スイッチ : Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ

Cisco Nexus 1000V リソース アベイラビリティ リファレンス リリース 4.2(1)SV2(1.1)

Cisco Nexus 1000V リソース アベイラビリティ リファレンス リリース 4.2(1)SV2(1.1)
発行日;2013/02/07 | 英語版ドキュメント(2012/12/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Nexus 1000V リソース アベイラビリティ リファレンス リリース 4.2(1)SV2(1.1)

内容

リソース アベイラビリティの概要

リソースのアベイラビリティ

show コマンドの例

制限事項

設定の制限値

関連資料

Cisco Nexus 1000V リソース アベイラビリティ リファレンス リリース 4.2(1)SV2(1.1)

リリース日:2012 年 10 月 22 日

Part Number:OL-27751-01-J
最新リリース:NX-OS Release 4.2(1)SV2(1.1)

このマニュアルでは、Cisco Nexus 1000V Release 4.2(1)SV2(1.1) ソフトウェアでサポートされている設定制限に関連する、システム全体のリソース アベイラビリティについて説明します。次に、このマニュアルの変更履歴を示します。

 

Part Number
リビジョン
日付
説明

OL-27751-01-J

A0

2012 年 10 月 7 日

リリース 4.2(1)SV2(1.1) 用の Cisco Nexus 1000V Resource Availability マニュアルが作成されました。

リソース アベイラビリティの概要

リリース 4.2(1)SV2(1.1) から、Cisco Nexus 1000V ソフトウェアは、Cisco Nexus 1000V のサポートされる設定制限値に関連した、システム全体のリソース使用を追跡するように強化されました。NX-OS コード ベースへのこの機能拡張は、さまざまなリソースの現在の最大システム制限と、これらのリソースの現在のアベイラビリティを表示する一連の show コマンドを設定します。

コマンドの形式は、show resource-availability [resource] [module <id>] です。resource は、VLAN などの特定のリソースまたは all のいずれかを指定できる任意の引数です。module は、特定のモジュール番号の引数が続く任意のキーワードです。

show resource-availability <resource> コマンドは、分散仮想スイッチ(DVS)と指定のリソースの各モジュールのアベイラビリティ情報を表示します。show resource-availability <resource> module <id> コマンドは、指定したモジュールに対してのみアベイラビリティ情報を表示します。

コマンド show resource-availability は、ホスト、ポート プロファイル、vEthernet ポート、ポートチャネル、VLAN などの主要リソースに関する、DVS 全体のアベイラビリティ情報のみを表示します。

show resource-availability all コマンドは、DVS とすべてのリソースの各モジュールのアベイラビリティ情報を表示します。CLI は、すべてのリソースで繰り返す show resource-availability <resource> コマンドのシーケンスとして実装されます。

show resource-availability module <id> コマンドは、モジュールごとの設定制限を持つすべてのリソースの指定したモジュールに関するアベイラビリティ情報を表示します。CLI は、一連の show resource-availability <resource> module <id> コマンドとして実装されます。

表 1 は、リソースおよび対応する aggregate コマンドを示します。

 

表 1 リソースおよび対応する aggregate コマンド

リソース
show resource-availability
show resource-availability all
show resource-availability module <mod>

ホスト

ポートのプロファイル

vEthernet ポート

ポートチャネル

VLAN

VXLAN(ブリッジ ドメイン)

ACL

イーサネット ポート

MAC テーブル エントリ

マルチキャスト グループ

Netflow

ポート セキュリティ

PVLAN

QoS

SPAN/ERSPAN

リソースのアベイラビリティ

表 2 は、リソースおよび対応する aggregate コマンドを示します。

 

表 2 リソースのアベイラビリティ

リソース
コマンド
説明

ホスト

show resource-availability hosts

DVS に追加できるホストの最大数、現在起動されているホストの数、現在存在しないホストの数、DVS にさらに追加できるホストの数を表示します。

ポートのプロファイル

show resource-availability port-profile

DVS でサポートされるポート プロファイルとシステム ポート プロファイルの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

vEthernet ポート

show resource-availability vethports

DVS ごとにサポートされる vEthernet ポートの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

モジュールごとの vEthernet ポートの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

ポートチャネル

show resource-availability port-channel

DVS ごとにサポートされるポート チャネルの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

モジュールごとにサポートされるポート チャネルの最大数と、それらの現在の使用状況、およびモジュールごとのアベイラビリティを表示します。

VLAN

show resource-availability vlan

DVS でサポートされるユーザ VLAN の最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。


) VLAN および VXLAN は同じリソース制限を共有し、アベイラビリティ情報は VXLAN のリソース アベイラビリティ情報を確認することによってのみ取得できます。


