Cisco Nexus 1000V コマンド リファレンス リリース 4.2(1)SV1(5.1)
show コマンド
show コマンド
発行日;2012/07/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

show コマンド

show aaa accounting

show aaa authentication

show aaa groups

show access-list summary

show accounting log

show banner motd

show boot

show bridge-domain

show cdp

show cdp neighbors

show class-map

show cli variables

show cores

show feature

show file

show flow exporter

show flow interface

show flow monitor

show flow record

show interface brief

show interface capabilities

show interface counters trunk

show interface ethernet

show interface ethernet counters

show interface ethernet status

show interface ethernet transceiver

show interface port-channel

show interface port-channel counters

show interface status

show interface switchport

show interface trunk

show interface vethernet

show interface vethernet counters

show interface vethernet status

show interface virtual

show interface virtual port-mapping

show ip access-list

show ip access-list summary

show ip arp client

show ip arp inspection interface

show ip arp inspection statistics

show ip arp inspection vlan

show ip arp statistics

show ip dhcp snooping

show ip dhcp snooping binding

show ip dhcp snooping statistics

show ip igmp snooping

show ip igmp snooping explicit-tracking vlan

show ip igmp snooping groups

show ip igmp snooping mrouter

show ip igmp snooping querier

show ip verify source

show lacp counters

show lacp interface

show lacp neighbor

show lacp offload status

show lacp port-channel

show lacp system-identifier

show license

show license brief

show license file

show license host-id

show license usage

show logging logfile

show logging module

show logging server

show logging timestamp

show mac access-lists

show mac address-table

show mac address-table aging-time

show mac address static

show module

show module uptime

show module vem license-info

show module vem counters

show module vem mapping

show module vem missing

show monitor

show monitor session

show network-segment manager switch

show network-segment network

network-segment policy migrate

show network-segment policy usage

show network-state tracking

show network-state tracking config

show ntp peer-status

show ntp peers

show ntp statistics

show password strength-check

show policy-map

show policy-map interface

show port-channel compatibility-parameters

show port-channel database

show port-channel load-balance

show port-channel rbh-distribution

show port-channel summary

show port-channel traffic

show port-channel usage

show port-profile

show port-profile expand-interface

show port-profile-role

show port-profile-role users

show port-profile sync-status

show port-profile virtual usage

show port-security

show port-security address

show port-security interface

show processes

show radius-server

show radius-server directed-request

show radius-server groups

show radius-server sorted

show radius-server statistics

show running-config diff

show running-config interface ethernet

show running-config interface port-channel

show running-config interface vethernet

show running-config network-segment policy

show running-config port-profile

show running-config vlan

show snmp

show ssh key

show ssh server

show startup-config aaa

show startup-config network-segment policy

show startup-config radius

show startup-config security

show svs connections

show svs domain

show svs neighbors

show svs upgrade status

show system error-id

show system redundancy status

show system resources

show system vem feature level

show table-map

show tacacs-server

show tcp client

show tcp connection

show tcp statistics

show tech-support

show telnet server

show terminal

show user-account

show users

show version

show version image

show virtual-service-domain brief

show virtual-service-domain interface

show virtual-service-domain name

show vlan

show vlan all-ports

show vlan brief

show vlan id

show vlan private-vlan

show vlan summary

show vmware vc extension-key

show vmware vem upgrade status

show xml server status

show コマンド

この章では、Cisco Nexus 1000V の show コマンドについて説明します。

show aaa accounting

AAA アカウンティング設定を表示するには、 show aaa accounting コマンドを使用します。

show aaa accounting

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、アカウンティング設定を表示する例を示します。

n1000v# show aaa accounting
default: local
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa accounting login

コンソールまたはデフォルトのログインのアカウンティング方法を設定します。

show running-config aaa [all]

実行コンフィギュレーション内に現在存在する AAA コンフィギュレーションを表示します。

show aaa authentication

AAA 認証の設定を表示するには、 show aaa authentication コマンドを使用します。

show aaa authentication [ login error-enable | login mschap ]

 
構文の説明

login error-enable

(任意)認証ログイン エラー メッセージ イネーブル コンフィギュレーションを表示します。

login mschap

(任意)認証ログイン MS-CHAP イネーブル設定を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、設定された認証パラメータを表示する例を示します。

n1000v# show aaa authentication
default: local
console: local
 

次に、認証ログイン エラーイネーブル設定を表示する例を示します。

n1000v# show aaa authentication login error-enable
disabled
 

次に、認証ログイン MSCHAP 設定を表示する例を示します。

n1000v# show aaa authentication login mschap
disabled

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa authentication login

コンソールまたはデフォルト ログイン認証方式を設定します。

show running-config aaa [all]

実行コンフィギュレーション内に現在存在する AAA コンフィギュレーションを表示します。

show aaa groups

設定されている AAA サーバ グループを表示するには、 show aaa groups コマンドを使用します。

show aaa groups

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、AAA グループ情報を表示する例を示します。

n1000v# show aaa groups
radius
TacServer
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa group

AAA サーバ グループを設定します。

show running-config aaa [all]

実行コンフィギュレーション内に現在存在する AAA コンフィギュレーションを表示します。

show access-list summary

設定したアクセス コントロール リスト(ACL)を表示するには、 show access-list summary コマンドを使用します。

show access-list summary

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、設定されている ACL を表示する例を示します。

n1000v# show access-lists summary
 
IP access list acl1
Total ACEs Configured:1
 
n1000v#n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip access-list

IP ACL を作成して、IP ACL コンフィギュレーション モードを開始します。

show ip access-lists

IP ACL の設定を表示します。

show accounting log

アカウンティングのログ内容を表示するには、 show accounting log コマンドを使用します。

show accounting log [ size ] [start-time year month day HH : MM : SS ]

 
構文の説明

size

(任意)表示するログのサイズ(バイト単位)。有効な範囲は 0 ~ 250000 です。

start-time year month day HH : MM : SS

(任意)開始時刻を次のとおりに指定します。

年(year)は yyyy 形式で指定します(例:2009)。

月( month )は 3 文字の英語略称で指定します(例:Feb)。

日( day )は 1 ~ 31 の範囲内の数字で指定します。

時、分、秒( HH:MM:SS )は標準的な 24 時間形式で指定します(例:16:00:00)。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、アカウンティング ログ全体を表示する例を示します。

n1000v# show accounting log
Wed Jul 22 02:09:44 2009:update:vsh.3286:root:configure terminal ; port-profile Unused_O
r_Quarantine_Uplink ; capability uplink (SUCCESS)
Wed Jul 22 07:57:50 2009:update:171.71.55.185@pts/2:admin:configure terminal ; flow reco
rd newflowrecord (SUCCESS)
Wed Jul 22 08:48:57 2009:start:swordfish-build1.cisco.com@pts:admin:
Wed Jul 22 08:49:03 2009:stop:swordfish-build1.cisco.com@pts:admin:shell terminated grac
efully
Wed Jul 22 08:50:36 2009:update:171.71.55.185@pts/2:admin:configure terminal ; no flow r
ecord newflowrecord (SUCCESS)
Thu Jul 23 07:21:50 2009:update:vsh.29016:root:configure terminal ; port-profile Unused_
Or_Quarantine_Veth ; state enabled (SUCCESS)
Thu Jul 23 10:25:19 2009:start:171.71.55.185@pts/5:admin:
Thu Jul 23 11:07:37 2009:update:171.71.55.185@pts/5:admin:enabled aaa user default role
enabled/disabled
doc-n1000v(config)#

次に、アカウンティング ログの 400 バイトを表示する例を示します。

n1000v# show accounting log 400
 
Sat Feb 16 21:15:24 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show accounting log start-time 2008 Feb 16 18:31:21
Sat Feb 16 21:15:25 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show system uptime
Sat Feb 16 21:15:26 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show clock
 

次に、2008 年 2 月 16 日の 16:00:00 に開始するアカウンティング ログを表示する例を示します。

n1000v(config)# show accounting log start-time 2008 Feb 16 16:00:00
 
Sat Feb 16 16:00:18 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show logging log file start-time 2008 Feb 16 15:59:16
Sat Feb 16 16:00:26 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show accounting log start-time 2008 Feb 16 12:05:16
Sat Feb 16 16:00:27 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show system uptime
Sat Feb 16 16:00:28 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show clock
Sat Feb 16 16:01:18 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show logging log file start-time 2008 Feb 16 16:00:16
Sat Feb 16 16:01:26 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show accounting log start-time 2008 Feb 16 12:05:16
Sat Feb 16 16:01:27 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show system uptime
Sat Feb 16 16:01:29 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show clock
Sat Feb 16 16:02:18 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show logging log file start-time 2008 Feb 16 16:01:16
Sat Feb 16 16:02:26 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show accounting log start-time 2008 Feb 16 12:05:16
Sat Feb 16 16:02:28 2008:update:/dev/pts/1_172.28.254.254:admin:show system uptime
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear accounting log

アカウンティング ログを消去します。

show banner motd

設定されているバナー メッセージを表示するには、 show banner motd コマンドを使用します。

show banner motd

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、設定されているバナー メッセージを表示する例を示します。

n1000v(config)# show banner motd
April 16, 2008 Welcome to the Switch

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner motd

Message of the Day バナーを設定します。

switchname

スイッチ プロンプトを変更します。

show boot

システムとキックスタートのブート変数を表示して確認するには、 show boot コマンドを使用します。

show boot [ auto-copy [ list ] | sup-1 | sup-2 | variables ]

 
構文の説明

auto-copy

(任意)自動コピーをイネーブルにするかどうかを決定します。

list

(任意)自動コピーするファイルの一覧を表示します。

sup-1

(任意)sup-1 スーパーバイザ モジュールの設定を表示します。

sup-2

(任意)sup-2 スーパーバイザ モジュールの設定を表示します。

variables

(任意)ブート変数のリストを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、システムとキックスタートのブート変数を表示して確認する例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# show boot
 
sup-1
kickstart variable =
bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4
.SV1.2.bin
system variable =
bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.2.bin
sup-2
kickstart variable =
bootflash:/nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4
.SV1.2.bin
system variable =
bootflash:/nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.2.bin
No module boot variable set
n1000v(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

boot system bootflash:

新しいシステム ブート変数を追加します。

boot kickstart bootflash:

新しいキックスタート ブート変数を追加します。

reload

Virtual Supervisor Module(VSM)をリロードします。

show version

VSM に存在するソフトウェア バージョンを表示します。

show bridge-domain

ブリッジ ドメインに関する情報を表示するには、 show bridge-domain コマンドを使用します。

show bridge-domain [ bd-name | brief | summary ]

 
構文の説明

bd-name

(任意)ブリッジ ドメインの名前。

brief

(任意)ブリッジ ドメインの情報の簡潔な要約だけを表示することを指定します。

summary

(任意)すべてのブリッジ ドメインのサマリー情報を表示することを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(5.1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、すべてのブリッジ ドメインを表示する例を示します。

n1000v(config)# show bridge-domain
 
Bridge-domain tenant-red (3 port in all)
Segment ID: 5000 (manual/Active
Group IP: 224.24.109.28
State: UP Mac learning: Enabled
Veth5, Veth7, Veth9
 

次に、ブリッジ ドメインの情報の簡潔な要約を表示する例を示します。

n1000v(config)# show bridge-domain brief
Bridge-domain Status Ports
------------------------------------- --------- -------------------------------
tenant-red active Veth5, Veth7, Veth9
 
 

次に、すべてのブリッジ ドメインのサマリー情報を表示する例を示します。

n1000v(config)# show bridge-domain summary
Number of existing bridge-domains: 1
n1000v(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

bridge domain

VXLAN を作成します。

 

 

show cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP)の設定を表示するには、 show cdp コマンドを使用します。

show cdp { all | entry { all | name s0 } | global | interface if0 | traffic interface if2 }

 
構文の説明

all

CDP データベース内のすべてのインターフェイスを表示します。

entry

データベース内の CDP エントリを表示します。

name name

名前に一致する CDP エントリを表示します。

global

全インターフェイスに対する CDP パラメータを表示します。

interface interface

特定のインターフェイスに対する CDP パラメータを表示します。

traffic interface interface

CDP トラフィック統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、グローバル CDP 設定を表示する例を示します。

n1000v(config)# show cdp global

Global CDP information:

CDP enabled globally

Sending CDP packets every 5 seconds

Sending a holdtime value of 10 seconds

Sending CDPv2 advertisements is disabled

Sending DeviceID TLV in Mac Address Format

 

次に、指定したインターフェイスの CDP 設定を表示する例を示します。

n1000v(config)# show cdp interface ethernet 2/3
Ethernet2/3 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds

次に、指定したインターフェイスの CDP トラフィック統計情報を表示する例を示します。

n1000v(config)# show cdp traffic interface ethernet 2/3
----------------------------------------
Traffic statistics for Ethernet2/3
Input Statistics:
Total Packets: 98
Valid CDP Packets: 49
CDP v1 Packets: 49
CDP v2 Packets: 0
Invalid CDP Packets: 49
Unsupported Version: 49
Checksum Errors: 0
Malformed Packets: 0
 
Output Statistics:
Total Packets: 47
CDP v1 Packets: 47
CDP v2 Packets: 0
Send Errors: 0
 

次に、全インターフェイスに対する CDP パラメータを表示する例を示します。

n1000v# show cdp all
Ethernet2/2 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
Ethernet2/3 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
Ethernet2/4 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
Ethernet2/5 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
Ethernet2/6 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
mgmt0 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show cdp neighbors

アップストリーム デバイスの設定と機能を表示します。

cdp enable

インターフェイス モードでは、特定のインターフェイスに対して CDP をイネーブルにします。

EXEC モードでは、デバイスに対して CDP をイネーブルにします。

cdp advertise

アドバタイズする CDP バージョンを割り当てます。

show cdp neighbors

アップストリーム デバイスの設定と機能を表示するには、 show cdp neighbors コマンドを使用します。

show cdp neighbors [ interface if ] detail

 
構文の説明

interface if

(任意)指定されたインターフェイスの CDP ネイバーを表示します。

detail

すべての CDP ネイバーの詳細な設定を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、アップストリーム デバイスの設定と機能を表示する例を示します。

n1000v(config)# show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
s - Supports-STP-Dispute
 
Device ID Local Intrfce Hldtme Capability Platform Port ID
 
swordfish-6k-2 Eth2/2 169 R S I WS-C6503-E Gig1/14
swordfish-6k-2 Eth2/3 139 R S I WS-C6503-E Gig1/15
swordfish-6k-2 Eth2/4 135 R S I WS-C6503-E Gig1/16
swordfish-6k-2 Eth2/5 177 R S I WS-C6503-E Gig1/17
swordfish-6k-2 Eth2/6 141 R S I WS-C6503-E Gig1/18
 

次に、特定のインターフェイスのアップストリーム デバイスの設定と機能を表示する例を示します。

n1000v(config)# show cdp neighbors interface ethernet 2/3
Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater,
V - VoIP-Phone, D - Remotely-Managed-Device,
s - Supports-STP-Dispute
 
 
Device ID Local Intrfce Hldtme Capability Platform Port ID
 
swordfish-6k-2 Eth2/3 173 R S I WS-C6503-E Gig1/15
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show cdp

デバイスの CDP 設定と機能を表示します。

cdp enable

インターフェイス モードでは、特定のインターフェイスに対して CDP をイネーブルにします。

EXEC モードでは、デバイスに対して CDP をイネーブルにします。

cdp advertise

アドバタイズする CDP バージョンを割り当てます。

show class-map

すべてのクラス マップまたは指定したクラス マップに対するクラス マップ設定を表示するには、 show class-map コマンドを使用します。

show class-map [[ type qos ] [ cmap-name ]]

 
構文の説明

type

(任意)クラス マップ タイプを指定します。

qos

(任意)QoS タイプを指定します。

cmap-name

(任意)既存のクラス マップの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、QoS タイプのすべてのクラス マップのクラス マップ設定を表示する例を示します。

n1000v# show class-map type qos
 
 
Type qos class-maps
====================
 
class-map type qos match-all class1
 
class-map type qos match-all class2
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

class-map

指定したクラス マップに対してクラス マップ QoS コンフィギュレーション モードを開始し、実行コンフィギュレーションでそのマップ名を設定して保存します。

match access-group name

実行コンフィギュレーションで、このクラスに対して照合するアクセス グループを設定し、保存します。

show ip access-lists

すべての IPv4 アクセス コントロール リスト(ACL)または特定の IPv4 ACL を表示します。

show cli variables

ユーザ定義の CLI 固定変数を表示するには、 show cli variables コマンドを使用します。

ユーザ定義の CLI 固定変数を削除するには、コンフィギュレーション モードで cli no var name コマンドを使用します。

show cli variables

cli no var name name

 
構文の説明

name

既存の変数の名前を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ユーザ定義 CLI 固定変数を表示する例を示します。

n1000v# show cli variables
VSH Variable List
-----------------
TIMESTAMP="2008-07-02-13.45.15"
testinterface="ethernet 3/1"
 

次に、 mgmtport というユーザ定義 CLI 固定変数を削除する例を示します。

n1000v# cli no var name mgmtport
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

cli var name

端末セッションのコマンドライン インターフェイス(CLI)変数を定義します。

run-script

ファイルに保存されているコマンド スクリプトを実行します。

show cores

最新のコア イメージを表示するには、 show cores コマンドを入力します。

show cores

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

サービスの障害が発生すると、システムのコア イメージ ファイルが生成されます。

次に、最新のコア イメージを表示する例を示します。

n1000v# show cores
Module-num Instance-num Process-name PID Core-create-time
---------- ------------ ------------ --- ----------------
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show processes

プロセス ログに関する情報を表示します。

show feature

LACP または NetFlow などの使用可能な機能、およびそれらがイネーブルかどうかを表示するには、 show feature コマンドを使用します。

show feature

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

この例では、使用可能な機能、およびそれらがイネーブルかどうかを表示する方法を示します。

n1000v# show feature
Feature Name Instance State
-------------------- -------- --------
dhcp-snooping 1 enabled
http-server 1 enabled
ippool 1 enabled
lacp 1 enabled
lisp 1 enabled
lisphelper 1 enabled
netflow 1 disabled
port-profile-roles 1 enabled
private-vlan 1 disabled
sshServer 1 enabled
tacacs 1 enabled
telnetServer 1 enabled
bl-n1000v(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature lacp

ポート チャネルの LACP のサポートをイネーブルにします。

feature dhcp

DHCP スヌーピングのサポートをイネーブルにします。

feature netflow

NetFlow のサポートをイネーブルにします。

feature private-vlan

プライベート VLAN のサポートをイネーブルにします。

show file

部分的なファイル名を入力し、Tab キーを押して完全ファイル名を表示するには、 show file コマンドを使用します。

show file { bootflash: | volatile: | debug: } partial_filename [ cksum | md5sum ]

 
構文の説明

bootflash

ディレクトリまたはファイル名を指定します。

volatile:

揮発性フラッシュのディレクトリまたはファイル名を指定します。

debug:

拡張フラッシュのディレクトリまたはファイル名を指定します。

partial_
filename

表示されるファイル名の一部分を指定します。Tab キーを押すと、部分的な名前に一致する既存のファイルがすべてリストされます。

cksum

ファイルの CRC チェックサムを表示します。

md5sum

ファイルの MD5 チェックサムを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

部分的なファイル名を入力して Tab キーを押すと、入力した文字が単一のファイルのみに一致する場合、CLI によりファイル名が補完されます。

一致しない場合は、入力した文字に一致するファイル名の選択肢の一覧が表示されます。

その後、ファイル名が一意になるような十分な文字を入力することで、CLI によりファイル名が補完されます。

次に、部分的なファイル名を入力し、Tab キーを押して完全ファイル名を表示する例を示します。

n1000v# show file bootflash:nexus-1000v <Tab>
bootflash:nexus-1000v-dplug-mzg.4.0.4.SV1.0.42.bin bootflash:nexus-1000v-mzg.4.0.4.SV1.0.42.bin
bootflash:nexus-1000v-kickstart-mzg.4.0.4.SV1.0.42.bin

 
関連コマンド

コマンド
説明

dir

ディレクトリまたはファイルの内容を表示します。

copy

指定したコピー元から指定したコピー先にファイルをコピーします。

mkdir

現在のディレクトリ レベルにディレクトリを作成します。

rmdir

ディレクトリを削除します。

show flow exporter

フロー エクスポータに関する情報を表示するには、 show flow exporter コマンドを使用します。

show flow exporter [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)既存のフロー エクスポータの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CLI フロー エクスポータ コンフィギュレーション(config-flow-exporter)

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、フロー エクスポータに関する情報を表示する例を示します。

n1000v(config-flow-exporter)# show flow exporter

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow exporter

フロー エクスポータを作成して、実行コンフィギュレーションに保存します。次に、CLI フロー エクスポータ コンフィギュレーション モードに切り替えます。

show flow interface

フロー インターフェイス情報を表示します。

show flow monitor

モニタ設定を表示します。

show flow record

レコード設定を表示します。

show flow interface

指定したインターフェイスの NetFlow 設定を表示するには、 show flow interface コマンドを使用します。

show flow interface { ethernet interface_number | vethernet slot_number }

 
構文の説明

ethernet

イーサネット IEEE 802.3z を示します。

interface_number

このインターフェイスを識別する番号です。範囲は、1 ~ 1048575 です。

vethernet

仮想イーサネット インターフェイスを示します。

slot_number

スロットを識別する番号です。範囲は、1 ~ 66 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、vEthernet スロット 2 の NetFlow 設定情報を表示する例を示します。

n1000v(config-if)# show flow interface veth 2
Interface veth 2:
Monitor: MonitorTest
Direction: Output

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow monitor

名前ごとにフロー モニタを作成し、実行コンフィギュレーションに保存します。次に、CLI フロー モニタ コンフィギュレーション モードに切り替えます。

flow exporter

フロー エクスポータを作成して、実行コンフィギュレーションに保存します。次に、CLI フロー エクスポータ コンフィギュレーション モードに切り替えます。

show flow exporter

フロー エクスポータに関する情報を表示します。

show flow monitor

モニタ設定を表示します。

show flow record

レコード設定を表示します。

show flow monitor

既存のフロー モニタに関する情報を表示するには、 show flow monitor コマンドを使用します。

show flow monitor [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)既存のフロー モニタの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、MonitorTest という名前のフロー モニタに関する情報を表示する例を示します。

n1000v(config-flow-monitor)# show flow monitor MonitorTest
Flow Monitor monitortest:
Use count: 0
Inactive timeout: 600
Active timeout: 1800
Cache Size: 15000
n1000v(config-flow-monitor)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow monitor

名前ごとにフロー モニタを作成し、実行コンフィギュレーションに保存します。次に、CLI フロー モニタ コンフィギュレーション モードに切り替えます。

flow exporter

フロー エクスポータを作成して、実行コンフィギュレーションに保存します。次に、CLI フロー エクスポータ コンフィギュレーション モードに切り替えます。

show flow exporter

フロー エクスポータに関する情報を表示します。

show flow record

レコード設定を表示します。

show flow record

NetFlow フロー レコード情報を表示するには、 show flow record コマンドを使用します。

show flow record [ recordname | netflow-original | netflow { ipv4 { original-input | original-output | netflow protocol-port }}]

 
構文の説明

recordname

(任意)既存の NetFlow フロー レコードの名前。

netflow-original

(任意)起点 AS の従来の IPv4 入力 NetFlow を指定します。

netflow

(任意)従来の NetFlow 収集スキームを指定します。

ipv4

IPv4 収集スキームを指定します。

original-input

入力 NetFlow を示します。

original-output

出力 NetFlow を示します。

netflow protocol-port

プロトコルおよびポート集計方式を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

CLI フロー エクスポータ コンフィギュレーション(config-flow-exporter)

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドは、protocol-port 属性を netflow protocol-port に変更するように修正されました。

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に RecordTest という NetFlow フロー レコード情報を表示する例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# flow record RecordTest
n1000v(config-flow-record)# show flow record RecordTest
Flow record RecordTest:
Description: Ipv4flow
No. of users: 0
Template ID: 0
Fields:
match ipv4 destination address
match interface input
match interface output
match flow direction
collect counter packets
n1000v(config-flow-record)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

flow monitor

名前ごとにフロー モニタを作成し、実行コンフィギュレーションに保存します。次に、CLI フロー モニタ コンフィギュレーション モードに切り替えます。

flow exporter

フロー エクスポータを作成して、実行コンフィギュレーションに保存します。次に、CLI フロー エクスポータ コンフィギュレーション モードに切り替えます。

show flow exporter

フロー エクスポータに関する情報を表示します。

show interface brief

インターフェイス設定の短縮バージョンを表示するには、 show interface brief コマンドを使用します。

show interface brief

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、インターフェイス設定の短縮バージョンを表示する例を示します。

n1000v# show int brief
--------------------------------------------------------------------------------
Port VRF Status IP Address Speed MTU
--------------------------------------------------------------------------------
mgmt0 -- up 172.23.232.141 1000 1500
--------------------------------------------------------------------------------
Ethernet VLAN Type Mode Status Reason Speed Port
Interface Ch #
--------------------------------------------------------------------------------
Eth3/2 1 eth trunk up none 1000(D) --
Eth3/3 1 eth access up none 1000(D) --
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface

