Cisco Nexus 1000V トラブルシューティング ガイド リリース 4.0(4)SV1(3a)
新機能と変更された機能
新機能と変更された機能
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2011/04/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

新機能と変更された機能

新機能と変更された機能

このセクションでは、このマニュアルの各リリースで新たに追加または変更された情報について説明します。

新機能またはコマンドの変更の詳細については、次のものを参照してください。

リリース ノート

コマンド リファレンス

 

新しい内容または変更された内容
説明
対象リリース
参照先

vemcmd set port-mode コマンド

間違ったポート設定が原因で失われた接続を復元します。

4.0(4)SV1(3a)

「VEM 設定の確認」

VEM ヘルス チェック

VEM ヘルス チェックでは、接続問題の原因と、トラブルシューティングで推奨される次のステップが示されます。

4.0(4)SV1(3)

「VSM と VEM の間のネットワーク接続の確認」

ESX の再起動後の VSM 接続の失敗

このセクションでは、ESX の再起動後に MTU 不一致に関連して接続が失われるのを防ぐ方法について説明します。

4.0(4)SV1(3)

「ESX の再起動後の接続の失敗」