージがリモートの場所にある場合、リモート サーバのパラメータとローカルで使用するファイル名を使用して、取得先を指定します。

使用するコマンド:

ping コマンドを使用して、リモート サーバへの接続を確認します。

dir コマンドを使用して、イメージ ファイルのコピーに必要なスペースが空いていることを確認します。

単一ステップの install all コマンドを使用して、ソフトウェアをアップグレードします。このコマンドにより、VSM がアップグレードされます。

スイッチでは、一度に 1 つのインストールだけを実行します。

インストールの実行中に別の install コマンドを発行しないでください。設定以外のコマンドは実行できます。

アクティブ VSM 上でインストールを実行します。スタンバイ VSM 上では実行しないでください。

VEM

アップグレード中、VEM の新規追加を試みたり、アップリンクのフラップにより VEM の切断が発生したりすると、その VEM の接続はアップグレードが完了するまでキューに入れられます。


) VSM にインストールするソフトウェア イメージと VEM の間に互換性がない場合、設定によってはそれらのモジュール内でトラフィックの中断が発生します。install all コマンドの出力から、そうした状況を識別できます。この時点でアップグレードを続行することも、終了することも可能です。


ローカル認証

アップグレード プロセス中はローカル認証を使用することを推奨します。リモート サーバが必要な場合、「admin」アカウントが network-admin 権限で設定されていることを確認する必要があります。

デュアル VSM を搭載したデバイスのアップグレード

install all コマンドでは、HA 環境内のデュアル VSM 上で In-Service Software Upgrade(ISSU; インサービス ソフトウェア アップグレード)がサポートされており、次の処理が実行されます。

アップグレードを中断するかどうかを決定し、継続するかどうか尋ねます。

キックスタート イメージとシステム イメージをスタンバイ VSM にコピーします。あるいは、ローカル ISO ファイルが install all コマンドに指定されている場合は、そのファイルからキックスタート イメージとシステム イメージが展開されます。

キックスタートとシステムのブート変数を設定します。

スタンバイ VSM に新しい Cisco Nexus 1000V ソフトウェアをリロードします。

スイッチオーバーの発生時に、アクティブ VSM がリロードします。

install all コマンドを使用する利点

install all コマンドには、次の利点があります。

1 つのコマンドだけで、VSM をアップグレードできます。

インストールを続行する前に、システムに加えようとしている変更についての説明を参照できます。

コマンドをキャンセルするオプションがあります。コマンド結果の表示後、次の質問が表示されたときに続行またはキャンセルできます(デフォルトでは no )。

Do you want to continue (y/n) [n]: y
 

できるだけ中断の少ない手順で、VSM をアップグレードできます。

このコマンドの経過表示を、コンソール、Telnet、および SSH 画面で確認できます。

スイッチオーバー プロセス後は、両方の VSM の経過表示を確認できます。

スイッチオーバー プロセス前は、アクティブ VSM の経過表示だけを確認できます。

install all コマンドは、イメージの整合性を自動的に確認します。これには、実行中のキックスタート イメージとシステム イメージが含まれます。

install all コマンドはプラットフォームの有効性チェックを実行し、正しくないイメージが使用されていないかどうかを確認します。

Ctrl+C エスケープ シーケンスを使用すると、 install all コマンドがグレースフルに終了されます。このコマンド シーケンスは、進行中の更新ステップを完了してから、スイッチ プロンプトに戻ります。(他のアップグレード ステップは、Ctrl+C を使用して終了できません)。

install all コマンドの実行後、シーケンス内のいずれかのステップで問題が発生した場合、このコマンドは進行中のステップを完了してから終了します。

アップグレードの詳細手順

ここでは、デュアル VSM を搭載したデバイス上で最新の Cisco Nexus 1000V ソフトウェアにアップグレードする方法について説明します。


ステップ 1 アクティブ VSM にログインします。

ステップ 2 Cisco.com にログインし、このマニュアルに記載されたリンクにアクセスします。Cisco.com にログインするには、 http://www.cisco.com / を表示してページ最上部の [Log In] をクリックします。シスコ ユーザ名およびパスワードを入力してください。


) Cisco.com に登録していないユーザは、このマニュアルに記載されているリンクにアクセスできません。


ステップ 3 次の URL にある [Software Download Center] にアクセスします。 http://www.cisco.com/public/sw-center/index.shtml

ステップ 4 デバイスのダウンロード サイトにナビゲートします。

スイッチのダウンロード イメージへのリンクが表示されます。

ステップ 5 Cisco Nexus 1000V の ZIP ファイルを選択してダウンロードし、キックスタートとシステム ソフトウェアのファイルをサーバに展開します。

ステップ 6 イメージ ファイルをコピーするために必要なスペースがあることを確認します。

switch# dir bootflash:
.
.
.
Usage for bootflash://sup-local
1957335040 bytes used
1240604672 bytes free
3197939712 bytes total
 

ヒント 新しいイメージ ファイルのロードが成功しない場合、使用するデバイスに、少なくとも 1 つ前のリリースの Cisco Nexus 1000V ソフトウェアのキックスタート イメージとシステム イメージのファイルをダウンロードすることを推奨します。

ステップ 7 アクティブ VSM にさらに多くのスペースが必要な場合、不要なファイルを削除して使用できるスペースを作ります。

ステップ 8 スタンバイ VSM に使用できるスペースがあることを確認します。

switch# dir bootflash://sup-standby/
.
.
.
Usage for bootflash://sup-standby
1956005040 bytes used
1240603332 bytes free
2096608372 bytes total
 

ステップ 9 スタンバイ VSM にさらに多くのスペースが必要な場合、不要なファイルを削除して使用できるスペースを作ります。

ステップ 10 イメージを bootflash: からインストールする場合は、転送プロトコルを使用して Cisco Nexus 1000 のキックスタート イメージとシステム イメージをアクティブ VSM にコピーします。 ftp: tftp: scp: 、または sftp: を使用できます。この手順の例では、 scp: を使用しています。


) イメージ ファイルをダウンロードしたら、ご使用の FTP 環境 IP アドレスまたは DNS 名、およびファイルが置かれているパスに変更します。


switch# copy scp://user@scpserver.cisco.com/downloads/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
switch# copy scp://user@scpserver.cisco.com/downloads/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
bootflash:nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
 

ステップ 11 関連イメージ ファイルのリリース ノートを参照します。『 Cisco Nexus 1000V Release Notes, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

ステップ 12 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに保存します。

switch# copy running-config startup-config
 

ステップ 13 実行コンフィギュレーションをブートフラッシュ上と外部に保存します。

switch# copy running-config bootflash:run-cfg-backup
switch# copy running-config scp://user@tftpserver.cisco.com/n1kv-run-cfg-backup
 

ステップ 14 アクティブ VSM 上でアップグレードを実行します。

switch# install all kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin system bootflash:nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
 
Verifying image bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin for boot variable "kickstart".
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Verifying image bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin for boot variable "system".
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Verifying image type.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting "system" version from image bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting "kickstart" version from image bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Notifying services about system upgrade.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
 
 
Compatibility check is done:
Module bootable Impact Install-type Reason
------ -------- -------------- ------------ ------
1 yes non-disruptive reset
2 yes non-disruptive reset
 
 
 
Images will be upgraded according to following table:
Module Image Running-Version New-Version Upg-Required
------ ---------- ---------------------- ---------------------- ------------
1 system 4.2(1)SV1(4) 4.2(1)SV1(4b) yes
1 kickstart 4.2(1)SV1(4) 4.2(1)SV1(4b) yes
2 system 4.2(1)SV1(4) 4.2(1)SV1(4b) yes
2 kickstart 4.2(1)SV1(4) 4.2(1)SV1(4b) yes
 
 
Module Running-Version ESX Version VSM Compatibility ESX Compatibility
------ ---------------------- ---------------------------------------------------- ---------------------- ----------------------
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-208167 (1.9) COMPATIBLE COMPATIBLE
 
Do you want to continue with the installation (y/n)? [n]
 

ステップ 15 インストールを続行する場合は、Y を押します。


) N を押すと、インストールはグレースフルに終了します。


Install is in progress, please wait.
 
Syncing image bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin to standby.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Syncing image bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin to standby.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Setting boot variables.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Performing configuration copy.
[####################] 100%2011 Mar 31 03:49:42 BL1-VSM %SYSMGR-STANDBY-5-CFGWRITE_STARTED: Configuration copy started (PID 3660).
[####################] 100% -- SUCCESS

) アップグレード プロセスの一環として、スタンバイ VSM に新しいイメージがリロードされます。この VSM が再び HA スタンバイになると、アップグレード プロセスによりスイッチオーバーが開始されます。その後、次の出力とともに、新しいアクティブ VSM でアップグレードが続行されます。


Continuing with installation, please wait
 
Module 2: Waiting for module online
-- SUCCESS
 
Install has been successful
 

ステップ 16 インストール処理が完了したら、スイッチにログインし、必要なソフトウェア バージョンが実行されていることを確認します。

switch# show version
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2011, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained herein are owned by
other third parties and are used and distributed under license.
Some parts of this software are covered under the GNU Public
License. A copy of the license is available at
http://www.gnu.org/licenses/gpl.html.
 
Software
loader: version unavailable [last: loader version not available]
kickstart: version 4.2(1)SV1(4b)
system: version 4.2(1)SV1(4b)
kickstart image file is: bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
kickstart compile time: 3/27/2011 14:00:00 [03/27/2011 22:26:45]
system image file is: bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
system compile time: 3/27/2011 14:00:00 [03/28/2011 00:56:08]
 
 
Hardware
cisco Nexus 1000V Chassis ("Virtual Supervisor Module")
Intel(R) Xeon(R) CPU with 2075740 kB of memory.
Processor Board ID T5056B050BB
 
Device name: BL1-VSM
bootflash: 3122988 kB
 
Kernel uptime is 0 day(s), 0 hour(s), 6 minute(s), 23 second(s)
 
 
plugin
Core Plugin, Ethernet Plugin, Virtualization Plugin
...