インターフェイスの追加、削除、または設定を行います。

show interface ethernet

イーサネット インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface port-channel

ポート チャネルに関する記述的な情報を表示します。

show interface switchport

スイッチポート インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface trunk

すべてのトランク インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface vethernet

vEthernet インターフェイスに関する統計情報を表示します。

show interface capabilities

インターフェイスの機能に関する情報を表示するには、 show interface capabilities コマンドを使用します。

show interface capabilities

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコンフィギュレーション モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、インターフェイスの機能に関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface capabilities
mgmt0
Model: --
Type: --
Speed: 10,100,1000,auto
Duplex: half/full/auto
Trunk encap. type: 802.1Q
Channel: no
Broadcast suppression: none
Flowcontrol: rx-(none),tx-(none)
Rate mode: none
QOS scheduling: rx-(none),tx-(none)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
SPAN: yes
UDLD: yes
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
MDIX: no
Port Group Members: none
 
port-channel1
Model: unavailable
Type: unknown
Speed: 10,100,1000,10000,auto
Duplex: half/full/auto
Trunk encap. type: 802.1Q
Channel: yes
Broadcast suppression: percentage(0-100)
Flowcontrol: rx-(off/on/desired),tx-(off/on/desired)
Rate mode: none
QOS scheduling: rx-(none),tx-(none)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
SPAN: yes
UDLD: no
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
MDIX: no
Port Group Members: none
 
port-channel2
Model: unavailable
Type: unknown
Speed: 10,100,1000,10000,auto
Duplex: half/full/auto
Trunk encap. type: 802.1Q
Channel: yes
Broadcast suppression: percentage(0-100)
Flowcontrol: rx-(off/on/desired),tx-(off/on/desired)
Rate mode: none
QOS scheduling: rx-(none),tx-(none)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
SPAN: yes
UDLD: no
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
MDIX: no
Port Group Members: none
 
port-channel12
Model: unavailable
Type: unknown
Speed: 10,100,1000,10000,auto
Duplex: half/full/auto
Trunk encap. type: 802.1Q
Channel: yes
Broadcast suppression: percentage(0-100)
Flowcontrol: rx-(off/on/desired),tx-(off/on/desired)
Rate mode: none
QOS scheduling: rx-(none),tx-(none)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
SPAN: yes
UDLD: no
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
MDIX: no
Port Group Members: none
 
control0
Model: --
Type: --
Speed: 10,100,1000,auto
Duplex: half/full/auto
Trunk encap. type: 802.1Q
Channel: no
Broadcast suppression: none
Flowcontrol: rx-(none),tx-(none)
Rate mode: none
QOS scheduling: rx-(none),tx-(none)
CoS rewrite: yes
ToS rewrite: yes
SPAN: yes
UDLD: yes
Link Debounce: no
Link Debounce Time: no
MDIX: no
Port Group Members: none
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface ethernet status

指定したイーサネット インターフェイスのステータスを表示します。

show interface switchport

インターフェイス設定情報を、モードも含めて表示します。

show interface trunk

アクセスおよびトランク インターフェイスも含めて、すべてのレイヤ 2 インターフェイスの情報を表示します。

show interface counters

指定したイーサネット インターフェイスのカウンタを表示します。

show interface brief

インターフェイス設定の短縮バージョンを表示します。

show interface counters trunk

レイヤ 2 スイッチ ポート トランク インターフェイスのカウンタを表示するには、 show interface counters trunk コマンドを使用します。

show interface { ethernet slot/port } counters trunk

 
構文の説明

ethernet slot/port

表示するトランク インターフェイスのモジュール番号とポート番号を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このデバイスでは、IEEE 802.1Q カプセル化のみサポートされます。このコマンドでは、トランク ポート チャネルのカウンタも表示されます。

次に、トランク インターフェイスのカウンタを表示する例を示します。ここでは、トランク インターフェイスを介して送受信されたフレーム、および、トランク カプセル化が不適切なフレームの数が示されています。

n1000v# show interface ethernet 2/9 counters trunk
 
---------------------------------------------------------------------
Port TrunkFramesTx TrunkFramesRx WrongEncap
---------------------------------------------------------------------
Ethernet2/9 0 0 0
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear counters interface

指定のインターフェイスのカウンタを消去します。

show interface ethernet

イーサネット インターフェイスに関する情報を表示するには、 show interface ethernet コマンドを使用します。

show interface ethernet slot/port [ brief | capabilities | debounce | description | flowcontrol | mac-address | switchport | trunk ]

 
構文の説明

slot/port

表示するインターフェイスのスロット番号です。スロット番号の範囲は 1 ~ 66、ポート番号の範囲は 1 ~ 256 です。

brief

(任意)指定したインターフェイスの情報の簡潔な要約だけを表示することを指定します。

capabilities

(任意)指定したインターフェイスの機能情報を表示することを指定します。

debounce

(任意)インターフェイスのデバウンス時間情報を表示することを指定します。

description

(任意)指定したインターフェイスの説明を表示することを指定します。

flowcontrol

(任意)指定したインターフェイスのフロー制御ステータスとフロー制御ポーズ パケットの送信数および受信数の統計に関する情報を表示することを指定します。

mac-address

(任意)指定したインターフェイスの MAC アドレス情報を表示することを指定します。

switchport

(任意)指定したインターフェイスのアクセス/トランク モードなどの情報を表示することを指定します。

trunk

(任意)指定したインターフェイスのトランク モード情報を表示することを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

4.0(4)SV1(2)

指定されたイーサネット インターフェイスの 5 分間の入力および出力パケット/ビット レート統計情報を表示します。

次に、イーサネット インターフェイス 3/2 の統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface ethernet 3/2
Ethernet3/2 is up
Hardware: Ethernet, address: 0050.5652.a9ba (bia 0050.5652.a9ba)
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 0/255, txload 0/255, rxload 0/255
Encapsulation ARPA
Port mode is trunk
full-duplex, 1000 Mb/s
Beacon is turned off
Auto-Negotiation is turned off
Input flow-control is off, output flow-control is off
Auto-mdix is turned on
Switchport monitor is off
5 minute input rate 570 bytes/second, 6 packets/second
5 minute output rate 220 bytes/second, 0 packets/second
Rx
7570522 Input Packets 1120178 Unicast Packets
5340163 Multicast Packets 1110181 Broadcast Packets
647893616 Bytes
Tx
1177170 Output Packets 1168661 Unicast Packets
7269 Multicast Packets 1240 Broadcast Packets 0 Flood Packets
252026472 Bytes
4276048 Input Packet Drops 0 Output Packet Drops
1 interface resets

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear interface

インターフェイス統計情報をクリアします。

 

show interface ethernet counters

イーサネット インターフェイスのカウンタを表示するには、 show interface ethernet counters コマンドを使用します。

show interface ethernet slot/port counters [ brief | detailed | errors | snmp | storm-control | trunk ]

 
構文の説明

slot/port

表示するインターフェイスのスロット番号です。スロット番号の範囲は 1 ~ 66、ポート番号の範囲は 1 ~ 256 です。

brief

(任意)指定したインターフェイスのカウンタ情報の簡潔な要約だけを表示することを指定します。

detailed

(任意)指定したインターフェイスのゼロ以外のカウンタを表示することを指定します。

errors

(任意)指定したインターフェイスのインターフェイス エラー カウンタを表示することを指定します。

snmp

(任意)指定したインターフェイスの SNMP MIB の値を表示することを指定します。

storm-control

(任意)指定したインターフェイスの ストーム コントロール カウンタを表示することを指定します。

trunk

(任意)指定したインターフェイスのトランク カウンタを表示することを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、イーサネット インターフェイス 3/2 のカウンタを表示する例を示します。

n1000v# show interface ethernet 3/2 counters
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port InOctets InUcastPkts InMcastPkts InBcastPkts
--------------------------------------------------------------------------------
Eth3/2 684023652 1182824 5637863 1171780
--------------------------------------------------------------------------------
Port OutOctets OutUcastPkts OutMcastPkts OutBcastPkts
--------------------------------------------------------------------------------
n1000v# 265927107 1233866 7269 1240

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear interface

インターフェイス統計情報をクリアします。

 

show interface ethernet status

イーサネット インターフェイスのステータスを表示するには、 show interface ethernet status コマンドを使用します。

show interface ethernet slot/port status [ err-disable ]

 
構文の説明

slot/port

表示するインターフェイスのスロット番号です。スロット番号の範囲は 1 ~ 66、ポート番号の範囲は 1 ~ 256 です。

err-disabled

(任意)指定したインターフェイスのエラー ディセーブル状態を表示することを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、イーサネット インターフェイス 3/2 のエラー ディセーブル状態を表示する例を示します。

n1000v# show interface ethernet 3/2 status err-disabled
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port Name Status Reason
--------------------------------------------------------------------------------
Eth3/2 -- up none
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear interface

インターフェイス統計情報をクリアします。

 

show interface ethernet transceiver

イーサネット インターフェイスのトランシーバ情報を表示するには、 show interface ethernet transceiver コマンドを使用します。

show interface ethernet slot/port transceiver [ calibrations | details ]

 
構文の説明

slot/port

表示するインターフェイスのスロット番号です。スロット番号の範囲は 1 ~ 66、ポート番号の範囲は 1 ~ 256 です。

calibrations

(任意)指定したインターフェイスのキャリブレーション情報を表示することを指定します。

details

(任意)指定したインターフェイスの詳細情報を表示することを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、イーサネット インターフェイス 3/2 のトランシーバ情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface ethernet 3/2 transceiver calibrations
Ethernet3/2
sfp is not applicable

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear interface

インターフェイス統計情報をクリアします。

 

show interface port-channel

ポート チャネルに関する記述的な情報を表示するには、 show interface port-channel コマンドを使用します。

show interface port-channel channel-number [ brief | description | flowcontrol | status | switchport | trunk ]

 
構文の説明

channel-number

ポート チャネル グループの番号。有効な値は 1 ~ 4096 です。

brief

(任意)指定したポート チャネルのサマリー情報が示されます。

description

(任意)指定したポート チャネルの説明が表示されます。

flowcontrol

(任意)指定したポート チャネルのフロー制御のステータス制御に関する情報、および、送受信されたフロー制御のポーズ パケットの統計情報が表示されます。

status

(任意)指定したポート チャネルのステータスに関する情報が示されます。

switchport

(任意)アクセス モードやトランク モードなど、指定したレイヤ 2 ポート チャネルに関する情報が示されます。

trunk

(任意)トランク モードにある指定したレイヤ 2 ポート チャネルに関する情報が示されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

指定したポート チャネルに関する詳細な統計情報を表示するには、 show interface port-channel counters コマンドを使用します。

次に、特定のポート チャネルに関する情報を表示する例を示します。このコマンドでは、ポート チャネルで 1 分間隔で収集された統計情報が表示されます。

 
n1000v(config)# show interface port-channel 50
port-channel50 is down (No operational members)
Hardware is Port-Channel, address is 0000.0000.0000 (bia 0000.0000.0000)
MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 10 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation ARPA
Port mode is access
auto-duplex, auto-speed
Beacon is turned off
Input flow-control is off, output flow-control is off
Switchport monitor is off
Members in this channel: Eth2/10
Last clearing of "show interface" counters 2d71.2uh
5 minute input rate 0 bytes/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bytes/sec, 0 packets/sec
Rx
0 input packets 0 unicast packets 0 multicast packets
0 broadcast packets 0 jumbo packets 0 storm suppression packets
0 bytes
Tx
0 output packets 0 multicast packets
0 broadcast packets 0 jumbo packets
0 bytes
0 input error 0 short frame 0 watchdog
0 no buffer 0 runt 0 CRC 0 ecc
0 overrun 0 underrun 0 ignored 0 bad etype drop
0 bad proto drop 0 if down drop 0 input with dribble
0 input discard
0 output error 0 collision 0 deferred
0 late collision 0 lost carrier 0 no carrier
0 babble
0 Rx pause 0 Tx pause 0 reset
 

次に、ポート チャネルのモード、ステータス、速度、プロトコルを含む、特定のポート チャネルに関する簡単な説明を表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 5 brief
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port-channel VLAN Type Mode Status Reason Speed Protocol
Interface
--------------------------------------------------------------------------------
eth access down No operational members auto(D) lacp
 

次に、特定のポート チャネルの説明を表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 5 description
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Description
-------------------------------------------------------------------------------
port-channel5 test
 

次に、特定のポート チャネルのフロー制御情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 50 flowcontrol
 
------------------------------------------------------------------------------
Port Send FlowControl Receive FlowControl RxPause TxPause
admin oper admin oper
------------------------------------------------------------------------------
Po50 off off off off 0 0
 

次に、特定のポート チャネルのステータスを表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 5 status
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
--------------------------------------------------------------------------------
test down 1 auto auto --
 

次に、特定のレイヤ 2 ポート チャネルに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 50 switchport
Name: port-channel50
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: trunk
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-3967,4048-4093
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
 

このコマンドでは、アクセス モードとトランク モード両方のレイヤ 2 ポート チャネルに関する情報が表示されます。

このコマンドをルーテッド ポート チャネルに対して使用すると、次のメッセージが返されます。

Name: port-channel20
Switchport: Disabled
 

次に、トランク モードにある特定のレイヤ 2 ポート チャネルに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 5 trunk
 
n1000v# show interface port-channel 50 trunk
port-channel50 is down (No operational members)
Hardware is Ethernet, address is 0000.0000.0000
MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 10 usec
Port mode is access
Speed is auto-speed
Duplex mode is auto
Beacon is turned off
Receive flow-control is off, Send flow-control is off
Rate mode is dedicated
Members in this channel: Eth2/10
Native Vlan: 1
Allowed Vlans: 1-3967,4048-4093
 

このコマンドでは、トランク モードにあるレイヤ 2 ポート チャネルの情報だけが表示されます。したがって、アクセス モードにあるレイヤ 2 ポート チャネルに関する情報は表示できません。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface port-channel counters

チャネル グループの統計情報を表示します。

show port-channel summary

すべてのチャネル グループのサマリー情報を表示します。

show interface port-channel counters

ポート チャネルの統計情報を表示するには、 show interface port-channel counters コマンドを使用します。

show interface port-channel channel-number counters [ brief | detailed [ all | snmp ] | errors [ snmp ] | trunk ]

 
構文の説明

channel-number

ポート チャネル グループの番号。有効な値は 1 ~ 4096 です。

brief

(任意)指定されたポート チャネルのレート MB/s および合計フレーム数が示されます。

detailed

(任意)指定されたポート チャネル の 0 以外のカウンタが表示されます。

all

(任意)指定されたポート チャネル のカウンタが示されます。

snmp

(任意)指定されたポート チャネルの SNMP MIB 値が示されます。

errors

(任意)指定されたポート チャネルのインターフェイス エラー カウンタが示されます。

trunk

(任意)指定されたポート チャネル のインターフェイス トランク カウンタが示されます。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドでは、LACP 対応のポート チャネルおよび集約プロトコルに関連付けられていないポート チャネルを含むすべてのポート チャネルの統計情報が表示されます。

次に、特定のポート チャネルのカウンタを表示する例を示します。ここでは、送受信されたユニキャスト パケットとマルチキャスト パケットが示されています。

n1000v# show interface port-channel 2 counters
 
Port InOctets InUcastPkts InMcastPkts InBcastPkts
Po2 6007 1 31 1
 
Port OutOctets OutUcastPkts OutMcastPkts OutBcastPkts
Po2 4428 1 25 1
n1000v#
 

次に、特定のポート チャネルの簡単なカウンタを表示する例を示します。ここでは、送信および受信された速度と合計フレーム数が示されています。

n1000v# show interface port-channel 20 counters brief
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Input (rate is 1 min avg) Output (rate is 1 min avg)
------------------------- -----------------------------
Rate Total Rate Total
MB/s Frames MB/s Frames
-------------------------------------------------------------------------------
port-channel20 0 0 0 0
 

次に、特定のポート チャネルの詳細カウンタをすべて表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 20 counters detailed all
port-channel20
64 bit counters:
0. rxHCTotalPkts = 0
1. txHCTotalPks = 0
2. rxHCUnicastPkts = 0
3. txHCUnicastPkts = 0
4. rxHCMulticastPkts = 0
5. txHCMulticastPkts = 0
6. rxHCBroadcastPkts = 0
7. txHCBroadcastPkts = 0
8. rxHCOctets = 0
9. txHCOctets = 0
10. rxTxHCPkts64Octets = 0
11. rxTxHCpkts65to127Octets = 0
12. rxTxHCpkts128to255Octets = 0
13. rxTxHCpkts256to511Octets = 0
14. rxTxHCpkts512to1023Octets = 0
15. rxTxHCpkts1024to1518Octets = 0
16. rxTxHCpkts1519to1548Octets = 0
17. rxHCTrunkFrames = 0
18. txHCTrunkFrames = 0
19. rxHCDropEvents = 0
 
All Port Counters:
0. InPackets = 0
1. InOctets = 0
2. InUcastPkts = 0
3. InMcastPkts = 0
4. InBcastPkts = 0
5. InJumboPkts = 0
6. StormSuppressPkts = 0
7. OutPackets = 0
8. OutOctets = 0
9. OutUcastPkts = 0
10. OutMcastPkts = 0
11. OutBcastPkts = 0
12. OutJumboPkts = 0
13. rxHCPkts64Octets = 0
14. rxHCPkts65to127Octets = 0
15. rxHCPkts128to255Octets = 0
16. rxHCPkts256to511Octets = 0
17. rxHCpkts512to1023Octets = 0
18. rxHCpkts1024to1518Octets = 0
19. rxHCpkts1519to1548Octets = 0
20. txHCPkts64Octets = 0
21. txHCPkts65to127Octets = 0
22. txHCPkts128to255Octets = 0
23. txHCPkts256to511Octets = 0
24. txHCpkts512to1023Octets = 0
25. txHCpkts1024to1518Octets = 0
26. txHCpkts1519to1548Octets = 0
27. ShortFrames = 0
28. Collisions = 0
29. SingleCol = 0
30. MultiCol = 0
31. LateCol = 0
32. ExcessiveCol = 0
33. LostCarrier = 0
34. NoCarrier = 0
35. Runts = 0
36. Giants = 0
37. InErrors = 0
38. OutErrors = 0
39. InputDiscards = 0
40. BadEtypeDrops = 0
41. IfDownDrops = 0
42. InUnknownProtos = 0
43. txCRC = 0
44. rxCRC = 0
45. Symbol = 0
46. txDropped = 0
47. TrunkFramesTx = 0
48. TrunkFramesRx = 0
49. WrongEncap = 0
50. Babbles = 0
51. Watchdogs = 0
52. ECC = 0
53. Overruns = 0
54. Underruns = 0
55. Dribbles = 0
56. Deferred = 0
57. Jabbers = 0
58. NoBuffer = 0
59. Ignored = 0
60. bpduOutLost = 0
61. cos0OutLost = 0
62. cos1OutLost = 0
63. cos2OutLost = 0
64. cos3OutLost = 0
65. cos4OutLost = 0
66. cos5OutLost = 0
67. cos6OutLost = 0
68. cos7OutLost = 0
69. RxPause = 0
70. TxPause = 0
71. Resets = 0
72. SQETest = 0
73. InLayer3Routed = 0
74. InLayer3RoutedOctets = 0
75. OutLayer3Routed = 0
76. OutLayer3RoutedOctets = 0
77. OutLayer3Unicast = 0
78. OutLayer3UnicastOctets = 0
79. OutLayer3Multicast = 0
80. OutLayer3MulticastOctets = 0
81. InLayer3Unicast = 0
82. InLayer3UnicastOctets = 0
83. InLayer3Multicast = 0
84. InLayer3MulticastOctets = 0
85. InLayer3AverageOctets = 0
86. InLayer3AveragePackets = 0
87. OutLayer3AverageOctets = 0
88. OutLayer3AveragePackets = 0
 

 

次に、特定のポート チャネルのエラー カウンタを表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 5 counters errors
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port Align-Err FCS-Err Xmit-Err Rcv-Err UnderSize OutDiscards
--------------------------------------------------------------------------------
Po5 0 0 0 0 0 0
--------------------------------------------------------------------------------
Port Single-Col Multi-Col Late-Col Exces-Col Carri-Sen Runts
--------------------------------------------------------------------------------
Po5 0 0 0 0 0 0
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port Giants SQETest-Err Deferred-Tx IntMacTx-Er IntMacRx-Er Symbol-Err
--------------------------------------------------------------------------------
0 -- 0 0 0 0
 

次に、特定のポート チャネルのトランク インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface port-channel 5 counters trunk
 
-------------------------------------------------------------------------------
Port TrunkFramesTx TrunkFramesRx WrongEncap
-------------------------------------------------------------------------------
port-channel5 0 0 0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear counters interface port-channel

特定のチャネル グループに属するすべてのインターフェイスの統計情報を消去します。

show interface status

インターフェイスのライン ステータスを表示するには、 show interface status コマンドを使用します。

show interface status [ down | err-disabled | inactive | module module-number | up ]

 
構文の説明

down

(任意)停止状態になっているインターフェイスを指定します。

err-disabled

(任意)エラー ディセーブル状態になっているインターフェイスを指定します。

inactive

(任意)非アクティブ状態になっているインターフェイスを指定します。

module

(任意)特定のモジュールのインターフェイスだけを表示します。

module-number

既存のモジュールを識別する番号を指定します。範囲は、1 ~ 66 です。

up

(任意)稼動状態になっているインターフェイスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、稼動状態のインターフェイスのライン ステータスを表示する例を示します。

n1000v# show interface status up
 
--------------------------------------------------------------------------------
 
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
--------------------------------------------------------------------------------
 
mgmt0 -- up routed full 1000 --
 
ctrl0 -- up routed full 1000 --
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface brief

インターフェイス設定の短縮バージョンを表示します。

show interface

インターフェイスのステータスと内容を表示します。

show interface capabilities

インターフェイス機能に関する情報を表示します。

interface

インターフェイスの追加、削除、または設定を行います。

show interface switchport

スイッチポート インターフェイスに関する情報を表示するには、 show interface switchport コマンドを使用します。

show interface [ ethernet slot number | port-channel channel number ] switchport

 
構文の説明

ethernet slot number

(任意)表示するイーサネット スイッチポート インターフェイスのスロット番号を指定します

port- channel channel-number

(任意)表示するポート チャネル スイッチポート インターフェイスのチャネル番号を指定します

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイスを指定しないでこのコマンドを実行すると、すべてのレイヤ 2 インターフェイスの情報が表示されます。これには、アクセス、トランク、およびポート チャネルのインターフェイスおよびすべてのプライベート VLAN ポートが含まれます。

次に、すべてのレイヤ 2 インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface switchport
Name: Ethernet2/5
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: access
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-3967,4048-4093
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
 
Name: Ethernet2/9
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: trunk
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-3967,4048-4093
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
 
Name: port-channel5
Switchport: Enabled
Switchport Monitor: Not enabled
Operational Mode: access
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 1 (default)
Trunking VLANs Enabled: 1-3967,4048-4093
Administrative private-vlan primary host-association: none
Administrative private-vlan secondary host-association: none
Administrative private-vlan primary mapping: none
Administrative private-vlan secondary mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk private VLANs: none
Operational private-vlan: none
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

switchport mode

指定したインターフェイスをレイヤ 2 のアクセス インターフェイスまたはトランク インターフェイスとして設定します。

show interface counters

指定したレイヤ 2 インターフェイスの統計情報を表示します。

show interface trunk

すべてのトランク インターフェイスに関する情報を表示するには、 show interface trunk コマンドを使用します。

show interface [ ethernet type/slot | port-channel channel-number ] trunk [ module number | vlan vlan-id ]

 
構文の説明

ethernet type/slot | port- channel channel-number

(任意)表示するインターフェイスのタイプおよび番号

module number

(任意)モジュール番号を指定します。

vlan vlan-id

(任意)VLAN 番号を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

インターフェイス、モジュール番号、および VLAN 番号の指定を省略した場合は、すべてのトランク インターフェイスの情報が表示されます。

このコマンドでは、レイヤ 2 のすべてのトランク インターフェイスおよびトランク ポート チャネル インターフェイスに関する情報が表示されます。

指定のレイヤ 2 インターフェイスの統計情報を表示するには、 show interface counters コマンドを使用します。

次に、すべてのレイヤ 2 トランク インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

n1000v(config)# show interface trunk
 
-----------------------------------------------------------------------------
Port Native Status Port
Vlan Channel
-----------------------------------------------------------------------------
Eth2/9 1 trunking --
Eth2/10 1 trnk-bndl Po50
Po50 1 not-trunking --
 