VXLAN(ブリッジ ドメイン)

show resource-availability bridge-domain

DVS ごとのブリッジ ドメインの最大数、現在作成されているブリッジ ドメインの数、使用可能なブリッジ ドメイン数を表示します。

ACL

show resource-availability acl

DVS ごとの最大 ACL 数、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

DVS ごとの ACL インスタンスの最大数、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

モジュールごとの ACL インスタンスの最大数およびモジュールごとの ACL インスタンスの使用状況を表示します。

イーサネット ポート

show resource-availability ethports

モジュールに追加できる物理 NIC の最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

MAC テーブル エントリ

show resource-availability mac-address-table

モジュールごとにサポートされる MAC アドレスの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

Netflow

show resource-availability netflow

DVS ごとの NetFlow モニタの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

DVS ごとの NetFlow インスタンスの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

モジュールごとの NetFlow インスタンスの最大数およびモジュールごとのインスタンスの使用状況を表示します。

ポート セキュリティ

show resource-availability port-security macs

許可されているセキュア MAC アドレスの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

プライベート VLAN

show resource-availability private-vlan

DVS ごとのプライベート VLAN の最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

無差別トランク ポートごとのプライマリ VLAN の最大数およびプライベート VLAN アソシエーションの最大数を表示します。

QoS

show resource-availability qos-queuing

DVS ごとのクラスマップの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

DVS ごとのポリシー マップの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

DVS ごとのインスタンスの最大数と、それらの現在の使用状況およびアベイラビリティを表示します。

モジュールごとのインスタンスの最大数およびモジュールごとのインスタンスの使用状況を表示します。

SPAN/ERSPAN

show resource-availability monitor

次の詳細を表示します。

DVS でサポートされるモニタ セッションの最大数、現在の使用状況、およびアベイラビリティ。

モニタ セッションごとの送信元インターフェイスの最大数。

モニタ セッションごとの送信元 VLAN の最大数。

ローカル モニタ セッションごとの宛先インターフェイスの最大数。

ERSPAN 送信元セッションごとの宛先 IP アドレスの最大数。

show コマンドの例

ここでは、リソースのアベイラビリティを表示する show コマンドの例を示します。

n1000v# show resource-availability ?
<CR>
> Redirect it to a file
>> Redirect it to a file in append mode
acl Show resource information for Acl
all Show resource information for all resources
bridge-domain Show resource information for bridge-domains
ethports Show resource information for ethernet ports
hosts Show resource information for hosts
ip Show resource information for IP
mac-address-table Show resource information for mac address table
module Show resource information for a specific VEM
monitor Show resource information for ethernet span
netflow Show resource information for Netflow
port-channel Show resource information for port channels
port-profile Show resource information for port-profiles
port-security Show resource information for port security
private-vlan Show resource information for private vlan
qos-queuing Show resource information for QoS and Queuing
vethports Show resource information for vethernet ports
vlan Show resource information for vlan
| Pipe command output to filter
 
n1000v# show resource-availability acl
Maximum number of access lists per DVS is 128
The number of access lists created is 1
The number of access lists available is 127
 
Maximum number of ACL Instances per DVS is 2048
The number of ACL Instances created is 0
The number of ACL instances available is 2048
 
Maximum number of ACL Instances per module is 256
 
Following table shows the per module instance usage
 
----------------------------------------------------------------
Module Used Available
----------------------------------------------------------------
 
n1000v# show resource-availability all ?
<CR>
> Redirect it to a file
>> Redirect it to a file in append mode
| Pipe command output to filter
 
n1000v# show resource-availability bridge-domain ?
<CR>
> Redirect it to a file
>> Redirect it to a file in append mode
| Pipe command output to filter
 
n1000v# show resource-availability bridge-domain
Maximum number of bridge-domains per DVS: 2048
Number of bridge-domains currently created: 2
Number of bridge-domains available*: 2046
 