シングル VSM を搭載したデバイスのアップグレード


) この手順は、VSM がスタンドアロン モードの場合にのみ適用可能です。VSM がプライマリまたはセカンダリで、スタンバイがシャットダウンされている場合は、この手順は機能しません。


ここでは、シングル VSM が搭載された Cisco Nexus 1000V デバイスをアップグレードする方法について説明します。

VSM の導入のベスト プラクティスは、実稼働環境内で HA ペアにすることです。VSM のスタンドアロン冗長性ロールはテスト環境やデモ環境で使用することはできますが、そうした環境では HA ペアで VSM を導入することを推奨します。

アップグレード手順の概要

シングル VSM を搭載したデバイスを最新の Cisco Nexus 1000V ソフトウェアにアップグレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 スタンドアロン VSM のコンソール ポートにログインします。

ステップ 2 www.cisco.com にログインし、Cisco Nexus 1000V の最新のキックスタート イメージとシステム イメージをサーバにダウンロードします。

ステップ 3 サーバにある Cisco Nexus 1000V のキックスタート イメージとシステム イメージを VSM ブートフラッシュにダウンロードするか、 install all コマンドでそれらを取得可能な場所にダウンロードします。

ステップ 4 copy running-config startup-config コマンドを使用してスイッチの設定を保存します。

ステップ 5 VSM コマンド プロンプトで install all コマンドを入力して、スイッチ上の Cisco Nexus 1000V ソフトウェアをアップグレードします。


注意 デバイスをリロードすると、デバイス上のトラフィックが中断されます。


 

アップグレードの詳細手順

シングル VSM を搭載したデバイス上で最新の Cisco Nexus 1000V ソフトウェアにアップグレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 コンソール上で VSM にログインします。

ステップ 2 Cisco.com にログインし、このマニュアルに記載されたリンクにアクセスします。Cisco.com にログインするには、http://www.cisco.com/ を表示してページ最上部の [Log In] をクリックします。シスコ ユーザ名およびパスワードを入力してください。


) Cisco.com に登録していないユーザは、このマニュアルに記載されているリンクにアクセスできません。


ステップ 3 次の URL にある [Software Download Center] にアクセスします。 http://www.cisco.com/public/sw-center/index.shtml

ステップ 4 スイッチのダウンロード サイトにナビゲートします。

スイッチのダウンロード イメージへのリンクが表示されます。

ステップ 5 Cisco Nexus 1000 の ZIP ファイルを選択してダウンロードし、キックスタートとシステム ソフトウェアのファイルをサーバに展開します。

ステップ 6 イメージ ファイルをコピーするために必要なスペースがあることを確認します。

switch# dir bootflash:
.
.
.
Usage for bootflash://sup-local
1957335040 bytes used
1240604672 bytes free
3197939712 bytes total

ヒント 新しいイメージ ファイルのロードが成功しない場合、使用するデバイスに、少なくとも 1 つ前のリリースの Cisco Nexus 1000V ソフトウェアのキックスタート イメージとシステム イメージのファイルをダウンロードすることを推奨します。

ステップ 7 VSM ブートフラッシュにさらに多くのスペースが必要な場合、不要なファイルを削除して使用できるスペースを作ります。

ステップ 8 イメージを bootflash: からインストールする場合は、転送プロトコルを使用して Cisco Nexus 1000 のキックスタート イメージとシステム イメージをアクティブ VSM のブートフラッシュにコピーします。 ftp:、tftp:、scp: 、または sftp: を使用できます。この手順の例では、 scp: を使用しています。


) イメージ ファイルをダウンロードしたら、ご使用の FTP 環境 IP アドレスまたは DNS 名、およびファイルが置かれているパスに変更します。


switch# copy scp://user@scpserver.cisco.com//downloads/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
switch# copy scp://user@scpserver.cisco.com//downloads/nexus-10000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
bootflash:nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
 

ステップ 9 関連イメージ ファイルのリリース ノートを参照します。『 Cisco Nexus 1000V Release Notes, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

ステップ 10 VSM のステータスを確認します。

switch# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: standalone
operational: standalone
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with no standby
 
Other supervisor (sup-2)
------------------------
Redundancy state: Not present
 

ステップ 11 実行コンフィギュレーションを起動コンフィギュレーションに保存します。

switch# copy running-config startup-config
 

ステップ 12 VSM 上のブート変数とモジュール イメージを更新します。

switch# install all kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin system bootflash:nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin
 
Verifying image bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin for boot variable "kickstart".
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Verifying image bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin for boot variable "system".
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Verifying image type.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting "system" version from image bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting "kickstart" version from image bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Notifying services about system upgrade.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
 
 
Compatibility check is done:
Module bootable Impact Install-type Reason
------ -------- -------------- ------------ ------
1 yes disruptive reset Reset due to single supervisor
 
 
 
Images will be upgraded according to following table:
Module Image Running-Version New-Version Upg-Required
------ ---------- ---------------------- ---------------------- ------------
1 system 4.2(1)SV1(4) 4.2(1)SV1(4b) yes
1 kickstart 4.2(1)SV1(4) 4.2(1)SV1(4b) yes
 
 
Module Running-Version ESX Version VSM Compatibility ESX Compatibility
------ ---------------------- ---------------------------------------------------- ---------------------- ----------------------
3 4.2(1)SV1(4) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-208167 (1.9) COMPATIBLE COMPATIBLE
 
Switch will be reloaded for disruptive upgrade.
Do you want to continue with the installation (y/n)? [n]
 

ステップ 13 インストールを続行する場合は、Y を押します。


) N を押すと、インストールはグレースフルに終了します。


Install is in progress, please wait.
 
Setting boot variables.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Performing configuration copy.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Finishing the upgrade, switch will reboot in 10 seconds.
 

ステップ 14 スイッチでリロード処理が完了したら、スイッチにログインし、必要なソフトウェア バージョンが実行されていることを確認します。

switch# show version
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2011, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained herein are owned by
other third parties and are used and distributed under license.
Some parts of this software are covered under the GNU Public
License. A copy of the license is available at
http://www.gnu.org/licenses/gpl.html.
 
Software
loader: version unavailable [last: loader version not available]
kickstart: version 4.2(1)SV1(4b)
system: version 4.2(1)SV1(4b)
kickstart image file is: bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
kickstart compile time: 3/27/2011 14:00:00 [03/27/2011 22:26:45]
system image file is: bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
system compile time: 3/27/2011 14:00:00 [03/28/2011 00:56:08]
 
 
Hardware
cisco Nexus 1000V Chassis ("Virtual Supervisor Module")
Intel(R) Xeon(R) CPU with 2075740 kB of memory.
Processor Board ID T5056B050BB
 
Device name: BL1-VSM
bootflash: 3122988 kB
 
Kernel uptime is 0 day(s), 0 hour(s), 6 minute(s), 23 second(s)
 
 
plugin
Core Plugin, Ethernet Plugin, Virtualization Plugin
...
 

ステップ 15 「Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VEM のアップグレード」に進みます。


 

Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VEM のアップグレード

ここでは、Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) に VEM をアップグレードする方法について説明します。内容は次のとおりです。

「VMware Update Manager(VUM)を使用した VEM のアップグレード:Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へ」

「Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VEM の手動でのアップグレード」

VEM のアップグレードに関する前提条件

VEM のアップグレードの前提条件は次のとおりです。

VSM CLI に EXEC モードでログインしている。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が協力して VEM アップグレードを調整する。

VMware Update Manager(VUM)を使用した VEM のアップグレード:Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) へ

VMware Update Manager(VUM)を使用して VEM をアップグレードするには、次の手順を実行します。


注意 リムーバブル メディアが接続されたままの場合、たとえば、ISO を使用して VSM をインストールした後に、そのメディアを取り外すのを忘れていた場合、ホストがメンテナンス モードへの移行に失敗して、VUM アップグレードが失敗します。


ステップ 1 現在の設定を表示します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: System VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201101030-BG
 

ステップ 2 サーバ管理者に通知して、VEM アップグレード プロセスを調整します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 3 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201101030-BG

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』で原因を調べます。


ステップ 4 サーバ管理者が vCenter でアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

通知の承認をサーバ管理者と調整します。サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Accepted by vCenter Admin
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Tue May 11 07:42:32 2010
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201101030-BG
 

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』で原因を調べます。


ステップ 5 VUM アップグレード プロセスを開始します。

vCenter によって DVS がロックされて VUM が始動し、VEM がアップグレードされます。

switch# vmware vem upgrade proceed
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade In Progress in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG

) ESX/ESXi ホストで VMware パッチの ESX/ESXi400-201002001、ESX/ESXi400-201006201、または ESX/ESXi410 が使用されており、DRS 設定が受け入れ可能な状態になっている場合は、VUM によって VM が自動的にホストからクラスタ内の別のホストに vMotion され、ESX/ESXi がメンテナンス モードになって、VEM がアップグレードされます。このプロセスは、DRS クラスタ内のすべてのホストがアップグレードされるまで他のホストに対して繰り返し実行されます。



) VC/VUM バージョン 4.0.0 Update1 または Update2 が ESX/ESXi 上にホストされていると、このホストに対する VUM アップグレードは失敗します。vCenter を別のアップグレードに成功したホストに移行させ、vmware vem upgrade proceed コマンドを再度実行する必要があります。


ステップ 6 アップグレードの完了ステータスを確認します。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: System VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter): Wed Mar 17 17:30:48 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

) DVS バンドル ID が更新されており、強調表示されています。次のコマンドを入力する前に、サーバ管理者と連絡を取って、VUM プロセスが実行可能になっていることを確認します。


ステップ 7 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 8 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(4b) 0.0
2 4.2(1)SV1(4b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session

) 上の例で太字の行は、すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 9 VSM バックアップ手順を実行します。

Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』の「Configuring VSM Backup and Recovery」の章を参照してください。

これでアップグレードは完了です。


 

Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VEM の手動でのアップグレード

ESX/ESXi ホスト上の Cisco Nexus 1000V VEM を手動でインストールまたはアップグレードするには、『 Cisco Nexus 1000V VEM Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』の「Installing or Upgrading the VEM Software Using the CLI」に記載された手順を実行します。

VEM を手動でアップグレードするには、次の手順をネットワーク管理者として実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。アップグレードに進む前に、必要なパッチ レベルを実行していない場合は VM の電源がオフになっていることを確認します。