-----------------------------------------------------------------------------
Port Vlans Allowed on Trunk
-----------------------------------------------------------------------------
Eth2/9 1-3967,4048-4093
Eth2/10 1-3967,4048-4093
Po50 1-3967,4048-4093
 
-----------------------------------------------------------------------------
Port STP Forwarding
-----------------------------------------------------------------------------
Eth2/9 none
Eth2/10 none
Po50 none
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

switchport mode trunk

指定したインターフェイスをレイヤ 2 トランク インターフェイスとして設定します。

show interface vethernet

仮想イーサネット インターフェイスの統計情報を表示するには、 show interface vethernet コマンドを使用します。

show interface vethernet interface-number [ brief | description | mac-address | switchport | trunk ]

 
構文の説明

interface-number

(任意)表示するインターフェイスの番号です。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

brief

(任意)指定したインターフェイスの情報の簡潔な要約だけを表示することを指定します。

description

(任意)指定したインターフェイスの説明を表示することを指定します。

mac-address

(任意)指定したインターフェイスの MAC アドレス情報を表示することを指定します。

switchport

(任意)指定したインターフェイスのスイッチポート情報(アクセス/トランク モードなど)を表示することを指定します。

trunk

(任意)指定したインターフェイスのトランク モード情報を表示することを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(2)

このコマンドが追加されました。

4.0(4)SV1(2)

指定した仮想イーサネット インターフェイスの 5 分間の入力および出力パケット/ビット レート統計情報を表示します。

次に、仮想イーサネット インターフェイス 1 の統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface vethernet 1

Vethernet1 is up

Port description is gentoo, Network Adapter 1
Hardware is Virtual, address is 0050.5687.3bac
Owner is VM "gentoo", adapter is Network Adapter 1
Active on module 4
VMware DVS port 1
Port-Profile is vm
Port mode is access
5 minute input rate 1 bytes/second, 0 packets/second
5 minute output rate 94 bytes/second, 1 packets/second
Rx
655 Input Packets 594 Unicast Packets
0 Multicast Packets 61 Broadcast Packets
114988 Bytes
Tx
98875 Output Packets 1759 Unicast Packets
80410 Multicast Packets 16706 Broadcast Packets 0 Flood Packets
6368452 Bytes
0 Input Packet Drops 0 Output Packet Drops
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear interface

インターフェイス統計情報をクリアします。

 

show interface vethernet counters

仮想イーサネット インターフェイスのカウンタを表示するには、 show interface vethernet counters コマンドを使用します。

show interface vethernet interface-number counters [ brief | detailed | errors | trunk ]

 
構文の説明

interface-number

表示するインターフェイスの番号です。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

brief

(任意)指定したインターフェイスのカウンタ情報の簡潔な要約だけを表示することを指定します。

detailed

(任意)指定したインターフェイスのゼロ以外のカウンタを表示することを指定します。

errors

(任意)指定したインターフェイスのインターフェイス エラー カウンタを表示することを指定します。

trunk

(任意)指定したインターフェイスのトランク カウンタを表示することを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、仮想イーサネット インターフェイス 1 のカウンタを表示する例を示します。

n1000v# show interface vethernet 1 counters
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port InOctets InUcastPkts InMcastPkts InBcastPkts
--------------------------------------------------------------------------------
Veth1 2434320 5024 12 32363
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port OutOctets OutUcastPkts OutMcastPkts OutBcastPkts
--------------------------------------------------------------------------------
Veth1 4357946 4910 127 64494
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear interface

インターフェイス統計情報をクリアします。

 

show interface vethernet status

仮想イーサネット インターフェイスのステータスを表示するには、 show interface vethernet status コマンドを使用します。

show interface vethernet interface-number status [ err-disable ]

 
構文の説明

interface-number

表示するインターフェイスの番号です。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

err-disabled

(任意)指定したインターフェイスのエラー ディセーブル状態を表示することを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、仮想イーサネット インターフェイス 1 のエラー ディセーブル状態を表示する例を示します。

n1000v# show interface vethernet 1 status err-disabled
 
--------------------------------------------------------------------------------
Port Name Status Reason
--------------------------------------------------------------------------------
Veth1 VM1-48, Network Ad up none
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear interface

インターフェイス統計情報をクリアします。

 

show interface virtual

仮想インターフェイスに関する情報を表示するには、 show interface virtual コマンドを使用します。

show interface virtual [ vm [ vm_name ] | vmk | vswif ] [ module module_number ]

 
構文の説明

vm

(任意)仮想マシンが所有するインターフェイスを指定します。

vm_name

(任意)既存の仮想マシンを識別する名前。

vmk

(任意)仮想マシン カーネルが所有するインターフェイスを指定します。

vswif

(任意)Virtual Service Console が所有するインターフェイスを指定します。

module

(任意)特定のモジュールのインターフェイスを指定します。

module_number

既存のモジュールを識別する番号を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、仮想インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show interface virtual
--------------------------------------------------------------------------------
Port Adapter Owner Mod Host
--------------------------------------------------------------------------------
Veth1 Vm1-kl61 2
Veth2 VM1-kl65 5
Veth3 VM2-kl61 2
Veth1 Net Adapter 1 austen-gentoo1 33 austen-strider.austen.
Veth2 Net Adapter 2 austen-gentoo1 33 austen-strider.austen.
n1000v#

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface virtual port-mapping

すべての vEthernet インターフェイスの仮想ポート マッピングを表示します。

show interface ethernet

イーサネット インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface port-channel

ポート チャネルに関する記述的な情報を表示します。

show interface trunk

すべてのトランク インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface vethernet

vEthernet インターフェイスに関する統計情報を表示します。

show interface virtual port-mapping

すべての vEthernet インターフェイスの仮想ポート マッピングを表示するには、 show interface virtual port-mapping コマンドを使用します。

show interface virtual port-mapping [ vm [ vm_name ] | vmk | vswif ] [ module module_number ]

 
構文の説明

vm

(任意)仮想マシンが所有するインターフェイスを指定します。

vm_name

(任意)既存の仮想マシンを識別する名前。

vmk

(任意)仮想マシン カーネルが所有するインターフェイスを指定します。

vswif

(任意)Virtual Service Console が所有するインターフェイスを指定します。

module

(任意)特定のモジュールのインターフェイスを指定します。

module_number

既存のモジュールを識別する番号を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての vEthernet インターフェイスの仮想ポート マッピングを表示する例を示します。

n1000v# show interface virtual port-mapping
--------------------------------------------------------------------------------
Port Hypervisor Port Status Reason
--------------------------------------------------------------------------------
Veth1 DVPort100 up none
Veth2 DVPort160 up none
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface virtual

仮想インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface ethernet

イーサネット インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface port-channel

ポート チャネルに関する記述的な情報を表示します。

show interface trunk

すべてのトランク インターフェイスに関する情報を表示します。

show interface vethernet

vEthernet インターフェイスに関する統計情報を表示します。

show ip access-list

すべての IPv4 アクセス コントロール リスト(ACL)または特定の IPv4 AC を表示するには、 show ip access-list コマンドを使用します。

show ip access-list [ name ]

 
構文の説明

name

(任意)既存の IPv4 アクセス コントロール リストの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、protoacl という IPv4 アクセス コントロール リストを表示する例を示します。

n1000v(config)# show ip access-lists protoacl
 
IP access list protoacl
statistics per-entry
10 permit icmp 7.120.1.10/32 7.120.1.20/32
20 permit tcp 7.120.1.10/32 7.120.1.20/32 dscp af11
30 permit udp 7.120.1.10/32 7.120.1.20/32 precedence critical
50 permit ip 7.120.1.20/32 7.120.1.10/32
60 permit ip 7.120.1.20/32 7.120.1.10/32 dscp af11
70 permit ip 7.120.1.20/32 7.120.1.10/32 precedence critical
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip access-list

IP ACL を作成して、IP ACL コンフィギュレーション モードを開始します。

statistics per-entry

その ACL のルールと一致するパケットのグローバル統計をデバイスが維持するように設定します。

show ip access-list summary

IP ACL の設定を表示します。ACL がインターフェイスに引き続き適用されている場合は、インターフェイスが表示されます。

show ip access-list summary

IP ACL の設定を表示するには、 show ip access-list コマンドを使用します。

show ip access-list [ name ] summary

 
構文の説明

name

(任意)既存の IPv4 アクセス コントロール リストの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ACL がインターフェイスに引き続き適用される場合、このコマンドはインターフェイスを一覧表示します。

次に、ACL1 という IPv4 アクセス コントロール リストを表示する例を示します。

n1000v# show ip access-lists summary IPV4 ACL1
Total ACEs Configured: 1
Configured on interfaces:
Vethernet1 - ingress (Port ACL)
Active on interfaces:
Vethernet1 - ingress (Port ACL)
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip access-list

IP ACL を作成して、IP ACL コンフィギュレーション モードを開始します。

statistics per-entry

その ACL のルールと一致するパケットのグローバル統計をデバイスが維持するように設定します。

show ip access-list

すべての IPv4 アクセス コントロール リスト(ACL)または特定の IPv4 ACL を表示します。

show ip arp client

ARP クライアント テーブルを表示するには、 show ip arp client コマンドを使用します。

show ip arp client

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ARP クライアント テーブルを表示する例を示します。

n1000v# show ip arp client
Number of ARP Clients: 1
 
Protocol uuid: 442, Client type: L2
Flags: 8, Recv fn: dhcp_snoop_verify_mac2ip_binding
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp inspection vlan

ダイナミック ARP インスペクション(DAI)の特定の VLAN または VLAN のリストを設定します。

show ip arp inspection vlan

指定した VLAN のリストの DAI ステータスを表示します。

show ip arp inspection statistics

DAI 統計情報を表示します。

show ip arp inspection interface

指定されたインターフェイスの信頼状態および ARP パケット レートを表示します。

show ip arp statistics

ARP 統計情報を表示します。

show ip arp inspection interface

指定されたインターフェイスの信頼状態を表示するには、 show ip arp inspection interface コマンドを使用します。

show ip arp inspection interface ve thernet interface-number

 
構文の説明

vethernet number

出力が特定の仮想イーサネット インターフェイスのものであることを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(2)

このコマンドが追加されました。

次に、信頼できるインターフェイスの信頼状態を表示する例を示します。

n1000v# show ip arp inspection interface vethernet 6
 
Interface Trust State
------------- -----------
vEthernet 6 Trusted
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp inspection vlan

VLAN の指定されたリストの Dynamic ARP Inspection(DAI; ダイナミック ARP インスペクション)をイネーブルにします。

show ip arp inspection statistics

DAI 統計情報を表示します。

show ip arp inspection statistics

Dynamic ARP Inspection(DAI)統計情報を表示するには、 show ip arp inspection statistics コマンドを使用します。1 つの VLAN または VLAN の範囲を指定できます。

show ip arp inspection statistics [ vlan vlan-list ]

 
構文の説明

vlan vlan-list

(任意)DAI 統計情報を表示する VLAN のリストを指定します。有効な VLAN ID は、1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(2)

このコマンドが追加されました。

次に、VLAN 1 の DAI 統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show ip arp inspection statistics vlan 1
 
Vlan : 1
-----------
ARP Req Forwarded = 0
ARP Res Forwarded = 0
ARP Req Dropped = 0
ARP Res Dropped = 0
DHCP Drops = 0
DHCP Permits = 0
SMAC Fails-ARP Req = 0
SMAC Fails-ARP Res = 0
DMAC Fails-ARP Res = 0
IP Fails-ARP Req = 0
IP Fails-ARP Res = 0
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ip arp inspection statistics vlan

指定された VLAN の DAI 統計情報を消去します。

show ip arp inspection interface

指定されたインターフェイスの信頼状態および ARP パケット レートを表示します。

show ip arp inspection vlan

VLAN の指定されたリストのダイナミック ARP インスペクション(DAI)ステータスを表示するには、 show ip arp inspection vlan コマンドを使用します。

show ip arp inspection vlan list

 
構文の説明

list

1 ~ 3967 および 4048 ~ 4093 の既存の VLAN、または VLAN の範囲を識別する番号。VLAN のグループまたは個々の VLAN を指定できます。たとえば、1 ~ 5、10 または 2 ~ 5、7 ~ 19。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、VLAN 13 の DAI ステータスを表示する例を示します。

n1000v# show ip arp inspection vlan 13
 
Source Mac Validation : Disabled
Destination Mac Validation : Enabled
IP Address Validation : Enabled
 
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp inspection vlan

指定した 1 つ以上の VLAN を DAI の対象として設定します。

show ip arp client

ARP クライアント テーブルを表示します。

show ip arp inspection statistics

DAI 統計情報を表示します。

show ip arp inspection interface

指定されたインターフェイスの信頼状態および ARP パケット レートを表示します。

show ip arp statistics

ARP 統計情報を表示します。

show ip arp statistics

ARP 統計情報を表示するには、 show ip arp statistics コマンドを使用します。

show ip arp statistics [ interface-all ] [ vrf { name | all | default | management }]

 
構文の説明

interface-all

(任意)すべてのインターフェイスに対する ARP 統計情報を指定します。

vrf

(任意)特定の仮想ルーティング/転送(VRF)に関する情報を指定します。

name

既存の VRF の名前。

all

すべての VRF の ARP 統計情報を表示します。

default

システム設定の現在のデフォルト VRF を指定します。

management

管理接続に現在使用する既存の VRF を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての VRF の ARP 統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show ip arp statistics vrf all
 
ARP packet statistics for all contexts
Sent:
Total 101994, Requests 3920, Replies 98074, Requests on L2 0, Replies on L2 0,
Gratuitous 2, Dropped 0
Received:
Total 8070240, Requests 98074, Replies 4034, Requests on L2 0, Replies on L2 0
Proxy arp 0, Local-Proxy arp 0, Dropped 7968132
Received packet drops details:
Appeared on a wrong interface : 0
Incorrect length : 0
Invalid protocol packet : 228
Invalid context : 0
Context not yet created : 0
Invalid layer 2 address length : 0
Invalid layer 3 address length : 0
Invalid source IP address : 221153
Source IP address is our own : 0
No mem to create per intf structure : 0
Source address mismatch with subnet : 0
Directed broadcast source : 0
Invalid destination IP address : 0
Non-local destination IP address : 7746751
Invalid source MAC address : 0
Source MAC address is our own : 0
Received before arp initialization : 0
Received packet on unknown iod : 0
L2 packet on proxy-arp-enabled interface
: 0
L2 packet on untrusted L2 port : 0
 
ARP adjacency statistics
 
Adds 13, Deletes 11, Timeouts 11
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip arp inspection vlan

ダイナミック ARP インスペクション(DAI)の特定の VLAN または VLAN のリストを設定します。

show ip arp client

ARP クライアント テーブルを表示します。

show ip arp inspection statistics

DAI 統計情報を表示します。

show ip arp inspection interface

指定されたインターフェイスの信頼状態および ARP パケット レートを表示します。

show ip arp inspection vlan

指定した VLAN のリストの DAI ステータスを表示します。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングの一般ステータス情報を表示するには、 show ip dhcp snooping コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(2)

このコマンドが追加されました。

次に、DHCP スヌーピングに関する一般ステータス情報を表示する例を示します。

n1000v# show ip dhcp snooping
DHCP snooping service is enabled
Switch DHCP snooping is enabled
DHCP snooping is configured on the following VLANs:
1,13
DHCP snooping is operational on the following VLANs:
1
Insertion of Option 82 is disabled
Verification of MAC address is enabled
DHCP snooping trust is configured on the following interfaces:
Interface Trusted
------------ -------
vEthernet 3 Yes
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

デバイスの DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

show ip dhcp snooping binding

スタティック IP ソース エントリを含めて、IP-MAC アドレス バインディングを表示します。

show ip dhcp snooping statistics

DHCP スヌーピング統計情報を表示します。

show running-config dhcp

DHCP スヌーピング設定を表示します。

show ip dhcp snooping binding

すべてのインターフェイスまたは特定のインターフェイスの IP-to-MAC アドレス バインディングを表示するには、 show ip dhcp snooping binding コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping binding [ IP-address ] [ MAC-address ] [ interface vethernet interface-number ] [ vlan vlan-id ]

show ip dhcp snooping binding [ dynamic ]

show ip dhcp snooping binding [ static ]

 
構文の説明

IP-address

(任意)表示されるバインディングに含める IPv4 アドレス。有効なエントリは、ドット付き 10 進表記です。

MAC-address

(任意)表示されるバインディングに含める MAC アドレス。有効なエントリは、ドット付き 16 進表記です。

interface vethernet interface-number

(任意)表示されるバインディングに関連付けられている必要のある仮想イーサネット インターフェイスを指定します。

vlan vlan-id

(任意)表示されるバインディングに関連付ける VLAN ID を指定します。有効な VLAN ID は、1 ~ 4096 です。

dynamic

(任意)すべてのダイナミック IP-MAC アドレス バインディングに出力を制限します。

static

(任意)すべてのスタティック IP-MAC アドレス バインディングに出力を制限します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(2)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

コマンドの出力には、スタティック IP ソース エントリが含まれます。スタティック エントリは、[Type] カラムに「static」という語で表示されます。

次に、すべてのバインディングを表示する例を示します。

n1000v# show ip dhcp snooping binding
MacAddress IpAddress LeaseSec Type VLAN Interface
----------------- --------------- -------- ---------- ---- -------------
0f:00:60:b3:23:33 10.3.2.2 infinite static 13 vEthernet 6
0f:00:60:b3:23:35 10.2.2.2 infinite static 100 vEthernet 10
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

デバイスの DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングに関する一般的な情報を表示します。

show ip dhcp snooping statistics

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル(DHCP)に関連する統計情報を表示するには、show ip dhcp snooping statistics コマンドを使用します。

show ip dhcp snooping statistics

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

DHCP を設定する前に、feature dhcp コマンドを使用して機能をイネーブルにする必要があります。

次に、DHCP に関する統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show ip dhcp snooping statistics
Packets processed 0
Packets received through cfsoe 0
Packets forwarded 0
Total packets dropped 0
Packets dropped from untrusted ports 0
Packets dropped due to MAC address check failure 0
Packets dropped due to Option 82 insertion failure 0
Packets dropped due to o/p intf unknown 0
Packets dropped which were unknown 0
Packets dropped due to dhcp relay not enabled 0
Packets dropped due to no binding entry 0
Packets dropped due to interface error/no interface 0
Packets dropped due to max hops exceeded 0
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip dhcp snooping

デバイスの DHCP スヌーピングをグローバルにイネーブルにします。

show ip dhcp snooping

DHCP スヌーピングに関する一般的な情報を表示します。

show ip dhcp snooping binding

スタティック IP ソース エントリを含めて、IP-MAC アドレス バインディングを表示します。

feature dhcp

デバイスの DHCP スヌーピング機能をイネーブルにします。

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピングが VLAN でイネーブルにされていることを確認するには、 show ip igmp snooping コマンドを使用します。

show ip igmp snooping

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、IGMP スヌーピングが VLAN でイネーブルにされていることを確認する例を示します。

n1000v# show ip igmp snooping
Global IGMP Snooping Information:
IGMP Snooping enabled
IGMPv1/v2 Report Suppression enabled
IGMPv3 Report Suppression disabled
 
IGMP Snooping information for vlan 1
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 2
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 100
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 101
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 102
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 103
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 104
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 105
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 106
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 107
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 108
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 109
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 115
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 260
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
IGMP Snooping information for vlan 261
IGMP snooping enabled
IGMP querier none
Switch-querier disabled
IGMPv3 Explicit tracking enabled
IGMPv2 Fast leave disabled
IGMPv1/v2 Report suppression enabled
IGMPv3 Report suppression disabled
Router port detection using PIM Hellos, IGMP Queries
Number of router-ports: 0
Number of groups: 0
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show cores

コアのリストを表示します。

show cdp neighbor

アップストリーム デバイスの設定と機能を表示します。

module vem execute

Cisco Nexus 1000V から仮想イーサネット モジュール(VEM)でコマンドをリモートで実行します。

show ip igmp snooping groups

Cisco Nexus 1000V が正しく設定され、マルチキャスト トラフィックを転送できる状態になっていることを確認します。

show ip igmp snooping explicit-tracking vlan

VLAN に対する IGMPv3 スヌーピングの明示的なトラッキング情報を表示するには、 show ip igmp snooping explicit-tracking vlan コマンドを使用します。

show ip igmp snooping explicit-tracking vlan vlan-id

 
構文の説明

vlan-id

VLAN ID を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピングが VLAN でイネーブルになっていることを確認します。

show ip igmp snooping groups

Cisco Nexus 1000V が正しく設定され、マルチキャスト トラフィックを転送できる状態になっていることを確認します。

show ip igmp snooping mrouter

VLAN のマルチキャスト ルータ ポートを表示します。

show ip igmp snooping querier

VLAN でイネーブルになっている IGMP スヌーピング クエリアを表示します

show ip igmp snooping groups

Cisco Nexus 1000V が正しく設定され、マルチキャスト トラフィックを転送できる状態になっていることを確認するには、 show ip igmp snooping groups コマンドを使用します。

show ip igmp snooping groups

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

マルチキャスト IGMP の問題をトラブルシューティングする場合は、このコマンドを実行し、ポートのヘッダーの下で R の文字を探します。R は、仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)がアップストリーム スイッチによって送信された IGMP クエリーからアップリンク ルータ ポートを学習したということを示しており、Cisco Nexus 1000V がマルチキャスト トラフィックを転送できる状態になっているということを意味します。

次に、IGMP スヌーピングが VLAN でイネーブルにされていることを確認する例を示します。

n1000v# show ip igmp snooping groups
Type: S - Static, D - Dynamic, R - Router port
 
Vlan Group Address Ver Type Port list
59 */* v3 R Po1
n1000v#n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show cdp neighbor

アップストリーム デバイスの設定と機能を表示します。

module vem execute

Cisco Nexus 1000V から仮想イーサネット モジュール(VEM)でコマンドをリモートで実行します。

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピングが VLAN でイネーブルになっていることを確認します。

show ip igmp snooping mrouter

VLAN のマルチキャスト ルータ ポートを表示するには、 show ip igmp snooping mrouter コマンドを使用します。

show ip igmp snooping mrouter [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

vlan vlan-id

VLAN およびその ID を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピングが VLAN でイネーブルになっていることを確認します。

show ip igmp snooping groups

Cisco Nexus 1000V が正しく設定され、マルチキャスト トラフィックを転送できる状態になっていることを確認します。

show ip igmp snooping explicit-tracking vlan

VLAN の IGMP スヌーピング情報を表示します。

show ip igmp snooping querier

VLAN でイネーブルになっている IGMP スヌーピング クエリアを表示します

show ip igmp snooping querier

IGMP スヌーピング クエリア情報を表示するには、 show ip igmp snooping querier コマンドを使用します。

show ip igmp snooping querier [ vlan vlan-id ]

 
構文の説明

vlan vlan-id

VLAN およびその ID を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip igmp snooping

IGMP スヌーピングが VLAN でイネーブルになっていることを確認します。

show ip igmp snooping groups

Cisco Nexus 1000V が正しく設定され、マルチキャスト トラフィックを転送できる状態になっていることを確認します。

show ip igmp snooping explicit-tracking vlan

VLAN の IGMP スヌーピング情報を表示します。

show ip igmp snooping mrouter

VLAN のマルチキャスト ルータ ポートを表示します。

show ip verify source

IP-to-MAC アドレス バインディングを表示するには、 show ip verify source コマンドを使用します。

show ip verify source [ interface { vethernet interface-number }]

 
構文の説明

interface

(任意)特定のインターフェイスの IP-to-MAC アドレス バインディングだけを出力することを指定します。

vethernet interface-number

仮想イーサネット インターフェイスを指定します。指定できる範囲は 1 ~ 1048575 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(2)

このコマンドが追加されました。

次に、IP-to-MAC アドレス バインディングを表示する例を示します。

n1000v# show ip verify source
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ip source binding

指定したイーサネット インターフェイスのスタティック IP ソース エントリを作成します。

ip verify source dhcp-snooping-vlan

インターフェイスの IP ソース ガードをイネーブルにします。

show lacp counters

Link Aggregation Control Protocol(LACP)の統計情報を表示するには、 show lacp counters コマンドを使用します。

show lacp counters [ interface port-channel channel-number ]

 
構文の説明

channel-number

(任意)LACP チャネル グループの番号。有効な値は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

channel-number を指定しない場合は すべてのチャネル グループが表示されます。

次に、特定のチャネル グループの LACP 統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show lacp counters interface port-channel 1
 