* available bridge-domains do not account for created VLANs
 
n1000v# show resource-availability ethports
 
Maximum number of Eth ports per module: 32
--------------------------------------------------------------------------------
Module Used Available
--------------------------------------------------------------------------------
3 1 31
4 1 31
5 2 30
6 1 31
 
n1000v# show resource-availability hosts
Maximum number of hosts that can be added to DVS: 64
Number of hosts currently powered up: 4
Number of hosts currently absent: 0
Number of hosts that can be added further: 60
 
n1000v# show resource-availability ip igmp snooping
Max number of IGMP groups supported: 512
Number of IGMP groups in use: 0
Number of IGMP groups available: 512
 
n1000v## show resource-availability mac-address-table
 
Maximum MAC Addresses per module: 32000
--------------------------------------------------------------------------------
Module Used Available
--------------------------------------------------------------------------------
3 83 31917
4 78 31922
5 97 31903
6 86 31914
 
n1000v#k# show resource-availability mac-address-table module 3
 
Maximum MAC Addresses per module: 32000
--------------------------------------------------------------------------------
Module Used Available
--------------------------------------------------------------------------------
3 80 31920
 
n1000v# show resource-availability module ?
<3-66> Enter module number
 
n1000v# show resource-availability monitor
Maximum number of monitor sessions per DVS: 64
Number of monitor sessions in use: 0
Number of monitor sessions available: 64
Maximum number of source interfaces per session: 128
Maximum number of source vlans per session: 32
Maximum number of destination interfaces per local monitor session: 32
Maximum number of destination IP addresses per erspan-src session: 1
 
Ssn Type Used Src Avl Src Used Src Avl Src Used Dst Avl Dst
Intf Intf Vlans Vlans
--- ---------- -------- -------- -------- -------- -------- --------
 
n1000v# show resource-availability netflow
Maximum number of netflow monitors per DVS is 32
The number of monitors created is 0
The number of netflow monitors available is 32
 
Maximum number of netflow instances per DVS is 256
The number of netflow instances created is 0
The number of netflow instances available is 256
 
Maximum number of netflow instances per module is 32
 
Following table shows the per module instance usage
----------------------------------------------------------------
Module Used Available
---------------------------------------------------------------
 
n1000vk# show resource-availability netflow module 3
Maximum number of netflow instances per host is 32
Instances created is 0
Instances available is 32
 
n1000v# show resource-availability port-channel ?
<CR>
> Redirect it to a file
>> Redirect it to a file in append mode
module Show VEM specific information
| Pipe command output to filter
n1000v# show resource-availability port-channel
 
Maximum number of port channels per DVS: 256
Number of port channels currently created: 0
Number of port channels available: 256
 
Maximum number of port channels per module: 8
--------------------------------------------------------------------------------
Module Used Available
--------------------------------------------------------------------------------
3 1 7
4 1 7
5 2 6
6 1 7
 
Note: Modules not seen in above table are either not added to DVS or have all 8
port channels available
 
n1000v# show resource-availability port-channel module ?
<3-66> Enter module number
 
n1000v# show resource-availability port-channel module 3 ?
Maximum number of port channels per module: 8
Number of port channels in module: 1
Number of port channels available for module: 7
 
n1000v# show resource-availability port-security macs
 
----------------------------------------------------
Allowed Used Avail
----------------------------------------------------
8192 0 8192
----------------------------------------------------
 
n1000v# show resource-availability private-vlan
 
Maximum number of Private VLANs per DVS: 512
Number of used Private VLANs: 6
Number of available Private VLANs : 506
Maximum number of Primary VLANs per promiscuous trunk port: 64
Maximum number of Private VLAN associations: 511
 
 
n1000v#k# show resource-availability qos-queuing
Maximum number of classmaps per DVS is 1024
The number of classmaps created is 171
The number of classmaps available is 853
 
Maximum number of policy maps per DVS is 128
The number of policy maps created is 38
The number of policy maps available is 90
 
Maximum number of instances per DVS is 2048
The number of instances created is 3
The number of instances available is 2045
 
Maximum number of instances per module is 256
 
Following table shows the per module instance usage
----------------------------------------------------------------
Module Used Available
----------------------------------------------------------------
4 3 253
n1000v# show resource-availability qos-queuing module 3
Maximum number of instances per host is 256
Instances created is 3
Instances available is 253
 
n1000v#k# show resource-availability vethports
 
Maximum number of Veth ports per DVS: 2048
Number of Veth ports used: 7
Number of Veth ports available : 2041
Maximum number of Veth ports per module: 216
--------------------------------------------------------------------------------
Module Used Available
--------------------------------------------------------------------------------
3 3 213
5 4 212
 
n1000v# show resource-availability vethports module 4
 
Maximum number of Veth ports per module: 216
Number of Veth ports in module: 0
Number of Veth ports available for module: 216
 
n1000v# show resource-availability vlan
 
Maximum number of user VLANs supported: 2048
Number of user VLANs created : 1035
Total number of available user VLANs : 1013
 
Note: Total number of available user VLANs additionally depend on number of
bridge-domains under usage. Please verify the usage of bridge-domains too.