注意 リムーバブル メディアが接続されたままの場合、たとえば、ISO を使用して VSM をインストールした後に、そのメディアを取り外すのを忘れていた場合、ホストがメンテナンス モードへの移行に失敗して、VUM アップグレードが失敗します。


ステップ 1 サーバ管理者に通知して、VEM アップグレード プロセスを調整します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 2 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201101030-RG
 

ステップ 3 サーバ管理者が vCenter サーバでアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Accepted by vCenter Admin
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Tue May 11 07:42:32 2010
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201101030-BG
 

ステップ 4 ESX ホストで VSM がホストされていない場合は、ステップ 6 に進みます。

ESX ホストで VSM がホストされている場合は、サーバ管理者と協力して、VSM の電源をオフにし、手動プロセスを使用して ESX ホスト上の VEM をアップグレードし、VSM の電源をオンにします。

ステップ 5 Cisco Nexus 1000V Bundle ID アップグレード プロセスを開始します。


) VUM が vCenter 環境でイネーブルになっている場合は、vmware vem upgrade proceed コマンドを実行する前にそれをディセーブルにして、新しい VIB がすべてのホストに転送されないようにします。


vCenter サーバ上の Cisco Nexus 1000V Bundle ID が更新されるように vmware vem upgrade proceed コマンドを入力します。VUM がイネーブルになっており、Bundle ID を更新していない場合は、次に ESX を VSM に追加したときに不正な VIB バージョンが VEM に転送されます。

switch# vmware vem upgrade proceed

) VUM がインストールされていないと、vCenter サーバのタスク バーに「The object or item referred to could not be found」エラーが表示されます。このエラー メッセージは無視できます。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade in Progress in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 6 アップグレードの完了ステータスを確認します。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:48 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 7 サーバ管理者がすべての ESX ホスト VEM を新しい VEM ソフトウェア リリースで更新し、アップグレード プロセスが完了したことを通知してくるまで待ちます。

サーバ管理者は、vi ホスト更新または ESX/ESXi 更新を使用して手動アップグレードを実行します。詳細については、『 Cisco Nexus 1000V VEM Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

ステップ 8 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 9 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(4b) 0.0
2 4.2(1)SV1(4b) 0.0
3 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session
 

) 上の例で太字の行は、すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 10 VSM バックアップ手順を実行します。

Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』の「Configuring VSM Backup and Recovery」の章を参照してください。

これでアップグレードは完了です。


 

Release 4.2(1)SV1(4b) から Release 4.2(1)SV1(4) へのダウングレード

ここでは、VSM と VEM を Release 4.2(1)SV1(4b) から Release 4.2(1)SV1(4) にダウングレードする方法について説明します。

はじめる前に

この手順を実行する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

ダウングレードでは中断が発生し、VM トラフィックに影響を及ぼします。

Release 4.2(1)SV1(4) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレードを中断しています。

Release 4.2(1)SV1(4) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレードに失敗しました。

ダウングレード手順がアップグレードとは逆の順序で実行されるのは、VSM Release 4.2(1)SV1(4) が VEM Release 4.2(1)SV1(4b) と互換性がないためです。VSM を先に前のリリースに戻してしまうと、すべてのモジュールが再挿入されなくなります。

Release 4.2(1)SV1(4b) から Release 4.2(1)SV1(4) への VEM のダウングレード

VEM をダウングレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 VUM をディセーブルにします。

ステップ 2 vCenter サーバから [Host and Clusters] セクション内のホストを右クリックし、[Enter Maintenance Mode] を選択して、ホストをメンテナンス モードにします。

ステップ 3 vCenter サーバで、[Home] > [Inventory] > [Networking] から、[DVS] を選択し、[Host] タブをクリックします。

ステップ 4 ホストを右クリックし、vSphere 分散スイッチから [Remove] を選択します。

ステップ 5 SSH またはホスト コンソールを使用して、Nexus 1000V VEM ビットを削除します。

switch# vem remove -r -d
 

ステップ 6 ホストの電源を再投入します。

switch# reboot
 

ステップ 7 4.2(1)SV1(4) バージョンの VEM をホストにインストールします。『 Cisco Nexus 1000V VEM Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

ステップ 8 VUM をディセーブルにします。

ステップ 9 DVS にホストを追加します。

ステップ 10 ホストのメンテナンス モードを終了します。

ステップ 11 各ホストについて、ステップ 2ステップ 10 を繰り返します。


 

Release 4.2(1)SV1(4b) から Release 4.2(1)SV1(4) への VSM のダウングレード

VSM をダウングレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 VSM 実行コンフィギュレーションのバックアップを作成します。

安全上の理由から、ローカル バックアップ(ブートフラッシュ)とリモート サーバへのコピーの両方を作成することを推奨します。

ステップ 2 Release 4.2(1)SV1(4) イメージを指し示すようにブート変数を変更します。

詳細については、「ブート変数の手動変更」を参照してください。

ステップ 3 reload コマンドを使用して、システムをリロードします。

ステップ 4 DVS bundleID を Release 4.2(1)SV1(4) ID に更新します。

switch# vmware vem upgrade notify
switch# vmware vem upgrade proceed
switch# vmware vem upgrade complete
 

ステップ 5 VUM がディセーブルにされた場合は、再度イネーブルにします。


 

ブート変数の手動変更

ISSU アップグレードの実行に失敗してその実行を延期する場合や、システムを以前のイメージに戻す場合など、ブート変数を手動で設定することが必要になる場合があります。


) システムを以前のイメージに戻すことは、運用の中断が伴うため推奨していません。



ステップ 1 ブート変数を設定します。

switch# configure terminal
switch(config)# boot kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin
switch(config)# boot system bootflash:nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin
 

ステップ 2 現在のブート変数を表示します。

switch# show boot
Current Boot Variables:
 
sup-1
kickstart variable = bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin
system variable = bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin
sup-2
kickstart variable = bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4.bin
system variable = bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4.bin
No module boot variable set
 
Boot Variables on next reload:
 
sup-1
kickstart variable = bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
system variable = bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
sup-2
kickstart variable = bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
system variable = bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
No module boot variable set


 

ブート変数は設定の一部です。そのため、 copy running-config startup-config コマンドを使用してその設定が保存された場合にのみ、次のリロードで有効になります。

ブート変数を手動で変更したとき、次のメッセージが表示される場合があります。

Note: system and kickstart bootvars are pointing to incompatible images
 

これは、キックスタート イメージとシステム イメージが個別に更新されるために起こります。各キックスタート イメージは 1 つのシステム イメージとしか互換性がなく、その逆も同じです。それらの一方を更新した後は、一時的に互換性のない状況になります。なお、設定を保存する前に、キックスタート イメージとシステム イメージの両方を互換性のあるイメージ(同一バージョン)に設定する必要があります。設定の保存により、これらの変更は永続的になります。

Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

図 22 に Release 4.0(4)SV1(3, 3a, 3b, 3c, 3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード プロセスを示します。

図 22 4.0(4)SV1(3, 3a, 3b, 3c, 3d) から 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

 


) ESX/ESXi Release 4.1.0 以降のリリースでは、必要な VC/VUM の最小バージョンは 258902/256596 です。
ESX/ESXi Release 4.0.0 以降のリリースでは、必要な VC/VUM の最小バージョンは 208111/282702 です。



注意 Cisco Nexus 1010 上でアップグレードする場合は、アップグレードを開始する前に、セカンダリ VSM がアクティブで、プライマリ VSM がスタンバイであることを確認してください。プライマリ VSM がアクティブな場合は、system switchover コマンドを入力して、セカンダリ VSM をアクティブにします。

Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのソフトウェア アップグレードを実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 VEM の Release 4.0(4)SV(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード。「VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」を参照してください。

ステップ 2 VSM の Release 4.0(4)SV(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード。「アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」を参照してください。


 

Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

次の図に、Releases 4.0(4)SV1(1, 2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード プロセスを示します。 

図 23 Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

 


) ESX/ESXi Release 4.1.0 以降のリリースでは、必要な VC/VUM の最小バージョンは 258902/256596 です。
ESX/ESXi Release 4.0.0 以降のリリースでは、必要な VC/VUM の最小バージョンは 208111/282702 です。


Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのソフトウェア アップグレードを実行するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 「VSM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.0(4)SV1(3d) へのアップグレード」

ステップ 2 「VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

ステップ 3 「アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」


 

VSM のアップグレード

ここでは、このリリースでサポートされている VSM アップグレード手順について説明します。

「Release 4.2(1)SV1(4) または 4.2(1)SV1(4a) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VSM のアップグレード」

「VSM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.0(4)SV1(3d) へのアップグレード」

「アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

VSM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.0(4)SV1(3d) へのアップグレード

ここでは、Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.0(4)SV1(3d) への VSM アップグレードについて説明します。

VSM のアップグレードに関する前提条件

VSM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、エラーを修正します。

Cisco Nexus 1000V ソフトウェアを Release 4.0(4)SV1(3d) にアップグレードします。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が互いに協力してアップグレード手順を調整する必要があります。

次のファイルが、VSM からアクセス可能な外部ストレージ内で利用できるようになっています。

nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3d.bin

nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3d.bin

アップグレード中に失われないように、実行コンフィギュレーションの変更内容をスタートアップ コンフィギュレーションに保存してある。

実行コンフィギュレーションのバックアップ コピーを外部ストレージに保存してある。

コンフィギュレーション ファイルのバックアップ方法については、『 Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

Release 4.0(4)SV1(1) から Release 4.0(4)SV1(3d) への VSM ソフトウェア アップグレードを実行するには、次の手順を実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。



ステップ 1 設定を外部サーバにバックアップします。

ステップ 2 VSM と vCenter(VC)を除いたすべての VM の電源をオフにします。

ステップ 3 既存のシステム ブート変数とキックスタート ブート変数を削除します。

switch# config t
switch(config)# no boot system
switch(config)# no boot kickstart
 