LACPDUs Marker Marker Response LACPDUs
Port Sent Recv Sent Recv Sent Recv Pkts Err
-----------------------------------------------------------------------------
port-channel1
Ethernet1/1 554 536 0 0 0 0 0
Ethernet1/2 527 514 0 0 0 0 0
Ethernet1/3 535 520 0 0 0 0 0
Ethernet1/4 515 502 0 0 0 0 0
Ethernet1/5 518 505 0 0 0 0 0
Ethernet1/6 540 529 0 0 0 0 0
Ethernet1/7 541 530 0 0 0 0 0
Ethernet1/8 547 532 0 0 0 0 0
Ethernet1/9 544 532 0 0 0 0 0
Ethernet1/10 513 501 0 0 0 0 0
Ethernet1/11 497 485 0 0 0 0 0
Ethernet1/12 493 486 0 0 0 0 0
Ethernet1/13 492 485 0 0 0 0 0
Ethernet1/14 482 481 0 0 0 0 0
Ethernet1/15 481 476 0 0 0 0 0
Ethernet1/16 482 477 0 0 0 0 0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear lacp counters

すべての LACP インターフェイスまたは特定の LACP チャネル グループに属するインターフェイスの統計情報を消去します。

show lacp interface

特定の Link Aggregation Control Protocol(LACP)インターフェイスに関する情報を表示するには、 show lacp interface コマンドを使用します。

show lacp interface ethernet slot/port

 
構文の説明

slot/port

表示するインターフェイスのスロット番号およびポート番号

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

LACP_Activity フィールドには、そのリンクが設定されているポート チャネル モードがアクティブかパッシブかが示されます。

Port Identifier フィールドには、ポートのプライオリティが表示されます。また、このフィールドの情報の一部にはポート番号が含まれています。次の例で、ポートのプライオリティとポート番号の識別方法を示します。

Port Identifier=0x8000,0x101
 

この例では、ポートのプライオリティの値は 0x8000 で、ポート番号の値は 0x101 です。

次に、特定のチャネル グループの LACP 統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show lacp interface ethernet 1/1
 
n1000v(config-if-range)# show lacp interface eth1/1
Interface Ethernet1/1 is up
Channel group is 1 port channel is Po1
PDUs sent: 556
PDUs rcvd: 538
Markers sent: 0
Markers rcvd: 0
Marker response sent: 0
Marker response rcvd: 0
Unknown packets rcvd: 0
Illegal packets rcvd: 0
Lag Id: [ [(8000, 0-11-11-22-22-74, 0, 8000, 101), (8000, 0-11-11-22-22-75, 0, 8
000, 401)] ]
Operational as aggregated link since Wed Jun 11 20:37:59 2008
 
Local Port: Eth1/1 MAC Address= 0-11-11-22-22-74
System Identifier=0x8000,0-11-11-22-22-74
Port Identifier=0x8000,0x101
Operational key=0
LACP_Activity=active
LACP_Timeout=Long Timeout (30s)
Synchronization=IN_SYNC
Collecting=true
Distributing=true
Partner information refresh timeout=Long Timeout (90s)
Actor Admin State=
Actor Oper State=
Neighbor: 4/1
MAC Address= 0-11-11-22-22-75
System Identifier=0x8000,0-11-11-22-22-75
Port Identifier=0x8000,0x401
Operational key=0
LACP_Activity=active
LACP_Timeout=Long Timeout (30s)
Synchronization=IN_SYNC
Collecting=true
Distributing=true
Partner Admin State=
Partner Oper State=
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-channel summary

すべてのポート チャネル グループに関する情報を表示します。

show lacp neighbor

Link Aggregation Control Protocol(LACP)ネイバーに関する情報を表示するには、 show lacp neighbor コマンドを使用します。

show lacp neighbor [ interface port-channel channel-number ]

 
構文の説明

channel-number

表示する LACP ネイバーのポート チャネル番号。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

channel-number を指定しない場合は すべてのチャネル グループが表示されます。

次に、特定のポート チャネルの LACP ネイバーに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show lacp neighbor interface port-channel 1
Flags: S - Device is sending Slow LACPDUs F - Device is sending Fast LACPDUs
A - Device is in Active mode P - Device is in Passive mode
port-channel1 neighbors
Partner's information
Partner Partner Partner
Port System ID Port Number Age Flags
Eth1/1 32768,0-11-11-22-22-750x401 44817 SA
 
LACP Partner Partner Partner
Port Priority Oper Key Port State
32768 0x0 0x3d
 
Partner's information
Partner Partner Partner
Port System ID Port Number Age Flags
Eth1/2 32768,0-11-11-22-22-750x402 44817 SA
 
LACP Partner Partner Partner
Port Priority Oper Key Port State
32768 0x0 0x3d
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-channel summary

すべてのポート チャネル グループに関する情報を表示します。

show lacp offload status

確認のために LACP オフロード ステータスを表示するには、 show lacp offload status コマンドを使用します。

show lacp offload status

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、確認のために LACP オフロード ステータスを表示する例を示します。

n1000v(config)# show lacp offload status

Current Status : Enabled

Running Config Status : Enabled

Saved Config Status : Enabled

n1000v(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

lacp offload

VSM から VEM に LACP 管理をオフロードします。

show lacp port-channel

Link Aggregation Control Protocol(LACP)ポート チャネルに関する情報を表示するには、 show lacp port-channel コマンドを使用します。

show lacp port-channel [ interface port-channel channel-number ]

 
構文の説明

interface port-channel

(任意)既存の LACP ポート チャネルを指定します。

channel-number

表示する LACP チャネル グループのポート チャネル番号。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

channel-number を指定しない場合は すべてのチャネル グループが表示されます。

次に、LACP ポート チャネルに関する情報を表示する例を示します。

 
n1000v# show lacp port-channel
 
port-channel1
Local System Identifier=0x8000,0-11-11-22-22-74
Admin key=0x0
Operational key=0x0
Partner System Identifier=0x8000,0-11-11-22-22-75
Operational key=0x0
Max delay=0
Aggregate or individual=1
port-channel2
Local System Identifier=0x8000,0-11-11-22-22-74
Admin key=0x1
Operational key=0x1
Partner System Identifier=0x8000,0-11-11-22-22-75
Operational key=0x1
Max delay=0
Aggregate or individual=1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-channel summary

すべてのポート チャネル グループに関する情報を表示します。

show lacp system-identifier

デバイスの Link Aggregation Control Protocol(LACP)システム ID を表示するには、 show lacp system-identifier コマンドを使用します。

show lacp system-identifier

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

LACP システム ID は、設定可能な LACP システム プライオリティ値と MAC アドレスを組み合わせたものです。

LACP を実行するどのシステムにも LACP システム プライオリティ値があります。このパラメータのデフォルト値である 32768 をそのまま使用するか、1 ~ 65535 の範囲で値を設定できます。LACP は、このシステム プライオリティと MAC アドレスを組み合わせてシステム ID を生成します。また、システム プライオリティを他のデバイスとのネゴシエーションにも使用します。システム プライオリティ値が大きいほど、プライオリティは低くなります。

次に、特定のポート チャネルの LACP ポート チャネルに関する情報を表示する例を示します。

n1000v> show lacp system-identifier
8000,AC-12-34-56-78-90

 
関連コマンド

コマンド
説明

lacp system-priority

LACP のシステム プライオリティを設定します。

show license

仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)上にインストールされているすべてのライセンス ファイルの内容を表示するには、 show license コマンドを使用します。

show license

 
構文の説明

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、VSM 上にインストールされているすべてのライセンス ファイルの内容を表示する例を示します。

n1000v# show license
license_file.lic:
SERVER this_host ANY
VENDOR cisco
INCREMENT NEXUS1000V_LAN_SERVICES_PKG cisco 1.0 permanent 16 \
HOSTID=VDH=8449368321243879080 \
NOTICE="<LicFileID>kathleen.lic</LicFileID><LicLineID>0</LicLineID> \
<PAK>dummyPak</PAK>" SIGN=34FCB2B24AE8
 
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show license brief

VSM 上にインストールされているライセンス ファイルのリストを表示します。

show license usage [ package-name ]

VSM 上でサポートされているライセンス パッケージを表示します。特定のライセンス パッケージを表示することもできます。

show license brief

仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)上にインストールされているライセンス ファイルのリストを表示するには、 show license brief コマンドを使用します。

show license brief

 
構文の説明

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、VSM 上にインストールされているすべてのライセンス ファイルの内容を表示する例を示します。

n1000v# show license brief
license_file.lic
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show license

VSM 上にインストールされているすべてのライセンス ファイルの内容を表示します。

show license usage [ package-name ]

VSM 上でサポートされているライセンス パッケージを表示します。特定のライセンス パッケージを表示することもできます。

show license file

仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)に設定されたライセンスを表示して、ライセンスのインストールを確認するには、 show license file コマンドを使用します。

show license file filename

 
構文の説明

filename

既存のライセンス ファイル(.lic)の名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

既存のファイルの名前を検索するには、プロンプトに次のコマンドを入力します。

n1000v# show license file ?

 

次に、VSM に設定されたライセンス ファイル sample.lic を表示する例を示します。

n1000v# show license file sample.lic
sample.lic:
SERVER this_host ANY
VENDOR cisco
INCREMENT NEXUS1000V_LAN_SERVICES_PKG cisco 1.0 permanent 16 \
HOSTID=VDH=8449368321243879080 \
NOTICE="<LicFileID>sample.lic</LicFileID><LicLineID>0</LicLineID> \
<PAK>dummyPak</PAK>" SIGN=34FCB2B24AE8
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show license

VSM 上にインストールされているすべてのライセンス ファイルの内容を表示します。

show license brief

VSM 上にインストールされているライセンス ファイルのリストを表示します。

show license host-id

ユーザの VSM のシリアル番号(ホスト ID)を表示します

show license usage

VSM 上でサポートされているライセンス パッケージを表示します。

show license host-id

ユーザの仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)のシリアル番号( ホスト ID とも呼ばれる)を取得するには、 show license host-id コマンドを使用します。

show license host-id

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ホスト ID には、等号(=)よりも後ろに表示されるものがすべて含まれます。

ライセンス キー ファイルを取得して、ユーザの VSM ライセンスを登録するにはホスト ID が必要です。

次に、ユーザの VSM のホスト ID の取得方法の例を示します。

n1000v# show license host-id
License hostid: VDH=8449368321243879080
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show license

VSM 上にインストールされているすべてのライセンス ファイルの内容を表示します。

show license brief

VSM 上にインストールされているライセンス ファイルのリストを表示します。

show license file

VSM に設定されたライセンスを表示します

show license usage

VSM 上でサポートされているライセンス パッケージを表示します。

 

show license usage

仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)上でサポートされるさまざまなライセンス パッケージを表示するには、 show license usage コマンドを使用します。

show license usage [ package-name ]

 
構文の説明

package-name

(任意)ライセンス ファイルの名前を指定します。Cisco Nexus 1000V では、VSM がサポートするパッケージは 1 つだけ(NEXUS1000V_LAN_SERVICES_PKG)です。

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、VSM 上でサポートされるさまざまなライセンス パッケージの簡潔な要約を表示する例を示します。

n1000v# show license usage
Feature Ins Lic Status Expiry Date Comments
Count
--------------------------------------------------------------------------------
NEXUS1000V_LAN_SERVICES_PKG No 16 In use Never -
n1000v# ------------------------------------------------------------------------
 
 

次に、特定のライセンス パッケージのライセンス使用状況の情報を表示する例を示します。

Example:
n1000v# show license usage NEXUS1000V_LAN_SERVICES_PKG
--------------------------------------
Feature Usage Info
--------------------------------------
Installed Licenses : 10
Eval Licenses : 0
Max Overdraft Licenses : 16
Installed Licenses in Use : 4
Overdraft Licenses in Use : 0
Eval Licenses in Use : 0
Licenses Available : 22
--------------------------------------
Application
--------------------------------------
VEM 3 - Socket 1
VEM 3 - Socket 2
VEM 4 - Socket 1
VEM 4 - Socket 2
--------------------------------------
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show license

VSM 上にインストールされているすべてのライセンス ファイルの内容を表示します。

show license brief

VSM 上にインストールされているライセンス ファイルのリストを表示します。

show license package-name

VSM 上にインストールされている特定のライセンス ファイルの内容を表示します。Cisco Nexus 1000V では、VSM がサポートするパッケージは 1 つだけ(NEXUS1000V_LAN_SERVICES_PKG)です。

show logging logfile

ログ ファイルの内容を表示するには、 show logging logfile コマンドを使用します。

show logging logfile [start-time time | end-time time ]

 
構文の説明

start-time

(任意)表示するログ ファイルの範囲の開始時刻を指定します。

end-time

(任意)表示するログ ファイルの範囲の終了時刻を指定します。

time

時刻を次のとおりに指定します。

Time
説明

yyyy

年を指定します。

mmm

月を指定します。例: jan、feb、mar

dd

日を指定します。例: 01

hh:mm:ss

時、分、秒を指定します。例: 04:00:00

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ログ ファイルの内容を表示する例を示します。

n1000v# show logging logfile start-time 2009 Aug 23 22:00:00 end-time 2009 Aug 24 24:00:00
2009 Aug 23 22:58:00 doc-n1000v %PORTPROFILE-5-SYNC_COMPLETE: Sync completed.
2009 Aug 24 23:53:15 doc-n1000v %MODULE-5-MOD_OK: Module 3 is online (serial: )
2009 Aug 24 23:53:15 doc-n1000v %PLATFORM-5-MOD_STATUS: Module 3 current-status is MOD_S
TATUS_ONLINE/OK
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging logfile

システム メッセージの保存に使用するログ ファイルを設定します。

show logging module

ログ ファイルへのモジュール メッセージのロギングに関する現在の設定を表示するには、 show logging module コマンドを使用します。

show logging module

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ログ ファイルへのメッセージのロギングに関する設定を表示する例を示します。

n1000v# show logging module
Logging linecard: disabled
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging module

ログ ファイルへのモジュール メッセージのロギングを開始します。

show logging server

システム メッセージのロギングに関する現在のサーバ設定を表示するには、 show logging server コマンドを使用します。

show logging server

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、表示する例を示します。

n1000v## show logging server
Logging server: enabled
{172.28.254.253}
server severity: notifications
server facility: local7
server VRF: management
n1000v##
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging server

システム メッセージのロギングに使用するリモート サーバを使用して、そのサーバを設定します。

show logging timestamp

システム メッセージのタイムスタンプに使用されている単位を表示するには、 show logging timestamp コマンドを使用します。

show logging timestamp

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、システム メッセージのタイムスタンプで使用されている単位を表示する例を示します。

n1000v## show logging timestamp
Logging timestamp: Seconds
n1000v##
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

logging timestamp

システム メッセージのタイムスタンプの単位を設定します。

show mac access-lists

MAC アクセス コントロール リスト(ACL)設定を表示するには、 show mac access lists コマンドを使用します。

show mac access-lists name

 
構文の説明

name

MAC アクセス リストの名前を入力します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

ACL コンフィギュレーション(config-mac-acl)

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、acl-mac-01 という MAC アクセス リストの MAC ACL 設定を表示する例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# mac access-list acl-mac-01
n1000v(config-mac-acl)# show mac access-lists acl-mac-01
n1000v(config-mac-acl)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac access-list

MAC ACL を作成して、ACL コンフィギュレーション モードを開始します。

show mac address-list

MAC アドレス テーブルを表示します。

show mac address-table

MAC アドレス テーブルを表示するには、 show mac address-table コマンドを使用します。

show mac address-table [module number ] [count] [static | dynamic] [address mac-addr ] [interface name] [vlan id ]

 
構文の説明

module number

(任意)表示するモジュール番号を指定します。

count

(任意)MAC アドレス エントリの数の表示を指定します。

static

(任意)MAC アドレス テーブルのスタティック エントリの表示を指定します。

dynamic

(任意)MAC アドレス テーブルのダイナミック エントリの表示を指定します。

address mac-addr

(任意)MAC アドレスを表示する、次のいずれかの形式を指定します。

A.B.C

AA-BB-CC-DD-EE-FF

AA:BB:CC:DD:EE:FF

AAAA.BBBB.CCCC

interface name

(任意)表示するこの MAC アドレス テーブルに関連付けられたインターフェイス名を指定します(イーサネット スロット/ポート、ポート チャネル(番号)、または vEth 番号)。

ethernet slot/port

表示するイーサネット インターフェイス スロット番号(1 ~ 66)およびポート番号(1 ~ 256)をスラッシュ(/)で区切って指定します。

port-channel number

表示するポート チャネル インターフェイス番号(1 ~ 4096)を指定します。

vethernet number

表示する仮想イーサネット インターフェイス番号(1 ~ 1048575)を指定します。

vlan id

(任意)表示する VLAN ID(1 ~ 4094)を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

count オプションが追加され、secure オプションが削除されました。

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、MAC アドレス テーブルを表示する例を示します。

n1000v# show mac address-table
VLAN MAC Address Type Age Port Module
---------+-----------------+-------+---------+------------------------------+---------
1 0002.3d11.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d21.5500 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d21.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d31.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d41.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d61.5500 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d61.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d81.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
3 12ab.47dd.ff89 static 0 Eth3/3 3
342 0002.3d41.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
342 0050.568d.5a3f dynamic 0 Eth3/3 3
343 0002.3d21.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
343 0050.568d.2aa0 dynamic 9 Eth3/3 3
Total MAC Addresses: 13
n1000v#
 

次に、特定の MAC アドレスを表示する例を示します。

n1000v# sho mac address-table address 0050.568d.5a3f
VLAN MAC Address Type Age Port Module
---------+-----------------+-------+---------+------------------------------+---------
342 0050.568d.5a3f dynamic 0 Eth3/3 3
Total MAC Addresses: 1
n1000v#
 

次に、レイヤ 2 MAC アドレス テーブル内の MAC アドレスの数を表示する例を示します。

n1000v# show mac address-table count
Total MAC Addresses: 42
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table static

レイヤ 2 MAC アドレス テーブルにスタティック MAC アドレスを追加し、これを実行中のコンフィギュレーションに保存します。

show mac address-table aging-time

MAC アドレス テーブルにエージング タイムを表示します。

show mac access-lists

MAC ACL の設定を表示します。

show mac address-table aging-time

単一の VLAN またはすべての VLAN の MAC アドレス テーブルのエージング タイムを表示するには、 show mac address-table aging-time コマンドを使用します。

show mac address-table aging-time [ vlan id ]

 
構文の説明

vlan

(任意)この MAC アドレス テーブルに関連付けられた単一 VLAN に対する出力が必要であることを指定します。

id

1 ~ 4094 の範囲で VLAN ID を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、MAC アドレス テーブルの特定の VLAN ID のエージング タイムを表示する例を示します。

n1000v# show mac address-table aging-time vlan 1
Vlan Aging Time
----- ----------
1 300
n1000v#
 

次に、MAC アドレス テーブルの VLAN ごとのエージング タイムを表示する例を示します。

n1000v# show mac address-table aging-time
Vlan Aging Time
---- ----------
1 300
2 300
100 300
101 300
102 300
103 300
104 300
105 300
106 300
109 300
115 300
260 300
261 300
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table aging-time

レイヤ 2 MAC アドレス テーブルのエントリが破棄されるまでに経過する時間を指定し、実行中のコンフィギュレーションに保存します。

show mac address-table

MAC アドレス テーブルを表示します。

show mac access-lists

MAC ACL の設定を表示します。

show mac address static

MAC アドレス テーブルのスタティック MAC アドレス エントリを表示するには、 show mac address static コマンドを使用します。

show mac address static [ interface_type if_id ]

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

次に、MAC アドレス テーブルのすべてのスタティック MAC アドレスを表示する例を示します。

n1000v# show mac address static
VLAN MAC Address Type Age Port Module
---------+-----------------+-------+---------+------------------------------+---------
1 0002.3d11.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d21.5500 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d21.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d31.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d41.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d61.5500 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d61.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
1 0002.3d81.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
3 12ab.47dd.ff89 static 0 Eth3/3 3
342 0002.3d41.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
343 0002.3d21.5502 static 0 N1KV Internal Port 3
Total MAC Addresses: 11
 

次に、MAC アドレス テーブルの特定のインターフェイスのスタティック MAC アドレス エントリを表示する例を示します。

n1000v# show mac address static interface Ethernet 3/3
VLAN MAC Address Type Age Port Module
---------+-----------------+-------+---------+------------------------------+---------
3 12ab.47dd.ff89 static 0 Eth3/3 3
Total MAC Addresses: 1
n1000v(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

mac address-table static

レイヤ 2 MAC アドレス テーブルにスタティック MAC アドレスを追加し、これを実行中のコンフィギュレーションに保存します。

mac address-table aging-time

レイヤ 2 MAC アドレス テーブルのエントリが破棄されるまでに経過する時間を指定し、実行中のコンフィギュレーションに保存します。

show mac address-table

MAC アドレス テーブルを表示します。

show mac access-lists

MAC ACL の設定を表示します。

show module

モジュール ステータス、ソフトウェア バージョン、MAC アドレス、サーバ情報などを表示するには、 show module コマンドを使用します。

show module

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

出力の [Hw] フィールドは、『 Cisco Nexus 1000V Compatibility Information, Release 4.2(1)SV1(5.1) 』マニュアルの ESX/ESXi のリリースにクロスリファレンス可能な VIB バージョンに一致します。

次に、モジュール情報を表示する例を示します。

n1000v# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Virtual Supervisor Module Nexus1000V active *
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.0(4)SV1(2) 0.0
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
 
1 172.23.232.152 NA NA
 
 
* this terminal session
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show module uptime

モジュールが起動して稼動している時間の長さを表示します。

show module vem license-info

ユーザの VSM に接続されている VEM に関するライセンス情報を表示します。

show module vem mapping

VSM のマッピング先の VEM に関する情報を表示します。情報には、VEM モジュール番号、ステータス、UUID、およびライセンス ステータスが含まれます。

show module vem counters

VSM が VEM から何らかのパケットを受信しているかどうかを確認するために VEM のカウンタを表示します。

show module vem missing

VC に追加されたが、VSM に存在しない VEM モジュールを表示します。

module vem

VEM 上へのコマンドの Cisco Nexus 1000V からのリモート入力を許可します。

show module uptime

モジュールが起動して稼動している時間の長さを表示するには、 show module uptime コマンドを使用します。

show module uptime

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、モジュールが起動して稼動している時間の長さを表示する例を示します。

n1000v# show module uptime
------ Module 1 -----
Module Start Tme: Mon Feb 7 13:34:33 2011
Up Time: 36 day(s), 0 hour(s), 13 minute(s), 19 second(s)
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show module

モジュール ステータス、ソフトウェア バージョン、MAC アドレス、サーバ情報などを表示します。

show module vem mapping

VSM のマッピング先の VEM に関する情報を表示します。情報には、VEM モジュール番号、ステータス、UUID、およびライセンス ステータスが含まれます。

show module vem counters

VSM が VEM から何らかのパケットを受信しているかどうかを確認するために VEM のカウンタを表示します。

show module vem license-info

ユーザの VSM に接続されている VEM に関するライセンス情報を表示します。

show module vem missing

VC に追加されたが、VSM に存在しない VEM モジュールを表示します。

module vem

VEM 上へのコマンドの Cisco Nexus 1000V からのリモート入力を許可します。

show module vem license-info

ユーザの VSM に接続されている VEM モジュールに関するライセンス情報を表示するには、 show module vem license-info コマンドを使用します。

show module vem [ module-number ] license-info

 
構文の説明

module-number

(任意)既存のモジュールを識別する番号。範囲は、1 ~ 66 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、VEM モジュールのライセンス情報を表示する例を示します。

n1000v# show module vem license-info
Licenses are Sticky
Mod Socket Count License Usage Count License Version License Status
--- ------------ ------------------- --------------- --------------
3 2 - - unlicensed
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show module

モジュール ステータス、ソフトウェア バージョン、MAC アドレス、サーバ情報などを表示します。

show module vem mapping

VSM のマッピング先の VEM に関する情報を表示します。情報には、VEM モジュール番号、ステータス、UUID、およびライセンス ステータスが含まれます。

show module vem counters

VSM が VEM から何らかのパケットを受信しているかどうかを確認するために VEM のカウンタを表示します。

show module vem missing

VC に追加されたが、VSM に存在しない VEM モジュールを表示します。

module vem

VEM 上へのコマンドの Cisco Nexus 1000V からのリモート入力を許可します。

show module vem counters

VSM が VEM から何らかのパケットを受信しているかどうかを確認するために VEM カウンタを表示するには、 show module vem counters コマンドを使用します。

show module vem [ module-number ] counters

 
構文の説明

module

(任意)既存のモジュールを識別する番号。範囲は、1 ~ 66 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次は、 show module vem counters コマンド出力のフィールドの説明です。

Mod:モジュール番号。

InNR:このモジュールによって送信され、VSM によって受信されたノード ID 要求の数。

OutMI:このモジュールに VSM から送信されたモジュール挿入メッセージの数。

OutHBeats:このモジュールに送信されたハートビートの数。

InHBeats:このモジュールから受信されたハートビートの数。

InsCnt:このモジュールが正常に挿入された回数。

RemCnt:このモジュールが削除された回数。

VSM が VEM から何らかのパケットを受信しているかどうかを確認するために VEM カウンタを表示する例を次に示します。

n1000v# show module vem counters
--------------------------------------------------------------------------------
Mod InNR OutMI InMI OutHBeats InHBeats InsCnt RemCnt
--------------------------------------------------------------------------------
3 1 1 1 3113363 3113360 1 0
4 1 1 1 3113363 3113363 1 0
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show module