制限事項

Cisco Nexus 1000V には、次の制限事項があります。

「設定の制限値」

設定の制限値

表 3 に、Cisco Nexus 1000V の設定制限を示します。

 

表 3 Cisco Nexus 1000V の設定の制限値

コンポーネント
2 つの物理データセンターにまたがる 1 つの Cisco Nexus 1000V 展開でサポートされる制限

最大モジュール数

66

仮想イーサネット モジュール(VEM)

64

仮想スーパーバイザ モジュール(VSM)

VSM は、別の物理データセンターに配置できます。

1 つの物理データセンターにアクティブ スタンバイ VSM を必要とする以前の制限は、適用されなくなったことに注意してください。

ホスト

64

すべての VEM にわたるアクティブ VLAN または VXLAN

2048(VLAN と VXLAN の任意の組み合わせ)

VEM あたりの MAC

32000

VEM あたりの VLAN ごとの MAC

4000

ポート プロファイルあたりの vEthernet インターフェイス

1024

PVLAN

512

VMware vCloud Director(VCD)がある vCenter ごとの分散仮想スイッチ(DVS)

12

VMware vCloud Director(VCD)がない vCenter ごとの分散仮想スイッチ(DVS)

32

vCenter Server 接続

VSM HA ペアあたり 11

VSM と VEM 間の最大遅延

100 ミリ秒

DVS あたり
ホストあたり

Virtual Service Domain(VSD)

64

6

VSD インターフェイス

2048

216

vEthernet インターフェイス

2048

216

ポート プロファイル

2048

--

システム ポート プロファイル

32

32

ポート チャネル

256

8

物理トランク

512

--

物理 NIC

--

32

vEthernet トランク

256

8

ACL

128

162

ACL あたりの ACE

128

1282

ACL インスタンス

2048

256

NetFlow ポリシー

32

8

NetFlow インスタンス

256

32

SPAN/ERSPAN セッション

64

64

QoS ポリシー マップ

128

128

QoS クラス マップ

1024

1024

QoS インスタンス

2048

256

ポート セキュリティ

2048

216

マルチキャスト グループ

512

512

1.vCenter Server に同時に許可される接続は 1 つだけです。

2.VEM の空きメモリの大きさが十分ならば、この数を超えてもかまいません。

関連資料

この項では、Cisco Nexus 1000V とともに使用されるマニュアルの一覧を示します。これらのマニュアルは、 Cisco.com の次に示す URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9902/tsd_products_support_series_home.html

一般情報

『Cisco Nexus 1000V Documentation Roadmap』

『Cisco Nexus 1000V Release Notes』

『Cisco Nexus 1000V Compatibility Information』

インストール & アップグレード

『Cisco Nexus 1000V Installation and Upgrade Guide』

コンフィギュレーション ガイド

『Cisco Nexus 1000V High Availability and Redundancy Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V Interface Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V Layer 2 Switching Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V License Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V Network Segmentation Manager Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V Port Profile Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V Quality of Service Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V Security Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V vCenter Plugin Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V VXLAN Configuration Guide』

『Cisco Nexus 1000V vCenter Plugin Configuration Guide』

プログラミング ガイド

『Cisco Nexus 1000V XML API User Guide』

リファレンス

『Cisco Nexus 1000V Command Reference』

『Cisco Nexus 1000V MIB Quick Reference』

『Cisco Nexus 1000V Resource Availability Reference』

トラブルシューティング

『Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide』

『Cisco Nexus 1000V Password Recovery Guide』

『Cisco NX-OS System Messages Reference』

Virtual Services Appliance マニュアル

『Cisco Nexus Virtual Services Appliance(VSA)』マニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9902/tsd_products_support_series_home.html

Virtual Security Gateway マニュアル

『Cisco Virtual Security Gateway』マニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11208/tsd_products_support_model_home.html

Virtual Network Management Center

『Cisco Virtual Network Management Center』マニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11213/tsd_products_support_series_home.html

Virtual Wide Area Application Services(vWAAS)

『Virtual Wide Area Application Services』マニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps6870/tsd_products_support_series_home.html

ASA 1000V クラウド ファイアウォール

『ASA 1000V Cloud Firewall』マニュアルは、次の URL から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps12233/tsd_products_support_series_home.html