ステップ 4 新しいシステム ブート変数とキックスタート ブート変数を追加します。

switch(config)# boot system bootflash:nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.3d.bin
2009 Dec 13 15:50:40.568 n1k-av %BOOTVAR-5-IMAGE_NOTEXISTS: Warning: image nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3d.bin doesn't exist on sup2
2009 Dec 13 15:51:28.236 n1k-av %BOOTVAR-5-AUTOCOPY_SUCCEED: auto-copy of file /bootflash/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3d.bin to standby supervisor succeed
switch(config)# boot kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.3d.bin
2009 Dec 13 15:54:03.093 n1k-av %BOOTVAR-5-IMAGE_NOTEXISTS: Warning: image nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3d.bin doesn't exist on sup2
2009 Dec 13 15:54:20.966 n1k-av %BOOTVAR-5-AUTOCOPY_SUCCEED: auto-copy of file /bootflash/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3d.bin to standby supervisor succeed
switch(config)#
 

デュアル VSM の場合、 boot auto-copy がイネーブル(デフォルト)で terminal monitor もイネーブルなら、スタンバイ VSM にもイメージがコピーされます。2 回めのログ メッセージが表示されたら、次のステップに進んでください。


注意 デュアル VSM をアップグレードする場合は、ソフトウェアをリロードする前に、スタンバイ VSM のブートフラッシュ ファイル システムにアクティブな VSM と同一のシステム イメージ ファイルおよびキックスタート イメージ ファイルが含まれていることを確認してください。イメージ ファイルが同一でない場合、ISO/OVA/OVF イメージから新しい VSM を作成してアクティブな VSM を指す方法でしかスタンバイ VSM は復元できません。

ステップ 5 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーすることによって、リブートおよび再起動が行われても実行コンフィギュレーションを永続的に保存します。

switch(config)# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
switch(config)#
 

ステップ 6 構成が保存されていることを確認します。

switch# show startup-config | include boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3d.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3d.bin sup-2
 
switch# show running-config | include boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3d.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3d.bin sup-2
 

ステップ 7 VSM のアクティブ モジュールとスタンバイ モジュールの状態を確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(1) 0.0
2 4.0(4)SV1(1) 0.0
3 4.0(4)SV1(1) 1.11
4 4.0(4)SV1(1) 1.11
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
 

) 上の例で太字の行は、VSM モジュールの 1 と 2 が Release 4.0(4)SV1(3d) であることを表しています。


ステップ 8 VSM をリロードします。

switch# reload
This command will reboot the system. (y/n)? [n] y
switch#
 

アップグレードされた VSM が新しいソフトウェア バージョンで起動します。

ステップ 9 VSM がアップグレードされていることを確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(3d) 0.0
2 4.0(4)SV1(3d) 0.0
3 4.0(4)SV1(1) 1.11
4 4.0(4)SV1(1) 1.11
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session

) 上の例で太字の行は、VSM モジュールの 1 と 2 が Release 4.0(4)SV1(3d) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 10 (オプション)非デフォルト(jumbo)MTU 設定を構成している場合は、VEM のアップグレードに進む前に「非デフォルト(jumbo)MTU 設定の症状とソリューション」を参照してください。

ステップ 11 Release 4.2(1)SV1(4b) への VEM のアップグレードに進みます。

詳細については、「VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」を参照してください。


 

VEM のアップグレード

ここでは、このリリースでサポートされている VEM アップグレード手順について説明します。

「VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

「VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

VEM をアップグレードする前に、次の重要なポイントに注意してください。

VEM アップグレードは、VEM が VSM に接続されている場合に開始されます。アップグレード プロセスでは、VEM が VSM に再接続します。

VEM ソフトウェアは、CLI を使用して手動でアップグレードすることも、VUM を使用して自動でアップグレードすることもできます。

VSM VM のインターフェイスが自身の DVS と接続されている場合、VEM のアップグレードの際に VSM との接続が失われる場合があります。

アップグレード対象の VEM が 1 つの VSM に対するインターフェイス接続を提供する場合、VEM のアップグレードの際にアクティブ VSM とスタンバイ VSM 間の接続が失われる場合があります。この場合、両方の VSM がアクティブになり接続が失われます。この問題を回避するために、現在のパッチ レベルが適切であることを確認してください。 表 3 を参照してください。

Cisco Nexus 1000V バンドルを使用して VEM をアップグレードする場合は、VMware のマニュアルの指示に従ってください。VMware バンドル ソフトウェアの詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Compatibility Information, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。


注意 VEM アップグレード プロセス中は、vemlogvemcmd、または vempkt コマンドを実行しないでください。これらのコマンドは、アップグレードに影響を与えます。

VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

ここでは、VEM を Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードする方法について説明します。内容は次のとおりです。

「VUM を使用した VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

「VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) への手動アップグレード」

VEM のアップグレードに関する前提条件

VEM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、エラーを修正します。

VSM CLI に EXEC モードでログインします。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が互いに協力して VEM アップグレードを調整する必要があります。

VUM を使用した VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

VMware Update Manager(VUM)を使用して VEM をアップグレードするには、次の手順を実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。アップグレードに進む前に、必要なパッチ レベルを実行していない場合は VM の電源がオフになっていることを確認します。



注意 リムーバブル メディアが接続されたままの場合、たとえば、ISO を使用して VSM をインストールした後に、そのメディアを取り外すのを忘れていた場合、ホストがメンテナンス モードへの移行に失敗して、VUM アップグレードが失敗します。

この例では、Release 4.0(4)SV1(3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードします。


ステップ 1 vem-release_final.tar.gz ファイル、システム イメージ、およびキックスタート イメージを VSM のブートフラッシュにアップロードします。

これらのファイルは、FCS の zip フォルダ内にあります。

ステップ 2 現在の設定を表示します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: System VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201105124101-BG
DVS: VEM400-201105124101-BG
 

ステップ 3 次のコマンドを入力して、VSM バンドル ID をアップデートします。

switch (config)# vmware vem upgrade update-vibs bootflash:vem-release_final.tar.gz
 

ステップ 4 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch(config-port-prof)# show vmware vem upgrade status
 
Upgrade VIBs: Upgraded VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201203031-RG
DVS: VEM400-201105124101-BG
 

) VSM Bundle ID で Release 4.2(1)SV1(4b) Bundle ID が導入されています。


ステップ 5 アップグレードの通知を VC に送信します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 6 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201105124101-BG
 

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』で原因を調べます。


ステップ 7 サーバ管理者が vCenter でアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

通知の承認をサーバ管理者と調整します。サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Accepted by vCenter Admin
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Tue May 11 07:42:32 2010
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201105124101-BG
 

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』で原因を調べます。


ステップ 8 VUM アップグレード プロセスを開始します。


注意 vmware vem upgrade proceed コマンドを入力する前に、クラスタ内の VMware ハイ アベイラビリティ(HA)、Fault Tolerance(FT; 耐障害性)、および Distributed Power Management(DPM)をディセーブルにしてください。

vCenter によって DVS がロックされて VUM が始動し、VEM がアップグレードされます。

switch# vmware vem upgrade proceed
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade In Progress in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201203031-RG
DVS: VEM400-201203031-RG
 

ESX/ESXi ホストで VMware パッチの ESX/ESXi400-201002001、ESX/ESXi400-201006201、または ESX/ESXi410 が使用されており、DRS 設定が受け入れ可能な状態になっている場合は、VUM が自動的に vMotion を使用して VM をクラスタ内の別のホストに移行させ、ESX/ESXi をメンテナンス モードにして VEM をアップグレードします。このプロセスは、DRS クラスタ内のすべてのホストがアップグレードされるまで他のホストに対して繰り返し実行されます。


) VC/VUM バージョン 4.0.0 Update1 または Update2 が ESX/ESXi 上にホストされていると、このホストに対する VUM アップグレードは失敗します。vCenter を別のアップグレードに成功したホストに移行させ、vmware vem upgrade proceed コマンドを再度実行する必要があります。


ステップ 9 アップグレードの完了ステータスを確認します。


) アップグレード ステータスが完了でない場合は、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』を参照してください。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201203031-RG
DVS: VEM400-201203031-RG
 

DVS バンドル ID が更新されており、強調表示されています。次のコマンドを入力する前に、サーバ管理者と連絡を取って、VUM プロセスが実行可能になっていることを確認します。

ステップ 10 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VSM400-201107031-RG
 

ステップ 11 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3d) 0.0
2 4.2(1)SV1(3d) 0.0
3 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session

) 上の例で太字の行は、すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 12 VSM のアップグレードに進みます。


注意 VUM で Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされない VEM が存在する場合は、VSM アップグレードに進む前に、それらの VEM を手動でアップグレードしてください。

詳細については、「アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」を参照してください。


 

VEM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) への手動アップグレード

ESX/ESXi ホスト上の Cisco Nexus 1000V VEM を手動でインストールまたはアップグレードするには、『 Cisco Nexus 1000V VEM Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』の「Installing or Upgrading the VEM Software Using the CLI」に記載された手順を実行します。

VEM を手動でアップグレードするには、次の手順を実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。アップグレードに進む前に、必要なパッチ レベルを実行していない場合は VM の電源がオフになっていることを確認します。



注意 リムーバブル メディアが接続されたままの場合、たとえば、ISO を使用して VSM をインストールした後に、そのメディアを取り外すのを忘れていた場合、ホストがメンテナンス モードへの移行に失敗して、VUM アップグレードが失敗します。

この例では、Release 4.0(4)SV1(3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードします。


ステップ 1 vem-release_final.tar.gz ファイル、システム イメージ、およびキックスタート イメージを VSM のブートフラッシュにアップロードします。

これらのファイルは、FCS の zip フォルダ内にあります。

ステップ 2 ESX ホスト バージョンを更新します。

switch (config)# vmware vem upgrade update-vibs bootflash:vem-release_final.tar.gz
 

ステップ 3 アップグレードの通知を VC に送信します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 4 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201105124101-BG
 

ステップ 5 サーバ管理者が vCenter サーバでアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Accepted by vCenter Admin
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Tue May 11 07:42:32 2010
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201105124101-BG
 

ステップ 6 サーバ管理者がすべての ESX ホスト VEM を新しい VEM ソフトウェア リリースで更新し、アップグレード プロセスが完了したことを通知してくるまで待ちます。サーバ管理者は、 vihostupdate コマンドまたは esxupdate コマンドを使用して手動アップグレードを実行します。詳細については、『 Cisco Nexus 1000V VEM Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