モジュール ステータス、ソフトウェア バージョン、MAC アドレス、サーバ情報などを表示します。

show module vem license-info

ユーザの VSM に接続されている VEM に関するライセンス情報を表示します。

show module vem mapping

VSM のマッピング先の VEM に関する情報を表示します。情報には、VEM モジュール番号、ステータス、UUID、およびライセンス ステータスが含まれます。

show module vem missing

VC に追加されたが、VSM に存在しない VEM モジュールを表示します。

show module vem counters

VSM が VEM から何らかのパケットを受信しているかどうかを確認するために VEM のカウンタを表示します。

module vem

VEM 上へのコマンドの Cisco Nexus 1000V からのリモート入力を許可します。

show module vem mapping

VSM のマッピング先の VEM に関する情報を表示するには、 show module vem mapping コマンドを使用します。情報には、VEM モジュール番号、ステータス、UUID、およびライセンス ステータスが含まれます。

show module vem [ module-number ] mapping

 
構文の説明

module-number

(任意)既存のモジュールを識別する番号。範囲は、1 ~ 66 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、VSM のマッピング先の VEM に関する情報を表示する例を示します。情報には、VEM モジュール番号、ステータス、UUID、およびライセンス ステータスが含まれます。

n1000v# show module vem mapping
Mod Status UUID License Status
--- ----------- ------------------------------------ --------------
3 absent c43cfa32-08b4-4a12-b899-90f54fb05db0 licensed
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show module

モジュール情報を表示します。

module vem

VEM 上へのコマンドの Cisco Nexus 1000V からのリモート入力を許可します。

show module vem counters

VSM が VEM から何らかのパケットを受信しているかどうかを確認するために VEM のカウンタを表示します。

show module vem license-info

ユーザの VSM に接続されている VEM に関するライセンス情報を表示します。

show module vem missing

VC に追加されたが、VSM に存在しない VEM モジュールを表示します。

show module vem missing

VC に追加されたが、VSM に存在しない VEM モジュールを表示するには、 show module vem missing コマンドを使用します。

show module vem missing

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、VC に追加されたが、VSM に存在しない VEM モジュールを表示する例を示します。

n1000v# show module vem missing
No missing module found.
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show module

モジュール ステータス、ソフトウェア バージョン、MAC アドレス、サーバ情報などを表示します。

module vem

VEM 上へのコマンドの Cisco Nexus 1000V からのリモート入力を許可します。

show module vem license-info

ユーザの VSM に接続されている VEM に関するライセンス情報を表示します。

show module vem mapping

VSM のマッピング先の VEM に関する情報を表示します。情報には、VEM モジュール番号、ステータス、UUID、およびライセンス ステータスが含まれます。

show module vem counters

VSM が VEM から何らかのパケットを受信しているかどうかを確認するために VEM のカウンタを表示します。

show module vem missing

VC に追加されたが、VSM に存在しない VEM モジュールを表示します。

show monitor

スイッチド ポート アナライザ(SPAN)セッションのステータスを表示するには、 show monitor コマンドを使用します。

show monitor

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、SPAN セッションのステータスを表示する例を示します。

n1000v# show monitor
Session State Reason Description
------- ----------- ---------------------- --------------------------------
17 down Session admin shut folio

 
関連コマンド

コマンド
説明

monitor session

グローバル コンフィギュレーション モードまたはモニタ コンフィギュレーション モードで、指定された SPAN モニタ セッションを開始します。

show monitor session

実行コンフィギュレーション内に存在する ERSPAN セッション コンフィギュレーションを表示します。

show monitor session

スイッチド ポート アナライザ(SPAN)セッション設定を表示するには、 show monitor session コマンドを使用します。

show monitor session { session_number | all | range { session_range }} [ brief ]

 
構文の説明

session_number

SPAN セッション番号を識別する番号。範囲は、1 ~ 64 です。

all

すべてのセッションを指定します。

range

セッションの範囲を示します。

session_range

1 ~ 64 の SPAN セッションの範囲。

brief

(任意)短縮バージョンを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、セッション 1 の SPAN セッション設定を表示する例を示します。

n1000v(config)# show monitor session 1
session 1
---------------
type : erspan-source
state : up
source intf :
rx : Eth3/3
tx : Eth3/3
both : Eth3/3
source VLANs :
rx :
tx :
both :
filter VLANs : filter not specified
destination IP : 10.54.54.1
ERSPAN ID : 999
ERSPAN TTL : 64
ERSPAN IP Prec. : 0
ERSPAN DSCP : 0
ERSPAN MTU : 1000

 
関連コマンド

コマンド
説明

show monitor

SPAN セッションのステータスを表示します。

monitor session

グローバル コンフィギュレーション モードまたはモニタ コンフィギュレーション モードで、指定された SPAN モニタ セッションを開始します。

show network-segment manager switch

Network Segmentation Manager(NSM)で設定された Cisco Nexus 1000V を表示するには、 show network-segment manager switch コマンドを使用します。

show network-segment manager switch

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(5.1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、Cisco Nexus 1000V 情報を表示する例を示します。

n1000v# configure terminal
n1000v(config)# feature network-segmentation-manager
n1000v# show network-segment manager switch
switch: default_switch
state: enabled
dvs-uuid: d4 e7 12 50 89 db 3b c4-8d 4d 4c 36 ca 1c d1 f0
dvs-name: nexus1000v
mgmt-srv-uuid: 087F202C-8937-4F1E-8676-6F714C1AB96C
reg status: registered
last alert: 30 seconds ago
connection status: connected
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature network-segmentation-manager

Network Segmentation Manager(NSM)機能をイネーブルにします。

network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシーを作成します。

show run network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシー設定を表示します。

show network-segment network

ネットワーク セグメンテーション ポリシーに関連付けられたネットワークを表示するには、 show network-segment network コマンドを使用します。

show network-segment network [network _name |id]

 
構文の説明

network_name

(任意)ネットワークの名前。

id

(任意)ネットワーク セグメンテーション ポリシーに関連付けられた ID。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(5.1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、ネットワーク セグメンテーション ポリシーに関連付けられたネットワークを表示する例を示します。

n1000v(config)# show network-segment network
 
network dvs.VCDVSint-org-cn2-e46e9686-2327-49df-ad5c-a3f89c00cfb8
tenant id: 2b4ca1b2-ba8e-456c-b772-a4730af16e2e
network-segment policy: default_segmentation_template
segment id: 4107
multicast ip: 225.0.0.1
 
network dvs.VCDVSint-org-nexus-6141babd-bdc8-4e86-8f16-1ac786fb377f
tenant id: 91e87e80-e18b-460f-a761-b978c0d28aea
network-segment policy: seg-template-nexus-org
segment id: 4108
multicast ip: 225.0.0.2
 
n100v(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature network-segmentation-manager

Network Segmentation Manager(NSM)機能をイネーブルにします。

network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシーを作成します。

show run network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシー設定を表示します。

network-segment policy migrate

デフォルトのネットワーク セグメンテーション ポリシーからデフォルト以外の宛先ネットワーク セグメンテーション ポリシーに移行するには、network-segment policy migrate コマンドを使用します。

network-segment policy migrate id isolation_id type nw_type dest-policy policy

no network-segment policy name

 
構文の説明

isolation_id

移行されるネットワークのテナント ID。

nw_type

移行されるネットワークのタイプ(VLAN またはセグメンテーション)。

policy

移行先の宛先ネットワーク セグメンテーション ポリシーの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(5.1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、ネットワークを移行する例を示します。

n1000v# configure terminal
n1000v(config)# network-segment policy migrate id da5c49a8-dd1b-4326-9da0-3c5e6a2c1b87 type vlan dest-policy org_vlan
n1000v(config)#
 
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show run network-segment policy

NSM のポリシー設定を表示します。

network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシーを作成します。

feature network-segmentation-manager

Network Segmentation Manager(NSM)機能をイネーブルにします。

show network-segment policy usage

ネットワークによるネットワーク セグメンテーション ポリシーの使用状況を表示するには、 show network-segment policy usage コマンドを使用します。

show network-segment policy usage [policy_name]

 
構文の説明

policy_name

(任意)ネットワーク セグメンテーション ポリシーの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(5.1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、ネットワークによるネットワーク セグメンテーション ポリシーの使用状況を表示する例を示します。

n1000v# show network-segment policy usage
 
network-segment policy default_segmentation_template
dvs.VCDVSint-org-cn2-e46e9686-2327-49df-ad5c-a3f89c00cfb8
 
network-segment policy default_vlan_template
 
network-segment policy seg-template-nexus-org
dvs.VCDVSint-org-nexus-6141babd-bdc8-4e86-8f16-1ac786fb377f
 
network-segment policy vlan-template-nexus-org

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature network-segmentation-manager

Network Segmentation Manager(NSM)機能をイネーブルにします。

network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシーを作成します。

show run network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシー設定を表示します。

show network-state tracking

モジュールまたはインターフェイスのネットワーク ステート トラッキングのステータスを表示するには、 show network-state tracking コマンドを使用します。

show network - state tracking { module modID | interface channelID }

 
構文の説明

module modID

モジュール番号に関連する状態を表示します。

interface channelID

インターフェイス ポート チャネルに関連する状態を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、モジュールのネットワーク ステート トラッキングのステータスを表示する例を示します。

n1000v# show network-state tracking module 3
Port- Network Tracking SG SG Tracking SG
Channel Mode Vlan ID State Interface Members
------- ------- -------- -- -------- --------- -----------------
Po2 split 263 10 Active Eth66/3 Eth66/3, Eth66/4
Eth66/5, Eth66/6, Eth66/7
Po2 split 263 11 Active Eth66/8 Eth66/8, Eth66/9, Eth66/11
 

次に、インターフェイスおよびポート チャネルのネットワーク ステート トラッキングのステータスを表示する例を示します。

n1000v# show network-state tracking interface port-channel 2
Port- Network Tracking SG SG Tracking SG
Channel Mode Vlan ID State Interface Members
------- ------- -------- -- -------- --------- -----------------
Po2 split 263 10 Active Eth66/3 Eth66/3, Eth66/4, Eth66/5, Eth66/6
Eth66/7
Po2 split 263 11 Active Eth66/8 Eth66/8, Eth66/9, Eth66/11
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

track network-state enable

vPC-HM ポート プロファイルで設定されたすべての VEM に対するネットワーク ステート トラッキングをイネーブルにします。

show network-state tracking config

確認のためにネットワーク ステート トラッキング設定を表示します。

show network-state tracking config

ネットワーク ステート トラッキング設定を表示するには、 show network-state tracking config コマンドを使用します。

show network-state tracking config

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、ネットワーク ステート トラッキング設定を表示する例を示します。

n1000v# show network-state tracking config

Tracking mode : disabled

Tracking Interval : 5 sec

Miss count threshold : 5 pkts

Split-network action : unknown

n1000v#

 

 
関連コマンド

コマンド
説明

tracking enable

vPC-HM ポート プロファイルで設定されたすべての VEM に対するネットワーク ステート トラッキングをイネーブルにします。

show network - state tracking

モジュールまたはインターフェイスのネットワーク ステート トラッキングのステータスを表示します。

show ntp peer-status

すべての Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)サーバのステータスを表示するには、 show ntp peer-status コマンドを表示します。

show ntp peer-status

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ドメイン名が解決されるのは、DNS サーバが設定されている場合だけです。

次に、設定されているサーバとピアを表示する例を示します。

n1000v# show ntp peer-status
Total peers : 2
* - selected for sync, + - peer mode(active),
- - peer mode(passive), = - polled in client mode
remote local st poll reach delay vrf
------------------------------------------------------------------------
=192.0.2.10 0.0.0.0 16 16 0 0.00000 default
+72.229.253.127 0.0.0.0 16 16 0 0.00000 default
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp peers

すべての NTP ピアを表示します。

show ntp statistics

NTP 統計情報を表示します。

ntp server

1 つのサーバと 1 つのサーバ アソシエーションを形成します。

ntp peer

1 つのピアと 1 つのピア アソシエーションを形成します。

show ntp peers

すべての Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)ピアを表示するには、 show ntp peers コマンドを使用します。

show ntp peers

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ドメイン名が解決されるのは、DNS サーバが設定されている場合だけです。

次に、設定されているサーバとピアを表示する例を示します。

n1000v# show ntp peers
--------------------------------------------------
Peer IP Address Serv/Peer
--------------------------------------------------
192.0.2.10 Server (configured)
72.229.253.127 Peer (configured)
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ntp peer-status

すべての NTP サーバおよびピアのステータスを表示します。

show ntp statistics

NTP 統計情報を表示します。

ntp server

1 つのサーバと 1 つのサーバ アソシエーションを形成します。

ntp peer

1 つのピアと 1 つのピア アソシエーションを形成します。

show ntp statistics

Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)統計情報を表示するには、 show ntp statistics コマンドを使用します。

show ntp statistics { io | local | memory | peer { ip-address | dns-name }}

 
構文の説明

io

入力/出力の統計情報を指定します。

local

ローカル NTP によって保持されているカウンタを指定します。

memory

メモリ コードに関連する統計情報カウンタを指定します。

peer

ピアごとの統計情報カウンタを指定します。

ip-address

このピアの IP アドレスを指定します。

dns-name

このピアの DNS 名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ドメイン名が解決されるのは、DNS サーバが設定されている場合だけです。

次に、設定されているサーバとピアを表示する例を示します。

n1000v# show ntp statistics local
system uptime: 6742265
time since reset: 6742265
old version packets: 0
old version packets: 0
unknown version number: 0
bad packet format: 0
packets processed: 0
bad authentication: 0
packets rejected: 0
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ntp server

1 つのサーバと 1 つのサーバ アソシエーションを形成します。

ntp peer

1 つのピアと 1 つのピア アソシエーションを形成します。

show password strength-check

パスワードの強度の確認が行われているかどうかを表示するには、 show password strength-check コマンドを使用します。

show password strength-check

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、パスワードの強度の確認を行っているかどうかを表示する例を示します。

n1000v# show password strength-check
Password strength check enabled
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

password strength-check

パスワードの強度確認をイネーブルにします。

username

ユーザ アカウントを作成します。

role name

ユーザ ロールに名前をつけて、そのロールのロール コンフィギュレーション モードに切り替えます。

show policy-map

すべてのポリシー マップまたは指定したポリシー マップに対するポリシー マップ設定を表示するには、 show policy-map コマンドを使用します。

show policy-map [{[ type qos ] [ policy_map_name ]} | { type queuing [ pmap-name-que ]}]

 
構文の説明

type

(任意)ポリシー マップ タイプを指定します。

qos

(任意)QoS タイプを指定します。

policy_map_
name

(任意)既存のポリシー マップの名前。

queuing

キューイング タイプ。

pmap-name-que

(任意)ポリシー マップ名(キューイング タイプ)

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

type queuing が追加されました。

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべてのポリシー マップのポリシー マップ設定を表示する例を示します。

n1000v# show policy-map
 
 
Type qos policy-maps
====================
 
policy-map type qos class1
class class-default
policy-map type qos policy1
class class1
set dscp 26
class class2
set dscp 14
class class-default
set dscp 20
police cir 256000 bps bc 300 ms pir 256000 bps be 300 ms conform transmit
 
exceed set dscp dscp table cir-markdown-map violate drop
policy-map type qos policy2
policy-map type qos policy3
class class-default
police cir 256000 bps bc 300 ms pir 256000 bps be 300 ms conform transmit
 
exceed set dscp dscp table cir-markdown-map violate drop
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show policy-map

すべてのポリシー マップ、または指定したポリシー マップに対するポリシー マップ設定を表示します。

class

class-map-name への参照を作成し、指定したクラス マップに対してポリシー マップ クラス QoS コンフィギュレーション モードを開始します。

set dscp

指定したクラスのすべての IP ヘッダー内で使用する DSCP 値を定義し、その値を実行コンフィギュレーションに保存します。

show policy-map interface

グローバル統計情報のステータスおよびすべてのインターフェイスの設定されたポリシー マップを表示するには、 show policy-map interface コマンドを使用します。

show policy-map interface [ brief ] [ ethernet slot/port | port-channel port_channel_number | vethernet interface_number ] [[ input | output ] [ type qos ]]

 
構文の説明

brief

(任意)短縮された出力を指定します。

ethernet

(任意)イーサネット インターフェイスを指定します。

slot/port

スラッシュ(/)で区切ったインターフェイスの有効なスロットおよびポート。スロット範囲は 1 ~ 66、ポート範囲は 1 ~ 256 です。

port-channel

(任意)ポート チャネル インターフェイスを指定します。

port_channel_
number

有効なポート チャネルの ID。範囲は、1 ~ 4096 です。

vethernet

(任意)仮想イーサネット インターフェイスを指定します。

interface_
number

有効な仮想イーサネット インターフェイスの ID。範囲は、1 ~ 1048575 です。

input

(任意)入力ポリシーを指定します

output

(任意)出力ポリシーを指定します。

type

(任意)クラス マップ タイプを指定します。

qos

(任意)QoS タイプを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

この例では、インターフェイスに設定されているポリシー マップの統計情報を表示する方法を示します。

n1000v(config)# show policy-map interface
 
 
Global statistics status : enabled
 
Vethernet3
Service-policy (qos) input: new-policy
policy statistics status: enabled
 
Class-map (qos): class-default (match-any)
59610700 packets
set prec 5
 
Vethernet5
 
Service-policy (qos) output: new-policer
policy statistics status: enabled
 
Class-map (qos): new-class (match-all)
344661013 packets
Match: precedence 5
police cir 900 mbps bc 200 ms
conformed 505953339796 bytes, 899924196 bps action: transmit
violated 12285218014 bytes, 22283000 bps action: dropn1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

policy-map

クラス マップのセットに適用するポリシーのセットを表すポリシー マップを定義します。

qos statistics

すべてのインターフェイスで QoS 統計情報をイネーブルにします。

clear qos statistics

指定した QoS 統計情報をクリアします。

show port-channel compatibility-parameters

ポート チャネルに加入するためにメンバ ポート間で同一でなければならないパラメータを表示するには、 show port-channel compatibility parameters コマンドを使用します。

show port-channel compatibility-parameters

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

チャネル グループにインターフェイスを追加する場合、ソフトウェアは特定のインターフェイス属性をチェックし、インターフェイスがチャネル グループと互換性があることを確認します。たとえば、レイヤ 2 チャネル グループにレイヤ 3 インターフェイスを追加できません。また、インターフェイスをポート チャネル集約に参加させる前に、そのインターフェイスの多数の操作属性もチェックされます。

このコマンドは、システムで使用される互換性チェック リストを表示します。

以下のパラメータが同じである場合、 channel-group コマンドを使用して、互換性のないパラメータを持つポートを強制的にポート チャネルに加入させることができます。

(リンク)速度性能

速度設定

デュプレックス性能

デュプレックス設定

フロー制御性能

フロー制御設定


) ポート チャネルへのポートの加入については、channel-group コマンドを参照してください。


次に、インターフェイスをチャネル グループに参加させる前に、システムで実行される互換性チェックのリストを表示する例を示します。

n1000v# show port-channel compatibility-parameters
* port mode
 
Members must have the same port mode configured, either E or AUTO. If they
are configured in AUTO port mode, they have to negotiate E mode when they
come up. If a member negotiates a different mode, it will be suspended.
 
* speed
 
Members must have the same speed configured. If they are configured in AUTO
speed, they have to negotiate the same speed when they come up. If a member
negotiates a different speed, it will be suspended.
 
* MTU
 
Members have to have the same MTU configured. This only applies to ethernet
port-channel.
 
* MEDIUM
 
Members have to have the same medium type configured. This only applies to
ethernet port-channel.
 
* Span mode
 
Members must have the same span mode.
 
* sub interfaces
 
Members must not have sub-interfaces.
 
* Duplex Mode
 
Members must have same Duplex Mode configured.
 
* Ethernet Layer
 
Members must have same Ethernet Layer (switchport/no-switchport) configured.
 
* Span Port
 
Members cannot be SPAN ports.
 
* Storm Control
 
Members must have same storm-control configured.
 
* Flow Control
 
Members must have same flowctrl configured.
 
* Capabilities
 
Members must have common capabilities.
 
* port
 
Members port VLAN info.
 
* port
 
Members port does not exist.
 
* switching port
 
Members must be switching port, Layer 2.
 
* port access VLAN
 
Members must have the same port access VLAN.
 
* port native VLAN
 
Members must have the same port native VLAN.
 
* port allowed VLAN list
 
Members must have the same port allowed VLAN list.
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

channel-group

ポート チャネル グループへのインターフェイスの追加、ポート チャネル グループからのインターフェイスの削除、インターフェイスへのポート チャネル モードの割り当てを行います。

show port-channel database

ポート チャネルの現在の実行に関する情報を表示するには、 show port-channel database コマンドを使用します。

show port-channel database [ interface port-channel channel-number ]

 
構文の説明

channel-number

情報を表示するポート チャネル番号。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

channel-number を指定しない場合は すべてのチャネル グループが表示されます。このコマンドでは、Link Aggregation Control Protocol(LACP)対応のポート チャネル、および対応する集約プロトコルのないポート チャネルが表示されます。

次に、すべてのポート チャネルの現在の動作に関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show port-channel database
port-channel5
Administrative channel mode is active
Operational channel mode is active
Last membership update is successful
1 ports in total, 0 ports up
Age of the port-channel is 1d:16h:18m:50s
Time since last bundle is 1d:16h:18m:56s
Last bundled member is
Ports: Ethernet2/5 [down]
 
port-channel20
Administrative channel mode is active
Operational channel mode is active
Last membership update is successful
1 ports in total, 0 ports up
Age of the port-channel is 1d:16h:18m:50s
Time since last bundle is 1d:16h:18m:56s
Last bundled member is
Ports: Ethernet2/20 [down]
 

次に、特定のポート チャネルの現在の動作に関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show port-channel database interface port-channel 20
port-channel20
Administrative channel mode is active
Operational channel mode is active
Last membership update is successful
1 ports in total, 0 ports up
Age of the port-channel is 1d:16h:23m:14s
Time since last bundle is 1d:16h:23m:20s
Last bundled member is
Ports: Ethernet2/20 [down]

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-channel summary

すべてのポート チャネルに関するサマリー情報を表示します。

show port-channel load-balance

ポート チャネルを使用したロード バランシングに関する情報を表示するには、 show port-channel load-balance コマンドを使用します。

show port-channel load-balance [ forwarding-path interface port-channel channel-number ]

 
構文の説明

forwarding-path interface port-channel

(任意)パケットを転送するポート チャネル内のポートを指定します。

channel-number

表示するロード バランシング転送パスのポート チャネル番号。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、システムの現在のポート チャネルのロード バランシングに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show port-channel load-balance
 
Port Channel Load-Balancing Configuration:
System: source-dest-ip-vlan
 
Port Channel Load-Balancing Addresses Used Per-Protocol:
Non-IP: source-dest-mac
IP: source-dest-ip-vlan
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel load-balance ethernet

ポート チャネルを使用したロード バランシングを設定します。

show port-channel rbh-distribution

ポート チャネルの Result Bundle Hash(RBH)に関する情報を表示するには、 show port-channel rbh-distribution コマンドを使用します。

show port-channel rbh-distribution [ interface port-channel channel-number ]

 
構文の説明

channel-number

表示する情報のポート チャネル番号。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

RBH の値の範囲は 0 ~ 7 です。RBH は、ポート チャネルのポート メンバ間で共有されます。

次に、特定のポート チャネルの RBH 分散を表示する例を示します。

n1000v# show port-channel rbh-distribution interface port-channel 4
 
ChanId Member port RBH values Num of buckets
-------- ------------- ----------------- ----------------
4 Eth3/13 4,5,6,7 4
4 Eth3/14 0,1,2,3 4
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel summary

ポート チャネルの要約情報を表示します。

show port-channel summary

ポート チャネルに関するサマリー情報を表示するには、 show port-channel summary コマンドを使用します。

show port-channel summary

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

Link Aggregation Control Protocol(LACP)がイネーブルではない場合、出力の Protocol カラムには NONE と表示されます。

チャネル グループのインターフェイスの稼動状態は次のようになります。

Down:管理のためにシャットダウンされているか、ポート チャネルとは無関係の他の理由により、インターフェイスがダウンしています。

Individual:インターフェイスはポート チャネルの一部ですが、プロトコル交換の問題により、ポート チャネルに集約できません。

このインターフェイスは、単独のリンクとしてトラフィックを転送し続けます。

STP はこのインターフェイスを認識します。

Suspended:インターフェイスの運用パラメータは、ポート チャネルと互換性がありません。このインターフェイスはトラフィックを転送していません。ただし、物理 MAC リンクはアップ状態です。

Switched:インターフェイスは切り換えられています。

Up(port-channel):ポート チャネルはアップしています。

Up in port-channel(members):ポート チャネルのポート メンバはアップしています。

Hot-standby(LACP only):インターフェイスは、現在 LACP チャネルに参加しているインターフェイスのいずれかがダウンした場合、ポート グループに加入できます。

このインターフェイスは、データ トラフィックは転送せず、Protocol Data Unit(PDU; プロトコル データ ユニット)のみ転送します。

このインターフェイスは STP を実行しません。

Module-removed:モジュールは削除されています。

Routed:インターフェイスはルーティングされています。

次に、ポート チャネルに関するサマリー情報を表示する例を示します。

n1000v# show port-channel summary
Flags: D - Down P - Up in port-channel (members)
I - Individual H - Hot-standby (LACP only)
s - Suspended r - Module-removed
S - Switched R - Routed
U - Up (port-channel)
-------------------------------------------------------------------
Group Port- Type Protocol Member Ports
Channel
-------------------------------------------------------------------
5 Po5(SD) Eth LACP Eth2/5(D)
20 Po20(RD) Eth LACP Eth2/20(D)
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-channel usage

使用されているポート チャネル番号および空いているポート チャネル番号を表示します。

show port-channel traffic

ポート チャネルの送信および受信されたユニキャストの割合、マルチキャストの割合、ブロードキャストの割合を表示します。

show port-channel traffic

ポート チャネルのトラフィック統計情報を表示するには、 show port-channel traffic コマンドを使用します。

show port-channel traffic [ interface port-channel channel-number ]

 
構文の説明

channel-number

表示するトラフィック統計情報のポート チャネル番号。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを実行すると、ポート チャネルで送信および受信されたトラフィックのユニキャスト、マルチキャスト、およびブロードキャストの割合が表示されます。

channel-number を指定しない場合は すべてのポート チャネルに関する情報が表示されます。

次に、すべてのポート チャネルのトラフィック統計情報を表示する例を示します。

n1000v(config)# show port-channel traffic
ChanId Port Rx-Ucst Tx-Ucst Rx-Mcst Tx-Mcst Rx-Bcst Tx-Bcst
------ --------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
5 Eth2/5 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
------ --------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
20 Eth2/20 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
 

次に、特定のポート チャネルのトラフィック統計情報を表示する例を示します。

n1000v(config)# show port-channel traffic interface port-channel 5
ChanId Port Rx-Ucst Tx-Ucst Rx-Mcst Tx-Mcst Rx-Bcst Tx-Bcst
------ --------- ------- ------- ------- ------- ------- -------
5 Eth2/5 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel summary

ポート チャネルに関するサマリー情報を表示します。

show port-channel usage

使用されているポート チャネル番号および空いているポート チャネル番号を表示するには、 show port-channel usage コマンドを使用します。

show port-channel usage

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべてのポート チャネルの使用状況を表示する例を示します。

n1000v# show port-channel usage
Totally 2 port-channel numbers used
====================================
Used : 5 , 20
Unused: 1 - 4 , 6 - 19 , 21 - 4096
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-channel summary

ポート チャネルに関するサマリー情報を表示します。

show port-profile

ポート プロファイルの設定を表示するには、 show port-profile コマンドを使用します。

show port-profile [ name prof_name ]

 
構文の説明

name

(任意)特定のポート プロファイルに関する情報を表示することを指定します。

prof_name

表示するポート プロファイルの名前です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

ポート プロファイルのロール情報がこのコマンドに追加されました。

4.0(4)SV1(2)

ポート プロファイル タイプ、ピニングとチャネル グループ設定が追加されました。capability uplink の情報が削除されました。

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ポート プロファイル UplinkProfile1 の設定を表示する例を示します。

n1000v# show port-profile name UplinkProfile1
port-profile system
type: Vethernet
description:
status: disabled
max-ports: 32
inherit:
config attributes:
switchport mode trunk
switchport trunk allowed vlan 114-115
no shutdown
evaluated config attributes:
switchport mode trunk
switchport trunk allowed vlan 114-115
no shutdown
assigned interfaces:
port-group:
system vlans: none
capability l3control: no
port-profile role: none
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-profile

ポート プロファイルを作成します。

show port-profile expand-interface

インターフェイス レベル設定によってポート プロファイルの設定が上書きされていないことを確認するには、 show port-profile expand-interface コマンドを使用します。

show port-profile expand-interface [ name port-profile-name ]

 
構文の説明

name

(任意)特定のポート プロファイル名の表示に限定します。

module-number

既存のポート プロファイルを識別する名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、インターフェイス レベル設定によってポート プロファイルの設定が上書きされていないことを確認する例を示します。

n1000v# show port-profile expand-interface
 
port-profile 1
 
port-profile 2
 
port-profile AccessProf
 
port-profile AllAccess
 
port-profile PortProfile1
 
port-profile SystemProfile
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-profile

ポート プロファイルの設定を表示します。

port-profile

ポート プロファイルを作成してポート プロファイル コンフィギュレーション モードを開始します。

inherit port-profile

継承される設定をデフォルトの設定として新しいポート プロファイルに追加します。

show port-profile-role

ポート プロファイル ロール設定を表示するには、 show port-profile-role コマンドを使用します。

show port-profile-role [ name port-profile-role-name ]

 
構文の説明

name

(任意)特定のロールを表示することを指定します。

port-profile-role-name

表示するロールの名前を指定します

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、adminUser ポート プロファイルのロールを表示する例を示します。

n1000v# show port-profile-role name adminUser
 
Name: adminUser
Description: adminOnly
Users:
hdbaar (user)
Assigned port-profiles:
allaccess2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-profile

ポート プロファイルに割り当てられたロールを含むポート プロファイル設定を表示します。

show port-profile-role users

使用可能なユーザおよびグループを表示します。

port-profile-role

ポート プロファイルのロールを作成します。

user

ポート プロファイルのロールにユーザを割り当てます。

group

ポート プロファイルのロールにグループを割り当てます。

assign port-profile-role

特定のポート プロファイルにポート プロファイルのロールを割り当てます。

feature port-profile-role

ポート プロファイルのロールの制限のサポートをイネーブルにします。

port-profile

ポート プロファイルを作成します。

show port-profile-role users

使用可能なユーザおよびグループを表示するには、 show port-profile-role users コマンドを使用します。

show port-profile-role users

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、使用可能なユーザおよびグループを表示する例を示します。

n1000v# show port-profile-role users

Groups:

Administrators

TestGroupB

Users:

dbaar

fgreen

suchen

mariofr

n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-profile-role

ポート プロファイルのロールを作成します。

user

ポート プロファイルのロールにユーザを割り当てます。

group

ポート プロファイルのロールにグループを割り当てます。

assign port-profile-role

特定のポート プロファイルにポート プロファイルのロールを割り当てます。

feature port-profile-role

ポート プロファイルのロールの制限のサポートをイネーブルにします。

port-profile

ポート プロファイルを作成します。

show port-profile sync-status

ポート プロファイルと同期していないインターフェイスを表示するには、 show port-profile sync-status コマンドを使用します。

show port-profile sync-status [ interface if-name ]

 
構文の説明

interface

(任意)特定のインターフェイスを表示することを指定します。

if-name

表示するインターフェイスの名前を指定します

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、ポート プロファイルと同期していないインターフェイスを表示する例を示します。

n1000v# show port-profile sync-status
 
Ethernet3/2
port-profile: uplink
interface status: quarantine
sync status: out of sync
cached commands:
errors:
command cache overrun
recovery steps:
bring interface online
 
Ethernet3/3
port-profile: uplink
interface status: quarantine
sync status: out of sync
cached commands:
errors:
command cache overrun
recovery steps:
bring interface online

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-profile

ポート プロファイルを作成します。

show port-profile

ポート プロファイルの設定を表示します。

show port-profile virtual usage

インターフェイスによるポート プロファイルの使用状況を表示するには、 show port-profile virtual usage コマンドを使用します。

show port-profile virtual usage [ name name ]

 
構文の説明

name

(任意)特定のポート プロファイルを表示することを指定します。

name

表示するポート プロファイルの名前を指定します

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、インターフェイスによるポート プロファイルの使用状況を表示する例を示します。

n1000v# show port-profile virtual usage
-------------------------------------------------------------------------------
Port Profile Port Adapter Owner
-------------------------------------------------------------------------------
n1kv-uplink0 Po1
Eth3/2 vmnic1 localhost.
Eth3/3 vmnic2 localhost.
vlan1767 Veth7 Net Adapter 1 all-tool-7
Veth8 Net Adapter 1 all-tool-8
aipc1765 Veth4 Net Adapter 1 bl-h-s
inband1766 Veth6 Net Adapter 3 bl-h-s
mgmt1764 Veth5 Net Adapter 2 bl-h-s
vpc-mac-uplink Po7
Eth5/2 vmnic1 localhost.
Eth5/3 vmnic2 localhost.
ch-vpc-mac-uplink Po2
Po3
Eth4/2 vmnic1 VDANIKLNCOS
Eth4/3 vmnic2 VDANIKLNCOS
ch-aipc1765 Veth1 Net Adapter 1 bl-h-p
ch-mgmt1764 Veth2 Net Adapter 2 bl-h-p
ch-inband1766 Veth3 Net Adapter 3 bl-h-p
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-profile

ポート プロファイルを作成します。

show port-profile

ポート プロファイルの設定を表示します。

inherit port-profile

継承される設定をデフォルトの設定として新しいポート プロファイルに追加します。

port-profile-role

ポート プロファイルのロールを作成します。

show port-security

システムで保護されている MAC アドレスを表示するには、 show port-security コマンドを使用します。

show port-security

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、システムで保護されている MAC アドレスを表示する例を示します。

n1000V# show port-security
Total Secured Mac Addresses in System (excluding one mac per port) : 0
Max Addresses limit in System (excluding one mac per port) : 8192
 
----------------------------------------------------------------------------
Secure Port MaxSecureAddr CurrentAddr SecurityViolation Security Action
(Count) (Count) (Count)
 
----------------------------------------------------------------------------
Vethernet1 1 0 0 Shutdown
==========================================================================

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-security stop learning

ポートの Drop on Source Miss(DSM)ビットを設定します。

module vem execute

Cisco Nexus 1000V から仮想イーサネット モジュール(VEM)でコマンドをリモートで実行します。

show cdp neighbors

アップストリーム デバイスの設定と機能を表示します。

show port-security address

システムのすべてのセキュア MAC アドレスに関する情報を表示するには、 show port-security address コマンドを使用します。

show port-security address interface-id

 
構文の説明

interface vethernet

(任意)セキュア MAC アドレス情報を特定の

vEthernet インターフェイスに制限します。

interface ethernet

(任意)セキュア MAC アドレス情報を特定の

イーサネット インターフェイスに制限します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、システムのすべての MAC アドレスに関する情報を表示するために、show port-security address コマンドを使用する例を示します。

 
n1000v# show port-security address
Total Secured Mac Addresses in System (excluding one mac per port) : 0
Max Addresses limit in System (excluding one mac per port) : 8192
----------------------------------------------------------------------
Secure Mac Address Table
----------------------------------------------------------------------
Vlan Mac Address Type Ports Remaining Age
(mins)
---- ----------- ------ ----- -------------
1 0054.AAB3.770F STATIC port-channel1 0
1 00EE.378A.ABCE STATIC Ethernet1/4 0
======================================================================

n1000v#

 

 

次に、show port-security address コマンドを使用して、イーサネット 1/4 インターフェイス上のポート セキュリティ機能によって保護されている MAC アドレスを表示する例を示します。

n1000v# show port-security address interface ethernet 1/4
Secure Mac Address Table
----------------------------------------------------------------------
Vlan Mac Address Type Ports Remaining Age
(mins)
---- ----------- ------ ----- -------------
1 00EE.378A.ABCE STATIC Ethernet1/4 0
----------------------------------------------------------------------
n1000v#

 

次に、show port-security address コマンドを使用して、vethernet1 インターフェイス上のポート セキュリティ機能によって保護されている MAC アドレスを表示する例を示します。

n1000v# show port-security address interface vethernet 1
Total Secured Mac Addresses in System (excluding one mac per port) : 0
Max Addresses limit in System (excluding one mac per port) : 8192
----------------------------------------------------------------------
Secure Mac Address Table
----------------------------------------------------------------------
Vlan Mac Address Type Ports Remaining age
(mins)
---- ----------- ------ ----- ---------------
65 0050.56B7.7DE2 DYNAMIC Vethernet1 0
=====================================================================
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear port-security

ダイナミックに学習されたセキュア MAC アドレスをクリアします。

switchport port-security

レイヤ 2 インターフェイス上のポート セキュリティをイネーブルにします。

show port-security

ポート セキュリティに関する情報を表示します。

show port-security interface

セキュアなインターフェイスに関する情報を表示します。

show running-config port-security

ポート セキュリティ設定を表示します。

show port-security interface

システムのセキュアなインターフェイスに関する情報を表示するには、 show port-security interface コマンドを使用します。

show port-security interface interface-id

 
構文の説明

interface-id

インターフェイス ID。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、show port-security interface コマンドを使用して、イーサネット 1/4 インターフェイス上のポート セキュリティ機能のステータスを表示する例を示します。

n1000v# show port-security interface ethernet 1/4
Port Security : Enabled
Port Status : Secure Down
Violation Mode : Shutdown
Aging Time : 0 mins
Aging Type : Absolute
Maximum MAC Addresses : 5
Total MAC Addresses : 1
Configured MAC Addresses : 1
Sticky MAC Addresses : 0
Security violation count : 0
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear port-security

ダイナミックに学習されたセキュア MAC アドレスをクリアします。

switchport port-security

レイヤ 2 インターフェイス上のポート セキュリティをイネーブルにします。

show port-security

ポート セキュリティに関する情報を表示します。

show port-security address

インターフェイスのセキュア MAC アドレスを表示します。

show running-config port-security

ポート セキュリティ設定を表示します。

show processes

すべてのプロセスの状態と開始カウントを表示するには、 show processes コマンドを使用します。

show processes [ cpu | log | memory ]

 
構文の説明

cpu

(任意)CPU に関連するプロセスを指定します。

log

(任意)プロセス ログに関する情報を指定します。

memory

(任意)メモリに関連するプロセスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべてのプロセスの状態と開始カウントを表示する例を示します。

n1000v# show processes
 
PID State PC Start_cnt TTY Type Process
----- ----- -------- ----------- ---- ---- -------------
1 S 77f8a468 1 - O init
2 S 0 1 - O ksoftirqd/0
3 S 0 1 - O desched/0
4 S 0 1 - O events/0
5 S 0 1 - O khelper
10 S 0 1 - O kthread
18 S 0 1 - O kblockd/0
35 S 0 1 - O khubd
121 S 0 1 - O pdflush
122 S 0 1 - O pdflush
124 S 0 1 - O aio/0
123 S 0 1 - O kswapd0
709 S 0 1 - O kseriod
756 S 0 1 - O kide/0
766 S 0 1 - O ata/0
770 S 0 1 - O scsi_eh_0
1096 S 0 1 - O kjournald
1101 S 0 1 - O kjournald
1620 S 0 1 - O kjournald
1627 S 0 1 - O kjournald
1952 S 77f6c18e 1 - O portmap
1965 S 0 1 - O nfsd
1966 S 0 1 - O nfsd
1967 S 0 1 - O nfsd
1968 S 0 1 - O nfsd
1969 S 0 1 - O nfsd
1970 S 0 1 - O nfsd
1971 S 0 1 - O nfsd
1972 S 0 1 - O nfsd
1973 S 0 1 - O lockd
1974 S 0 1 - O rpciod
1979 S 77f6e468 1 - O rpc.mountd
1989 S 77f6e468 1 - O rpc.statd
2016 S 77e0e468 1 - VG sysmgr
2298 S 0 1 - O mping-thread
2299 S 0 1 - O mping-thread
2315 S 0 1 - O stun_kthread
2316 S 0 1 - O stun_arp_mts_kt
2339 S 0 1 - O redun_kthread
2340 S 0 1 - O redun_timer_kth
2866 S 0 1 - O sf_rdn_kthread
2866 S 0 1 - O sf_rdn_kthread
2867 S 77f37468 1 - VU xinetd
2868 S 77f6e468 1 - VU tftpd
2869 S 7788c1b6 1 - VL syslogd
2870 S 77ecf468 1 - VU sdwrapd
2872 S 77d94468 1 - VU platform
2877 S 0 1 - O ls-notify-mts-t
2889 S 77eb2be4 1 - VU pfm_dummy
2896 S 77f836be 1 - O klogd
2903 S 77d9ebe4 1 - VL vshd
2904 S 77e41468 1 - VU stun
2905 S 77a74f43 1 - VL smm
2906 S 77e5a468 1 - VL session-mgr
2907 S 77c4e468 1 - VL psshelper
2908 S 77f75468 1 - VU lmgrd
2909 S 77e36be4 1 - VG licmgr
2910 S 77ebe468 1 - VG fs-daemon
2911 S 77ec5468 1 - VL feature-mgr
2912 S 77e7a468 1 - VU confcheck
2913 S 77eb3468 1 - VU capability
2915 S 77c4e468 1 - VU psshelper_gsvc
2922 S 77f75468 1 - O cisco
2937 S 77895f43 1 - VL clis
2937 S 77895f43 1 - VL clis
2952 S 77cba468 1 - VL xmlma
2953 S 77e8b468 1 - VL vmm
2955 S 77e80468 1 - VU ttyd
2957 S 77ecb6be 1 - VL sysinfo
2958 S 77b57468 1 - VL sksd
2959 S 77ea7468 1 - VG res_mgr
2960 S 77e53468 1 - VG plugin
2961 S 77ccf468 1 - VL mvsh
2962 S 77e05468 1 - VU module
2963 S 77cce468 1 - VL evms
2964 S 77ccf468 1 - VL evmc
2965 S 77ecc468 1 - VU core-dmon
2966 S 7765b40d 1 - VL ascii-cfg
2967 S 77cebbe4 1 - VL securityd
2968 S 77cb5468 1 - VU cert_enroll
2969 S 77b17be4 1 - VL aaa
2973 S 77e19468 1 - VU ExceptionLog
2975 S 77dfb468 1 - VU bootvar
2976 S 77df9468 1 - VG ifmgr
2977 S 77ead468 1 - VU tcap
2978 S 77a6bf43 1 - VL l3vm
2978 S 77a6bf43 1 - VL l3vm
2979 S 77a62f43 1 - VL u6rib
2980 S 77a62f43 1 - VL urib
2981 S 77f30be4 1 - VU core-client
2983 S 77b95468 1 - VL aclmgr
3008 S 77d51468 1 - VU aclcomp
3011 S 7774440d 1 - VL tacacs
3012 S 77a72f43 1 - VL adjmgr
3016 S 77a74f43 1 - VL arp
3021 S 778a1896 1 - VL icmpv6
3022 S 7791ef43 1 - VL netstack
3050 S 7770240d 1 - VL radius
3051 S 77f59be4 1 - VL ip_dummy
3052 S 77f59be4 1 - VL ipv6_dummy
3053 S 7783c40d 1 - VU ntp
3054 S 77f59be4 1 - VL pktmgr_dummy
3055 S 778ae40d 1 - VL snmpd
3056 S 77f59be4 1 - VL tcpudp_dummy
3063 S 7782d40d 1 - VL cdp
3064 S 77b1540d 1 - VL dcos-xinetd
3154 S 77b4040d 1 - O ntpd
3195 S 77e0d468 1 - VL vsim
3196 S 778ee40d 1 - VL ufdm
3196 S 778ee40d 1 - VL ufdm
3197 S 77d42468 1 - VU sf_nf_srv
3198 S 778e240d 1 - VL sal
3199 S 77a14f43 1 - VL rpm
3200 S 778cd40d 1 - VG pltfm_config
3201 S 77efc468 1 - VU pixmc
3202 S 77e0f468 1 - VG pixm
3203 S 77c43468 1 - VU pdl_srv_tst
3204 S 7789e40d 1 - VL nfm
3205 S 77ddc468 1 - VU msp
3206 S 77dbc468 1 - VL monitor
3207 S 7789c40d 1 - VL mfdm
3208 S 7787340d 1 - VL l2fm
3209 S 77dc0468 1 - VL ipqosmgr
3210 S 77e81468 1 - VU ethanalyzer
3211 S 777b740d 1 - VL dhcp_snoop
3212 S 77b3940d 1 - VL dcos-thttpd
3213 S 77c26468 1 - VU copp
3214 S 77b2b468 1 - VL eth_port_channel
3215 S 77d15468 1 - VL vlan_mgr
3219 S 758bc40d 1 - VU vms
3220 S 77b8a468 1 - VL eth-port-sec
3221 S 77abb468 1 - VL stp
3221 S 77abb468 1 - VL stp
3226 S 77de5468 1 - VL lacp
3228 S 777ba40d 1 - VL ethpm
3232 S 77a0127b 1 - VL igmp
3235 S 77dba468 1 - VL private-vlan
3241 S 77d70468 1 - VU vim
3246 S 77d4b468 1 - VU portprofile
3285 S 77f836be 1 1 O getty
3286 S 77f806be 1 S0 O getty
3290 S 77f1deee 1 - O gettylogin1
3308 S 77f836be 1 S1 O getty
3360 S 77ae140d 1 - O dcos_sshd
3361 S 77aaa468 1 8 O vsh
4213 Z 0 1 - O vmw_maintenance
25188 Z 0 1 - O vmw_maintenance
31228 Z 0 1 - O vmw_maintenance
427 Z 0 1 - O vmw_maintenance
1035 Z 0 1 - O vmw_maintenance
2439 Z 0 1 - O vmw_maintenance
7167 Z 0 1 - O vmw_maintenance
8246 Z 0 1 - O vmw_maintenance
8856 Z 0 1 - O vmw_maintenance
10539 Z 0 1 - O vmw_maintenance
10539 Z 0 1 - O vmw_maintenance
16083 Z 0 1 - O vmw_maintenance
19353 S 77ae140d 1 - O dcos_sshd
19354 S 7752340d 1 - O xmlsa
13167 S 77ae140d 1 - O dcos_sshd
13169 S 77aaa468 1 17 O vsh
14253 S 7798140d 1 - O in.dcos-telnetd
14254 S 77aaa468 1 18 O vsh
14757 S 7798140d 1 - O in.dcos-telnetd
14758 S 77a82eee 1 19 O vsh
14933 S 77f426be 1 19 O more
14934 S 77aa9be4 1 19 O vsh
14935 R 77f716be 1 - O ps
- NR - 0 - VL eigrp
- NR - 0 - VL isis
- NR - 0 - VL ospf
- NR - 0 - VL ospfv3
- NR - 0 - VL rip
- NR - 0 - VL eigrp
- NR - 0 - VL isis
- NR - 0 - VL ospf
- NR - 0 - VL ospfv3
- NR - 0 - VL rip
- NR - 0 - VL rip
- NR - 0 - VL eigrp
- NR - 0 - VL isis
- NR - 0 - VL ospf
- NR - 0 - VL ospfv3
- NR - 0 - VL rip
- NR - 0 - VL eigrp
- NR - 0 - VL isis
- NR - 0 - VL ospf
- NR - 0 - VL ospfv3
- NR - 0 - VL rip
- NR - 0 - VL amt
- NR - 0 - VL bgp
- NR - 0 - VL eou
- NR - 0 - VL glbp
- NR - 0 - VL hsrp_engine
- NR - 0 - VU installer
- NR - 0 - VL interface-vlan
- NR - 0 - VU lisp
- NR - 0 - VL msdp
- NR - 0 - VL pim
- NR - 0 - VL pim6
- NR - 0 - VL scheduler
- NR - 0 - VL isis
- NR - 0 - VL ospf
- NR - 0 - VL ospfv3
- NR - 0 - VL rip
- NR - 0 - VL amt
- NR - 0 - VL bgp
- NR - 0 - VL eou
- NR - 0 - VL glbp
- NR - 0 - VL hsrp_engine
- NR - 0 - VU installer
- NR - 0 - VL interface-vlan
- NR - 0 - VU lisp
- NR - 0 - VL msdp
- NR - 0 - VL pim
- NR - 0 - VL pim6
- NR - 0 - VL scheduler
- NR - 0 - VU vbuilder
 
State: R(runnable), S(sleeping), Z(defunct)
 
Type: U(unknown), O(non sysmgr)
NR(not running), ER(terminated etc)
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show system redundancy status

システムの HA 状態を表示します。

show module

システムで利用可能なすべての VSM と VEM に関する情報を表示します。

module vem

VEM のコマンドの Cisco Nexus 1000V からのリモート入力を許可します。

show radius-server

RADIUS サーバ設定を表示するには、 show radius-server コマンドを使用します。

show radius-server [ host ]