ESX ホストで VSM がホストされていない場合は、ステップ 7 に進みます。

ESX ホストで VSM がホストされている場合は、サーバ管理者と協力して、VSM の電源をオフにし、手動プロセスを使用して ESX ホスト上の VEM をアップグレードし、VSM の電源をオンにします。

ステップ 7 Cisco Nexus 1000V Bundle ID アップグレード プロセスを開始します。


) VUM が vCenter 環境でイネーブルになっている場合は、vmware vem upgrade proceed コマンドを入力する前にそれをディセーブルにして、新しい vSphere Installation Bundle(VIB)がすべてのホストに転送されないようにします。


vCenter サーバ上の Cisco Nexus 1000V Bundle ID が更新されるように vmware vem upgrade proceed コマンドを入力します。VUM がイネーブルになっており、Bundle ID を更新していない場合は、次に ESX を VSM に追加したときに不正な VIB バージョンが VEM に転送されます。

switch# vmware vem upgrade proceed

) VUM がインストールされていないと、「The object or item referred to could not be found.A general system error occurred: unknown internal error」エラーが vCenter サーバのタスク バーに表示されます。このエラーは無視しても問題ありません。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Errored in vCenter. Please check UpgradeError for more details.
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error: [VMware vCenter Server 4.1.0 build-258902] A general system error occurred: unknown interal error.
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 8 アップグレードの完了ステータスを確認します。


) アップグレード ステータスが完了でない場合は、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』を参照してください。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:48 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 9 サーバ管理者がすべての ESX ホスト VEM を新しい VEM ソフトウェア リリースで更新し、アップグレード プロセスが完了したことを通知してくるまで待ちます。

サーバ管理者は、vi ホスト更新または ESX/ESXi 更新を使用して手動アップグレードを実行します。詳細については、『 Cisco Nexus 1000V VEM Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

ステップ 10 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 11 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3d) 0.0
2 4.2(1)SV1(3d) 0.0
3 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session
 

) 上の例で太字の行は、すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 12 VSM のアップグレードに進みます。


注意 Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされない VEM が存在する場合は、VSM アップグレードに進む前に、それらの VEM を手動でアップグレードしてください。

詳細については、「アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」を参照してください。


 

VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

ここでは、Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) に VEM をアップグレードする方法について説明します。内容は次のとおりです。

「VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」

「VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) への手動アップグレード」

VEM のアップグレードに関する前提条件

VEM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、エラーを修正します。

VSM CLI に EXEC モードでログインします。

VSM が Release 4.0(4)SV1(3d) にアップグレードされています。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が互いに協力して VEM アップグレードを調整する必要があります。

VUM を使用した VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

VUM を使用して VEM をアップグレードするには、次の手順を実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が実行します。アップグレードに進む前に、VM の電源がオフになっていることを確認します。



注意 このアップグレードは、アップグレードされる VEM 上に VSM と VC がホストされていない場合にのみ適用されます。VSM が VEM 上でホストされている場合は、「VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) への手動アップグレード」に進みます。

この例では、Release 4.0(4)SV1(2) から Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードします。


ステップ 1 すべての仮想マシンの電源をオフにします。

ステップ 2 VEM ホスト バージョンを更新します。

switch (config)# vmware vem upgrade update-vibs bootflash:vem-release_final.tar.gz
 

ステップ 3 サーバ管理者に通知して、VEM アップグレード プロセスを調整します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 4 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-200912267-BG

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』で原因を調べます。


ステップ 5 サーバ管理者が vCenter サーバでアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

通知の承認をサーバ管理者と調整します。サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Accepted by vCenter Admin
Upgrade Notification Sent Time: Sun May 9 22:04:54 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Tue May 11 07:42:32 2010
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-200912267-BG
 

ステップ 6 VUM アップグレード プロセスを開始します。

vCenter によって DVS がロックされて VUM が始動し、VEM がアップグレードされます。


) vCenter サーバ上の Cisco Nexus 1000V Bundle ID が更新されるように vmware vem upgrade proceed コマンドを入力します。VUM がイネーブルになっており、Bundle ID を更新していない場合は、次に ESX を VSM に追加したときに不正な VIB バージョンが VEM に転送されます。


switch# vmware vem upgrade proceed
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 7 アップグレードの完了ステータスを確認します。


) VUM がインストールされていないと、「The object or item referred to could not be found.A general system error occurred: unknown internal error」エラーが vCenter サーバのタスク バーに表示されます。このエラーは無視しても問題ありません。


switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time: Wed Mar 17 15:19:05 2010
Upgrade Status Time(vCenter): Wed Mar 17 17:28:46 2010
Upgrade Start Time: Wed Mar 17 15:20:06 2010
Upgrade End Time(vCenter): Wed Mar 17 17:30:48 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 8 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 9 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3d) 0.0
2 4.2(1)SV1(3d) 0.0
3 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session

) 上の例で太字の行は、すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 10 VSM のアップグレードに進みます。


注意 VUM で Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされない VEM が存在する場合は、VSM アップグレードに進む前に、それらの VEM を手動でアップグレードしてください。

詳細については、「アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」を参照してください。


 

VEM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.2(1)SV1(4b) への手動アップグレード

VEM を手動でアップグレードするには、次の手順を実行します。


) この手順は、ネットワーク管理者が開始します。アップグレードに進む前に、VM の電源がオフになっていることを確認します。VSM は、Release 4.0(4)SV1(3d) にアップグレードされている必要があります。



ステップ 1 ESX ホスト バージョンを更新します。

switch (config)# vmware vem upgrade update-vibs bootflash:vem-release_final.tar.gz
 

ステップ 2 サーバ管理者に通知して、VEM アップグレード プロセスを調整します。

switch (config)# vmware vem upgrade notify
Warning:
Please ensure the hosts are running compatible ESX versions for the upgrade. Refer to corresponding "Cisco Nexus 1000V and VMware Compatibility Information" guide.
 

ステップ 3 アップグレードの通知が送信されたことを確認します。

switch (config)# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Availability Notified in vCenter
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-200912267-BG

) Upgrade Status に、上記の強調表示されているテキストが含まれていることを確認します。このテキストが存在しない場合は、Upgrade Error 行を確認し、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』で原因を調べます。


ステップ 4 サーバ管理者が vCenter サーバでアップグレードを承認したことを確認します。

サーバ管理者による VEM アップグレードの承認方法については、「vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認」を参照してください。

サーバ管理者がアップグレードを承認したら、VEM アップグレードに進みます。

switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade In Progress in vCenter
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time: Thu Mar 18 15:37:31 2010
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-200912267-BG
 

ステップ 5 サーバ管理者がすべての ESX ホスト VEM を新しい VEM ソフトウェア リリースで更新し、アップグレード プロセスが完了したことを通知してくるまで待ちます。サーバ管理者は、vi ホスト更新または ESX/ESXi 更新を使用して手動アップグレードを実行します。詳細については、『 Cisco Nexus 1000V VEM Software Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。

ESX ホストで VSM/vCenter サーバ(VC)がホストされていない場合は、ステップ 6に進みます。

ESX ホストで VSM/VC がホストされている場合は、サーバ管理者と協力して、VSM/VC の電源をオフにし、手動プロセスを使用して ESX ホスト上の VEM をアップグレードし、VSM/VC の電源をオンにします。

ステップ 6 Cisco Nexus 1000V Bundle ID アップグレード プロセスを開始します。


) VUM が vCenter 環境でイネーブルになっている場合は、vmware vem upgrade proceed コマンドを入力する前にそれをディセーブルにして、新しい VIB がすべてのホストに転送されないようにします。
VUM がディセーブルになっている場合は、vmware vem upgrade proceed コマンドを入力した際に show vmware vem upgrade status コマンドで出力されるエラーはすべて無視することができます。


vCenter サーバ上の Cisco Nexus 1000V Bundle ID が更新されるように vmware vem upgrade proceed コマンドを入力します。VUM がイネーブルになっており、Bundle ID を更新していない場合は、次に ESX を VSM に追加したときに不正な VIB バージョンが VEM に転送されます。

switch# vmware vem upgrade proceed
switch# show vmware vem upgrade status
2010 Mar 18 15:37:45 switch %VMS-5-DVS_UPGRADE_INFO: VEM Upgrade is completed successfully in vCenter.
 
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status: Upgrade Complete in vCenter
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time: Thu Mar 18 15:37:31 2010
Upgrade End Time(vCenter): Thu Mar 18 17:47:07 2010
Upgrade Error:
Upgrade Bundle ID:
VSM: VEM400-201107031-RG
DVS: VEM400-201107031-RG
 

ステップ 7 アップグレード プロセスが完了したら、VEM アップグレード状態をクリアします。

switch# vmware vem upgrade complete
switch# show vmware vem upgrade status
Upgrade VIBs: Upgrade VEM Image
Upgrade Status:
Upgrade Notification Sent Time:
Upgrade Status Time(vCenter):
Upgrade Start Time:
Upgrade End Time(vCenter):
Upgrade Error:
 

ステップ 8 アップグレード プロセスが完了していることを確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3d) 0.0
2 4.2(1)SV1(3d) 0.0
3 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-261974 (1.20)
4 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.1.0 Releasebuild-260247 (2.0)
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
4 02-00-0c-00-04-00 to 02-00-0c-00-04-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 10.78.109.100 NA NA
2 10.78.109.100 NA NA
3 10.78.109.104 1ee15784-f2e8-383e-8132-9026577ca1bb 10.78.109.104
4 10.78.109.102 44454c4c-4700-104e-804d-cac04f563153 10.78.109.102
* this terminal session
 

) 上の例で太字の行は、すべての VSM と VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされていることを表しています。


ステップ 9 VSM のアップグレードに進みます。


注意 すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされるまで、VSM アップグレードに進まないでください。

詳細については、「アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード」を参照してください。


 

アップグレード アプリケーションを使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

ここでは、VSM を Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードする方法について説明します。アップグレード アプリケーションは、VSM を Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードするにあたって推奨される方法です。

Release 4.0(4)SV1(1) または Release 4.0(4)SV1(2) からアップグレードする場合は、VSM を Release 4.0(4)SV1(3d) にアップグレードしておく必要があります。「VSM の Release 4.0(4)SV1(1、2) から Release 4.0(4)SV1(3d) へのアップグレード」を参照してください。

この中断のない VSM アップグレード手順では、レイヤ 3 で接続される VEM が、アップグレード中に仮 IP アドレスがプログラムされるときにフラップします。トラフィック フローは影響を受けません。


注意 Cisco Nexus 1010 上でアップグレードする場合は、アップグレードを開始する前に、セカンダリ VSM がアクティブで、プライマリ VSM がスタンバイであることを確認してください。プライマリ VSM がアクティブな場合は、system switchover コマンドを入力して、セカンダリ VSM をアクティブにします。

Cisco Nexus 1000V アップグレード アプリケーションの使用に関する前提条件

アップグレード アプリケーションを使用するための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、エラーを修正します。

VEM を先に Release 4.2(1)SV1(4b) へアップグレードして、VEM アップグレードを完了させます。

VSM(キックスタートおよびシステム)イメージをブートフラッシュにアップロードします。

VSM の mgmt0 および control0 と同じサブネット内に最大 3 つの追加 IP アドレスが必要になる場合があります。

レイヤ 2 またはレイヤ 3 のセットアップに応じて同一サブネット内の追加の IP アドレスを入力する必要があります。この追加 IP アドレスは、一方の VSM が前のリリース上に存在するために必要です。もう一方の VSM は Release 4.2(1)SV1(4b) 上に存在します。


注意 これらの IP アドレスが同一サブネット内に存在しないと、システムは矛盾した状態になります。システムを復旧する方法については、『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』を参照してください。

VSM 上で SSH をイネーブルにします。

アップグレード アプリケーションを開始する前に、同期された HA ペアを用意します。

認証、認可、アカウンティング(AAA)サーバが認証に使用される場合は、アップグレードで使用される仮 IP アドレスを認証データベースに追加します。


) この中断のない VSM アップグレード手順では、レイヤ 3 で接続される VEM が、アップグレード中にこれらの仮 IP アドレスがプログラムされるときにフラップします。トラフィック フローは影響を受けません。


アップグレード アプリケーションを使用して Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) への VSM ソフトウェア アップグレードを実行するには、次の手順を実行します。


注意 リムーバブル メディアが接続されたままの場合、たとえば、ISO を使用して VSM をインストールした後に、そのメディアを取り外すのを忘れていた場合、ホストがメンテナンス モードへの移行に失敗して、VUM アップグレードが失敗します。

この手順は、ネットワーク管理者が実行します。


ステップ 1 外部ストレージへの設定のバックアップを実行します。

ステップ 2 ブラウザのアドレス フィールドで、VSM の IP アドレスを入力し、Enter を押します。

[Cisco Nexus 1000V] ウィンドウが開きます。図 24 を参照してください。

図 24 Cisco Nexus 1000V アップグレード アプリケーション:初期ウィンドウ

 

 

ステップ 3 [Launch Upgrade Application] リンクをクリックします。

アプリケーションのダウンロードが開始されます。


) VEM が 1 つも接続されていないと、このウィンドウに [Launch Upgrade Application] リンクは表示されません。それでもアップグレードする場合は、http://<vsm-ip-address>/cgi-bin/upgrade.jnlp ディレクトリからアップグレード アプリケーションを実行できます。

VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) にアップグレードされていないと、このウインドウに、[Launch Upgrade Application] リンクは表示されません。


ステップ 4 [Warning - Security] 画面内の [Run] をクリックします。

VSM クレデンシャルの入力画面が開きます。図 25 を参照してください。

図 25 [Enter VSM Credentials] 画面

 

ステップ 5 VSM パスワードを入力し、[Next] をクリックします。

[Verify Module Upgrade] 画面が開きます。図 26を参照してください。

図 26 [Verify Module Upgrade] 画面

 

ステップ 6 モジュール数が正しいことを確認します。

ステップ 7 control0 を使用したレイヤ 3 接続で VEM に接続する場合は、このステップを続けます。それ以外の場合はステップ 8 に進みます。

a. VSM の仮 IP アドレスまたは Release 4.2(1)SV1(4b) VSM のコンソールにログインします。

b. 次のようにして、control0 インターフェイスに関連付けられたサブネット ルートまたはデフォルト ルートが存在しないか確認します。

[show running-config] コマンドを入力します。

「vrf context management」の下にあるルートを探します。

vrf context management
ip route 0.0.0.0/0 10.78.108.129
ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1

) 強調表示されている IP アドレスが、control0 インターフェイス経由の VEM 接続用のサブネット ルートです。


c. VEM 接続に使用されるルートのみを選択し、それらをグローバル コンフィギュレーション コンテキストの下に移動します。

VSM(config)# ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
VSM(config)# vrf context management
VSM(config-vrf)# no ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
 

) アップグレード手順が完了するまでは、実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに保存しないでください。


ステップ 8 VSM の仮 IP アドレスまたは Release 4.2(1)SV1(4b) VSM のコンソールにログインし、モジュール ステータスが ok かどうかを確認します。

モジュール ステータスが ok でない場合は、『 Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。すべてのモジュールが ok のステータスになるまで、先に進まないでください。

ステップ 9 仮 IP の VSM 内ですべてのモジュールのステータス表示が ok になったら、[Finish] をクリックします。


) アップグレードしない場合は、[Override: Force Upgrade] をクリックして、VEM を以前のリリースのままにします。この処理を行うと、ご使用の VEM は矛盾した状態となり、Cisco Nexus 1000V でサポートされません。


完了したら、[Next] をクリックします。

レイヤ 2 設定とレイヤ 3 設定のいずれがあるかに応じて、レイヤ 2 用の [Nexus 1000V Upgrade]:[Enter Upgrade Information] 画面が開くか(図 27 を参照)、ステップ 12 のレイヤ 3 用の [Nexus 1000V Upgrade]:[Enter Upgrade Information] 画面が開きます(図 28 を参照)。

ステップ 10 レイヤ 2 設定がある場合は、ステップ 11 に進みます。レイヤ 3 設定がある場合は、ステップ 12 に進みます。

図 27 レイヤ 2 用の [Enter Upgrade Information] 画面

 

ステップ 11 レイヤ 2 設定の場合は次を実行します。

a. [Current VSM IP Address] フィールドに、インターフェイス mgmt0 用の仮 IPv4 IP アドレスを入力します。

b. [New System Image] ドロップダウン リストから、 [nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin] を選択します。

c. [New Kickstart Image] ドロップダウン リストから、 [nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin] を選択します。

d. [Next] をクリックします。[Summary: Please Review Configurations] 画面が開きます。

e. ステップ 13 に進みます。

図 28 [Nexus 1000V Upgrade]:レイヤ 3 用の [Enter Upgrade Information] 画面

 

ステップ 12 レイヤ 3 設定の場合は次を実行します。

a. [Temporary Upgrade Ipv4 address for interface mgmt0 0] フィールドに、インターフェイス mgmt0 用の仮 IPv4 IP アドレスを入力します。

b. [Temporary Upgrade Ipv4 address for L3 interface control 0] フィールドに、L3 インターフェイス control0 用の仮 IPv4 IP アドレスを入力します。

c. [New System Image] ドロップダウン リストから、 [nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin] を選択します。

d. [New Kickstart Image] ドロップダウン リストから、 [nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin] を選択します。

e. [Next] をクリックします。[Summary: Please Review Configurations] 画面が開きます。

f. ステップ 13 に進みます。


) レイヤ 2 設定がある場合は、[Nexus 1000V Upgrade]:レイヤ 2 用の [Please Review Configurations] 画面が開きます。図 29 を参照してください。レイヤ 3 設定がある場合は、[Nexus 1000V Upgrade]:レイヤ 3 用の [Please Review Configurations] 画面が開きます。図 30 を参照してください。


図 29 [Nexus 1000V Upgrade]:レイヤ 2 用の [Please Review Configurations] 画面

 

図 30 [Nexus 1000V Upgrade]:レイヤ 3 用の [Please Review Configurations] 画面

 

 

ステップ 13 設定を確認し、[Next] をクリックします。[Upgrade Progress] 画面が開き、1 つめの VSM のアップグレードが開始されます。ステップ 14 に進みます。


注意 このステップが完了するまでに数分の時間がかかります。この画面を閉じると、セットアップは矛盾した状態のままになります。

図 31 [Nexus 1000V Upgrade]:2 つめの VSM の [Upgrade Progress] 画面

 

アップグレード プロセスが完了したら、[Nexus 1000V Upgrade]:[Verify Module Insertion] 画面が開きます。図 32 を参照してください。

図 32 [Nexus 1000V Upgrade]:[Verify Module Insertion] 画面

 

この画面をリフレッシュするには、 [Refresh List] ボタンを押します。


注意 [Override: Force Upgrade] ボタンをクリックしないでください。

 

 

ステップ 14 仮 IP アドレスまたは Release 4.2(1)SV1(4b) の VSM のコンソールにログインし、VEM についてモジュール ステータスの表示が OK で、すべてのインターフェイスがアップ ステータスにあることを確認します。

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
5 248 Virtual Ethernet Module NA ok
6 248 Virtual Ethernet Module NA ok
7 248 Virtual Ethernet Module NA ok
8 248 Virtual Ethernet Module NA ok
9 248 Virtual Ethernet Module NA ok
10 248 Virtual Ethernet Module NA ok
11 248 Virtual Ethernet Module NA ok
12 248 Virtual Ethernet Module NA ok
13 248 Virtual Ethernet Module NA ok
14 248 Virtual Ethernet Module NA ok
15 248 Virtual Ethernet Module NA ok
16 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- ---------------- ------------------------------------------------
1 4.2(1)SV1(3d) 0.0
2 4.2(1)SV1(4b) 0.0
 
switch# show interface brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port VRF Status IP Address Speed MTU
--------------------------------------------------------------------------------
mgmt0 -- up 10.78.1.141 1000 1500
 