 
構文の説明

host

(任意)RADIUS サーバの DNS 名または IP アドレスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、RADIUS サーバの設定を表示する例を示します。

n1000v# show radius-server ads
ads:
available for authentication on port:1812
available for accounting on port:1813
idle time:0
test user:test
test password:********
n1000v(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

radius-server host

RADIUS サーバの IP アドレスまたはホスト名を定義します。

radius-server directed-request

誘導要求をイネーブルにします。

show radius-server groups

RADIUS サーバ グループ設定に関する情報を表示します。

show radius-server sorted

名前でソートされた RADIUS サーバを表示します。

show radius-server statistics

RADIUS 統計情報を表示します。

show radius-server directed-request

directed request の設定を表示します。

show radius-server directed-request

指定要求設定を表示するには、 show radius-server directed-request コマンドを使用します。

show radius-server directed-request

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、指定要求設定を表示する例を示します。

n1000v(config)# show radius-server directed-request
disabled
n1000v(config)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

radius-server directed-request

誘導要求をイネーブルにします。

show radius-server groups

RADIUS サーバ グループ設定に関する情報を表示します。

show radius-server sorted

名前でソートされた RADIUS サーバを表示します。

show radius-server statistics

RADIUS 統計情報を表示します。

show radius-server groups

RADIUS サーバ グループ設定に関する情報を表示するには、 show radius-server groups コマンドを使用します。

show radius-server groups [ group-name ]

 
構文の説明

group-name

(任意)RADIUS サーバ グループの名前を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、RADIUS サーバ グループ設定に関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show radius-server groups
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa group server radius

RADIUS サーバ グループを作成し、そのグループの RADIUS サーバ グループ コンフィギュレーション サブモードを開始します。

radius-server host

RADIUS サーバの IP アドレスまたはホスト名を定義します。

radius-server directed-request

誘導要求をイネーブルにします。

show radius-server sorted

名前でソートされた RADIUS サーバを表示します。

show radius-server statistics

RADIUS 統計情報を表示します。

show radius-server directed-request

directed request の設定を表示します。

show radius-server sorted

RADIUS サーバ設定をソートされた形式で表示するには、 show radius-server sorted コマンドを使用します。

show radius-server sorted

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、RADIUS サーバの設定をソートされた形式で表示する例を示します。

n1000v(config)# show radius-server sorted
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

radius-server host

RADIUS サーバの IP アドレスまたはホスト名を定義します。

radius-server directed-request

誘導要求をイネーブルにします。

show radius-server groups

RADIUS サーバ グループ設定に関する情報を表示します。

show radius-server statistics

RADIUS 統計情報を表示します。

show radius-server directed-request

directed request の設定を表示します。

show radius-server statistics

RADIUS 統計情報を表示するには、 show radius-server statistics コマンドを使用します。

show radius-server statistics { hostname | ipv4-address }

 
構文の説明

hostname

RADIUS サーバ ホストの DNS 名を指定します。

ipv4-address

RADIUS サーバ ホストの IP アドレスです。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、RADIUS 統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show radius-server statistics 10.10.1.1
Server is not monitored
 
Authentication Statistics
failed transactions: 0
sucessfull transactions: 0
requests sent: 0
requests timed out: 0
responses with no matching requests: 0
responses not processed: 0
responses containing errors: 0
 
Accounting Statistics
failed transactions: 0
sucessfull transactions: 0
requests sent: 0
requests timed out: 0
responses with no matching requests: 0
responses not processed: 0
responses containing errors: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

radius-server host

RADIUS サーバの IP アドレスまたはホスト名を定義します。

radius-server directed-request

誘導要求をイネーブルにします。

show radius-server groups

RADIUS サーバ グループ設定に関する情報を表示します。

show radius-server sorted

名前でソートされた RADIUS サーバを表示します。

show radius-server statistics

RADIUS 統計情報を表示します。

show radius-server directed-request

directed request の設定を表示します。

show running-config diff

実行コンフィギュレーションとスタートアップ コンフィギュレーションの違いを確認するには、 show running-config diff コマンドを使用します。

show running-config diff

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ある VSM を別の VSM に切り替える場合、アクティブな VSM で使用可能だった未保存の実行コンフィギュレーションは、新たにアクティブとなった VSM でもまだ未保存のままです。このコマンドを使用して、この未保存の実行コンフィギュレーションを確認できます。次に、スタートアップでこのコンフィギュレーションを保存します。必要に応じて実行します。

次に、実行コンフィギュレーションとスタートアップ コンフィギュレーションの違いを確認する例を示します。

n1000v# show running-config diff
*** Startup-config
--- Running-config
***************
*** 1,38 ****
version 4.0(4)SV1(1)
role feature-group name new
role name testrole
username admin password 5 $1$S7HvKc5G$aguYqHl0dPttBJAhEPwsy1 role network-admin
telnet server enable
ip domain-lookup
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

system switchover

アクティブな VSM で、スタンバイ VSM への手動スイッチオーバーを開始します。

copy running-config startup-config

実行コンフィギュレーションを、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーします。

show running-config interface ethernet

特定のイーサネット インターフェイスの実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config interface ethernet コマンドを使用します。

show running-config interface ethernet slot/port

 
構文の説明

slot/port

既存のイーサネット インターフェイスのスロット番号とポート番号を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、イーサネット インターフェイス 2/1 の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

n1000v# show running-config interface ethernet 2/1
version 4.0(4)SV1(3)
 
interface Ethernet3/2
inherit port-profile uplink_all

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config interface port-channel

ポート チャネルの実行コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config interface vethernet

vEthernet インターフェイスの実行コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config interface port-channel

特定のポート チャネルの実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config interface port-channel コマンドを使用します。

show running-config interface port-channel { channel-number }

 
構文の説明

channel-number

ポート チャネル グループの番号。値の範囲は 1 ~ 4096 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ポート チャネル 10 の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

n1000v(config)# show running-config interface port-channel 10
version 4.0(4)SV1(1)
 
interface port-channel10
switchport
switchport mode trunk
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show port-channel summary

ポート チャネルのサマリー情報を表示します。

show running-config interface vethernet

特定の vEthernet インターフェイスの実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config interface vethernet コマンドを使用します。

show running-config interface vethernet interface-number

 
構文の説明

interface-number

既存の vEthernet インターフェイスを識別する番号。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、vEthernet インターフェイス 2/1 の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

n1000v# show running-config interface vethernet 1
version 4.0(4)SV1(2)
 
interface Vethernet1
description isp_pvlan1
pinning id 3
switchport mode private-vlan host
no shutdown
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show running-config interface port-channel

ポート チャネルの実行コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config interface ethernet

イーサネット インターフェイスの実行コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシー設定を表示するには、 show running-config network-segment policy コマンドを使用します。

show running-config network-segment policy [ policy_name ]

 
構文の説明

policy_name

(任意)ネットワーク セグメンテーション ポリシーの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(5.1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

ネットワーク セグメンテーション ポリシー設定を表示する方法の例を次に示します。

n1000v# show running-config network-segment policy abc-policy-vxlan

 

!Command: show running-config network-segment policy abc-policy-vxlan

!Time: Fri Aug 26 18:34:50 2011

 

version 4.2(1)SV1(5.1)

feature network-segmentation-manager

 

network-segment policy abc-policy-vxlan

description network segmentation policy for ABC for VXLAN networks

id f5dcf127-cdb0-4bdd-8df5-9515d6dc8170

type segmentation

import port-profile port-profile ABC_profile_segmentation

 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature network-segmentation-manager

Network Segmentation Manager(NSM)機能をイネーブルにします。

network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシーを作成します。

show running-config port-profile

ポート プロファイル設定を表示するには、 show running-config port-profile コマンドを使用します。

show running-config port-profile [ prof_name ]

 
構文の説明

prof_name

(任意)ポート プロファイルの名前です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、ポート プロファイル設定を表示する例を示します。

n1000v(config)# show running-config port-profile
!Command: show running-config port-profile
!Time: Fri Oct 15 13:28:40 2010
 
version 4.2(1)SV1(4)
port-profile default max-ports 32
port-profile type ethernet allaccess2
assign port-profile-role adminUser
port-profile type vethernet feature-veth-240
capability feature-veth
vmware port-group
switchport mode access
switchport access vlan 240
no shutdown
description Port-group created for Nexus1000V internal usage. Do not use/modify manually.
state enabled
n1000v(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

port-profile

ポート プロファイルを作成します。

show running-config vlan

指定された VLAN の実行コンフィギュレーションを表示するには、 show running-config vlan コマンドを使用します。

show running-config vlan vlan-id

 
構文の説明

vlan-id

VLAN ID 番号または VLAN の範囲。有効な VLAN ID は 1 ~ 4094 であり、範囲は 1 ~ 5、10 または 2 ~ 5、7 ~ 19 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、VLAN100 の実行コンフィギュレーションを表示する例を示します。

n1000v(config)# show running-config vlan 100
version 4.2(1)SV1(4)
vlan 100
n1000v(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show vlan

VLAN 情報を表示します。

vlan

VLAN を作成します。

show snmp

1 つ以上の宛先プロファイルに関する情報を表示するには、 show snmp コマンドを使用します。

show snmp [ community | context | engineID | group | host | sessions | trap | user ]

 
構文の説明

community

(任意)SNMP コミュニティ ストリングを指定します。

context

(任意)SNMP コンテキスト マッピングを指定します。

engineID

(任意)SNMP engineID を指定します。

group

(任意)SNMP グループを指定します。

host

(任意)SNMP ホストを指定します。

sessions

(任意)SNMP セッションを指定します。

trap

(任意)SNMP トラップを指定します。

user

(任意)SNMPv3 ユーザを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、SNMP engineID に関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show snmp engineID
Local SNMP engineID: [Hex] 800000090302000C000000
[Dec] 128:000:000:009:003:002:000:012:000:000:000
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

snmp-server contact

SNMP コンタクト名として sysContact を設定します。

snmp-server location

SNMP ロケーションとして sysLocation を設定します。

show ssh key

Secure Shell(SSH; セキュア シェル)サーバ キーを表示するには、 show ssh key コマンドを使用します。

show ssh key [ dsa | rsa ]

 
構文の説明

dsa

(任意)DSA SSH キーの表示を指定します。

rsa

(任意)RSA SSH キーの表示を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての SSH サーバ キーを表示する例を示します。

n1000v# show ssh key
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

ssh key

SSH サーバ キーを生成します。

show ssh server

SSH サーバがイネーブルかどうかを表示します。

show ssh server

Secure Shell(SSH; セキュア シェル)サーバの設定を表示するには、 show ssh server コマンドを使用します。

show ssh server

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、SSH サーバの設定を表示する例を示します。

n1000v# show ssh server
ssh is enabled
version 2 enabled
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ssh

IP を使用してリモート装置との SSH IP セッションを作成します。

ssh key

SSH サーバ キーを生成します。

show ssh server

SSH サーバがイネーブルかどうかを表示します。

show ssh key

SSH サーバ キーを表示します。

show startup-config aaa

スタートアップ コンフィギュレーションの Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、認可、アカウンティング)プロトコルの設定を表示するには、 show startup-config aaa コマンドを使用します。

show startup-config aaa

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、スタートアップ コンフィギュレーションの AAA 設定を表示する例を示します。

n1000v# show startup-config aaa
version 4.0(4)SV1(2)
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config aclmanager

アクセス コントロール リスト(ACL)マネージャのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config am

Arthur-Merlin(AM)プロトコルに関する情報を表示します。

show startup-config arp

ARP に関する情報を表示します。

show startup-config dhcp

DHCP に関する情報を表示します。

show startup-config icmpv6

ICMPv6 に関する情報を表示します。

show startup-config igmp

IGMP に関する情報を表示します。

show startup-config interface

インターフェイスの設定を表示します。

show startup-config ip

IP に関する情報を表示します。

show startup-config ipqos

IP QoS マネージャのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config ipv6

IPv6 に関する情報を表示します。

show startup-config l3vm

l3vm に関する情報を表示します。

show startup-config license

ライセンスに関する情報を表示します。

show startup-config log

前回使用された ASCII スタートアップ コンフィギュレーションの実行ログを表示します。

show startup-config monitor

設定されているイーサネット SPAN セッションを表示します。

show startup-config netflow

NetFlow 設定を表示します。

show startup-config port-profile

ポート プロファイル設定を表示します。

show startup-config port-security

ポート セキュリティ設定を表示します。

show startup-config radius

RADIUS 設定を表示します。

show startup-config tacacs+

TACACS 設定を表示します。

show startup-config network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシーのスタートアップ コンフィギュレーションを表示するには、 show startup-config network-segment policy コマンドを使用します。

show startup-config network-segment policy [ policy_name ]

 
構文の説明

policy_name

(任意)ネットワーク セグメンテーション ポリシーの名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意のコマンド モード

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(5.1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、ネットワーク セグメンテーション ポリシーのスタートアップ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

n1000v(config)# show startup-config network-segment policy
!Command: show startup-config network-segment policy
!Time: Fri Dec 9 02:50:42 2011
!Startup config saved at: Thu Dec 8 05:02:19 2011
 
version 4.2(1)SV1(5.1)
feature network-segmentation-manager
 
network-segment policy default_vlan_template
description Default template used for VLAN backed pools
type vlan
import port-profile NSM_template_vlan
network-segment policy default_segmentation_template
description Default template used for isolation backed pools
type segmentation
import port-profile NSM_template_segmentation
 
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

feature network-segmentation-manager

Network Segmentation Manager(NSM)機能をイネーブルにします。

network-segment policy

ネットワーク セグメンテーション ポリシーを作成します。

show startup-config radius

スタートアップ コンフィギュレーションの RADIUS 設定を表示するには、 show startup-config radius コマンドを使用します。

show startup-config radius

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、スタートアップ コンフィギュレーションの RADIUS 設定を表示する例を示します。

n1000v# show startup-config radius
version 4.0(4)SV1(2)
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config aaa

スタートアップ コンフィギュレーションの認証、認可、アカウンティング(AAA)プロトコルの設定を表示します。

show startup-config aclmanager

アクセス コントロール リスト(ACL)マネージャのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config am

Arthur-Merlin(AM)プロトコルに関する情報を表示します。

show startup-config arp

ARP に関する情報を表示します。

show startup-config dhcp

DHCP に関する情報を表示します。

show startup-config icmpv6

ICMPv6 に関する情報を表示します。

show startup-config igmp

IGMP に関する情報を表示します。

show startup-config interface

インターフェイスの設定を表示します。

show startup-config ip

IP に関する情報を表示します。

show startup-config ipqos

IP QoS マネージャのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config ipv6

IPv6 に関する情報を表示します。

show startup-config l3vm

l3vm に関する情報を表示します。

show startup-config license

ライセンスに関する情報を表示します。

show startup-config log

前回使用された ASCII スタートアップ コンフィギュレーションの実行ログを表示します。

show startup-config monitor

設定されているイーサネット SPAN セッションを表示します。

show startup-config netflow

NetFlow 設定を表示します。

show startup-config port-profile

ポート プロファイル設定を表示します。

show startup-config port-security

ポート セキュリティ設定を表示します。

show startup-config radius

RADIUS 設定を表示します。

show startup-config tacacs+

TACACS 設定を表示します。

show startup-config security

スタートアップ コンフィギュレーションのユーザ アカウント設定を表示するには、 show startup-config security コマンドを使用します。

show startup-config security

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、スタートアップ コンフィギュレーションのユーザ アカウント設定を表示する例を示します。

n1000v# show startup-config security
version 4.0(4)SV1(2)
username admin password 5 $1$3/cH7rWm$W3QUjfQOyfySds5p3/PtX. role network-admin
 
username kathleen password 5 $1$7vewiaFA$iLCfmalyKeSBySqrAgvNZ/ role network-op
 
erator
username kathleen role network-admin
telnet server enable
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show startup-config aaa

Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、認可、アカウンティング)プロトコルの設定を表示します。

show startup-config aclmanager

アクセス コントロール リスト(ACL)マネージャのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config am

Arthur-Merlin(AM)プロトコルに関する情報を表示します。

show startup-config arp

ARP に関する情報を表示します。

show startup-config dhcp

DHCP に関する情報を表示します。

show startup-config icmpv6

ICMPv6 に関する情報を表示します。

show startup-config igmp

IGMP に関する情報を表示します。

show startup-config interface

インターフェイスの設定を表示します。

show startup-config ip

IP に関する情報を表示します。

show startup-config ipqos

IP QoS マネージャのスタートアップ コンフィギュレーションを表示します。

show startup-config ipv6

IPv6 に関する情報を表示します。

show startup-config l3vm

l3vm に関する情報を表示します。

show startup-config license

ライセンスに関する情報を表示します。

show startup-config log

前回使用された ASCII スタートアップ コンフィギュレーションの実行ログを表示します。

show startup-config monitor

設定されているイーサネット SPAN セッションを表示します。

show startup-config netflow

NetFlow 設定を表示します。

show startup-config port-profile

ポート プロファイルの設定を表示します。

show startup-config port-security

ポート セキュリティ設定を表示します。

show startup-config radius

RADIUS 設定を表示します。

show startup-config tacacs+

TACACS 設定を表示します。

show svs connections

確認のために Cisco Nexus 1000V への現在の接続を表示するには、 show svs connections コマンドを使用します。

show svs connections [ conn_name ]

 
構文の説明

conn_name

(任意)既存の接続の名前。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、SVS 接続に関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show svs connections
 
connection vc:
hostname: 172.23.232.139
remote port: 80
protocol: vmware-vim https
certificate: default
datacenter name: Documentation-DC
DVS uuid: 9b dd 36 50 2e 27 27 8b-07 ed 81 89 ef 43 31 17
config status: Enabled
operational status: Disconnected
sync status: -
version: -
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

svs connection

Cisco Nexus 1000V と vCenter Server 間のこの接続を追加するために接続コンフィギュレーション モードを開始します。

show svs domain

ドメイン コンフィギュレーションを表示します。

show svs neighbors

SVS ネイバーに関する情報を表示します。

show svs domain

VSM ドメインの設定を表示するには、 show svs domain コマンドを使用します。

show svs domain

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

4.0(4)SV1(2)

このコマンドでレイヤ 2 およびレイヤ 3 トランスポート モードの設定も出力するように修正されました。

次に、VSM ドメインの設定を表示する例を示します。

n1000v# config t

n1000v(config)# svs-domain

n1000v(config-svs-domain)# show svs domain

SVS domain config:

Domain id: 100

Control vlan: 100

Packet vlan: 101

Management vlan: 0

L2/L3 Control mode: L3

L2/L3 Control interface: mgmt0

Status: Config push to VC successful.

n1000v(config-svs-domain)#

 
関連コマンド

コマンド
説明

svs-domain

Cisco Nexus 1000V のドメインを作成および設定します。ドメインによって、通信および管理のための VSM と VEM およびコントロール/パケット VLAN が特定されます。

show svs neighbors

すべての SVS ネイバーを表示するには、 show svs neighbors コマンドを使用します。

show svs neighbors

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、すべての SVS ネイバーを表示する例を示します。

n1000v# show svs neighbors
 
Active Domain ID: 113
 
AIPC Interface MAC: 0050-56b6-2bd3
Inband Interface MAC: 0050-56b6-4f2d
 
Src MAC Type Domain-id Node-id Last learnt (Sec. ago)
------------------------------------------------------------------------
 
0002-3d40-7102 VEM 113 0302 71441.12
0002-3d40-7103 VEM 113 0402 390.77
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show svs domain

Virtual Supervisor Module(VSM)ドメインの設定を表示します。

svs-domain

Cisco Nexus 1000V のドメインを作成および設定します。ドメインによって、通信および管理のための VSM と仮想イーサネット モジュール(VEM)および制御/パケット VLAN が特定されます。

show svs upgrade status

仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)のアップグレードをモニタするには、 show svs upgrade status コマンドを使用します。

show svs upgrade status

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.2(1)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

次に、新しいソフトウェア バージョンへの VSM のアップグレードをモニタする例を示します。

n1000v# show svs upgrade status
Upgrade State: Start
Upgrade mgmt0 ipv4 addr: 1.1.1.1
Upgrade mgmt0 ipv6 addr:
Upgrade control0 ipv4 addr:
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

svs upgrade start

VSM のアップグレードが開始されます。

svs upgrade complete

VSM ソフトウェア アップグレードを実行し、アップグレードされたデータパスに切り替えるようにホストに通知します。

 

show system error-id

システム エラー コードに関する詳細情報を表示するには、 show system error-id コマンドを使用します。

show system error-id { list | error-code }

 
構文の説明

list

すべてのシステム エラー メッセージについて、簡単な情報を表示します。

error-code

特定のエラー コードの説明を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、エラー コード 0x401e0008 の詳細情報を表示する例を示します。

n1000v# show system error-id 0x401e0008
Error Facility: sysmgr
Error Description: request was aborted, standby disk may be full
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show system vem feature level

サポートされる現在のソフトウェア リリースを表示します。

show system redundancy status

システムの冗長性ステータスを表示します。

system vlan

システム VLAN を、このポート プロファイルに追加します。

show system resources

システム リソースを表示します。

show system redundancy status

仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)の現在の冗長性ステータスを表示するには、 show system redundancy status コマンドを使用します。

show system redundancy status

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次の例では、VSM の現在の冗長性ステータスを表示する方法を示します。

n1000v# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: standalone
operational: standalone
 
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
 
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with no standby
 
Other supervisor (sup-2)
------------------------
Redundancy state: Not present
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

system redundancy role

VSM の HA ロールを割り当てます。

show system resources

システム リソースを表示します。

show system resources

システム関連の CPU およびメモリの統計情報を表示するには、 show system resources コマンドを使用します。

show system resources

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、システム関連の CPU およびメモリの統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show system resources
Load average: 1 minute: 0.00 5 minutes: 0.00 15 minutes: 0.00
Processes : 261 total, 1 running
CPU states : 0.0% user, 0.0% kernel, 100.0% idle
Memory usage: 2075012K total, 946780K used, 1128232K free
66764K buffers, 475404K cache
 
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show system vem feature level

サポートされる現在のソフトウェア リリースを表示します。

show system redundancy

システムの冗長性ステータスを表示します。

system vlan

システム VLAN を、このポート プロファイルに追加します。

show system vem feature level

現在サポートされているソフトウェア リリースを表示するには、 show system vem feature level コマンドを使用します。

show system vem feature level

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(2)

このコマンドが追加されました。

次に、現在の VEM 機能レベルを表示する例を示します。

n1000v# show system vem feature level
current feature level: 4.0(4)SV1(2)
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

system update vem feature level

VEM でサポートされるソフトウェアのバージョンを変更します。

show table-map

QoS テーブル マップを表示するには、 show table-map コマンドを使用します。

show table-map [ table-map-name | default-table-map-name ]

 
構文の説明

table-map-name

(任意)表示する特定のテーブル マップを指定します。

default-table-map-name

(任意)システム定義のテーブル マップ名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(4)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次に、pir-markdown-map の表示方法の例を示します。

n1000v# show table-map pir-markdown-map
 
Table-map pir-markdown-map
default copy
from 10,12 to 14
from 18,20 to 22
from 26,28 to 30
from 34,36 to 38
 
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

table-map

QoS テーブル マップを作成または変更します。

show tacacs-server

TACACS+ サーバ情報を表示するには、 show tacacs-server コマンドを使用します。

show tacacs-server

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

 
使用上のガイドライン

グローバル共有キーは実行コンフィギュレーションに暗号化形式で保存されます。キーを表示するには、 show running-config コマンドを使用します。

次に、TACACS+ サーバの設定を表示する例を示します。

n1000v# show tacacs-server
Global TACACS+ shared secret:********
timeout value:5
deadtime value:0
total number of servers:1
following TACACS+ servers are configured:
10.10.2.2:
available on port:49

 
関連コマンド

コマンド
説明

tacacs+ enable

TACACS+ をイネーブルにします。

tacacs-server key

Cisco Nexus 1000V と TACACS+ サーバ ホストの間で共有されるグローバル キーを指定します。

show tacacs-server directed-request

誘導サーバ イネーブル設定を表示します。

show tacacs-server groups

TACACS+ サーバ グループ設定に関する情報を表示します。

show tacacs-server sorted

サーバ名別に分類されている TACACS+ サーバを表示します。

show tacacs-server statistics

TACACS 統計情報を表示します。

show tcp client

TCP クライアントに関する情報を表示するには、 show tcp client コマンドを使用します。

show tcp client [ pid pid ] [ detail ]

 
構文の説明

pid

(任意)クライアント プロセスに関する情報を指定します。

pid

指定したクライアント プロセスの ID を指定します。

detail

(任意)ソケットの詳細を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、TCP クライアントに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show tcp client
Total number of clients: 12
Total number of cancels: 255372
client: syslogd, pid: 2962, sockets: 2
client: ntp, pid: 3148, sockets: 2
client: dcos-xinetd, pid: 3156, sockets: 2
client: snmpd, pid: 3150, sockets: 4
client: ntpd, pid: 3243, sockets: 3
client: dcos-thttpd, pid: 3305, sockets: 2
client: radiusd, pid: 3143, sockets: 2
client: vms, pid: 3318, sockets: 0
client: dcos_sshd, pid: 3491, sockets: 3
client: vsh, pid: 3494, sockets: 0
client: in.dcos-telnetd, pid: 25028, sockets: 3
client: vsh, pid: 25029, sockets: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show tcp connection