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth3/4 1 eth trunk up none 10G 10
Eth3/5 1 eth trunk up none 10G 10
Eth4/2 1 eth trunk up none 10G 11
Eth5/3 1 eth trunk up none 10G 13
Eth5/4 1 eth trunk up none 10G 13
Eth6/3 1 eth trunk up none 10G 5
Eth6/4 1 eth trunk up none 10G 5
Eth7/3 1 eth trunk up none 10G 7
Eth7/4 1 eth trunk up none 10G 7
Eth8/2 1 eth trunk up none 10G 8
Eth9/2 1 eth trunk up none 10G 1
Eth10/3 1 eth trunk up none 10G 12
Eth10/4 1 eth trunk up none 10G 12
Eth11/4 1 eth trunk up none 10G 9
Eth11/5 1 eth trunk up none 10G 9
Eth12/11 1 eth trunk up none 10G 2
Eth12/12 1 eth trunk up none 10G 2
Eth13/2 1 eth trunk up none 10G 14
Eth14/2 1 eth trunk up none 10G 3
Eth15/2 1 eth trunk up none 10G 4
Eth16/4 1 eth trunk up none 10G 6
Eth16/5 1 eth trunk up none 10G 6
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port-channel VLAN Type Mode Status Reason Speed Protocol
Interface
--------------------------------------------------------------------------------
Po1 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po2 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po3 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po4 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po5 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po6 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po7 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po8 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po9 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po10 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po11 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po12 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po13 1 eth trunk up none a-10G(D) none
Po14 1 eth trunk up none a-10G(D) none
 
--------------------------------------------------------------------------------
Vethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed
--------------------------------------------------------------------------------
Veth1 1117 virt pvlan up none auto
Veth2 464 virt access up none auto
Veth3 464 virt access up none auto
Veth4 464 virt access up none auto
Veth5 464 virt access up none auto
Veth6 464 virt access up none auto
Veth7 464 virt access up none auto
Veth8 464 virt access up none auto
Veth9 464 virt access up none auto
Veth10 464 virt access up none auto
Veth11 464 virt access up none auto
Veth12 464 virt access up none auto
.
.
.
Veth998 464 virt access up none auto
Veth999 1403 virt access up none auto
Veth1000 464 virt access up none auto
Veth1001 464 virt access up none auto
Veth1002 1403 virt access up none auto

 


) VEM の数によっては、この部分のアップグレードに数分の時間がかかる場合があります。


ステップ 15 L3 コントロール モードのテストベッドがある場合は、次のステップに進みます。その他の場合は、ステップ 17 に進みます。

図 33 すべてのモジュールが接続されている画面

 

ステップ 16 仮 IP の VSM 内ですべてのモジュールのステータス表示が ok になったら、[Finish] をクリックします。

2 つめの VSM のアップグレード用の [Verify Module Insertion] 画面が開きます(図 34 を参照)。

図 34 [Nexus 1000V Upgrade]:2 つめの VSM のアップグレードの画面

 

 

 


) このステップが完了するまでに数分の時間がかかる可能性があります。ウィザードをキャンセルしないでください。


2 つめの VSM のアップグレードが完了すると、[Summary] 画面が開きます。図 35 を参照してください。

図 35 [Nexus 1000V Upgrade]:[Summary] 画面

 

ステップ 17 [Close] をクリックします。

VSM のアップグレードは完了です。

ステップ 18 次のコマンドを入力して、VSM の仮想デバイス コンテキスト ID を表示します。

switch(config)# show running-config | include vdc
vdc N1KV-VSM id 1
 

ステップ 19 次のコマンドを入力して、2048 本の VLAN のサポートを設定します。

switch(config)# vdc NIKV-VSM id 1
switch(config-vdc)# limit-resource vlan minimum 16 maximum 2049
 

ステップ 20 VSM バックアップ手順を実行します。

Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』の「Configuring VSM Backup and Recovery」の章を参照してください。

これでアップグレードは完了です。


 

手動のアップグレード手順を使用した VSM の Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) へのアップグレード

ここでは、CLI を使用して VSM を Release 4.0(4)SV1(3、3a、3b、3c、3d) から Release 4.2(1)SV1(4b) に手動でアップグレードする方法について説明します。

VSM のアップグレードに関する前提条件

VSM をアップグレードするための前提条件を次に示します。

PreUpgradeUtility を実行し、発生したエラーを修正します。

VEM は Release 4.2(1)SV1(4) にアップグレードされています。

キックスタート イメージとシステム イメージはブートフラッシュにアップロードされています。

VSM の mgmt0 および control0 と同じサブネット内に最大 3 つの追加 IP アドレスが必要になる場合があります。


注意 これらの IP アドレスが同一サブネット内に存在しないと、システムは矛盾した状態になります。『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)』を参照してください。

SSH は VSM 上でイネーブルになっています。

アップグレードを実行するには、VSM の HA 環境が必須です。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が協力してアップグレード手順を調整する。

アップグレード中に失われないように、実行コンフィギュレーションの変更内容をスタートアップ コンフィギュレーションに保存してある。

実行コンフィギュレーションのバックアップ コピーを外部ストレージに保存してある。

認証、認可、アカウンティング(AAA)サーバが認証に使用される場合は、アップグレードで使用される仮 IP アドレスを認証データベースに追加します。

アップグレードの実行には、アップグレード アプリケーションによる方法が推奨されています。

2 つの VSM は、VSM1 と VSM2 として識別され、それぞれアクティブ VSM とスタンバイ VSM になります。

Release 4.2(1)SV1(4b) に手動でアップグレードするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 VSM にログインします。

ステップ 2 キックスタート イメージとシステム イメージを bootflash: ファイル システムにコピーします。

switch# copy scp:root@10.78.27.167/N1K-VSM-images/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin bootflash:

switch# copy scp:root@10.78.27.167/N1K-VSM-images/nexus-1000v-kickstart.mz.4.2.1.SV1.4b.bin bootflash:

 

ステップ 3 現在の冗長性ステータスを表示します。

switch# show system redundancy status

bl-n1000v# show system redun status
Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: HA
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 
Other supervisor (sup-2)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
 

ステップ 4 現在の Cisco Nexus 1000V への接続を表示します。

switch# show svs connections
connection vcenter:
ip address: 192.0.2.10
remote port: 80
protocol: vmware-vim https
certificate: default
datacenter name: DC
DVS uuid: 0c bf 0b 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e
config status: Enabled
operational status: Connected
sync status: Complete
version: VMware vCenter Server 4.0.0 build-208111

 

ステップ 5 アップグレード プロセスが開始されたことを VEM に通知し、仮 IP アドレスを VSM2 に割り当てます。


) control0 インターフェイスでレイヤ 3 モードを使用する場合は、svs upgrade start mgmt0 ip ipaddr control0 ipaddr コマンドを使用して、仮 IP アドレスを mgmt0 と control0 に割り当てます。


switch# configure terminal


) 次のコマンドの ipaddr の値は、HA ペアが分割されているときに VSM2 にアクセスするために使用される仮 IP アドレスです。


switch(config)# svs upgrade start mgmt0 ip ipaddr

WARNING!
1. Please do not change the configuration of the system from this point onwards
2. Ensure that all relevant ports, including uplinks, vmknics, and vsifs used for control, packet, management, storage as well as VSM ports, are all configured with system profiles
3. Ensure there is network connectivity between VC, VSM pair, and the hosts/modules
4. Ensure all the hosts/modules are upgraded with the next version of VEM software package
switch(config)# end

 

switch(config)# show svs upgrade status

Upgrade State: Start

Upgrade mgmt0 ipv4 addr: 192.168.50.3

Upgrade mgmt0 ipv6 addr:

Upgrade control0 ipv4 addr: 191.168.50.3

 

ステップ 6 システムおよびキックスタートのブート変数を更新します。

switch# install all system bootflash: nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin

System image sync to standby is in progress...

System image is synced to standby.

Kickstart image sync to Standby is in progress...

Kickstart image is synced to standby.

Upgrade in process, hence Active boot variables are not updated.

Boot variables are updated to running configuration.

 

ステップ 7 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーし、確認します。

switch# copy running-config startup-config

[########################################] 100%

switch# show start | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2


) 後者のコマンドにより、アクティブ VSM(sup-1)は Release 4.0(4)SV1(3d) のままで、スタンバイ VSM は Release 4.2(1)SV1(4b) になっていることが示されています。


ステップ 8 ブート変数が Release 4.2(1)SV1(4b) に設定されている VSM をリロードします。

switch# reload module slot

This command will reboot standby supervisor module. (y/n)? [n] y
2011 June 14 20:11:51 av1-vsm %PLATFORM-2-PFM_MODULE_RESET: Manual restart of Module 2 from Command Line Interface
switch# 2011 Jun 14 20:11:58 av1-vsm %PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module 2 removed (Serial number T50569A5039

 

ステップ 9 仮 IP アドレスを使用して VSM2 にログインし、show module コマンドを入力してすべての VEM のステータスが OK であることを確認します。

AV5-VSM# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
2 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V ha-standby
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
4 248 Virtual Ethernet Module NA ok
5 248 Virtual Ethernet Module NA ok
6 248 Virtual Ethernet Module NA ok
7 248 Virtual Ethernet Module NA ok
8 248 Virtual Ethernet Module NA ok
9 248 Virtual Ethernet Module NA ok
10 248 Virtual Ethernet Module NA ok
11 248 Virtual Ethernet Module NA ok
12 248 Virtual Ethernet Module NA ok
13 248 Virtual Ethernet Module NA ok
14 248 Virtual Ethernet Module NA ok
15 248 Virtual Ethernet Module NA ok
16 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 

ステップ 10 現在の VSM2 がスタンドアロンであることを確認します。

switch# show system redundancy status

Redundancy role

---------------

administrative: standalone

operational: standalone

 

Redundancy mode

---------------

administrative: HA

operational: None

 

This supervisor (sup1)

----------------------

Redundancy state: Active

Supervisor state: Active

Internal state: Active with no standby

 

Other supervisor (sup-2)

------------------------

Redundancy State: Not present

 

 

ステップ 11 VSM1 上で、vCenter との接続を削除します。


注意 このステップは、vCenter サーバにあいまいなデータが転送されるのを防ぐために実行されます。このステップを実行しないと、VEM に悪影響を与える可能性があります。

switch# show running-config

svs-domain

domain id 470

control vlan 233

packet vlan 233

svs mod L2

svs upgrade start mgmt0 ip 192.0.2.1

svs connection vc

protocol vmware-vin

remote up address 192.0.2.133 port 80

vmware dvs uuid “0c bf 0e 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e” datacenter-name DC
connect

switch# config t

switch# (config)# svs connection vc

switch# (config-svs-conn)# no connect

 

ステップ 12 VSM1 のロールをセカンダリに変更します。

switch(config-svs-conn)# end

switch(config)# end

switch# system redundancy role secondary

Setting will be activated on next reload

switch# show run | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2

 

ステップ 13 VSM1 上のブート変数を、Release 4.2(1)SV1(4b) イメージを指すように変更します。

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin

switch(config)# no boot system bootflash:/nexus-1000v.mzg.4.0.4.SV1.3d.bin sup-1

switch(config)# boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin sup-1

switch(config)# end

switch# show run | in boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2

 

ステップ 14 VSM1 上で設定を保存します。

switch# copy running-config startup-config

[########################################] 100%

 

ステップ 15 VSM2 上で現在の接続を表示します。

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# show svs connect

connection vcenter:

ip address: 172.23.231.133

remote port: 80

protocol: vmware-vim https

certificate: default

datacenter name: n1000vDC

DVS uuid: 0c bf 0b 50 0b 4a b7 76-88 13 be 45 14 e8 9b 4e

config status: Enabled

operational status: Disconnected

sync status: -

version: -

 

ステップ 16 レイヤ 3 接続があり、control0 を使用して VEM に接続する場合は、このステップを続けます。それ以外の場合は、ステップ 17 に進みます。

a. VSM の仮 IP アドレスまたは Release 4.2(1)SV1(4b) VSM のコンソールにログインします。

b. 次のようにして、control0 インターフェイスに関連付けられたサブネット ルートまたはデフォルト ルートが存在しないか確認します。

[show running-config] コマンドを入力します。

「vrf context management」の下にあるルートを探します。

vrf context management
ip route 0.0.0.0/0 10.78.108.129
ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1

) 強調表示されている IP アドレスが、control0 インターフェイス経由の VEM 接続用のサブネット ルートです。


c. VEM 接続に使用されるルートのみを選択し、それらをグローバル コンフィギュレーション コンテキストの下に移動します。

switch(config)# ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
switch(config)# vrf context management
switch(config-vrf)# no ip route 192.168.1.0/24 192.168.2.1
 

注意 アップグレード手順が完了するまでは、実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに保存しないでください。

ステップ 17 VSM の仮 IP アドレスまたは Release 4.2(1)SV1(4b) VSM のコンソールにログインし、モジュール ステータスが ok かどうかを確認します。

モジュール ステータスが ok でない場合は、『 Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』を参照してください。すべてのモジュールが ok のステータスになるまで、先に進まないでください。

ステップ 18 アップグレード プロセスが完了したことを VEM に通知します。


) すべての VEM が Release 4.2(1)SV1(4b) VSM に接続されていることを確認してください。Release 4.0(4)SV1(3d) VSM に接続されていた VEM の数が Release 4.2(1)SV1(4b) VSM に接続されている VEM の数と一致することを比較により確認します。モジュール ステータス =「ok」のものを確認します。


switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# svs upgrade complete

Warning: Config saved but not pushed to vCenter Server due to inactive connection!

switch(config)# end

switch# show run | in svs

svs-domain

svs mode L2

svs upgrade complete

svs connection vc

switch# config t

Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

switch(config)# svs connection name

switch(config-svs-conn)# connect

switch(config-svs-conn)# end

switch(config)# end

switch# show module

Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
3 248 Virtual Ethernet Module NA ok
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SV1(3d) 0.0
3 4.2(1)SV1(4b) VMware ESXi 4.0.0 Releasebuild-208167 (1.9)1.9
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
3 02-00-0c-00-03-00 to 02-00-0c-00-03-80 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- ------------- ------------------------------------ --------------------
1 172.23.233.64 NA NA
3 172.23.232.72 33393935-3234-5553-4538-35314e323554 sfish-srvr-72
* this terminal session

 

ステップ 19 VSM2 のロールをプライマリに変更します。

switch# system redundancy role primary

 

switch(config-svs-conn)# show running-config | i boot

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin sup-1

boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin sup-1

boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.0.4.SV1.3c.bin sup-2

boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3c.bin sup-2

 

ステップ 20 VSM2 上のブート変数を、Release 4.2(1)SV1(4b) イメージを指すように変更します。

switch(config-svs-conn)# configure terminal
 
switch(config)# boot kickstart bootflash:nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin
Note: system and kickstart bootvars are pointing to incompatible images
switch(config)# no boot system bootflash:nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.3c.bin sup-2
switch(config)# boot system bootflash:nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2
 
 
switch(config)# show running-config | i boot
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin sup-1
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin sup-1
boot kickstart bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mz.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2
boot system bootflash:/nexus-1000v-mz.4.2.1.SV1.4b.bin sup-2
 

ステップ 21 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

switch(config)# copy running-config startup-config
 

ステップ 22 VSM1 をリロードします。

switch# show version | grep version

version 4.0(4)SV1(3d)

switch# show run int mgmt0

!Command: show running-config interface mgmt0

!Time: Mon Jun 14 20:27:27 2010

 

version 4.2(1)SV1(4b)

 

interface mgmt0

ip address 192.0.2.11/24

 

switch# reload

This command will reboot the system. (y/n)? [n] y

switch# copy running-config startup-config

switch# reload

 

ステップ 23 VSM2 の mgmt0 の IP アドレスを共有 IP アドレスに戻します。

switch# show run int mgmt0

switch# config t

switch(config)# int mgmt0

switch(config-if)# ip address 192.0.2.11 255.255.255.0

 

ステップ 24 アップグレードされた HA ペアを確認します。

switch# show system redundancy status

Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
 
Other supervisor (sup-2)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
 

ステップ 25 設定を保存します。

switch# copy running-config startup-config

[########################################] 100%

 

ステップ 26 VSM バックアップ手順を実行します。

Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4b) 』の「Configuring VSM Backup and Recovery」の章を参照してください。


 

vCenter クライアントでの VEM アップグレードの承認

ここでは、サーバ管理者が vCenter クライアントで VEM アップグレードを承認するために実行する手順について説明します。内容は次のとおりです。

「VEM アップグレードの承認に関する前提条件」

「VEM のアップグレードの承認」

VEM のアップグレード方法については、「VEM のアップグレード」を参照してください。

VEM アップグレードの承認に関する前提条件

VEM アップグレードを承認するための前提条件を次に示します。

CLI に EXEC モードでログインします。

ネットワーク管理者とサーバ管理者が互いに協力してアップグレード手順を調整する必要があります。

Release 4.0(4)SV1(1) または Release 4.0(4)SV1(2) からアップグレードする場合は、VEM アップグレードの前に VSM をアップグレードします。

VEM ソフトウェアのアップグレードが利用可能であるという vCenter の通知を受信している。

VEM のアップグレードの承認

ネットワーク管理者が VSM をアップグレードし、新しい VEM ソフトウェア バージョンが利用可能であることを vCenter サーバに通知してから、サーバ管理者が VEM アップグレードを承認します。

VEM アップグレードに対する要求を承認するには、次の手順を実行します。


) この手順は、サーバ管理者が実行します。



ステップ 1 vSphere Client DVS の [Summary] タブをクリックして、ソフトウェア アップグレードが使用可能かどうかを確認します(図 36 を参照)。

図 36 vSphere Client DVS の [Summary] タブ

 

 

ステップ 2 [Apply upgrade] をクリックします。

次の処理が行われます。

VEM にアップグレードを適用できることがネットワーク管理者に通知される。

ネットワーク管理者が vCenter に VEM アップグレードを開始するよう通知する。

VUM を使用する場合、vCenter によって DVS がロックされて VUM が始動し、VEM がアップグレードされる。

ネットワーク管理者が実施する VEM アップグレードの詳細については、「VEM のアップグレード」 を参照してください。


 

トラブルシューティング

ここでは、Cisco Nexus 1000V のアップグレード プロセス中に発生する可能性のある問題に対していくつかのトラブルシューティング ガイドラインを提供します。内容は次のとおりです。

「非デフォルト(jumbo)MTU 設定の症状とソリューション」

非デフォルト(jumbo)MTU 設定の症状とソリューション

 

現象
考えられる原因
ソリューション

ESX サーバをリブートすると、MTU 設定が Cisco Nexus 1000V に接続された VM NIC(pNIC)用のデフォルト(1500)に戻り、トラフィックと接続が失われます。

Cisco Nexus 1000 に接続された pNIC 用の MTU がデフォルト値から変更された場合は、ESX のリブートによって 1500 のデフォルト値に戻される可能性があります。

esxcfg-nics -l コマンドを入力して、ESX 上の MTU 設定を確認します。対応する pNIC に関する MTU 設定を確認します。

システム アップリンク ポートの場合は、そのポートに適用されるシステム ポート プロファイル内で mtu コマンドを設定して、システム VLAN を持つアップリンク インターフェイスに対して MTU が維持されるようにします。

非システム アップリンクの場合は、VSM によって、インターフェイス コンフィギュレーションに基づいた正しい MTU が設定されます。 mtu コマンドは非システム プロファイルまたはポートに適用されません。

関連資料

この項では、Cisco Nexus 1000 とともに使用されるマニュアルの一覧を示します。これらのマニュアルは、 Cisco.com の次に示す URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9902/tsd_products_support_series_home.html

コンフィギュレーション

Cisco Nexus 1000V License Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4a)

Cisco Nexus 1000V Getting Started Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)

Cisco Nexus 1000V High Availability and Redundancy Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)

Cisco Nexus 1000V Interface Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4a)

Cisco Nexus 1000V Layer 2 Switching Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V Port Profile Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4a)

Cisco Nexus 1000V Quality of Service Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V Security Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)

Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4b)

Cisco Nexus 1010 Software Configuration Guide, Release 4.2(1)SP1(4)

Virtual Security Gateway マニュアル

Cisco Virtual Security Gateway for Nexus 1000V Series Switch

Virtual Network Management Center

Virtual Network Management Center

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。