TCP 接続に関する情報を表示します。

show tcp statistics

TCP プロトコル統計情報を表示します。

show tcp connection

接続に関する情報を表示するには、 show tcp connection コマンドを使用します。

show tcp connection [ pid pid | tcp | udp | raw ] [ local { srcIP | srcIP6 }] [ foreign { dstIP | dstIP6 }] [ detail ]

 
構文の説明

pid

(任意)クライアント プロセスの接続ステータスを指定します。

pid

クライアント プロセスの接続ステータスの ID を指定します。

tcp

(任意)すべての TCP 接続を指定します。

udp

(任意)すべての UDP 接続を指定します。

raw

(任意)すべての RAW 接続を指定します。

local

(任意)特定のローカル アドレスですべての TCP 接続を指定します。

srcIP

A.B.C.D の形式でローカル IP アドレスを指定します。

srcIP6

A:B:C:.D の形式でローカル IP アドレスを指定します。

foreign

(任意)特定の外部アドレスですべての TCP 接続を指定します。

dstIP

A.B.C.D の形式で宛先 IP アドレスを指定します。

dstIP6

A:B:C:.D の形式で宛先 IP アドレスを指定します。

detail

(任意)詳細な接続情報を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、接続に関する詳細情報を表示する例を示します。

n1000v# show tcp connection detail
Total number of tcp sockets: 8
Active connections (including servers)
Local host: * (22), Foreign host: * (0)
Protocol: tcp6, type: stream, ttl: 64, tos: 0, Id: 6
Options: none, state:
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 25300, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 25300, lowat: 2048, flags:
Sequence number state:
iss: 0, snduna: 0, sndnxt: 0, sndwnd: 0
irs: 0, rcvnxt: 0, rcvwnd: 0, sndcwnd: 1012
Timing parameters:
srtt: 0 ms, rtt: 0 ms, rttv: 12000 ms, krtt: 3000 ms
rttmin: 1000 ms, mss: 1012, duration: 1390144100 ms
State: LISTEN
Flags: none
Context: management
 
Local host: * (23), Foreign host: * (0)
Protocol: tcp6, type: stream, ttl: 64, tos: 0, Id: 17
Options: none, state:
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 17204, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 17204, lowat: 2048, flags:
Sequence number state:
iss: 0, snduna: 0, sndnxt: 0, sndwnd: 0
irs: 0, rcvnxt: 0, rcvwnd: 0, sndcwnd: 1012
Timing parameters:
srtt: 0 ms, rtt: 0 ms, rttv: 12000 ms, krtt: 3000 ms
rttmin: 1000 ms, mss: 1012, duration: 1390144100 ms
State: LISTEN
Flags: none
Context: management
 
Local host: * (80), Foreign host: * (0)
Protocol: tcp6, type: stream, ttl: 64, tos: 0, Id: 13
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 16384, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 16384, lowat: 2048, flags:
Sequence number state:
iss: 0, snduna: 0, sndnxt: 0, sndwnd: 0
irs: 0, rcvnxt: 0, rcvwnd: 0, sndcwnd: 1073725440
Timing parameters:
srtt: 0 ms, rtt: 0 ms, rttv: 12000 ms, krtt: 3000 ms
rttmin: 1000 ms, mss: 1024, duration: 1390144100 ms
State: LISTEN
Flags: none
Context: management
 
Local host: * (80), Foreign host: * (0)
Protocol: tcp, type: stream, ttl: 64, tos: 0, Id: 14
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 16500, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 16500, lowat: 2048, flags:
Sequence number state:
iss: 0, snduna: 0, sndnxt: 0, sndwnd: 0
irs: 0, rcvnxt: 0, rcvwnd: 0, sndcwnd: 500
Timing parameters:
srtt: 0 ms, rtt: 0 ms, rttv: 12000 ms, krtt: 3000 ms
rttmin: 1000 ms, mss: 500, duration: 1390144100 ms
State: LISTEN
Flags: none
Context: management
 
Local host: * (161), Foreign host: * (0)
Protocol: tcp, type: stream, ttl: 64, tos: 0, Id: 3
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 16384, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 16384, lowat: 2048, flags:
Sequence number state:
iss: 0, snduna: 0, sndnxt: 0, sndwnd: 0
irs: 0, rcvnxt: 0, rcvwnd: 0, sndcwnd: 512
Timing parameters:
srtt: 0 ms, rtt: 0 ms, rttv: 12000 ms, krtt: 3000 ms
rttmin: 1000 ms, mss: 512, duration: 1390144100 ms
State: LISTEN
Flags: none
Context: management
 
Local host: * (161), Foreign host: * (0)
Protocol: tcp6, type: stream, ttl: 64, tos: 0, Id: 5
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 16384, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 16384, lowat: 2048, flags:
Sequence number state:
iss: 0, snduna: 0, sndnxt: 0, sndwnd: 0
irs: 0, rcvnxt: 0, rcvwnd: 0, sndcwnd: 1073725440
Timing parameters:
srtt: 0 ms, rtt: 0 ms, rttv: 12000 ms, krtt: 3000 ms
rttmin: 1000 ms, mss: 1024, duration: 1390144100 ms
State: LISTEN
Flags: none
Context: management
 
Local host: 10.10.233.74 (22), Foreign host: 10.10.185.189 (48131)
Protocol: tcp, type: stream, ttl: 64, tos: 0, Id: 20
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 17500, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 17500, lowat: 2048, flags:
Sequence number state:
iss: 3575780911, snduna: 3576001996, sndnxt: 3576001996, sndwnd: 32767
irs: 905490047, rcvnxt: 905574926, rcvwnd: 17500, sndcwnd: 1953
Timing parameters:
srtt: 700 ms, rtt: 0 ms, rttv: 0 ms, krtt: 1000 ms
rttmin: 1000 ms, mss: 500, duration: 1390101600 ms
State: ESTABLISHED
Flags: none
Context: management
 
Local host: 10.10.233.74 (23), Foreign host: 10.10.22.107 (35030)
Protocol: tcp, type: stream, ttl: 64, tos: 0, Id: 18
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 17500, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 17500, lowat: 2048, flags:
Sequence number state:
iss: 3273730667, snduna: 3273793065, sndnxt: 3273793065, sndwnd: 32767
irs: 3760023047, rcvnxt: 3760024636, rcvwnd: 17500, sndcwnd: 25095
Timing parameters:
srtt: 700 ms, rtt: 0 ms, rttv: 0 ms, krtt: 1000 ms
rttmin: 1000 ms, mss: 500, duration: 467168700 ms
State: ESTABLISHED
Flags: none
Context: management
 
Total number of udp sockets: 11
Active connections (including servers)
Local host: * (123), Foreign host: * (0)
Protocol: udp6, type: dgram, ttl: 64, tos: 0, Id: 11
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 42240, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 9216, lowat: 2048, flags:
Context: management
 
Local host: * (123), Foreign host: * (0)
Protocol: udp, type: dgram, ttl: 64, tos: 0x10, Id: 10
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 42240, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 9216, lowat: 2048, flags:
Context: management
 
Local host: * (161), Foreign host: * (0)
Protocol: udp, type: dgram, ttl: 64, tos: 0, Id: 1
Options: none, state:
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 131072, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 131072, lowat: 2048, flags:
Context: management
 
Local host: * (161), Foreign host: * (0)
Protocol: udp6, type: dgram, ttl: 64, tos: 0, Id: 2
Options: none, state:
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 131072, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 131072, lowat: 2048, flags:
Context: management
 
Local host: 127.0.0.1 (123), Foreign host: * (0)
Protocol: udp, type: dgram, ttl: 64, tos: 0x10, Id: 12
Options: none, state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 42240, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 9216, lowat: 2048, flags:
Context: management
 
Local host: 127.0.0.1 (130), Foreign host: * (0)
Protocol: udp, type: dgram, ttl: 64, tos: 0, Id: 9
Options: none, state:
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 42240, lowat: 1, flags: none
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 9216, lowat: 2048, flags:
Context: management
 
Local host: 127.0.0.1 (27613), Foreign host: 127.0.0.1 (123)
Protocol: udp, type: dgram, ttl: 64, tos: 0, Id: 8
Options: , state: none
Receive buffer:
cc: 0, hiwat: 42240, lowat: 1, flags:
Send buffer:
cc: 0, hiwat: 9216, lowat: 2048, flags:
Context: management
 
 
Total number of raw sockets: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show telnet server

Telnet サーバの設定を表示します。

show running-config security

実行コンフィギュレーションのユーザ アカウント設定を表示します。

show tcp client

TCP クライアントに関する情報を表示します。

show tcp statistics

TCP プロトコル統計情報を表示します。

show tcp statistics

TCP プロトコル統計情報を表示するには、 show tcp statistics コマンドを使用します。

show tcp statistics [ all | tcp4 | tcp6 | tcpsum | udp4 | udp6 | udpsum | raw4 | raw6 | rawsum ]

 
構文の説明

all

(任意)TCPv4、TCPv6、UDPv4、UDPv6、RAWv4、および RAWv6 のすべてのプロトコル統計情報を指定します。

tcp4

(任意)TCPv4 プロトコル統計情報を指定します。

tcp6

(任意)TCPv6 プロトコル統計情報を指定します。

tcpsum

(任意)TCPv4 と TCPv6 プロトコル統計情報の合計を指定します。

udp4

(任意)UDPv4 プロトコル統計情報を指定します。

udp6

(任意)UDPv6 プロトコル統計情報を指定します。

udpsum

(任意)UDPv4 と UDPv6 プロトコル統計情報の合計を指定します。

raw4

(任意)RAWv4 プロトコル統計情報を指定します。

raw6

(任意)RAWv6 プロトコル統計情報を指定します。

rawsum

(任意)RAWv4 と RAWv6 プロトコル統計情報の合計を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、TCP プロトコル統計情報を表示する例を示します。

n1000v# show tcp statistics
TCP Received:
479908 packets total
0 checksum error, 0 bad offset, 0 too short, 0 MD5 error
232451 packets (72213943 bytes) in sequence
195 duplicate packets (192 bytes)
0 partially dup packets (0 bytes)
8652 out-of-order packets (0 bytes)
0 packets (0 bytes) with data after window
2 packets after close
0 window probe packets, 0 window update packets
44339 duplicate ack packets, 0 ack packets with unsent data
252581 ack packets (103465405 bytes)
TCP Sent:
533421 total, 0 urgent packets
94694 control packets
326430 data packets (105082025 bytes)
90 data packets (22114 bytes) retransmitted
105144 ack only packets
34 window probe packets, 7029 window update packets
TCP:
44330 connections initiated, 6715 connections accepted, 50669 connections established
51045 connections closed (including 165 dropped, 376 embryonic dropped)
3067 total rxmt timeout, 0 connections dropped in rxmt timeout
463 keepalive timeout, 92 keepalive probe, 371 connections dropped in keepalive
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show tcp connection

TCP 接続に関する情報を表示します。

show tcp statistics

TCP プロトコル統計情報を表示します。

show tech-support

Cisco TAC のスイッチ情報を収集して問題の診断に役立てるには、 show tech-support コマンドを使用します。

show tech-support { aclmgr | dhcp | ipqos | ipv6 | netflow | svs | vsd }

 
構文の説明

aclmgr

アクセス コントロール リスト(ACL)コマンドに関連する情報を収集します。

dhcp

DHCP に関連するスヌーピング統計情報や VLAN コンフィギュレーションなどの情報を収集します。

ipqos

イベントの詳細やポリシー設定などの IP QoS マネージャ情報を表示します。

ipv6

IPv6 スタティック ルートおよびトラフィック統計情報などの IPv6 情報を表示します。

netflow

イベントの詳細や統計情報などの NetFlow に関する情報を表示します。

svs

インターフェイスおよびソフトウェアの設定などの SVS 情報を表示します。

vsd

仮想サービス ドメイン(VSD)イベントおよび統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、IPv6 に関する Cisco TAC のスイッチ情報を収集する例を示します。

n1000v# show tech-support ipv6
`show ipv6 interface vrf all`
`show ipv6 static-route`
IPv6 Configured Static Routes
 
`show ipv6 statistic`
FTM related Statistics
ftm_stats_get : 0.00 0
ftm_stats_get_init : 0.00 0
ftm_stats_get_tx : 0.00 0
ftm_stats_get_rx : 0.00 0
ftm_stats_get_flush : 0.00 0
ftm_stats_get_radix : 0.00 0
ftm_stats_csm_fp : 0.00 0
`show ipv6 client`
IPv6 Registered Client Status
 
Client: icmpv6, status: up, pid: 3021, extended pid: 3021
Protocol: 58, pib-index: 4, routing context id: 255
Control mts SAP: 1280
Data mts SAP: 1281
IPC messages to control mq: 0
IPC messages to data mq: 0
 
Client: tcpudp, status: up, pid: 3022, extended pid: 3022
Protocol: 17, pib-index: 3, routing context id: 255
Control mts SAP: 1219
Data mts SAP: 1220
IPC messages to control mq: 1
IPC messages to data mq: 0
Recv fn: tcp_process_ipv6_data_msg (0x81fd22a)
 
Client: tcpudp, status: up, pid: 3022, extended pid: 3022
Protocol: 6, pib-index: 2, routing context id: 255
Control mts SAP: 1219
Data mts SAP: 1220
IPC messages to control mq: 1
IPC messages to data mq: 0
Recv fn: tcp_process_ipv6_data_msg (0x81fd22a)
`show ipv6 traffic`
IPv6 Software Processed Traffic and Error Statistics, last reset: never
 
RP-Traffic Statistics:
Counter Unicast Multicast
------- ------- ---------
Packets forwarded: 0 0
Bytes forwarded: 0 0
Packets originated: 0 0
Bytes originated: 0 0
Packets consumed: 0 0
Bytes consumed: 0 0
Fragments originated: 0 0
Fragments consumed: 0 0
 
Error Statistics:
Bad version: 0, route lookup failed: 0, hop limit exceeded: 0
Option header errors: 0, payload length too small: 0
PM errors: 0, MBUF errors: 0, encapsulation errors: 0
Syntax error while parsing 'show ipv6 route'
 
`show ipv6 internal mem-stats all`
 
Mem stats for IPV6
 
Private Mem stats for UUID : Malloc track Library(103) Max types: 5
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 1591 Curr alloc bytes: 76678(74k)
IPC messages to control mq: 0
 
Curr alloc: 1522 Curr alloc bytes: 164596(160k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Routing IPC Library(528) Max types: 10
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Routing Library for managing mbufs(522) Max types:
 
6
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 120 Curr alloc bytes: 485008(473k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Patricia Trie Library(523) Max types: 3
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 29 Curr alloc bytes: 916(0k)
 
IPC messages to control mq: 0
 
Curr alloc: 1522 Curr alloc bytes: 164596(160k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Routing IPC Library(528) Max types: 10
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Routing Library for managing mbufs(522) Max types:
 
6
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 120 Curr alloc bytes: 485008(473k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Patricia Trie Library(523) Max types: 3
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 29 Curr alloc bytes: 916(0k)
 
IPC messages to control mq: 0
 
Curr alloc: 1522 Curr alloc bytes: 164596(160k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Routing IPC Library(528) Max types: 10
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Routing Library for managing mbufs(522) Max types:
 
6
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 120 Curr alloc bytes: 485008(473k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Patricia Trie Library(523) Max types: 3
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 29 Curr alloc bytes: 916(0k)
 
IPC messages to control mq: 0
 
Curr alloc: 1522 Curr alloc bytes: 164596(160k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Routing IPC Library(528) Max types: 10
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Routing Library for managing mbufs(522) Max types:
 
6
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 120 Curr alloc bytes: 485008(473k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Patricia Trie Library(523) Max types: 3
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 29 Curr alloc bytes: 916(0k)
 
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : libfsrv(404) Max types: 11
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 65 Curr alloc bytes: 1888(1k)
 
 
Private Mem stats for UUID : FSM Utils(53) Max types: 68
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 10 Curr alloc bytes: 376(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : IM LIB(319) Max types: 33
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Packet Manager(263) Max types: 16
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 22 Curr alloc bytes: 236504(230k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Internet Protocol version 6 (IPv6)(269) Max types:
 
16
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 6 Curr alloc bytes: 1088(1k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Transmission Control Protocol (TCP)(271) Max types:
 
18
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 70 Curr alloc bytes: 272444(266k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Lcache(544) Max types: 3
 
Private Mem stats for UUID : Adjacency Manager(264) Max types: 16
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : Internet Control Message Protocol version 6 (ICMPv6
 
)(270) Max types: 27
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Private Mem stats for UUID : NF DDB Utils(515) Max types: 15
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
Curr alloc: 3838 Curr alloc bytes: 15194210 (14838k)
 
Shared Mem stats for UUID : Non mtrack users(0) Max types: 155
 
Shared Mem stats for UUID : Patricia Trie Library(523) Max types: 2
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 2 Curr alloc bytes: 64(0k)
 
 
Shared Mem stats for UUID : Slab Library(529) Max types: 3
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 4 Curr alloc bytes: 288(0k)
 
 
Shared Mem stats for UUID : Bitlogic Library(517) Max types: 6
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Shared Mem stats for UUID : Cisco Regex Package(525) Max types: 2
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Shared Mem stats for UUID : Routing Queue Library(526) Max types: 2
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Shared Mem stats for UUID : Internet Protocol (IP)(267) Max types: 12
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 10 Curr alloc bytes: 65888(64k)
 
 
Shared Mem stats for UUID : SMM Library(561) Max types: 2
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
 
Shared Mem stats for UUID : Internet Protocol version 6 (IPv6)(269) Max types: 1
 
4
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 7 Curr alloc bytes: 536(0k)
 
 
Shared Mem stats for UUID : Adjacency Manager(264) Max types: 5
--------------------------------------------------------------------------------
 
Curr alloc: 0 Curr alloc bytes: 0(0k)
 
Curr alloc: 23 Curr alloc bytes: 66776 (65k)
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show logging logfile

ログ ファイルの内容を表示します。

logging logfile

システム メッセージの保存に使用するログ ファイルを設定します。

show telnet server

Telnet サーバの情報を表示するには、 show telnet server コマンドを使用します。

show telnet server

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、Telnet サーバの設定を表示する例を示します。

n1000v# show telnet server
telnet service enabled
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show tcp connection

接続に関する情報を表示します。

telnet

Telnet を使用して別のシステムに接続します。

telnet6

Telnet6 を別のシステムに接続するために使用します。

show terminal

現在のセッションの端末設定を表示するには、 show terminal コマンドを使用します。

show terminal

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、現在のセッションの端末設定を表示する例を示します。

n1000v# show terminal
TTY: /dev/pts/8 type: “vt100”
Length: 24 lines, Width: 88 columns
Session Timeout: None
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

terminal width

現在のコンソール セッションで各行に表示する文字数を設定します。

terminal terminal-type

端末タイプを設定します。

terminal length

画面上の行の数を設定します。

terminal width

表示端末の幅を設定します。

line console

コンソール コンフィギュレーション モードに切り替えます。

line vty

ライン コンフィギュレーション モードに切り替えます。

show user-account

ユーザ アカウント設定を表示するには、 show user-account コマンドを使用します。

show user-account [ username ]

 
構文の説明

username

(任意)既存のアカウントでユーザの名前を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、NewUser という名前のユーザのユーザ アカウント設定を表示する例を示します。

n1000v(config)# show user-account NewUser
user:NewUser
this user account has no expiry date
roles:network-operator network-admin
n1000v(config)#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show role

ユーザに割り当てることのできるロールを表示します。

role name

ユーザ ロールに名前をつけて、そのロールのロール コンフィギュレーション モードに切り替えます。

username password

ユーザ アカウントを作成します。

show users

システムにログインしている現在のユーザを表示します。

show users

ユーザ セッションに関する情報を表示するには、 show users コマンドを使用します。

show users

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、ユーザ セッションに関する情報を表示する例を示します。

n1000v# show users
NAME LINE TIME IDLE PID COMMENT
admin pts/17 Dec 16 06:37 . 30406 (172.28.254.254) session=ss
 
h
admin pts/18 Jan 3 19:01 . 3847 (sjc-vpn5-786.cisco.com) *
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show user-account

新しいユーザ アカウントの設定を表示します。

show role

ユーザに割り当てることのできるロールを表示します。

username password

ユーザ アカウントを作成します。

role name

ユーザ ロールに名前をつけて、そのロールのロール コンフィギュレーション モードに切り替えます。

show version

現在スイッチで動作しているシステム ソフトウェアとハードウェアのバージョンを表示するには、 show version コマンドを使用します。

show version [ module ]

 
構文の説明

module

(任意)モジュールのソフトウェア バージョンを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、現在スイッチで動作しているシステム ソフトウェアとハードウェアのバージョンを表示する例を示します。

n1000v# show version
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2009, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are
owned by other third parties and used and distributed under
license. Certain components of this software are licensed under
the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at
http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
Software
loader: version 1.2(2) [last: image booted through mgmt0]
kickstart: version 4.0(4)SV1(2)
system: version 4.0(4)SV1(2)
kickstart image file is:
kickstart compile time: 9/22/2009 2:00:00
system image file is: bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.2.bin
system compile time: 9/22/2009 2:00:00 [10/07/2009 10:11:01]
 
Software
loader: version 1.2(2) [last: image booted through mgmt0]
kickstart: version 4.0(4)SV1(2)
system: version 4.0(4)SV1(2)
kickstart image file is:
kickstart compile time: 9/22/2009 2:00:00
system image file is: bootflash:/nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.2.bin
system compile time: 9/22/2009 2:00:00 [10/07/2009 10:11:01]
 
Hardware
Cisco Nexus 1000V Chassis ("Virtual Supervisor Module")
Intel(R) Xeon(R) CPU with 2075012 kB of memory.
Processor Board ID T5056B645A8
 
Device name: n1000v
bootflash: 2332296 kB
 
Kernel uptime is 79 day(s), 0 hour(s), 24 minute(s), 55 second(s)
 
plugin
Core Plugin, Ethernet Plugin
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show version image

現在スイッチで動作しているシステム ソフトウェアとハードウェアのバージョンを表示します。

show running-config

システムの現在の実行コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config diff

スイッチ上の現在のスタートアップ コンフィギュレーションと実行コンフィギュレーションの差違を表示します。

show interface

指定したインターフェイス設定に関する詳細を表示します。

show version image

特定のイメージのソフトウェア バージョンを表示するには、 show version コマンドを使用します。

show version image { bootflash: URI | volatile: URI }

 
構文の説明

bootflash:

bootflash をディレクトリ名として指定します。

URI

イメージが存在するシステムの URI を指定します。

volatile:

volatile をディレクトリ名として指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(1)

このコマンドが追加されました。

次に、現在スイッチで動作しているシステム ソフトウェアとハードウェアのバージョンを表示する例を示します。

n1000v# show version image bootflash:isan.bin
image name: nexus-1000v-mz.4.0.4.SV1.1.bin
bios: version unavailable
system: version 4.0(4)SV1(1)
compiled: 4/2/2009 23:00:00 [04/23/2009 09:55:29]
n1000v#

 
関連コマンド

コマンド
説明

show version

特定のイメージのソフトウェア バージョンを表示します。

show running-config

システムの現在の実行コンフィギュレーションに関する情報を表示します。

show running-config diff

スイッチ上の現在のスタートアップ コンフィギュレーションと実行コンフィギュレーションの差違を表示します。

show interface

指定したインターフェイス設定に関する詳細を表示します。

show virtual-service-domain brief

VSM 内で現在設定済みの VSD のリスト(VSD の名前およびポート プロファイルを含む)を表示するには、 show virtual-service-domain brief コマンドを使用します。

show virtual-service-domain brief

 
構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

任意

 
サポートされるユーザ ロール

ネットワーク管理者
ネットワーク オペレータ

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

4.0(4)SV1(2)

このコマンドが追加されました。

次に、VSM で現在設定済みの VSD のリストを表示する例を示します。

n1000v# show virtual-service-domain brief
Name default action in-ports out-ports mem-ports
vsd1 drop 1 1 4
vsd2 forward 1 1 0
vsim-cp# sho virtual-service-domain interface
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
Name Interface Type Status
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
vsd1 Vethernet1 Member Active
vsd1 Vethernet2 Member Active
vsd1 Vethernet3 Member Active
vsd1 Vethernet6 Member Active
vsd1 Vethernet7 Inside Active
vsd1 Vethernet8 Outside Active
vsd2 Vethernet9 Inside Active
vsd2 Vethernet10 Outside Active
vsim-cp# show virtual-service-domain name vsd1
Default Action: drop
___________________________
Interface Type
___________________________
Vethernet1 Member
Vethernet2 Member
Vethernet3 Member
Vethernet6 Member
Vethernet7 Inside
Vethernet8 Outside
 
n1000v#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

virtual-service-domain

ネットワーク サービスのトラフィックを分類および分離するための仮想サービス ドメイン(VSD)を作成します。